121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00
※リピートあり
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)















▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

【24bit】いちはや新譜/物語から聞こえる音楽
 10月、めっきり秋らしい気候になりました。読書をするには最適な季節です。実はクラシックをテーマにした物語って、意外と多いのです。この番組では、クラシック通なら押さえておきたいあの名作と、一緒に聞きたい全22タイトルをご紹介。また、毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けする「いちはや新譜」です。番組連動コラムも合わせてお楽しみください。

9月25日10月6日・19日/いちはや新譜
●クリスチャン・ツィメルマン(P)
シューベルト: ピアノ・ソナタ 第20番・第21番」より抜粋
●レイフ・オヴェ・アンスネス(P)
悲しきワルツ~シベリウス:ピアノ名品集」より抜粋
●クリスティーナ・プルハー指揮ラルペッジャータ 他
ヘンデルはワイルドでいこう!

9月26日・10月9日、20日/物語から聞こえる音楽~①ピアノの調べに乗って
●恩田陸『蜜蜂と遠雷』
蜜蜂と遠雷 音楽集」より抜粋
●奥泉光『シューマンの指』
ユーリ・エゴロフ(P)「バッハ、ショパン、ドビュッシー、リスト、シューマン:ピアノ作品集」より抜粋
●中山七里『さよならドビュッシー』
・三浦友理枝(P)「印象

9月27日・10月10日・23日/②作曲家をめぐる物語
●大島真寿美『ピエタ』
イタリア合奏団「ヴィヴァルディ:調和の霊感
●高原英理『不機嫌な姫とブルックナー団』
朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団「ブルックナー:交響曲第3番二短調「ワーグナー」(改訂版)

9月28日・10月11日・24日/③人生のドラマ
●平野啓一郎『マチネの終わりに』
福田進一(G)「シャコンヌ~J.Sバッハ作品集1~
●藤谷治『船に乗れ!』
ユリア・フィッシャー(Vn)ジョナサン・ギラード(P)ダニエル・ミュラー=ショット(Vc)「メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番・第2番
●篠田節子『ハルモニア』
藤原真理(Vc)「J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲」より抜粋

9月29日・10月12日・25日/④村上春樹
●村上春樹『意味がなければスイングはない』
パウル・バドゥラ=スコダ(P)「シューベルト:ピアノ・ソナタ第17番 D850 他
●村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』
クリスティアン・ベンダ指揮プラハ・シンフォニア管弦楽団「ロッシーニ:序曲全集 第1集
●村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
ラザール・ベルマン(P)「リスト:「巡礼の年」全曲」より抜粋

10月2日・13日・26日/⑤日本文学とクラシック
●立原正秋『薪能』
クララ・ハスキル(P)イーゴル・マルケヴィチ指揮コンセール・ラムルー管弦楽団「モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第24番
●山本周五郎『よじょう』
小澤征爾指揮ボストン交響楽団「ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」全曲
●坂口安吾『エリック・サティ』
アレクセイ・リュビモフ、スラヴァ・ポプルーギン(P)「ストラヴィンスキーとサティ、パリは悲哀と愉悦の舞台。

10月3日・16日・27日/⑥海外文学に登場するクラシック
●トルストイ『クロイツェル・ソナタ』
五嶋龍(Vn)マイケル・ドゥセク(P)「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」他
●カズオ・イシグロ『夜想曲集』
アリサ・ワイラースタイン(Vc)イノン・バルナタン(P)「ラフマニノフ、ショパン:チェロ・ソナタ集

10月4日・17日/⑦音楽漫画
●一色まこと『ピアノの森』
インゴルフ・ヴンダー(P)ヴラディーミル・アシュケナージ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団「チャイコフスキー&ショパン:ピアノ協奏曲第1番
●新川直司『四月は君の嘘』
篠原悠那(Vn)「Estreno」より抜粋
●二ノ宮知子『のだめカンタービレ』
ズデニェク・マーツァル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団「ドヴォルザーク:交響曲第5番&第9番「新世界より」」より抜粋

10月5日・18日/⑧少女漫画を彩る音楽
●池田理代子『オルフェウスの窓』
ヴィルヘルム・バックハウス(P)ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝」
●吉野朔実『グールドを聴きながら』
グレン・グールド(P)「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
●山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ』
ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団「シベリウス:組曲「レンミンカイネン」、ポヒョラの娘」より抜粋


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)











▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/来日オーケストラ&演奏家特集2017
 秋はクラシックの祭典。本場ヨーロッパに行かずとも、国内で話題のアーティストの公演が続々と行われるのです!9月のこの番組では、この秋以降に来日するアーティストをご紹介。チケットを買う前に、ハイレゾ音源でチェック!
また、毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けする「いちはや新譜」です。

8月28日・9月6日・15日/いちはや新譜
●藤倉大『チャンス・モンスーン
●Unamas Strings Septet
チャイコフスキー:弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」
●熊本マリ(P)『マリ・プレイズ・ギロック

