126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ザ・ビーチ・ボーイズ


2015年6月27日(土)~30日(火)8:00~16:00
再放送あり(随時)
ザ・ビーチ・ボーイズ
 海・車・女の子…夏のサウンドトラックとして世界中で愛されているビーチボーイズ。
 1961年、ロサンゼルス郊外のホーソンで、ブライアン(Vo、B、Key)、デニス(Vo、Dr、Key)、カール(G、Vo、Key、B)のウィルソン3兄弟と、いとこのマイク・ラヴ(Vo)、高校の友人だったアル・ジャーディン(Vo、G、B)の5人で結成。陽気で屈託のないメロディーと、美しいハーモニーで人気を博し、「Surfin' U.S.A.」「Fun Fun Fun」「Kokomo」などの名曲を多く輩出。しかし同時に、音世界を豊かに深化させ、内省的でありながらもこの上なく美しい傑作アルバム「Pet Sounds」のような作品も生み出しており、彼らの音楽性の幅広さには計り知れないものがあります。
 2012年には結成から50周年を迎え、大々的なワールド・ツアーの敢行やアルバムのリリースなど、精力的に活動を続けています。
 この特集では、オリジナルアルバム、ライヴアルバムを中心に34作品をお送りします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Surfin' Safari

1962年発売、記念すべきデビュー・アルバム。デビュー曲「Surfin'」は全米で75位といまひとつだったものの、カリフォルニアではチャート上位にランクインし、ローカル・ヒットを記録。その後、大手レコード会社『キャピトル・レコード』と契約し、今作をリリースしました。

■収録曲

  1. Surfin' Safari
  2. County Fair
  3. Ten Little Indians
  4. Chug-A-Lug
  5. Little Girl (You're My Miss America)
  6. 409
  7. Surfin'
  8. Heads You Win, Tails I Lose
  9. Summertime Blues
  10. Cuckoo Clock
  11. Moon Dawg
  12. The Shift

2) Surfin' USA

彼らが世界的にブレイクするきっかけとなった1963年の作品。12曲中5曲がカヴァーですが、その他はブライアンが手掛け、彼の作曲家としての才能の開花を予感させられます。チャック・ベリーの「Sweet Little Sixteen」を改作した「Surfin' USA」は、彼らにとって初の大ヒット曲。色褪せない永遠のサーフィン・サウンドです。

■収録曲

  1. Surfin' USA
  2. Farmer's Daughter
  3. Misirlou
  4. Stoked
  5. Lonely Sea
  6. Shut Down
  7. Noble Surfer
  8. Honky Tonk
  9. Lana
  10. Surf Jam
  11. Let's Go Trippin'
  12. Finders Keepers

3) Surfer Girl

1963年発売。1作目・2作目に続き、”サーフィン3部作”のラストとなる、ブライアン・ウィルソンによる初のプロデュース作品。タイトル曲「Surfer Girl」をはじめ、自身を励ますような内省的な曲「In My Room」、美しいメロディーに溢れる「Your Summer Dream」など、バラード曲が多いのが特徴です。

■収録曲

  1. Surfer Girl
  2. Catch A Wave
  3. The Surfer Moon
  4.  
  5. South Bay Surfer
  6. Rocking Surfer
  7. Little Deuce Coupe
  8. In My Room
  9. Hawaii
  10. Surfer's Rule
  11. Our Car Club
  12. Your Summer Dream
  13. Boogie Woodie

4) Little Deuce Coupe

1964年発売、サーフィンに次ぎ”ホット・ロッド(改造した車)”をテーマにしたコンセプト・アルバム。人気絶頂の多忙を極める中で制作され、新曲8曲はわずか一日で録音されたとか。全米4位を記録。

■収録曲

  1. Little Deuce Coupe
  2. Ballad Of Ole' Betsy
  3. Be True To Your School
  4. Car Crazy Cutie
  5. Cherry, Cherry Coupe
  6. 409
  7. Shut Down
  8. Spirit Of America
  9. Our Car Club
  10. No-Go Showboat
  11. A Young Man Is Gone
  12. Custom Machine

