121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00(リピートあり)
[アーカイヴ放送](月~金)12:00~15:00
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)











▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

ライジングスターをキャッチせよ!/いちはや新譜紹介
 2018年夏、いち早くチェックしたい期待の若手アーティストの特集です。若者の情熱に満ちたアツい演奏をお楽しみください。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

7月30日・8日・17日/いちはや新譜紹介
・『大澤壽人の芸術』山田和樹指揮 佐野央子(Cb)福間洸太朗(P)日本フィルハーモニー交響楽団
・『チャイコフスキー/交響曲第6番ロ短調Op74「悲愴」』マイケル・ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団
・『余韻と手移り』高橋悠治(P)

7月31日・8月9日・20日/ライジングスターをキャッチせよ!①白熱のコンクール・ライヴ
・『クライバーン・ゴールド~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ2017』ソヌ・イェゴン(P)
・『クライバーン・ブロンズ~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ2017』ダニエル・シュー(P)
・『第1回ShigeruKawai国際ピアノコンクール ファイナル ~ Ryoma TAKAGI』髙木竜馬(P)

8月1日・10日・21日/②コンクールの覇者たち
・『シューマン:ピアノ・ソナタ第1番、幻想曲 他』クロエ・ジヨン・ムン(P)
・『ブラームス:ピアノ協奏曲集』アダム・ラルーム(P)山田和樹指揮ベルリン放送交響楽団

8月2日・13日・22日/③期待の大型新人
・『バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番』ダニエル・ロザコヴィッチ(Vn)バイエルン放送交響楽団
・『シベリウス:ヴァイオリン協奏曲~モントリオール国際音楽コンクールを制した辻彩奈の世界』辻彩奈(Vn)ジャンカルロ・ゲレーロ指揮モントリオール交響楽団
・『Polychrome』トビアス・フェルトマン(Vn)ボリス・クズネゾフ(P)

8月3日・14日・23日/④才色兼備の新星
・『プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番 他』抜粋 リカ・ビビレイシュヴィリ(P)
・『モナ=飛鳥・オット:シューベルトとリストを弾く』抜粋 モナ=飛鳥・オット(P)
・『サン=サーンス&オッフェンバック』カミーユ・トマ(Vc)ローランド・ビリャソン(T)ネマニャ・ラドゥロヴィチ(Vn)

8月6日・15日・24日/⑤要注目のヴァイオリニスト
・『ティアンワ・ヤン:スペインを弾く~ラロ:スペイン交響曲、マネン:コンシェルト・エスパニョール』抜粋 ティアンワ・ヤン(Vn)ダレル・アン指揮バルセロナ交響楽団、カタロニア国立管弦楽団
・『ストラヴィンスキー&シベリウス:ヴァイオリン協奏曲』ジジョン・ワン(Vn)トーマス・ザンデルリンク指揮フィルハーモニア管弦楽団
・『ボルグストレム&ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲』エルドビョルク・ヘムシン(Vn)オラリー・エルツ指揮ウィーン交響楽団

8月7日・16日/⑥可能性は未知数
・『ハイドン:協奏曲集』リッカルド・ミナーシ(Vn&指揮)マキシム・エメリャニチェフ(hc&指揮)イル・ポモ・ドーロ 他
・『スーパー・サクソフォン・デュオ 松下 洋×ニキータ・ズィミン』松下洋、ニキータ・ズィミン(Sax)他
・『藝大レーベル Vol.2~ 未来の名手たち~-Next Generation-その2』辛川太一(HC)野間愛(Ms)佐々木美歌(S)山中麻鈴(P)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
8月は、2017年8月の内容「エキゾでフォークなクラシック」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト


原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)













▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】先取りコンサート情報&来日アーティスト特集/いちはや新譜
 夏真っただ中の7月ですが、クラシックファンはそろそろ秋のコンサート情報が気になる頃かと思います。今月の特集は、秋から冬、そして2019年頭にかけて開催されるコンサートや来日アーティストに関連するアルバムをピックアップしてご紹介。チケット購入の参考にしてみてはいかがでしょうか?また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

7月2日・11日・20日/今月のいちはや新譜
・『グルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」(1774年ナポリ版)』フィリップ・ジャルスキー(C-T)アマンダ・フォーサイス(S)他ディエゴ・ファソリス指揮イ・バロッキスティ
・『プロコフィエフ:交響曲第2番、交響曲第3番』ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロシア国立交響楽団
・『ゴールデン・エイジ』レイ・チェン(Vn)

7月3日・12日・23日/先取りコンサート情報&来日アーティスト特集①オーケストラ その1
・『ニールセン:交響曲第2番「4つの気質」、第6番「素朴な交響曲」』サカリ・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
・『ハチャトゥリアン:組曲「スパルタクス」より、組曲「ガイーヌ」より/ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲』ユーリ・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団
・『マーラー:交響曲第5番』マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団

7月4日・13日・24日/②オーケストラ その2
・『ショスタコーヴィチ:交響曲第15番』ワレリー・ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
・『ヴェルディ:レクィエム』リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団
・『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲/ストラヴィンスキー:バレエ・カンタータ「結婚」』より抜粋 パトリツィア・コパチンスカヤ(Vn)テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ

7月4日・13日・24日/③鍵盤楽器 その1
・『ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲、交響曲第2番』クリスチャン・ツィメルマン(P)サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
・『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」、第27番、第32番』ブルーノ=レオナルド・ゲルバー(P)
・『ショパン+』マルティン・シュタットフェルト(P)

