124chTHE AUDIO【Premium】

月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~


隔週月曜10:00~11:00
再放送=月曜21:00~22:00(※翌週リピート)
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
神田祭の様子。
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
 月刊「stereo」で連載中の炭山アキラ(オーディオ・ライター)のコラム『今月の変態ソフト選手権』タイアップによるオーディオ・ソフト番組。”オーディオの神様”長岡鉄男氏の高弟である2人、炭山と高崎素行(オーディオソフト・アドバイザー)がお送りします。
「オーディオ・ソフトの中には、ジャンルを超えたもの(クラシック、ジャズ、もはや音楽でもない?!)があったり、オーディオ評論家が取り上げるものから漏れてしまうソフトがあったり。そういうなかなか紹介されないものを聴いてビックリしてもらおう!というのがこの番組の趣旨なのです。」(炭山)
番組では、コラムで取り上げられた“変態で激辛”なソフトに加え、惜しくも漏れてしまったソフトや、師匠・長岡氏の推奨ソフトもおりまぜて紹介します。
月刊stereo

7月31日・8月14日/2017年夏の「生録」祭り!
 番組で人気の高崎による生録音源をご紹介。日本の三大祭りの一つ「神田祭」(東京・神田明神・5月14日)にて録音した神輿宮入&和太鼓の録音は、その迫力満点の響きでスタジオも大盛り上がり!臨場感たっぷりに録音する秘訣も伝授!?そして、MYUtakasakiレーベルの生録アルバム『零戦』(※現在は廃盤)は、オーディオ評論家・石田善之氏による録音。その他、ハワイ在住の自然録音家でアーティストのジョー奥田による、ハワイ島ボルケーノの森でバイノーラル方式で録音したサウンドや、吹奏楽版「シェエラザード」、ギターデュオ山弦「夏の思い出」等、夏にぴったりな選曲を揃えました。月刊「stereo」8月号掲載のディスクを中心にご紹介します。[再放送=8月7日・21日]

7月31日の曲目 8月14日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

高崎素行

出演:高崎素行

オーディオソフト・アドバイザー。オーディオ・マニア向け高音質ソフトの発掘、復刻、販売など手掛ける。故長岡鉄男氏の高弟。オーディオマニア向けの高音質ソフトを販売、紹介するサイト「MYUtakasaki」運営。

月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
(写真左から)黒澤、筑井、炭山、高崎
6月19日・7月3日・17日/『Hi-Res Bible II』出版記念!mora特集
ゲスト:黒澤拓(株式会社レーベルゲート)、筑井真奈(株式会社 音元出版)
 音楽配信会社レーベルゲートが運営する、国内最大級の音楽配信サイト「mora」。5月に電子書籍『ハイレゾバイブルII』を出版し、その内容の濃さが話題になっています。アーティストが語るハイレゾの魅力や、ハイレゾ対応モデルの紹介、iPhoneでの聴き方やハイレゾを体験できるお店、そして東京の人気カフェを背景に表紙を飾るのは、数々のCM音楽で知られる土岐麻子さん…一体このオシャレな本は何なんだ!!ということで、この書籍のプロデュースを担当された黒澤拓さん、そして編集者の筑井真奈さんをお迎えしました。「ハイレゾをもっと身近に。高音質のハイレゾをいつでも楽しみたい人へ。」をコンセプトに掲げ、ハイレゾがあるライフスタイルの楽しみ方を提案します。炭山が一部レビューを担当した「ハイレゾで聴きたいアルバム100枚」掲載の音源を中心に、3回にわたって全てmoraで配信中の音源をご紹介!ルネ・フレミング(S)から、サカナクション、電気グルーヴ、サラ・オレイン、細野晴臣など、ジャンル越境!?な選曲はこの番組ならでは。『ハイレゾバイブルII』を片手に、放送をお楽しみください![再放送=6月29日・7月10日・24日]

「Hi-Res Bible II」購入はコチラ(6/8の期間限定で100円で購入可能)

6月19日の曲目 7月3日の曲目 17日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

高崎素行

出演:高崎素行

オーディオソフト・アドバイザー。オーディオ・マニア向け高音質ソフトの発掘、復刻、販売など手掛ける。故長岡鉄男氏の高弟。オーディオマニア向けの高音質ソフトを販売、紹介するサイト「MYUtakasaki」運営。