5) Shut Down Volume 2

1964年発売。63年にキャピトルレコードから、ビーチ・ボーイズをはじめ、ジャン&ディーン、チアーズ、スーパー・ストックスらが参加した『Shut Down』というコンピレーション・アルバムが発売されました。その続編という意味合いから、発売されたため”Volume 2”となっています。「Don't Worry Baby」はブライアンがフィル・スペクターの影響を受けているのが感じられる1曲。

■収録曲

  1. Fun, Fun, Fun
  2. Don't Worry Baby
  3. In The Parkin' Lot
  4. "Cassius" Love Vs. "Sonny" Wilson
  5. The Warmth Of The Sun
  6. This Car Of Mine
  7. Why Do Fools Fall In Love
  8. Pom, Pom Play Girl
  9. Keep An Eye On Summer
  10. Shut Down, Part II
  11. Louie Louie
  12. Denny's Drums

6) All Summer Long

1964年発売。ブライアン指揮のもと、サーフィンそしてホット・ロッドのコンセプトをしっかりと統一し、サウンドもより一層進化しているのが特徴。初の全米1位ヒットソング「I Get Around」をはじめ、メンバー全員が歌い、美しいハーモニーを生み出している「Girls On The Beach」からは、彼らの音楽性の広さが感じられます。

■収録曲

  1. I Get Around
  2. All Summer Long
  3. Hushabye
  4. Little Honda
  5. We'll Run Away
  6. Carl's Big Chance
  7. Wendy
  8. Do You Remember?
  9. Girls On The Beach
  10. Drive-In
  11. Our Favorite Recording Sessions
  12. Don't Back Down

7) Beach Boys Concert

1964年発売、初のライブ・アルバムであると同時に、彼らにとって初の全米1位獲得アルバムです。名曲「In My Room」をはじめ、初のNo.1シングル「I Get Around」、彼らの恩師=ディック・デイルの「Let's Go Trippin'」、チャック・ベリーの「Johnny B. Goode」などを収録。

■収録曲

  1. Fun, Fun, Fun
  2. The Little Old Lady From Pasadena
  3. Little Deuce Coupe
  4. Long, Tall Texan
  5. In My Room
  6. Monster Mash
  7. Let's Go Trippin'
  8. Pap-Oom-Mow-Mow
  9. The Wanderer
  10. Hawaii
  11. Graduation Day
  12. I Get Around
  13. Johnny B. Goode

8) The Beach Boys' Christmas Album

1964年発売のクリスマス・アルバム。夏のイメージが強い彼らにとっては意外なアルバムですが、フォー・フレッシュメンの編曲家=ディック・レイノルズがアレンジャーとして参加した優れた作品。今でも愛され続けている完成度の高い1枚です。 

■収録曲

  1. Little Saint Nick
  2. The Man With All The Toys
  3. Santa's Beard
  4. Merry Christmas, Baby
  5. Christmas Day
  6. Frosty The Snowman
  7. We Three Kings Of Orient Are
  8. Blue Christmas
  9. Santa Claus Is Comin' To Town
  10. White Christmas
  11. I'll Be Home For Christmas
  12. Auld Lang Syne

9) The Beach Boys Today!

1965年発売。前年のツアー中、ブライアンは、過密なスケジュールや様々なプレッシャーから神経衰弱となり、ツアー活動を離脱。そして一人スタジオに籠り、曲作りに専念するようになります。彼にとって理想のサウンドを追求した初の作品。これまでの楽曲と比べ、楽器の使い方や細かい音の使い方、サウンドに変化を感じられます。

■収録曲

  1. Do You Wanna Dance
  2. Good To My Baby
  3.  
  4. Don't Hurt My Little Sister
  5. When I Grow Up
  6. Help Me, Rhonda
  7. Dance, Dance, Dance
  8. Please Let Me Wonder
  9. I'm So Young
  10. Kiss Me, Baby
  11. She Knows Me Too Well
  12. In The Back Of My Mind
  13. Bull Session With The "Big Daddy"

10) Summer Days (and Summer Nights!!) 

