121chTHE CLASSIC【Premium】

特集で聴く 山之内正のハイレゾ・セレクション


(日)12:00~16:00
翌週再放送
特集で聴く 山之内正のハイレゾ・セレクション
▼画像をクリック(音源を購入できます)




▲画像をクリック(音源を購入できます)
24bit放送とは
演奏も録音も、超優秀アルバムをハイレゾで。この番組では、これまでにリリースされたタイトルや新着タイトルなど、山之内氏がこれまでに試聴してきた膨大な音源の中から、演奏面・録音面で優れた音源を厳選し、特集に沿ってご紹介していきます。ハイレゾ音源の聴き方や優秀録音に選んだポイント、特集に沿った音源の楽しみ方など、山之内氏の解説を交えながら、「ハイレゾ」の聴き方を多角的に捉えていきます。ハイレゾ入門の方にも是非お聞きいただきたい番組です。

6月10日・24日/DSDの楽しみかた
6月は「DSD」で録音されたアルバムを、2回にわたってお送りします。音の特徴や聴き方のポイント、さらに再生方法を分かりやすく紹介していきます。

・ペーター・レーゼル(P)『レーゼル・プレイズ・バッハ
・ダニエレ・ガッティ&ロイヤル・コンセルトヘボウ管『ストラヴィンスキー:春の祭典』 
・パーヴォ・ヤルヴィ&N響『R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき メタモルフォーゼン
・小林研一郎&ロンドン・フィル『ショスタコーヴィチ:交響曲 第5番
・児玉麻里&児玉桃(Pデュオ)『チャイコフスキー・ファンタジー』より抜粋
・LSOパーカッション・アンサンブル『スティーヴ・ライヒ: クラッピング・ミュージック、木片のための音楽、六重奏曲
・田部京子(P)飯森範親&山形交響楽団『モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番K.503ピアノ・ソナタ第10番K.330
・ミア・パーション(S)グスターボ・ヒメノ&ルクセンブルク・フィル『Mahler: Symphony No.4, Piano Quartet "Nicht zu Schnell"

6月10日の曲目 24日の曲目 
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

特集で聴く 山之内正のハイレゾ・セレクション
▼画像をクリック(音源を購入できます)



▲画像をクリック(音源を購入できます)
5月13日・27日/声~ハイレゾで聴く精妙な世界
 5月は「声」にスポットを当ててご紹介。声の表情の豊かさを味わうには、やはり情報量の多いハイレゾ音源がおすすめ。各アーティストの個性を精妙に捉えた録音をセレクトしました。2回にわたって6タイトルをお愉しみください。

・『ワーグナー:アリア集
ヨナス・カウフマン(T)ドナルド・ラニクルズ指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管
・『シェイクスピア歌曲集
イアン・ボストリッジ(T)アントニオ・パッパーノ(P)
・『ラヴェル:子供と魔法
ミッコ・フランク指揮フランス放送フィルハーモニー管&合唱団
・『ヘンデル:牧歌劇「エイシスとガラテア」
ジョン・バット(指揮&Org)ダンディン・コンソート
・『モーツァルト:レクイエム
鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパン他
・『アレグリ:ミゼレーレ
ピーター・フィリップス指揮タリス・スコラーズ他

5月6日の曲目 13日の曲目 20日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。

特集で聴く 山之内正のハイレゾ・セレクション
▼画像をクリック(音源を購入できます)




▲画像をクリック(音源を購入できます)
4月1日・15日・29日/録音会場と演奏の関係
 世界でも指折りのコンサートホールから、ハンブルクの噂の新ホール、さらに教会や、日本で近年「録音の聖地」として注目のホールなど、9つの録音会場をご紹介。それぞれの音響の特徴や聴き方のポイントを中心に、3回にわたって10タイトルをお届けします。

●【ベルリン・フィルハーモニー】
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル:ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調「英雄」
●【ウィーン ムジークフェラインザール】
リッカルド・ムーティ指揮ウィーン・フィル:『ニューイヤーコンサート2018』
●【アムステルダム コンセルトヘボウ】
エマニュエル・アックス(P)ベルナルト・ハイティンク指揮:ブラームス/ピアノ協奏曲 ほか
●【プラハ ドヴォルザークホール】
エリアフ・インバル指揮チェコ・フィル:マーラー/交響曲第1番「巨人」
●河村尚子(P)イルジー・ビエロフラーヴェク指揮チェコ・フィル:ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
●【ハンブルク エルプフィルハーモニー】
トーマス・ヘンゲルブロック指揮NDRエルプフィル:ブラームス/交響曲第3番、第4番
●【ドレスデン ルカ教会】
ペーター・レーゼル(P)ヘルムート・ブラニー指揮ドレスデン歌劇場室内管:モーツァルト/ピアノ協奏曲 第17番、第26番
●【ベルリン イエス・キリスト教会】
ロビン・ティチアーティ指揮ベルリンドイツ響:ドビュッシー/交響詩「海」、フォーレ/ペレアスとメリザンド他
●【岐阜県高山市 飛騨芸術堂】
『飛騨高山ヴィルトーゾオーケストラ2017』
●【神奈川県 相模湖交流センター】
加藤訓子:『IX - Iannis Xenakis』

4月1日の曲目 8日の曲目 15日の曲目 22日の曲目  29日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

山之内正

出演:山之内正

オーディオ評論家。神奈川県横浜市出身。東京都立大学理学部卒。在学時は原子物理学を専攻する。出版社勤務を経て、音楽の勉強のためドイツで1年間過ごす。帰国後より、デジタルAVやホームシアター分野の専門誌を中心に執筆。趣味の枠を越えてクラシック音楽の知識も深く、その視点はオーディオ機器の評論にも反映されている。近著:「目指せ!耳の達人」(共著、音楽之友社)、「ネットオーディオ入門」(講談社ブルーバックス)など。