126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ドゥービー・ブラザーズ


2014年7月1日(火)・2日(水)8:00~&16:00~
再放送あり(随時)
ドゥービー・ブラザーズ
 70年代から現在まで第一線で活動し続ける、ドゥービー・ブラザーズ。
7 0年コスタリカ・サンホセで、トム・ジョンストン(G/Vo)、ジョン・ハートマン(Ds)、パトリック・シモンズ(G,Vo)、デイヴ・ショグレン(B)の5人で結成し、71年にアルバム・デビュー。ギター中心のストレートな西海岸ロックに加え、力強いファンキーなリズムセクションが評判を呼び、「Listen to the Music」「Black Water」等がヒット。名実ともにウェストコースト・ロックを代表する人気バンドとして脚光を浴びます。
 しかし、バンドの中心人物であったジョンストンの健康状態が悪化し、スティーリー・ダンのツアー・メンバーだったマイケル・マクドナルド(Vo/key)が新たに加入。キーボードを核とした洗練されたAOR路線へと変化し、78年のアルバム『Minute by Minute』と、シングル「What A Fool Believes(ある愚か者の場合)」が全米1位を記録、グラミー賞を獲得し、高い人気と評価を確立しました。
 80年代に入ると各人のソロ活動が活発化し、82年のツアーを最後に解散。しかし89年には初期メンバーを中心に再結成し、その後もメンバー・チェンジを繰り返しながら、現在でも第一線で活動を続けています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) The Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザーズ・ファースト)

1971年発売。元ロック・ミュージシャンで新進気鋭のプロデューサー、テッド・テンプルマンの後押しにより、ワーナーからリリースされたデビューアルバム。

■収録曲

  1. Nobody
  2. Slippery St. Paul
  3. Greenwood Creek
  4. It Won't Be Right
  5. Travelin' Man
  6. Feelin' Down Farther
  7. The Master
  8. Growin' A Little Each Day
  9. Beehive State
  10. Closer Every Day
  11. Chicago

2) Toulouse Street

1972年発売。収録曲「Listen To the Music」「Jesus is Just Alright」のヒットにより、徐々にロック・ファンより注目を集め始めました。

■収録曲

  1. Listen To The Music
  2. Rockin' Down The Highway
  3. Mamaloi
  4. Toulouse Street
  5. Cotton Mouth
  6. Don't Start Me To Talkin'
  7. Jesus Is Just Alright
  8. White Sun
  9. Disciple
  10. Snake Man

3) Captain & Me

1973年発売。ツイン・ドラムスの分厚いリズムに、アコースティックとエレクトリック・ギターの軽やかなリズムを重ねた初期の傑作アルバム。収録曲「Long Train Runnin'」が初めての全米ベスト10に入り。

■収録曲

  1. Natural Thing
  2. Long Train Runnin'
  3. China Grove
  4. Dark Eyed Cajun Woman
  5. Clear As The Driven Snow
  6. Without You
  7. South City Midnight Lady
  8. Evil Woman
  9. Busted Down Around O'Connelly Corners
  10. Ukiah
  11. The Captain And Me

4) What Were Once Vices Are Now Habits(ドゥービー天国)

1974年発売。シングルカットされた「Another Park, Another Sunday」のB面「Black Water」が、バージニア州のラジオ局で流れたことを機に全米でブレイク。初の全米1位獲得する快挙を達成しました。

■収録曲

  1. Song To See You Through
  2. Spirit
  3. Pursuit On 53rd St.
  4. Black Water
  5. Eyes Of Silver
  6. Road Angel
  7. You Just Can't Stop It
  8. Tell Me What You Want (And I'll Give You What You Need)
  9. Down In The Track
  10. Another Park, Another Sunday
  11. Daughters Of The Sea
  12. Flying Cloud

5) Stampede

1975年発売、予約だけでミリオン・セラーを記録したアルバム。キム・ウェストンのカヴァー曲「Take Me In Your Arms (君の胸に抱かれたい)」や、「Sweet Maxine」「I Cheat The Hangman」を収録。

■収録曲

  1. Sweet Maxine
  2. Neal's Fandango
  3. Texas Lullaby
  4. Music Man
  5. Slat Key Soquel Rag
  6. Take Me In Your Arms (Rock Me A Little While)
  7. I Cheat The Hangman
  8. Precis
  9. Rainy Day Crossroad Blues
  10. I Been Workin' On You
  11. Double Dealin' Four Flusher

6) Takin It to the Streets(ドゥービー・ストリート)

1976年発売。この時期、これまでバンドを牽引してきたトム・ジョンストンが体調不良に。代わりとなったマイケル・マクドナルドの加入により、これまでのストレートなロック路線から、R&Bやジャズのテイストを取り込んだ都会的サウンドへ変化していきます。

■収録曲

  1. Wheels Of Fortune
  2. Takin' It To The Streets
  3. 8th Avenue Shuffle
  4. Losin' End
  5. Rio
  6. For Someone Special
  7. It Keeps You Runnin'
  8. Turn It Loose
  9. Carry Me Away

7) Livin' On The Fault Line(運命の掟)

1977年発売。前作以上にマイケル色が強くなり、ロック、ソウル、フュージョンがバランスよく盛り込まれた完成度の高い作品。この作品を最後にトム・ジョンストンが脱退。

■収録曲

  1. You're Made That Way
  2. Echoes Of Love
  3. Little Darling (I Need You)
  4. You Belong To Me
  5. Livin' On The Fault Line
  6. Nothin' But A Heartache
  7. Chinatown
  8. There's A Light
  9. Need A Lady
  10. Larry The Logger Two-Step

8) Minute By Minute

1978年発売。グラミー賞4部門制覇し、400万枚以上のセールスを記録した彼らの代表作。名実共にアメリカン・ロックを代表するバンドとしての地位を確立した作品です。全米No1シングル「What A Fool Believes」を収録。

■収録曲

  1. Here To Love You
  2. What A Fool Believes
  3. Minute By Minute
  4. Dependin' On You
  5. Don't Stop To Watch The Wheels
  6. Open Your Eyes
  7. Sweet Feelin'
  8. Steamer Lane Breakdown
  9. You Never Change
  10. How Do The Fools Survive?

