121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00(リピートあり)
[アーカイヴ放送](月~金)12:00~15:00
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)
















▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

【24bit】いちはや新譜/グラミー賞特集&アメリカのリズムとメロディ
 1月28日に発表された「第60回グラミー賞」で受賞したタイトルを2回に分けてご紹介。そして、今年はレナード・バーンスタイン生誕100年ということで、今月の特集はアメリカ音楽。実は、e-onkyo musicはアメリカ音楽の宝庫。マニアックなレーベルからリリースされている演奏機会の少ない音楽など、CDショップでは見つからなかった音源もたくさん配信されているのです!6回に分けて18タイトルをご紹介します。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお送りします。番組連動コラムも合わせてどうぞ。

3月26日・4月6日・19日/いちはや新譜
・『ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」、第7番』ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック
・『Deux (ふたり・ふたつ ~ヴァイオリンとピアノ、東のほうと西のほう~)』パトリツィア・コパチンスカヤ(Vn)ポリーナ・レシチェンコ(P)
・『After Bach』ブラッド・メルドー(P)

3月27日・4月9日・20日/グラミー特集 その1
・『クレイジー・ガール・クレイジー ~ベリオ×ベルク×ガーシュウィン×ハニガン~』バーバラ・ハニガン(S、指揮)ルートヴィヒ管弦楽団
・『ギャヴィン・ブライアーズ:The Fifth Century』ドナルド・ナリー指揮ザ・クロッシング、プリズム・サクソフォン四重奏団
・『シューベルトの四重奏曲「死と乙女」のほうへ』パトリツィア・コパチンスカヤ(Vn、指揮)セントポール室内管弦楽団

3月28日・4月10日・23日/グラミー特集 その2
・『ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」、バーバー:弦楽のためのアダージョ』マンフレート・ホーネック指揮ピッツバーグ交響楽団
・『ヒグドン:全ては壮大な、ヴィオラ協奏曲、オーボエ協奏曲』ジャンカルロ・ゲレーロ指揮ナッシュヴィル交響楽団 他
・『超絶! トリフォノフ・プレイズ・リスト』より抜粋 ダニール・トリフォノフ(P)

3月29日・4月11日・24日/①生誕100周年 バーンスタイン
・『バーンスタイン:ミュージカル《ウェスト・サイド・ストーリー》』レナード・バーンスタイン指揮オーケストラ&コーラス、キリ・テ・カナワ(S)ホセ・カレーラス(T)他
・『バーンスタイン:交響曲第1番《エレミア》、第2番《不安の時代》』レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 他
・『バーンスタイン:ピアノ作品全集』リアン・オスターカンプ(P)

3月30日・4月12日・25日/②Jazz Meets Classic
・『ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー 他』フレディ・ケンプ(P)アンドルー・リットン指揮ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
・『アメリカの魂~コープランド:交響曲第3番、アンタイル:ジャズ・シンフォニー 他』カルロス・カルマー指揮オレゴン交響楽団
・『黒パイプのダンス~コープランド:クラリネット協奏曲 他』より抜粋 マルティン・フレスト(Cl)リチャード・トニェッティ(指揮、vn)オーストラリア室内管弦楽団

4月2日・13日・26日/③アメリカ生まれのメロディ
・『アイヴズ、カーター、ガーシュウィン: 作品集』リュドヴィク・モルロー指揮シアトル交響楽団
・『ルロイ・アンダーソン名曲集』フレデリック・フェネル指揮イーストマン=ロチェスター・ポップス・オーケストラ
・『アメリカン・アンセム~ミュージック・オブ・サミュエル・バーバー・アンド・ハワード・ハンソン』より抜粋 イン四重奏団

4月3日・16日・27日/④ナクソスで出会うアメリカ音楽
・『ゴットシャルク:ピアノ作品集~熱帯の夜』より抜粋 スティーヴン・メイヤー(P)
・『ペイン:管弦楽作品集2~交響曲第2番、オイディプス王、前奏曲、ポセイドンとアンフィトリテ』より抜粋 ジョアン・ファレッタ指揮アルスター管弦楽団
・『ハーマン:航海の思い出、デル・トレディチ:マジャール・マッドネス』 ミシェル・ルティエク(Cl)ファイン・アーツ四重奏団

