126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

TOTO


★マイク・ポーカロ追悼特集
2015年4月9日(木)・10日(金)8:00~&16:00~
再放送=4月17日・18日、21日・22日
27日・28日8:00~&16:00~
TOTO
 ロック界最高峰のテクニックを誇るスーパーバンドTOTO。
 1978年、スタジオ・ミュージシャンとして活躍していたデヴィッド・ペイチ(Vo/Key)、ジェフ・ポーカロ(Dr)が、ボズ・スキャッグスのアルバム『Silk Degrees』制作に参加。これを機に2人の他、デヴィッド・ハンゲイト(B)、スティーヴ・ポーカロ(Key/Vo)、スティーヴ・ルカサー(Vo/G)、ボビー・キンボール(Vo)の6名がTOTOを結成、アルバム『TOTO~宇宙の騎士』でデビューします。82年、4作目『TOTO IV~聖なる剣』を発表。このアルバムから「Rosanna」「Africa」「I won't hold you back」などのシングル・ヒットが次々と生まれ、アルバム・オブ・ジ・イヤーをはじめとする、グラミー賞7部門を独占するという快挙を成し遂げました。
 グループをリードしてきたジェフ・ポーカロの急逝(92年)や、度重なるメンバー交代など、幾多の危機を乗り越えてきましたが、08年、ボズ・スキャッグスとの来日公演を最後に無期限活動休止を宣言。しかし10年、難病を患ったマイク・ポーカロ(B)の救済のために再結成。2014年4月にはデビュー35周年を記念した来日公演を開催し、現在でも衰えを知らない卓越したデクニックで全世界を魅了しています。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。  <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) TOTO(宇宙の騎士)

1978年発売のデビュー・アルバム。アルバムは全米9位、シングル「Hold the Line」は全米で5位を記録。新人にしては異例の大ヒットとなり、翌年のグラミー賞で最優秀新人部門を獲得しました。

■収録曲

  1. Child's Anthem
  2. I'll Supply The Love
  3. Georgy Porgy
  4. Manuela Run
  5. You Are The Flower
  6. Girl Goodbye
  7. Takin' It Back
  8. Rockmaker
  9. Hold The Line
  10. Angela

2) Hydra

1979年発売。前作より重量感にあふれ、プログレッシブ・ロック的なアプローチと、デビッド・ペイチのセンスが光る作品。

■収録曲

  1. Hydra
  2. St. George And The Dragon
  3. 99
  4. Lorraine
  5. All Us Boys
  6. Mama
  7. White Sister
  8. A Secret Love

3) Turn Back

1981年発売。スティーヴ・ルカサーのギターを前面に押し出したハード・ロックな作風。イントロから強烈な「Gift with a Golden Gun」、目まぐるしい展開を見せる「English Eyes」、名バラード「A Million Miles Away」等を収録。

■収録曲

  1. Gift With A Golden Gun
  2. English Eyes
  3. Live For Today
  4. A Million Miles Away
  5. Goodbye Elenore
  6. I Think I Could Stand You Forever
  7. Turn Back
  8. If It's The Last Night

4) TOTO IV(聖なる剣)

1982年発売。「Rosanna」「Africa」「I won't hold you back」等をヒット曲を収録、グラミー賞7部門を獲得した、TOTO絶頂期の作品。

■収録曲

  1. Rosanna
  2. Make Believe
  3. I Won't Hold You Back
  4. Good For You
  5. It's A Feeling
  6. Afraid Of Love
  7. Love In The Night
  8. We Made It
  9. Waiting For Your Love
  10. Africa

5) Isolation

1984年発売。前作の成功の裏で、ボビー・キンボールとデヴィッド・ハンゲイトの脱退という危機が訪れます。代わりにファーギー・フレデリクセン(Vo)、マイク・ポーカロ(B)を加えて制作されたアルバムです。

■収録曲

  1. Carmen
  2. Lion
  3. Stranger In Town
  4. Angel Don't Cry
  5. How Does It Feel
  6. Endless
  7. Isolation
  8. Mr. Friendly
  9. Change Of Heart
  10. Holyanna

