126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

スティーヴィー・ワンダー


2014年12月1日(月)~3日(水)0:00~8:00
再放送あり(随時)
スティーヴィー・ワンダー

放送アルバム一覧

1) The Jazz Soul of Little Stevie Wonder

1962年発売のデビューアルバム。生まれつき盲目であったスティーヴィー・ワンダーは、幼いころからラジオを聴き、音楽を愛してきました。その発達した聴力と彼の中に宿る唯一無二の音楽的才能は地元でも話題の存在になり、1961年、11歳でモータウン・レコードと契約。「リトル・スティーヴィー・ワンダー」として歌手の道を歩み始めます。大ヒット曲「Fingertips」のオリジナル・ヴァージョンが収録された今作は、12歳とは思えないパワフルで響きのある歌声が楽しめます。

■収録曲

  1. Fingertips [Studio Version]
  2. The Square
  3. Soul Bongo
  4. Manhattan At Six
  5. Paulsby
  6. Some Other Time
  7. Wondering
  8. Session Number 112
  9. Bam

2) Tribute to Uncle Ray(レイ・チャールズに捧ぐ)

1962年発売、自身と同じ盲目であるソウル・スター、レイ・チャールズの楽曲を尊敬の意を込めて歌った、初のカヴァー・アルバムです。今作で12才のスティーヴィーの才能、実力は世の中に一気に知れ渡ることになります。

■収録曲

  1. Hallelujah (I Love Her So)
  2. Ain't That Love
  3. Don't You Know
  4. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over
  5. Frankie & Johnny
  6. Drown In My Own Tears
  7. Come Back Baby
  8. Mary Ann
  9. Sunset
  10. My Baby's Gone

3) Recorded Live: The 12 Year Old Genius(12歳の天才)

1963年発売。シカゴ、デトロイトでのライヴの模様を収録した初のライヴ盤。レコーディングの時期から数えると3作品目ですが、リリース時期からいうと実質的にデビュー作になります。全米アルバム1位、ビルボードホット100 1位、シングルカットされた楽曲でR&Bシングル1位を獲得、この3チャートを同時に制覇した初めてのアーティストとなりました。

■収録曲

  1. Fingertips
  2. Soul Bongo
  3. La La La La La
  4. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over
  5. Hallelujah (I Love Her So)
  6. Drown In My Own Tears
  7. Don't You Know

4) With a Song in My Heart(わが心に歌えば)

1963年発売、モータウン・レーベル所属アーティストのヒット作品を歌ったカヴァー・アルバム。ウォルト・ディズニー『ピノキオ』のテーマ・ソング「星に願いを」などの耳馴染みのある楽曲が収録され、全体的にポップな仕上がりとなっています。スティーヴィーの歌声をバックのオーケストラが見事に引き立て、歌唱力の高さを感じさせる作品です。

■収録曲

  1. With A Song In My Heart
  2. When You Wish Upon A Star
  3. Smile
  4. Make Someone Happy
  5. Dream
  6. Put On A Happy Face
  7. On The Sunny Side Of The Street
  8. Get Happy
  9. Give Your Heart A Chance
  10. Without A Song

5) Stevie at the Beach

1964年発売。当時流行していたサーフ・ミュージックを意識し、「海」をテーマにしたコンセプト・アルバム。レコーディング時、喉が不調だったといわれていますが、それを払拭するかのように魂のこもった歌声を披露しています。スティーヴィーのハーモニカ・プレイも存分に楽しめます。

■収録曲

  1. Castles In The Sand
  2. Ebb Tide
  3. Sad Boy
  4. Red Sails In The Sunset
  5. The Beachcomber
  6. Castles In The Sand [Instrumental]
  7. Happy Street
  8. The Party At The Beach House
  9. Hey Harmonica Man
  10. Beach Stomp
  11. Beyond The Sea

6) Up-Tight

1964年発売。15歳のスティーヴィーは今作で作詞作曲に挑戦。共同制作した楽曲も含め、「Hold Me」「Uptight」「Ain't That Asking for Trouble」「Pretty Little Angel」「Music Talk」の5曲に参加しました。中でも表題曲「Uptight」は大ヒットを記録し、シンガーソングライター、ソング・クリエイターとしても自信をつけることになりました。

■収録曲

  1. Love A Go Go
  2. Hold Me
  3. Blowin' In The Wind
  4. Nothing's Too Good For My Baby
  5. Teach Me Tonight
  6. Uptight (Everything's Alright)
  7. Ain't That Asking For Trouble
  8. I Want My Baby Back
  9. Pretty Little Angel
  10. Music Talk
  11. Contract On Love
  12. With A Child's Heart

7) Down to Earth (太陽のあたる場所)

1966年発売。16歳のスティーヴィーは変声期に差し掛かり、思うように声が出せずにいました。そこで、作詞作曲に力を入れ制作されたのが今作です。少年から大人へ声が移り変わる中で、サウンド面でも一歩大人な雰囲気になっているのが特徴です。

■収録曲

  1. A Place In The Sun
  2. Bang Bang
  3. Down To Earth
  4. Thank You Love
  5. Be Cool Be Calm (And Keep Yourself Together)
  6. Sylvia
  7. My World Is Empty Without You
  8. The Lonesome Road
  9. Angel Baby (Don't You Ever Leave Me)
  10. Mr. Tambourine Man
  11. Sixteen Tons
  12. Hey Love

8) I Was Made to Love Her(愛するあの娘に)

