126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ビリー・ジョエル


2015年5月9日(土)・10日(日)8:00~&16:00~
再放送あり(随時)
ビリー・ジョエル
 稀代のメロディ・メーカー、“ピアノ・マン”ことビリー・ジョエル。
 1971年にデビュー。後に自信の代名詞ともなる名曲「Piano Man」で脚光を浴びます。ポップで親しみやすいメロディ・ラインと、都会のセンチメンタリズムや哀愁を映し出したメッセージ性の強い歌詞が、多くの人々の共感を呼び、5枚目のアルバム『The Stranger』が爆発的にヒット。ミュージシャンとしての地位を不動のものにしました。
 全米No.1ヒットシングル「It's Still Rock and Roll to Me(ロックンロールが最高さ)」「We Didn't Start the Fire(ハートにファイア)」、バラードの傑作「Just The Way You Are(素顔のままで)」「Honesty(オネスティ)」等、時代を超えて愛される名曲を数多く生み出し、20世紀を代表するスーパー・スターとして、多くのアーティスト達からリスペクトされ続けています。
 この特集では、オリジナルアルバム14作品を発売順にお送りします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Cold Spring Harbor (ピアノの詩人)

1971年発売の記念すべきデビューアルバム。「ハッスルズ」「アッティラ」といったバンドでの活動を経て、ソロの歌手として歩みだした一作目であり、ブレイクする前の貴重な作品です。若きビリーの伸びのある、まっすぐな歌声をお楽しみください。

■収録曲

  1. She's Got A Way
  2. You Can Make Me Free
  3. Everybody Loves You Now
  4. Why Judy Why
  5. Falling Of The Rain
  6. Turn Around
  7. You Look So Good To Me
  8. Tomorrow Is Today
  9. Nocturne
  10. Got To Begin Again

2) Piano Man

1973年発売。50万枚を超える売上げを記録し、初のゴールドディスクを受賞したアルバム。ビリーの輝かしいキャリアはここからはじまります。初のヒットナンバー「Piano Man」を収録。時に優しく、時にブルージーな歌声と、ハーモニカが華麗に冴えわたる、ビリーの代名詞と言える名曲です。

■収録曲

  1. Travelin' Prayer
  2. Piano Man
  3. Ain't No Crime
  4. You're My Home
  5. The Ballad Of Billy The Kid
  6. Worse Comes To Worst
  7. Stop In Nevada
  8. If I Only Had The Words (To Tell You)
  9. Somewhere Along The Line
  10. Captain Jack

3) Streetlife Serenade

1974年発売。ストリートのエネルギーが素朴に表現され、ビリーならではの郷愁感あふれる仕上がりとなっています。世間からの圧力や自分への皮肉を歌った「The Entertainer」や、人の世の儚さを切実に歌ったインパクトある名曲「Souvenir 」等を収録。

■収録曲

  1. Streetlife Serenader
  2. Los Angelenos
  3. The Great Suburban Showdown
  4. Root Beer Rag
  5. Roberta
  6. The Entertainer
  7. Last Of The Big Time Spenders
  8. Weekend Song
  9. Souvenir
  10. The Mexican Connection

4) Turnstiles(ニューヨーク物語)

1976年発売。デビュー当時から活動の拠点としていたロサンゼルスを離れ、故郷のニューヨークで制作。次回作となる「The Stranger」以降は、ポップで陽気な作品が多くなり、今作が”繊細で叙情的”な初期のビリー・ジョエルの区切りとも言うべきアルバムです。セルフ・プロデュースしたこともあり、等身大のビリーが楽しめる作品です。

■収録曲

  1. Say Goodbye To Hollywood
  2. Summer, Highland Falls
  3. All You Wanna Do Is Dance
  4. New York State Of Mind
  5. James
  6. Prelude/Angry Young Man
  7. I've Loved These Days
  8. Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)

