126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

泉谷しげる


2016年6月1日(水)・2日(木) 8:00~&16:00~
再放送=6月10日・11日・13日・14日・23日・24日
27日・28日 8:00~&16:00~
泉谷しげる
 1948年青森県生まれ、東京育ち。漫画家を目指すと同時に、ローリングストーンズに憧れて音楽を始めます。71年にフォークシンガーとしてライヴアルバム『泉谷しげる登場』でデビュー。加藤和彦がプロデュースした2ndアルバムのタイトル曲「春夏秋冬」は、現在でも多くのアーティストにカバーされる彼の代表曲にとなりました。75年には、井上陽水・吉田拓郎・小室等と共にアーティストの手による初めてのレコード会社『フォーライフ・レコード』を設立。切れ味鋭いフォーク・ロック路線を完成させ、歯に衣着せない言動とパワフルなステージで、ブームを牽引してきました。
 また、70年代後半からは俳優としても活躍。その他、映画監督、作家、漫画家など多岐に渡るマルチな才能を発揮し、今年(2016年)デビュー45周年を迎えました。
 近年では、「阪神・淡路大震災救済街頭フォークゲリラ」「宮崎県口蹄疫義援ライヴ」など、義援活動へも積極的に参加。若い世代のアーティストたちとの交流も深く、温かな人間味を感じさせるキャラクターで、幅広い層から支持され続けています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) 泉谷しげる登場

1971年、杉野講堂で行われたライヴの実況録音盤として発売された、幻のデビュー・アルバム。無名の新人でありながらLPのライヴ盤でデビューとは当時非常に珍しく、またトークで会場を盛り上げるなど、堂々したパフォーマンスで話題を呼びました。

■収録曲

  1. 白雪姫の毒リンゴ
  2. 砂時計
  3. ちきしょう
  4. プロフィール
  5. 告白のブルース
  6. 東西南北
  7. 義務
  8. ひねくれ子守唄
  9. うられうられて
  10. 給料日前だから
  11. 人生の曲り角
  12. 人生を越えて

2) 春夏秋冬

1972年発売。加藤和彦がプロデューサーを務め、高中マサヨシ・つのだひろ・仲井戸麗市らも参加した、初期名作アルバム。泉谷の最大のヒット曲であり多くのアーティストにカバーされている「春夏秋冬」、「街はぱれいど」「黒いカバン」等を収録。

■収録曲

  1. 地球がとっても青いから
  2. ねどこのせれなあで
  3. 狂走曲21番
  4. 黒いカバン
  5. 鏡の前のつぶやき
  6. 帰り道
  7. 春夏秋冬
  8. 街はぱれえど
  9. 化粧室
  10. 君の席
  11. 出船
  12. 行きずりのブルース
  13. きせつはずれ

3) 地球はお祭り騒ぎ

1972年発売。アコースティックでありながら、ロックや即興の要素も取り入れ、後のフォーク・ロック路線を感じさせるセルフ・プロデュース作。「つなひき」「街からはなれられない」「陽が沈むころに」等を収録。

■収録曲

  1. つなひき
  2. 息ぬき
  3. 初恋純情篇
  4. 街からはなれられない
  5. よせてはかえす
  6. 巨人はゆりかごで眠る
  7. 陽が沈むころに
  8. 久しぶりです
  9. ヒマ人クラブ
  10. ほら吹きひとつ
  11. 大通りを横切って
  12. 終りをつげる

4) 光と影

1973年発売。再び加藤和彦とタッグを組んだ傑作。バックにサディスティック・ミカ・バンドを起用し、フォーク、ロックに留まらずレゲエにも挑戦。バンドと一体になって”泉谷節”を完成させました。「春のからっ風」「君の便りは南風」「国旗はためく下に」「おー脳」などを収録。

■収録曲

  1. 序曲
  2. 個人的理由
  3. 老人革命の唄
  4. おー脳
  5. のすたるじあ
  6. ブルースを唄わないで
  7. 春のからっ風
  8. ひとりあるき
  9. 里帰り
  10. 君の便りは南風
  11. 無限大食
  12. ともだちどうし
  13. 国旗はためく下に
  14. 終曲

5) 黄金狂時代

1974年発売。まさに泉谷の”黄金時代”のセルフ・プロデュース作。ラスト・ショー、イエローの2バンドがバックを務め、ロック色を強く打ち出しています。この後の”脱フォーク”を示したような「眠れない夜」「火の鳥」「Dのロック」等を収録。

■収録曲

  1. 眠れない夜
  2. A・Ha・Ha・Ha
  3. 暗闇街丑松通
  4. 火の鳥
  5. 溶岩道路Rag
  6. 摩天楼
  7. 遥かなる人
  8. Dのロック
  9. 人情夜話
  10. 懐かしい人
  11. 明日のヒマ人
  12. 北の詩人

