121chTHE CLASSIC【Premium】

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music


(月~金)15:00~18:00
※リピートあり
ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)










▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
ハイレゾ音源で聴きたい!珠玉のクラシック・セレクション。音にこだわるオーディオ・ファン、ハイレゾに初トライしてみたいという、クラシック・ファンのための番組。音楽ライター・原典子が、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicから選りすぐりのタイトルをお送りします。
番組連動コラム「ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music」

【24bit】いちはや新譜/確信犯的クラシック――革新的NEXT GENERATIONS
 毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けします。また2回目からは、新しい感性と革新的なパワーを持った、“今聴くべき”新世代のアーティスト達の演奏、全18タイトルをご紹介。

●5月1日・10日・19日/いちはや新譜
・坂本龍一『async
・渡邊一正指揮東京フィルハーモニー交響楽団
冨田勲:ドクター・コッペリウス
・フィリップ・ジョルダン指揮パリ国立オペラ座管弦楽団
ムソルグスキー「展覧会の絵」/プロコフィエフ「古典交響曲」

●5月2日・11日・22日/①ニュースな個性派たち
・パトリツィア・コパチンスカヤ(Vn)テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ストラヴィンスキー:バレエ・カンタータ「結婚」
・テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ
ストラヴィンスキー:春の祭典
・パトリツィア・コパチンスカヤ(Vn)『TAKE Two

●5月3日・12日・23日/②新時代のヴィルトゥオーゾ
・ダニール・トリフォノフ(P)『超絶! トリフォノフ・プレイズ・リスト』抜粋
・ユジャ・ワン(P)リオネル・ブランギエ指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団『ラヴェル:ピアノ協奏曲
・レオニダス・カヴァコス(Vn)エンリコ・パーチェ(P)『ヴィルトゥオーソ

●5月4日・15日・24日/③シーンをリードする先達

・クリスチャン・ヤルヴィ指揮MDR交響楽団ほか『ペルト:パッサカリア』抜粋
・ダニエル・ホープ(Vn)チューリヒ室内管弦楽団ほか
フォー・シーズンズ』抜粋
・アレクサンドル・タロー(P)『J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲

●5月5日・16日・25日/④響き合う若き感性
・エベーヌ弦楽四重奏団ゴーティエ・カピュソン(Vc)マティアス・ゲルネ(Br)ほか『シューベルト:弦楽五重奏曲D956&歌曲
・反田恭平(P)アンドレア・バッティストーニ指揮RAI国立交響楽団ほか『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲
・アリス=紗良・オット、フランチェスコ・トリスターノ(P)『スキャンダル

●5月8日・17日・26日/⑤チャレンジングな女性たち
バーバラ・ハニガン(S)ネアンドリス・ルソンス指揮バイエルン放送交響楽団『ハンス・アブラハムセン:Let Me Tell You
・エレーヌ・グリモー(P)ソル・ガベッタ(Vc)『デュオ
・ヴァレンティーナ・リシッツァ(P)
ショパン:24の練習曲、シューマン:交響的練習曲

●5月9日・18日/⑥バロックはロックだ
・マハン・エスファハニ(Cemb)『J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲
・エドガー・モロー(Vc)リッカルド・ミナーシ指揮イル・ポモ・ドーロ
ジョヴィンチェロ~バロック協奏曲集
・アンサンブル・ネヴァーマインド、ジャン・ロンドー(Cemb)『Conversations


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)











▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit放送】いちはや新譜/グラミー賞特集/春の声
 毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けします。
 4月の特集は「グラミー賞」。2月12日、アメリカ音楽界で最高の栄誉とされる「グラミー賞」の各賞が発表され、内田光子さんとドロテア・レシュマン「シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯、ベルク:初期の7つの歌」が最優秀クラシック・ソロ・ボーカル・アルバム賞を受賞しました。その他e-onkyo musicで配信されている受賞作品を番組で早速ご紹介します。
また、リスナーからのリクエストにお応えして、「歌もの」も特集します。オペラ、リート、宗教曲まで、この春に聴きたい全14タイトルをご紹介。

3月27日・4月7日・20日/いちはや新譜
・カティア・ブニアティシヴィリ(P)パーヴォ・ヤルヴィ指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団『ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op18
・トーマス・ヘンゲルブロック指揮NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
ブラームス/交響曲第4番ホ短調Op98
・ダニエル・バレンボイム指揮ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団『Hommage à Boulez

3月28日・4月10日・21日/グラミー賞特集その①
・アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、第8番&第9番 他』より抜粋
・ヨーヨー・マ&ザ・シルクロード・アンサンブル『シング・ミー・ホーム
・サード・コースト・パーカッション
ライヒ:Mallet Quartet、Sextet、Nagoya Marimbas、Music for Pieces of Wood

3月29日・4月11日・24日/グラミー賞特集その②
・ドロテア・レシュマン(S)内田光子(p)
シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌
・イアン・ボストリッジ(T)アントニオ・パッパーノ(p) 他
シェイクスピア・ソングズ
・ジャンカルロ・ゲレーロ指揮ナッシュヴィル交響楽団 他
ドアティ: ヘミングウェイの物語、アメリカン・ゴシック 他

