126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ポール・マッカートニー


2014年5月3日(土)~5日(水)8:00~&16:00~
再放送=5月16日~18日・23日~25日
8:00~&16:00~
ポール・マッカートニー
 偉大なるロック・レジェンド、ポール・マッカートニー。
 1942年、イギリス・リヴァプール生まれ。15歳でジョン・レノンと出会い、1962年に彼らは『ザ・ビートルズ』としてデビューします。主にボーカル&ベースを担当し、「Let it be」「Yesterday」「Hey Jude」など、彼らの代表曲の中でも、美しく壮大なメロディを持つ名曲を数多く手掛けました。解散後は、ソロおよびウイングス(ポール・マッカートニー&ウイングス)のメンバーとして活躍。2012年にはデビューから50年を迎え、その年のロンドン五輪開会式で圧巻のパフォーマンスを披露。8万人の観客を巻き込んだ「Hey Jude」の大合唱で世界中を魅了しました。
 2013年、71歳になった現在も精力的に世界ツアーを展開、11月には11年振りとなる待望の来日公演を敢行。“生きる伝説”ポール・マッカートニーは、この先も伝説を生み続けることでしょう。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) McCartney

1970年発売、初のソロアルバム。ビートルズが解散の方向に舵がとられていたこの時期、精神的に病んだポールを救ったのは妻のリンダ・マッカートニーでした。収録曲は、リンダが一部のバック・ヴォーカルを務め、それ以外のサウンドはすべてポールが一人で演奏しています。

■収録曲

  1. The Lovely Linda
  2. That Would Be Something
  3. Valentine Day
  4. Every Night
  5. Hot As Sun/Glasses
  6. Junk
  7. Man We Was Lonely
  8. Oo You
  9. Momma Miss America
  10. Teddy Boy
  11. Singalong Junk
  12. Maybe I'm Amazed
  13. Kreen-Akrore

2) Ram

前作に続き、ポールが様々な楽器に挑戦し、妻・リンダと共に制作。レコーディングには、デニー・シーウェル、デヴィッド・スピノザ、ヒュー・マクラッケンという、後のウイングスのメンバーも参加しています。日本でシングルカットされた「Eat At Home(出ておいでよ、お嬢さん)」を収録。  

■収録曲

  1. Too Many People
  2. 3 Legs
  3. Ram On
  4. Dear Boy
  5. Uncle Albert/Admiral Halsey
  6. Smile Away
  7. Heart Of The Country
  8. Monkberry Moon Delight
  9. Eat At Home
  10. Long Haired Lady
  11. Ram On
  12. The Back Seat Of My Car

3) Wings Wild Life

1971年発売。ビートルズ解散後、ポールが妻・リンダやデニー・レイン(元ムーディー・ブルースの)らと共に結成したバンド「ウィングス」名義の初アルバム。制作期間、約2週間で作られたと言われており、粗削りなサウンドが特徴的です。「Tomorrow」はビートルズ時代の「Yesterday」のコード進行を利用した楽曲。

■収録曲

  1. Mumbo
  2. Bip Bop
  3. Love Is Strange
  4. Wild Life
  5. Some People Never Know
  6. I Am Your Singer
  7. Bip Bop Link
  8. Tomorrow
  9. Dear Friend
  10. Mumbo Link

4) Red Rose Speedway

1973年発売。前作発表後の1972年、ヨーロッパツアーを開催し、結束力を強めたウィングスは、アルバム用に多くの楽曲を制作しました。この中から厳選した楽曲と、「Ram」制作時にストックしていた未収録曲2曲で構成されています。マッカートニーが妻に向けて書いたラヴ・ソング「My Love」はシングルカットされ、全米で首位を獲得、大ヒットしました。

■収録曲

  1. Big Barn Bed
  2. My Love
  3. Get On The Right Thing
  4. One More Kiss
  5. Little Lamb Dragonfly
  6. Single Pigeon
  7. When The Night
  8. Loup (1st Indian On The Moon)
  9. Medley: Hold Me Tight/Lazy Dynamite/Hands Of Love/Power Cut

