126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ブルース・スプリングスティーン


2014年12月14日(日)・15日(月)8:00~16:00
再放送あり(随時)
ブルース・スプリングスティーン
 世界中で絶大な人気を誇るロック界の“ボス” ブルース・スプリングスティーン。
 1973年にアルバム『Greetings From Asbury Park, N.J.(アズベリーパークからの挨拶)』でデビュー。初期は「Born to Run(明日なき暴走)」等、リアルな青春群像の描写で共感を呼びましたが、やがて「Born in the U.S.A.」のような社会的テーマを織り込み、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長しました。
 2012年に発表された最新アルバム『WRECKING BALL』は世界18ヵ国のチャートで1位を獲得。2013年7月には、ドキュメンタリー映画『SPRINGSTEEN & I』が日本でも公開され、ますます勢いに乗るボスの魅力に迫ります。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Greetings From Asbury Park, N.J. (アズベリー・パークからの挨拶)

1973年発売のデビューアルバム。”ボブ・ディランの後継者”とも騒がれた若きスプリングスティーンが、これまで生きてきた思いを吐き出したエネルギッシュな作品。バックを務めたEストリート・バンドの荒けずりな演奏が彩りを添えています。

■収録曲

  1. Blinded By The Light
  2. Growin' Up
  3. Mary Queen Of Arkansas
  4. Does This Bus Stop At 82nd Street?
  5. Lost In The Flood
  6. The Angel
  7. For You
  8. Spirit In The Night
  9. It's Hard To Be A Saint In The City

2) The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle (青春の叫び)

1973年発売。前作同様バックを務めたEストリート・バンドとより一体感を強め、R&Bの影響を受けたロックサウンドとなっています。「New York City Serenade」では、スプリングスティーンらしい啓発的な歌詞が印象的。

■収録曲

  1. The E Street Shuffle
  2. 4th Of July, Asbury Park (Sandy)
  3. Kitty's Back
  4. Wild Billy's Circus Story
  5. Incident On 57th Street
  6. Rosalita (Come Out Tonight)
  7. New York City Serenade

3) Born to Run (明日なき暴走)

1975年発売。スプリングスティーンの人気を決定付けた作品。ゲイリー・タレントとマックス・ワインバーグによる抜群のリズムセクションに、ロイ・ビタンの繊細で華麗なピアノ、クラレンス・クレモンズのエネルギッシュなサックスという、それぞれの個性が活かされた、躍動感漲る完成度の高いアルバム。

■収録曲

  1. Thunder Road
  2. Tenth Avenue Freeze Out
  3. Night
  4. Backstreets
  5. Born To Run
  6. She's The One
  7. Meeting Across The River
  8. Jungleland

4) Darkness on the Edge of Town (闇に吠える街)

1978年発売。自由を求め続けたこれまでのアルバムと対比するように、現実の社会を見つめた作品。スプリングスティーンのギターをはじめ、ヘヴィなサウンドに力強さを感じられるこのアルバムには、その後のライヴでの主要レパートリーが多く収録されています。

■収録曲

  1. Badlands
  2. Adam Raised A Cain
  3. Something In The Night
  4. Candy's Room
  5. Racing In The Street
  6. The Promised Land
  7. Factory
  8. Streets Of Fire
  9. Prove It All Night
  10. Darkness On The Edge Of Town

5) The River

1980年発売。初の全米アルバムチャート1位獲得作品。60年代ロックの影響を受けたスタジオ・ライヴ的なレコーディングが行なわれ、エネルギッシュな演奏から、語るように歌詞の内容を伝えるシリアスなバラードまで、スプリングスティーンの魅力が詰まっています。

■収録曲【DISC1】

  1. The Ties That Bind
  2. Sherry Darling
  3. Jackson Cage
  4. Two Hearts
  5. Independence Day
  6. Hungry Heart
  7. Out In The Street
  8. Crush On You
  9. You Can Look (But You Better Not Touch)
  10. I Wanna Marry You
  11. The River

■収録曲【DISC2】

  1. Point Blank
  2. Cadillac Ranch
  3. I'm A Rocker
  4. Fade Away
  5. Stolen Car
  6. Ramrod
  7. The Price You Pay
  8. Drive All Night
  9. Wreck On The Highway

6) Nebraska

1982年発売。自宅で4チャンネルのカセットに録音したギターの弾き語りをそのまま収録した作品。Eストリート・バンドの演奏は一切入らず、ヴォーカル、ギター、ハーモニカのみで録音し、当時のアメリカ労働者階級のエピソードを淡々と歌ったシンプルでメッセージ性の強い内容になっています。

■収録曲

  1. Nebraska
  2. Atlantic City
  3. Mansion On The Hill
  4. Johnny 99
  5. Highway Patrolman
  6. State Trooper
  7. Used Cars
  8. Open All Night
  9. My Father's House
  10. Reason To Believe

7) Born in the U.S.A.

