126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

エルトン・ジョン


2014年12月26日(金)~31日(水)16:00~24:00
再放送あり(随時)
エルトン・ジョン
 世界で最も成功した男性ソロ・アーティストの一人、“ピアノマン”エルトン・ジョン。
 1947年イギリスに生まれたレジナルド・ケネス・ドワイトは、4歳の頃に始めたピアノで早くも才能を開花。67年、作詞家バーニー・トーピンと出会い、互いの才能を認め合った二人はソングライター・チームとなり、レジナルドは“エルトン・ジョン”として新たなスタートを切ります。68年「I've Been Loving You」でソロ・デビュー、70年「Your Song(僕の歌は君の歌)」が大ヒット。その後のアルバム『ホンキー・シャトー』以降、7作品が全米チャート1位を獲得し、確固たる地位を築き上げました。
 80年代後半から90年代前半にかけては、病気や薬物依存症に苦しむなど低迷した時期を過ごしますが、97年ダイアナ妃へ捧げた「キャンドル・イン・ザ・ウインド'97」が音楽史上最高のセールスを記録。98年にはポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲されました。 日本ではバラード・シンガーとして認知されていますが、ロック、カントリー、ソウル、ディスコなど、幅広い音楽性を持つエルトン・ジョン。ドラマチックなメロディーと、確かな技術に裏打ちされた派手なピアノ・プレイで、今日も世界中の音楽ファンを虜にしています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Empty Sky (エルトン・ジョンの肖像)

1969年発売。後に音楽界を席巻することになる作詞家バーニー・トーピンとの初タッグとなるファーストアルバム。かつて在籍していたバンド「ブルーソロジー」のメンバーがレコーディングに参加しています。

■収録曲

  1. Empty Sky
  2. Val-Hala
  3. Western Ford Gateway
  4. Hymn 2000
  5. Lady What's Tomorrow
  6. Sails
  7. The Scaffold
  8. Skyline Pigeon
  9. Gulliver/It's Hay Chewed

2) Your Song_(僕の歌は君の歌)

1970年発売、全英11位、全米4位を獲得した大ヒット作。1曲目「Your Song」は全米シングルチャートで8位に輝き、エルトンの存在を世に知らしめた曲でもあります。

■収録曲

  1. Your Song
  2. I Need You To Turn To
  3. Take Me To The Pilot
  4. No Shoe Strings On Louise
  5. First Episode At Hienton
  6. Sixty Years On
  7. Border Song
  8. The Greatest Discovery
  9. The Cage
  10. The King Must Die
  11. Bad Side Of The Moon
  12. Gray Seal
  13. Rock'n Roll Madonna

3) Tumbleweed Connection(エルトン・ジョン3)

1970年発売。前作はスローなラブ・ソング中心の作品でしたが、今作はロックン・ローラーとしての面が強く打ち出され、ソウルフルなアレンジが成されています。

■収録曲

  1. Ballad Of A Well-Known Gun
  2. Come Down In Time
  3. Country Comfort
  4. Son Of Your Father
  5. My Father's Gun
  6. Where To Now St. Peter?
  7. Love Song
  8. Amoreena
  9. Talking Old Soldiers
  10. Burn Down The Mission
  11. Into The Old Man's Shoes
  12. Madman Across The Water (Original Version)

4) 17-11-70(ライヴ!!17-11-70)

1971年発売の初のライヴ盤。1970年11月、ニューヨークのラジオの公開録音ライヴの模様を収録したものになります。ローリング・ストーンズ、ビートルズ、エルビス・プレスリーのカヴァー曲も収録。

■収録曲

  1. Bad Side Of The Moon 
  2. Amoreena
  3. Take Me to the Pilot
  4. Sixty Years On
  5. Honky Tonk Women
  6. Can I Put You On
  7. Medley~Burn Down the Mission/My Baby Left Me/Get Back

5) Madman Across the Water(マッドマン)

1971年発売。エルトンとバーニーによる哀愁感溢れる歌詞とメロディに、ポール・バックマスターによる荘厳なオーケストレーションが見事に融合しています。

■収録曲

  1. Tiny Dancer
  2. Levon
  3. Razor Face
  4. Madman Across The Water
  5. Indian Sunset
  6. Holiday Inn
  7. Rotten Peaches
  8. All The Nasties
  9. Goodbye