5) The Stranger

1977年発売。全米2位、1000万枚を売上、自己最高記録を獲得。ダイアモンドディスクにも認定され、ビリーが世界的スターに躍進した作品です。グラミー賞・最優秀レコード賞を受賞した「Just the Way You Are(素顔のままで)」をはじめ、「She's Always a Woman」「Only the Good Die Young」「Movin' Out」など名曲が詰まった歴史に残る一枚です。このアルバムからフィル・ラモーンを共同プロデューサーに迎え、その後二人の関係は10年以上続くことになります。

■収録曲

  1. Movin' Out (Anthony's Song)
  2. The Stranger
  3. Just The Way You Are
  4. Scenes From An Italian Restaurant
  5. Vienna
  6. Only The Good Die Young
  7. She's Always A Woman
  8. Get It Right The First Time
  9. Everybody Has A Dream

6) 52nd Street(ニューヨーク52番街)

初めて全米1位を獲得した1978年の作品。グラミー賞最優秀アルバム賞と、男性ポップ・ボーカル賞の2部門も受賞、ビリーはミュージシャンとしての揺るぎない地位を確立しました。日本でも大ヒットした名曲「Honesty」をはじめ、「Big Shot」「My Life」などを収録。

■収録曲

         
  1. Big Shot
  2. Honesty
  3. My Life
  4. Zanzibar
  5. Stiletto
  6. Rosalinda's Eyes
  7. Half a Mile Away
  8. Until the Night
  9. 52nd Street

7) Glass Houses

前作に引き続き全米1位を獲得、グラミー賞・男性ロック・ボーカル部門を受賞した1980年の作品。ビリーとバンドによる骨太なサウンドとライヴ感が溢れるロック色の強いアルバムです。効果音など細やかな演出が施され、ビリー自身が「聴いていて一番楽しいアルバム」と語るほど完成度が高く、聴く側をワクワクさせます。

■収録曲

  1. You May Be Right
  2. Sometimes A Fantasy
  3. Don't Ask Me Why
  4. It's Still Rock And Roll To Me
  5. All For Leyna
  6. I Don't Want To Be Alone
  7. Sleeping With The Television On
  8. C'Etait Toi (You Were The One)
  9. Close To The Borderline
  10. Through The Long Night

8) Songs in the Attic

1981年発売、初のライヴ・アルバム。1980年に行われたアメリカ・ツアーでの音源が収録されています。 「昔の曲をよりふさわしい形で紹介したい」という理由から、初期4枚のアルバムの収録曲のみ選曲され、『The Stranger』以降の楽曲は敢えて外されています。

■収録曲

  1. Miami 2017 (Seen The Lights Go Out On Broadway)
  2. Summer, Highland Falls
  3. Streetlife Serenader
  4. Los Angelenos
  5. She's Got A Way
  6. Everybody Loves You Now
  7. Say Goodbye To Hollywood
  8. Captain Jack
  9. You're My Home
  10. The Ballad Of Billy The Kid
  11. I've Loved These Days

9) The Nylon Curtain

1982年発売。ペンシルベニア州の工業都市アレンタウンの人々を歌った「Allentown」、ベトナム戦争へ行った兵士への思いを歌った反戦歌「Goodnight Saigon」など、当時のアメリカが抱えていた社会問題をテーマにした、メッセージ性の強いアルバムです。

■収録曲

  1. Allentown
  2. Laura
  3. Pressure
  4. Goodnight Saigon
  5. She's Right On Time
  6. A Room Of Our Own
  7. Surprises
  8. Scandinavian Skies
  9. Where's The Orchestra?

