121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00
※リピートあり
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)












▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

【24bit】いちはや新譜/エキゾでフォークなクラシック
 毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けする「いちはや新譜」。そして2回目以降のテーマは「エキゾでフォークなクラシック」。近年のクラシック音楽界では、ジャズやロック、ワールドミュージックの分野とコラボレーションし話題を呼んでいるハイブリッドなアーティストが増えてきています。今月は、そんな最近のトレンドを追って18タイトルをご紹介します。番組連動コラムも合わせてお楽しみください。

●7月31日・8月9日・18日/いちはや新譜
・加藤訓子(Mar)『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集
・ペーター・ザイフェルト(T)トーマス・ハンプソン(Br)ズービン・メータ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団『マーラー:大地の歌
・ネルソン・フレイレ(P)『ブラームス・リサイタル

●8月1日・10日・21日/エキゾでフォークなクラシック①ジプシック
・ヤーノシュカ・アンサンブル『ヤーノシュカ・スタイル
・ネマニャ・ラドゥロヴィチ(Vn)他『ジャーニー・イースト
・ユーディ・メニューイン(Vn)ラヴィ・シャンカール(シタール)他
ウェスト・ミーツ・イースト

●8月2日・11日・22日/②中欧からバルカン半島へ
・ローレンス・フォスター指揮グルベンキアン管弦楽団 他
バルトーク/コダーイ/リゲティ:管弦楽作品集
・クリスチャン・ヤルヴィ指揮MDR交響楽団 他
クリスチャン・ヤルヴィ・サウンド・プロジェクト
・フィリップ・クーテフ合唱団
ブルガリアン・ポリフォニーI(ハイパーハイレゾ・ニューエディション)』より抜粋

●8月3日・14日・23日/③This is America
・クロノス・クァルテット『Folk Songs
・ヨーヨー・マ(Vc)クリス・シーリー(マンドリン、G)エドガー・メイヤー(Cb)『バッハ:トリオ
・ラン・ラン(P)他『ニューヨーク・ラプソディ』より抜粋

●8月4日・15日・24日/④ギターで巡る世界の旅
・ナルシソ・イエペス(G)ガルシア・ナバロ指揮フィルハーモニア管弦楽団 他『ロドリーゴ:アランフエス協奏曲 他
・福田進一(G)『エストレリータ~ラテン・アメリカ名曲集
・村治佳織(G)他『ラプソディー・ジャパン

●8月7日・16日・25日/⑤古楽×民族音楽
・ファミ・アルカイ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)アカデミア・デル・ピアチェーレ、ラケル・アンドゥエサ(S)
スペイン再発見~ファンタシーア、ディフェレンシア&グロサ集
・クリスティアーナ・プルハー(指揮、テオルボ)ラルペッジャータ 他
プルハー:オルフェオ・シャーマン
・リング・アラウンド四重唱団&コンソート 他
フロットーレ - イタリア・ルネッサンスの世俗歌曲集』より抜粋

●8月8日・17日/⑥東と西が出会う場所
・アヴィ・アヴィタル(マンドリン)オマー・アヴィタル(ベース) 他
アヴィタル・ミーツ・アヴィタル
・ガブリエル・リプキン(Vc)アレクサンドラ・リュプチャンスキー(P)
ミニアチュール&フォークロア
・ヨーヨー・マ&シルクロード・アンサンブル『Sing Me Home』より抜粋


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)










▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/世界のこだわりレーベル探訪 その2 ~自主レーベル編
 毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けします。また2回目からは『世界のこだわりレーベル探訪 その2 ~自主レーベル編』。3月に放送した第1弾の特集「音質面・録音面でこだわりを持つレーベル篇」が大好評だった為、第2弾を決行!世界中に数えきれないほど存在するレーベルを、テーマに沿ってご紹介します。今回は「自主レーベル」特集。近年メジャーレーベルを離れ、オーケストラやアーティスト自身がレーベルを立ち上げる動きが広がりを見せています。そんな自主レーベル全盛の今聴いておきたい22タイトルをお届けします。

●6月26日・7月7日・20日/いちはや新譜
・広上淳一指揮京都市交響楽団『岸田繁「交響曲第一番」初演
・高橋悠治(P)『めぐる季節と散らし書き 子どもの音楽』より抜粋
・松田華音(P)『ムソルグスキー: 展覧会の絵

●6月27日・7月10日・21日/①LPO
・ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ブラームス:交響曲第3番、第4番
・ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」、管楽器のための交響曲(1920年原典版)、オルフェウス』より抜粋
・ジェイムズ・オドネル(org)ヤニック・ネゼ=セガン指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団『プーランク:オルガン協奏曲 ト短調、サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

●6月28日・7月11日・24日/②LSO Live
・ヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団 他
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
・サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団 他
シューマン:オラトリオ「楽園とペリ」