6) Fahrenheit

1986年発売。前作から参加したファーギーが脱退し、ジョセフ・ウィリアムス(Vo)が加入。AOR的なサウンドと、甘いけど高音部にハリのあるジョセフのボーカルがマッチし、マイルス・デイビス、デビッド・サンボーン、マイケル・マクドナルド、ドン・ヘンリー等の豪華ゲストと共に作られたクオリティ高い作品。このリリース後、スティーヴ・ポーカロが脱退します。

■収録曲

  1. Till The End
  2. We Can Make It Tonight
  3. Without Your Love
  4. Can't Stand It Any Longer
  5. I'll Be Over You
  6. Fahrenheit
  7. Somewhere Tonight
  8. Could This Be Love
  9. Lea
  10. Don't Stop Me Now

7) The Seventh One(ザ・セブンス・ワン~第7の剣)

1988年発売。AOR要素の強い作品で、元リトル・フィートのビル・ペインをプロデュサーに迎え、リンダ・ロンシュタットやパティ・オースティンといった、豪華ゲストを迎えて制作。リリース後、ジョセフ・ウイリアムズが脱退。

■収録曲

  1. Pamela
  2. You Got Me
  3. Anna
  4. Stop Loving You
  5. Mushanga
  6. Stay Away
  7. Straight For The Heart
  8. Only The Children
  9. A Thousand Years
  10. These Chains
  11. Home Of The Brave
  12. The Seventh One

8) Kingdom Of Desire(欲望の王国)

1992年発売。ギタリストのスティーヴ・ルカサーがヴォーカルも担当した作品。リリース直前、中心メンバーの1人であったジェフ・ポーカロが38歳の若さで他界。アルバムに伴うツアーはジェフの追悼ツアーとなりました。

■収録曲

  1. Gypsy Train
  2. Don't Chain My Heart
  3. Never Enough
  4. How Many Times
  5. 2 Hearts
  6. Wings Of Time
  7. She Knows The Devil
  8. The Other Side
  9. Only You
  10. Kick Down The Walls
  11. Kingdom Of Desire
  12. Jake To The Bone
  13. Little Wing

9) Absolutely Live

1993年発売。名セッション・ドラマー、サイモン・フィリップを迎えて92年~93年にかけて行われた長期のワールド・ツアーの模様を収めた初のライヴ・アルバム。

■収録曲【DISC1】

  1. Hydra
  2. Rosanna
  3. Kingdom Of Desire
  4. George Porgy
  5. 99
  6. I Won't Hold You Back
  7. Don't Stop Me Now
  8. Africa

■収録曲【DISC2】

  1. Don't Chain My Heart
  2. I'll Be Over You
  3. Home Of The Brave
  4. Hold The Line
  5. With A Little Help From My Friends

10) Tambu

1995年発売。サイモン・フィリップを正式メンバーに迎えた新生TOTOが、ブルージーな音楽スタイルへ大きく方向転換した作品。97年のグラミー賞のベスト・エンジニア・アルバム(ノンクラシカル部門)にノミネートされました。

■収録曲

  1. Gift Of Faith
  2. I Will Remember
  3. Slipped Away
  4. If You Belong To Me
  5. Baby He's Your Man
  6. The Other End Of Time
  7. The Turning Point
  8. Time Is The Enemy
  9. Drag Him To The Roof
  10. Just Can't Get To You
  11. Dave's Gone Skiing
  12. The Road Goes On
  13. Blackeye

11) Mindfields

1999年発売。脱退したオリジナル・メンバーのボビー・キンボールがバンドに復帰。「After You've Gone」では元オジー・オズボーン・バンドのフィル・スーザンが参加しています。

■収録曲

  1. After You've Gone
  2. Mysterious Ways
  3. Mindfields
  4. High Price Of Hate
  5. Selfish
  6. No Love
  7. Caught In The Balance
  8. Last Love
  9. Mad About You
  10. One Road
  11. Melanie
  12. Cruel
  13. Better World Parts I,II & III

12) Falling in Between

2006年発売。前作より7年ぶりのリリース、TOTOとして最後のスタジオ・アルバム。サポート・メンバーのグレッグ・フィリンゲインズが正式メンバーとして加入し、引退を表明していたデヴィッド・ペイチも曲作りやレコーディングに全面参加。

■収録曲

  1. Falling In Between
  2. Dying On My Feet
  3. Bottom Of Your Soul
  4. King Of The World
  5. Hooked
  6. Simple Life
  7. Taint Your World
  8. Let It Go
  9. Spiritual Man
  10. No End In Sight