6) 家族

1976年発売。泉谷にとって『フォーライフ・レコード』からの初のオリジナル・アルバム。有山淳司らサウス・トゥ・サウスのメンバーがバックを務め、初期のフォーク・スタイルに回帰。「家族」「彼と彼女」等を収録。

■収録曲

  1. 野良犬
  2. 紅の翼
  3. 街角
  4. 少年A
  5. 超人
  6. 愛夢
  7. 彼と彼女
  8. 行きずりの男
  9. 夜間航路
  10. 哀感情話
  11. 12月22日(ライヴ)
  12. 家族

7) 80’のバラッド

1978年発売。日本のロック創世記の幕開け―加藤和彦プロデュースによるストリート・ロックの決定盤。来るべき80年代に向けて荒々しく毒づきながらも、泉谷の内に秘めた孤独感や繊細さが滲み出ています。「翼なき野郎ども」「デトロイト・ポーカー」「エイジ」等を収録。

■収録曲

  1. 翼なき野郎ども
  2. 海をにぎりしめる少年
  3. デトロイト・ポーカー
  4. 裸の街
  5. レイコ
  6. 遠い生活(くらし)
  7. エイジ
  8. 波止場たちへ
  9. 流れゆく君へ

8) 都会のランナー

1979年発売。これまでヒット作を生み出してきた加藤と再びサポートし、前作と共に名盤として人気の高い作品。「旅から帰る男達」「褐色のセールスマン」「俺の女」等を収録。

■収録曲

  1. 旅から帰る男達
  2. 褐色のセールスマン
  3. 俺の女
  4. 風もないのに
  5. 揺らぐ街
  6. ハーレム・バレンタインデイ
  7. 王の闇
  8. 君の心を眠らせないで

9) NEWS

1982年発売。タイトル通り、当時の世相や時事を独自の視点で捉えた作品。吉田建、白井良明の予測不能なアレンジも秀逸です。「サイレントマン」「NEWS」等を収録。

■収録曲

  1. Front
  2. オンラインの女
  3. 裕福の飢餓
  4. 超大国乃危機
  5. タフママ
  6. ひとりぼっちの影
  7. News
  8. サイレントマン
  9. 夜の翼

10) 39°8’

1983年発売。打ち込みやブラス等を取り入れて当時流行していたニューウェイヴを意識、また泉谷がピアノを担当するなど、新たな試みに挑戦。バックはムーン・ライダースが務めています。シングル「39°8′」や、仲井戸麗市が提供・参加した「しゃ・か・り・き」等を収録。

■収録曲

  1. メディア
  2. クラブ
  3. ミストレス
  4. 不眠のピアノ
  5. 39°8'
  6. ナイトガウン
  7. ワーズデス
  8. しゃ・か・り・き
  9. プロセス
  10. 大陸帰り
  11. 離・メンバー
  12. 秘密なきブルー

11) ELEVATOR

1984年発売。アレンジは吉田建が担当し、打ち込みを本格的に導入。人間味ある泉谷のヴォーカルと、無機質に刻むクールなリズムとが新たな化学反応を起こし、ニューウェイヴ・ブームに乗り込んだ意欲作です。

■収録曲

  1. Under Prick
  2. Eros
  3. Electric Blue
  4. Elevator
  5. Hair Style
  6. 1900's
  7. Faces
  8. Sedai
  9. Hymn
  10. Private

12) 吠えるバラッド

1988年発売。仲井戸麗市、吉田建、村上ポンタ秀一らによる最強の布陣『LOSER』を結成し、試行錯誤してきた低迷期からの完全復活。LOSERのサポートも然り、忌野清志郎、桑田佳祐らも参加した渾身の一作。「長い友との始まりに」「野生のバラッド」等を収録。

■収録曲

  1. 長い友との始まりに
  2. のけものじみて
  3. TATTOO
  4. あいまいな夜
  5. 果てしなき欲望
  6. 美人は頭脳から生まれる
  7. 野生のバラッド
  8. LOSER
  9. 終点
  10. あらゆる場面で

13) 90’バラッド

1989年発売。前作からの勢いは増し、LOSERとの活動における最高傑作。スピード感溢れるハードなギターで、硬派に決めたサウンドが完成しています。「ハレルヤ」「最後の女」等を収録。

■収録曲

  1. 愛なき世界
  2. ハレルヤ
  3. 敗者復活
  4. リアル1/2
  5. 野バラ
  6. ハードレイン
  7. 最後の女
  8. ラグタイム~水の泡
  9. 青のスナイパー
  10. 新世紀
  11. 永遠の壁

14) 叫ぶひと囁く

1991年発売。仲井戸に替わり、藤沼伸一(G)が参加したLOSERとの活動も最終章へ。”叫ぶひと囁く”の通り、絶妙な静と動のバランスを保った作品。「叫ぶひとささやく」「ムノウ」等を収録。

