124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

8月3日/音楽をそのままの音で再生すること
 今回のテーマは「音楽をそのままの音で再生すること」、最近公開されたインターネット上の記事「Auto Sound Web」(ステレオサウンドオンライン)と連動した内容なので、以下のリンクで記事を読みながら、番組を聴くと分かりやすいと思います。カー・オーディオについて書いていますが、ホーム・オーディオにも当てはまる話です。システムを構築する際、「どんな音にすべきか」というとき「元の音に忠実に」というのが一つのやり方。ただ元のソフトのままに再生しようとしたときに元の音ってなんだ、ということになりますが今回の記事、そして番組はそこからスタートしています。
「Auto Sound Web」(ステレオサウンドオンライン)

8月10日/セッティング雑談
 今回のテーマは、オーディオを趣味とする上でとても重要な「セッティング」。おもに次の3点について話していきます。①オーディオ・ルーム自体の話 ②スピーカーのセッティング(ふりについて) ③元の状態に戻す、ということ。音楽は最近のハイレゾ音源をお届けします。

8月3日の曲目 10日の曲目 17日の曲目 24日の曲目 31日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
(左から)藤田恵美、鈴木裕
オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!
7月27日/「ひだまりの詩」から20年、藤田恵美のさまざまな世界
 ゲストに藤田恵美さんを迎えました。ル・クプル時代に「ひだまりの詩」が180万枚の大ヒット、2001年ソロ活動を開始してからは洋楽カバーアルバム「カモミール」が「聴くクスリ」と呼ばれ、癒しの美声でオーディオ・マニアの間に多くのファンを獲得しました。2012年にはリリー・フランキー・プロデュースのアルバムでレコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞した彼女ですが、実は中1で演歌歌手としてデビューして以来の「歌謡曲路線」というものもあるんです。新作「東京ロンリー・ナイト」では高見沢俊彦作詞作曲による新”ベンチャーズ歌謡”を披露、藤田さんのさまざまな世界を楽しんでいただきます。

7月6日/話題のハイレゾ・リファレンス・チェック・ディスクを聴く
ゲスト:高田英男氏(ミキサーズ・ラボ)

 ステレオサウンド社より発売された「Hi-Res Reference Check Disc」が話題です。これはCDフォーマットからハイレゾフォーマットまで、サンプリング周波数別、ビット数別に、同一条件で録音した世界初の本格ハイレゾ・リファレンス・チェック・ディスク。PCM44.1kHz/16ビット~PCM384kHz/32ビット、DSD2.8MHz~DSD11.2MHzの各フォーマットで録音した音楽12曲を47トラックに収めています。なぜこのディスクを制作したのか、そしてテーマ別楽曲チェックポイントや録音制作の流れを制作に携わったサウンド・プロデューサーでありレコーディング・エンジニアの高田英男さんを迎え伺います。
【お詫び】
番組内で放送する下記楽曲の一部に音の揺れやノイズがありますが、編集時に生じたもので音源自体に由来するものではありません。ご了承ください。
Danny Boy(PCM384/32)/Down by the Sally Gardens(PCM384/32)/Down by the Sally Gardens(DSD11.2)/Greensleeves(PCM384/32)

7月13日/好きな音はどうやったら自覚できるか
 オーディオは趣味、どれが一番いいというものではない、自分の好きな音を追求すればいい。とはいえ、自分の音、好みの音を把握することが実は難しいのではないか。そういう自分も「どんな音が好きなのか?」と聞かれると答えに困るかもしれない。「好きな音はどうやったら自覚できるのか?」今回はコンテストの審査員に参加した経験などからそのヒントになることを考えてみたいと思います。

7月20日/アキュフェーズの最近の製品と「ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー」
 アキュフェーズの最近の音の傾向について解説します。とりあげるのはCD専用プレーヤーDP-430、プリアンプC-2450、パワーアンプA-250、チャンネル・ディヴァイダーDF-65の4機種。音楽は没後60周年の2015年に録音されたチャーリー・パーカーのトリビュート・アルバム「ザ・パッション・オブ・チャーリー・パーカー」を96kHz/24bitのハイレゾ・フォーマットで再生しました。管楽器プレイヤーが好んでとりあげるパーカーのビバップ・ナンバーに歌詞をつけ今をときめくシンガーたちが競演を繰り広げる作品となっています。(鈴木裕)

7月6日の曲目 13日の曲目 20日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
鈴木裕(左) KANKAWA(右)


オーディオって音楽だ!
伊東真紀(左) 

オーディオって音楽だ!
在りし日のかまやつさん。
6月1日/KANKAWAと新作「ライブ・アット・シンフォニー・ホール」を聴く
 演奏はもちろん、温かい人間性で大人気のジャズ・オルガニスト、KANKAWAさんを迎えます。5月17日にホールでのパイプ・オルガン演奏を収録した新作「ライブ・アット・シンフォニーホール」をリリースしました。最近どうですか、と聞いたら「最近は練習をしないようにしている。練習しない方が発想がスムーズ、最近は歳と酒の飲み過ぎで練習しなくなったが、逆に自由な発想で弾けるようになって毎日が楽しい」だそうです。新作を聴きながら、デビュー40周年を迎える大ベテランが達した新境地についてインタビューします。

6月8日/ケーブルの話と「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」50周年記念エディション
 この日はケーブルの話です。全般的な話、個別の話、ブランドの特徴、ケーブル選びのポイントなど。そして5月27日に発売50周年を記念したスペシャル記念エディションが発売されたザ・ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」をアナログ盤で聴いていきます。

6月15日/オーディオ女子とヴィンテージ・オーディオ ゲスト:伊東真紀(Vo)
 1stアルバム『Voyage』をリリースしたシンガーソング・ライター、伊東真紀さんを迎えます。雑誌『オーディオアクセサリー』の取材のために訪れた彼女の部屋にはタンノイのアーデンがありました。名古屋に住んでいた頃はオーディオ店に行くのが大好きで一日中入り浸っていたとか。ヴィンテージ・スピーカーと管球式アンプを好むオーディオ女子とオーディオ評論家が新作を聴きながら、好きな音楽や録音、音やオーディオについて語り合います。

6月22日/かまやつさんのこと
 ラジオ・ディレクターでもある自分にとって2017年3月1日になくなったムッシュかまやつ氏とは10年間にわたって出演者とディレクターの関係でした。(JFN系列FM番組 「LEGENDS ムッシュかまやつ Keep On Running」)。6月9日にJJFNで特番をやり、自分の中で一区切りついたので、「かまやつさん」のことについてしゃべってみたいと思います。コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」にも書いています。ぜひ、お読みください! 第155回「かまやつさんのこと」 

6月29日/アキュフェーズの新ラインアップ
ゲスト:アキュフェーズ株式会社 鈴木雅臣代表取締役副社長

 オーディオ・ショーなどで世界を飛び回っているアキュフェーズの鈴木雅臣さんを迎え、世界のハイエンド製品の動向や新しくなった同社の各ラインアップ(チャンネルディバイダー、パワーアンプ、プレーヤー)について伺いました。選曲テーマは前回に続きムッシュかまやつ、日本のロックが好きな鈴木雅臣さんによるトリビュート選曲です。(鈴木裕)
チャンネル・ディバイダー「DF-65」/純A級モノフォニック・パワーアンプ「A-250」/CDプレーヤー「DP-430」/SACD/CDプレーヤー「DP-560」/インテグレーテッド・アンプ「E-270

6月1日の曲目 8日の曲目 15日の曲目 22日の曲目 29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。