126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ジョニ・ミッチェル


2014年3月6日(木)~8日(土)8:00~&16:00~
再放送あり(随時)
ジョニ・ミッチェル
 70年代を代表する女性シンガー・ソングライターの一人、ジョニ・ミッチェル。
 1943年カナダ生まれ。60年代にフォーク歌手として音楽活動をスタート、その後ニューヨークに移り、68年にデビュー。69年、映画『青春の光と影』でジュディ・コリンズが歌った彼女の作品「Both Sides Now(青春の光と影)」が一躍大ヒット、同曲を収録した2ndアルバム『Clouds』の成功により、その名が広く知られるようになりました。その後も、映画『いちご白書』の主題歌としてバフィ・セント=マリーが歌った「The Circle Game」や、ボブ・ディランが賞賛したアルバム『Blue』が大ヒット、これまでにグラミー賞を9回も受賞するという偉業を成し遂げています。
 また、自らCDジャケットをデザインしたアルバムが、グラミー賞のベストアルバムパッケージ部門を受賞するなど、音楽だけでなく、画家など多彩な顔も持っています。
 近年は難病を患い、病と闘い続けるジョニ。しかし、瑞々しい感性でこれまでに彼女が生み出してきた作品は、世の人々の心を癒す存在に間違いありません。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Song to a Seagull (ジョニ・ミッチェル)

1968年発売のデビュー・アルバム。プロデュースは後にCS&Nを結成する、デビッド・クロスビー。基本的にギター1本によるジョニの弾き語りで構成され、フォーク・シンガーとしての瑞々しい感性に溢れた好盤です。「Night In The City」等でスティーヴン・スティルス(CS&N)がベースで参加していることも話題に。

■収録曲

  1. I Had A King
  2. Michael From Mountains
  3. Night In The City
  4. Marcie
  5. Nathan La Franeer
  6. Sisotowbell Lane
  7. The Dawnreader
  8. The Pirate Of Penance
  9. Song To A Seagull
  10. Catcus Tree

2) Clouds (青春の光と影)

1969年発売、ジョニ・ミッチェル初期の傑作。彼女の非凡なソング・ライティング力が注目されるきっかけとなった、ジュディ・コリンズがカバーした「Both Sides, Now(青春の光と影)」、トム・ラッシュやバフィ・セント・メリーがカバーした「Tin Angel」等を収録。

■収録曲

  1. Tin Angel
  2. Chelsea Morning
  3. I Don't Know Where I Stand
  4. That Song About The Midway
  5. Roses Blue
  6. The Gallery
  7. I Think I Understand
  8. Songs To Aging Children Come
  9. The Fiddle And The Drum
  10. Both Sides, Now

3) Ladies of the Canyon

1970年発売、初のミリオン・セラー作品。バフィ・セント=マリーが歌い大ヒットした「The Circle Game」、CSN&Yにより全米11位を記録した「Woodstock」、自然破壊について歌った名曲「Big Yellow Taxi」等を収録。

■収録曲

  1. Morning Morgantown
  2. For Free
  3. Conversation
  4. Ladies Of The Canyon
  5. Willy
  6. The Arrangement
  7. Rainy Night House
  8. The Priest
  9. Blue Boy
  10. Big Yellow Taxi
  11. Woodstock
  12. The Circle Game

4) Blue

1971年発売。繊細で純粋、研ぎ澄まされた独自の世界が完成され、初期の最高傑作との呼び声高いアルバム。「All I Want」「California」「A Case Of You」ではジェームス・テイラーのギターが冴えわたります。

■収録曲

  1. All I Want
  2. My Old Man
  3. Little Green
  4. Carey
  5. Blue
  6. California
  7. This Flight Tonight
  8. River
  9. A Case Of You
  10. The Last Time I Saw Richard

5) For the Roses(バラにおくる)

1972年発売。リプリーズ・レコードを離れ、アサイラム・レコード移籍後初の作品。シングル「You Turn Me on I'm a Radio(恋するラジオ)」を収録。内ジャケットに彼女のオール・ヌード写真が使われていたことでも話題になりました。