6) Honky Chateau

1972年発売、初の全米チャート1位獲得作品。シンセイサイザーを導入したことで、より軽快でポップなサウンドを生み出しています。「Honky Cat」「Rocket Man」は全米シングル・チャートベスト10にランクインしました。

■収録曲

  1. Honky Cat
  2. Mellow
  3. I Think I'm Going To Kill Myself
  4. Susie (Dramas)
  5. Rocket Man (I Think It's Going To Be A Long, Long Time)
  6. Salvation
  7. Slave
  8. Amy
  9. Mona Lisas & Mad Hatters
  10. Hercules

7) Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player(ピアニストを撃つな!)

1973年発売。初めて全英・全米で1位に輝いた、ポップセンスに溢れる作品。シングル「Crocodile Rock」は3週連続1位、「Daniel」も2位を獲得。

■収録曲

  1. Daniel
  2. Teacher I Need You
  3. Elderberry Wine
  4. Blues For Baby And Me
  5. Midnight Creeper
  6. Have Mercy On The Criminal
  7. I'm Going To Be A Teenage Idol
  8. Texan Love Song
  9. Crocodile Rock
  10. High Flying Bird

8) Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)

1973年発売、初の2枚組の大作で、最高傑作と誉れ高いアルバム。「Candle in the Wind」はマリリン・モンローに捧げた曲で、その後ダイアナ元王妃の追悼歌として全世界に知られることになった曲のオリジナル・バージョンです。

■収録曲

  1. Funeral For A Friend/Love Lies Bleeding
  2. Candle In The Wind
  3. Bennie And The Jets
  4. Goodbye Yellow Brick Road
  5. This Song Has No Title
  6. Grey Seal
  7. Jamaica Jerk-Off
  8. I've Seen That Movie Too
  9. Sweet Painted Lady
  10. The Ballad Of Danny Bailey (1909-34)
  11. Dirty Little Girl
  12. All The Girls Love Alice
  13. Your Sister Can't Twist (But She Can Rock & Roll)
  14. Saturday Night's Alright For Fighting
  15. Roy Rogers
  16. Social Disease
  17. Harmony

9) Caribou

1975年発売、全米1位獲得。レコーディングには、ビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンとブルース・ジョンストン、ダスティー・スプリングフィールドなどの60年代米人気ポップ歌手や、ファンク バンド「タワー・オブ・パワー」をバックに付けるなど、豪華な仕上がりとなっています。

■収録曲

  1. The Bitch Is Back
  2. Pinky
  3. Grimsby
  4. Dixie Lily
  5. Solar Prestige A Gammon
  6. Your So Static
  7. I've Seen The Saucers
  8. Stinker
  9. Don't Let The Sun Go Down On Me
  10. Ticking
  11. Pinball Wizard
  12. Sick City
  13. Cold Highway
  14. Step Into Christmas

10) Captain Fantastic & The Brown Dirt Cowboy

1975年発売。初めてアルバム・チャートで初登場1位を記録。エルトンとバーニーの自叙伝的な色合いが濃く、落ち着いた世界観が表現されています。

■収録曲

  1. Captain Fantastic And The Brown Dirt Cowboy
  2. Tower Of Babel
  3. Bitter Fingers
  4. Tell Me When The Whistle Blows
  5. Someone Saved My Life Tonight
  6. (Gotta Get A) Meal Ticket
  7. Better Off Dead
  8. Writing
  9. We All Fall In Love Sometimes

11) Rock of the Westies

1975年発売。今作も全米1位を獲得し、72年の『Honky Chateau』から続けて7枚連続の記録更新となりました。落ち着いたイメージの前作から一変、本来の派手で快活なエルトンの世界に戻っています。

■収録曲

  1. Yell Help/Wednesday Night/Ugly Yell Help/Wednesday Night/Ugly
  2. Dan Dare (Pilot Of The Future) Dan Dare (Pilot Of The Future)
  3. Island Girl Island Girl
  4. Grow Some Funk Of Your Own Grow Some Funk Of Your Own
  5. I Feel Like A Bullet (In The Gun Of Robert Ford) I Feel Like A Bullet (In The Gun Of Robert Ford)
  6. Street Kids Street Kids
  7. Hard Luck Story Hard Luck Story
  8. Feed Me Feed Me
  9. Billy Bones And The White Bird Billy Bones And The White Bird

12) Here and There(ヒア・アンド・ゼア~ライブ・イン・ロンドン&N.Y.)

