MUSIC BIRDからのお知らせ

(!)設備の点検に伴うカスタマーセンター一時休止のお知らせ

 いつもミュージックバードをご愛聴いただき、誠にありがとうございます。
設備の点検のため、下記日時でミュージックバードカスタマーセンターを一時休止させて頂きます。

カスタマーセンター休止日時:2017年1月29日(日)10:00~14:00

14:00以降は通常通り営業いたします。(14:00~18:00)
ご不便をお掛けいたしますが、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

【掲載】『特選街』2017年2月号

ミュージックバードが紹介されました。

特選街』2017年2月号 (2016/12/29発売)

JAZZ PERSPECTIVE』VOl.13 (2016/12/16発売)

月刊『Stereo』2016年11月号 (10/19発売)
 連載「”月刊ステレオの音”が楽しめるラジオ~集合!ミュージックバードの広場へ」

ステレオ時代』Vol.7 (7/30発売)
 「温故知新オーディオ歴史館」(THE AUDIO)公開録音レポート
 「オーディオ実験工房」」(THE AUDIO)について紹介

朝日新聞 朝刊 ラジオアングル(7/6号) 
 「オーディオ実験工房」(THE AUDIO)について紹介

朝日新聞 朝刊 ラジオアングル(5/11号) 
 「温故知新オーディオ歴史館」(THE AUDIO)について紹介

・ムック本マイ オーディオ ライフ (4/22発売)

毎日新聞 夕刊 entertainment 芸能(4/13号) 
 「温故知新オーディオ歴史館」(THE AUDIO)について紹介

毎日新聞 夕刊 entertainment 芸能(3/31号)THE JAZZ新番組について紹介

月刊『JAZZ JAPAN』Vol.68 (3/22発売) THE JAZZ新番組について紹介

月刊『Hivi』2016年4月号 (3/17発売) From Writers (小原由夫氏)
 新番組「レコーディング・エンジニア列伝」(THE AUDIO)について紹介

朝日新聞 朝刊ラジオアングル」(3/16号)
  新番組「ジャズ100年の名曲名演500時間」(THE JAZZ)について紹介

テレビとラジオの批評誌『GALAC』2016年3月号
  プロデューサー田中美登里 インタビュー

ムック『Audio Beginner’s Club From Zero (2015/12/7発売)
 ミュージックバードをキャッチせよ(村井裕弥)
 P51掲載記事について

ジャズ批評』No.188/2015年11月号 (2015/10/24発売)
 ジャズにおける芸の伝承を聴く番組「Jazz inapplause」

ムック本『大人のオーディオ大百科 (2015/7/1発売) 
 林正儀の「大人のオーディオ大百科」注目レポート

・ムック本マイオーディオルーム (2015/5/8発売)
 「オーディオルームのとっておきの味方」







”寺島ジャズ”哀愁美メロ1000曲を揃えたチャンネルが2017年4月スタート

 寺島靖国さんの超人気番組「ジャズ喫茶MUSICBIRD」(旧名称「PCMジャズ喫茶」)。名物編集者“ヤスケン”こと安原顕さんや、ジャズ評論家・岩浪洋三さんとの歯に衣着せぬ辛口ジャズ・トークが話題となり、MUSICBIRDでスタートして間もなく20年となります。
 そこで番組20周年を記念し、2017年4月 “まるごと寺島”チャンネルがスタートします。ご本人が「あの世に持っていきたい」という1000の哀愁美メロを入魂選曲。人気シリーズ『JAZZ BAR』や『FOR JAZZ AUDIO FANS ONLY』でおなじみの曲はもちろん、惜しくも選曲にもれた名曲を加えた寺島ジャズの集大成です。

●2017年4月スタート
「Cool Lounge~The TERASHIMA Jazz~」(103ch)

 ※「まるごと寺島ゾーン」は一日12時間を予定

●122chにて絶賛放送中!
ジャズ喫茶MUSICBIRD」「PCMジャズ喫茶スーパー・アーカイブ
寺島靖国(自宅にて)

(!)123ch/110ch チャンネル内容 変更

2017年1月2日より一部チャンネル内容を改編いたします。

【改編内容】
◆チャンネル番号:123ch
終了番組名:KAYO&ENKA
開始番組名:THE 青春歌謡
内容:“青春”をキーワードに、歌謡演歌&J-POP専門のチャンネル「THE青春歌謡」として再出発します。近年脚光を浴びる「昭和歌謡」に加え、GS、フォーク&ニューミュージック、アイドル歌謡、シティ・ポップス&ロックから本格演歌まで・・・日本の名曲を最良の音質でお届けします。

◆チャンネル番号:110ch
終了番組名:演歌HITS
開始番組名:THE 演歌
内容:大御所歌手から話題の新人まで、24時間ノンストップで演歌を楽しめるチャンネル。1月からは、歌い継がれる名曲と、最新のヒット曲とを時間帯を分けてお送りする演歌総合チャンネル「THE演歌」として新たにスタート。

