121chTHE CLASSIC

THE CLASSIC【特別番組】


-
THE CLASSIC【特別番組】
冨田勲


【緊急追悼】作曲家/シンセイサイザー・アーティスト 冨田勲
5月13日(金)14:00~18:00

 5月5日に作曲家でシンセイサイザー・アーティストの冨田勲さんが84歳で亡くなりました。心からご冥福をお祈りいたします。
 氏を偲んで、この時間は昨年2月15日に放送した「片山杜秀の大音楽家の時間~第45回 実は似た者同士!?前篇:冨田勲」を再放送します。
 数々のクラシック音楽をシンセサイザーで編曲したことから「シンセサイザーの冨田」と世界的に有名になった彼。J.S.バッハの楽曲を編曲したアルバム『バッハ・ファンタジー』をはじめ、「ジャングル大帝」「源氏物語幻想交響絵巻」等をお届けします。(予定を変更してお送りします。ご了承ください。)

 なお、7月3日の「ウィークエンド・スペシャル」にて、改めて追悼番組を放送予定です。

曲目はこちら
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

THE CLASSIC【特別番組】
有馬礼子
THE CLASSIC【特別番組】
THE CLASSIC【特別番組】
THE CLASSIC【特別番組】
【特別番組】こどもの日特別企画!こども達に贈る音のメッセージ

5月5日(木・こどもの日)12:00~14:00

 幼い頃に聴いた音楽、今でも思い出せますか?大人になってもふと口ずさむメロディ、それはきっと子どもの時にインプットされたもの。当時見たもの、聴いたものは、その後の人生の肥やしとなっているはずです。こどものための作品を精力的に作りつづけている作曲家、有馬礼子さんは、「大きな可能性を秘めた子ども達に、芸術性の高い音楽を届けたい」と、こどもに聴かせるため、そして弾かせるための作品を数多く残してきました。この番組では、彼女の作品を中心に、ご自宅でのインタビューを交えてお送りします。
 ご挨拶代わりにお聞きいただく、ヴァイオリンとピアノのための「天使のソナタ」、そして、ピアノ曲「こどもの庭」「版画のスケッチ」など、洗練された旋律が魅力的な作品です。番組の後半にお送りするのは、有馬さんが監修・解説をつとめ、山本直純や近衛秀麿らが日本フィルを指揮したアルバム『オーケストラを聴こう「クシコス・ポスト」』。彼女がこども達に注ぐ大きな愛情が、この番組を通して伝わることを祈って。【出演:有馬礼子(作曲家)、篠崎めぐみ(聞き手)】
曲目はこちら ※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

<有馬礼子プロフィール>
1933年生まれ。東京芸術大学の作曲科を卒業後、東京音楽大学に勤務するかたわら、映画、ラジオ、テレビ、レコードなどで作編曲家として活動。1965年~1968年に日本コロムビアのディレクターを兼務。音楽理論、民俗音楽の研究を行い、戦後日本の女性作曲家の先駆的存在として数多くの作品を手掛ける。代表作はピアノ曲集「風のダンス」・「子どもの庭」、交響曲「沖縄」など。東京音楽大学作曲科主任教授として後進育成にも努め、2004年に名誉教授。(日本ウエストミンスター株式会社


※この日のクラシック・ポプリは短縮します。