124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

5月4日・11日/「人と音をつなぐ」仕事~リワイアー株式会社・小笠原慧さんを迎えて
 2016年1月に創業したばかりのリワイアー株式会社、小笠原慧さんにお越しいただきました。会社のコンセプトは「人と音をつなげる会社であり続けたい」。具体的にどんな仕事をやっているかと言うと、まず「お客様にとってベストなオーディオ機器を提案する」「オーディオシステムの調整」「ご自宅や店舗のオーディオをゼロからプランニング」など。その実際を聞きながらどんな喜びやメリットが「リワイアー」から得られるか紹介します。それから当の小笠原さん、31歳の若さで驚くほどオーディオをよく知っている人です。彼の人となり、彼自身のオーディオの歴史なども伺っていく2回特集です。(鈴木裕)

5月4日の曲目 11日の曲目  18日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!

4月27日/いい録音について
 雑誌『レコード芸術』800号記念特集の一つ「人生の名録音ベスト3」。「自身の優秀録音観に大きな影響を与えたクラシック・ディスク」を選ぶ企画でした。これまでのリスナー人生の中で「録音がいいというのはこういうことなのか」と改めて考えるきっかけになった盤を(クラシックに限らず)聴きながら「優秀録音」の条件、そして自分が考える「いい録音」の条件について話してみようと思います。アルバムは「バルトーク:管弦楽のための協奏曲」「ブラームス間奏曲集/グレン・グールド」「Vitalogy/Pearl Jam」「Home Girl Journey /矢野顕子」ほか。(鈴木)

4月6日/世界初MQA CDの音を聴く ゲスト:今井哲哉(今井商事)
 「ありとあらゆる物がCDのサイズに折りたためる」(ボブ・スチュワート MQA開発者)。メリディアンが開発した革新的なハイレゾ技術MQAが話題を集めています。先日(3/17)、世界初のMQA CDの発表会があり、MQAはすごいという印象を受けました。MQA対応のデコーダーを搭載したマイテック・デジタルのDAC Brooklynを使い、MQAの実力を確かめます。試聴音源は世界初のMQA CD「A.Piazzolla by Strings and Oboe/UNAMAS Piazzolla Septet」(OTVA-0012)です(鈴木)。

4月13日/トーンアームの運動性能について
 アナログ・プレーヤーを新調して以来、レコードを聴く時間が増えた鈴木裕、今回ひとりでお送りするテーマは「トーンアームの運動性能について」。トーンアーム、そしてカートリッジがどういう風に動き、何が大事かということを考えます。音楽は、日本を代表するレコーディング・エンジニア、鈴木智雄氏による作品「ピアソラモール/寺井尚子」のハイレゾ音源を紹介。

4月20日/新オーディオ・ブランドCSポート
 2014年に設立、今年3月に製品を発表したばかりの新しいオーディオ・ブランド「CSポート」の紹介です。町野利道さん(代表取締役社長)、髙松重治さん(技術顧問)の二人を迎えて。記念すべき最初の製品はフォノイコライザー、パワーアンプ、アナログ・プレイヤーの3つ。値段も高額だが、そういった価格帯の中では良心的にも感じられる、そうした魅力について伺っていきます。(鈴木)

4月6日の曲目 13日の曲目  20日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
田中伊佐資(左)鈴木裕(右)
KEF LS50 wireless


オーディオって音楽だ!
石峯篤記(左)
オーディオって音楽だ!
iPhono2
2月23日・3月2日/田中伊佐資さんが選ぶ「いい音」ジャズ
 おなじみの田中伊佐資さんの新刊が発売されました。『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚 オーディオファンも聴いておきたい優秀録音盤』(DU BOOKS)。ジャズ雑誌「jazzlife」に連載されたディスク・レビューをまとめたもの、「3000日間で聴いた新録とリマスター盤からのえりすぐりです」(田中)。2週にわたり田中さんを迎え、本に収録された「いい音」のディスクをかけながら、ジャズやオーディオの最近の話題を伺っていきます。

3月9日/注目の新製品 KEF LS50ワイヤレス
 気になった製品を随時紹介していますが、今回は英国のブランドKEFから昨年12月発売されたアクティブ・スピーカー ”LS50ワイヤレス”の話題です。ワイヤレスということは無線で鳴らせる手軽なイメージがあるが「聴くと驚くほどの鳴りっぷりだった」(鈴木)とのこと。その特徴と音の表現力について語ります。音楽は新譜CDを2枚、話題の女流トランペッター、高澤綾「クレセント・シティ・コネクション」、桑原あいwithスティーヴ・ガッド&ウィル・リー「サムハウ、サムディ、サムホェア」、そしてベルウッド・レコード45周年記念発売のはちみつぱい「センチメンタル通り」(ハイレゾ音源)をお届けします。

3月16日・23日/オーディオで遊ぼう~石峯篤記さんを迎えて
 コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」で鈴木裕がレポートしているオーディオショップ「でんき堂スクエア」の石峯篤記さんを迎えます。神奈川県湘南台のでんき堂スクエアでは日本人おなじみの定番カートリッジDL-103をフルアルミボディに換装するサービスやケースを外してネイキッド化するなどDL-103 をチューンする楽しみを紹介しています。「DL103でもっと遊んでもらいたい」、石嶺さんの愛聴盤を聴きながら独特のオーディオ観をのぞきます。

3月30日/iFi-Audioのマーク2モデルについて
 イギリスのオーディオ・ブランドiFi- Audioは高級メーカー、AMR(アビンドン・ミュージック・リサーチ)社のジュニア・ブランド。コンパクトさ、音の良さ、購入しやすい価格帯でここ数年で国内でも多くのファンをつかんだが、このたび各機種でマーク2モデルを発表、趣味性の領域にまで音が進化した。具体的にはフォノイコライザーiPhono2、真空管プリ兼バッファ・アンプiTube2 そしてヘッドフォンアンプとしても使えるDAC、iDAC2。この3モデルについて話していきます。
【プレゼントのお知らせ】 ※締切ました
放送を聴いて感想をお寄せいただいた方の中から抽選でプレゼント。
A)田中伊佐資・著『僕が選んだ「いい音ジャズ」』
B)でんき堂スクェアオリジナル「アルミスペーサー」(5名様)
 
<応募方法>
 ①ご希望の賞品 ②郵便番号・ご住所 ③お名前 ④年齢 ⑤職業 ⑥感想
 を明記の上、下記アドレスまでご応募ください。
 audio@musicbird.co.jp
 件名「オーディオって音楽だ!プレゼント」係まで。
 締め切りは3月31日必着。
 発表は発送をもって代えさせていただきます。

2月23日の曲目 3月2日の曲目  9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。