1976年発売のライヴ盤。DISC1『Here』は74年5月ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでの模様が。DISC2『There』には、ジョン・レノンが飛び入り参加した74年11月28日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンの音源を収録。

■収録曲【DISC1】

  1. Skyline Pigeon
  2. The Border Song
  3. Take Me To The Pilot
  4. Country Comfort
  5. Love Song
  6. Bad Side Of The Moon
  7. Burn Down The Mission
  8. Honky Cat
  9. Crocodile Rock
  10. Candle In The Wind
  11. Your Song
  12. Saturday Night's Alright For Fighting

■収録曲【DISC2】

  • Funeral for a Friend/Love Lies Bleeding
  • Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long Long Time)
  • Take Me to the Pilot
  • Bennie and the Jets
  • Grey Seal
  • Daniel
  • You're So Static
  • Whatever Gets You Thru the Night
  • Lucy in the Sky With Diamonds
  • I Saw Her Standing There
  • Don't Let the Sun Go Down on Me
  • Your Song
  • The Bitch Is Back

  • 13) Blue Moves(蒼い肖像)

    1976年発売。自身で立ち上げた新レーベル『ロケット』からリリースした初の作品で、全米・全英で3位を記録。新たなるステージへの一歩にふさわしい力作となりましたが、この作品で作詞家バーニーとのコンビを解消することに。

    ■収録曲【DISC1】

    1. Your Starter For ...
    2. Tonight
    3. One Horse Town
    4. Chameleon
    5. Boogie Pilgrim
    6. Cage The Songbird
    7. Crazy Water
    8. Shoulder Holster

    ■収録曲【DISC2】

  • Sorry Seems To Be The Hardest Word
  • Out Of The Blue
  • Between Seventeen And Twenty
  • The Wide-Eyed And Laughing
  • Someone's Final Song
  • Where's The Shoorah?
  • If There's A God In Heaven (What's He Waiting For?)
  • Idol
  • Theme From A Non-Existent TV Series
  • Bite Your Lip (Get Up And Dance!)

  • 14) A Single Man

    1978年発売。盟友バーニー・トゥーピンとの訣別やコンサート活動休止宣言など、世間を騒がせたエルトン、2年ぶりの復帰作。作詞は新しいパートナー、ゲイリー・オズボーンが全曲を担当しました。

    ■収録曲

    1. Shine On Through
    2. Return To Paradise
    3. I Don't Care
    4. Big Dipper
    5. It Ain't Gonna Be Easy
    6. Part Time Love
    7. Georgia
    8. Shooting Star
    9. Madness
    10. Reverie
    11. Song For Guy

    15) Victim of Love (恋に捧げて)

    1979年発売。エルトン制作の曲は一曲もなく、ユーロビート、ディスコミュージック界のプロデューサー、ピート・ベロッティがアルバム制作に全面的に関わり、全曲ノン・ストップ・ディスコ・スタイルで構成されています。

    ■収録曲

    1. Johnny B. Goode
    2. Warm Love In A Cold World
    3. Born Bad
    4. Thunder In The Night
    5. Spotlight
    6. Street Boogie
    7. Victim Of Love

    16) 21 AT 33

    1980年発売、バーニー・トーピンのコンビ復活となったアルバム。「Little Jeannie」は全米3位のヒットとなり、アルバムとしての評価も高く、久しぶりに商業的ヒットした作品です。

    ■収録曲

    1. Chasing The Crown
    2. Little Jeannie
    3. Sartorial Eloquence
    4. Two Rooms At The End Of The World
    5. White Lady White Powder
    6. Dear God
    7. Never Gonna Fall In Love Again
    8. Take Me Back
    9. Give Me The Love

    17) The Fox

    1981年発売。ロキシー・ミュージックを世に送り出した名プロデューサー、クリス・トーマスを迎えて制作。クリスとは80~90年代にかけて仕事を共にすることとなります。作詞は、ゲイリー・オズボーンとバーニー・トゥーピンが半分ずつ担当、それぞれの個性が活き、エルトンのメロディーと見事に癒合しています。

    ■収録曲

    1. Breaking Down Barriers
    2. Heart In The Right Place
    3. Just Like Belgium
    4. Nobody Wins
    5. Fascist Faces
    6. Carla/Etude/Fanfare
    7. Chloe
    8. Heels Of The Wind
    9. Elton's Song
    10. The Fox

    18) Jump Up!

