124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
板橋文夫 辺野古にて。
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
古謝美佐子

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大島保克

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大嶋義実
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!! ~沖縄篇/大嶋義実(Fl)
 10月は当番組の数ある沖縄篇から21本をアンコール放送。並んだラインナップを見ると、沖縄の人はやっぱり歌が好きなんだなあ!と。沖縄をリスペクトするピアニストの板橋文夫さんとは、おととし辺野古まで行きました。土砂降りの雨の中、基地反対運動のテントの中でピアニカを吹いた板橋さん、ウチナンチュ―に気持ちが寄り添いました。
 フルーティストの大嶋義実さんと初めて会ったのは1989年の「プラハの春音楽祭」取材の折。プラハ放送響の首席フルート奏者だった大嶋さんは、社会主義体制下のチェコスロバキアで、貴重な体験をいろいろした人です。消費されない音楽の良さもよく知ってるよね。
お楽しみに!

《沖縄系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・10月2日 (月) 琉球今昔 (03/9/14 ・ 大須賀猛 阿部一幸 )
・10月3日 (火) 三線連りてぃ (03/9/21 ・ よなは徹 )
・10月4日 (水) 旅の途中で「月虹」を見た (03/12/21 ・ 新良幸人 )
・10月5日 (木) 蘇るマルタカ・レコード (04/2/29 ・ 藤田正 )
・10月6日 (金) オジイと俺と (04/5/2 ・ 知名定男 )
・10月7日 (土) 島への想い、島からの願い (05/3/27 ・ 池田卓 )
・10月9日 (月) テクノで踊ろうカチャーシー (05/7/10 ・ 琉球ディスコ )
・10月10日 (火) オキナワン・レゲエ (05/8/21 ・ U-DOU&PLATY )
・10月11日 (水) 琉球フェスティバル10周年 (05/9/18 ・ 阿部一幸 )
・10月12日 (木) 琉球フェスティバル2006 (06/9/3 ・ 阿部一幸 )
・10月13日 (金) 夏本番!沖縄から熱風が!!/琉球フェスティバル2007
     (07/7/15 ・ 桑江 知子 阿部 一幸 )
・10月14日 (土) Aurasiaはどこにある (08/10/12 ・ 神谷一義ほか )
・10月16日 (月) 廻る命 (08/10/19 ・ 古謝美佐子 )
・10月17日 (火) 沖縄で生まれたウタ (09/5/3 ・ 新良幸人 )
・10月18日 (水) 御祝さびら(うゆえさびら)~旧正月は青山で沖縄三昧! (10/1/10 ・ 阿部一幸(オフィス・マンディ)宮良牧子 仲宗根忍(オレンジクローバー)崎枝大樹 植松創(BEE! BANG! BOO!) )
・10月19日 (木) 島渡る唄~"三味線で歌う"シリーズVol.3
     (12/4/22 ・ 大島保克 )
・10月20日 (金) M・A・B・U・I  (14/11/23 ・ 板橋文夫FIT! )
・10月21日 (土) マルチーズロックめいどいん栄町市場 
     (10/6/20 ・ マルチーズロック )
・10月23日 (月) マルチーズロック ダウンタウンパレード 
     (16/9/11 ・ マルチーズロック )
・10月24日 (火) 板橋文夫、辺野古に行く(15/6/21 ・ 板橋文夫 )
・10月25日 (水) 板橋文夫の「辺野古へ行ったよ!」 (15/6/28 ・ 板橋文夫 )

《大嶋義実》 ※()内は当時の放送日
・10月26日 (木) 48Kの響き~黄金のフルート (99/8/1 )
・10月27日 (金) 高崎・ベルリンコネクション (02/2/17 )
・10月28日 (土) ワクワク・モーツァルト
      ~モダン・フルートでピリオド奏法に挑戦! (08/7/27 )
・10月30日 (月) 年の始めはフルートから (11/1/2 )
・10月31日 (火) 音楽力が高まるヒミツの書 (12/2/5 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
清水靖晃&サキソフォネッツ
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
堀内修
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大野 和士
25年間の蔵出し大放出!!
 9月は二人のサックス・プレイヤーのアーカイヴズでスタート。まず、1日~9日はテナーサキソフォン奏者、清水靖晃の出演回を8回。彼の音楽の原点からバッハの無伴奏チェロ組曲への道、そして「ペンタトニカ」を経て、さらにゴルトベルクへ至る道を確認できるプログラムです。
 11日から14日の4回は、今は亡きサックス・プレイヤー井上敬三の出演回。53歳にしてデビュー、70才を越えてもフリー魂を貫いた井上敬三の生き方が音に表れます。
 15日~26日は音楽評論家、堀内修さんの出演回を10回。その軽妙な語り口はクラシック通でなくとも引き込まれてしまうこと請け合い。特にオペラに造詣の深い堀内さんの語る登場人物や声の世界観は、現代の人間関係や価値観を鋭く、且つ楽しく炙り出します。オペラの魅力、声の不思議をご堪能あれ。
 27日~30日の4回は指揮者、大野和士の出演回。いまや世界的に活躍する大野が90年代、何度もゲスト出演しました。CDで音楽を引用しながら熱く音楽を語っています。