4月4日・17日/⑤現代音楽
・『ジョン・ケージ:As It Is』より抜粋 アレクセイ・リュビモフ(P、プリペアドP)ナターリア・プシェニチニコーヴァ(Vo)
・『ジョン・アダムズ:シティ・ノワール、サクソフォン協奏曲』ティモシー・マカリスター(Sax)デイヴィッド・ロバートソン指揮セントルイス交響楽団
・『ライリー:ダーク・クイーン・マントラ 他』ギャン・ライリー(g)デル・ソル弦楽四重奏団

4月5日・18日/⑥ラテン・アメリカ
・『ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番、第4番、第6番、第1番』ドナ・ブラウン(S)アントニオ・メネセス(vc)ロベルト・ミンチュク指揮サンパウロ交響楽団のチェリストたち 他
・『ヒナステラ:管弦楽作品集 Vol.2』ファンホ・メナ指揮BBCフィルハーモニック、シャイン・ワン(P)マンチェスター室内女声合唱団
・『ラテン・アメリカのピアノ音楽~様々な踊りのリズムで~』パブロ・ロハス(P)

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 4月は2017年4月の内容「グラミー賞特集/春の声」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)













▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/別れと旅立ちのクラシック
 異動・転勤・引越し・入社・退職など、3月は自身をとりまく環境が大なり小なり移り変わっていく季節。なかでも「別れ」の場面が多いのではないでしょうか。今月のこの番組では、「さまざまな別れと旅立ち」をテーマに、今聴いておきたい18タイトルをお届けします。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお送りします。

2月26日・3月7日・16日/いちはや新譜
●『プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番』リサ・バティアシュヴィリ(Vn)ヤニック・ネゼ=セガン指揮ヨーロッパ室内管弦楽団
●『フランク、ストロール、プーランク、ラ・トンベル:チェロ・ソナタ集』エドガー・モロー(Vc)ダヴィッド・カドゥシュ(P)
●『ライヒ:パルス、カルテット』インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル、コリン・カリー・グループ

2月27日・3月8日・19日/別れと旅立ちのクラシック①旅立ちに寄せて
●『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第3巻「自然」』小菅優(P)
●『輝くチェンバロ YOKO ISHIKAWA~第9回生録会 at 松本記念音楽迎賓館』石川陽子(Cemb)
●『ラフマニノフ:悲しみの三重奏曲第1番・第2番』ヴラディーミル・アシュケナージ(P)ツォルト=ティハメール・ヴィゾンタイ(Vn)マッツ・リドストレーム(Vc)

2月28日・3月9日・20日/②惜別の歌
●『ドイツ歌曲集 III』藤村実穂子(Ms)ヴォルフラム・リーガー(P)
●『シューベルト:歌曲集《白鳥の歌》』ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)ジェラルド・ムーア(P)
●『シューマン:ピアノ・ソナタ第2番、森の情景、暁の歌』内田光子(P)

3月1日・12日・21日/③恋人との別れ
●『ショパン:ワルツ』仲道郁代(P)
●『ブラームス:弦楽六重奏曲第1番・第2番』ベルリン・フィルハーモニー八重奏団員
●『ヴェリズモ』アンナ・ネトレプコ(S)アントニオ・パッパーノ指揮サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団ほか

3月2日・13日・22日/④祖国との別れ
●『ラフマニノフ:交響曲第3番、バラキレフ:交響詩「ロシア」』ヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団
●『追憶』ジョン・ネシリング指揮サンパウロ交響楽団
●『バルトーク:管弦楽のための協奏曲、舞踊組曲、《中国の不思議な役人》組曲』サー・ゲオルグ・ショルティ指揮ロンドン交響楽団

3月5日・14日・23日/⑤新天地への旅立ち
●『楽園への脱出-ハリウッド・アルバム』ダニエル・ホープ(Vn)アレクサンダー・シェリー指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ほか
●『ドヴォルザーク:交響曲第6番、第9番「新世界より」』マリン・オールソップ指揮ボルティモア交響楽団
●『ヘンデル:水上の音楽 他』マンフレート・フス指揮ハイドン・シンフォニエッタ・ウィーン