■収録曲

  1. Banquet
  2. Cold Blue Steel And Sweet Fire
  3. Barangrill
  4. Lesson In Survival
  5. Let The Wind Carry Me
  6. For The Roses
  7. See You Sometime
  8. Electricity
  9. You Turn Me On I'm A Radio
  10. Blonde In The Bleachers
  11. Woman Of Heart And Mind
  12. Judgement Of The Moon And Stars (Ludwig's Tune)

6) Court and Spark

1974年発売。「Free Man in Paris」「Down to You」「Raised on Robbery」「Twisted」などの名曲が揃い、全米チャート最高2位、64週チャート・インというロング・セラーを記録。ロック、ジャズ・フュージョン、ソウル系などのミュージシャンをフューチャーし、これまでの作品とは全く違うサウンドで、新たな一面を聴かせてくれます。

■収録曲

  1. Court And Spark
  2. Help Me
  3. Free Man In Paris
  4. People's Parties
  5. Same Situation
  6. Car On A Hill
  7. Down To You
  8. Just Like This Train
  9. Raised On Robbery
  10. Trouble Child
  11. Twisted

7) Miles of Aisles

1974年発売。前作でフォーク・シンガーとしてだけでなく新たな才能を開花させたジョニによる、初のライヴ盤。観客と共に歌う「The Circle Game」は必聴。

■収録曲

  1. You Turn Me On I'm A Radio
  2. Big Yellow Taxi
  3. Rainy Night House
  4. Woodstock
  5. Cactus Tree
  6. Cold Blue Steel And Sweet Fire
  7. Woman Of Heart And Mind
  8. A Case Of You
  9. Blue
  10. Circle Game
  11. Peoples' Parties
  12. All I Want
  13. Real Good For Free
  14. Both Sides Now
  15. Carey
  16. The Last Time I Saw Richard
  17. Jericho
  18. Love Or Money

8) The Hissing of Summer Lawns(夏草の誘い)

1975年発売。『Court and Spark』から引き続きジャズ・フュージョン系のミュージシャンが参加、いわゆる「ジャズ3部作」の最初の作品。ジョニ自身によるジャケット・ワークのクオリティからも、類まれまれな才能を感じられます。

■収録曲

  1. In France They Kiss On Main Street
  2. The Jungle Line
  3. Edith And The Kingpin
  4. Don't Interrupt The Sorrow
  5. Shades Of Scarlet Conquering
  6. The Hissing Of Summer Lawns
  7. The Boho Dance
  8. Harry's House/Centerpiece
  9. Sweet Bird
  10. Shadows And Light

9) Hejira(逃避行)

1976年発売。ジャコ・パストリアスと共に作られ、よりジャズ・フュージョン路線へと深化した傑作。基本的にジョニのギター・ヴォーカルと、ジャコによるベースが中心のシンプルな構成。叙情的なベース・ラインは、同年発売のジャコの作品『ジャコ・パストリアスの肖像』にも通じるものがあります。

■収録曲

  1. Coyote
  2. Amelia
  3. Furry Sings The Blues
  4. A Strange Boy
  5. Hejira
  6. Song For Sharon
  7. Black Crow
  8. Blue Motel Room
  9. Refuge Of The Roads

10) Don Juan's Reckless Daughter(ドンファンのじゃじゃ馬娘)

1977年発売。前作に続きジャコ・パストリアスやラリー・カールトンらが参加したジャズ・フュージョン路線のアルバム。前作のシンプルな作りに対し、今作は遊び心に溢れる作品です。イーグルスのグレン・フライやチャカ・カーン、J.D.サウザーなどのボーカル陣がゲスト参加したことでも話題に。

■収録曲

  1. Overture/Cotton Avenue
  2. Talk To Me
  3. Jericho
  4. Paprika Plains
  5. Otis And Marlena
  6. The Tenth World
  7. Dreamland
  8. Don Juan's Reckless Daughter
  9. Off Night Backstreet
  10. The Silky Veils Of Ardor

