126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

スティーリー・ダン


2015年12月2日(水) 8:00~&16:00~
再放送=12月6日・11日・14日・17日
23日・27日 ・28日8:00~&16:00~
スティーリー・ダン
 ドナルド・フェイゲン(Key/Vo)とウォルター・ベッカー(G/B)の二人による“音の魔術師” スティーリー・ダン。77年、一流スタジオ・ミュージシャンを贅沢に起用した最高傑作『彩(Aja)』が誕生。グラミー賞最優秀録音賞を獲得したこのアルバムは、彼らの代名詞とも言える名盤です。80年に発表されたアルバム『Gaucho』も同様に大ヒットを記録しますが、その後長い活動休止期間に入ります。約13年後の93年に復活し、2000年には20年ぶりとなるスタジオ・レコーディング・アルバム『Two Against Nature』で、グラミー賞最4部門を獲得。卓越した洗練的サウンドと高度なテクニックで、その健在ぶりを証明しています。


今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) Can't Buy a Thrill

1972年発売。1stアルバムでありながら後のブレイクを予感させる異彩を放ち、全米最高17位を記録。結成当時の6名体制で、デイヴィッド・パーマーをリード・ヴォーカルとしたバンド色の強い作品。ヒットシングル「Do It Again」「Reelin' In The Years」等を収録。

■収録曲

  1. Do It Again
  2. Dirty Work
  3. Kings
  4. Midnite Cruiser
  5. Only A Fool Would Say That
  6. Reelin' In The Years
  7. Fire In The Hole
  8. Brooklyn (Owes The Charmer Under Me)
  9. Change Of The Guard
  10. Turn That Heartbeat Over Again

2) Countdown To Ecstasy(エクスタシー)

1973年発売。パーマーの脱退により、この作品以降ドナルド・フェイゲンが全曲ヴォーカルを担当、バンドの方向性が確立された作品。1曲目の「Bodhisattva」が象徴するように彼らの中でもっともロック色の強いアルバムです。

■収録曲

  1. Bodhisattva
  2. Razor Boy
  3. The Boston Rag
  4. Your Gold Teeth
  5. Show Biz Kids
  6. My Old School
  7. Pearl Of The Quarter
  8. King Of The World

3) Pretzel Logic(さわやか革命)

1974年発売。彼らの最大のヒット曲「Rikki Don't Lose That Number」、チャーリー・パーカーへ捧げた「Parker's Band」、唯一のカヴァー曲「East St. Louis Toodle-Oo」等を収録し、ジャズ系ポップ・バンドとしての特異性を見せつけたゴールド・ディスク獲得作品。このアルバムのツアーを機にライブ活動を停止することとなります。

■収録曲

  1. Rikki Don't Lose That Number
  2. Night By Night
  3. Any Major Dude Will Tell You
  4. Barrytown
  5. East St. Louis Toodle-Oo
  6. Parker's Band
  7. Through With Buzz
  8. Pretzel Logic
  9. With A Gun
  10. Charlie Freak
  11. Monkey In Your Soul

4) Katy Lied(うそつきケイティ)

1975年発売。ライヴ活動に終止符を打ち、レコーディングに集中した彼らは、マイケル・マクドナルド、ジェフ・ポーカロ、フィル・ウッズら一流ミュージシャンを起用。「Bad Sneakers」「Black Friday」「Your Gold Teeth II」、ポップな佳曲が多数収録されています。

■収録曲

  1. Black Friday
  2. Bad Sneakers
  3. Rose Darling
  4. Daddy Don't Live In That New York City No More
  5. Doctor Wu
  6. Everyone's Gone To The Movies
  7. Your Gold Teeth II
  8. Chain Lightning
  9. Any World (That I'm Welcome To)
  10. Throw Back The Little Ones

5) Royal Scam(幻想の摩天楼)

1976年発売。後の傑作『Aja』『Gaucho』の完璧なサウンドとは対称的に、荒削りな部分を残した陰の名盤。ラリー・カールトンやディーン・パークス、マイケル・マクドナルド等、実力者が参加しています。「Kid Charlemagne」「The Royal Scam」等を収録。

■収録曲

  1. Kid Charlemagne
  2. The Caves Of Altamira
  3. Don't Take Me Alive
  4. Sign In Stranger
  5. The Fez
  6. Green Earrings
  7. Haitian Divorce
  8. Everything You Did
  9. The Royal Scam

6) Aja(彩)

1977年発売。計算された緻密なサウンドでソウル、ジャズ等を昇華させた都会派アルバムの最高傑作。メンバーはフェイゲンとベッカーの二人だけになりましたが、スティーヴ・ガット、ジョー・サンプル、リー・リトナー、ウェイン・ショーターら超腕利きゲストが参加。グラミー賞最優秀録音賞、ノン・クラシカル部門を受賞。

■収録曲

  1. Black Cow
  2. Aja
  3. Deacon Blues
  4. Peg
  5. Home At Last
  6. I Got The News
  7. Josie

7) Gaucho

1980年発売、洗練の極みを聴かせたポップ・ミュージックの到達点。前作からのプレッシャー、マスターテープの消去、ベッカーの交通事故、レコード会社移籍・・・など様々なトラブルを乗り越え、『Aja』に続きプラチナ・ディスクを獲得しました。この作品をリリース後、長い活動休止に入ります。

■収録曲

  1. Babylon Sisters
  2. Hey Nineteen
  3. Glamour Profession
  4. Gaucho
  5. Time Out Of Mind
  6. My Rival
  7. Third World Man

8) Two Against Nature

各ソロ活動を経て、約13年後に二人での活動を再開。そして前作から20年ぶりとなる2000年に発売されたアルバム。ブランクを感じさせないハイクオリティな演奏と楽曲は健在です。全米6位の大ヒットを記録し、グラミー賞では最優秀アルバムをはじめ4部門を獲得。

■収録曲

  1. Gaslighting Abbie
  2. What A Shame
  3. Two Against Nature
  4. Janie Runaway
  5. Almost Gothic
  6. Jack Of Speed
  7. Cousin Dupree
  8. Negative Girl
  9. West Of Hollywood

9) Everything Must Go

ロックの殿堂入りを果たし揺るぎない人気を確立。キャリア30年を超えバンドの一体感も増した彼らの2003年リリース作品。ベッカーが全曲でベースを担当し、初のリード・ヴォーカルにも挑戦しています。

■収録曲

  1. The Last Mall
  2. Things I Miss The Most
  3. Blues Beach
  4. Godwhacker
  5. Slang Of Ages
  6. Green Book
  7. Pixeleen
  8. Lunch With Gina
  9. Everything Must Go

10) Nightfly

活動休止期間中の1982年に発売されたフェイゲン初ソロ作品。西海岸特有の乾いたロックを軸に、ジャズ、ソウル、R&Bなどの多彩な音楽をフィーチャー。音響面のクオリティも絶賛され、バンド時代に劣らぬ高評価を獲得しています。

■収録曲

  1. I.G.Y.
  2. Green Flower Street
  3. Ruby Baby
  4. Maxine
  5. New Frontier
  6. The Nightfly
  7. The Goodbye Look
  8. Walk Between The Raindrops

11) Kamakiriad

1993年発売、色気とユーモアに満ち溢れた約11年ぶりとなるフェイゲンのソロ作品。ベッカーがプロデューサーとして参加し、スティーリー・ダン活動再開のきっかけとなりました。

■収録曲

  1. Trans-Island Skyway
  2. Countermoon
  3. Springtime
  4. Snowbound
  5. Tomorrow's Girls
  6. Florida Room
  7. On The Dunes
  8. Teahouse On The Tracks