3月6日・15日/⑥優しき春に
●『メンデルスゾーン:無言歌集』レナーテ・ショルラー(P)
●『モーツァルト歌曲リサイタル』エリーザベト・シュヴァルツコップ(S)ワルター・ギーゼキング(P)
●『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、憂鬱なセレナード、なつかしい土地の思い出 他』ユリア・フィッシャー(Vn)ヤコフ・クライツベルク指揮ロシア・ナショナル管弦楽団

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 3月は2017年3月の内容「世界のこだわりレーベル探訪 その1」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)












▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit】いちはや新譜/フランスの色と香り
 2月は、クロード・ドビュッシーの没後100年にちなんで、フランス音楽の特集。洗練されたピアノ作品や室内楽、上質なオーケストラ作品、さらにシャンソンまで、フランスのエスプリをお届けします。また、毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けしています。

1月29日・2月7日・16日/いちはや新譜
●『ストラヴィンスキー:春の祭典
 ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『フランコ・ファジョーリ~ヘンデル:アリア集
 フランコ・ファジョーリ(C-T)イル・ポモ・ドーロ
●『BREATH - J.S.Bach × Kohei Ueno』より
 上野耕平(sax)

1月30日・2月8日・19日/フランスの色と香り①ドビュッシー没後100周年
●『ドビュッシー:ソナタ&トリオ
 ルノー・カピュソン(Vn)他
●『ドビュッシー:映像、子供の領分、ベルガマスク組曲、喜びの島』抜粋
 チョ・ソンジン(P)
●『ドビュッシー:管弦楽曲全集』抜粋
 ジャン・マルティノン指揮フランス放送国立管弦楽団 他

1月31日・2月9日・20日/②ラヴェルの魔法
●『ドビュッシー、ラヴェル:弦楽四重奏曲/ショーソン:はてしない歌
 ヴァン・カイック四重奏団 他
●『ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」(全曲)&バレエ「ラ・ヴァルス」
 フィリップ・ジョルダン指揮パリ国立オペラ座管弦楽団&合唱団
●『ラヴェル:ピアノ協奏曲』抜粋 
 ユジャ・ワン(P)リオネル・ブランギエ指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団

2月1日・12日・21日/③フレンチ・シック
●『フォーレ&フランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
 テディ・パパヴラミ(Vn)ネルソン・ゲルナー(P)
●『管楽器とピアノ ~レ・ヴァン・フランセの真髄』抜粋
 レ・ヴァン・フランセ
●『ビゼー:アルルの女 第1組曲、第2組曲/カルメン組曲
 アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団

2月2日・13日・22日/④フランスの歌
●『ミラージュ(蜃気楼)
 サビーヌ・ドゥヴィエル(S)他
●『グリーン~フランス歌曲集第2集(ヴェルレーヌ詩による)
 フィリップ・ジャルスキー(C-T) 他
●『バルバラ
 アレクサンドル・タロー(P)他

2月5日・14日・23日/⑤典雅なる響き
●『フランスのフォリア~クープラン、ドビュッシー&メシアン
 セドリク・ペシャ(P)
●『モリエールのオペラ~ジャン=バティスト・リュリの劇場音楽~モリエールとリュリ&シャルパンティエのコメディ=バレからの歌曲と器楽小品集』抜粋
 ジェローム・コレア(指揮、チェンバロ) レ・パラダン 他
●『エール・ド・クールの「心」
 ヴァンサン・デュメストル、ル・ポエム・アルモニーク

2月6日・15日/⑥現代音楽最前線
●『ホライゾン2 ~オリヴィエ・メシアンに捧ぐ
 ジョージ・ベンジャミン、インゴ・メッツマッハー指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
●『21世紀のヴァイオリン協奏曲集~リーム、デュサパン、マントヴァーニ
 ルノー・カピュソン(Vn)フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団 他
●『ミュライユ:水源の分有/残酷物語/航跡』抜粋
 ピエール=アンドレ・ヴァラード指揮BBC交響楽団 他

★アーカイヴも放送中
「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music アーカイヴ」
(月~金)12:00~15:00 リピートあり(トークなし)
 2月は2017年2月の内容「ポストクラシカルが止まらない!」を再放送。


THE CLASSICオンエア曲リスト

原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。