122chTHE JAZZ【Premium】 番組一覧

Jazz Japan レコメンド・ニュー・ディスク ≫

(月~金)18:00~20:00  
再放送=(日)8:00~18:00

毎月22日前後に発売されるジャズ専門誌『JazzJapan』で紹介される話題の新譜、再発ディスクをいち早くお届けします。ナレーションは、アルバム7作連続ジャズ・チャート1位を記録中の歌姫、ウィリアムス浩子。JazzJapan
ウィリアムス浩子

出演:ウィリアムス浩子

ジャズシンガー。

24bitで聴くJazz ≫

(月~木)13:00~15:00
再放送=(土)16:00~24:00

24bit放送とは
e-onkyo musicのハイレゾ音源を使用し週8時間の大ボリュームでお届けする24ビット音源ゾーン。e-onkyo music

ジャズ喫茶の1000枚 ≫

(月~金)9:00~11:00 
再放送=(月~金)20:00~22:00

四谷の老舗ジャズ喫茶『いーぐる』店主・後藤雅洋氏による、初心者もマニアも楽しめる番組。
「この番組では私の著書『一生モノのジャズ名盤500』『厳選500ジャズ喫茶の名盤』(小学館新書)に紹介されたアルバムを順に紹介していきます。これらはお店にある約1万枚のアルバムの中でも、とりわけひんぱんにかかるアルバムで、そういう意味で長い年月の間にジャズ喫茶のお客さんによって選ばれた1000枚ということができます」(後藤)
番組では一日3枚ずつ、1000枚のジャズ名盤を紹介。二つの夏にまたがる超ロングな企画です。後藤氏による丁寧な解説付きでジャズ初心者や再入門者にも最適!さあ、あなたはどれから聴きますか?
後藤雅洋

出演:後藤雅洋

ジャズ喫茶「いーぐる」店主。

ジャズ100年の名曲名演500時間 ≫

(土)8:00~13:00 
再放送=(日)18:00~23:00

レコード誕生から100年の時間旅行~1917年に生まれた1枚のジャズ・レコード。そこから100年の歳月をさまざまな切り口で旅していくジャズの名曲名演物語です。出演はプロデューサーの行方均。
行方均

出演:行方均

レコード・プロデューサー。1983年からブルーノート、1988年からその姉妹レーベル、サムシンエルスの制作、編成を手がけロン・カーター、ゴンサロ・ルバルカバ、大西順子、イリアーヌら、数々の作品を世界に送る。ブルーノート関係の編著・訳書に『21世紀版ブルーノート・ブック』(ジャズ批評ブックス)、『200Discsブルーノートの名盤(改訂新版)』(学研パブリッシング)、『ブルーノート再入門』、『ブルーノート・レコード』(朝日文庫)、『ブルーノート・アルバム・カヴァー・アート』(美術出版社)、『ブルーノート・オリジナル・プレッシング・ガイド』(DUブックス)他。2010年からミュージックバード『プロファウンドリー・ブルー』のパーソナリティをつとめる。

The Giants モダン・ジャズの巨人たち ≫

(月~木)11:00~13:00

ジャズ評論家・杉田宏樹が年間50をこえるジャズ・ジャイアンツを特集。
(※2017年4月からはアーカイヴ放送をお送りしています。)
杉田宏樹

出演:杉田宏樹

ジャズ・ジャーナリスト。1960年東京生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。90年より20年間「スイングジャーナル」ディスクレビューアーを務める。現在「JAZZ JAPAN」、「CDジャーナル」「Jazz Perspective」「ジャズストリート」のレギュラー執筆等、ジャズ関係の仕事を多角的に展開。ヨーロッパ各地のジャズ・フェスティバルを毎年取材している。最新著書は「ジャズと言えばピアノトリオ」。

Mood Swing ≫

(月~日)0:00~2:00 

 ゴージャスな大都会の夜をあなたに。選曲は「Jazz In Applause」でおなじみのジャズ・プロデューサー小針俊郎。[トークなし]

Everyday Jazz Vocal ≫

(月~金)8:00~9:00

真夜中はあたたかなボーカルに包まれて――――。選曲・監修は、EMI~ユニバーサルにて『ジャズを聴きたくて』などのシリーズを担当してきた津下佳子。[トークなし]

モダン・ジャズ名盤 ≫

(月~木)2:00~8:00、15:00~18:00、
(金)2:00~8:00、11:00~15:00、17:00~18:00 (土・日)2:00~8:00

モダン・ジャズの名盤をノントークでお届けします。

ジャズ喫茶「MUSIC BIRD」 ≫

隔週(土)14:00~16:00
翌週再放送

痛快ジャズトーク!寺島靖国のラジオが聴けるのはここだけ!ジャズ喫茶「メグ」の店主、そしてジャズのスーパー・エッセイスト寺島靖国氏出演の人気番組。様々なゲストと繰り広げる辛口トークと、センスが光るマニアックな選曲が魅力です。
寺島靖国

