121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00
※リピートあり
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)









▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

いちはや新譜/話題作&私的ベスト2017
 2017年1月に番組がスタートし、無事1年を終えようとしています。様々なテーマでお送りしましたが、お楽しみいただけていますか?ハイレゾを愛聴し、素敵な選曲をして下さった原典子さん、そしてご愛聴いただいている皆さま、今年1年ありがとうございました!ということで、12月は“1年の締めくくりに聴く17タイトル!”2017年に話題になったタイトルと、原典子さんが今年愛聴したタイトルをご紹介します。番組連動コラムも合わせてどうぞ。

12月6日・15日/いちはや新譜
(曲目未定)

11月28日・12月7日・18日/話題作&私的ベスト2017①新しく響くバロック
●ジャン・ロンドー(cemb)
ディナスティ-王家-~バッハ一族のチェンバロ協奏曲集
●加藤訓子(マリンバ)『J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集』より抜粋
●ダニエル・ホープ(Vn)チューリッヒ室内管弦楽団ほか
フォー・シーズンズ

11月29日・12月8日・19日/②同時代を生きる音楽
●フランチェスコ・トリスターノ(p)チリー・ゴンザレス(p)
ピアノ・サークル・ソングス
●坂本龍一『async
●ランバート(P、ほか)『スウィート・アポカリプス

11月30日・12月11日・20日/③続々来日!注目指揮者
●ウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」他』抜粋
●ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」
●フィリップ・ジョルダン指揮パリ国立オペラ座管弦楽団『ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」、プロコフィエフ:古典交響曲』抜粋

12月1日・12日・21日/④楽興のとき
●ヨーヨー・マ(vc)エマニュエル・アックス(p)レオニダス・カヴァコス(vn)
ブラームス:ピアノ三重奏曲』抜粋
●寺下真理子(vn)須関裕子(p)『ロマンス
●カルテット・アロド『メンデルスゾーン

12月4日・13日・22日/⑤ピアノと静謐なる時間
●児玉桃(P)『点と線~ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集
●アルカディ・ヴォロドス(P)『ヴォロドス・プレイズ・モンポウ
●高橋悠治(P)『エリック・サティ:新・ピアノ作品集』抜粋

12月5日・14日/⑥祈りの声 ※放送時間20分繰上げ(14:40~18:00)
●イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
ドヴォルジャーク:スターバト・マーテル
●マルク・ミンコフスキ指揮レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブル
J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV245


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)














▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/いま聴きたい弦楽器奏者たち
 次々と話題アーティストが出現し、常に盛り上がりをみせているクラシック界ですが、11月は、原典子さんの視点から今聴いておきたい!注目の弦楽器奏者をご紹介。重鎮から新星、そして、日本ではこれから活躍が期待されている海外アーティストまで、24bitの高音質でお楽しみください!また、毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

10月30日・11月8日・17日/いちはや新譜
・ダニール・トリフォノフ(p)ミハイル・プレトニョフ指揮マーラー室内管弦楽団 他『ショパン:ピアノ協奏曲 第1番&第2番』より抜粋
・アンドレア・バッティストーニ指揮 東京フィルハーモニー交響楽団『ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」他
・アントネッロ『天正遣欧使節の音楽(2017リマスター)

10月31日・11月9日・20日/いま聴きたい弦楽器奏者たち~①ヴァイオリン協奏曲
・フランク・ペーター・ツィンマーマン(vn)アラン・ギルバート指揮北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番
・リサ・バティアシュヴィリ(vn)クリスティアン・ティーレマン指揮シュターツカペレ・ドレスデン『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 他
・ヴィルデ・フラング(vn)ジェイムズ・ガフィガン指揮フランクフルト放送交響楽団『コルンゴルト&ブリテン:ヴァイオリン協奏曲

11月1日・10日・21日/②ヴァイオリン
・クリスティアン・テツラフ(vn)『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』より抜粋
・アレクサンドラ・スム(vn)ダヴィッド・カドゥシュ(p)『グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ全集』より抜粋
・ジェームズ・エーネス(vn)アンドルー・アームストロング(p)『バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ&ラプソディ集

11月2日・13日・22日/③ヴィオラ
・アントワン・タメスティ(va)マルクス・ハドゥラ(p)パーヴォ・ヤルヴィ指揮hr交響楽団
Hindemith:Bratsche!
・ダヌーシャ・ヴァスキェヴィチ(va)アンドレア・レバウデンゴ(p)
ヴィオラとピアノのための歌集』より抜粋
・キム・カシュカシャン(va)レーラ・アウエルバッハ(p)『Arcanum

11月3日・14日・23日/④チェロ
・ヨハネス・モーザー(vc)アンドレイ・コロベイニコフ(p)
プロコフィエフ&ラフマニノフ:チェロ・ソナタ 他
・マット・ハイモヴィッツ(vc)『J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲』より抜粋
・スティーヴン・イッサーリス(vc)ガボール・タカーチ=ナジ指揮タピオラ・シンフォニエッタ『reVisions

11月6日・15日・24日/⑤弦楽四重奏
・アリス四重奏団『ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第9番、第14番
・キアロスクーロ四重奏団
ハイドン:弦楽四重奏曲第31番、第32番、第33番』より抜粋
・ドーリック弦楽四重奏団『コルンゴルト:弦楽四重奏曲集