9) One Step Closer

1979年発売。メンバーの脱退が続き、バンド存続の危機の中制作された、解散前最後のオリジナル・アルバム。ジャズやラテン色が強くなり、マイケル・マクドナルドの個性が全開です。

■収録曲

  1. Dedicate This Heart
  2. Real Love
  3. No Stoppin' Us Now
  4. Thank You Love
  5. One Step Closer
  6. Keep This Train A-Rollin'
  7. Just In Time
  8. South Bay Strut
  9. One By One

10) Farewell Tour

1983年発売。82年の全米ツアー「フェアウェル・ツアー」の模様を収録したライヴ・アルバム。初期のメンバーも参加したこのツアーを最後に、バンドは解散します。

■収録曲

  1. Slippery St. Paul
  2. Takin' It To The Streets
  3. Jesus Is Just Alright
  4. Minute By Minute
  5. Can't Let It Get Away
  6. Listen To The Music
  7. Echoes Of Love
  8. What a Fool Believes
  9. Black Water
  10. You Belong To Me
  11. Slat Key Soquel Rag
  12. Steamer Lane Breakdown
  13. South City Midnight Lady
  14. Olana
  15. Don't Start Me Talkin'
  16. Long Train Runnin'
  17. China Grove

11) Cycles

解散から7年後の1989年発売。チャリティーコンサートのために一時的に再結成した彼らは、トム・ジョンストンを中心に本格的に復活、アルバムを発表します。ドライヴするツイン・ドラムのリズム、軽やかなギター・カッティング等、初期のドゥービー・サウンドが蘇りました。

■収録曲

  1. The Doctor
  2. One Chain (Don't Make No Prison)
  3. Take Me To The Highway
  4. South Of The Border
  5. Time Is Here And Gone
  6. Need A Little Taste Of Love
  7. I Can Read Your Mind
  8. Tonight I'm Coming Through (The Border)
  9. Wrong Number
  10. Too High A Price

12) Brotherhood

1991年発売。初期の傑作『Captain & Me』の布陣によるサウンドは健在。シングルカットされた「Dangerous」はビルボード・メインストリーム・ロック・チャートの2位を記録しています。

■収録曲

  1. Something You Said
  2. Is Love Enough
  3. Dangerous
  4. Our Love
  5. Divided Highway
  6. Under The Spell
  7. Excited
  8. This Train I'm On
  9. Showdown
  10. Rollin' On

13) Rockin Down the Highway

1996年発売。ナッシュビルで開催されたチャリティー・コンサートに参加した際の模様を収録したライヴ・アルバム。フロントにトム・ジョンストン、パット・シモンズ、マイケル・マクドナルドといった、ドゥービー・ブラザーズの顔が揃った貴重な公演です。

■収録曲【DISC1】

  1. Dangerous
  2. Jesus Is Just Alright
  3. Take Me In Your Arms (Rock Me A Little While)
  4. Slow Burn
  5. Dependin' On You
  6. Another Park, Another Sunday
  7. The Doctor
  8. Slack Key Soquel Rag [Instrumental]
  9. South City Midnight Lady
  10. Eyes Of Silver
  11. Black Water
  12. Takin' It To The Streets

■収録曲【DISC2】

  1. Rockin' Down The Highway
  2. Minute By Minute
  3. Wild Ride
  4. China Grove
  5. Dark Eyed Cajun Woman
  6. Neal's Fandango
  7. Without You
  8. Clear As The Driven Snow
  9. Excited
  10. What A Fool Believes
  11. Long Train Runnin'
  12. Listen To The Music

14) Sibling Rivalry

2000年発売、9年ぶりとなるオリジナル・アルバム。メンバー全員が作曲したり、リード・ボーカルを取るなどそれぞれの個性が活かされた、アメリカン・ロックの王道を行くサウンドです。

■収録曲

  1. People Gotta Love Again
  2. Leave My Heartache Behind
  3. Ordinary Man
  4. Jericho
  5. On Every Corner
  6. Angels Of Madness
  7. 45th Floor
  8. Can't Stand To Lose
  9. Higher Ground
  10. Gates Of Eden
  11. Don't Be Afraid
  12. Rocking Horse
  13. Five Corners
  14. Little Bitty Pretty One

15) World Gone Crazy

2010年、前作より10年ぶりに発売された、デビュー40周年記念アルバム。70年代バンドの草創期を支えた盟友テッド・テンプルマンがプロデュースを担当、マイケル・マクドナルドもゲスト参加しています。71年のデビュー・シングル「Nobody」の再録バージョンを収録。

■収録曲

  1. A Brighter Day
  2. Chateau
  3. Nobody
  4. World Gone Crazy
  5. Far From Home
  6. Young Man's Game
  7. Don't Say Goodbye
  8. My Baby
  9. Old Juarez
  10. I Know We Won
  11. Law Dogs
  12. Little Prayer
  13. New York Dream
  14. Delta Devil Dog (Demo)
  15. Lie To Me (Demo)