出演:寺島靖国

1938年東京生まれ。いわずと知れた吉祥寺のジャズ喫茶「MEG」のオーナー。

イントロに気をつけろ! ≫

(月)22:00~23:00 

ジャズ屋たちの本音トークが炸裂!話題の新譜をリリースしたジャズメンを迎えてお送りする番組。聴き手はジャズ喫茶「intro」(東京・高田馬場)のオーナー・茂串邦明。超豪華ミュージシャン達を迎えて熱く熱くジャズを語ります!
茂串邦明からコメント「イントロのオヤジに気をつけろ!」
茂串邦明

出演:茂串邦明

ジャズ喫茶「intro」(東京・高田馬場)のオーナー。

PCMジャズ喫茶スーパーアーカイヴ ≫

(金)15:00~17:00

ジャズ喫茶「メグ」の店主、そしてジャズのスーパー・エッセイスト寺島靖国氏出演の人気番組「PCMジャズ喫茶」。この中から1998年5月~2002年まで“永世客人”として伝説の編集者・安原顯さんにご出演いただいた回をアンコール放送します!
寺島靖国

出演:寺島靖国

1938年東京生まれ。いわずと知れた吉祥寺のジャズ喫茶「MEG」のオーナー。

安原顯

出演:安原顯

『早稲田公論』『パイデイア』『海』『マリ・クレール』など多数の雑誌に関わり、のちに人気作家となる数々の才能を発掘してきた編集者。一方、ジャズ批評も手掛け、2003年に他界するまで、ジャズやオーディオへ惜しみない愛情を注いでいた。

ターンテーブルの夜 ≫

(月~金)23:00~24:00

 時がめまぐるしく進む現代、慌ただしく生きる毎日。そんな日々だからこそ輝きを増すアナログの世界・・・・。長い時を隔てたアルバムの味わいを温かなヴォーカルと共に堪能してください。
 パーソナリティが日米を股にかけて集めたヴォーカル・コレクションの中から選曲、貴重なオリジナル盤も持ち込みます。
武田清一

出演:武田清一

1970年代にフォークグループ「日暮し」の一員で「いにしえ」という大ヒットを残した武田氏は、アナログレコードの大ファンで、ジャズヴォーカルを中心に3000枚を越えるコレクションの持ち主です。自宅では二つのオーディオを音楽によって使い分け、CDでは得られないアナログサウンドを楽しんでいます。

上原 昇

出演:上原 昇

横浜在住。ジャズを聴き始めたのはハタチの頃から、地元『ちぐさ』によく通いエヴァンスやコニッツなど”白人系”ジャズに酔いしれる。もう一つ『ジャズ批評』から多くを学び、その恩返しをと。ヴォーカル(主に白人系)やボサ・ノヴァ(サンバではない)に神経を集中する日々。中途半端なコレクションはしてないつもり。

茂木亮

出演:茂木亮

1960年5月札幌出身、ピアニスト、スティーヴ・キューンのマニア、完全コレクター(自分が生まれたとき、キューンはコルトレーン4のメンバーだった)で、ジャズ批評誌などにキューン関連の情報を発信している。中野新橋のジャズ喫茶・ジニアスに20年以上通い続け、リスナー、レコード・コレクターとしての極意(?)を習得。高田敬三氏主催の「ボーカルを楽しむ会」では、年に一度ほど例会の案内係を担当。

美加のNice ‘N’ Easyタイム ≫

(日)23:00~24:00
再放送=(木)22:00~23:00

ジャズ・ボーカリスト、映画評論、エッセイスト、アーティストと多彩な活動を繰り広げる大橋美加。彼女自身の選曲によるジャズ・スタンダードの名唱を、様々な切り口で分析するプログラム。ジャズ・ボーカル・ファンなら必聴モノ。
大橋美加

出演:大橋美加

8月29日生まれ。乙女座・AB型・東京出身。短大在学中に東大ジャズ研にスカウトされライヴ・シーンにデビュー。86年ファースト・アルバムをリリースし、日本ジャズ・ヴォーカル賞新人賞を受賞。以降、NY録音2枚を含むリーダー作10枚を発表。TV・ラジオ・コンサート活動の傍ら、シネマ・エッセイストとしても3冊の著作を発表。