1966年発売。伝統的なモータウン・サウンドに、スティービーのハーモニカ、そしてソウルフルなシャウトが随所に散りばめられた名曲「I Was Made To Love Her(愛するあの娘に)」の大ヒットを受けて急遽制作されたアルバム。「Every Time I See You I Go Wild」は、変化しつつある1960年代に、スティーヴィー自身の作家性が前面に出てきたような印象です。

■収録曲

  1. I Was Made To Love Her
  2. Send Me Some Lovin'
  3. I'd Cry
  4. Everybody Needs Somebody (I Need You)
  5. Respect
  6. My Girl
  7. Baby Don't You Do It
  8. A Fool For You
  9. Can I Get A Witness
  10. I Pity The Fool
  11. Please, Please, Please
  12. Every Time I See You I Go Wild

9) MERRY CHRISTMAS(想い出のクリスマス)

1967年発売、アメリカの代表的なクリスマス・ソングが選曲されたクリスマス・アルバム。ドゥーワップ調のバラードやポップス、讃美歌など、バラエティー豊かなサウンドがお楽しみいただけます。スティーヴィーの歌声にハーモニカが美しく融合した深みのある作品です。

■収録曲

  1. Someday At Christmas
  2. Silver Bells
  3. Ave Maria (Schubert)
  4. The Little Drummer Boy
  5. One Little Christmas Tree
  6. The Day That Love Began
  7. The Christmas Song
  8. Bedtime For Toys
  9. Christmastime
  10. Twinkle Twinkle Little Me
  11. A Warm Little Home On A Hill
  12. What Christmas Means To Me

10) Alfie/Eivets Rednow

1968年発売、「イーヴェッツ・レッドナウ(Stevie Wonderを逆から読んだもの)」名義のインストゥルメンタル・アルバム。スティーヴィーの遊び心が入った企画盤です。全編にわたりインスト曲に力を注いだのはデビュー作以来6年ぶり。バート・バカラックの「Alfie」や、クラヴィネット弾きまくる「Which Way The Wind」からは、彼の演奏力が格段に進化しているのが伝わってきます。

■収録曲

  1. Alfie
  2. More Than A Dream
  3. A House Is Not A Home
  4. How Can You Believe
  5. Never My Love/Ask The Lonely
  6. Ruby
  7. Which Way The Wind
  8. Bye Bye World
  9. Grazing In The Grass

11) For Once in My Life

1968年発売。変声期が終わり、少年から青年に成長した心の変化が感じられる歌詞と、ソウルフルな歌声からは、後に訪れるスティーヴィー・ワンダーの黄金期を予感させられます。当時18歳の彼は、ソングライター、アレンジャー、ヴォーカリストとして実力を見事に発揮。共同作品を含め、収録曲の半数以上を作詞作曲で参加しており、クリエイティブな部分が表現され始めています。

■収録曲

  1. For Once In My Life
  2. Shoo-Be-Doo-Be-Doo-Da-Day
  3. You Met Your Match
  4. I Wanna Make Her Love Me
  5. I'm More Than Happy (I'm Satisfied)
  6. I Don't Know Why
  7. Sunny
  8. I'd Be A Fool Right Now
  9. Ain't No Lovin'
  10. God Bless The Child
  11. Do I Love Her
  12. The House On The Hill

12) My Cherie Amour

1969年発売。ビートルズの「MICHELLE 」に影響されたという代表曲「My Cherie Amour」を収録。「Light My Fire」「The Shadow Of Your Smile」などのカヴァー曲は、原曲を活かしつつも、自分らしさを忘れず、非常にムーディー仕上りになっています。

■収録曲

  1. My Cherie Amour
  2. Hello Young Lovers
  3. At Last
  4. Light My Fire
  5. The Shadow Of Your Smile
  6. You And Me
  7. Pearl
  8. Somebody Knows, Somebody Cares
  9. Yester-Me, Yester-You, Yesterday
  10. Angie Girl
  11. Give Your Love
  12. I've Got You

13) Signed, Sealed, Delivered (涙をとどけて)

1970年発売。黄金期といわれる1970年代の幕開けとなる作品は、初のセルフ・プロデュース。自身のアイディアを活かす場所を与えられ、秘めていた才能を爆発。これまでのキャリア、経験、実力を存分に活かしています。新たな一歩を歩み出したスティーヴィーは、20歳とは思えないクオリティの高い作品を作り上げました。

■収録曲

  1. Never Had A Dream Come True
  2. We Can Work It Out
  3. Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
  4. Heaven Help Us All
  5. You Can't Judge A Book By Its Cover
  6. Sugar
  7. Don't Wonder Why
  8. Anything You Want Me To Do
  9. I Can't Let My Heaven Walk Away
  10. Joy (Takes Over Me)
  11. I Gotta Have A Song
  12. Something To Say

14) Where I'm Coming From(青春の軌跡)

1971年発売。前作に続き自らがプロデュースを担当した作品。全編に渡り、当時の妻、シリータ・ライトとの共同制作です。歌声、メロディ共に美しい響きの楽曲で構成され、自身の色をより濃く反映させています。人生の伴侶を得た心の変化が楽曲に表現され、これまでと少し違う印象を受けます。

■収録曲

  1. Look Around
  2. Do Yourself A Favor
  3. Think Of Me As Your Soldier
  4. Something Out Of The Blue
  5. If You Really Love Me
  6. I Wanna Talk To You
  7. Take Up A Course In Happiness
  8. Never Dreamed You'd Leave In Summer
  9. Sunshine In Their Eyes

15) Music of My Mind(心の詞)

1972年発売。シンセサイザーと出会い、多くの楽器を1人で演奏し、セルフ・プロデュースした作品、自らの音楽的なアイデンティティを確立した一枚です。オープニングは力強い楽曲で幕開けし、2曲目では組曲的な非常に美しいメロディで聴いている人の心を掴みます。全編を通し一つの物語のような構成に仕上がっています。