11) Mingus

1979年発売。ジャズ界の巨人チャールズ・ミンガスへ捧げた傑作。ミンガスと共に制作していましたが、本作の完成を見届けることなく他界。ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ジャコ・パストリアス、トニー・ウィリアムス、フィル・ウッズ、ジェリー・マリガン、ジョン・マクラフリンといったジャズ・フュージョン界の豪華オールスター的な顔ぶれで制作し直されてリリースされました。

■収録曲

  1. Happy Birthday 1975(Rap)
  2. God Must Be A Boogie Man
  3. Funeral (Rap)
  4. A Chair In The Sky
  5. The Wolf That Lives In Lindsey
  6. I's A Muggin' (Rap)
  7. Sweet Sucker Dance
  8. Coin In The Pocket (Rap)
  9. The Dry Cleaner From Des Moines
  10. Lucky (Rap)
  11. Goodbye Porkpie Hat

12) Shadows and Light

1980年発売。1979年9月カリフォルニア『Santa Barbara County Bowl』での音源が収録されたライヴ盤。パット・メセニー、ライル・メイズ、ジャコ・パストリアス、ドン・アライアス、マイケル・ブレッカーといった豪華メンバーでの演奏です。

■収録曲【DISC1】

  1. Introduction
  2. In France They Kiss On Main Street
  3. Edith & The Kingpin
  4. Coyote
  5. Goodbye Pork Pie Hat
  6. The Dry Cleaner From Des Moines
  7. Amelia
  8. Pat's Solo
  9. Hejira

■収録曲【DISC2】

  • Black Crow
  • Don's Solo
  • Dreamland
  • Free Man In Paris
  • Band Introduction
  • Furry Sings The Blues
  • Why Do Fools Fall In Love
  • Shadows And Light
  • God Must Be A Boogie Man
  • Woodstock

  • 13) Wild Things Run Fast

    1982年発売。ゲフィン・レコードに移籍し、ジャズ色の強かったこれまでのアルバムから一転、ポップ・サウンドを取り戻しています。エルビス・プレスリーのカバー「You're So Square Baby I Don't Care」など、ジョニには珍しいロックな曲も。

    ■収録曲

    1. Chinese Cafe
    2. Wild Things Run Fast
    3. Ladies Man
    4. Moon At The Window
    5. Solid Love
    6. Be Cool
    7. Baby I Dont Care
    8. You Dream Flat Tires
    9. Man To Man
    10. Underneath The Streetlight
    11. Love

    14) Dog Eat Dog

    1985年発売。鬼才・トーマス・ドルビーをプロデューサーに迎えて。シンセサイザーを取り入れるなど、80年代ニューウェイヴを感じさせる作品です。

    ■収録曲

    1. Good Friends
    2. Fiction
    3. The Three Great Stimulants
    4. Tax Free
    5. Smokin'
    6. Dog Eat Dog
    7. Shiny Toys
    8. Ethiopia
    9. Impossible Dreamer
    10. Lucky Girl

    15) Chalk Mark in a Rainstorm(レインストームとチョークの痕)

    1988年発売。「歌」をテーマに丁寧に作り込まれたポップ・ロック作品。レコーディングには、トム・ぺティ、ビリー・アイドル、ドン・ヘンリー、ウィリー・ネルソン、ピーター・ガブリエルなど実力派男性シンガーが集結。

    ■収録曲

    1. My Secret Place
    2. Number One
    3. Lakota
    4. The Tea Leaf Prophecy (Lay Down Your Arms)
    5. Dancin' Clown
    6. Cool Water
    7. The Beat Of Black Wings
    8. Snakes And Ladders
    9. The Reoccurring Dream
    10. A Bird That Whistles

    16) Night Ride Home

    1991年発売。90年代に入り、原点であるアコースティック・サウンドへと回帰した作品。しかし、ただの弾き語りサウンドにとわけではなく、アレックス・アクーニァやウェイン・ショーターといったジャズ・フュージョン界の名手の演奏をさりげなく取り入れ、作品に深みを出しています。

    ■収録曲

    1. Night Ride Home
    2. Passion Play (When All The Slaves Are Free)
    3. Cherokee Louise
    4. The Windfall
    5. Slouching Towards Bethlehem
    6. Come In From The Cold
    7. Nothing Can Be Done
    8. The Only Joy In Town
    9. Ray's Dad's Cadillac
    10. Two Grey Rooms

