126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ビージーズ


2017年4月
ビージーズ
 英国で生まれ育ち、オーストラリアに渡り本格的に音楽活動を開始したバリー、ロビン&モーリス(双子)のギブ3兄弟。1963年「三つのキッス」でデビューすると、絶妙なコーラス・ワークで脚光を浴びます。全豪での人気に着目したビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインにスカウトされ、再び英国の地へ。コリン・ピーターセン(Dr)、ヴィンス・メロニー(G)を加えた5人組となり、1967年「ニューヨーク炭鉱の悲劇」でワールド・デビューを果たします。
 ヒットを連発し一つの時代を築くも、脱退などのトラブルが続き、空中分解となった60年代後半。そして、兄弟3人での再出発を誓った70年代―ディスコ・ブームの波にのり、ダンスナンバーを中心とした路線に変更すると、彼らの楽曲を大きく取り上げた映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年)が大ブレイクします。「愛はきらめきのように」「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」が収録されたサントラ盤は、グラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。その後もヒット曲を量産し、全世界でアルバム・シングル合計1億8千万枚のセールスを記録するなど、偉業を成し遂げてきました。
 2003年にモーリス、2012年にロビンが急逝。再結成は叶わぬ夢となりましたが、美しいメロディと歌声、兄弟ならではの息のあったコーラス・ワークは普遍的に愛され続けています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

(準備中)