■収録曲

  1. Love Having You Around
  2. Superwoman (Where Were You When I Needed You)
  3. I Love Every Little Thing About You
  4. Sweet Little Girl
  5. Happier Than The Morning Sun
  6. Girl Blue
  7. Seems So Long
  8. Keep On Running
  9. Evil

16) Talking Book

1972年発売。世界にスティーヴィー・ワンダー旋風を巻き起こす幕開けとなる作品。前作でのレコーディング・エンジニア、ロバート・マーゴレフとマルコム・セシルとの出会いはスティーヴィーに大きな影響を与えました。息の合った3人はこの作品以降も、音楽史に残るような傑作を次々と発表していくことになります。

■収録曲

  1. You Are The Sunshine Of My Life
  2. Maybe Your Baby
  3. You And I
  4. Tuesday Heartbreak
  5. You've Got It Bad Girl
  6. Superstition
  7. Big Brother
  8. Blame It On The Sun
  9. Looking For Another Pure Love
  10. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever)

17) Innervisions

1973年発売。前作で一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたスティーヴィー。今作では様々な社会問題に目を向け、コンセプトは「生きるということの"美"が終焉を迎える日について」。内省的な面を描いているものの、ポジティブさを忘れずに表現されています。音楽の美しい"結晶"を形作っています。

■収録曲

  1. Too High
  2. Visions
  3. Living For The City
  4. Golden Lady
  5. Higher Ground
  6. Jesus Children Of America
  7. All In Love Is Fair
  8. Don't You Worry 'Bout A Thing
  9. He's Misstra Know It All

18) Fulfillingness' First Finale

1974年発売。72年「Talking Book 」、73年「Innervisions 」、そして74年の本作「First Finale」。これらは黄金期三部作と呼ばれることになります。前作リリース後、交通事故に遭ったスティーヴィーは、死に直面したことで、神への感謝の気持ちや、生きる喜びをより強く感じるようになります。そうした体験からこの作品には、新しい人生観や宗教観などの変化が表現され、アルバム・タイトルにはこれまでの音楽生活に一つの区切りをつける"第一幕終了"の意味を込めています。

■収録曲

  1. Smile Please
  2. Heaven Is 10 Zillion Light Years Away
  3. Too Shy To Say
  4. Boogie On Reggae Woman
  5. Creepin'
  6. You Haven't Done Nothin'
  7. It Ain't No Use
  8. They Won't Go When I Go
  9. Bird Of Beauty
  10. Please Don't Go

19) Songs in the Key of Life

1976年発売。スティーヴィーの最高傑作と言われる作品で、「Innervisions 」「First Finale」に続き、3作連続でグラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得、前代未聞の快挙を成し遂げました。アルバム・コンセプトは「人生そのものについて」。シングル「I Wish(回想)」「Sir Duke (愛するデューク)」が収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. Love's In Need Of Love Today
  2. Have A Talk With God
  3. Village Ghetto Land
  4. Contusion
  5. Sir Duke
  6. I Wish
  7. Knocks Me Off My Feet
  8. Pastime Paradise
  9. Summer Soft
  10. Ordinary Pain

■収録曲【DISC2】

  1. Isn't She Lovely
  2. Joy Inside My Tears
  3. Black Man
  4. Ngiculela - Es Una Historia - I Am Singing
  5. If It's Magic
  6. As
  7. Another Star
  8. Saturn
  9. Ebony Eyes
  10. All Day Sucker
  11. Easy Goin' Evening (My Mama's Call)

20) Journey through the Secret Life of Plants

1979年発売。ドキュメンタリー映画『The Secret Life Of Plants』のために3年もの歳月をかけ完成させたサウンド・トラック。初めて映画音楽にチャレンジしたスティーヴィーは、映画の世界観を大切に「植物の神秘」を通して、あらゆる生命への愛、そして神への感謝の気持ちを見事にサウンドで表現しています。

■収録曲【DISC1】

  1. Earth's Creation
  2. The First Garden
  3. Voyage To India
  4. Same Old Story
  5. Venus' Flytrap And The Bug
  6. Ai No, Sono
  7. Seasons
  8. Power Flower
  9. Send One Your Love (Instrumental)
  10. Race Babbling

■収録曲【DISC2】

  1. Send One Your Love
  2. Outside My Window
  3. Black Orchid
  4. Ecclesiastes
  5. Kesse Ye Lolo De Ye
  6. Come Back As A Flower
  7. A Seed's A Star And Tree Medley
  8. The Secret Life Of Plants
  9. Tree
  10. Finale

21) Hotter than July

1980年発売。尊敬する黒人指導者マーティン・ルーサ・キング牧師に捧げたアルバムで、正義感溢れる、メッセージ性の強い作品。この時期、自身でラジオ局を買い取り、そこを専用レコーディングスタジオに改築。音楽制作に集中する環境を得たスティーヴィーは制作意欲に満ち溢れ、この作品への熱の入れようは凄まじかった言われています。

■収録曲

  1. Did I Hear You Say You Love Me
  2. All I Do
  3. Rocket Love
  4. I Ain't Gonna Stand For It
  5. As If You Read My Mind
  6. Master Blaster (Jammin')
  7. Do Like You
  8. Cash In Your Face
  9. Lately
  10. Happy Birthday

