126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ライ・クーダー


2017年3月4日(土) 8:00~&16:00~
再放送=3月9日・12日・15日
28日・31日8:00~&16:00~
ライ・クーダー
 1947年ロサンゼルス生まれ。父親の影響で幼い頃からギターを手にし、16歳から本格的に音楽活動をスタート。いくつかのバンドで活動し、ローリング・ストーンズのアルバムに参加するなどの経験を積み、70年にソロ・デビューを果たします。スライド・ギターの名手としてその存在を知らしめるとともに、ブルース/カントリー/ジャズのほか、ハワイアンやテックス・メックスなど、ルーツミュージックを取り入れた独自のスタイルで注目を集めました。
 また、80年代以降は映画音楽を多く手掛けるようになり、世界各国のミュージシャンとの交流も盛んになっていきます。97年には、キューバ国外にほとんど知られていなかったベテラン・ミュージシャンたちと共演したアルバム『Buena Vista Social Club』を発表。グラミー賞ベスト・トロピカル・ラテン・パフォーマンス賞を受賞、後に同名のドキュメンタリー映画も制作され、世界的なキューバ・ブームを巻き起こしました。
 デビュー以来、一貫して商業主義にとらわれることなく創作活動を続けてきたライも、今年(2017年)3月15日には70歳を迎えます。そのキャリアをソロ、プロデュース作品、サウンドトラックなどを通して振り返ります。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Ry Cooder(ライ・クーダー・ファースト)

1970年発売。ローリング・ストーンズのレコーディングに参加するなど、既にスライド・ギタリストとしてキャリアを積んできたライのデビュー作。アメリカの大衆伝承歌やフォーク/ブルース/R&B等を、個性が光るアレンジで聴かせます。敬愛するフォーク・シンガー、ウッディ・ガスリーの「Do RE Mi」、ランディ・ニューマン「My Old Kentucky Home」などをカバー。

■収録曲

  1. Alimony
  2. France Chance
  3. One Meat Ball
  4. Do Re Mi
  5. My Old Kentucky Home (Turpentine & Dandelion Wine)
  6. How Can A Poor Man Stand Such Times And Live?
  7. Available Space
  8. Pigmeat
  9. Police Dog Blues
  10. Goin' To Brownsville
  11. Dark Is The Night

2) 紫の峡谷(Into The Purple Valley)

1982年発売。前作同様、一流の職人的ミュージシャン達をバックに、ライならではのハイブリット感覚でフォーク/ロックをアレンジ。アコースティック・ギターとエレキ・スライドでの緩急の利いた見事なプレイに加え、得意のマンドリンも演奏。

■収録曲

  1. How Can You Keep Moving
  2. Billy The Kid
  3. Money Honey
  4. FDR In Trinidad
  5. Teardrops Will Fall
  6. Denomination Blues
  7. On A Monday
  8. Hey Porter
  9. Great Dream From Heaven
  10. Taxes On The Farmer Feeds Us All
  11. Vigilante Man

3) Boomer's Story(流れ者の物語)

1972年発売。アメリカン・ミュージックを追求する”放浪”の旅へ――ブルース/R&Bを中心に、南部の土煙と乾いた風を感じる快作。ジェイムズ・カーの「Dark End Of The Street」、ランディー・ニューマンが参加した「Rally'Round The Flag」等を収録。

■収録曲

  1. Boomer's Story
  2. Cherry Ball Blues
  3. Crow Black Chicken
  4. Ax Sweet Mama
  5. Maria Elena
  6. Dark End Of The Street
  7. Rally 'Round The Flag
  8. Comin' In On A Wing And A Prayer
  9. President Kennedy
  10. Good Morning Mr. Railroad Man

4) Paradise And Lunch

1974年発売。これまでのブルース/R&Bの流れに、ゴスペルのコーラスを大胆に、そしてジャズやロックのアレンジもスリリングに加えたハッピーな名盤。特に男性ゴスペル・コーラス隊の参加は、以降のライの音楽性に深みを与えることになる、重要な役割を占めています。

■収録曲

  1. Tamp 'Em Up Solid
  2. Tattler
  3. Married Man's A Fool
  4. Jesus On The Mainline
  5. It's All Over Now
  6. Fool For A Cigarette / Feelin' Good
  7. If Walls Could Talk
  8. Mexican Divorce
  9. Ditty Wah Ditty

5) Chicken Skin Music

1976年発売。前作の流れを汲みメキシカン、さらにはハワイアンまで取り入れ、新境地に挑んだ傑作。メキシコの有名アコーディオン奏者=フラコ・ヒメネス、ハワイの達人ギャビー・パヒヌイ、アッタ・アイザックスなどが参加し、より幅広い個性が開花しています。名曲「Stand By Me」のカバーも必聴!