5) Band on the Run

1973年発売、全世界で大ヒットを記録し、グラミー賞4部門を獲得。ウィングス名義でありますが、ポールの作品の中で最高傑作とも言われています。牢獄を描いた静寂のパート、欲望を吐き出すファンキーなパート、疾走感溢れるアップテンポなパートという3部構成になっています。

■収録曲

  1. Band On The Run
  2. Jet
  3. Bluebird
  4. Mrs Vandebilt
  5. Let Me Roll It
  6. Mamunia
  7. No Words
  8. Picasso's Last Words (Drink To Me)
  9. Nineteen Hundred And Eighty Five

6) Venus & Mars

1975年発売。ポールが理想のメンバーを集結させ、新生ウィングスで作ったアルバムです。ワールド・ツアーを意識して制作、観客の反応を表現したような「Venus And Mars」から始まり、アルバム全体を通して1つのライヴのような仕上がりになっています。

■収録曲

  1. Venus And Mars
  2. Rock Show
  3. Love in Song
  4. You Gave Me The Answer
  5. Magneto and Titanium Man
  6. Letting Go
  7. Venus and Mars (Reprise)
  8. Spirits of Ancient Egypt
  9. Medicine Jar
  10. Call Me Back Again
  11. Listen to What the Man Said
  12. Treat Her Gently/Lonely Old People
  13. Crossroads Theme

7) Wings at the Speed of Sound

1976年発売。ワールド・ツアー開催し、各地で旋風を起こしていたウィングス。より高いレベルを目指したポールが、ツアーの完成度を上げるために作ったアルバムです。ポール以外にも各メンバーがリードボーカルを取り、サウンド面でもメンバーそれぞれの個性が活かされています。

■収録曲

  1. Let 'Em In
  2. The Note You Never Wrote
  3. She's My Baby
  4. Beware My Love
  5. Wino Junko
  6. Silly Love Songs
  7. Cook Of The House
  8. Time To Hide
  9. Must Do Something About It
  10. San Ferry Anne
  11. Warm And Beautiful

8) London Town

1978年発売。これまでN.Y.を中心にアルバムを制作してきましたが、この作品では気分転換を兼ね、バージン諸島での制作を決行。しかし島に録音スタジオがなかったため、自ら機材を持ち込み、レコーディングは「フェア・キャロル号」という船内で行われました。

■収録曲

  1. London Town
  2. Cafe On The Left Bank
  3. I'm Carrying
  4. Backwards Traveller
  5. Cuff Link
  6. Children Children
  7. Girlfriend
  8. I've Had Enough
  9. With A Little Luck
  10. Famous Groupies
  11. Deliver Your Children
  12. Name And Address
  13. Don't Let It Bring You Down
  14. Morse Moose And The Grey Goose

9) Back to the Egg

1979年発売、ウィングス名義最後の作品。新たにスティーブ・ホリー、ローレンス・ジュバーが加わり、5人体制で制作されました。ロックとオーケストラを融合させた『ロケストラ』を実現した「Rockestra Theme 」と「So Glad to See You Here」。この2曲には、デヴィット・ギルモア、ジョン・ボーナム、ロニー・レイン、ピート・タウンゼンドなど、総勢18名の豪華メンバーが参加しました。

■収録曲

  1. Reception
  2. Getting Closer
  3. We're Open Tonight
  4. Spin It On
  5. Again and Again and Again
  6. Old Siam, Sir
  7. Arrow Through Me
  8. Rockestra Theme
  9. To You
  10. After the Ball/Million Miles
  11. Winter Rose/Love Awake
  12. Broadcast
  13. So Glad to See You Here
  14. Baby's Request

10) Mccartney II

1980年発売。ウィングスでの活動に終止符を打ち、再びソロとして歩みだした作品。ポールが一人で制作したのは「Mccartney」以来10年ぶり、2作目となります。前衛的なサウンドやポップなナンバー、シンセサイザーを導入したテクノ要素のある曲、シンプルなギターの弾き語りなど、多彩な楽曲が収録されています。