22) The Woman in Red

1984年発売。ファンが待ち望む中、4年振りのリリースとなった作品は、ジーン・ワイルダー監督『The Woman in Red』のサウンド・トラック。この時期、自身を表現するオリジナル・アルバムの制作に苦慮していたスティーヴィーにとって、コメディ映画のサウンド・トラック制作は程好く肩の力が抜け、楽しみながら作られた様子が伝わってきます。「I Just Called to Say I Love You(心の愛)」はアカデミー歌曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞。

■収録曲

  1. The Woman In Red
  2. It's You
  3. It's More Than You
  4. I Just Called to Say I Love You
  5. Love Light in Flight
  6. Moments Aren't Moments
  7. Weakness
  8. Don't Drive Drunk

23) In Square Circle

1985年発売、5年振りとなるオリジナル・アルバム。80年代にブームを迎えたテクノをはじめとする、コンピューターによる打ち込み音を取り入れたサウンドが駆使され、新境地を開拓しています。発売当時『宇宙サイズのハートで聴きたい』とのキャッチ・コピーがつけられた極上のポップ・アルバムです。全米1位を記録したシングル「Part-Time Lover」を収録。

■収録曲

  1. Part-Time Lover
  2. I Love You Too Much
  3. Whereabouts
  4. Stranger On The Shore Of Love
  5. Never In Your Sun
  6. Spiritual Walkers
  7. Land Of La La
  8. Go Home
  9. Overjoyed
  10. It's Wrong (Apartheid)

24) Characters

1987年発売。自身が関心を寄せる現代社会の様々な問題について、いろいろな人々の視点・立場から目を向けたメッセージ性の強い作品。それぞれ異なるキャラクターを演じながら、問題の核心に鋭く迫っているのが特徴です。マイケル・ジャクソンとの共演が話題となった「Get It」「You Will Know」「With Each Beat of My Heart」などの名バラードを収録。

■収録曲

  1. You Will Know
  2. Dark 'n' Lovely
  3. In Your Corner
  4. With Each Beat Of My Heart
  5. One of a Kind
  6. Skeletons
  7. Get It
  8. Galaxy Paradise
  9. Cryin' Through the Night
  10. Free
  11. Come Let Me Make Your Love Come Down
  12. My Eyes Don't Cry

25) Jungle Fever

1991年発売。スパイク・リー監督映画『Jungle Fever』のサウンド・トラック。90年代を象徴する打ち込みビートを多用したファンク・サウンドや、70年代を思わせる楽曲、美しいメロディを備えた楽曲などバラエティ豊かなサウンドが楽しめます。

■収録曲

  1. Fun Day
  2. Queen In The Black
  3. These Three Words
  4. Each Other's Throat
  5. If She Breaks Your Heart
  6. Gotta Have You
  7. Make Sure You're Sure
  8. Jungle Fever
  9. I Go Sailing
  10. Chemical Love
  11. Lighting Up The Candles

26) Conversation Peace

1995年発売。当初の発表から約7年の時を経て完成したファン待望の作品。『世界平和』をコンセプトに、スティーヴィーが想い描く平和が歌われています。「武器では真の平和は訪れない。唯一、『対話』つまり、カンバセーションによってのみ、平和は訪れる」というメッセージが込められています。

■収録曲

  1. Rain Your Love Down
  2. Edge Of Eternity
  3. Taboo To Love
  4. Take The Time Out
  5. I'm New
  6. My Love Is With You
  7. Treat Myself
  8. Tomorrow Robins Will Sing
  9. Sensuous Whisper
  10. For Your Love
  11. Cold Chill
  12. Sorry
  13. Conversation Peace

27) A Time to Love

2005年発売。実に10年ぶりとなるオリジナル・アルバムは「今こそ、愛が必要な時代」という想いが込められ、現代に生きる人々へ向けられた、メッセージ性の強い内容となっています。レコーディングには、ボニー・レイット、インディア・アリー、アイシャ・モリス、アン・ヴォーグ等、あらゆる音楽ジャンルの枠をも超えた豪華多彩なゲスト陣が参加。

■収録曲

  1. If Your Love Cannot Be Moved
  2. Sweetest Somebody I Know
  3. Moon Blue
  4. From the Bottom of My Heart
  5. Please Don't Hurt My Baby
  6. How Will I Know
  7. My Love Is on Fire
  8. Passionate Raindrops
  9. Tell Your Heart I Love You
  10. True Love
  11. Shelter in the Rain
  12. So What the Fuss
  13. Can't Imagine Love Without You
  14. Positivity
  15. A Time to Love

28) Natural Wonder

■収録曲

  1. Dancing To The Rhythm
  2. Love's In Need Of Love Today
  3. Master Blaster (Jammin')
  4. Stevie Ray Blues
  5. Higher Ground
  6. Rocket Love
  7. Stay Gold
  8. Ribbon In The Sky
  9. Pastime Paradise
  10. If It's Magic
  11. Ms. & Mr. Little Ones
  12. Village Ghetto Land
  13. Tomorow Robins Will Sing


放送アルバム一覧

1) The Jazz Soul of Little Stevie Wonder

1962年発売のデビューアルバム。生まれつき盲目であったスティーヴィー・ワンダーは、幼いころからラジオを聴き、音楽を愛してきました。その発達した聴力と彼の中に宿る唯一無二の音楽的才能は地元でも話題の存在になり、1961年、11歳でモータウン・レコードと契約。「リトル・スティーヴィー・ワンダー」として歌手の道を歩み始めます。大ヒット曲「Fingertips」のオリジナル・ヴァージョンが収録された今作は、12歳とは思えないパワフルで響きのある歌声が楽しめます。