    1982年発売、クリス・トーマス初の全面プロデュース作品。名バラード「Blue Eyes」「All Quiet On The Western Front」、ジョン・レノンへの追悼曲「Empty Garden」を収録。

    ■収録曲

    1. Dear John
    2. Spiteful Child
    3. Ball & Chain
    4. Legal Boys
    5. I Am Your Robot
    6. Blue Eyes
    7. Empty Garden (Hey Hey Johnny)
    8. Princess
    9. Where Have All The Good Times Gone
    10. All Quiet On The Western Front

    19) Too Low for Zero

    1983年発売。全曲バーニーが作詞を担当、70年代黄金期のサウンドを支えてきたリズム・セクションのメンバーも復帰し、バラードからロック、R&Bにいたるまでバラエティ富んだ作品。スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加した「I Guess That's Why They Call It The Blues」を収録。

    ■収録曲

    1. Cold As Christmas (In The Middle Of The Year)
    2. I'm Still Standing
    3. Too Low For Zero
    4. Religion
    5. I Guess That's Why They Call It The Blues
    6. Crystal
    7. Kiss The Bride
    8. Whipping Boy
    9. Saint
    10. One More Arrow

    20) Breaking Hearts

    1984年発売、勢いに乗ったエルトンの第2期黄金時代の始まりとなる作品。全曲エルトンとバーニーによる楽曲で、「Sad Songs」は全米5位を記録しました。

    ■収録曲

    1. Restless
    2. Slow Down Georgie (She's Poison)
    3. Who Wears These Shoes
    4. Breaking Hearts (Ain't What It Used To Be)
    5. Li'l 'Frigerator
    6. Passengers
    7. In Neon
    8. Burning Buildings
    9. Did He Shoot Her?
    10. Sad Songs (Say So Much)

    21) Ice on Fire

    1985年発売。70年代の名プロデューサー、ガス・ダッジョンを再び起用し、レコーディングには、ジョージ・マイケル、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコン、シスター・スレッジ、ニック・カーショウ、キキ・ディーなどの豪華なメンバーが参加しています。

    ■収録曲

    1. This Town
    2. Cry To Heaven
    3. Soul Glove
    4. Nikita
    5. Too Young
    6. Wrap Her Up
    7. Satellite
    8. Tell Me What The Papers Say
    9. Candy By The Pound
    10. Shoot Down The Moon
    11. Act Of War

    22) Leather Jackets

    1986年発売。前作の成功を受け、再びガスをプロデューサーとして迎えますが、セールス的には伸び悩んだ作品となりました。シェールとの共作「Don't Trust That Woman」、クリフ・リチャードとのデュエット「Slow Rivers」を収録。

    ■収録曲

    1. Leather Jackets
    2. Hoop Of Fire
    3. Don't Trust That Woman
    4. Go It Alone
    5. Gypsy Heart
    6. Slow Rivers
    7. Heartache All Over The World
    8. Angeline
    9. Memory Of Love
    10. Paris
    11. I Fall Apart

    23) Elton John live in Australia with the Melbourne Symphony Orchestra(エルトン・スーパー・ライヴ ~栄光のモニュメント)

    1987年発売。ライヴツアー『TOUR DE FORCE』の中から、1986年12月14日オーストラリアのメルボルン交響楽団と共に行ったコンサートの模様を収録したライヴ・アルバム。

    ■収録曲

    1. Sixty Years On
    2. I Need You To Turn To
    3. The Greatest Discovery
    4. Tonight
    5. Sorry Seems To Be The Hardest Word
    6. The King Must Die
    7. Take Me To The Pilot
    8. Tiny Dancer
    9. Have Mercy On The Criminal
    10. Madman Across The Water
    11. Candle In The Wind
    12. Burn Down The Mission
    13. Your Song
    14. Don't Let The Sun Go Down On Me