11月7日・16日/⑥弦楽合奏
・ルノー・カピュソン、クリストフ・コンツ(vn)ジェラール・コセ(va)他
ブラームス:弦楽六重奏曲第1番、第2番』より抜粋
・パトリツィア・コパチンスカヤ(vn&指揮)セントポール室内管弦楽団
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」他
・ドミトリー・シトコヴェツキー(指揮&vn)千々岩英一(vn)紀尾井シンフォニエッタ東京『J.S.バッハ(D.シトコヴェツキー編):ゴルトベルク変奏曲(弦楽合奏版)


THE CLASSICオンエア曲リスト

原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)
















▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/物語から聞こえる音楽
 10月、めっきり秋らしい気候になりました。読書をするには最適な季節です。実はクラシックをテーマにした物語って、意外と多いのです。この番組では、クラシック通なら押さえておきたいあの名作と、一緒に聞きたい全22タイトルをご紹介。また、毎月1回目はe-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けする「いちはや新譜」です。番組連動コラムも合わせてお楽しみください。

9月25日10月6日・19日/いちはや新譜
●クリスチャン・ツィメルマン(P)
シューベルト: ピアノ・ソナタ 第20番・第21番」より抜粋
●レイフ・オヴェ・アンスネス(P)
悲しきワルツ~シベリウス:ピアノ名品集」より抜粋
●クリスティーナ・プルハー指揮ラルペッジャータ 他
ヘンデルはワイルドでいこう!

9月26日・10月9日、20日/物語から聞こえる音楽~①ピアノの調べに乗って
●恩田陸『蜜蜂と遠雷』
蜜蜂と遠雷 音楽集」より抜粋
●奥泉光『シューマンの指』
ユーリ・エゴロフ(P)「バッハ、ショパン、ドビュッシー、リスト、シューマン:ピアノ作品集」より抜粋
●中山七里『さよならドビュッシー』
・三浦友理枝(P)「印象

9月27日・10月10日・23日/②作曲家をめぐる物語
●大島真寿美『ピエタ』
イタリア合奏団「ヴィヴァルディ:調和の霊感
●高原英理『不機嫌な姫とブルックナー団』
朝比奈隆指揮大阪フィルハーモニー交響楽団「ブルックナー:交響曲第3番二短調「ワーグナー」(改訂版)

9月28日・10月11日・24日/③人生のドラマ
●平野啓一郎『マチネの終わりに』
福田進一(G)「シャコンヌ~J.Sバッハ作品集1~
●藤谷治『船に乗れ!』
ユリア・フィッシャー(Vn)ジョナサン・ギラード(P)ダニエル・ミュラー=ショット(Vc)「メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番・第2番
●篠田節子『ハルモニア』
藤原真理(Vc)「J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲」より抜粋

9月29日・10月12日・25日/④村上春樹
●村上春樹『意味がなければスイングはない』
パウル・バドゥラ=スコダ(P)「シューベルト:ピアノ・ソナタ第17番 D850 他
●村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』
クリスティアン・ベンダ指揮プラハ・シンフォニア管弦楽団「ロッシーニ:序曲全集 第1集
●村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
ラザール・ベルマン(P)「リスト:「巡礼の年」全曲」より抜粋

10月2日・13日・26日/⑤日本文学とクラシック
●立原正秋『薪能』
クララ・ハスキル(P)イーゴル・マルケヴィチ指揮コンセール・ラムルー管弦楽団「モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番・第24番
●山本周五郎『よじょう』
小澤征爾指揮ボストン交響楽団「ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」全曲
●坂口安吾『エリック・サティ』
アレクセイ・リュビモフ、スラヴァ・ポプルーギン(P)「ストラヴィンスキーとサティ、パリは悲哀と愉悦の舞台。

10月3日・16日・27日/⑥海外文学に登場するクラシック
●トルストイ『クロイツェル・ソナタ』
五嶋龍(Vn)マイケル・ドゥセク(P)「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」他
●カズオ・イシグロ『夜想曲集』
アリサ・ワイラースタイン(Vc)イノン・バルナタン(P)「ラフマニノフ、ショパン:チェロ・ソナタ集

10月4日・17日/⑦音楽漫画
●一色まこと『ピアノの森』
インゴルフ・ヴンダー(P)ヴラディーミル・アシュケナージ指揮サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団「チャイコフスキー&ショパン:ピアノ協奏曲第1番
●新川直司『四月は君の嘘』
篠原悠那(Vn)「Estreno」より抜粋
●二ノ宮知子『のだめカンタービレ』
ズデニェク・マーツァル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団「ドヴォルザーク:交響曲第5番&第9番「新世界より」」より抜粋

10月5日・18日/⑧少女漫画を彩る音楽
●池田理代子『オルフェウスの窓』
ヴィルヘルム・バックハウス(P)ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番・第5番「皇帝」
●吉野朔実『グールドを聴きながら』
グレン・グールド(P)「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
●山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ』
ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団「シベリウス:組曲「レンミンカイネン」、ポヒョラの娘」より抜粋


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。