126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

レッド・ツェッペリン


2014年12月8日(月)~10日(水)0:00~8:00
再放送あり(随時)
レッド・ツェッペリン
 ハードロック~へヴィ・メタルの元祖とも言うべき世界的バンド、レッド・ツェッペリン。元ヤード・バーズのジミー・ペイジ(g)を中心に結成し、1969年アルバム『レッド・ツェッペリン』でデビュー。ブルース、ソウル、フォーク、トラッド、レゲエ等あらゆる要素を見事に昇華させた彼らの音楽は、ロバート・プラントのパワフルなヴォーカルにより、ロックの可能性を世に知らしめました。1980年ジョン・ボーナム(Dr)の急逝により12年間の活動にピリオドを打ちますが、現在でも彼らをリスペクトし続け、再結成を望むファンは後を絶ちません。
 特集では、13作品のアルバムを発売順にオンエアします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) LED ZEPPELIN Ⅰ

1969年発売、彼らの代名詞であるハードロックサウンドの序章となるデビューアルバム。ハードな楽曲だけでなく「Black Mountain Side」などアコースティックな曲も収録されています。ジャケットには、Lead Zeppelin=鉛の飛行船、ヒンデンブルク号がモノクロで描かれています。

■収録曲

  1. Good Times Bad Times
  2. Babe I'm Gonna Leave You
  3. You Shook Me
  4. Dazed And Confused
  5. Your Time Is Gonna Come
  6. Black Mountain Side
  7. Communication Breakdown
  8. I Can't Quit You Baby
  9. How Many More Times

2) LED ZEPPELIN II

1969年発。前作のハードロックサウンドを前面に押し出し、全体的にギターのリフを主体にした楽曲を中心に構成されたアルバムです。名曲「Whole Lotta Love」「Heartbreaker 」を収録。

■収録曲

     
  1. Whole Lotta Love
  2. What Is And What Should Never Be
  3. The Lemon Song
  4. Thank You
  5. Heartbreaker
  6. Living Loving Maid (She's Just A Woman)
  7. Ramble On
  8. Moby Dick
  9. Bring It On Home

3) LED ZEPPELIN III

1969年発売。前作から一転、アコースティック色の強いアルバムであり、発売当初はハードロック路線を望むファンから拒絶されていました。しかし、劇的なアレンジやパワフルなヴォーカルなど、彼らの幅広い音楽的能力を顕示する重要な作品でもありました。

■収録曲

  1. Immigrant Song
  2. Friends
  3. Celebration Day
  4. Since I've Been Loving You
  5. Out On The Tiles
  6. Gallows Pole
  7. Tangerine
  8. That's The Way
  9. Bron-Y-Aur Stomp
  10. Hats Off To (Roy) Harper

4) LED ZEPPELIN IV

1971年発売。全世界で2,300万枚以上の売り上げを記録した、レッド・ツェッペリン史上最も売れたアルバム。名曲「Stairway to Heaven」や「Black Dog」を収録、彼らが70年代のハードロック界の頂点に立つきっかけとなった作品です。

■収録曲

  1. Black Dog
  2. Rock And Roll
  3. The Battle Of Evermore
  4. Stairway To Heaven
  5. Misty Mountain Hop
  6. Four Sticks
  7. Going To California
  8. When The Levee Breaks

5) Houses of the Holy

1973年発売。前作で唯一の心残りとなったことは、全米チャート首位を獲得できなかったこと。そこで、この作品はアメリカを意識して制作されたため、偏りのない、バラエティに豊かな楽曲が収録されています。そしてみごとに、全米、全米1位を記録しました。

■収録曲

  1. The Song Remains The Same
  2. The Rain Song
  3. Over The Hills And Far Away
  4. The Crunge
  5. Dancing Days
  6. D'yer Mak'er
  7. No Quarter
  8. The Ocean

6) Physical Graffiti

1975年、レッド・ツェッペリン自らが設立したレーベル『スワン・ソング』から発売された第一弾アルバム。全米で6週間首位を獲得、その後行われたツアーでは歴史的な観客動員数を記録、彼らの全アルバムがチャートに返り咲くという異例の現象も起こりました。ツェッペリンを語る上で重要な作品です。

■収録曲【DISC1】

           
  1. Custard Pie
  2. The Rover
  3. In My Time Of Dying
  4. Houses Of The Holy
  5. Trampled Under Foot
  6. Kashmir

■収録曲【DISC2】

           
  1. In The Light
  2. Bron-Yr-Aur
  3. Down By The Seaside
  4. Ten Years Gone
  5. Night Flight
  6. The Wanton Song
  7. Boogie With Stu
  8. Black Country Woman
  9. Sick Again
  10.  