    24) Reg Strikes Back

    1988年発売。前年に喉の手術を受けたエルトンの復帰作。『Reg』とは本名のファースト・ネーム『レジナルド』を意味し、80年代の彼のスタイルを象徴するような作品となっています。

    ■収録曲

    1. Town Of Plenty
    2. Word In Spanish
    3. Mona Lisas And Mad Hatters (Part 2)
    4. I Don't Wanna Go On With You Like That
    5. Japanese Hands
    6. Goodbye Marlon Brando
    7. The Camera Never Lies
    8. Heavy Traffic
    9. Poor Cow
    10. Since God Invented Girls

    25) Sleeping With The Past

    1989年発売。目まぐるしい80年代を締めくくる作品は、ソウルミュージックに傾倒しつつもエルトンらしさを失わない音作りが成されています。初の全英1位シングルとなった「Sacrifice」収録。

    ■収録曲

    1. Durban Deep
    2. Healing Hands
    3. Whispers
    4. Club At The End Of The Street
    5. Sleeping With The Past
    6. Stone`s Throw From Hurtin`
    7. Sacrifice
    8. I Never Knew Her Name
    9. Amazes Me
    10. Blue Avenue
    11. Dancing In The End Zone
    12. Love Is A Cannibal

    26) The One

    1992年発売、3年ぶりのスタジオ作品。全米9位を記録した「The One」、映画『リーサル・ウェポン3』のエンディング・テーマとなったエリック・クラプトンとのデュエット曲「Runaway Train」を収録。

    ■収録曲

    1. Simple Life 
    2. The One 
    3. Sweat It Out 
    4. Runaway Train 
    5. Whitewash County 
    6. Fat Boys And Ugly Girls
    7. The North 
    8. When A Woman Doesn't Want You 
    9. Emily 
    10. On Dark Street 
    11. Understanding Woman 
    12. The Last Song

    27) Duets(デュエット・ソングス)

    1993年発売。リトル・リチャード、ドン・ヘンリー、グラディス・ナイト、ジョージ・マイケル、キキ・ディー等、数多くのアーティストとのデュエット曲を収録したコンピレーションアルバム。

    ■収録曲

    1. Teardrops
    2. When I Think About Love (I Think About You)
    3. The Power
    4. Shakey Ground
    5. True Love
    6. If You Were Me
    7. A Woman's Needs
    8. Old Friend
    9. Go On And On
    10. Don't Go Breaking My Heart
    11. Ain't Nothing Like The Real Thing [feat. Marcella Detroit]
    12. I'm Your Puppet
    13. Love Letters
    14. Born To Lose
    15. Don't Let The Sun Go Down On Me (Live At Wembley Arena / 1991)
    16. Duet For One

    28) The Lion King

    1994年発売。ディズニー映画『ライオン・キング』のために作られたサウンド・トラック・アルバム。「Can You Feel The Love Tonight」「Circle Of Life」などが大ヒット。映画の世界を引き立たせ、子供から大人までの心を掴む楽曲には、メロディーメイカーとしてのエルトンの才能を感じさせられます。

    ■収録曲

    1. Circle Of Life / Carmen Twillie & Lebo M.
    2. I Just Can't Wait To Be King / Jason Weaver, Rowan Atkinson & Laura Williams
    3. Be Prepared / Jeremy Irons, Whoopi Goldberg, Cheech Marin & Jim Cummings
    4. Hakuna Matata / Nathan Lane, Ernie Sabella, Jason Weaver & Joseph Williams
    5. Can You Feel The Love Tonight / Joseph Williams, Sally Dworsky, Nathan Lane, Ernie Sabella & Kristie Edwards
    6. This Land / Hans Zimmer
    7. ....To Die For / Hans Zimmer
    8. Under The Stars / Hans Zimmer
    9. King Of Pride Rock / Hans Zimmer
    10. Circle Of Life / Elton John
    11. I Just Can't Wait To Be King / Elton John
    12. Can You Feel The Love Tonight / Elton John

    29) Made in England

    1995年発売、歌手生活25周年記念アルバム。近年多用していた打ち込みサウンドを排し、生演奏により制作され、重厚なバラードからクオリティの高いポップスまで、バラエティ豊かな仕上がりとなっています。グラミー賞にノミネートされたシングル「Believe」を収録。