1965年発売。前作から間をあけず、短期間でのリリースでしたが、ブライアンがレコーディングに専念した充実の内容となっています。前作にも収録されている、アル・ジャーディンが初めてリードを取った「Help Me Rhonda」は、前作に比べて音にメリハリが効き、カチッとした印象がもたれます。アカペラの「And Your Dream Comes True」はブライアンの才能が発揮された、芸術的な曲。

■収録曲

  1. The Girl From New York City
  2. Amusement Parks, U.S.A
  3. Then I Kissed Her
  4. Salt Lake City
  5. Girl Don't Tell Me
  6. Help Me Rhonda
  7. California Girls
  8. Let Him Run Wild
  9. You're So Good To Me
  10. Summer Means New Love
  11. I'm Bugged At My Ol' Man
  12. And Your Dream Comes True

11) Beach Boys' Party! 

1965年発売。ツアー、レコーディングと目まぐるしい日々が続き、疲労困憊状態になった彼ら。しかし、リリースを続けたいレコード会社の意向により、協議の上で生まれたのがこのアルバム。カヴァー曲を中心に、スタジオでのパーティ・レコーディングを収録。リラックスした雰囲気で、いつもの襟を正した彼らとは別の一面が見られます。

■収録曲

  1. Hully Gully
  2. I Should Have Known Better
  3. Tell Me Why
  4. Papa-Oom-Mow-Mow
  5. Mountain Of Love
  6. You've Got To Hide Your Love Away
  7. Devoted To You
  8. Alley Oop
  9. There's No Other (Like My Baby)
  10. Medley: I Get Around / Little Deuce Coupe
  11. The Times They Are A-Changin'
  12. Barbara Ann

12) Pet Sounds

1966年発売の歴史的名盤。ビートルズの「Rubber Soul」に刺激を受けたブライアンは、「ただ楽しませるだけでなく、心の奥から語る」作品を目指します。そのため、これまでの明るく爽やかなイメージから一転。新しい恋が誕生し、実らずに終わり失望するまでを物語にし、『無垢』の喪失を表現、繊細でシンフォニックなサウンドを生み出しました。様々なアーティストに影響を与えた彼らの代表作。

■収録曲

  1. Wouldn't It Be Nice
  2. You Still Believe In Me
  3. That's Not Me
  4. Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)
  5. I'm Waiting For The Day
  6. Let's Go Away For Awhile
  7. Sloop John B
  8. God Only Knows
  9. I Know There's An Answer
  10. Here Today
  11. I Just Wasn't Made For These Times
  12. Pet Sounds
  13. Caroline No

13) Smiley Smile

1967年発売。「Pet Sounds」の大ヒットに続き、シングル「Good Vibrations」でも革新的な楽曲を作り、天才と呼ばれるようになったブライアン。次回作のタイトルは「SMILE」と名付けられ、美しくスピリチュアルでいて実験的な曲が作られる予定でした。しかし、彼の精神状態はより深刻的なものになり、リリースは中止。このアルバムは、「SMILE」のための素材を、他のメンバーが集めて作り上げたものです。

■収録曲

  1. Heroes And Villains
  2. Vegetables
  3. Fall Breaks And Back To Winter
  4. She's Goin' Bald
  5. Little Pad
  6. Good Vibrations
  7. With Me Tonight
  8. Wind Chimes
  9. Gettin' Hungry
  10. Wonderful
  11. Whistle In

14) Wild Honey

1967年発売。評価はいまひとつに終わった前作「Smiley Smile」。人気は下降線をたどり、売り上げやライヴの動員も伸びずに、バンドはスランプに陥ります。このアルバムはブライアンに変わり、カール主導のもとに制作されました。

■収録曲

  1. Wild Honey
  2. Aren't You Glad
  3. I Was Made To Love Her
  4. Country Air
  5. A Thing Or Two
  6. Darlin'
  7. I'd Love Just Once To See You
  8. Here Comes The Night
  9. Let The Wind Blow
  10. How She Boogalooed It
  11. Mama Says