■収録曲

  1. Fingertips [Studio Version]
  2. The Square
  3. Soul Bongo
  4. Manhattan At Six
  5. 1962
  6. Paulsby
  7. Some Other Time
  8. Wondering
  9. Session Number 112
  10. Bam

2) Tribute to Uncle Ray(レイ・チャールズに捧ぐ)

1962年発売、自身と同じ盲目であるソウル・スター、レイ・チャールズの楽曲を尊敬の意を込めて歌った、初のカヴァー・アルバムです。今作で12才のスティーヴィーの才能、実力は世の中に一気に知れ渡ることになります。

■収録曲

  1. Hallelujah (I Love Her So)
  2. Ain't That Love
  3. Don't You Know
  4. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over
  5. Frankie & Johnny
  6. Drown In My Own Tears
  7. 1962 レイ・チャールズに捧ぐ
  8. Come Back Baby
  9. Mary Ann
  10. Sunset
  11. My Baby's Gone

3) Recorded Live: The 12 Year Old Genius(12歳の天才)

1963年発売。シカゴ、デトロイトでのライヴの模様を収録した初のライヴ盤。レコーディングの時期から数えると3作品目ですが、リリース時期からいうと実質的にデビュー作になります。全米アルバム1位、ビルボードホット100 1位、シングルカットされた楽曲でR&Bシングル1位を獲得、この3チャートを同時に制覇した初めてのアーティストとなりました。

■収録曲

  1. Fingertips
  2. Soul Bongo
  3. La La La La La
  4. (I'm Afraid) The Masquerade Is Over
  5. Hallelujah (I Love Her So)
  6. Drown In My Own Tears
  7. Don't You Know
  8. 1963 12歳の天才

4) With a Song in My Heart(わが心に歌えば)

1963年発売、モータウン・レーベル所属アーティストのヒット作品を歌ったカヴァー・アルバム。ウォルト・ディズニー『ピノキオ』のテーマ・ソング「星に願いを」などの耳馴染みのある楽曲が収録され、全体的にポップな仕上がりとなっています。スティーヴィーの歌声をバックのオーケストラが見事に引き立て、歌唱力の高さを感じさせる作品です。

■収録曲

  1. With A Song In My Heart
  2. When You Wish Upon A Star
  3. Smile
  4. Make Someone Happy
  5. 1963 わが心に歌えば
  6. Dream
  7. Put On A Happy Face
  8. On The Sunny Side Of The Street
  9. Get Happy
  10. Give Your Heart A Chance
  11. Without A Song

5) Stevie at the Beach

1964年発売。当時流行していたサーフ・ミュージックを意識し、「海」をテーマにしたコンセプト・アルバム。レコーディング時、喉が不調だったといわれていますが、それを払拭するかのように魂のこもった歌声を披露しています。スティーヴィーのハーモニカ・プレイも存分に楽しめます。

■収録曲

  1. Castles In The Sand
  2. Ebb Tide
  3. Sad Boy
  4. 1964 アット・ザ・ビーチ
  5. Red Sails In The Sunset
  6. The Beachcomber
  7. Castles In The Sand [Instrumental]
  8. Happy Street
  9. The Party At The Beach House
  10. Hey Harmonica Man
  11. Beach Stomp
  12. Beyond The Sea

6) Up-Tight

1964年発売。15歳のスティーヴィーは今作で作詞作曲に挑戦。共同制作した楽曲も含め、「Hold Me」「Uptight」「Ain't That Asking for Trouble」「Pretty Little Angel」「Music Talk」の5曲に参加しました。中でも表題曲「Uptight」は大ヒットを記録し、シンガーソングライター、ソング・クリエイターとしても自信をつけることになりました。

■収録曲

  1. Love A Go Go
  2. Hold Me
  3. Blowin' In The Wind
  4. 1965 アップタイト
  5. Nothing's Too Good For My Baby
  6. Teach Me Tonight
  7. Uptight (Everything's Alright)
  8. Ain't That Asking For Trouble
  9. I Want My Baby Back
  10. Pretty Little Angel
  11. Music Talk
  12. Contract On Love
  13. With A Child's Heart

7) Down to Earth (太陽のあたる場所)

1966年発売。16歳のスティーヴィーは変声期に差し掛かり、思うように声が出せずにいました。そこで、作詞作曲に力を入れ制作されたのが今作です。少年から大人へ声が移り変わる中で、サウンド面でも一歩大人な雰囲気になっているのが特徴です。

■収録曲

  1. A Place In The Sun
  2. Bang Bang
  3. Down To Earth
  4. Thank You Love
  5. Be Cool Be Calm (And Keep Yourself Together)
  6. Sylvia
  7. My World Is Empty Without You
  8. 1966 太陽のあたる場所
  9. The Lonesome Road
  10. Angel Baby (Don't You Ever Leave Me)
  11. Mr. Tambourine Man
  12. Sixteen Tons
  13. Hey Love

8) I Was Made to Love Her(愛するあの娘に)

1966年発売。伝統的なモータウン・サウンドに、スティービーのハーモニカ、そしてソウルフルなシャウトが随所に散りばめられた名曲「I Was Made To Love Her(愛するあの娘に)」の大ヒットを受けて急遽制作されたアルバム。「Every Time I See You I Go Wild」は、変化しつつある1960年代に、スティーヴィー自身の作家性が前面に出てきたような印象です。

■収録曲

  1. I Was Made To Love Her
  2. Send Me Some Lovin'
  3. I'd Cry
  4. Everybody Needs Somebody (I Need You)
  5. Respect
  6. My Girl
  7. Baby Don't You Do It
  8. 1967 愛するあの娘に
  9. A Fool For You
  10. Can I Get A Witness
  11. I Pity The Fool
  12. Please, Please, Please
  13. Every Time I See You I Go Wild