    ■収録曲

    1. Believe
    2. Made in England
    3. House
    4. Cold
    5. Pain
    6. Belfast
    7. Latitude
    8. Please
    9. Man
    10. Lies
    11. Blessed

    30) The Big Picture

    ファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ、ダイアナ元皇太子妃という二人の友人の死という、エルトンにとって悲しい出来事の続いた1997年に発売されたアルバム。ルチアーノ・パヴァロッティとのデュエット・チャリティーシングル「Live Like Horses」のソロ・バージョン等、バラードを中心にした構成となっています。

    ■収録曲

    1. Long Way From Happiness
    2. Live Like Horses
    3. The End Will Come
    4. If The River Can Bend
    5. Love's Got A Lot To Answer For
    6. Something About The Way You Look Tonight
    7. The Big Picture
    8. Recover Your Soul
    9. January
    10. I Can't Steer My Heart Clear Of You
    11. Wicked Dreams
    12. I Know Why I'm In Love

    31) Elton John & Tim Rice's AIDA

    1999年発売。ブロードウェイミュージカル『アイーダ』制作の際に、作曲家としてエルトン、作詞家として『ライオン・キング』でコンビを組んだティム・ライスがプロジェクトに参加しました。このアルバムは、舞台で使われた楽曲を、それぞれのアーティストが自由にアレンジしながらカバーしている作品です。

    ■収録曲

    1. Another Pyramid
    2. Written In The Stars
    3. Easy As Life
    4. My Strongest Suit
    5. I Know The Truth
    6. Not Me
    7. Amneris' Letter
    8. A Step Too Far
    9. Like Father Like Son
    10. Elaborate Lives
    11. How I Know You
    12. The Messenger
    13. The Cods Love Nubia
    14. Enchantment Passing Through
    15. Orchestral Finale
    16. Written In The Stars(alternate Version)

    32) Original Motion Picture Soundtrack "THE MUSE"

    1999年発売。シャロン・ストーン主演映画『ハリウッド・ミューズ』のサウンドトラックアルバム。エルトンが監督アルバート・ブルックスのファンであったことがきっかけで制作は行われました。

    ■収録曲

    1. Driving Home
    2. Driving To Universal
    3. Driving To Jack's
    4. Walk Of Shame
    5. Better Have A Gift
    6. The Wrong Gift
    7. The Aquarium
    8. Are We Laughing?
    9. Take A Walk With Me
    10. What Should I Do ?
    11. Back To The Aquarium
    12. Steven Redecorates
    13. To The Guesthouse
    14. The Cookie Factory
    15. Multiple Personality
    16. Sarah Escapes
    17. Back To Paramount
    18. Meet Christine
    19. The Muse
    20. The Muse(Remix)

    33) The Road to El Dolado

    2000年発売。ドリームワークスのアニメ映画『エル・ドラド/黄金の都』のサウンド・トラック・アルバム。『ライオン・キング』『アイーダ』と同様、ティム・ライスとコンビを組んでいます。

    ■収録曲

    1. El Dorado 
    2. Someday Out Of The Blue(Theme From El Dorado) 
    3. Without Question 
    4. Friends Never Say Goodbye 
    5. The Trail We Blaze 
    6. 16th Century Man 
    7. The Panic In Me 
    8. It's Tough To Be A God 
    9. Trust Me 
    10. My Heart Dances 
    11. Queen Of Cities 
    12. Cheldorado
    13. The Brig
    14. Wonders Of The New World
    15. Hey, Armadillo

    34) Elton John One Night Only - The Greatest Hits

    2000年発売。2000年10月20日・21日にマディソン・スクエア・ガーデンにて行われた「グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」の模様を収録したライヴ盤。

    ■収録曲

    1. Goodbye Yellow Brick Road
    2. Philadelphia Freedom
    3. Don't Go Breaking My Heart
    4. Rocket Man (I Think it's Gonna be a Long, Long Time)
    5. Daniel
    6. Crocodile Rock
    7. Sacrifice
    8. Can You Feel the Love Tonight?
    9. Bennie and the Jets
    10. Your Song
    11. Sad Songs (Say So Much)
    12. Candle in the Wind
    13. The Bitch is Back
    14. Saturday Night's Alright for Fighting
    15. I'm Still Standing
    16. Don't Let the Sun Go Down on Me
    17. I Guess That's Why They Call it the Blues

