126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

RCサクセション


2016年5月3日(火)~4日(水) 8:00~&16:00~
再放送=5月7~8日・12~13日・18~19日
30~31日 8:00~&16:00~
RCサクセション
 1966年、忌野清志郎(Vo)を中心に中学の同級生3名で結成、後に『RCサクセション』と改名し、70年「宝くじは買わない」でデビュー。78年に仲井戸麗市(G)、新井田耕造(Dr)が加入すると、これまでのフォーク路線から一新、ロック色の強いバンドへと変貌を遂げます。過激な歌詞やパフォーマンスでトラブルが絶えないものの、派手な衣装とメイク、痛烈に突き刺さる歌声で一世を風靡。「雨あがりの夜空に」「スローバラード」「トランジスタ・ラジオ」等、日本ロック史上の名曲を生み、そして清志郎がステージ上から観客へ呼びかける「愛しあってるかい?」というフレーズで、多くの若者達を熱狂させました。
 91年バンドは無期限に活動を休止。そして2009年5月2日、清志郎が58歳という若さで他界します。復活は叶わぬ夢となりましたが、その揺るぎない信念と行動力を持ったカリスマ=清志郎をリスペクトする者は後を絶ちません。
 番組では1stアルバム「初期のRCサクセション」から、一時発売中止に追い込まれた「カバーズ」、スタジオアルバム以上に評価の高いライヴアルバムなど、たっぷりとお届けします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1)初期のRCサクセション

1972年発売。アコースティックなサウンドに、内省的でありながら皮肉たっぷりのメッセージを込めた歌詞が印象的な1stアルバム。高校時代の恩師のことを歌ったシングル「ぼくの好きな先生」等を収録。

■収録曲

  1. 2時間35分
  2. ぼくの好きな先生
  3. 国立市中区3ー1 (返事をおくれよ)
  4. シュー
  5. 春が来たから
  6. メッセージ
  7. 国王ワノン一世の歌
  8. この世は金さ
  9. 金もうけのために生まれたんじゃないぜ
  10. 言論の自由
  11. ベイビーもう泣かないで
  12. 寝床の中で

2)楽しい夕に

1972年12月、1stから数ヵ月後に発売。メンバーの意図しないアレンジが施されていた前作の不満から、今作は3人のアイデアを生かした仕上がりとなっております。「ぼくの自転車のうしろに乗りなよ」等を収録。

■収録曲

  1. ラー・ラー・ラ・ラ・ラ
  2. エミちゃんおめでとう
  3. 忙しすぎたから
  4. あの娘の悪い噂
  5. 九月になったのに
  6. ねむい
  7. もっとおちついて
  8. 君もおいで
  9. 去年の今頃
  10. 日隅くんの自転車のうしろに乗りなよ
  11. ぼくの自転車のうしろに乗りなよ

3)シングル・マン

元モップスの星勝をアレンジャーに迎え、電気楽器を本格的に導入したエポックメイキング的作品。納得のいく作品が完成するも事務所のトラブルから発売が延期、約1年後の1976年に発売されたものの、あっという間に廃盤へ。後に再発売実行委員会が結成され、大ヒットを記録した名盤です。名曲「スローバラード」等を収録。

■収録曲

  1. ファンからの贈りもの
  2. 大きな春子ちゃん
  3. やさしさ
  4. ぼくはぼくの為に
  5. レコーディング・マン(のんびりしたり結論急いだり)
  6. 夜の散歩をしないかね
  7. ヒッピーに捧ぐ
  8. うわの空
  9. 冷たくした訳は
  10. 甲州街道はもう秋なのさ
  11. スローバラード

4)RHAPSODY

1980年発売。”チャボ”こと仲井戸らの新加入、「シングル・マン」再発売、ライヴバンドとしての活躍などから、若年層を中心に絶大な支持を得るようになったRC。今作は、同年4月久保講堂での模様を収録、当時の勢いを象徴したライヴ盤。日本ロックの金字塔「雨あがりの夜空に」、坂本九の名曲のロックアレンジ「上を向いて歩こう」等を収録。

■収録曲

  1. よォーこそ
  2. エネルギーOhエネルギー
  3. ラプソディー
  4. ボスしけてるぜ
  5. エンジェル
  6. ブン・ブン・ブン
  7. 雨あがりの夜空に
  8. 上を向いて歩こう
  9. キモちE

5)PLEASE

清志郎のメイクやファッションを真似た若者達の出現で社会現象とまでなった1980年発売。5人体制になってから初のスタジオ・アルバムで、清志郎のルーツであるR&Bテイストが反映されたバラエティ豊かな作品。ポップな名曲「トランジスタ・ラジオ」、「たとえばこんなラヴ・ソング」等を収録。

■収録曲

  1. ダーリン・ミシン
  2. トランジスタ・ラジオ
  3. モーニング・コールをよろしく
  4. たとえばこんなラブ・ソング
  5. DDはCCライダー
  6. Sweet Soul Music
  7. ぼくはタオル
  8. ミスター・TV・プロデューサー
  9. いい事ばかりはありゃしない
  10. あきれて物も言えない
  11. 体操しようよ