8月29日・9月7日・18日/来日オーケストラ&演奏家特集2017①オーケストラ~その1
●サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ラン・ラン(P)
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番&バルトーク:ピアノ協奏曲第2番』より抜粋
●クラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団『ブルックナー:交響曲第9番
●レオニダス・カヴァコス(Vn)リッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 他

8月30日・9月8日・19日/②オーケストラ~その2
●アナート・エフラティ(S)ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベルク:管弦楽のための3つの小品、『ルル』組曲(5つの交響的小品)
●ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、フセヴォロド・グリフノフ(T)『ラフマニノフ:交響曲第3番、歌曲集
●フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団『シューベルト:交響曲 第9番「ザ・グレート」、第8番「未完成」』より抜粋

8月31日・9月11日・20日/③ピアノ~その1
●ラファウ・ブレハッチ(P)『ショパン:ポロネーズ集
●ヴァレリー・アファナシエフ(P)『ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情
●カティア・ブニアティシヴィリ(P)『カレイドスコープ』より抜粋

9月1日・12日・21日/④ピアノ~その2・声楽
●ピエール=ロラン・エマール(P)『バッハ:フーガの技法
●ディアナ・ダムラウ(S)『グランド・オペラ~マイヤーベーア:オペラ・アリア集

9月4日・13日・22日/⑤弦・管楽器
●アンドレアス・オッテンザマー(Cl)カンマーアカデミー・ポツダム『NEW ERA~18世紀のクラリネット作品集』より抜粋
●イツァーク・パールマン(Vn)『アンコール集』より抜粋
●メナヘム・プレスラー(P)エベーヌ弦楽四重奏団『ライヴ・イン・パリ~プレスラー90歳記念コンサート

9月5日・14日/⑥新たなる試み
●フランチェスコ・トリスターノ(P)『ロング・ウォーク
●ペンギン・カフェ『The Imperfect Sea
●ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団『「アマデウス」オリジナル・サウンドトラック


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)













▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/エキゾでフォークなクラシック
 毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けする「いちはや新譜」。そして2回目以降のテーマは「エキゾでフォークなクラシック」。近年のクラシック音楽界では、ジャズやロック、ワールドミュージックの分野とコラボレーションし話題を呼んでいるハイブリッドなアーティストが増えてきています。今月は、そんな最近のトレンドを追って18タイトルをご紹介します。番組連動コラムも合わせてお楽しみください。

●7月31日・8月9日・18日/いちはや新譜
・加藤訓子(Mar)『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集
・ペーター・ザイフェルト(T)トーマス・ハンプソン(Br)ズービン・メータ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団『マーラー:大地の歌
・ネルソン・フレイレ(P)『ブラームス・リサイタル

●8月1日・10日・21日/エキゾでフォークなクラシック①ジプシック
・ヤーノシュカ・アンサンブル『ヤーノシュカ・スタイル
・ネマニャ・ラドゥロヴィチ(Vn)他『ジャーニー・イースト
・ユーディ・メニューイン(Vn)ラヴィ・シャンカール(シタール)他
ウェスト・ミーツ・イースト

●8月2日・11日・22日/②中欧からバルカン半島へ
・ローレンス・フォスター指揮グルベンキアン管弦楽団 他
バルトーク/コダーイ/リゲティ:管弦楽作品集
・クリスチャン・ヤルヴィ指揮MDR交響楽団 他
クリスチャン・ヤルヴィ・サウンド・プロジェクト
・フィリップ・クーテフ合唱団
ブルガリアン・ポリフォニーI(ハイパーハイレゾ・ニューエディション)』より抜粋

●8月3日・14日・23日/③This is America
・クロノス・クァルテット『Folk Songs
・ヨーヨー・マ(Vc)クリス・シーリー(マンドリン、G)エドガー・メイヤー(Cb)『バッハ:トリオ
・ラン・ラン(P)他『ニューヨーク・ラプソディ』より抜粋

●8月4日・15日・24日/④ギターで巡る世界の旅
・ナルシソ・イエペス(G)ガルシア・ナバロ指揮フィルハーモニア管弦楽団 他『ロドリーゴ:アランフエス協奏曲 他
・福田進一(G)『エストレリータ~ラテン・アメリカ名曲集
・村治佳織(G)他『ラプソディー・ジャパン

●8月7日・16日・25日/⑤古楽×民族音楽
・ファミ・アルカイ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)アカデミア・デル・ピアチェーレ、ラケル・アンドゥエサ(S)
スペイン再発見~ファンタシーア、ディフェレンシア&グロサ集
・クリスティアーナ・プルハー(指揮、テオルボ)ラルペッジャータ 他
プルハー:オルフェオ・シャーマン
・リング・アラウンド四重唱団&コンソート 他
フロットーレ - イタリア・ルネッサンスの世俗歌曲集』より抜粋

●8月8日・17日/⑥東と西が出会う場所
・アヴィ・アヴィタル(マンドリン)オマー・アヴィタル(ベース) 他
アヴィタル・ミーツ・アヴィタル
・ガブリエル・リプキン(Vc)アレクサンドラ・リュプチャンスキー(P)
ミニアチュール&フォークロア
・ヨーヨー・マ&シルクロード・アンサンブル『Sing Me Home』より抜粋


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。