■収録曲

  1. 叫ぶひと ささやく
  2. 深い殺人
  3. 青い火
  4. 失われた週末
  5. 裸のコワイヤツ
  6. ムノウ
  7. 嵐のあとで
  8. 夜の才気にふれて
  9. 愛を黙して

15) WILD BLOOD

1993年発売。LOSERとのバンド活動に終止符を打ち、弾き語りの色合いを強調。泉谷の無骨さと繊細さとをハードロックで昇華させたような作品です。「WILD BLOOD」「責任者を探せ」等を収録。また、同年7月に発生した北海道南西沖地震を機に、日本各地でゲリラライヴを敢行。義援活動に積極的に参加するようになります。

■収録曲

  1. クレイジーラブ
  2. 責任者を探せ
  3. 夜と昼の顔
  4. 陽のあたる場所
  5. 他人に厳しく自分に甘く
  6. 楽園の人々
  7. 月のない夜
  8. WILD BLOOD
  9. クラスブルジョア
  10. HAT

16) メッセージ・ソングス

1994年発売。フォークゲリラの賛否両論を背に、自身の信念を貫くメッセージ集。時事ネタなどを取り込みながら直球勝負の曲が並びます。「愛しの臨死体験」「黒い波」等を収録。

■収録曲

  1. 手のひらの風景
  2. 激しい季節
  3. 存在する愛のもくろみ
  4. 教祖ころんだ!!
  5. トーキング・ブルー
  6. 愛しの臨死体験
  7. 黒い波
  8. 落葉樹
  9. 東京の翼
  10. 2001's
  11. 都市の夕映え

17) 追憶のエイトビート

1995年発売。同年1月に 阪神・淡路大震災が発生、いち早くゲリラライヴを敢行した泉谷。被災者への応援メッセージとも捕らえられる曲が多数収録されています。森高千里と歌う「トゥルーラブ」では、普段では見せない優しい姿が垣間見れます。

■収録曲

  1. I Like a SONG
  2. 永遠の約束
  3. CITY/無防備都市
  4. レイン
  5. トゥルーラブ
  6. ヘッドライト
  7. 鯛とロープ
  8. ゲットー
  9. It's gonna be ALRIGHT

18) 全身全霊~Life to Soul~

1996年発売。デビューから25年の活動の集大成。これまでの名曲の新録音やライヴバージョンやレアテイクで構成。代表曲「春夏秋冬」「眠れない夜」「春のからっ風」等を収録。

■収録曲

  1. 来るべき世界/a Next World
  2. 春夏秋冬
  3. 白雪姫の毒リンゴ
  4. 遥かなる人
  5. 美人は頭脳から生まれる~ちきしょう~懐かしい人
  6. Come to my bedside
  7. 春のからっ風
  8. はいからはくち
  9. 眠れない夜
  10. 私たちの望むものは
  11. 針の眼
  12. 土曜の夜君と帰る~エピローグ

19) 私には夢がある

1998年発売。これまで世に怒りをぶつけてきた泉谷も50歳に。同世代である加藤和彦と久々にタッグを組み、新たなアレンジにも挑戦。大人の男のこれまでの夢、そしてこれからの夢を託して、不器用に歌う姿がここにあります。

■収録曲

  1. 失われた時を求めて
  2. 明日も今日の夢のつづきを
  3. 偶然の旅行者
  4. アフリカの光
  5. 回帰線
  6. 恋する惑星
  7. ジャッカル
  8. 10%のブルー
  9. 今を生きる
  10. 冬のイノセント
  11. 我が心のシャイン

20) ベースメント・テープス

1999年発売。71年のデビュー・ライヴ盤よりも以前に録音された、荒削りなエネルギーに満ち溢れた楽曲集。1stにも収録されている「白雪姫の毒リンゴ」「ひねくれ子守唄」等を収録。

■収録曲

  1. 砂時計
  2. 理論と実践
  3. いいわけ
  4. 愛、自由、平等、平和
  5. 帰り道
  6. 人生の曲がり角
  7. ひねくれ子守唄
  8. 給料日前だから
  9. 白雪姫の毒リンゴ

21) IRA

2000年発売。76年の『家族』以来のセルフ・プロデュース作品。名曲「国旗はためく下に」の続編ともいえる「ヘアースタイルは国家である」、「真夜中の交差点」「イレイザー」等を収録。

■収録曲

  1. ヘアースタイルは国家である
  2. 真夜中の交差点
  3. イレイザー
  4. となりのカリスマ
  5. 1LDの空の下
  6. やろうとしている間違い
  7. 天国への日常
  8. ヒノメグリ
  9. ネオン
  10. 制覇
  11. gain