121chTHE CLASSIC【Premium】

24bitで聴く名盤セレクション


(月~金)10:00~12:00
翌週再放送
24bitで聴く名盤セレクション
▼画像をクリック(音源を購入できます)



▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
CDで聴きなれた名盤が、驚きの高音質で迫りくる!クラシックの名盤を厳選、24bit音源で体感してください。e-onkyo music

【24bit】11月27日~12月1日・11日~14日/鍵盤の女王マルタ・アルゲリッチ①~⑨
 自由奔放にして天才、人間力と音楽性で圧倒的な人気を誇るピアニスト、マルタ・アルゲリッチ。1998年から大分県の別府市で始まった「別府アルゲリッチ音楽祭」は来年で第20回を迎えます。今年は水戸と別府で小澤征爾との共演も果たしました。彼女の1960年のデビュー・リサイタルから2016年のルガーノ・フェスティバルまで、ソロを始め、様々な音楽仲間との交感の軌跡を24bitで!

12月15日/カルロス・クライバー決定盤!
 2004年にこの世を去ったカルロス・クライバーは、生命力あふれる濃密な演奏で圧倒的なカリスマ性を持っていましたが、残された正規盤は10数点にすぎません。その中から、決定的名盤と言える2点、シューベルトの3番と「未完成」、ベートーヴェンの「運命」と7番を24bitでオンエア。

12月25日~29日/2018年はリッカルド・ムーティから①~⑤
 2018年、ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサートの指揮台に立つのはリッカルド・ムーティ。何十年にもわたりウィーン・フィルと緊密な音楽関係にある彼は、これまでにも1993年、1997年、2000年、2004年のニューイヤーに登場し、今回で5度目になります。2004年のニューイヤーを始め、2010年から音楽監督を務めるシカゴ響と録音したヴェルディの「オテロ」、「レクイエム」などの名盤をお届けします。


THE CLASSICオンエア曲リスト
24bitで聴く名盤セレクション
24bitで聴く名盤セレクション
【24bit】10月30日~11月3日/カール・ベーム特集①~⑤
 1963年の日生劇場杮落とし公演でベルリン・ドイツ・オペラを率いたベームは、語り草になっていましたが、最近は彼の名を口にする人も少ない感あり。70~80年代の日本での人気はすごいものだったのに・・。70年代の録音を中心に、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、R.シュトラウスなどの名盤を。

11月13日~17日/ルドルフ・ゼルキン特集①~⑤
 20世紀の大ピアニスト、ルドルフ・ゼルキンの録音がe-onkyo musicに登場。名声を得た名ヴァオリニスト、アドルフ・ブッシュとの共演を始め、オーマンディやバーンスタインと共演したベートーヴェンのピアノ協奏曲などをお届けします。


THE CLASSICオンエア曲リスト
24bitで聴く名盤セレクション
10月2日~6日、16日~20日/ゲルギエフのロシア音楽①~⑨、番外篇
 オセチアにルーツを持つカリスマ指揮者ワレリー・ゲルギエフによるロシア音楽を大特集。ソ連邦崩壊後、マリインスキー劇場を存続させてきた彼の業績はまさに国民的ヒーロー。そのオーケストラと奏でるラフマニノフやショスタコーヴィチ、首席指揮者を務めたロンドン交響楽団とのスクリャービンやプロコフィエフ、ミュンヘン・フィルとのショスタコーヴィチ、ウィーン・フィルとの「悲愴」など、情熱のほとばしる演奏を24bitでご堪能あれ。


THE CLASSICオンエア曲リスト