7) Presence

1976年発売、バンドとして勢いに乗っていたツェッペリンですが、残念ながらこの作品は彼らの中で最も売り上げの低いアルバムとなりました。しかし、作品自体のクオリティは他のアルバムに劣りません。「Achilles Last Stand」は、演奏時間が10分を超える大作で、聴きごたえ充分です。

■収録曲

  1. Achilles Last Stand
  2. For Your Life
  3. Royal Orleans
  4. Nobody's Fault But Mine
  5. Candy Store Rock
  6. Hots On For Nowhere
  7. Tea For One

8) The Song Remains the Same

コンサート映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』のサウンドトラックとして1976年にリリース。1973年7月27日~29日の3日間、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでレコーディングされた音源が収録されています。

■収録曲【DISC1】

     
  1. Rock & Roll
  2.  
  3. Celebration Day
  4. The Song Remains The Same
  5. Rain Song
  6. Dazed And Confused

■収録曲【DISC2】

     
  1. No Quarter
  2. Stairway To Heaven
  3. Moby Dick
  4. Whole Lotta Love

9) In Through the Out Door

1977年アメリカツアー中に、ロバート・プラント(Vo.)の息子が急逝。予定されていた残りの公演はキャンセルとなり、その後彼らは約1年間活動を休止します。このアルバムは活動再開後の初のアルバム(1979年発売)。「All My Love」は、ロバートが最愛の息子へ捧げた曲です。

■収録曲

  1. In The Evening
  2. South Bound Saurez
  3. Fool In The Rain
  4. Hot Dog
  5. Carouselambra
  6. All My Love
  7. I'm Gonna Crawl

10) Coda

1980年9月、ドラムのジョン・ボーナムが急逝。バンドの原動力とも言うべき存在を失った彼らは解散を発表します。アルバムタイトルの「Coda」とは『最終楽章』の意。過去12年間における様々なセッションからのアウトテイクを集め、1982年にリリース、まさにレッド・ツェッペリンの活動を締めくくるアルバムとなりました。

■収録曲

  1. We're Gonna Groove
  2. Poor Tom
  3. I Can't Quit You Baby
  4. Walter's Walk
  5. Ozone Baby
  6. Darlene
  7. Bonzo's Montreux
  8. Wearing And Tearing

11) BBC Sessions

1997年、15年ぶりのリリース作品。BBCラジオへの出演に向けて録音したスタジオセッションとライヴの模様が収録されたコンピレーション・アルバムです。

■収録曲【DISC1】

  1. You Shook Me
  2. I Can't Quit You Baby
  3. Communication Breakdown
  4. Dazed and Confused
  5. The Girl I Love She Got Long Black Wavy Hair
  6. What Is and What Should Never Be
  7. Communication Breakdown
  8. Travelling Riverside Blues
  9. Whole Lotta Love
  10. Somethin' Else
  11. Communication Breakdown
  12. I Can't Quit You Baby
  13. You Shook Me
  14. How Many More Times

■収録曲【DISC2】

  1. Immigrant Song
  2. Heartbreaker
  3. Since I've Been Loving You
  4. Black Dog
  5. Dazed and Confused
  6. Stairway to Heaven
  7. Going to California
  8. That's the Way
  9. Whole Lotta Love
  10. Thank You

12) How the West Was Won

2003年発売。1980年の解散から23年の時を経てリリースされたこの作品は、アメリカのビルボード、アルバム・チャートで初登場1位を記録しました。”バンドが最高の状態にあった時期”1972年の、LAフォーラムとロングビーチ・アリーナでの公演が中心に収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. LA Drone
  2. Immigrant Song
  3. Heartbreaker
  4. Black Dog
  5. Over The Hills And Far Away
  6. Since I've Been Loving You
  7. Stairway To Heaven
  8. Going To California
  9. That's The Way
  10. Bron-Yr-Aur Stomp

■収録曲【DISC2】

  1. Dazed And Confused
  2. What Is And What Should Never Be
  3. Dancing Days
  4. Moby Dick

■収録曲【DISC3】

  1. Whole Lotta Love
  2. Rock 'n' Roll
  3. Ocean
  4. Bring It On Home

13) Celebration Day(祭典の日~奇跡のライヴ)

2012年発売。2007年12月、ロンドンのO2アリーナで行われた一夜限りの再結成ライヴの模様を収録。設立時のメンバーであるジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、そして80年代に亡くなったジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナムがドラマーとして参加。ブランクを感じさせない圧巻のパフォーマンスに、会場中が湧きあがる様子が目に浮かぶよう。

■収録曲【DISC1】

  1. Good Times Bad Times
  2. Ramble On
  3. Black Dog
  4. In My Time Of Dying
  5. For Your Life
  6. Trampled Under Foot
  7. Nobody’s Fault But Mine
  8. No Quarter

■収録曲【DISC2】

  1. Since I’ve Been Loving You
  2. Dazed And Confused
  3. Stairway To Heaven
  4. The Song Remains The Same
  5. Misty Mountain Hop
  6. Kashmir
  7. Whole Lotta Love
  8. Rock And Roll