121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00(リピートあり)
[アーカイヴ放送](月~金)12:00~15:00
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)









▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

【24bit】いちはや新譜/別れと旅立ちのクラシック
 異動・転勤・引越し・入社・退職など、3月は自身をとりまく環境が大なり小なり移り変わっていく季節。なかでも「別れ」の場面が多いのではないでしょうか。今月のこの番組では、「さまざまな別れと旅立ち」をテーマに、今聴いておきたい18タイトルをお届けします。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお送りします。

2月26日・3月7日・16日/いちはや新譜
(曲目未定)

2月27日・3月8日・19日/別れと旅立ちのクラシック①旅立ちに寄せて
●『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第3巻「自然」』小菅優(P)
●『輝くチェンバロ YOKO ISHIKAWA~第9回生録会 at 松本記念音楽迎賓館』石川陽子(Cemb)
●『ラフマニノフ:悲しみの三重奏曲第1番・第2番』ヴラディーミル・アシュケナージ(P)ツォルト=ティハメール・ヴィゾンタイ(Vn)マッツ・リドストレーム(Vc)

2月28日・3月9日・20日/②惜別の歌
●『ドイツ歌曲集 III』藤村実穂子(Ms)ヴォルフラム・リーガー(P)
●『シューベルト:歌曲集《白鳥の歌》』ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)ジェラルド・ムーア(P)
●『シューマン:ピアノ・ソナタ第2番、森の情景、暁の歌』内田光子(P)

3月1日・12日・21日/③恋人との別れ
●『ショパン:ワルツ』仲道郁代(P)
●『ブラームス:弦楽六重奏曲第1番・第2番』ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員
●『ヴェリズモ』アンナ・ネトレプコ(S)アントニオ・パッパーノ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団ほか

3月2日・13日・22日/④祖国との別れ
●『ラフマニノフ:交響曲第3番、バラキレフ:交響詩「ロシア」』ヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団
●『追憶』ジョン・ネシリング指揮サンパウロ交響楽団
●『バルトーク:管弦楽のための協奏曲、舞踊組曲、《中国の不思議な役人》組曲』サー・ゲオルグ・ショルティ指揮ロンドン交響楽団

3月5日・14日・23日/⑤新天地への旅立ち
●『楽園への脱出-ハリウッド・アルバム』ダニエル・ホープ(Vn)アレクサンダー・シェリー指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ほか
●『ドヴォルザーク:交響曲第6番、第9番「新世界より」』マリン・オールソップ指揮ボルティモア交響楽団
●『ヘンデル:水上の音楽 他』マンフレート・フス指揮ハイドン・シンフォニエッタ・ウィーン

3月6日・15日/⑥優しき春に
●『メンデルスゾーン:無言歌集』レナーテ・ショルラー(P)
●『モーツァルト歌曲リサイタル』エリーザベト・シュヴァルツコップ(S)ワルター・ギーゼキング(P)
●『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、憂鬱なセレナード、なつかしい土地の思い出 他』ユリア・フィッシャー(Vn)ヤコフ・クライツベルク指揮ロシア・ナショナル管弦楽団

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 3月は2017年3月の内容「世界のこだわりレーベル探訪 その1」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)












▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/フランスの色と香り
 2月は、クロード・ドビュッシーの没後100年にちなんで、フランス音楽の特集。洗練されたピアノ作品や室内楽、上質なオーケストラ作品、さらにシャンソンまで、フランスのエスプリをお届けします。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

1月29日・2月7日・16日/いちはや新譜
●『ストラヴィンスキー:春の祭典
 ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『フランコ・ファジョーリ~ヘンデル:アリア集
 フランコ・ファジョーリ(C-T)イル・ポモ・ドーロ
●『BREATH - J.S.Bach × Kohei Ueno』より
 上野耕平(sax)

1月30日・2月8日・19日/フランスの色と香り①ドビュッシー没後100周年
●『ドビュッシー:ソナタ&トリオ
 ルノー・カピュソン(Vn)他
●『ドビュッシー:映像、子供の領分、ベルガマスク組曲、喜びの島』抜粋
 チョ・ソンジン(P)
●『ドビュッシー:管弦楽曲全集』抜粋
 ジャン・マルティノン指揮フランス放送国立管弦楽団 他

1月31日・2月9日・20日/②ラヴェルの魔法
●『ドビュッシー、ラヴェル:弦楽四重奏曲/ショーソン:はてしない歌
 ヴァン・カイック四重奏団 他
●『ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」(全曲)&バレエ「ラ・ヴァルス」
 フィリップ・ジョルダン指揮パリ国立オペラ座管弦楽団&合唱団
●『ラヴェル:ピアノ協奏曲』抜粋 
 ユジャ・ワン(P)リオネル・ブランギエ指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団

2月1日・12日・21日/③フレンチ・シック
●『フォーレ&フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 テディ・パパヴラミ(Vn)ネルソン・ゲルナー(P)
●『管楽器とピアノ ~レ・ヴァン・フランセの真髄』抜粋
 レ・ヴァン・フランセ
●『ビゼー:アルルの女 第1組曲、第2組曲/カルメン組曲
 アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団

2月2日・13日・22日/④フランスの歌
●『ミラージュ(蜃気楼)
 サビーヌ・ドゥヴィエル(S)他
●『グリーン~フランス歌曲集第2集(ヴェルレーヌ詩による)
 フィリップ・ジャルスキー(C-T) 他
●『バルバラ
 アレクサンドル・タロー(P)他