15) Friends

1968年発売。アメリカでのチャートは126位と振るわず、全編通しても30分に満たない短い内容となっていますが、ファンからの評価は高い1枚。彼ららしい明るく、軽快で、さわやかな印象ですが、これまでになかった音楽性が感じられます。影の名作といえるでしょう。

■収録曲

  1. Meant For You
  2. Friends
  3. Wake The World
  4. Be Here In The Morning
  5. When A Man Needs A Woman
  6. Passing By
  7. Anna Lee, The Healer
  8. Little Bird
  9. Be Still
  10. Busy Doin' Nothin'
  11. Diamond Head
  12. Transcendental Meditation

16) STACK-O-TRACK

1968年発売、過去のヒット曲のバック・トラックだけを収録した作品。人気低迷の末、レコード会社が苦肉の策でリリースしたカラオケ・アルバムといったところ。彼らにとって初めてチャート・インしなかった作品になってしまいました。

■収録曲

  1. Darlin'
  2. Salt Lake City
  3. Sloop John B.
  4. In My Room
  5. Catch A Wave
  6. Wild Honey
  7. Little Saint Nick
  8. Do It Again
  9. Wouldn't It Be Nice
  10. God Only Knows
  11. Surfer Girl
  12. Little Honda
  13. Here Today
  14. You're So Good To Me
  15. Let Him Run Wild

17) 20/20

1969年発売、キャピトル・レコードからの最後のオリジナル・アルバム。当時、ブライアンは引退状態にあり、このアルバムにはほとんど絡んでいません。マイク・ラヴ以外の残りのメンバーが分担してプロデュースして制作されました。

■収録曲

  1. Do It Again
  2. I Can Hear Music
  3. Bluebirds Over The Mountain
  4. Be With Me
  5. All I Want To Do
  6. The Nearest Faraway Place
  7. Cotton Fields (The Cotton Song)
  8. I Went To Sleep
  9. Time To Get Alone
  10. Never Learn Not To Love
  11. Our Prayer
  12. Cabinessence

18) Beach Boys '69 (Live in London)

1989年発売、1968年8月・12月のロンドンでの公演の模様が収録されたライヴ・アルバム。ブライアンの代役としてブルース・ジョンストンが出演しています。息の合った歌声と絶妙なハーモニー、そしてパワフルな演奏からはライヴの臨場感が伝わってきます。

■収録曲

  1. Darlin'
  2. Wouldn't It Be Nice
  3. Sloop John B.
  4. California Girls
  5. Do It Again
  6. Wake The World
  7. Aren't You Glad
  8. Bluebirds Over The Mountains
  9. Their Hearts Were Full Of Spring
  10. Good Vibrations
  11. God Only Knows
  12. Barbara Ann

19) Sunflower

1970年発売、『リプリーズ・レコード』に移籍後、初リリース作品。バラバラになりかけていたバンドが、一団結して制作に取り組んだアルバムです。「This Whole World」「Add Some Music To Your Day」では、彼ららしい美しいメロディーが表現。また、デニスが作った「Forever」は、今でも多くの人に歌い継がれている名曲です。

■収録曲

  1. Slip On Through
  2. This Whole World
  3. Add Some Music To Your Day
  4. Got To Know The Woman
  5. Deirdre
  6. It's About Time
  7. Tears In The Morning
  8. All I Wanna Do
  9. Forever
  10. Our Sweet Love
  11. At My Window
  12. Cool, Cool Water

20) Carl and the Passions - "So Tough"

1972年発売。カール&ザ・パッションズ(ビーチ・ボーイズの前身名)名義、唯一のアルバムで、この時代はカールがバンドの中心でした。「Marcella」「All This Is That」などの佳曲が収録された1枚。

■収録曲

  1. You Need a Mess of Help to Stand Alone
  2. Here She Comes
  3. He Come Down
  4. Marcella
  5. Hold On Dear Brother
  6. Make It Good
  7. All This Is That
  8. Cuddle Up

