126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ビージーズ


2017年8月2日(水)・3日(木)8:00~&16:00~
再放送=8月7日・8日・19日・20日
30日・31日8:00~&16:00~
ビージーズ
 英国で生まれ育ち、オーストラリアに渡り本格的に音楽活動を開始したバリー、ロビン&モーリス(双子)のギブ3兄弟。1963年「三つのキッス」でデビューすると、絶妙なコーラス・ワークで脚光を浴びます。全豪での人気に着目したビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインにスカウトされ、再び英国の地へ。コリン・ピーターセン(Dr)、ヴィンス・メロニー(G)を加えた5人組となり、1967年「ニューヨーク炭鉱の悲劇」でワールド・デビューを果たします。
 ヒットを連発し一つの時代を築くも、脱退などのトラブルが続き、空中分解となった60年代後半。そして、兄弟3人での再出発を誓った70年代―ディスコ・ブームの波にのり、ダンスナンバーを中心とした路線に変更すると、彼らの楽曲を大きく取り上げた映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)が大ブレイクします。「愛はきらめきのように」「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」が収録されたサントラ盤は、グラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。その後もヒット曲を量産し、全世界でアルバム・シングル合計1億8千万枚のセールスを記録するなど、偉業を成し遂げてきました。
 2003年にモーリス、2012年にロビンが急逝。再結成は叶わぬ夢となりましたが、美しいメロディと歌声、兄弟ならではの息のあったコーラス・ワークは普遍的に愛され続けています。
【リクエスト企画(2017年8月)】
 今年4月にお送りしたビージーズ特集、リクエストにお応えして第2弾をお送りします。ディスコ・ブーム直前、新たなサウンドを模索した『Mr. Natural』(74年)や、6年間のブランクから再起をはかった『ONE』(87年)など、9作品を新たに追加しました。


今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) The Bee Gees 1st

1967年、英国にわたったギブ3兄弟を中心とする5人編成でのメジャー・デビュー・アルバム。ビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』を思わせるサイケなソフト・ロック作品です。シングル「 New York Mining Disaster 1941(ニューヨーク炭鉱の悲劇 )」「To Love Somebody」等を収録。

■収録曲

  1. Turn Of The Century
  2. Holiday
  3. Red Chair, Fade Away
  4. One Minute Woman
  5. In My Own Time
  6. Every Christian Lion Hearted Man Will Show You
  7. Craise Finton Kirk Royal Academy Of Arts
  8. New York Mining Disaster 1941
  9. Cucumber Castle
  10. To Love Somebody
  11. I Close My Eyes
  12. I Can't See Nobody
  13. Please Read Me
  14. Close Another Door

2) Horizontal

1968年発売。力強さと甘いメロディ、そしてバリーの歌唱力が光る、ビージーズの出世作。大ヒット曲「Massachusetts」や、「World」「Horizontal」などを収録。

■収録曲

  1. World
  2. And The Sun Will Shine
  3. Lemons Never Forget
  4. Really And Sincerely
  5. Birdie Told Me
  6. With The Sun In My Eyes
  7. Massachusetts
  8. Harry Braff
  9. Day Time Girl
  10. The Earnest Of Being George
  11. The Change Is Made
  12. Horizontal

3) idea

1968年発売。哀愁漂うメロディと美しいコーラス・ワークでポップスの醍醐味を満喫させてくれる、初期の傑作です。名曲「I've Gotta Get A Message To You(獄中の手紙)」「I Started A Joke」等を収録。

■収録曲

  1. Let There Be Love
  2. Kitty Can
  3. In The Summers Of His Years
  4. Indian Gin And Whisky Dry
  5. Down To Earth
  6. Such A Shame
  7. I've Gotta Get A Message To You
  8. Idea
  9. When The Swallows Fly
  10. I Have Decided To Join The Airforce
  11. I Started A Joke
  12. Kilburn Towers
  13. Swan Song

4) Odessa

1969年発売、5人組としての最後の作品。7分を超えるタイトル曲「Odessa」で始まり、後に映画『小さな恋のメロディ』の挿入歌としてヒットした「First Of May(若葉のころ)」「Melody Fair」「Give Your Best」、そして合唱団とオーケストラによるインスト「The British Opera」で大団円を迎える、初期の集大成です。

■収録曲

  1. Odessa (City On The Black Sea)
  2. You'll Never See My Face Again
  3. Black Diamond
  4. Marley Purt Drive
  5. Edison
  6. Melody Fair
  7. Suddenly
  8. Whisper Whisper
  9. Lamplight
  10. Sound Of Love
  11. Give Your Best
  12. Seven Seas Symphony
  13. I Laugh In Your Face
  14. Never Say Never Again
  15. First Of May
  16. The British Opera

5) 2 Years On

1970年発売。脱退やソロ活動などで空中分解となったビージーズが、兄弟3人での再スタートとなった作品。息のあった美しいコーラスはそのままに、カントリーやハード・ロックのテイストも加えバラエティに富んでいます。「Lonely Days」「Man For All Seasons」等を収録。

