121chTHE CLASSIC【Premium】

24bitで聴く名盤セレクション


(月~金)10:00~12:00(翌週再放送)
[アーカイヴ放送](日)1:00~11:00
24bitで聴く名盤セレクション
▼画像をクリック(音源を購入できます)


▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
CDで聴きなれた名盤が、驚きの高音質で迫りくる!クラシックの名盤を厳選、24bitハイレゾ音源で体感してください。e-onkyo music

3月5日~9日・19日~23日/ロンドン交響楽団の自主制作レーベルLSO Live
英国人指揮者たち①~⑩コリン・デイヴィス&サイモン・ラトル
 1904年に英国初の自治オーケストラ団体として誕生したロンドン交響楽団がリリースする自主制作レーベルLSO Liveは、巨匠コリン・デイヴィスによる得意のベルリオーズ・ツィクルスやエルガー・ツィクルスに始まり、ハイティンクのブラームス・ツィクルス、近年ではベートーヴェン・チクルスも話題となるなど、良質な演奏をリリースしています。また録音についても高い評価を受けています。数多いタイトルから、コリン・デイヴィスによる「幻想交響曲」やヘンデルの「メサイア」、ニールセンやハイドンなど得意の演目を、そして昨年9月、新しい音楽監督に就任したサイモン・ラトルによるシューマンの「楽園とペリ」、ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」など、お楽しみください。

★アーカイヴも放送中
「24bitで聴くハイレゾ名盤セレクション・アーカイヴ」(日)1:00~11:00

3月4/BR-Klassik特集①~⑤
3月18日/シャルル・ミュンシュ特集①~⑤
 3月前半はバイエルン放送に所属するバイエルン放送交響楽団、放送合唱団のライヴ音源をリリースするレーベルBR-Klassikを特集。マリス・ヤンソンスの指揮するドヴォルジャーク/交響曲第8番や「展覧会の絵」、シベリウスの交響曲第2番、また、全ヨーロッパが注目した、バイエルン放送響とサイモン・ラトルによる「ラインの黄金」(コンサート形式)など。
 後半は往年の名巨匠シャルル・ミュンシュの特集。ボストン交響楽団を指揮した「ダフニスとクロエ」や「幻想交響曲」など、熱気あふれる演奏を24bit音源でお楽しみください。


THE CLASSICオンエア曲リスト
24bitで聴く名盤セレクション
24bitで聴く名盤セレクション
2月5日~9日、19日~23日/八面六臂の巨匠ダニエル・バレンボイム①~⑩
 昨年で75歳を迎えたダニエル・バレンボイムは指揮者として、ピアニストとして、オペラにコンサートに八面六臂の活躍を見せています。またイスラエルとアラブ諸国の若手演奏家を集めて結成したオーケストラ、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団との活動にも熱心です。そんな彼の録音を24bit音源でお届けします。若くして亡くなった最初の妻ジャクリーヌ・デュプレとの共演盤をはじめ、シカゴ響との「オルガン付き」、シュターツカペレ・ベルリンとのエルガーやブルックナー、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団との「田園」「第九」、シューベルトの後期三大ピアノ・ソナタ、パールマン、ネトレプコやアルゲリッチとの共演など、多彩な活動を鮮やかな音響でお楽しみください。

★アーカイヴも放送中
「24bitで聴くハイレゾ名盤セレクション・アーカイヴ」(日)1:00~11:00
 2月4日・11日/DECCA特集①~⑤
 2月18日・25日/ヴァイオリンの鬼才を聴く①~⑤


THE CLASSICオンエア曲リスト
24bitで聴く名盤セレクション
1月8日~12日・1月22日~26日/オランダの名門、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の自主制作レーベルRCO Live①~⑩
 類い稀な響きによって世界屈指のオーケストラの地位をゆるぎないものとするロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が2004年に開始した独自のレーベル「RCO Live」を特集します。マリス・ヤンソンスによる独墺もの、ロシア、北欧 フランスなど幅広いレパートリーを始め、アーノンクールによるシューマン/ゲーテの「ファウスト」からの情景、現在の首席指揮者ガッティによる「幻想交響曲」など10回にわたりお届けします。今回はマーラー、ブルックナーは敢えて外しています。

★1月よりアーカイヴ放送が始まります
「24bitで聴くハイレゾ名盤セレクション・アーカイヴ」(日)1:00~11:00
 1月7日・14日/名盤アラカルト①~⑤
 1月21日・28日/名盤アラカルト⑥~⑩



THE CLASSICオンエア曲リスト