21) Surf's Up

1971年発売。全体を通して、ビーチ・ボーイズ光と影が見え隠れする作品。ノスタルジックな「Disney Girls」、そしてブライアンが新たに書き下ろした「Til I Die」と、これに続く「Surf's Up」の流れは芸術的。

■収録曲

  1. Don't Go Near The Water
  2. Long Promised Road
  3. Take A Load Off Your Feet
  4. Disney Girls (1957)
  5. Student Demonstration Time
  6. Feel Flows
  7. Looking At Tommorow (A Welfare Song)
  8. A Day In The Life Of A Tree
  9. Til I Die
  10. Surf's Up

22) Holland

1973年発売。ブライアンの精神状態を回復させようと、環境を変えてオランダで制作されたアルバム。しかし彼には以前のような創作意欲は起きず、ほとんどが残りのメンバーで録音することに。「Sail On, Sailor」は、1年程前にブライアンが大半を作り上げていた名曲。

■収録曲

  1. Sail On, Sailor
  2.  
  3. Steamboat
  4. California Saga/Big Sur
  5. California Saga/The Beaks Of Eagles
  6. California Saga/California
  7. Trader
  8. Leaving This Town
  9. Only With You
  10. Funky Pretty
  11. Mt. Vernon And Fairway Theme
  12. I'm The Pied Piper [Instrumental]
  13. Better Get Back In Bed
  14. Magic Transistor Radio
  15. I'm The Pied Piper
  16. Radio King Dom

23) The Beach Boys in Concert

1973年発売。彼らの作品の中でも、評価の高いライヴ・アルバムです。カール主導の元、ブロンディ・チャップリン、リッキー・ファターを交えたサウンドは、パワフルで聴いている人を飽きさせません。躍動感が伝わり、ライヴ盤ならではのサウンドが楽しめます。

■収録曲

  1. Sail On Sailor
  2. Sloop John B.
  3. The Trader
  4. You Still Believe In Me
  5. California Girls
  6. Darlin'
  7. Marcella
  8. Caroline No
  9. Leaving This Town
  10. Heroes And Villains
  11. Funky Pretty
  12. Let The Wind Blow
  13. Help Me, Rhonda
  14. Surfer Girl
  15. Wouldn't It Be Nice
  16. We Got Love
  17. Don't Worry, Baby
  18. Surfin' USA
  19. Good Vibrations
  20. Fun, Fun, Fun

24) 15 Big Ones

1976年発売。グループ結成15周年、そしてブライアン・ジョーンズの完全復活となるアルバム。半数がカヴァー曲ですが、10年ぶりにブライアンがプロデュースし、久々に全米トップ10入りを果たすヒット作になりました。全米ツアーの敢行や、アルバムリリースに向けた積極的な活動で、若い世代の支持を得ることに成功。再評価されることになりました。

■収録曲

  1. Rock and Roll Music
  2. It's OK
  3. Had to Phone Ya
  4. Chapel of Love
  5. Everyone's in Love With You
  6. Talk to Me (Medley)
  7. That Same Song
  8. TM Song
  9. Palisades Park
  10. Susie Cincinnati
  11. Casual Look
  12. Blueberry Hill
  13. Back Home
  14. In the Still of the Night
  15. Just Once in My Life

25) Love You

1977年発売。前作で華々しい復帰を遂げたブライアンは、今作で全曲を作曲、制作・プロデュース。音楽性の高さが感じられる作品となりました。しかし、シンセ・ベースを取り入れるなど、後のロックの先駆けとなるサウンドは、当時のファンには受け入れられ難く、セールス的には残念な結果に。

■収録曲

  1. Let Us Go on This Way
  2. Roller Skating Child
  3. Mona
  4. Johnny Carson
  5. Good Time
  6. Honkin' Down the Highway
  7. Ding Dang
  8. Solar System
  9. The Night Was So Young
  10. I'll Bet He's Nice
  11. Let's Put Our Hearts Together
  12. I Wanna Pick You Up
  13. Airplane
  14. Love Is a Woman

