126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

キャロル・キング


2014年3月1日(土)・2日(日)8:00~&16:00~
再放送あり(随時)
キャロル・キング
 70年代を代表する女性シンガー・ソングライターの一人、キャロル・キング。
 1942年ニューヨーク市・ブルックリンに生まれ、58年にデビューしますが、ヒットに恵まれず歌手としての道は頓挫することになります。その後当時の夫ジェリー・ゴフィンと共にソングライター・コンビとして活動、「The Loco-Motion」「Will You Still Love Me Tomorrow」など後世に残る作品を生み出しました。1970年にシンガー・ソングライターとしての活動を本格的にスタートさせ、シングル「It's too late」「You've Got a Friend(きみの友だち)」を含む2ndアルバム『Tapestry(つづれおり)』が大ヒット。グラミー賞4部門制覇、全米アルバムチャートで15週連続1位、その後も世界中でロングセラーを記録した歴史的名盤となりました。
 近年は映画主題歌や他アーティストへの曲提供などマイペースで音楽活動を継続。普遍的に美しいメロディー・ラインと自然体の歌声が織りなすキャロルの音楽世界は、いつ聴いても色褪せることがありません。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Now That Everything's Been Said (夢語り)

1969年発売。60年代、当時の夫ジェリー・ゴフィンと共にのソングライターとしてヒット曲を生み出してきたキャロルですが、68年に離婚、コンビを解消。その後、ギタリストのダニー・コーチマー、2番目の夫となるベーシストのチャールズ・ラーキーとバンド「The City」を結成します。その彼らの唯一のアルバムです。

■収録曲

  1. Snow Queen
  2. I Wasn't Born To Follow
  3. Now That Everything's Been Said
  4. Paradise Alley
  5. Man Without A Dream
  6. Victim Of Circumstance
  7. Why Are You Leaving
  8. Lady
  9. My Sweet Home
  10. I Don't Believe It
  11. That Old Sweet Roll (Hi-De-Ho)
  12. All My Time

2) Writer

1970年発売のソロ・デビュー・アルバム。収録曲の大半はジェリー・ゴフィンと制作した楽曲で構成、レコーディングにはThe Cityのメンバーやジェームス・テイラーも参加しています。

■収録曲

  1. Spaceship Races
  2. No Easy Way Down
  3. Child Of Mine
  4. Goin' Back
  5. To Love
  6. What Have You Got To Lose
  7. Eventually
  8. Raspberry Jam
  9. Can't You Be Real
  10. I Can't Hear You No More
  11. Sweet Sweetheart
  12. Up On The Roof
  13. To Love (Alternate Take)

3) Tapestry (つづれおり)

1971年発売。等身大の女性像がナチュラルに描かれた作品で、女性シンガー・ソングライター・ブームの火付け役となった歴史的名盤。全世界で2000万枚以上を売り上げ、グラミー賞4部門を獲得しました。シングル「It's too late」「You've Got a Friend(きみの友だち)」を収録。

■収録曲

  1. I Feel The Earth Move
  2. So Far Away
  3. It's Too Late
  4. Home Again
  5. Beautiful
  6. Way Over Yonder
  7. You've Got A Friend
  8. Where You Lead
  9. Will You Love Me Tomorrow?
  10. Smackwater Jack
  11. Tapestry
  12. Feel Like A Natural Woman
  13. Out In The Cold

4) Music

1971年発売。キャロルが妊娠中に再作されたアルバムで、前作『Tapestry』の大成功と私生活の充実で、幸福感に漲る歌声が印象的な一枚です。

■収録曲

  1. Brother, Brother
  2. Growing Away From Me
  3. Sweet Seasons
  4. Some Kind Of Wonderful
  5. Surely
  6. Carry Your Load
  7. Music
  8. Song Of Long Ago
  9. Brighter
  10. It's Going To Take Some Time
  11. Too Much Rain
  12. Back To California

5) Rhymes and Reasons (喜びは悲しみの後に)

1972年発売。チャールズ・ラーキーやトニ・スターンらとの共作や、デヴィッド・T・ウォーカーら新進気鋭のミュージシャンの起用、ホーン・セクションの導入など、新たな挑戦を試みた意欲作。

■収録曲

  1. Come Down Easy
  2. My My She Cries
  3. Peace In The Valley
  4. Feeling Sad Tonight
  5. The First Day In August
  6. Bitter With The Sweet
  7. Goodbye Don't Mean I'm Gone
  8. Stand Behind Me
  9. Gotta Get Through Another Day
  10. I Think I Can Hear You
  11. Ferguson Road
  12. Been To Canaan
  13. Ties That Bind

6) Fantasy

1973年発売。初めてキャロルが全作詞・作曲を行ったアルバム。ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダーなどのソウル・ミュージックの影響を受けたサウンドに、人種問題や反戦のメッセージが込められた傑作。