9) MERRY CHRISTMAS(想い出のクリスマス)

1967年発売、アメリカの代表的なクリスマス・ソングが選曲されたクリスマス・アルバム。ドゥーワップ調のバラードやポップス、讃美歌など、バラエティー豊かなサウンドがお楽しみいただけます。スティーヴィーの歌声にハーモニカが美しく融合した深みのある作品です。

■収録曲

  1. Someday At Christmas
  2. Silver Bells
  3. Ave Maria (Schubert)
  4. The Little Drummer Boy
  5. One Little Christmas Tree
  6. The Day That Love Began
  7. The Christmas Song
  8. 1967 想い出のクリスマス
  9. Bedtime For Toys
  10. Christmastime
  11. Twinkle Twinkle Little Me
  12. A Warm Little Home On A Hill
  13. What Christmas Means To Me

10) Alfie/Eivets Rednow

1968年発売、「イーヴェッツ・レッドナウ(Stevie Wonderを逆から読んだもの)」名義のインストゥルメンタル・アルバム。スティーヴィーの遊び心が入った企画盤です。全編にわたりインスト曲に力を注いだのはデビュー作以来6年ぶり。バート・バカラックの「Alfie」や、クラヴィネット弾きまくる「Which Way The Wind」からは、彼の演奏力が格段に進化しているのが伝わってきます。

■収録曲

  1. Alfie
  2. More Than A Dream
  3. A House Is Not A Home
  4. How Can You Believe
  5. 1968 アルフィー/イーヴェッツ・レッドナウ
  6. Never My Love/Ask The Lonely
  7. Ruby
  8. Which Way The Wind
  9. Bye Bye World
  10. Grazing In The Grass

11) For Once in My Life

1968年発売。変声期が終わり、少年から青年に成長した心の変化が感じられる歌詞と、ソウルフルな歌声からは、後に訪れるスティーヴィー・ワンダーの黄金期を予感させられます。当時18歳の彼は、ソングライター、アレンジャー、ヴォーカリストとして実力を見事に発揮。共同作品を含め、収録曲の半数以上を作詞作曲で参加しており、クリエイティブな部分が表現され始めています。

■収録曲

  1. For Once In My Life
  2. Shoo-Be-Doo-Be-Doo-Da-Day
  3. You Met Your Match
  4. I Wanna Make Her Love Me
  5. 1968 フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ
  6. I'm More Than Happy (I'm Satisfied)
  7. I Don't Know Why
  8. Sunny
  9. I'd Be A Fool Right Now
  10. Ain't No Lovin'
  11. God Bless The Child
  12. Do I Love Her
  13. The House On The Hill

12) My Cherie Amour

1969年発売。ビートルズの「MICHELLE 」に影響されたという代表曲「My Cherie Amour」を収録。「Light My Fire」「The Shadow Of Your Smile」などのカヴァー曲は、原曲を活かしつつも、自分らしさを忘れず、非常にムーディー仕上りになっています。

■収録曲

  1. My Cherie Amour
  2. Hello Young Lovers
  3. At Last
  4. Light My Fire
  5. 1969 マイ・シェリー・アモール
  6. The Shadow Of Your Smile
  7. You And Me
  8. Pearl
  9. Somebody Knows, Somebody Cares
  10. Yester-Me, Yester-You, Yesterday
  11. Angie Girl
  12. Give Your Love
  13. I've Got You

13) Signed, Sealed, Delivered (涙をとどけて)

1970年発売。黄金期といわれる1970年代の幕開けとなる作品は、初のセルフ・プロデュース。自身のアイディアを活かす場所を与えられ、秘めていた才能を爆発。これまでのキャリア、経験、実力を存分に活かしています。新たな一歩を歩み出したスティーヴィーは、20歳とは思えないクオリティの高い作品を作り上げました。

■収録曲

  1. Never Had A Dream Come True
  2. We Can Work It Out
  3. Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
  4. Heaven Help Us All
  5. 1970 涙をとどけて
  6. You Can't Judge A Book By Its Cover
  7. Sugar
  8. Don't Wonder Why
  9. Anything You Want Me To Do
  10. I Can't Let My Heaven Walk Away
  11. Joy (Takes Over Me)
  12. I Gotta Have A Song
  13. Something To Say

14) Where I'm Coming From(青春の軌跡)

1971年発売。前作に続き自らがプロデュースを担当した作品。全編に渡り、当時の妻、シリータ・ライトとの共同制作です。歌声、メロディ共に美しい響きの楽曲で構成され、自身の色をより濃く反映させています。人生の伴侶を得た心の変化が楽曲に表現され、これまでと少し違う印象を受けます。

■収録曲

  1. Look Around
  2. Do Yourself A Favor
  3. Think Of Me As Your Soldier
  4. Something Out Of The Blue
  5. 1971 青春の軌跡
  6. If You Really Love Me
  7. I Wanna Talk To You
  8. Take Up A Course In Happiness
  9. Never Dreamed You'd Leave In Summer
  10. Sunshine In Their Eyes

15) Music of My Mind(心の詞)

1972年発売。シンセサイザーと出会い、多くの楽器を1人で演奏し、セルフ・プロデュースした作品、自らの音楽的なアイデンティティを確立した一枚です。オープニングは力強い楽曲で幕開けし、2曲目では組曲的な非常に美しいメロディで聴いている人の心を掴みます。全編を通し一つの物語のような構成に仕上がっています。