26) M.I.U. Album

1978年発売。前作の低評価により、ブライアンは再び精神的にダメージを受け、表舞台には出てこなくなります。次第にメンバーの方向性も変わり、ビーチ・ボーイズは解散の危機に・・・。名曲「Sweet Sunday Kind of Love」を収録。

■収録曲

  1. She's Got Rhythm
  2. Come Go With Me
  3. Hey Little Tomboy
  4. Kona Coast
  5. Peggy Sue
  6. Wontcha Come Out Tonight
  7. Sweet Sunday Kind of Love
  8. Belles of Paris
  9. Pitter Patter
  10. My Diane
  11. Matchpoint of Our Love
  12. Winds of Change

27) L.A. (Light Album)

1979年発売。71年の「Surf's Up 」発売後、バンドを脱退したブルース・ジョンスソンをプロデューサーに迎えて制作。「Sumahama(想い出のスマハマ)」は、マイクが日本人の彼女を想いながら作ったと言われています。ジャケットの一部は日本を彷彿させるデザインになっています。

■収録曲

  1. Good Timin'
  2. Lady Lynda
  3. Full Sail
  4. Angel Come Home
  5. Love Surrounds Me
  6. Sumahama
  7. Here Comes the Night
  8. Baby Blue
  9. Goin' South
  10. Shortenin' Bread

28) Keepin' the Summer Alive

1980年発売。ブライアンとマイクが中心となり、前作に引き続きプロデューサーにブルースを迎えて制作。ミディアム・テンポでアレンジされ、コーラス、キーボードの編曲がゴージャスなアンサンブル感を生み出し、統一感がある作品に仕上がっています。今作リリース後、デニスがバンドを脱退、その後83年に事故死します。このアルバムはビーチ・ボーイズがオリジナル・メンバーでリリースした最後の作品となりました。

■収録曲

  1. Keepin' the Summer Alive
  2. Oh Darlin'
  3. Some of Your Love
  4. Livin' With a Heartache
  5. School Day (Ring! Ring! Goes The Bell)
  6. Goin' On
  7. Sunshine
  8. When Girls Get Together
  9. Santa Ana Winds
  10. Endless Harmony

29) The Beach Boys‘85

1985年発売。バンドから距離を置いていたカール・ウィルソンが復活。時代に合った、新たなサウンドに挑戦するため、カルチャー・クラブのスティーヴ・レヴィンをプロデューサーに迎えました。他にも、ボーイ・ジョージ、スティーヴィー・ワンダーによる楽曲の提供、リンゴ・スターやゲイリー・ムーアがレコーディングに参加するなど、充分なバック・アップ体制が話題となりました。

■収録曲

  1. Getcha Back
  2. It's Gettin' Late
  3. Crack At Your Love
  4. Maybe I Don't Know
  5. She Believes In Love Again
  6. California Calling
  7. Passing Friend
  8. I'm So Lonely
  9.  
  10. Where I Belong
  11. I Do Love You
  12. It's Just a Matter of Time
  13. Male Ego

30) Still Cruisin' 

1989年発売、キャピトル・レコードへの復帰作。トム・クルーズ主演映画『カクテル』のサウンドトラック、「Kokomo」の大ヒットを受け、急遽発売されたコンセプト・アルバム。彼らにとって「Good Vibrations」以来、22年ぶりの全米1位獲得となりました。

■収録曲

  1. Still Cruisin'
  2. Somewhere Near Japan
  3. Island Girl
  4. In My Car
  5. Kokomo
  6. Wipe Out
  7. Make It Big
  8. I Get Around
  9. Wouldn't It Be Nice
  10. California Girls