6)EPLP

1981年発売、初のベストアルバム。エレキ化以降に発売されたシングルとカップリング曲を収録。

■収録曲

  1. わかってもらえるさ
  2. ステップ!
  3. 雨あがりの夜空に
  4. ボスしけてるぜ
  5. トランジスタ・ラジオ
  6. よごれた顔でこんにちは
  7. 上を向いて歩こう
  8. 君が僕を知っている
  9. キモちE
  10. たとえばこんなラブ・ソング

7)BLUE

1981年発売。リハーサルスタジオで一発録りに近い形で録音し、ロックバンドとしての骨太さが増した作品。清志郎が暮らしていたアパートの近くに実在し、後にファンの聖地となった「多摩蘭坂」等を収録。

■収録曲

  1. ロックン・ロール・ショー
  2. Johny Blue
  3. 多摩蘭坂
  4. ガ・ガ・ガ・ガ・ガ
  5. まぼろし
  6. チャンスは今夜
  7. よそ者
  8. あの娘のレター

8)ハードフォーク・サクセション

1982年発売。1970~72年のフォーク時代の編集盤。「三番目に大事なもの」は未発表ミックスで収録。

■収録曲

  1. キミかわいいね
  2. シュー
  3. 三番目に大事なもの
  4. けむり
  5. 去年の今頃
  6. 日隅くんの自転車のうしろに乗りなよ
  7. ぼくの自転車のうしろに乗りなよ
  8. ぼくの好きな先生
  9. 2時間35分
  10. あの娘の悪い噂
  11. 言論の自由
  12. イエスタデイをうたって
  13. どろだらけの海
  14. あの歌が思い出せない
  15. エミちゃんおめでとう
  16. メッセージ

9)BEAT POPS

人気最盛期、レーベル移籍後の1982年発売。派手な衣装に目を奪われるジャケット写真と「BEAT POPS」というタイトルに似合わず、重くシュールなナンバーが目立ちます。シングル「つ・き・あ・い・た・い」「サマーツアー」等を収録。

■収録曲

  1. つ・き・あ・い・た・い
  2. トラブル
  3. こんなんなっちゃった
  4. 恐るべきジェネレーションの違い (Oh, Ya!)
  5. エリーゼのために
  6. SUMMER TOUR
  7. あの夏のGOGO
  8. ナイ-ナイ
  9. 君を呼んだのに
  10. ハイウェイのお月様

10)THE DAY OF R&B

1982年発売。同年8月横浜スタジアムにて行われた、チャック・ベリー、サム・ムーアという大物ミュージシャン達と共演したジョイント・コンサート。その模様を収めたライヴ盤。

■収録曲

  1. Hold On, I'm Comin'
  2. I Thank You
  3. Soul Man
  4. 君が僕を知っている
  5. スローバラード
  6. Sweet Soul Music
  7. Bio
  8. Johnny B. Goode

11)OK

1983年発売。RC唯一の海外(ハワイ)録音作品。自身の病気や母親の入院などから、体力・精神共に最悪の状態にあった清志郎。スタッフへの不信感も募り、周囲に群がる者たちへの批判を込めた歌詞が多く並びます。ライヴでの定番曲「ドカドカうるさいR&Rバンド」、バラードの名曲「指輪をはめたい」「Oh! Baby」等を収録。

■収録曲

  1. Drive My Car
  2. Oh! Baby
  3. お墓
  4. 誰かがBedで眠ってる
  5. ねむれないTonight
  6. うんざり
  7. ブルドッグ
  8. 指輪をはめたい
  9. ドカドカうるさいR&Rバンド

12)THE KING OF LIVE

1983年発売。同年の「SUMMER TOUR '83」から、渋谷公会堂での模様を収録した2枚組ライヴ・アルバム。清志郎の体調不良からツアーが中止となり、その代わりとして清志郎が個人的に録音していた音源をレコード化したもの。

■収録曲

  1. ドカドカうるさいR&Rバンド
  2. 雨上がりの夜空に
  3. DRIVE MY CAR
  4. お墓
  5. 眠れないTONIGHT
  6. ダンスパーティー
  7. NEW SONG
  8. たとえばこんなラヴ・ソング
  9. Oh! Baby
  10. 誰かがBedで眠ってる
  11. ブルドッグ
  12. Sweet Soul Music ~ I've Been Loving You Too Long
  13. 指輪をはめたい

13)FEEL SO BAD

1984年発売、古巣・東芝へ移籍後初のアルバム。事務所からの独立問題に対する苛立ちを一発録音でアグレッシブに表現した前半(BAD SIDE)と、バラードやポップな曲が占める後半(GOOD SIDE)で構成されています。

■収録曲

  1. 自由
  2. 腰をふれ
  3. うるせえ!
  4. 失礼スルゼ (訣別の詩)
  5. 胸やけ
  6. セルフポートレート
  7. NEW YORK SNOW・きみを抱きたい
  8. 私立探偵
  9. 不思議
  10. 夢を見た
  11. 可愛いリズム
  12. 動かせHEY-HEY-HEY