■収録曲

  1. Coming Up
  2. Temporary Secretary
  3. On The Way
  4. Waterfalls
  5. Nobody Knows
  6. Front Parlour
  7. Summer's Day Song
  8. Frozen Jap
  9. Bogey Music
  10. Darkroom
  11. One Of These Days

11) Tug Of War

1982年発売。ウィングス活動中止に加え、ジョン・レノンの死という、ポールにとって大きな別れの中で制作されました。「対立構造」をテーマに、スティーヴィー・ワンダー、カール・パーキンス、スタンリー・クラーク、スティーヴ・ガッド、エリック・スチュワートなど豪華なメンバーがレコーディングに参加。ジョンへの追悼歌「Here Today」は、ポールの哀しみが伝わってくる1曲です。

■収録曲

  1. Tug Of War
  2. Take It Away
  3. Somebody Who Cares
  4. What's That You're Doing?
  5. Here Today
  6. Ballroom Dancing
  7. The Pound Is Sinking
  8. Wanderlust
  9. Get It
  10. Be What You See (Link)
  11. Dress Me Up As A Robber
  12. Ebony And Ivory

12) Pipes of Peace

1983年発売。前作の姉妹作として、対をなすテーマで作られ、平和へのメッセージや優しさに溢れる作品。「Say Say Say」と「The Man」のレコーディングには、マイケル・ジャクソンが参加。

■収録曲

  1. Pipes Of Peace
  2. Say Say Say
  3. The Other Me
  4. Keep Under Cover
  5. So Bad
  6. The Man
  7. Sweetest Little Show
  8. Average Person
  9. Hey Hey
  10. Tug Of Peace
  11. Through Our Love

13) Give My Regards to Broad Street (ヤァ!ブロード・ストリート)

1984年発売、ポール自ら主演・脚本を務めた映画『ヤァ!ブロード・ストリート』のサウンドトラック。リンゴ・スターやジョン・ポール・ジョーンズ、デヴィッド・ギルモアなど豪華なメンバーがレコーディングに参加。ビートルズ時代の楽曲のリメイクが収録され、大変話題になりました。

■収録曲

  1. No More Lonely Nights (Ballad)
  2. Good Day Sunshine/Corridor Music
  3. Yesterday
  4. Here, There And Everywhere
  5. Wanderlust
  6. Ballroom Dancing
  7. Silly Love Songs
  8. Not Such A Bad Boy
  9. So Bad
  10. No Values/No More Lonely Nights
  11. For No One
  12. Eleanor Rigby/Eleanor's Dream
  13. The Long And Winding Road
  14. No More Lonely Nights (Playout Version)
  15. Good Night Princess

14) Press to Play

1986年発売。共同プロデューサーにヒュー・パジャム、作曲パートナーにエリック・スチュワート(10CC)を迎えて制作。メロディアスな曲からアバンギャルドな曲まで、その挑戦的サウンドからは、ポールが新境地を開拓しているのが伝わってきます。

■収録曲

  1. Stranglehold
  2. Good Times Coming/Feel The Sun (1993 Digital Remaster)
  3. Talk More Talk
  4. Footprints
  5. Only Love Remains
  6. Press
  7. Pretty Little Head
  8. Move Over Busker
  9. Angry
  10. However Absurd
  11. Write Away
  12. It's Not True
  13. Tough On A Tightrope (1993 Digital Remaster)

15) Choba B CCCP (Back in the U.S.S.R.)

1988年発売。自らのルーツであるロックに戻り、ロックアーティストの名曲をカヴァーした作品。ジョン・レノンも同様のカヴァーアルバム「Rock 'n' Roll」を発売しており、二人がそれぞれカヴァーした「Ain't That A Shame」を聴き比べるのも醍醐味です。

■収録曲

  1. Kansas City
  2. Twenty Flight Rock
  3. Lawdy Miss Clawdy
  4. I'm in Love Again
  5. Bring It on Home to Me
  6. Lucille
  7. Don't Get Around Much Anymore
  8. I'm Gonna Be a Wheel Someday
  9. That's All Right Mama
  10. Summertime
  11. Ain't That a Shame
  12. Crackin' Up
  13. Just Because
  14. Midnight Special