3月30日・4月12日・25日/春の声①オペラ全曲
・ベッリーニ:歌劇『ノルマ』(チェチーリア・バルトリ(Ms)ジョヴァンニ・アントニーニ指揮ラ・シンティッラ管弦楽団 他)

3月31日・4月13日・26日/春の声②オペラ全曲
・ヴェルディ:歌劇『アイーダ』(アニャ・ハルテロス(S)ヨナス・カウフマン(T)アントニオ・パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団&合唱団 他)

4月3日・14日・27日/春の声③オペラ・アリア集~女性編
・アンナ・ネトレプコ(S)他 『ヴェリズモ
・サビーヌ・ドゥヴィエル(S) 他『モーツァルト・アリア集~ウェーバー三姉妹
・ジョイス・ディドナート(Ms)他『戦争と平和の中で

4月4日・17日・28日/春の声④オペラ・アリア集~男性編
・フアン・ディエゴ・フローレス(T)他『人知れぬ涙~ベル・カント、アリア集
・ローランド・ビリャソン(T)他『ヴェルディ:魂の歌
・ディミトリー・ホロストフスキー(Br) 他
ホロストフスキー~戦争、平和、愛、悲しみを歌う

4月5日・18日/春の声⑤歌曲・リート
・ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)ジェラルド・ムーア(p)
シューベルト:冬の旅
・アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(Ms)ベンクト・フォルスベルク(p) 他
Douce France~優しきフランス』より抜粋
・ルネ・フレミング(S)他 
ディスタント・ライト

4月6日・19日/春の声⑥宗教曲
・フィリップ・ジャルスキー(C-T)フライブルク・バロックオーケストラ他
J.S.バッハ&テレマン:カンタータ集
・ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 他
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス
・マッシモ・パロンベッラ指揮システィーナ礼拝堂聖歌隊
システィーナ礼拝堂のパレストリーナ


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。

ハイレゾ・クラシック by e-onkyo music
▼画像をクリック(音源を購入できます)













▲画像をクリック(音源を購入できます)
【24bit放送】いちはや新譜/世界のこだわりレーベル探訪 その1
 毎月1回目は、e-onkyo musicの新着タイトルを厳選してお届けします。また2回目以降は、世界中に数えきれないほど存在するレーベルを、テーマに沿ってご紹介。音質面・録音面でこだわりを持っている6つのレーベルから、選りすぐりの18タイトルを。番組連動コラムも合わせてお楽しみください。

2月27日・3月8日・17日/いちはや新譜
・『ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster version)
・マックス・リヒター
 『3つの世界:ウルフ・ワークス(ヴァージニア・ウルフ作品集)
・ピョートル・アンデルシェフスキ(P)
 『ファンタジー~モーツァルト&シューマン

2月28日・3月9日・20日/世界のこだわりレーベル探訪①EXTON
・エリアフ・インバル指揮 東京都交響楽団
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
・金子三勇士(P)『シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番、リスト:メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」ほか
・山田和樹指揮東京混声合唱団『武満徹:全合唱曲集

3月1日・10日・21日/②2L
・トロンハイム・ソロイスツ『SOUVENIR
・エリサベト・ホルテ指揮ウラニエンボルグ・ヴォーカルアンサンブル
『Song~歌』
・アンデシュ・シェルベリ・ニルソン(Vn)スヴァイヌング・ビェラン(P)
Trace of Impressions

3月2日・13日・22日/③PentaTone
・児玉麻里&児玉桃(P)『チャイコフスキー・ファンタジー
・アラベラ・美歩・シュタインバッハー(Vn)シャルル・デュトワ指揮スイス・ロマンド管弦楽団『メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
・ヨハネス・モーザー(Vc)ヤクブ・フルシャ指揮プラハ・フィルハーモニア
ドヴォルザーク&ラロ:チェロ協奏曲

3月3日・14日・23日/④LINN RECORDS
・加藤訓子(Perc)『kuniko plays reich
・ロビン・ティチアーティ指揮スコットランド室内管弦楽団
シューマン:交響曲全集
・イングリット・フリッター(P)『ショパン:24の前奏曲Op.28 ほか

3月6日・15日・24日/⑤BIS
・鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン
モーツァルト:レクイエム ほか
・ロナルド・ブラウティハム(FP)マイケル・アレグザンダー・ウィレンズ指揮ケルン・アカデミー『モーツァルト:ピアノ協奏曲集第11集
・オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ交響楽団『The Sound of Sibelius』

3月7日・16日/⑥Sono Luminus
・ロサンジェルス・パーカッション・カルテット『Rupa-khandha
・ゾフォ・デュエット『MIND MELD
・マシュー・ガード指揮スカイラーク声楽アンサンブル
Crossing Over - 20世紀の合唱作品集


THE CLASSICオンエア曲リスト
原典子

出演:原典子

音楽に関する雑誌や本の編集者・ライター。上智大学文学部新聞学科卒業。音楽之友社『レコード芸術』編集部、音楽出版社『CDジャーナル』副編集長を経て、現在はフリーランス。『intoxicate』『CDジャーナル』など音楽雑誌への執筆のほか、坂本龍一監修の音楽全集『commmons: schola』の編集を担当。鎌倉で子育てをしながら、「レゾナンス<鎌倉のひびき>コンサートシリーズ」の企画にも携わる。