126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ジャニス・ジョプリン


2014年12月7日(日)0:00~8:00
再放送あり(随時)
ジャニス・ジョプリン
 ブルース・ロックの女王、ジャニス・ジョプリン。
 1943年アメリカ・テキサスに生まれ、周囲とうまく馴染めず孤立した少女時代を送ったジャニス。その孤独を埋めるかのように早くからドラッグや酒にのめり込みますが、やがてブルースやフォークに出会い、歌うことの喜びに目覚めていきます。1967年、モンタレー・ポップ・フェスティバルにビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーのシンガーとして出演、女性ロッカーとして一躍脚光を浴びることに。順調かと思われたその矢先、最高傑作と名高いアルバム『PEARL』完成間近、ドラッグに溺れ、27歳の若さで突然この世を去りました。
 その壮絶な生き様を映し出すような悲痛に満ちた歌声と、類まれな表現力で、伝説の歌姫となったジャニス・ジョプリン。その魂の叫びは、死してなお、人々の心に深く刻まれ続けています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Big Brother and the Holding Company (ファースト・レコーディング)

1967年発売、5人編成のバンド「ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー」名義のデビュー・アルバム。ブルースを基調とし、バックの演奏はシンプルに抑えられ、ジャニスの表現力に富んだ歌声がより濃く表れています。

■収録曲

  1. Bye, Bye Baby
  2. Easy Rider
  3. Intuder
  4. Light Is Faster Than Sound
  5. Call On Me
  6. Women Is Losers
  7. 14
  8. Blindman
  9. Down On Me
  10. Caterpillar
  11. All Is Loneliness
  12. Coo Coo [Single]
  13. The Last Time [Single]
  14. Call On Me [Alternate Take]
  15. Bye, Bye Baby [Alternate Take]

2) Cheap Thrills

1968年発売。1967年、モンタレー・ポップ・フェスティバルにビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーとして出演したジャニスは、その将来性を予見され、CBSレコードと契約。このアルバムのリリースにより、彼女の名は世間に浸透し、全米8週連続1位獲得という大ヒットを記録した傑作です。代表曲「Summertime」「Ball And Chain」「Piece Of My Heart」を収録。

■収録曲

  1. Combination Of The Two
  2. I Need A Man To Love
  3. Summertime
  4. Piece Of My Heart
  5. Turtle Blues
  6. Oh, Sweet Mary
  7. Ball And Chain
  8. MHCP354 11

3) I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama! (コズミック・ブルースを歌う)

1969年発売、ソロ名義で初めてリリースしたアルバム。ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーを脱退し、新たにコズミック・ブルース・バンドと共に活動を始めます。彼女の意向が大きく反映され、R&Bやソウルに近づいたサウンドで、全米最高5位を記録しました。

■収録曲

  1. Try (Just A Little Bit Harder)
  2. Maybe
  3. One Good Man
  4. MHCP355
  5. As Good As You've Been To This World
  6. 11
  7. To Love Somebody
  8. Kozmic Blues
  9. Little Girl Blue
  10. Work Me, Lord
  11. Dear Landlord (Session Outtake)
  12. Summertime (Live)
  13. Piece Of My Heart (Live)

4) PEARL

1971年発売。コズミック・ブルース・バンドと別れ、新たにフル・ティルト・ブギーを結成。幾多の出会いと別れを繰り返し、華やかな世界の影で孤独と戦い続けたジャニスが、やっと出会えた信頼できるメンバーでした。しかし、アルバム完成間近という1970年10月4日、薬物の多量摂取により27歳の若さで突然この世を去ります。そのため、この作品は彼女にとって最後のオリジナル作品になりました。「Buried Alive In The Blues(生きながらブルースに葬られ)」は、ヴォーカルを取り終えていなかったため、インスト曲として収録されています。