2月5日・14日・23日/⑤典雅なる響き
●『フランスのフォリア~クープラン、ドビュッシー&メシアン
 セドリク・ペシャ(P)
●『モリエールのオペラ~ジャン=バティスト・リュリの劇場音楽~モリエールとリュリ&シャルパンティエのコメディ=バレからの歌曲と器楽小品集』抜粋
 ジェローム・コレア(指揮、チェンバロ) レ・パラダン 他
●『エール・ド・クールの「心」
 ヴァンサン・デュメストル、ル・ポエム・アルモニーク

2月6日・15日/⑥現代音楽最前線
●『ホライゾン2 ~オリヴィエ・メシアンに捧ぐ
 ジョージ・ベンジャミン、インゴ・メッツマッハー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『21世紀のヴァイオリン協奏曲集~リーム、デュサパン、マントヴァーニ
 ルノー・カピュソン(Vn)フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団 他
●『ミュライユ:水源の分有/残酷物語/航跡』抜粋
 ピエール=アンドレ・ヴァラード指揮BBC交響楽団 他

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 2月は2017年2月の内容「ポストクラシカルが止まらない!」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト

原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)
















▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/ハイレゾことはじめ 2018/神々の音楽
 新しい年の始め、今年は「ハイレゾ」にチャレンジしてみませんか?2年目を迎えたこの番組では、初心に帰って「ハイレゾ再入門編」として、最初にチェックしておきたいタイトルを厳選しました。また、特集その②は「神々の音楽」。クラシックの本場ヨーロッパとキリスト教は切っても切れない関係。神話にちなんだ作品や宗教的な楽曲をお届けします。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

12月25日・1月5日・18日/いちはや新譜
●『ヴィルトゥオーゾへ捧げるオマージュ(ヴァイオリン名曲小品集)
ヴィルデ・フラング(vn) ホセ・ガヤルド(p)
●『R.シュトラウス:英雄の生涯、死と変容
ケント・ナガノ指揮 エーテボリ交響楽団
●『ユーモラス・トビー ~ヒューム大尉のガンバ曲集~』より抜粋 
石川かおり(vg) アントネッロ

12月26日・1月8日・19日/ハイレゾことはじめ 2018 ①名曲名盤編
●『ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster version)
●『シベリウス:交響曲集、ヴァイオリン協奏曲、他』抜粋
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 他
●『J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第2巻Vol.2』グレン・グールド(P)

12月27日・1月9日・22日/ハイレゾことはじめ 2018 ②レーベル編
●『モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番(MQA remix 2016)』抜粋 マリアンネ・トゥーシェン(vn)オイヴィン・ギムセ指揮トロンハイム・ソロイスツ
●『ドビュッシー:海&忘れられた小唄/フォーレ:ペレアスとメリザンド 他
マグダレーナ・コジェナー(S)ロビン・ティチアーティ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団
●『J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻、第2巻より』抜粋
御喜美江(Acc.)

12月28日・1月10日・23日/神々と音楽 ①神話と音楽
●『オルフェオの物語
フィリップ・ジャルスキー(C-T)ディエゴ・ファソリス指揮イ・バロッキスティ
●『ルーセル:バッカスとアリアーヌ 第1組曲&第2組曲、ドビュッシー:6つの古代碑銘 他』抜粋 山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団
●『シマノフスキ:ヴァイオリンとピアノのための作品集』抜粋 
デュオ・ブリュッヘン=プランク

12月29日・1月11日・24日/神々と音楽 ②中世~ルネサンスの教会音楽
●『四旬節と聖週間のグレゴリオ聖歌』抜粋 アレクサンダー・M・シュヴァイツァー指揮コンソルティウム・ヴォカーレ・オスロ
●『マショー:ノートルダムのミサ曲』抜粋 ウィーン・ヴォーカル・コンソート
●『モンテヴェルディ:聖マルコ大聖堂のための晩課(アレッサンドリーニ編)
リナルド・アレッサンドリーニ指揮コンチェルト・イタリアーノ

1月1日・12日・25日/神々と音楽 ③宗教改革と音楽
●『ルターの音楽集』抜粋
●『J.S.バッハ:ルター派ミサ曲II』鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン
●『メンデルスゾーン・イン・バーミンガムVol.1
エドワード・ガードナー指揮バーミンガム市交響楽団

1月2日・15日・26日/神々と音楽 ④バロック~キリストへの愛
●『ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(全曲)~1754年捨子養育院上演版~
エルヴェ・ニケ指揮ル・コンセール・スピリチュエル、サンドリーヌ・ピオー(S) 他
●『アジタータ 法悦と官能のイタリア・バロック ~オペラ作曲家たちのアリアとカンタータ~』抜粋 デルフィーヌ・ガルー(C-T)オッタヴィオ・ダントーネ指揮アカデミア・ビザンティーナ

1月3日・16日/神々と音楽 ⑤大作曲家の宗教曲
●『モーツァルト:レクイエム(ロバート・レヴィン版) 他
チャールズ・マッケラス指揮スコットランド室内管弦楽団&合唱団 他
●『ブルックナー・イン・カテドラル -天上の音楽-』抜粋
ラデク・バボラーク(hrn)アレシュ・バールタ(org)チェコ・ホルン・コーラス
●『ブラームス:ドイツ・レクイエム op.45
マリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団 他

1月4日・17日/神々と音楽 ⑥近現代の宗教曲
●『ラフマニノフ:晩祷 Op.37
ニコライ・コルニエフ指揮サンクトペテルブルク室内合唱団
●『メシアン:彼方の閃光
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
●『DA PACEM DOMINE‐主よ、平和を与えたまえ~アルヴォ・ペルト:宗教曲集』抜粋 シグヴァルズ・クリャーヴァ指揮ラトヴィア放送合唱団

★1月よりアーカイヴ放送が始まります
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 1月は2017年1月の内容を再放送します。



THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。