The Standard SongBook ≫

(水)22:00~23:00

 ジャズの巨人といわれる大物から現代の若手に至るまで、ジャズ・ミュージシャンはスタンダード・ソングの演奏に命をかけてきた歴史がある。それはミュージシャンにとってスタンダード・ソングは創造力を刺激してやまないインスピレーションの源泉であるからだ。逆に20世紀はじめから1950年代くらいまでに作られたこれらの曲は、ジャズ・ミュージシャンに取りあげられることによって、永遠の生命を吹きこまれたと言ってよい。 
 この番組ではジャズ・ピアニストであり、作・編曲家でもある福井ともみが著わした楽譜集「The Standard Songbook Vol.1~3」に基づき、そこに選ばれたスタンダードの名曲に様々な角度から光をあて、その時代を超越した魅力を探っていく。
福井ともみ

出演:福井ともみ

ピアニスト、作曲家、編曲家。神奈川県横浜市出身。神奈川大学在学中はエレクトーンプレイヤーとして活躍する。1988年からピアノに転向。ジャズを志し日本を代表するピアニスト・市川秀男に師事。都内近郊のライブハウスへサイドメンや自己のユニットでピアニストとして名前を連ねる。現在4枚目のリーダーCD福井ともみピアノトリオ「New Dawn Has Come」をdiskunionから2015年12月にリリースし日本中をツアーしている。またピアニストとしての活動だけに留まらず、スタジオ経営、ボーカルプロデュース、ラジオのパーソナリティー、書籍の執筆など精力的に活動中。

アスペクト・イン・ジャズ ≫

(火)22:00~23:00

ジャズ評論家、油井正一氏の名調子をかつての放送で偲ぶシリーズ。1970年代のジャズ・ファンをときめかせた名番組「アスペクト・イン・ジャズ」が復活、懐かしのジェリー・マリガンのテーマ曲とともに甦ります。
※リスナーの皆様から寄せられた当時のエアチェックテープをもとに編集した番組のため、一部ノイズや音切れが生じる箇所があります。予めご了承下さい。
油井正一

出演:油井正一

ジャズ評論家。1941年慶應義塾大学 法学部卒。1936年頃よりジャズに興味を持ち、たちまちジャズ評論界の草分けにして第一人者の評価を不動のものとした。1996年には勲四等瑞宝章を受賞。著書に『生きているジャズ史』、 『ジャズの歴史物語』など。

Jazz In Applause ≫

(金)22:00~23:00 再放送=(土)13:00~14:00
 

ジャズが歴史上ただ一度ポピュラー・ミュージックのトップ・ランナーの位置に立った「Swing Age」と呼ばれた時代(1930年~1945年)。「Jazz In Applause」(ジャズ・イン・アプロウズ=歓呼のジャズ)は、そんな時代を彷彿とさせるゴージャスな時間をお届します。
小針俊郎

出演:小針俊郎

ジャズ・プロデューサー。1948年横浜生まれ。中学生時代からジャズを聴き始めて50年になる。FM東京在職中は番組プロデューサーとして「ライブ・アンダー・ザ・スカイ」をはじめとする数多くのジャズ番組の制作を手がける。現在はジャズ専門のCDレーベルの経営に関わる一方、「ジャズ批評」などジャズ専門誌でジャズ・ジャーナリストとしても活躍中。

桃井 まり

出演:桃井 まり

14歳でステージデビュー。1985年まで、株式会社東映 映像事業部所属・東映アニメーションコール第2期生リーダー「歌のおねえさん」 として、通算約200本以上のステージをこなす。1984年、東映主催ミュージックコンテスト全国大会にて 特別歌唱賞を受賞。1999年よりジャズ・スタンダード・ポップスなどの、音楽活動を開始。現在は、スタンダードジャズを中心にパーティーやレストランバー・イベントなどに出演するかたわら、病院や高齢者施設などでのボランティア演奏なども積極的に行っている。2010年、ホテル西洋銀座カウントダウンパーティーでの歌唱が、「前田憲男とウインドブレイカーズ」の事実上のリーダーでもある、ジャズ界の大物プロデューサー・稲垣次郎氏の目に留まり、2011年7月・2012年8月に 稲垣次郎プロデュースにより、名門ジャズスポット「スイートベイジルSTB139」に出演。2012年2月には、出身地でもある船橋市の宮本三百人劇場にて、日本のジャズ界を代表する二大巨匠、前田憲男氏・佐藤允彦氏との共演を果たし、そのエモ―ショナルかつジャズフィーフィーリング溢れるボイシングが称賛された。2012年11月、東京FMホールにて行われた 日本ジャズ協会21主催「第2回ジャズマラソン21」にて雪村いづみ氏・ミッキーカーチス氏らと共演や、「第7回渋谷音楽祭」にて東急百貨店本店前での屋外コンサートに出演した。スピード感溢れるスタンダードだけでなく、特に心に響くアンニュイなジャズバラードは多くのファンを魅了している。優しく語りかけるように歌う日本語のナンバーも、持ち味のひとつにもなっている。