■収録曲

  1. Love Having You Around
  2. Superwoman (Where Were You When I Needed You)
  3. I Love Every Little Thing About You
  4. Sweet Little Girl
  5. 1972 心の詞
  6. Happier Than The Morning Sun
  7. Girl Blue
  8. Seems So Long
  9. Keep On Running
  10. Evil

16) Talking Book

1972年発売。世界にスティーヴィー・ワンダー旋風を巻き起こす幕開けとなる作品。前作でのレコーディング・エンジニア、ロバート・マーゴレフとマルコム・セシルとの出会いはスティーヴィーに大きな影響を与えました。息の合った3人はこの作品以降も、音楽史に残るような傑作を次々と発表していくことになります。

■収録曲

  1. You Are The Sunshine Of My Life
  2. Maybe Your Baby
  3. You And I
  4. Tuesday Heartbreak
  5. 1972 トーキング・ブック
  6. You've Got It Bad Girl
  7. Superstition
  8. Big Brother
  9. Blame It On The Sun
  10. Looking For Another Pure Love
  11. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever)

17) Innervisions

1973年発売。前作で一躍トップアーティストの仲間入りを果たしたスティーヴィー。今作では様々な社会問題に目を向け、コンセプトは「生きるということの"美"が終焉を迎える日について」。内省的な面を描いているものの、ポジティブさを忘れずに表現されています。音楽の美しい"結晶"を形作っています。

■収録曲

  1. Too High
  2. Visions
  3. Living For The City
  4. Golden Lady
  5. 1973 インナーヴィジョンズ
  6. Higher Ground
  7. Jesus Children Of America
  8. All In Love Is Fair
  9. Don't You Worry 'Bout A Thing
  10. He's Misstra Know It All

18) Fulfillingness' First Finale

1974年発売。72年「Talking Book 」、73年「Innervisions 」、そして74年の本作「First Finale」。これらは黄金期三部作と呼ばれることになります。前作リリース後、交通事故に遭ったスティーヴィーは、死に直面したことで、神への感謝の気持ちや、生きる喜びをより強く感じるようになります。そうした体験からこの作品には、新しい人生観や宗教観などの変化が表現され、アルバム・タイトルにはこれまでの音楽生活に一つの区切りをつける"第一幕終了"の意味を込めています。

■収録曲

  1. Smile Please
  2. Heaven Is 10 Zillion Light Years Away
  3. Too Shy To Say
  4. Boogie On Reggae Woman
  5. 1974 ファースト・フィナーレ
  6. Creepin'
  7. You Haven't Done Nothin'
  8. It Ain't No Use
  9. They Won't Go When I Go
  10. Bird Of Beauty
  11. Please Don't Go

19) Songs in the Key of Life

1976年発売。スティーヴィーの最高傑作と言われる作品で、「Innervisions 」「First Finale」に続き、3作連続でグラミー賞アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得、前代未聞の快挙を成し遂げました。アルバム・コンセプトは「人生そのものについて」。シングル「I Wish(回想)」「Sir Duke (愛するデューク)」が収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. Love's In Need Of Love Today
  2. Have A Talk With God
  3. Village Ghetto Land
  4. Contusion
  5. Sir Duke
  6. I Wish
  7. Knocks Me Off My Feet
  8. 1976 キー・オブ・ライフ
  9. Pastime Paradise
  10. Summer Soft
  11. Ordinary Pain

■収録曲【DISC2】

  1. Isn't She Lovely
  2. Joy Inside My Tears
  3. Black Man
  4. Ngiculela - Es Una Historia - I Am Singing
  5. If It's Magic
  6. As
  7. Another Star
  8. Saturn
  9. Ebony Eyes
  10. All Day Sucker
  11. Easy Goin' Evening (My Mama's Call)

20) Journey through the Secret Life of Plants

1979年発売。ドキュメンタリー映画『The Secret Life Of Plants』のために3年もの歳月をかけ完成させたサウンド・トラック。初めて映画音楽にチャレンジしたスティーヴィーは、映画の世界観を大切に「植物の神秘」を通して、あらゆる生命への愛、そして神への感謝の気持ちを見事にサウンドで表現しています。

■収録曲【DISC1】

  1. Earth's Creation
  2. The First Garden
  3. Voyage To India
  4. Same Old Story
  5. 1979 シークレット・ライフ
  6. Venus' Flytrap And The Bug
  7. Ai No, Sono
  8. Seasons
  9. Power Flower
  10. Send One Your Love (Instrumental)
  11. Race Babbling

■収録曲【DISC2】

  1. Send One Your Love
  2. Outside My Window
  3. Black Orchid
  4. Ecclesiastes
  5. Kesse Ye Lolo De Ye
  6. Come Back As A Flower
  7. A Seed's A Star And Tree Medley
  8. The Secret Life Of Plants
  9. Tree
  10. Finale

21) Hotter than July

1980年発売。尊敬する黒人指導者マーティン・ルーサ・キング牧師に捧げたアルバムで、正義感溢れる、メッセージ性の強い作品。この時期、自身でラジオ局を買い取り、そこを専用レコーディングスタジオに改築。音楽制作に集中する環境を得たスティーヴィーは制作意欲に満ち溢れ、この作品への熱の入れようは凄まじかった言われています。

■収録曲

  1. Did I Hear You Say You Love Me
  2. All I Do
  3. Rocket Love
  4. I Ain't Gonna Stand For It
  5. 1980 ホッター・ザン・ジュライ
  6. As If You Read My Mind
  7. Master Blaster (Jammin')
  8. Do Like You
  9. Cash In Your Face
  10. Lately
  11. Happy Birthday