《清水靖晃》 ※()内は当時の放送日と清水以外のゲスト
・9月1日 (金) アマルコルド・フェリーニ (93/11/27 ・ 細川周平 )
・9月2日 (土) 欲望の王者、清水靖晃&サキソフォネッツ (96/12/8 )
・9月4日 (月) ガラスの熱帯 (03/5/11 ・ 上野耕路、増井朗人 )
・9月5日 (火) ペンタトニカ (07/4/29 ・ 清水靖晃とザ・サキソフォネッツ )
・9月6日 (水) 清水靖晃のゴルトベルク変奏曲 (10/1/24 )
・9月7日 (木) 清水靖晃のBACH+ (12/12/9 )
・9月8日 (金) サキソフォンでゴルトベルク・ヴァリエーションズ
     (15/5/3 ・ 清水靖晃&ザ・サキソフォネッツ )
・9月9日 (土) あっという間~祝10周年!新生≪清水靖晃&サキソフォネッツ≫
     (16/9/4 ・ 江川良子、鈴木広志、東 涼太 )

《井上敬三》 ※()内は当時の放送日と井上以外のゲスト
・9月11日 (月) デレク・ベイリーのCompany Week 白州'93
(93/9/11 ・ デレク・ベイリー(G)竹田賢一(大正琴)大倉正之助(大鼓)一噌幸弘(笛)吉沢元治(B)永田砂知子(Perc)沢井一恵(箏)大熊ワタル(Cl)巻上公一(Vo) )
・9月12日 (火) 井上敬三、71才のフリー (93/12/4 ・ )
・9月13日 (水) ロシアより愛をこめて (94/9/24 ・ )
・9月14日 (木) 生きているってすばらしい!
(01/11/18 ・ さがゆき(vo)早坂沙知(sax)竹澤悦子(筝)黒田京子(p)中村達也(ds)吉野弘志(Bass)副島輝人 )

《堀内修》 ※()内は当時の放送日
・9月15日 (金) トランス・ジェンダー~カウンター・テナーの不思議 (95/4/1 )
・9月16日 (土) 96年 恋の行方、あるいは声の行方 (96/1/6 )
・9月18日 (月) 100才のミミ、プッチーニのかわいい女 (96/4/27 )
・9月19日 (火) カーディガンでベートーヴェン (96/12/22 )
・9月20日 (水) 元祖ポップス王シューベルトは200才 (97/1/5 )
・9月21日 (木) 1999クラシック大予言…中小予言!? (99/1/3 )
・9月22日 (金) オザワvsラトル/ウィーン・ベルリン音楽新時代 (99/8/1 )
・9月23日 (土) 楽しい老後の過ごし方 (99/9/12 )
・9月25日 (月) ヴェルディ没後100年記念Vol.1
     /ん、ちょっと待てよ?のヴェルディ (01/1/21 )
・9月26日 (火) ヴェルディ没後100年記念Vol.2
     /ミス・ヴェルディ・コンテスト (01/1/28 )

