124chTHE AUDIO

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(火~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
映画「ピアノ・レッスン」
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
映画「エンドレス・ワルツ」

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
映画「アンダーグラウンド」

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
映画「恋する惑星」
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週5本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!! 映画三昧~スクリーンに花咲く夢
 これまでに映画及び映画音楽を取り上げた回をリストアップしてみたら、こんなにたくさんあることがわかりました。(これより前にも、約10本あるのですが、残念ながら録音が残っていません。)大規模な宣伝活動を行うハリウッド映画などとは一線を画す作品にこだわってご紹介してきたつもりです。とりわけ「フランス映画社」が配給してきた映画には強い思い入れがあり、1993年にフランス映画社の川喜多和子さんが急逝された時には、追悼番組を放送しました。またミュージックバードで若松孝二監督をパーソナリティとする対談番組「若松孝二の映画を撃て!」を制作させていただき、今日映画を作ることがいかに大変なことか、またそれでも作りたいという情熱を持つ作家たちの心意気にも触れることができました。
 いわゆる映画好きの人には、とてもかないませんが、この番組がたどってきた道筋の一つとして映画にかかわる回を「映画三昧」として、2か月半にわたってアンコール放送します。スクリーンに花咲く夢を、ご一緒しましょう。

≪映画三昧≫※()内は当時の放送日とゲスト
・7/ 1 (金) 大黒屋光太夫の聴いたロシア音楽~「おろしや国酔夢譚」
     (92/5/16 ・ 一柳富美子 )
・7/ 2 (土) 人をうっとりとさせ、ユーモアで活気づけるマラン・マレの音楽
     ~「めぐり逢う朝」(93/2/13 ・ 大橋敏成 )
・7/ 5 (火) フランス映画社が教えてくれたステキなこと~追悼川喜多和子
     (93/7/24 ・ 田山力哉 )
・7/ 6 (水) アマルコルド・フェリーニ (93/11/27 ・ 清水靖晃 細川周平 )
・7/ 7 (木) 小津の魔法使い~生誕90年、没後30年 (93/12/11 ・ 清水哲男 )
・7/ 8 (金) 映画「ピアノ・レッスン」をめぐって (94/1/29 ・ 波多野睦美 )
・7/ 9 (土) ベルリンの時~「時の翼にのって」 (94/5/7 ・ 上野俊哉 )
・7/ 12 (火) 録音の快楽~「リスボン物語」 (95/9/23 ・ 柳川真法 大里俊晴 )
・7/ 13 (水) 「エンドレス・ワルツ」 (95/9/30 ・ 若松孝二 )
・7/ 14 (木) 台湾夜市~「旅するパオジャンフー」 (95/10/21 ・ 柳町光男 )
・7/ 15 (金) 美女と野獣~フィリップ・グラスの「美女と野獣」
     (95/11/11 ・ 小沼純一 )
・7/ 16 (土) ディズニーランドを右に見て~「日本製少年」 (95/11/25 ・ 及川中 )
・7/ 19 (火) バルカンは世界のへそか?~「アンダーグラウンド」&
     「ユリシーズの瞳」(96/4/6 ・ 小野誠彦、柴宜弘 )
・7/ 20 (水) サバンナのルミエール~アフリカ映画祭97 (97/9/14 ・ 白石顕二 )
・7/ 21 (木) 銀幕の調べ~伊福部昭の映画音楽 (97/11/16 ・ 木部与巴仁 )
・7/ 22 (金) "サイテー!"が好き~「ジャンク・フード」 (98/4/12 ・ 山本政志 )
・7/ 23 (土) 野に遊ぶ~蓼科に小津安二郎を訪ねて (98/10/18 ・ 若松孝二 井上和男 )
・7/ 26 (火) 華麗なるインド~『インド通信』の20年
      (98/11/15 ・ 松岡環 臼田わか子  関口真理 小磯千尋 )
・7/ 27 (水) 恋するフェイ・ウォン~「恋する惑星」 (99/2/14 ・ 丸目蔵人 )
・7/ 28 (木) シネマ屋、ブラジルを行く (99/4/18 ・ 細川周平 )
・7/ 29 (金) 崔洋一の"クウネルイキル" ~「豚の報い」 (99/6/27 ・ 崔洋一 )
・7/ 30 (土) ラクゴ・デ・シネマ (00/3/12 ・ 立川志らく )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