■収録曲

  1. The Bourgeois Blues
  2. I Got Mine
  3. Always Lift Him Up / Kanaka Wai Wai
  4. He'll Have To Go
  5. Smack Dab In The Middle
  6. Stand By Me
  7. Yellow Roses
  8. Chloe
  9. Goodnight Irene

6) Borderline

1980年発売。ソウル/R&B路線に、多国籍なルーツ・ミュージックを散りばめた作品。沖縄音楽に影響を受けた「Why Don't You Try Me」「Borderline」、ジョン・ハイアット提供の美しいバラード「The Way We Make A Broken Heart」、ビリー・ザ・キッド・エマーソンの名曲「Crazy 'bout An Automobile」等を収録。

■収録曲

  1. 634-5789
  2. Speedo
  3. Why Don't You Try Me
  4. Down In The Boondocks
  5. Johnny Porter
  6. The Way We Make A Broken Heart
  7. Crazy 'Bout An Automobile (Every Woman I Know)
  8. The Girls From Texas
  9. Borderline
  10. Never Make Your Move Too Soon

7) Paris, Texas

1984年発売。西独・仏の合作映画『パリ、テキサス』のサウンド・トラック。ほぼギター1本のシンプルな作品で、ロードームービーならではの美しい風景に、スライド・ギターの音色が印象的に残ります。

■収録曲

  1. Paris, Texas
  2. Brothers
  3. Nothing Out There
  4. Cancion Mixteca
  5. No Safety Zone
  6. Houston In Two Seconds
  7. She's Leaving The Bank
  8. On The Couch
  9. I Knew These People
  10. Dark Was The Night

8) Crossroads

1986年発売。ブルースを主題としたロードムービー『クロスロード』のサウンド・トラック。映画本編では使われていない、エリック・クラプトンのカバーでおなじみの「Crossroads」が収録されているなど、サウンド・トラックとしてではなく、オリジナル・アルバムとしても楽しむことができます。

■収録曲

  1. Crossroads
  2. Down In Mississippi
  3. Cotton Needs Pickin'
  4. Viola Lee Blues
  5. See You In Hell, Blind Boy
  6. Nitty Gritty Mississippi
  7. He Made A Woman Out Of Me
  8. Feelin' Bad Blues
  9. Somebody's Callin' My Name
  10. Willie Brown Blues
  11. Walkin' Away Blues

9) Get Rhythm

1987年発売。映画音楽を中心に活動してきた80年代、その経験が生かされた集大成。オリジナル・アルバムとしては5年ぶりとなる作品です。ライ流の沖縄ソング「Going Back To Okinawa」、エルヴィス・プレスリーの「All Shook Up」、チャック・ベリーの「13 Question Method」等を収録。

■収録曲

  1. Get Rhythm
  2. Low-Commotion
  3. Going Back To Okinawa
  4. 13 Question Method
  5. Women Will Rule The World
  6. All Shook Up
  7. I Can Tell By The Way You Smell
  8. Across The Borderline
  9. Let's Have A Ball

10) Buena Vista Social Club

1997年発売。ライが旅先で出会ったキューバのベテラン・ミュージシャンたちとセッション。”音楽が人生を潤す”ことを証明したラテン/アフロ・キューバン音楽の最高傑作です。グラミー賞最優秀トロピカル・ラテン・パフォーマンス部門を受賞し、後に映画化も。世界的キューバ・ブームの火付け役となった作品です。

■収録曲

  1. Chan Chan
  2. De Camino A La Vereda
  3. El Cuarto De Tula
  4. Pueblo Nuevo
  5. Dos Gardenias
  6. Y Tu Que Has Hecho?
  7. Veinte Anos
  8. El Carretero
  9. Candela
  10. Amor De Loca Juventud
  11. Orgullecida
  12. Murmullo
  13. Buena Vista Social Club
  14. La Bayamesa

11) My Name Is Buddy

2007年発売。放浪する猫を主人公に綴られた物語。ライのボーカルを前面に出したカントリー/フォークの中に、労働者問題や人権差別などを根底に描いた、メッセージ性の強い作品です。

■収録曲

  1. Suitcase In My Hand
  2. Cat And Mouse
  3. Strike!
  4. J. Edgar
  5. Footprints In The Snow
  6. Sundown Town
  7. Green Dog
  8. The Dying Truck Driver
  9. Christmas In Southgate
  10. Hank Williams
  11. Red Cat Till I Die
  12. Three Chords And The Truth
  13. My Name Is Buddy
  14. One Cat, One Vote, One Beer
  15. Cardboard Avenue
  16. Farm Girl
  17. There's A Bright Side Somewhere