124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!
在りし日のかまやつさん。
オーディオって音楽だ!
KANKAWA(右)




オーディオって音楽だ!
伊東真紀(左)鈴木裕(右) 
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

6月22日/かまやつさんのこと
 ラジオ・ディレクターでもある自分にとって2017年3月1日になくなったムッシュかまやつ氏とは10年間にわたって出演者とディレクターの関係でした。(JFN系列FM番組 「LEGENDS ムッシュかまやつ Keep On Running」)。6月9日にJJFNで特番をやり、自分の中で一区切りついたので、「かまやつさん」のことについてしゃべってみたいと思います。コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」にも書いています。ぜひ、お読みください! 第155回「かまやつさんのこと」 

6月29日/アキュフェーズの新ラインアップ 
ゲスト:アキュフェーズ株式会社 鈴木雅臣代表取締役副社長

 オーディオ・ショーなどで世界を飛び回っているアキュフェーズの鈴木雅臣さんを迎え、世界のハイエンド製品の動向や新しくなった同社の各ラインアップ(チャンネルディバイダー、パワーアンプ、プレーヤー)について伺いました。選曲テーマは前回に続きムッシュかまやつ、日本のロックが好きな鈴木雅臣さんによるトリビュート選曲です。
チャンネル・ディバイダー「DF-65」/純A級モノフォニック・パワーアンプ「A-250」/CDプレーヤー「DP-430」/SACD/CDプレーヤー「DP-560」/インテグレーテッド・アンプ「E-270

6月1日/KANKAWAと新作「ライブ・アット・シンフォニー・ホール」を聴く
 演奏はもちろん、温かい人間性で大人気のジャズ・オルガニスト、KANKAWAさんを迎えます。5月17日にホールでのパイプ・オルガン演奏を収録した新作「ライブ・アット・シンフォニーホール」をリリースしました。最近どうですか、と聞いたら「最近は練習をしないようにしている。練習しない方が発想がスムーズ、最近は歳と酒の飲み過ぎで練習しなくなったが、逆に自由な発想で弾けるようになって毎日が楽しい」だそうです。新作を聴きながら、デビュー40周年を迎える大ベテランが達した新境地についてインタビューします。

6月8日/ケーブルの話と「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」50周年記念エディション
 この日はケーブルの話です。全般的な話、個別の話、ブランドの特徴、ケーブル選びのポイントなど。そして5月27日に発売50周年を記念したスペシャル記念エディションが発売されたザ・ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」をアナログ盤で聴いていきます。

6月15日/オーディオ女子とヴィンテージ・オーディオ ゲスト:伊東真紀(Vo)
 1stアルバム『Voyage』をリリースしたシンガーソング・ライター、伊東真紀さんを迎えます。雑誌『オーディオアクセサリー』の取材のために訪れた彼女の部屋にはタンノイのアーデンがありました。名古屋に住んでいた頃はオーディオ店に行くのが大好きで一日中入り浸っていたとか。ヴィンテージ・スピーカーと管球式アンプを好むオーディオ女子とオーディオ評論家が新作を聴きながら、好きな音楽や録音、音やオーディオについて語り合います。(鈴木裕)

6月1日の曲目 8日の曲目 15日の曲目 22日の曲目 29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!
(左から)塩田哲嗣、鈴木裕

エソテリック P-05X
5月4日・11日/「人と音をつなぐ」仕事~リワイアー株式会社・小笠原慧さんを迎えて
 2016年1月に創業したばかりのリワイアー株式会社、小笠原慧さんにお越しいただきました。会社のコンセプトは「人と音をつなげる会社であり続けたい」。具体的にどんな仕事をやっているかと言うと、まず「お客様にとってベストなオーディオ機器を提案する」「オーディオシステムの調整」「ご自宅や店舗のオーディオをゼロからプランニング」など。その実際を聞きながらどんな喜びやメリットが「リワイアー」から得られるか紹介します。それから当の小笠原さん、31歳の若さで驚くほどオーディオをよく知っている人です。彼の人となり、彼自身のオーディオの歴史なども伺っていく2回特集です。

5月18日/ベーシスト、プロデューサー、レコーディング・エンジニアの塩田哲嗣さんを迎えて
 塩田哲嗣さん、ジャズを中心に活躍する人気ベーシストです。最近雑誌(Net Audio)の取材でお話しを聞いたのですが、そのお話しがとても面白く、ぜひ番組でもご紹介したいと思いました。ベーシストでプロデューサーというのは珍しくないのですが、塩田さんはそれに加えてレコーディング・エンジニアでもある。40歳を越えてからバークリー音楽院に入学し、レコーディングのエンジニアリングを学んだというプロフィールも興味深い。塩田さんが手がけた最近の作品を聴きながら音楽観、音へのこだわりについて聞きます。

5月25日/エソテリックの新ラインアップ P-05XとD-05X
 今年30周年のアニバーサリー・イヤーを迎えたエソテリックからセパレート・タイプのCDトランスポート、DAコンバーターの新機種P-05XとD-05Xが発売された。セパレートだけでトランスポート、DAC3種類ずつのライン・アップを揃えるエソテリック、こんなオーディオ・ブランドは世界でも珍しい。P-05XとD-05Xは同社の中ではエントリー・グレードにあたるが、一般的には十分にハイエンドな価格帯の製品だ。セットで使って最大限の能力が発揮されるこのコンビについて、10年続いた先代のP-05 D-05のコンビとの比較も交えながら成り立ち、特徴、魅力について考えます。(鈴木裕)

5月4日の曲目 11日の曲目  18日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。