●6月29日・7月12日・25日/③RCO Live
・マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第2番、ブラームス:交響曲第2番
・ダニエーレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ベルリオーズ:幻想交響曲
・ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団 他『Horizon 6

●6月30日・7月13日・26日/④BR-Klassik
・マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団『マーラー:交響曲 第9番
・デニス・マツーエフ(p)マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団『Rhapsody
・ペーター・ダイクストラ指揮バイエルン放送合唱団、ミュンヘン放送管弦楽団
ペルト:テ・デウム 他

●7月3日・14日・27日/⑤Mariinsky、San Francisco Symphony、DSO Live
・レオニダス・カヴァコス(vn)ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団『ショスタコーヴィチ:交響曲第9番、ヴァイオリン協奏曲第1番
・マイケル・ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団&合唱団 他
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」
・ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮ダラス交響楽団
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」

●7月4日・17日・28日/⑥CSO Resound、Tonkunstler Orchestra、Seattle Symphony Media
・リッカルド・ムーティ指揮シカゴ交響楽団 他『ヴェルディ:レクィエム
・佐渡裕指揮トーンキュンストラー管弦楽団
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」、「ばらの騎士」組曲』より抜粋
・リュドヴィク・モルロー指揮シアトル交響楽団 他
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」全曲、ニコラエフ:The Sinewaveland

●7月5日・18日/⑦Lipkind Productions、Canary Classics
・ガブリエル・リプキン(vc) 『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲』より抜粋
・ガブリエル・リプキン(vc)ミシャ・カッツ指揮シンフォニア・ヴァルソヴィア
チェロ・ヒロイクス I ~シューマン:チェロ協奏曲
・ギル・シャハム(vn)デイヴィッド・ロバートソン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック 他『1930年代のヴァイオリン協奏曲集 第1集

●7月6日・19日/⑧トッパンホール・トライアングル
・ティル・フェルナー(p)
ティル・フェルナー - ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会7
・須川展也(sax)宮谷理香(p)『おとなの直球勝負―須川展也


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)







▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/雨の日の音楽
 毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けします。また2回目からは『雨の日の音楽』をテーマに。なにかと憂鬱な気分になってしまうこの季節。でも、雨の音をBGMに、おうちでゆっくり過ごすのも贅沢な時間の使い方かもしれません。そんな「雨の日」に聴きたい全18タイトルをご紹介。

●5月29日・6月7日・16日/いちはや新譜
・エベーヌ四重奏団『エターナル・ストーリーズ
・イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、中村恵理(S)ほか『ドヴォルザーク:スターバト・マーテル
・小山実稚恵(P)『J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲

●5月30日・6月8日・19日/雨の日の音楽①雨音を聴きながら
・ニコラス・ホルヴァート(P)
フィリップ・グラス:Glassworlds, Vol.4 - On Love
・エリック・ウィテカー・シンガーズ、ロンドン交響楽団 『Water Night
・アリス=紗良・オット(p)オーラヴル・アルナルズ 『ショパン・プロジェクト

●5月31日・6月9日・20日/雨の日の音楽②ピアノが紡ぐ物語
・エレーヌ・グリモー(P)ニティン・ソーニー『ウォーター
・アレクサンドル・タロー(P)『オートグラフ
・ユップ・ベヴィン(P)『プリヘンション

●6月1日・12日・21日/雨の日の音楽③ロマンティックに
・庄司紗矢香(Vn)メナヘム・プレスラー(P)
「雨の歌」ライヴ モーツァルト/シューベルト/ブラームス
・チョ・ソンジン(P)他
ショパン:ピアノ協奏曲第1番、バラード第1番~第4番
・ギドン・クレーメル(Vn)ギードレ・ディルヴァナウスカイテ(Vc)ダニール・トリフォノフ(P)『祈り~悲しみのトリオ

●6月2日・13日・22日/雨の日の音楽④フランスの色彩
・ワルター・ギーゼキング(P)『ラヴェル:ピアノ曲全集』抜粋
・福間洸太朗(P)『水の反映~ドビュッシーピアノ作品集
・シューベルト・アンサンブル『フォーレ:ピアノ五重奏曲第1番・第2番

●6月5日・14日・23日/雨の日の音楽⑤沈黙の音楽
・高橋悠治(P)『モンポウ:沈黙の音楽
・児玉桃(P)『鐘の谷~ラヴェル、武満、メシアン:ピアノ作品集
・タルコフスキー・カルテット『Nuit blanche

●6月6日・15日/雨の日の音楽⑥美しき憂鬱
・ファンタズム、エリザベス・ケニー(Lute)
ダウランド:ラクリメ、または7つの涙
・本村睦幸(リコーダー)平尾雅子(ヴィオラ・ダ・ガンバ)他
バルサンティ:リーコーダーソナタ(全6曲)
・ソフィー・イェーツ(Cemb)『ラモー:クラヴサン曲集


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。