■収録曲

  1. Fantasy Beginning
  2. You've Been Around Too Long
  3. Being At War With Each Other
  4. Directions
  5. That's How Things Go Down
  6. Weekdays
  7. Haywood
  8. A Quiet Place To Live
  9. Welfare Symphony
  10. You Light Up My Life
  11. Corazon
  12. Believe In Humanity
  13. Fantasy End
  14. Believe In Humanity (Live In Central Park, NYC)

7) Wrap Around Joy (喜びにつつまれて)

1974年発売。シングル・カットされヒットを記録した「Jazzman」「Nightingale」など、数珠玉の名曲が揃い、名盤『Tapestry』と共に彼女の代表作とも言えるアルバムです。

■収録曲

  1. Nightingale
  2. Change In Mind, Change Of Heart [Album Version]
  3. Jazzman
  4. You Go Your Way, I'll Go Mine
  5. You're Something New
  6. We Are All In This Together
  7. Wrap Around Joy
  8. You Gentle Me [Album Version]
  9. My Lovin' Eyes [Album Version]
  10. Sweet Adonis
  11. A Night This Side Of Dying [Album Version]
  12. The Best Is Yet To Come [Album Version]

8) Really Rosie(おしゃまなロージー)

1975年発売。絵本作家モーリス・センダックによるテレビ・アニメのサウンド・トラック。センダック作詞、キャロルが作曲を担当。真っ直ぐで優しい歌声からは、童心にかえって純粋に楽しんでいるキャロルの姿が浮かびます。

■収録曲

  1. Really Rosie
  2. One Was Johnny
  3. Alligators All Around
  4. Pierre
  5. Screaming And Yelling
  6. The Ballad Of Chicken Soup
  7. Chicken Soup With Rice
  8. Avenue P
  9. My Simple Humble Neighborhood
  10. The Awful Truth
  11. Such Sufferin'
  12. Really Rosie [Reprise]

9) Thoroughbred

1975年発売。目の覚めるような青い海をバックに乗馬をするキャロルが印象的なジャケット。そのイメージのままに、穏やかでありながら颯爽とした雰囲気があります。隠れた名曲「Only Love Is Real」を収録。

■収録曲

  1. So Many Ways [Album Version]
  2. Daughter Of Light
  3. High Out Of Time [Album Version]
  4. Only Love Is Real
  5. There's A Space Between Us
  6. I'd Like To Know You Better [Album Version]
  7. We All Have To Be Alone [Album Version]
  8. Ambrosia
  9. Still Here Thinking Of You [Album Version]
  10. It's Gonna Work Out Fine [Album Version]

10) Simple Things

1977年発売。キャピトル・レコード移籍後初のアルバム。この時期、離婚と再婚、コロラド州への転居など、公私ともに心機一転。3番目の夫となるリック・エヴァーズと、地元出身の6人組バンド「ナヴァロ」と共に制作されました。完成度、評価共に高く、ゴールド・ディスク賞を獲得。

■収録曲

  1. Simple Things
  2. Hold On
  3. In The Name Of Love
  4. Labyrinth
  5. You're The One Who Knows
  6. Hard Rock Cafe
  7. Time Alone
  8. God Only Knows
  9. To Know That I Love You
  10. One

11) Welcome Home

1978年発売。前作に続き、リックとナヴァロと共に制作。ウエストコースト・ロック色が強く、活き活きとしたキャロルの新たな一面が見られます。

■収録曲

  1. Main Street Saturday Night
  2. Sunbird
  3. Venusian Diamond
  4. Changes
  5. Morning Sun
  6. Disco Tech
  7. Wings Of Love
  8. Ride The Music
  9. Everybody's Got The Spirit
  10. Welcome Home

12) Touch the Sky

1979年発売。3番目の夫リックの死去という悲しみの中でリリースされた作品。R&Bとカントリー・サウンドが見事に融合し、美しいメロディーが生み出されています。

■収録曲

  1. Time Gone By
  2. Move Lightly
  3. Dreamlike I Wander
  4. Walk With Me (I'll Be Your Companion)
  5. Good Mountain People
  6. You Still Want Her
  7. Passing Of The Days
  8. Crazy
  9. Eagle
  10. Seeing Red

13) Pearls

1980年発売、初のセルフ・カヴァー・アルバム。リトル・エヴァ、カイリー・ミノーグの歌声でもお馴染みの「Locomotion」「Hey Girl」など、ジェリー・ゴフィンと共に作った楽曲が中心。ヒット曲「One Fine Day」や、このアルバムの為にレコーディングされた「Dancin' With Tears In My Eyes(涙のダンシング)」も必聴です。

■収録曲

  1. Dancin' With Tears In My Eyes
  2. Locomotion
  3. One Fine Day
  4. Hey Girl
  5. Snow Queen
  6. Chains
  7. Oh No Not My Baby
  8. Hi De Ho
  9. Wasn't Born To Follow
  10. Goin' Back