1984年発売。スプリングスティーン最大のヒット作。全米チャート1位、全世界で2000万枚以上のセールスを記録しています。彼の代表曲「Born in the U.S.A.」は愛国歌というイメージがありますが、実は心の闇を抱えるベトナム帰還兵を歌った曲。サウンドは明るく、力強い迫力がありますが、歌詞には重いメッセージが込められています。

■収録曲

  1. Born In The U.S.A.
  2. Cover Me
  3. Darlington County
  4. Working On The Highway
  5. Downbound Train
  6. I'm On Fire
  7. No Surrender
  8. Bobby Jean
  9. I'm Goin' Down
  10. Glory Days
  11. Dancing In The Dark
  12. My Hometown

8) Tunnel of Love

1987年発売。前作の大ヒットを受けて生活が一変し、私生活では妻とのすれ違いが生じるように。その影響のためか、人生の試練や愛に悩む様子が描かれた作品となっています。

■収録曲

  1. Ain't Got You
  2. Tougher Then The Rest
  3. All That Heaven Will Allow
  4. Spare Parts
  5. Cautious Man
  6. Walk Like A Man
  7. Tunnel Of Love
  8. Two Faces
  9. Brilliant Disguise
  10. One Step Up
  11. When You're Alone
  12. Valentine's Day

9) Human Touch

1992年発売。アルバム『Lucky Town』との2作同時リリース。1990年にほぼ完成しながら未発表となっていた作品で、骨太社会派ロッカーとして認知されていたスプリングスティーンの、ポップな面を強調したサウンドが話題を呼びました。

■収録曲

  1. Human Touch
  2. Soul Driver
  3. 57 Channels (And Nothin' On)
  4. Cross My Heart
  5. Gloria's Eyes
  6. With Every Wish
  7. Roll Of The Dice
  8. Real World
  9. All Or Nothin' At All
  10. Man's Job
  11. I Wish Were Blind
  12. The Long Goodbye
  13. Real Man
  14. Pony Boy

10) Lucky Town

1992年発売。アルバム『Human Touch』との2作同時リリース。ほぼ一人で多重録音し、豪快なロック曲が多かった『Human Touch』に比べ、シンプルで落ち着いた作品に仕上がっています。

■収録曲

  1. Better Days
  2. Lucky Town
  3. Local Hero
  4. If I Should Fall Behind
  5. Leap Of Faith
  6. The Big Muddy
  7. Living Proof
  8. Book Of Dreams
  9. Souls Of The Departed
  10. My Beautiful Reward

11) The Ghost of Tom Joad

1995年発売。ジョン・フォード監督の映画『怒りの葡萄』の世界に影響を受けて制作した作品。1995年に行われた弾き語りライヴの音源が収録され、余計なものを取り除いたシンプルな仕上りは、どこかボブ・ディランを彷彿とさせます。

■収録曲

  1. The Ghost Of Tom Joad
  2. Straight Time
  3. Highway 29
  4. Youngstown
  5. Sinaloa Cowboys
  6. The Line
  7. Balboa Park
  8. Dry Lightning
  9. The New Timer
  10. Across The Border
  11. Galveston Bay
  12. My Best Was Never Good Enough

12) The Rising

2002年発売。18年ぶりにEストリート・バンドと共演したストレートなロックンロールアルバム。前年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件を題材にし、その傷跡を癒そうとする内容になっています。発売後は全米、ヨーロッパを巡るツアーを敢行。

■収録曲

  1. Lonesome Day
  2. Into The Fire
  3. Waitin' On A Sunny Day
  4. Nothing Man
  5. Countin' On A Miracle
  6. Empty Sky
  7. Worlds Apart
  8. Let's Be Friends (Skin To Skin)
  9. Further On (Up The Road)
  10. The Fuse
  11. Mary's Place
  12. You're Missing
  13. The Rising
  14. Paradise
  15. My City Of Ruins