7月6日・17日・26日/④鍵盤楽器 その2
・『4つの街~チェロ・ソナタ集』ファジル・サイ(P)ニコラ・アルトシュテット(Vc)
・『バッハ 私生活のなかの音楽』アンドレアス・シュタイアー(Cemb)ペトラ・ミュレヤンス(バロックVn)
・『J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲』マハン・エスファハニ(Vc)

7月9日・18日・27日/⑤弦楽器
・『ストラヴィンスキー:ヴァイオリン作品集』イリヤ・グリンゴルツ(Vn)ペーテル・ラウル(P)
・『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第4番』ヒラリー・ハーン(Vn)パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
・『ア・ピアチェーレ~ヴィオラ・ダ・ガンバのための音楽』ファミ・アルカイ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)アルカンヘル(Vo)

7月10日・19日/⑥声楽
・『フランコ・ファジョーリ~ロッシーニ:オペラ・アリア集』フランコ・ファジョーリ(C-T)ジョルジュ・ペトルー指揮アルモニア・アテネア
・『The 5 Countertenors』より抜粋 ヴァレア・サバドゥス、シャヴィエ・サバータ、マックス・エマヌエル・ツェンチッチ、ユーリ・ミネンコ、ヴィンス・イ(C-T)ジョルジュ・ペトルー指揮アルモニア・アテネア
・『ダウランド/阮籍/ブリテン/シューベルト/陳怡:声楽とギターのための作品集』イアン・ボストリッジ(T)スーフェイ・ヤン(G)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
7月は、2017年6月の内容「雨の日の音楽」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト

原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)















▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】世界のこだわりレーベル特集 その3~音の匠篇/いちはや新譜
 世界中に数えきれないほど存在するレーベルをテーマに沿ってご紹介するシリーズ。第3弾は「音の匠篇」として、特に音質にこだわる8つのレーベル、計24タイトルを厳選しました。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

5月28日・6月8日・21日/今月のいちはや新譜
・『passage パッセージ-ショパン: ピアノ・ソナタ第3番』藤田真央(P)
・『オリヴィエ・メシアン:鳥のカタログ』ピエール=ロラン・エマール(P)
・『Motherland』デイヴィッド・アーロン・カーペンター(Vla)

5月29日・6月11日・22日/世界のこだわりレーベル特集①マイスターミュージック
・『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータBWV1004-1006』川田知子(vn)
・『ラ・カンパネッラ』須関裕子(p)
・『恋するリコーダー ~リコーダー・コレクション~』山岡重治(リコーダー)レ・サンク・サンス

5月30日・6月12日・25日/②UNAMAS
・『The Four Seasons -Antonio Vivaldi』The Quartet Four Seasons 
・『Franz Schubert No-14 in D minor Death and the Maiden』Unamas Strings Quintet 
・『A.Piazzolla by Strings and Oboe』UNAMAS Piazzolla Septet
・『チャイコフスキー:弦楽六重奏曲「フィレンツェの思い出」』Unamas Strings Septet 

5月31日・6月13日・26日/③Sony Music Labels Inc.(RCA RED SEAL)
・『R.シュトラウス交響詩チクルス[2]:ドン・キホーテ、ティル・オイレンシュピーゲル&ばらの騎士』トゥルルス・モルク(vc)佐々木亮(va)パーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団
・『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&チェロ・ソナタ』河村尚子(p)イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

6月1日・14日・27日/④Acoustic Revive
・『シューベルトピアノ五重奏曲 イ長調 作品114 (D 667)「鱒」』Koike Strings with 新垣隆
・『HANDEL RECORDER SONATAS』パトリック・デネッカー(リコーダー)上村かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)グイ・ペンソン(チェンバロ)
・『ブラームス:ピアノ小品集』福原彰美(p)

6月4日・15日・28日/⑤CHANDOS
・『シューマン:弦楽四重奏曲集』ドーリック弦楽四重奏団
・『エルガー:ヴァイオリン協奏曲、組曲「インドの王冠」より間奏曲 他
タスミン・リトル(vn)アンドリュー・デイヴィス指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
・『フローラン・シュミット:交響曲第2番、「アントニーとクレオパトラ」より組曲第1番、第2番』サカリ・オラモ指揮BBC交響楽団

6月5日・18日・29日/⑥Yarlung Records
・『J.S.バッハ、フランク、レフコヴィッツ、ブラームス:ヴァイオリン作品集
ペッテリ・イーヴォネン(vn)ケヴィン・フィッツ=ジェラルド(p)
・『Vanish』スモーク&ミラーズ・パーカッション・アンサンブル
・『ファリャ、黛敏郎、J.S.バッハ、ラウズ、スタッキー、ブリテン:チェロ作品集』エリノア・フレイ(vc)デイヴィッド・フン(p)

6月6日・19日/⑦Eudora Records
・『En Silencio』リカルド・ガレン(g)
・『レバイ:ギターを伴うソナタ集』ペドロ・マテオ・ゴンザレス(g)ホセ・アルバレス・ロサダ(vn)ホアキン・リケルメ(va)
・『The Brahms Project - The Complete Piano Quartets』The Brahms Project 

6月7日・20日/⑧Reference Recordings
・『ストラヴィンスキー:「火の鳥」組曲、交響詩「うぐいすの歌」、春の祭典』大植英次指揮ミネソタ管弦楽団
・『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」、バーバー:弦楽のためのアダージョ』マンフレート・ホーネック指揮ピッツバーグ交響楽団
・『クォーテーションとオマージュ』ナディア・シパチェンコ(p)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
6月は、2017年7月の内容「世界のこだわりレーベル探訪 その2 ~自主レーベル編」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。