■収録曲

  1. Move Over
  2. Cry Baby
  3. A Woman Left Lonely
  4. Half Moon
  5. Buried Alive In The Blues
  6. My Baby
  7. Me And Bobby McGee
  8. SRCS9804
  9. Mercedes Benz
  10. 14
  11. Trust Me
  12. Get It While You Can

5) In Concert (ジョプリン・イン・コンサート)

突然の死から約1年半後の1972年、追悼の意を込めてリリースされた作品。ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーでのライヴ(1968年)と、フル・ティルト・ブギーでのライヴ(1970年)が収録されています。ステージ上の彼女がいかにパワフルで情熱的なパフォーマンスをしていたかが伝わってきます。

■収録曲【DISC1】

  1. Down On Me
  2. Bye, Bye Baby
  3. All Is Loneliness
  4. Piece Of My Heart
  5. Road Block
  6. Flower In The Sun
  7. Summertime
  8. Ego Rock

■収録曲【DISC2】

  1. Half Moon
  2. Kozmic Blues
  3. Move Over
  4. 14
  5. Try (Just A Little Bit Harder)
  6. Get It While You Can
  7. Ball And Chain

6) Greatest Hits

1973年発売、過去のヒット作を集めた初のベスト・アルバム。活動期間わずか3年という極めて短い活動の中で、ジャニスは独特の歌声と存在感で歴史に残る数々の名曲を残しました。

■収録曲

  1. Piece Of My Heart
  2. Summertime
  3. Try [Just A Little Bit Harder]
  4. Cry Baby
  5. Me & Bobby McGee
  6. Down On Me
  7. Get It While You Can
  8. Bye Bye Baby
  9. 12
  10. Move Over
  11. Ball & Chain

7) JANIS(伝説のロック・クイーン)

1975年発売。彼女の生涯を描いたドキュメンタリー映画『ジャニス』のサウンド・トラックとしてリリースされた作品。レコード・デビュー前の1963年から、亡くなる直前の1970年までにレコーディングされた楽曲を中心に、ライヴ録音や未発表音源が収録された貴重なアルバムです。彼女が築きあげてきた世界が存分に味わえます。

■収録曲【DISC1】

  1. Mercedes Benz
  2. Ball And Chain
  3. Rap On "Try"
  4. Try (Just A Little Bit Harder)
  5. Summertime
  6. Albert Hall Interview (1969)
  7. Cry Baby
  8. Move Over
  9. SICP1672、SICP1673
  10. Dick Cavett T.V. Interview (1970)
  11. Piece Of My Heart
  12. 13
  13. Port Arthur High School Reunion
  14. 17
  15. Maybe
  16. Me And Bobby McGee

■収録曲【DISC2】

  1. Trouble In Mind
  2. What Good Can Drinkin' Do
  3. Silver Threads And Golden Needles
  4. Mississippi River
  5. Stealin'
  6. No Reason For Livin'
  7. Black Mountain Blues
  8. Walk Right In
  9. River Jordan
  10. Mary Jane
  11. Kansas City Blues
  12. Daddy, Daddy, Daddy
  13. C.C. Rider
  14. San Francisco Bay Blues
  15. Winin' Boy
  16. Careless Love
  17. I'll Drown In My Own Tears

8) Farewell Song (白鳥の歌)

1982年発売。未発表のライヴ音源をはじめ、貴重な音源が収録されているコンピレーション・アルバムです。プロデューサーにトッド・ラングレンを迎え、バターフィールド・ブルースバンドと共に演奏した「One Night Stand」は必聴。そして表題曲「Farewell Song(白鳥の歌)」は心に染み入る一曲です。パワフルに、エネルギッシュに、時に繊細に歌いかける表現力に胸を打たれます。

■収録曲

  1. Tell Mama
  2. Magic Of Love
  3. Misery 'N
  4. One Night Stand
  5. Harry
  6. Raise Your Hand (Live)
  7. Farewell Song
  8. MHCP360
  9. Medley: Amazing Grace/Hi Heel Sneakers
  10. Catch Me Daddy
  11. 9