10) An Innocent Man

1983年発売。その当時ビリーが影響を受けた50~60年代のソウルミュージックやモータウンのミュージシャン、ジェームス・ブラウン、ベン・E・キング、シュープリームス、マーサ&ザ・ヴァンデラス、フォー・シーズンズ、サム・クックなどを彷彿させる楽曲が収録されています。また「This Night(今宵はフォーエバー)」のコーラス部分には、ベートーヴェンの「悲愴ソナタ」第2楽章が使われています。様々な音楽性を取り入れ、ビリーらしいラブソングに昇華させた作品です。

■収録曲

  1. Easy Money
  2. An Innocent Man
  3. The Longest Time
  4. This Night
  5. Tell Her About It
  6. Uptown Girl
  7. Careless Talk
  8. Christie Lee
  9. Leave A Tender Moment Alone
  10. Keeping The Faith

11) The Bridge

1986年発売、長きにわたりタッグを組んできた名プロデューサー、フィル・ラモーンと制作した最後のアルバムです。ビリーが最も尊敬するアーティスト、レイ・チャールズと夢の競演を果たした「Baby Grand」を収録。作品全体は、ジャズテイストとなっており、大人向けの落ち着いた楽曲が多いのが特徴です。

■収録曲

  1. Running On Ice
  2. This Is The Time
  3. A Matter Of Trust
  4. Modern Woman
  5. Baby Grand
  6. Big Man On Mulberry Street
  7. Temptation
  8. Code Of Silence
  9. Getting Closer

12) КОНЦЕРТ(コンツェルト-ライヴ・イン・U.S.S.R.-)

1987年発売。1986年にアメリカからスタートした"ザ・ブリッジ・ツアー"の最終地、ロシアのモスクワとレニングラードでの公演の模様が収録された、ライヴアルバムです。聴きどころは、ビートルズの「Back in the U.S.S.R.」、ボブディランの「The Times They Are A-Changin'」のカバー。ここでしか聴けないアレンジや臨場感を楽しめます。

■収録曲

  1. Odoya
  2. Angry Young Man
  3. Honesty
  4. Goodnight Saigon
  5. Stiletto
  6. Big Man On Mulberry Street
  7. Baby Grand
  8. An Innocent Man
  9. Allentown
  10. A Matter Of Trust
  11. Only The Good Die Young
  12. Sometimes A Fantasy
  13. Uptown Girl
  14. Big Shot
  15. Back In The U.S.S.R
  16. The Times They Are A Changin'

13) Storm Front

1989年発売。世界ツアー「ザ・ブリッジ・ツアー」で成功を収めたビリーは、このアルバム制作にあたりスタッフを一新しました。長い間、プロデューサーを務めたフィル・ラモーンとも別れ、新たにフォリナーのミック・ジョーンズをプロデューサーに迎えます。ロックンロールの原点を追求したサウンドは、新たな力強いビリー・ジョエルを感じられます。「We Didn't Start the Fire(ハートにファイア)」「I Go to Extremes(愛はイクストリーム)」「The Downeaster 'Alexa'」「That's Not Her Style」「And So It Goes(そして今は…)」などヒット曲を多数収録。

■収録曲

  1. That's Not Her Style
  2. We Didn't Start The Fire
  3. The Downeaster 'Alexa'
  4. I Go To Extremes
  5. Shameless
  6. Storm Front
  7. Leningrad
  8. State Of Grace
  9. When In Rome
  10. And So It Goes

14) River of Dreams

1993年発売。ジェームス・テイラーやキャロル・キング等とのセッションで知られるギタリスト、ダニー・コーチマーをプロデューサー迎え、1990年代に発表した、唯一のオリジナル・アルバム。前半はポップで軽快なリズム&ブルース、後半は落ち着いた雰囲気のメロディアスなバラードで構成されています。ジャケットには妻、クリスティが描いた絵が使われています。

■収録曲

  1. No Man's Land
  2. The Great Wall Of China
  3. Blonde Over Blue
  4. A Minor Variation
  5. Shades Of Grey
  6. All About Soul
  7. Lullabye (Goodnight, My Angel)
  8. The River Of Dreams
  9. Two Thousand Years
  10. Famous Last Words