    35) Songs From The West Coast

    2001年発売。実際に起こった殺人事件を取り上げた「American Triangle」や、自身の人生を歌った「This Train Don't Stop There Anymore」など、シリアスなメッセージ性の強いアルバム。プロデューサーはパトリック・レナード、レコーディングにはスティービー・ワンダーやルーファス・ウェインライトが参加。

    ■収録曲

    1. The Emperor's New Clothes
    2. Dark Diamond
    3. Look Ma, No Hands
    4. American Triangle
    5. Original Sin
    6. Birds
    7. I Want Love
    8. The Wasteland
    9. Ballad Of The Boy In The Red Shoes
    10. Love Her Like Me
    11. Mansfield
    12. This Train Don't Stop There Anymore

    36) Peachtree Road

    2004年発売。前年に死去した、初期のエルトンを支えた名プロデューサー、ガス・ダッジョンに捧げられた作品。どこか懐かしいアメリカン・ロック・サウンドで展開され、素朴で風情に溢れたメロディーで構成されています。

    ■収録曲

    1. Weight Of The World
    2. Porch Swing In Tupelo
    3. Answer In The Sky
    4. Turn The Lights Out When You Leave
    5. My Elusive Drug
    6. They Call Her The Cat
    7. Freaks In Love
    8. All That I'm Allowed
    9. I Stop And I Breathe
    10. Too Many Tears
    11. It's Getting Dark In Here
    12. I Can't Keep This From You

    37) The Captain & The Kid

    2006年発売。75年の『Captain Fantastic & The Brown Dirt Cowboy』の続編。『Captain Fantastic~』はデビューするまでの自伝的内容でしたが、今作は60歳を迎えるエルトンがこれまでの人生をまとめた作品と言えるでしょう。

    ■収録曲

    1. Postcards From Richard Nixon
    2. Just Like Noah's Ark
    3. Wouldn't Have It Any Other Way (NYC)
    4. Tinderbox
    5. And The House Fell Down
    6. Blues Never Fade Away
    7. The Bridge
    8. I Must Have Lost It On The Wind
    9. Old 67
    10. The Captain & The Kid

    38) The Union

    2010年発売。尊敬するミュージシャン、レオン・ラッセルと共に制作したアルバム。音楽シーンの第一線から離れていたレオンが再び表舞台に登場、60年代から活躍するベテランミュージシャン、T・ボーン・バーネットがプロデューサーを務めました。

    ■収録曲

    1. If It Wasn't For Bad
    2. Eight Hundred Dollar Shoes
    3. Hey Ahab
    4. Gone To Shiloh
    5. Jimmie Rodgers' Dream
    6. There's No Tomorrow
    7. Monkey Suit
    8. The Best Part Of The Day
    9. A Dream Come True
    10. When Love Is Dying
    11. I Should Have Sent Roses
    12. Hearts Have Turned To Stone
    13. Never Too Old (To Hold Somebody)
    14. In The Hands Of Angels

    39) The Diving Board

    2013年発売。初期のピアノ・ベース・ドラム編成が復活し、ゴスペル、ブルース、ジャズ、ブラスバンド・ミュージック、ポップ、ワルツなど多彩なサウンドが楽しめます。シングル「Home Again」を収録。

    ■収録曲

    1. Oceans Away
    2. Oscar Wilde Gets Out
    3. A Town Called Jubilee
    4. The Ballad Of Blind Tom
    5. Dream # 1
    6. My Quicksand
    7. Can't Stay Alone Tonight
    8. Voyeur
    9. Home Again
    10. Take This Dirty Water
    11. Dream # 2
    12. The New Fever Waltz
    13. Mexican Vacation (Kids In The Candlelight)
    14. Dream # 3
    15. The Diving Board
    16. Candlelit Bedroom
    17. Gauguin Gone Hollywood
    18. 5th Avenue
    19. Home Again(Live)
    20. Mexican Vacation (Kids In The Candlelight Live)
    21. The New Fever Waltz