【実施】2017年1月2日(月)0:00より

(!)ホームページがスマートフォン/タブレットに対応しました

ミュージックバードのホームページをスマートフォン/タブレット版の表示でご覧になれるように対応しました。 (一部ページを除く)
スマートフォン/タブレットで閲覧する際に自動的に切り替わりますので、是非ご利用ください。

【ご注意ください】
1)ページにアクセスしたとき、新しいファイルの読み込みが完了せずに動作がうまくできない場合があります。その際は以下の方法をお試しください。
 (方法1)アドレスバーの左横の「丸い矢印」を押して再読み込みする
 (方法2)ブラウザの表示メニューの中の「最新の情報に更新」又は「再読み込み」を選択する

2)画面サイズに合わせて、自動でレイアウトが変わります。
パソコンをご利用の際は、画面をフルサイズにし、文字の拡大は100%にして閲覧いただくことを推奨しております。 (推奨以外のサイズの場合、スマートフォン/タブレット版のレイアウトに切り替わることごございます)

(!)ホームページを一部リニューアルしました/うまく表示されないお客様へ

10月27日(木)、ホームページを一部リニューアルしました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

※ページにアクセスしたとき、新しいファイルの読み込みが完了せず、ページの表示が崩れる場合がございます。
その際は、パソコン/スマートフォン/携帯電話いずれも、以下の方法をお試しください。

 (方法1)アドレスバーの左横の「丸い矢印」を押して再読み込みする
 (方法2)ブラウザの表示メニューの中の「最新の情報に更新」又は「再読み込み」を選択する
 (方法3)パソコンの場合、「Ctrl」+「F5」キーを同時に押す

(!)24bit放送をスタート!新ハイエンドチューナーも対応

●さらにリアルな音へ~2016年10月より 24bit放送を開始!
 ミュージックバードをはじめ、わが国の放送では現在、サンプリング周波数48kHz、量子化ビット数16bitでの放送が主流となっています。一方、近年、高音質を求める音楽ファンのニーズが高まる中、24bit以上のハイレゾ音源の配信が増加する傾向にあります。
 ミュージックバードではサンプリング周波数は放送で許されている48kHzの現行通りですが、よりハイレゾ音源に近い高音質放送を実現するため、10月より一部の番組で量子化ビット数を24bitの楽曲の放送を開始致しました。量子化ビット数が16bitから24bitに増加すると、音の強弱抑揚の表現が256倍精密になり、量子化誤差が減るため、生の音に近づきます。そのため、音がよりナチュナルに繊細に表現でき、低音から高音までわずかな強弱や響きにおいて再現性が向上します。今後、ライブ番組ほか順次拡大していく予定です。
<10月スタート>
 ・「ハイレゾ新譜 by e-onkyo music」 THE AUDIO(124ch)
 ・「トッパンホール・トライアングル」 THE CLASSIC(121ch)
<11月スタート>
 ・「WORLD LIVE SELECTION」 THE CLASSIC(121ch)

●24bit放送に対応した、新型ハイエンドチューナー「C-T100CS」も 11月発売!

 24bit放送のスタートに合せ、新型のハイエンドチューナー「C-T100CS」も港北ネットワーク(神奈川県横浜市)が開発、11月から全国のミュージックバード取扱店で販売を開始します。
 「C-T100CS」は名機NECグループ製プリメインアンプA10シリーズで採用され話題となった『リザーブⅡ電源回路』を採用。チューナー回路電源用、オーディオ回路電源用のRコアトランスを新たに設計するなどミュージックバードのハイエンドチューナー「C-T1CS」の音質をさらに向上。日本の放送では最高峰と言える音質を実現しました。
<定価:オープン価格 参考販売価格:198,000円(税別)>

MDT-5CSも24bit放送に対応しています

【試聴会】24bit放送&新チューナーを体験「JAS・音のサロン&カンファレンス」(10/29・10/30)
必読!オーディオ評論家によるチューナー試聴レポート

(!)ムック本「Audio Beginner’s Club From Zero」掲載記事について

 ムック本「Audio Beginner’s Club From Zero~ゼロから理解するオーディオ入門帳」(音楽之友社・12月7日発売)にて、ミュージックバードについての記事が掲載されておりますが、51ページに記述されているCS-PCM放送は2011年7月をもって放送を終了しております。
 現在ミュージックバードの衛星デジタル放送は、MPEG1-LAYER2の規格で圧縮し16bit-48KHzで放送しております。

 この記事についてのお問い合わせは 音楽之友社様(TEL:03-3235-2124)へお願いいたします。

 尚、同誌52~54ページの特別企画「ミュージックバードをキャッチせよ」(村井裕弥・著)の記事につきましては、弊社が受信を行い、試聴等に立会って音楽之友社が記事にしております。

「ファイル・ウェブ」に紹介記事掲載中

オーディオビジュアルのポータルサイト「ファイル・ウェブ」でミュージックバードを紹介していただきました。
詳しくはこちら