14) One To One

1982年発売。アトランティック移籍後初のアルバム。元夫ジェリー・ゴフィンとの共同作や、ジェリーとの間に生まれた娘であり、シンガーソングライターのルイーズ・ゴフィンの曲も盛り込まれています。レコーディングにはThe Cityのダニー・コーチマーとチャールズ・ラーキーや、エリック・ジョンソンもギターで参加しています。

■収録曲

  1. One To One
  2. It's A War
  3. Lookin' Out For Number One
  4. Life Without Love
  5. Golden Man
  6. Read Between The Lines
  7. (Love Is Like A) Boomerang
  8. Goat Annie
  9. Someone You Never Met Before
  10. Little Prince

15) Speeding Time

1983年発売。『Tapestry』をはじめとするキャロルの代表作を手掛けてきたルー・アドラーを8年ぶりにプロデューサーに迎えて制作。80年代を象徴するサウンド・アプローチを試みながら、ソングライターとしての力量を存分に発揮しています。

■収録曲

  1. Computer Eyes
  2. One Small Voice
  3. Crying In The Rain
  4. Sacred Heart Of Stone
  5. Speeding Time
  6. Standin' On The Borderline
  7. So Ready For Love
  8. Chalice Borealis
  9. Dancing
  10. Alabaster Lady

16) City Streets

1989年発売。エリック・クラプトンやブランフォード・マルサリスという豪華なメンバーがレコーディングに参加。ジェリーとの共作や、娘・シェリーとのデュエット曲も収録。

■収録曲

  1. City Streets
  2. Sweet Life
  3. Down To The Darkness
  4. Lovelight
  5. I Can't Stop Thinking About You
  6. Legacy
  7. Ain't That The Way
  8. Midnight Flyer
  9. Homeless Heart
  10. Someone Who Believes In You

17) Colour Of Your Dreams

1993年発売、90年代唯一のオリジナル・アルバム。レコーディングには、元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが参加。ニー・マーシャル監督映画『プリティ・リーグ』のオープニング曲「Now And Forever」を収録。

■収録曲

  1. Lay Down My Life
  2. Hold Out For Love
  3. Standing In The Rain
  4. Now And Forever
  5. Wishful Thinking
  6. Colour Of Your Dreams
  7. Tears Falling Down On Me
  8. Friday's Tie-Dye Nightmare
  9. Just One Thing
  10. Do You Feel Love
  11. It's Never Too Late
  12. Lay Down My Life(Spanish)
  13. Lay Down My Life(Radio Edit)

18) In Concert

1994年発売。93年コネチカット州ハートフォードでのライヴを収録。ゲストとしてクロスビー&ナッシュや元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが参加し、豪華な共演となりました。年齢を感じさせないエネルギッシュで迫力あるステージには圧巻。

■収録曲

  1. Hard Rock Cafe (Live)
  2. Up On The Roof (Live)
  3. Smackwater Jack (Live)
  4. So Far Away (Live)
  5. Beautiful (Live)
  6. Natural Woman (Live)
  7. Hold Out For Love (Live)
  8. Will Youl Love Me Tomorrow (Live)
  9. Jazzman (Live)
  10. It's Too Late (Live)
  11. Chains (Live)
  12. I Feel The Earth Move (Live)
  13. You've Got A Friend (Live)
  14. Locomotion (Live)
  15. You've Got A Friend (Live)

19) The Carnegie Hall Concert

1996年発売。71年、ソロ・アーティストとして歩み出し、『Tapestry 』が大ヒットしていた頃の演奏を収めたライヴ盤。基本的に歌とピアノというシンプルな構成でありながら、完成度の高さとキャロルの真の強さが感じられます。

■収録曲

  1. I Feel The Earth Move
  2. Home Again
  3. Afer All This Time
  4. Child Of Mine
  5. Carry Your Load
  6. No Easy Way Down
  7. Song Of Long Ago
  8. Snow Queen
  9. Smackwater Jack
  10. So Far Away
  11. It's Too Late
  12. Eventually
  13. Way Over Yonder
  14. Beautifyl
  15. You've Got A Friend
  16. Wll You Still Love Me Tomorrow, Some Kinde Of Wonderful, Up On The Road
  17. (You make Feel Like) A Natural Woman

20) Love Makes The World

2003年発売、前作より7年振りに発表したアルバム。ベイビーフェイスと共に作られた「You Can Do Anything」、セリーヌ・ディオンへの提供曲のセルフカバー「The Reason」などを収録。60歳を超え大ベテランの域に達したキャロルによる、優しいサウンドと落ち着いた歌声が心に染みわたります。

■収録曲

  1. Love Makes The World
  2. You Can Do Anything
  3. The Reason
  4. I Wasn't Gonna Fall In Love
  5. I Don't Know
  6. Oh No Not My Baby
  7. It Could Have Been Anyone
  8. Monday Without You
  9. An Uncommon Love
  10. You Will Find Me There
  11. Safe Again
  12. This Time
  13. Birthday Song