31) Summer in Paradise

1992年発売。テリー・メルチャーをプロデューサーに迎え、マイクと共に2人が主導権を握り制作。治療中だったブライアンが制作に関わらなかった唯一の作品です。残響の長いドラムの音から始まる「Hot Fun In The Summertime」、環境保護を訴え、マイクの才能が開花したメッセージ・ソング「Summer In Paradise」。そして、俳優のジョン・スタモスがリード・ヴォーカルを務めた「Forever」など、バラエティ豊かな楽曲が収録されています。

■収録曲

  1. Hot Fun In The Summertime
  2. Surfing
  3. Summer Of Love
  4. Island Fever
  5. Still Surfing
  6. Slow Summer Dancing' (One Summer Night)
  7. Strange Things Happen
  8. Remember ""Walking In The Sand""
  9. Lahaina Aloha
  10. Under The Boardwalk
  11. Summer In Paradise
  12. Forever

32) Stars and Stripes Vol. 1

1996年発売、人気カントリー歌手が歌うビーチ・ボーイズ曲集。トビー・キースやロリー・モーガン、ウェリー・ネルソンなどが歌い、メンバー5人のハーモニーが合わさるという異色のアルバムです。イーグルスのティモシー・B・シュミットがストリングスをバックに甘く優しい歌声で歌う「Caroline, No」は必聴。今作リリース後の98年、カールが病死。実質的なリーダーを失くした彼らは、次第に分裂してしまいます。

■収録曲

  1. Don't Worry Baby / Lorrie Morgan & The Beach Boys
  2. Little Deuce Coope / The Beach Boys & James House
  3. 409 / Junior Brown &The Beach Boys
  4. Long Tall Texan / Doug Supernaw/The Beach Boys
  5. I Get Around / Sawyer Brown & The Beach Boys
  6. Be True To Your School / Toby Keith & The Beach Boys
  7. Fun, Fun, Fun / Ricky Van Shelton & The Beach Boys
  8. Help Me Rhonda / T. Graham Brown & The Beach Boys
  9. The Warmth Of The Sun / Beach Boys And Willie Nelson
  10. Sloop John B. / Collin Raye & The Beach Boys
  11. I Can Hear Music / Beach Boys And Kathy Troccoli
  12. Caroline, No / Timothy B. Schmit & The Beach Boys

33) SMiLE

デビュー50周年を迎えた2011年発売。1967年の「Pet Sounds」後、世間の大きな期待が注がれる中、発売中止となったロック史に残る幻のアルバム「SMILE」。その後2004年にブライアンがソロ名義で「SMiLE」を発売していますが、その構成を元に未発表に終わった当時の音源を復活させ、再構築してリリース。

■収録曲

  1. Our Prayer
  2. Gee
  3. Heroes And Villains
  4. Do You Like Worms (Roll Plymouth Rock)
  5. I'm In Great Shape
  6. Barnyard
  7. My Only Sunshine (The Old Master Painter / You Are My Sunshine)
  8. Cabin Essence
  9. Wonderful
  10. Look (Song For Children)
  11. Child Is Father Of The Man
  12. Surf's Up
  13. I Wanna Be Around / Workshop
  14. Vega-Tables
  15. Holidays
  16. Wind Chimes
  17. The Elements: Fire (Mrs. O'Leary's Cow)
  18. Love To Say Dada
  19. Good Vibrations

34) That's Why God Made the Radio(神が創りしラジオ)

2012年発売。それぞれの道を歩んでいた彼らが、デビュー50周年を記念し再び集結、久々のスタジオ・アルバムを制作しました。ブライアンを中心に、マイク、アル、ブルース、そして助っ人にジェフリー・フォスケット、初期に一時だけ、在籍していたデウィット・マークス、伴奏にジョー・トーマス。浜辺の少年たちも、いつのまにか70歳前後になりましたが、美しいハーモニーは健在。

■収録曲

  1. Think About The Days
  2. That's Why God Made The Radio
  3. Isn't It Time
  4. Spring Vacation
  5. The Private Life Of Bill And Sue
  6. Shelter
  7. Daybreak Over The Ocean
  8. Beaches In Mind
  9. Strange World
  10. From There To Back Again
  11. Pacific Coast Highway
  12. Summer's Gone