《大野和士》 ※()内は当時の放送日と大野以外のゲスト
・9月27日 (水) 6月9日は≪炎の天使≫ (93/5/29 )
・9月28日 (木) 悲劇と風刺~大野和士「ムツェンスクのマクベス夫人」を語る
      (94/11/19 ・ 吉松隆 )
・9月29日 (金) ヒンデミットのことを話そうか (95/10/28 )
・9月30日 (土) ヴェルディ、男の呪い (96/4/20 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
イヴァ・ビトヴァ
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
メレディス・モンク
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
坂田明
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
直川礼緒
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
巻上公一
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
増野亜子
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
高橋憲正
25年間の蔵出し大放出!! ~声の不思議
 人間の声は泣いたり笑ったり、話したり歌ったり、無限の可能性を秘めています。
 一つの楽器ともいえるし、意味ということで考えると、世界中の様々な言語を成り立たせているのも声。では果たして、自分の声のこと、よく分かっているでしょうか。
 8月は人間の声をテーマにした回を集めて「声の不思議」に迫ります。東西の祈りの音楽の融合を人間の声だけで奏でる「ハーモニック・クワイア」の演奏を立体音響で再現し、ギャラクシー選奨を受賞した回を始め、メレディス・モンクやイヴァ・ビトヴァといったボイス・パフォーマーたち、カウンターテナーや倍音唱法、声明や能まで、声の表現には限りがありません。耳鼻咽喉科の名医、米山文明さんの語る声にまつわる様々なエピソードも驚きの連続です。

《声の不思議》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 8月1日 (火) 宇宙からの波動~ハーモニック・クワイアを立体音響で聴く
     (91/8/29 ・ 三浦雅士 )
・ 8月2日 (水) 五大に響きあり、『ハーモニック・クワイア』を再び
   ~ギャラクシー選奨受賞記念アンコール (92/9/5 ・ 添田隆昭 )
・ 8月3日 (木) 声のダンス PART1~メレディス・モンク
      (93/4/10 ・ 竹田賢一 )
・ 8月4日 (金) 声のダンス PART2~イヴァ・ビトヴァ (93/4/17 ・ 竹田賢一 )
・ 8月5日 (土) アンドロギュヌスの時代~カウンター・テナー
      (94/4/2 ・ 波多野睦美 )
・ 8月7日 (月) トランス・ジェンダー~カウンター・テナーの不思議
      (95/4/8 ・ 堀内修 )
・ 8月8日 (火) オレたち倍音族 (95/5/20 ・ 鈴木栄史 直川礼緒 )
・ 8月9日 (水) 王子、巻上公一、ホーメイ王国トゥヴァへ行くの巻
      (95/9/16 ・ 巻上公一 )
・ 8月10日 (木) 96年 恋の行方、あるいは声の行方 (96/1/6 ・ 堀内修 )
・ 8月11日 (金) 声が生まれる時 (96/8/3 ・ イヴァ・ビトヴァ 巻上 公一 )
・ 8月12日 (土) 声の不思議 (96/10/6 ・ 米山文明 )
・ 8月14日 (月) ア~、エアイヤ~~!僕の雄叫びウル・ワーズ
     (96/12/15 ・ 福岡ユタカ )
・ 8月15日 (火) 雄叫びルネッサンス、坂田明の「どうでしょう!」
       (97/5/11 ・ 坂田明 )
・ 8月16日 (水) 草原の吟遊詩人/ハカスの音楽家たちを迎えて
       (97/7/6 ・ 直川礼緒 ハカスの音楽家 )
・ 8月17日 (木) チンギス・ブルース
 (97/7/13 ・ 巻上公一 コンガルオール・オンダール ポール・ペナ )
・ 8月18日 (金) 聴くハーレム (97/7/20 ・ 吉野裕司(Vita Nova) )
・ 8月19日 (土) 声は剣よりも強し (98/5/10 ・ 米山文明 )
・ 8月21日 (月) かれんな人 (98/7/12 ・ 米良美一 )
・ 8月22日 (火) 倍音の嵐(ハカスから)
 (98/10/11 ・ 巻上公一 ユジュム モングンオール・オンダール )
・ 8月23日 (水) 星に願いを~米良美一のクリスマス (98/12/13 ・ 米良美一 )
・ 8月24日 (木) アルタイ・ホーメイ・フェス・レポート
        (01/9/2 ・ 巻上公一 )
・ 8月25日 (金) 華麗なるソプラノ・ヴォイス (02/11/3 ・ IZZY )
・ 8月26日 (土) SHIAWASE (02/12/22 ・ Vita Nova(吉野裕司) )
・ 8月28日 (月) 声のふるさと、歌のふるさと (05/2/20 ・ おおたか静流 )
・ 8月29日 (火) 声の世界を旅する いろんな声/みんなの声
       (14/9/14&21 ・ 増野亜子 )
・ 8月30日 (水) 声明の会・千年の聲 「四座講式」800年紀
       (15/2/8 ・ 新井弘順 )
・ 8月31日 (木) 「能」は面白いのう! (16/11/6 ・ 高橋憲正 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。