16) Flowers in the Dirt

1989年発売。フィル・ラモーンと共に制作をスタートさせましたが、途中でコンビを解消。ポールはコンセプトを一新し、制作を続行しました。楽曲ごとの共同制作者として、様々なアーティストを迎えましたが、特にエルヴィス・コステロとの出会いはポールに大きなヒントを与えることになりました。

■収録曲

  1. My Brave Face
  2. Rough Ride
  3. You Want Her Too
  4. Distractions
  5. We Got Married
  6. Put It There
  7. Figure Of Eight
  8. This One
  9. Don't Be Careless Love
  10. That Day Is Done
  11. How Many People
  12. Motor Of Love
  13. Ou Est Le Soleil

17) Off the Ground

1993年発売。1989~90年に開催されたワールド・ツアー終了後、ツアーのバック・バンドと共にレコーディングした作品。実力派がそろったこのバンドとの作品は、細かな演出よりもライヴ演奏の臨場感を前面に押し出しています。勢いとメッセージ性の強い、どれも完成度が高い楽曲ばかりです。

■収録曲

  1. Off The Ground
  2. Looking For Changes
  3. Hope Of Deliverance
  4. Mistress & Maid
  5. I Owe It All To You
  6. Biker Like An Icon
  7. Peace In The Neighbourhood
  8. Golden Earth Girl
  9. The Lovers That Never Were
  10. Get Out Of My Way
  11. Winedark Open Sea
  12. C'mon People

18) Flaming Pie

1997年発売。素朴でありながらどこか美しさを感じる作品。時間をかけて作られたこのアルバムは、ポールの内省的な部分が描かれています。妻・リンダはコーラスで、息子・ジェイムズがギターでレコーディングに参加。

■収録曲

  1. The Song We Were Singing
  2. The World Tonight
  3. If You Wanna
  4. Somedays
  5. Young Boy
  6. Calico Skies
  7. Flaming Pie
  8. Heaven On A Sunday
  9. Used To Be Bad
  10. Souvenir
  11. Little Willow
  12. Really Love You
  13. Beautiful Night
  14. Great Day

19) Run Devil Run

1999年発売。前年に妻・リンダを亡くし、精神的に辛い日々の中、音楽活動に没頭するポール。定番のロックンロールから始まるオープニングは、吹っ切れた想いが感じられ、チャック・ベリーのカヴァー曲「Brown Eyed Handsome Man 」はアイドル時代のポールを彷彿させます。

■収録曲

  1. Blue Jean Bop
  2. She Said Yeah
  3. All Shook Up
  4. Run Devil Run
  5. No Other Baby
  6. Lonesome Town
  7. Try Not To Cry
  8. Movie Magg
  9. Brown Eyed Handsome Man
  10. What It Is
  11. Coquette
  12. I Got Stung
  13. Honey Hush
  14. Shake A Hand
  15. Party

20) Driving Rain

2001年発売。別れの悲しみと新たな出会いへの想いが込められた作品。リンダに捧げた「Lonely Road」と「From A Lover To A Friend」は落ち着きと、重いサウンドが特徴。一方で「Driving Rain」からは曲調が変わり、勢いのあるサウンドに。この曲は後の妻、ヘザー・ミルズとの新たな出会いを象徴した一曲。

■収録曲

  1. Lonely Road
  2. From A Lover To A Friend
  3. She's Given Up Talking
  4. Driving Rain
  5. I Do
  6. Tiny Bubble
  7. Magic
  8. Your Way
  9. Spinning On An Axis
  10. About You
  11. Heather
  12. Back In The Sunshine Again
  13. Your Loving Flame
  14. Riding Into Jaipur
  15. Rinse The Raindrops
  16. Freedom

21) Chaos & Creation in the Backyard (裏庭の混沌と創造)

2005年発売。プロデューサーのナイジェル・ゴドリッチの意向で、全編を通し、ほぼすべての楽器をポールが演奏しており、バラエティ豊かな楽曲が詰まっています。

■収録曲

  1. Fine Line
  2. How Kind Of You
  3. Jenny Wren
  4. At The Mercy
  5. Friends To Go
  6. English Tea
  7. Too Much Rain
  8. A Certain Softness
  9. Riding To Vanity Fair
  10. Follow Me
  11. Promise To You Girl
  12. This Never Happened Before
  13. Anyway