■収録曲

  1. 2 Years On
  2. Portrait Of Louise
  3. Man For All Seasons
  4. Sincere Relation
  5. Back Home
  6. The 1st Mistake I Made
  7. Lonely Days
  8. Alone Again
  9. Tell Me Why
  10. Lay It On Me
  11. Every Second Every Minute
  12. I'm Weeping

6) Trafalgar

1971年発売。アーティストとして一皮向けた中期の傑作。初の全米シングルNo1を獲得した名曲「How Can You Mend A Broken Heart(傷心の日々)」や、「Trafalgar」「Don't Wanna Live Inside Myself(過ぎ去りし愛の夢)」等を収録。

■収録曲

  1. How Can You Mend A Broken Heart
  2. Israel
  3. The Greatest Man In The World
  4. It's Just The Way
  5. Remembering
  6. Somebody Stop The Music
  7. Trafalgar
  8. Don't Wanna Live Inside Myself
  9. When Do I
  10. Dearest
  11. Lion In Winter
  12. Walking Back To Waterloo

7) Main Course

1975年発売。名プロデューサー=アリフ・マーディンを迎え、リズム主体のファンキー路線へと舵を切ったビージーズ、第三期黄金時代の幕開け。ディスコ・ブームの波に乗り、全米で大ヒットしたシングル「Nights On Broadway(ブロードウェイの夜)」「Jive Talkin'」等を収録。

■収録曲

  1. Nights On Broadway
  2. Jive Talkin'
  3. Wind Of Change
  4. Songbird
  5. Fanny (Be Tender With My Love)
  6. All This Making Love
  7. Country Lanes
  8. Come On Over
  9. Edge Of The Universe
  10. Baby As You Turn Away

8) Children of the World

まさに”フィーバー”前夜の1976年発売。前作のソウルミュージックの流れをさらに追求し、AOR色を強めたディスコ・サウンドへ。全米1位シングル「You Should Be Dancing」、「Love So Right」「Boogie Child」等を収録。

■収録曲

  1. You Should Be Dancing
  2. You Stepped Into My Life
  3. Love So Right
  4. Lovers
  5. Can't Keep A Good Man Down
  6. Boogie Child
  7. Love Me
  8. Subway
  9. The Way It Was
  10. Children Of The World

9) Spirits Having Flown(失われた愛の世界)

1979年発売。映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年公開)で大注目となった彼らが、満を持して発表した作品。ファルセット・ボイスを活かしたポップでダンサブルなディスコ・サウンドがここに完成。シングル「Too Much Heaven(失われた愛の世界)」「哀 Tragedy(愁のトラジディ)」「Love You Inside Out」等を収録。

■収録曲

  1. Tragedy
  2. Too Much Heaven
  3. Love You Inside Out
  4. Reaching Out
  5. Spirits (Having Flown)
  6. Search, Find
  7. Stop (Think Again)
  8. Living Together
  9. I'm Satisfied
  10. Until

10) 「小さな恋のメロディ」 オリジナル・サウンドトラック

1971年公開映画『小さな恋のメロディ』のサウンド・トラック。初期ビージーズのアコースティック・サウンド、美しいコーラス・ワークが、物語のエヴァー・グリーンな内容に彩りを添えています。映画とともに彼らの日本での人気を集めた作品です。(※ビージーズの曲のみ抜粋)

■収録曲

  1. In The Morning
  2. Melody Fair
  3. Give Your Best
  4. To Love Somebody
  5. First Of May

11) 「サタデー・ナイト・フィーバー」オリジナル・サウンドトラック

1977年公開映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンド・トラック。全米No.1に輝いた「How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に)」 「Stayin' Alive」「Night Fever(恋のナイト・フィーバー)」など、ディスコ黄金時代を象徴するビージーズの楽曲を多数収録し、グラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。全世界でサウンド・トラックとしては過去最高の4000万枚を売り上げた名盤です。(※ビージーズの曲のみ抜粋)

■収録曲

  1. Stayin' Alive
  2. How Deep Is Your Love
  3. Night Fever
  4. More Than A Woman
  5. Jive Talkin'
  6. You Should Be Dancing

12) 「ステイン・アライヴ」オリジナル・サウンドトラック

1983年公開、『サタデー・ナイト・フィーバー』の続編となる映画『ステイン・アライヴ』のサウンド・トラック。「Stayin' Alive」「I Love You Too Much」等を収録。(※ビージーズの曲のみ抜粋)

■収録曲

  1. The Woman In You
  2. I Love You Too Much
  3. Breakout
  4. Someone Belonging To Someone
  5. Life Goes On
  6. Stayin' Alive

13) Cucumber Castle

1970年発売。ビージーズ出演同名のTV番組サントラとして作られたアルバム。脱退やソロ活動などにより、バリーとモーリスの2人だけで制作されました。リズムもテンポも良い「I.O.I.O」、美しいメロディが印象的な「Don't Forget To Remember(想い出を胸に)」等を収録。

■収録曲

  1. If I Only Had My Mind On Something Else
  2. I.O.I.O.
  3. Then You Left Me
  4. The Lord
  5. I Was The Child
  6. I Lay Down And Die
  7. Sweetheart
  8. Bury Me Down By The River
  9. My Thing
  10. The Chance Of Love
  11. Turning Tide
  12. Don't Forget To Remember