    17) Turbulent Indigo(風のインディゴ)

    1994年発売。90年代のアメリカ社会の様々な問題を扱った作品で、グラミー最優秀ポップ・アルバムを受賞。また、ゴッホの自画像をパロディしたようなジャケットで、最優秀アルバム・パッケージ賞も受賞しました。

    ■収録曲

    1. Sunny Sunday
    2. Sex Kills
    3. How Do You Stop
    4. Turbulent Indigo
    5. Last Chance Lost
    6. The Magdalene Laundries
    7. Not To Blame
    8. Borderline
    9. Yvette In English
    10. The Sire Of Sorrow (Job's Sad Song)

    18) Taming the Tiger

    1998年発売。作品のほとんどでジョニ自身がエレキ・ギターを演奏。彼女ならではのナチュラルなエレキ・ギター・サウンドの魅力全開の傑作です。オープニングの不思議なイントロに導かれるように、全体を通し”間”が生かされた彼女独特の世界観に引き込まれます。

    ■収録曲

    1. Harlem In Havana
    2. Man From Mars
    3. Love Puts On A New Face
    4. Lead Balloon
    5. No Apologies
    6. Taming The Tiger
    7. The Crazy Cries Of Love
    8. Stay In Touch
    9. Face Lift
    10. My Best To You
    11. Tiger Bones

    19) Both Sides Now(ある愛の考察~青春の光と影)

    2000年発売。最大で71人編成のオーケストラを起用し、新作に加え、名曲「Both Sides Now(青春の光と影)」などのセルフ・カバーを収録。ジョニは珍しくボーカリストに専念し、情感たっぷりに歌い上げています。プロデュースも半分は元夫のラリー・クラインに任せ、サウンドはウェイン・ショーターやハービー・ハンコック、ピーター・アースキン、マーク・アイシャムなどの名手に委ねています。

    ■収録曲

    1. You're My Thrill
    2. At Last
    3. Comes Love
    4. You've Changed
    5. Answer Me My Love
    6. A Case Of You
    7. Don't Go To Strangers
    8. Sometimes I'm Happy
    9. Don't Worry 'Bout Me
    10. Stormy Weather
    11. I Wish I Were In Love Again
    12. Both Sides Now

    20) Travelogue

    2002年発売。前作の続編となる、自身によるセルフ・カバー・アルバム。約70名編成の豪華なオーケストラをバックに、これまで生み出してきた数々の名曲を歌い上げています。若き頃の歌声に比べより一層深みが増し、当時とはまた一味違う印象を受けます。今作リリース後、ジョニ・ミッチェルは引退を宣言します。

    ■収録曲【DISC1】

    1. Otis And Marlena
    2. Amelia
    3. You Dream Flat Tires
    4. Love
    5. Woodstock
    6. Slouching Towards Bethlehem
    7. Judgement Of The Moon And The Stars (Ludwig's Tune)
    8. The Sire Of Sorrow (Job's Sad Song)
    9. For The Roses
    10. Trouble Child
    11. God Must Be A Boogie Man

    ■収録曲【DISC2】

  • Be Cool
  • Just Like This Train
  • Sex Kills
  • Refuge Of The Roads
  • Hejira
  • Chinese Cafe
  • Cherokee Louise
  • The Dawntreader
  • The Last Time I Saw Richard
  • Borderline
  • The Circle Game

  • 21) Shine 

    2007年発売。一度は引退を決意し、一線を退いたジョニ・ミッチェルが5年ぶりにリリースした話題作。レコーディングにはジェームス・テイラーやブライアン・ブレイドが参加。未来への希望を込めたメッセージが溢れ、彼女の独創的な世界観が無限に広がっています

    ■収録曲

    1. One Week Last Summer
    2. This Place
    3. If I Had A Heart
    4. Hana
    5. Bad Dreams
    6. Big Yellow Taxi
    7. Night Of The Iguana
    8. Strong And Wrong
    9. Shine
    10. If