13) Devils & Dust

2005年発売。熱心な民主党支持者であるスプリングスティーンは、大統領選挙キャンペーン「VOTE FOR CHANGE」に参加し、音楽を通して政治活動に力を注いできました。結果、初の政治活動は敗北しますが、信条と政治や社会の間で苦悩する人々を描いた本作を発表、世界10カ国で発売と同時に1位を獲得する大ヒットを記録しました。

■収録曲

  1. Devils & Dust
  2. All The Way Home
  3. Reno
  4. Long Time Comin'
  5. Black Cowboys
  6. Maria's Bed
  7. Silver Palomino
  8. Jesus Was An Only Son
  9. Leah
  10. The Hitter
  11. All I'm Thinkin' About
  12. Matamoros Banks

14) We Shall Overcome:The Seeger Sessions 

2006年発売。自身のルーツを語るべく、13曲の伝統的な曲を歌った初のカヴァー・アルバム。レコーディングには、Eストリート・バンドではなく、ニューヨークのセッションミュージシャンたちが参加。リハーサルは行わず、本番一回でのライヴ感あるサウンドに仕上がりました。

■収録曲

  1. Old Dan Tucker
  2. Jesse James
  3. Mrs. McGrath
  4. O Mary Don't You Weep
  5. John Henry
  6. Erie Canal
  7. Jacob's Ladder
  8. My Oklahoma Home
  9. Eyes On The Prize
  10. Shenandoah
  11. Pay Me My Money Down
  12. We Shall Overcome
  13. Froggie Went A Courtin'

15) Magic

2007年発売。ポップでロマンティックなギター・ロック・サウンドが響く、エンターテインメント性溢れるアルバム。衰えぬロック・パワーを発揮するスプリングスティーンの音楽活動35年の歴史で、最高傑作の1つとの呼び声も。

■収録曲

  1. Radio Nowhere
  2. You'll Be Coming Down
  3. Livin' In The Future
  4. Your Own Worst Enemy
  5. Gypsy Biker
  6. Girls In Their Summer Clothes
  7. I'll Work For Your Love
  8. Magic
  9. Last To Die
  10. Long Walk Home
  11. Devil's Arcade

16) Working on a Dream

60歳を迎えた2009年のリリース。同年、支持し続けたバラク・オバマ氏が大統領に就任。その勢いに乗じるかのように、明るさと力強さを前面に押し出した”ボス史上最もポップな作品”です。ミッキー・ローク主演映画『レスラー』エンディングテーマ曲の「The Wrestler」、前年に亡くなったEストリート・バンドのメンバー、ダニー・フェデリシに捧げた「The Last Carnival」等を収録。

■収録曲

  1. Outlaw Pete
  2. My Lucky Day
  3. Working On A Dream
  4. Queen Of The Supermarket
  5. What Love Can Do
  6. This Life
  7. Good Eye
  8. Tomorrow Never Knows
  9. Life Itself
  10. Kingdom Of Days
  11. Surprise, Surprise
  12. The Last Carnival
  13. The Wrestler

17) Wrecking Ball

2012年発売。スプリングスティーン史上最も”怒り”の強い作品。傷つけられた人々の苦闘や怒り、厳しい現実に立ち向かう決意や希望が歌われています。これまでライヴでも演奏されていたタイトルト曲「Wrecking Ball」をはじめ、1999年のEストリート・バンド再結成以来、バンドのテーマ曲的存在となった「Land of Hope and Dreams」がスタジオ・テイクで収録されています。

■収録曲

  1. We Take Care Of Our Own
  2. Easy Money
  3. Shackled And Drawn
  4. Jack Of All Trades
  5. Death To My Hometown
  6. This Depression
  7. Wrecking Ball
  8. You've Got It
  9. Rocky Ground
  10. Land Of Hope And Dreams
  11. We Are Alive

18) Promise: The Lost Sessions

■収録曲

  1. Racing In The Street ('78)
  2. Gotta Get That Feeling
  3. Outside Looking In
  4. Someday (We'll Be Together)
  5. One Way Street
  6. Because The Night
  7. Wrong Side Of The Street
  8. The Brokenhearted
  9. Rendezvous
  10. Candy's Boy