25年間の蔵出し大放出!! 梅津和時/細川直子~トルコにとりこ/関口義人
 5月に続いて梅津和時さんの出演回を3日まで。
 トルコ通の細川直子さんが出演するシリーズ「トルコにとりこ」は、当番組がスタートした1989年からお送りしています。毎回トルコの旬のポップスをご紹介。イスタンブールの普段着の暮らしぶりや、観光案内も詳しいですよ。6月4日から11本を再放送します。
 一方、ジプシー音楽通と言えば関口義人さん。濃密なフィールドワークに基づくお話しと選曲は驚きと発見の連続。その好奇心はベリーダンスやヒップホップにまで及びます。そんな関口さんの出演回を21日から9本アンコール放送します。

≪梅津和時≫※()内は当時の放送日と梅津以外のゲスト
・6/ 1 (水) いつだっていいかげんに60年/祝!梅津和時還暦 (09/9/13 ・ 多田葉子 )
・6/ 2 (木) こまっちゃクレズマの東北に捧ぐ (11/4/24 ・ 多田葉子、関島岳郎 )
・6/ 3 (金) 米仏中 震災追悼御礼ツアー・レポート
     (12/4/29 ・ 多田葉子、菱沼尚生 )

≪細川直子≫※()内は当時の放送日
・6/ 4 (土) トルコにとりこPART9 (96/1/20 )
・6/ 7 (火) トルコにとりこPART10 (96/10/20 )
・6/ 8 (水) トルコにとりこPART11 (98/3/8 )
・6/ 9 (木) トルコにとりこPART12 (99/3/28 )
・6/ 10 (金) トルコにとりこPART13~トルコの幸せな食卓 (99/7/4 )
・6/ 11 (土) トルコにとりこPART14 (00/8/6 )
・6/ 14 (火) トルコにとりこPART15 (01/8/5 )
・6/ 15 (水) トルコにとりこPART16 (02/7/14 )
・6/ 16 (木) トルコにとりこPART17 (03/7/20 )
・6/ 17 (金) トルコにとりこPART18 (04/1/11 )
・6/ 18 (土) トルコにとりこPART19 (05/1/30 )

≪関口義人≫※()内は当時の放送日と関口以外のゲスト
・6/ 21 (火) オリエンタル・ジプシー (08/8/31 )
・6/ 22 (水) ジプシー・ブラスの10年 (10/1/31 )
・6/ 23 (木) 音楽夜噺50回記念 
     "言葉と文字で語られたワールドミュージックの30年" (10/8/22 )
・6/ 24 (金) ジプシーを訪ねて/関口義人のジプシー行脚 (11/1/16 )
・6/ 25 (土) ベリーダンスの官能 (12/3/25 )
・6/ 28 (火) Brass Oriental Stranka
     ~ブラスバンドとオリエンタルダンスの出会い (12/9/2 )
・6/ 29 (水) ブラスバンドとオリエンタルダンスの出会い/Brass Oriental Stranka
 (12/10/21 ・ 海老原美代子、タカダアキコ、MIHO、Izumi、Huleya、鈴木広志 )
・6/ 30 (木) ヒップホップ!黒い断層と21世紀 前・後篇 (13/7/21 )


THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左より)佐草夏美、竹澤悦子、田中美登里
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左より)関島岳郎、梅津和時、多田葉子
25年間の蔵出し大放出!! 竹澤悦子/梅津和時
 5月はまず「イマココ」な箏プレイヤー、竹澤悦子さんの出演回を13回アンコール。生田流の箏奏者である彼女は、沢井忠夫、一恵夫妻の門下。コンテンポラリーな活動を早くから展開した夫妻の影響もあってか、彼女にとってはジョン・ケージ、高橋悠治、クロノス・クァルテットなどが神様的な存在です。アンビエントな美しさを持つ吉村弘作品には、箏のクヮルテット「KOTO VORTEX 」でチャレンジ。90年代からライヴハウスにも進出し、他ジャンルの演奏家とも数多く共演しています。三味線伴奏で歌う地唄にも新境地を見せており、滑稽味を楽しむ「作物(さくもの)」というジャンルでは、杵屋正邦作の邦楽落語や新作にも挑戦!今という時間を呼吸し、未来へとつながる邦楽を模索しています。そんな竹澤さんのおよそ20年にわたる道のりを、たどってみてください。
 そして5月後半からは、サックス・プレイヤー梅津和時さんの回を14回。ジャズと言えば言えなくもないが、かつて生活向上委員会大管弦楽団で一世を風靡、その後、ドクトル梅津バンドを結成、以後DIVA、 シャクシャイン、ベツニ・ナンモ・クレズマなどのリーダーバンドを結成、 現在はKIKI BANDとこまっちゃクレズマ、新大久保ジェントルメンの3つのバンドを率いています。自己のバンドの活動と並行してRCサクセションのサポートでも知られています。まあジャンルはどうでもいいやね。吹けるところがあったらどこにでも参ります的な身軽さと、気軽さは「いつだっていいかげん」という著書のタイトルに表れていますが、実のところはどうなのでしょう?