22) Memory Almost Full (追憶の彼方に)

2007年発売。自分の過去、未来を描いた作品であり、テーマは「自分史」。これまでポールが歩んできた道を楽曲で表現しています。幼少期から青年期、そして死までを歌っており、最後には「Nod Your Head」で、旅はまだまだ続くことを表しています。

■収録曲

  1. Dance Tonight
  2. Ever Present Past
  3. See Your Sunshine
  4. Only Mama Knows
  5. You Tell Me
  6. Mr. Bellamy
  7. Gratitude
  8. Vintage Clothes
  9. That Was Me
  10. Feet In The Clouds
  11. House Of Wax
  12. The End Of The End
  13. Nod Your Head

23) Kisses on the Bottom

2012年発売、初のジャズ・カヴァーアルバム。これまでロックンロールをはじめ、様々な音楽を取り入れてきたポールは、70歳を目前にジャズに挑戦。レコーディングにはエリック・クラプトンとスティーヴィー・ワンダーが参加。セッションも即興的に行い、ライヴ感のある仕上がりになっています。

■収録曲

  1. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
  2. Home (When Shadows Fall)
  3. It's Only A Paper Moon
  4. More I Cannot Wish You
  5. The Glory Of Love
  6. We Three (My Echo, My Shadow And Me)
  7. Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive
  8. My Valentine
  9. Always
  10. My Very Good Friend The Milkman
  11. Bye Bye Blackbird
  12. Get Yourself Another Fool
  13. The Inch Worm
  14. Only Our Hearts

24) NEW

2013年発売、6年ぶり通算16作目となるソロ・オリジナル・スタジオ・アルバム。エイミー・ワインハウスらを手掛けたマーク・ロンソンとタッグを組んだタイトル曲「NEW」など、気鋭の若手プロデューサー陣が参加。ビートルズを彷彿とさせつつも、新しさ(NEW)を兼ね備えた意欲作。

■収録曲

  1. Save Us
  2. Alligator
  3. On My Way To Work
  4. Queenie Eye
  5. Early Days
  6. New
  7. Appreciate
  8. Everybody Out There
  9. Hosanna
  10. I Can Bet
  11. Looking At Her
  12. Road
  13. Scared

25) Wings Over America

■収録曲【DISC1】

  1. Venus and Mars / Rock Show / Jet [Live]
  2. Let Me Roll It [Live]
  3. Spirits Of Ancient Egypt [Live]
  4. Medicine Jar [Live]
  5. Maybe I'm Amazed [Live]
  6. Call Me Back Again [Live]
  7. Lady Madonna [Live]
  8. The Long And Winding Road [Live]
  9. Live And Let Die [Live]
  10. Picasso's Last Words (Drink To Me) [Live]
  11. Richard Cory [Live]
  12. Bluebird [Live]
  13. I've Just Seen a Face [Live]
  14. Blackbird [Live]
  15. Yesterday [Live]

■収録曲【DISC2】

  1. You Gave Me The Answer
  2. Magneto And Titanium Man
  3. Go Now
  4. My Love
  5. Listen To What The Man Said
  6. Let 'Em In
  7. Time To Hide
  8. Silly Love Songs
  9. Beware My Love
  10. Letting Go
  11. Band On The Run
  12. Hi Hi Hi
  13. Soily

26) Unplugged: Bootleg (公式海賊盤)

■収録曲

  1. Be-Bop-A-Lula
  2. I Lost My Little Girl
  3. Here There And Everywhere
  4. Blue Moon Of Kentucky
  5. We Can Work It Out
  6. San Francisco Bay Blues
  7. I'ver Just Seen A Face
  8. Every Night
  9. She's A Woman
  10. Hi-Heel Sneakers
  11. And I Love Her
  12. That Would Be Something
  13. Blackbird
  14. Ain't No Sunshine
  15. Good Rockin' Tonight
  16. Singing The Blues
  17. Junk