22) The Woman in Red

1984年発売。ファンが待ち望む中、4年振りのリリースとなった作品は、ジーン・ワイルダー監督『The Woman in Red』のサウンド・トラック。この時期、自身を表現するオリジナル・アルバムの制作に苦慮していたスティーヴィーにとって、コメディ映画のサウンド・トラック制作は程好く肩の力が抜け、楽しみながら作られた様子が伝わってきます。「I Just Called to Say I Love You(心の愛)」はアカデミー歌曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞。

■収録曲

  1. The Woman In Red
  2. It's You
  3. It's More Than You
  4. I Just Called to Say I Love You
  5. 1984 ウーマン・イン・レッド
  6. Love Light in Flight
  7. Moments Aren't Moments
  8. Weakness
  9. Don't Drive Drunk

23) In Square Circle

1985年発売、5年振りとなるオリジナル・アルバム。80年代にブームを迎えたテクノをはじめとする、コンピューターによる打ち込み音を取り入れたサウンドが駆使され、新境地を開拓しています。発売当時『宇宙サイズのハートで聴きたい』とのキャッチ・コピーがつけられた極上のポップ・アルバムです。全米1位を記録したシングル「Part-Time Lover」を収録。

■収録曲

  1. Part-Time Lover
  2.   
  3. I Love You Too Much
  4. Whereabouts
  5. Stranger On The Shore Of Love
  6. 1985 イン・スクエア・サークル
  7. Never In Your Sun
  8. Spiritual Walkers
  9. Land Of La La
  10. Go Home
  11. Overjoyed
  12. It's Wrong (Apartheid)

24) Characters

1987年発売。自身が関心を寄せる現代社会の様々な問題について、いろいろな人々の視点・立場から目を向けたメッセージ性の強い作品。それぞれ異なるキャラクターを演じながら、問題の核心に鋭く迫っているのが特徴です。マイケル・ジャクソンとの共演が話題となった「Get It」「You Will Know」「With Each Beat of My Heart」などの名バラードを収録。

■収録曲

  1. You Will Know
  2. Dark 'n' Lovely
  3. In Your Corner
  4. With Each Beat Of My Heart
  5. 1987 キャラクターズ
  6. One of a Kind
  7. Skeletons
  8. Get It
  9. Galaxy Paradise
  10. Cryin' Through the Night
  11. Free
  12. Come Let Me Make Your Love Come Down
  13. My Eyes Don't Cry

25) Jungle Fever

1991年発売。スパイク・リー監督映画『Jungle Fever』のサウンド・トラック。90年代を象徴する打ち込みビートを多用したファンク・サウンドや、70年代を思わせる楽曲、美しいメロディを備えた楽曲などバラエティ豊かなサウンドが楽しめます。

■収録曲

  1. Fun Day
  2. Queen In The Black
  3. These Three Words
  4. Each Other's Throat
  5. 1991 ジャングル・フィーバー
  6. If She Breaks Your Heart
  7. Gotta Have You
  8. Make Sure You're Sure
  9. Jungle Fever
  10. I Go Sailing
  11. Chemical Love
  12. Lighting Up The Candles

26) Conversation Peace

1995年発売。当初の発表から約7年の時を経て完成したファン待望の作品。『世界平和』をコンセプトに、スティーヴィーが想い描く平和が歌われています。「武器では真の平和は訪れない。唯一、『対話』つまり、カンバセーションによってのみ、平和は訪れる」というメッセージが込められています。

■収録曲

  1. Rain Your Love Down
  2. Edge Of Eternity
  3. Taboo To Love
  4. Take The Time Out
  5. 1995 カンバセーション・ピース
  6. I'm New
  7. My Love Is With You
  8. Treat Myself
  9. Tomorrow Robins Will Sing
  10. Sensuous Whisper
  11. For Your Love
  12. Cold Chill
  13. Sorry
  14. Conversation Peace

27) A Time to Love

2005年発売。実に10年ぶりとなるオリジナル・アルバムは「今こそ、愛が必要な時代」という想いが込められ、現代に生きる人々へ向けられた、メッセージ性の強い内容となっています。レコーディングには、ボニー・レイット、インディア・アリー、アイシャ・モリス、アン・ヴォーグ等、あらゆる音楽ジャンルの枠をも超えた豪華多彩なゲスト陣が参加。

■収録曲

  1. If Your Love Cannot Be Moved
  2. Sweetest Somebody I Know
  3. 2005 タイム・トゥ・ラヴ
  4. Moon Blue
  5. From the Bottom of My Heart
  6. Please Don't Hurt My Baby
  7. How Will I Know
  8. My Love Is on Fire
  9. Passionate Raindrops
  10. Tell Your Heart I Love You
  11. True Love
  12. Shelter in the Rain
  13. So What the Fuss
  14. Can't Imagine Love Without You
  15. Positivity
  16. A Time to Love

28) Natural Wonder

■収録曲

  1. Dancing To The Rhythm
  2. Love's In Need Of Love Today
  3. Master Blaster (Jammin')
  4. Stevie Ray Blues
  5. 1995 ナチュラル・ワンダー
  6. Higher Ground
  7. Rocket Love
  8. Stay Gold
  9. 1995年発売。1994年、フル・オーケストラを率いて25年ぶりに行われたワールド・ツアー『ナチュラル・ワンダー・ツアー』の中から、大阪公演とイスラエル公演のライヴを収録。スティーヴィーのライヴは音源化や映像化されたものはほとんどないため、ファン待望の作品となりました。
  10. Ribbon In The Sky
  11. Pastime Paradise
  12. If It's Magic
  13. Ms. & Mr. Little Ones
  14. Village Ghetto Land
  15. Tomorow Robins Will Sing