≪竹澤悦子≫※()内は当時の放送日と竹澤以外のゲスト
・5/ 3 (火) 音と音、箏と箏 (94/5/21 ・ KOTO VORTEX  吉村弘 )
・5/ 4 (水) 箏とピアノのこと (96/8/31 ・ 板橋文夫 )
・5/ 5 (木) 女の決闘、KOTO VORTEXの世紀末 (97/1/19 ・ KOTO VORTEX )
・5/ 6 (金) KOTO VORTEXと吉村弘 (05/7/3 ・ 西陽子 丸田美紀 )
・5/ 7 (土) SAX MEETS KOTO  (07/10/14 ・ 川嶋哲郎 )
・5/ 10 (火) 箏と私のコト/筝が奏でる美女伝説初演   (10/11/21 )
・5/ 11 (水) 箏が奏でる美女伝説 箏協奏曲世界初演   (11/2/13 ・ 大塚茜 )
・5/ 12 (木) 邦楽落語「松山鏡」~"三味線で歌う"シリーズVol.2    (12/4/15 )
・5/ 13 (金) 悦ちゃんの「へちま」前篇   (13/2/17 ・ 佐草夏美 )
・5/ 13 (金) 悦ちゃんの「へちま」後篇  (13/2/24 ・ 佐草夏美 )
・5/ 14 (土) 竹澤悦子のおかしな三味線 前篇 (13/11/17 ・ 溝入敬三 )
・5/ 14 (土) 竹澤悦子のおかしな三味線 後篇 (13/11/24 ・ 溝入敬三 )

≪梅津和時≫※()内は当時の放送日と梅津以外のゲスト
・5/ 17 (火) 梅津和時の大仕事 (93/4/3 )
・5/ 18 (水) クラリネット大行進[1]クレズマ (93/9/18 ・ ピーター・バラカン  )
・5/ 19 (木) クラリネット大行進[2]世界のクラリネット音楽
       (93/9/25 ・ ピーター・バラカン  )
・5/ 20 (金) ウチナー・ジンタ、浅草フロート (94/10/29 ・ 大工哲弘 )
・5/ 21 (土) おめでと行進~ベツニ・ナンモ・クレズマ
       (94/12/24 ・ 巻上公一 東京ナミィ )
・5/ 24 (火) ラヴ・ラヴ・ブラスバンド (96/1/27 )
・5/ 25 (水) 梅津和時グループ、アジア珍道中 (97/3/16 ・ 太田惠資 )
・5/ 26 (木) 有機栽培音楽 (00/3/5 ・ こまっちゃクレズマ&パスカルズ )
・5/ 27 (金) 月光石のしっぽ/こまっちゃクレ2 (03/6/1 ・ 多田葉子 )
・5/ 28 (土) 如雷亦如露~金大煥記念・日韓文化芸術フェスティバル
       (04/11/7 ・ 大木雄高  )
・5/ 31 (火) 無伴奏演歌/梅津和時、演歌を吹く (09/1/18 )
・6/ 1 (水) いつだっていいかげんに60年/祝!梅津和時還暦 (09/9/13 ・ 多田葉子 )
・6/ 2 (木) こまっちゃクレズマの東北に捧ぐ (11/4/24 ・ 多田葉子 関島岳郎 )
・6/ 3 (金) 米仏中 震災追悼御礼ツアー・レポート
       (12/4/29 ・ 多田葉子 菱沼尚生 )


THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。