14) To Whom It May Concern

1972年発売。前年の『Trafalgar』と並ぶ中期の代表作。兄弟3人でのスタイルも安定し、成熟したソフト・ロックが心地良いアルバムです。全米シングルトップ40に入った「Run to Me」「Alive」等を収録。

■収録曲

  1. Run To Me
  2. We Lost The Road
  3. Never Been Alone
  4. Paper Mache, Cabbages & Kings
  5. I Can Bring Love
  6. I Held A Party
  7. Please Don't Turn Out The Lights
  8. Sea Of Smiling Faces
  9. Bad Bad Dreams
  10. You Know It's For You
  11. Alive
  12. Road To Alaska
  13. Sweet Song Of Summer

15) Life in a Tin Can

1973年発売。レコード会社を移籍し再出発。ヒット曲にも恵まれず地味な印象ですが、メロディーメーカーとしての確かな才能を感じさせる作品です。シングル「Saw A New Morning」「My Life Has Been A Song」等を収録。

■収録曲

  1. Saw A New Morning
  2. I Don't Wanna Be The One
  3. South Dakota Morning
  4. Living In Chicago
  5. While I Play
  6. My Life Has Been A Song
  7. Come Home Johnny Bridie
  8. Method To My Madness

16) Mr. Natural

1974年発売。名プロデューサー=アリフ・マーディンによる大きなチャレンジ。王道ポップ/ロック路線からディスコ・サウンドへの過渡期とも言える作品です。シングル「Charade」「Mr. Natural」等を収録。

■収録曲

  1. Charade
  2. Throw A Penny
  3. Down The Road
  4. Voices
  5. Give A Hand, Take A Hand
  6. Dogs
  7. Mr. Natural
  8. Lost In Your Love
  9. I Can't Let You Go
  10. Heavy Breathing
  11. Had A Lot Of Love Last Night

17) Living Eyes

1981年発売。『サタデー・ナイト・フィーバー』のディスコ・サウンドのイメージを払拭しようと試みたAOR作品。スティーヴ・ガッド、ジェフ・ポーカロら豪華ミュージシャンが多数参加しています。シングル「Living Eyes」「He's a Liar(愛はトライアングル)」等を収録。

■収録曲

  1. Living Eyes
  2. He's A Liar
  3. Paradise
  4. Don't Fall In Love With Me
  5. Soldiers
  6. I Still Love You
  7. Wildflower
  8. Nothing Could Be Good
  9. Cryin' Every Day
  10. Be Who You Are

18) ONE

1989年発売。レコーディング中にソロ・シンガーで3兄弟の弟・アンディが他界、その影響のためかメランコリックな作品となりました。大ヒットシングル「One」、亡き弟へ捧げた「Wish You Were Here」等を収録。

■収録曲

  1. Ordinary Lives
  2. One
  3. Bodyguard
  4. It's My Neighborhood
  5. Tears
  6. Tokyo Nights
  7. Flesh And Blood
  8. Wish You Were Here
  9. House Of Shame
  10. Will You Ever Let Me
  11. Wing And A Prayer

19) High Civilization

1991年発売。シンセサイザーを主体としたロック/ポップス作品。英米では伸び悩みましたが、テクノの本場・ドイツではチャート2位を記録しました。ヒットシングル「Secret Love」等を収録。

■収録曲

  1. High Civilization
  2. Secret Love
  3. When He's Gone
  4. Happy Ever After
  5. Party With No Name
  6. Ghost Train
  7. Dimensions
  8. The Only Love
  9. Human Sacrifice
  10. True Confessions
  11. Evolution

20) Size Isn't Everything

1993年発売。健康面や家庭の問題、父の他界など、苦難に直面した3兄弟の原点回帰。ディスコ・サウンド以前の、ポップスの快活さを取り戻した作品です。バリーのファルセットを生かしたバラード「For Whom the Bell Tolls」、76年の大ヒット曲「You Should Be Dancing」のリメイク「Decadance」等を収録。

■収録曲

  1. Paying The Price Of Love
  2. Kiss Of Life
  3. How To Fall In Love, Pt.1
  4. Omega Man
  5. Haunted House
  6. Heart Like Mine
  7. Anything For You
  8. Blue Island
  9. Above And Beyond
  10. For Whom The Bell Tolls
  11. Fallen Angel
  12. Decadance

21) Still Waters

1997年発売。デヴィッド・フォスター、ヒュー・パジャム、アリフ・マーディンという名プロデューサーを迎えた、アーバン・ポップス。ほろ苦いメロディーと美しいファルセットで彼らの本領が発揮されています。「Alone」「Irresistible Force」等を収録。

■収録曲

  1. Alone
  2. I Surrender
  3. I Could Not Love You More
  4. Still Waters Run Deep
  5. My Lover's Prayer
  6. With My Eyes Closed
  7. Irresistable Force
  8. Closer Than Close
  9. I Will
  10. Obsessions
  11. Miracles Happen
  12. Smoke And Mirrors
  13. Rings Around The Moon
  14. Love Never Dies