14)HEART ACE

1985年発売、事務所独立後の第一弾アルバム。独立を記念したシングル「すべてはALRIGHT」等を収録。人気も安定し、独立騒動もひと段落。それまでの反動のように、「歌いたいことがなくなってしまった」清志郎。チャボのソロ活動の準備も進められ、RCとしての活動に陰りが見え始めます。

■収録曲

  1. SKY PILOT
  2. ぼくとあの娘
  3. DRIVE
  4. GONE GONE
  5. 横浜ベイ
  6. 海辺のワインディング・ロード
  7. GLORY DAY
  8. ブン・ブン・ブン(オコリンボ リンボ)
  9. 山のふもとで犬と暮らしている
  10. LONELY NIGHT(NEVER NEVER)
  11. すべてはALRIGHT (YA BABY)

15)the TEARS OF a CLOWN

1986年発売、同年8月日比谷野外音楽堂での4日間の模様を集大成したライヴ盤。ウィルソン・ピケットのカバー「In The Midnight Hour」で幕を開け、初期の名曲「ヒッピーに捧ぐ」「スローバラード」、今作で初出の「君はそのうち死ぬだろう」等、新旧バラエティに富んだ選曲。

■収録曲

  1. IN THE MIDNIGHT HOUR
  2. メドレー Sweet Soul Music~Strawberry Fields Forever
  3. 君が僕を知ってる
  4. ラプソディー
  5. よそ者
  6. 君はそのうち死ぬだろう
  7. 打破
  8. スローバラード
  9. スカイパイロット
  10. トランジスタラジオ
  11. ドカドカうるさいR&Rバンド
  12. LONELY NIGHT(NEVER NEVER)
  13. ヒッピーに捧ぐ
  14. 自由
  15. 雨あがりの夜空に

16)MARVY

清志郎のソロ活動、RCとして一時活動休止を経て、約2年ぶり1988年発売。スタジオ・アルバムとしては初の2枚組(CDでは1枚)。ポップな「MIDNIGHT BLUE」、チャボ入魂の「遠い叫び」、後の問題作『COVERS』へと繋がる「SHELTER OF LOVE」等、充実の16曲を収録。

■収録曲

  1. DIGITAL REVERB CHILD
  2. MIDNIGHT BLUE
  3. 涙あふれて
  4. ありふれた出来事
  5. CALL ME
  6. クールな気分
  7. 共犯者
  8. 遠い叫び
  9. HONEY PIE
  10. GIBSON (CHABO'S BLUES)
  11. 空が泣き出したら
  12. 夢中にさせて
  13. DANCE
  14. 俺は電気
  15. SHELTER OF LOVE-ツル・ツル
  16. NAUGHTY BOY

17)COVERS

1988年発売の問題作。洋楽ヒット曲に日本語詞をつけたカバー・アルバムですが、反原発をはじめとする過激な内容から、東芝が発売中止を決定。急遽、古巣キティレコードから発売し、話題性もありRC初のチャート1位を獲得しました。山口冨士夫、三浦友和、泉谷しげる、桑田佳祐ら豪華ゲスト陣が参加。

■収録曲

  1. 明日なき世界
  2. 風に吹かれて
  3. バラバラ
  4. シークレットエージェントマン
  5. ラヴミーテンダー
  6. 黒くぬれ!
  7. サマータイム・ブルース
  8. マネー
  9. サン・トワ・マ・ミー
  10. 悪い星の下に
  11. イマジン

18)コブラの悩み

1988年発売。同年8月『COVERS』発売中止騒動直後、日比谷野外音楽堂での模様を収めたライヴ盤。東芝やマスコミに対する怒りがストレートに表現されています。

■収録曲

  1. アイ・シャル・ビー・リリースト
  2. 言論の自由
  3. コール ミー
  4. ヘルプ!
  5. 明日なき世界
  6. からすの赤ちゃん
  7. 軽薄なジャーナリスト
  8. 心配させないで
  9. パラダイス
  10. 俺は電気
  11. あきれて物も言えない
  12. 君はLOVE ME TENDERを聴いたか? (スペシャル・ショート・ヴァージョン)

19)Baby a Go Go

1990年発売のラスト・アルバム。『COVERS』での過激な印象から一変、ラブソングを中心としたアコースティック色の強い作品。レコーディング中に音楽性の相違などからメンバーが脱退していき3人体制に。今作完成後、日本武道館でのコンサート(90年12月)を最後に無期限の活動休止となりました。

■収録曲

  1. I LIKE YOU
  2. ヒロイン
  3. あふれる熱い涙
  4. June Bride
  5. うぐいす
  6. Rock'n Roll Showはもう終わりだ
  7. 冬の寒い夜
  8. 空がまた暗くなる
  9. Hungry
  10. 忠実な犬(Doggy)
  11. 楽(LARK)