124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(火~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
岩瀬明美
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
サヨコ(左)、沢知恵(右)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
木村充輝(左)、OKI(右)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
中川敬(左)、おおたか静流(右)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
森山良子

 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!!~歌う人
 「歌手」と一言で言っても、いろいろなタイプの人がいます。ルーツもジャンルも性別も歌い方も生き方も。
 7月は「歌う人」と題して、21人の歌をアンコール放送します。中でも田中が印象深いのは2003年にご出演いただいた岩瀬明美さん。アメリカのロッキー山脈の大自然の中で、コヨーテや鳥たちにも届けとばかりに声を発し、日本民謡を歌う彼女。その生命力はそのまま歌のエネルギーとなって自然界にこだまする!それぞれの歌と人の物語をお楽しみください。

《歌う人》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月3日 (火) 歌とピアノとガーシュウィン (93/8/28 ・ デボラ )
・ 7月4日 (水) 夢の旅人 (95/3/18 ・ サヨコ )
・ 7月5日 (木) 控えめな人 1964年東京に生まれて (96/8/24 ・ あらきなおみ )
・ 7月6日 (金) 吉岡しげ美音楽詩集 女の愛と命を歌う (97/2/2 ・ 吉岡しげ美 )
・ 7月7日 (土) ワタシはダレでしょう? (97/6/1 ・ 沢知恵 )
・ 7月10日 (火) 流行歌(はやりうた) (97/10/19 ・ 木村充輝 )
・ 7月11日 (水) オペラな夢 (97/11/9 ・ ジ・エキセントリック・オペラ )
・ 7月12日 (木) ソウルフラワー、ヤポネシアをゆく (97/12/7 ・ 中川敬 )
・ 7月13日 (金) 吉祥寺純情派 (98/4/5 ・ 増田裕子 )
・ 7月14日 (土) 鳥のように歌え! (98/9/20 ・ OKI、WAAK WAAK JUNGI )
・ 7月17日 (火) 音楽の極道者 (99/11/7 ・ 中川敬 )
・ 7月18日 (水) SAD & BLUE (02/6/16 ・ 宇崎竜童 )
・ 7月19日 (木) 渚ようこの華麗な世界 (02/9/15 ・ 渚ようこ )
・ 7月20日 (金) おおたか静流の日本歌曲 (02/10/6 ・ おおたか静流 )
・ 7月21日 (土) ボサノヴァな時 (03/1/5 ・ 山本のりこ )
・ 7月24日 (火) 私の歌の素 (03/3/16 ・ 森山良子 )
・ 7月25日 (水) 歌の癒しと安らぎ (03/4/6 ・ 佐野成宏 )
・ 7月26日 (木) 古賀政男生誕百年記念 古賀メロ in ウィーン (03/11/16 ・ 藍川由美 )
・ 7月27日 (金) 日本民謡 in USA (03/11/30 ・ 岩瀬明美 )
・ 7月28日 (土) アミチエ(友情) (04/7/17 ・ かずみとまや )
・ 7月31日 (火) 月夜にこんな夢を見た (06/11/26 ・ 中山うり )

THE AUDIOオンエア曲リスト


田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
ヴェーセン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
ザッハトルテ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
沖仁

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
笹久保伸

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
町田良夫
25年間の蔵出し大放出!!~ギタリスト系/町田良夫
 6月5日からはギタリストの登場回を15回お送りします。クラシック・ギターの木村大から、モダン・フラメンコのカニサレスまでギター音楽の幅広さを堪能できますよ。ソリストばかりでなく、ヴェーセンやザッハトルテ、ショーロ・クラブなどギターを含む凄腕アンサンブルもまた楽し!スタジオでの生演奏も盛りだくさんです。
 そして、6月26日からの5回は町田良夫さんの登場回。もともと美術系の人だけあって、音・音楽への感性はとてもユニーク。カリブ海に縛られないスティールパンの響きや手作り楽器など、オルタナティヴな発想が魅力です。

《ギター系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 6月5日 (火) ギターは素敵 (98/2/1 ・ 小川和隆 )
・ 6月6日 (水) 静かな音楽 (00/11/5 ・ つのだたかし09 )
・ 6月7日 (木) 大 二十歳 ギターと駆ける (02/3/17 ・ 木村大 )
・ 6月8日 (金) 現実はいろいろな色 (02/8/4 ・ レイ・サンドバル 宮田信 )
・ 6月9日 (土) スティール・ギターの子守歌 (02/8/18 ・ 高田漣 )
・ 6月12日 (火) 巷で噂のブルース・ギタリスト (03/12/7 ・ 長見順 )
・ 6月13日 (水) スウェーデンから初来日ヴェーセンを迎えて
 (04/4/17 ・ ヴェーセン )
・ 6月14日 (木) 今歌いたい歌/南に帰る
 (07/7/1 ・ つのだたかし アリエル・アッセルボーン )
・ 6月15日 (金) 京都のカフェからボンジュール! (08/3/30 ・ ザッハトルテ )
・ 6月16日 (土) 三つ巴で20年/結成20周年のショーロクラブ
 (09/8/9 ・ ショーロクラブ )
・ 6月19日 (火) ロマンチッ区にパン区に! (10/8/8 ・ ザッハトルテ )
・ 6月20日 (水) フラメンコの飛翔 (10/9/5 ・ 沖仁 )
・ 6月21日 (木) 笛がむせび、ギターがなく~日本のうた
 (17/7/23 ・ 一噌幸弘、高木潤一 )
・ 6月22日 (金) 僕のギター明日への記憶 (17/9/17 ・ 笹久保伸 )
・ 6月23日 (土) カニサレスのパッションと洗練 (18/5/6 ・ カニサレス )

《町田良夫》 ※()内は当時の放送日と町田以外のゲスト
・ 6月26日 (火) エロクトロな世界 (04/2/15 ・ 杉本佳一  安永哲郎 )
・ 6月27日 (水) 風に吹かれてスチールパン (06/7/30 )
・ 6月28日 (木) 進化するスティールパン (09/3/22 )
・ 6月29日 (金) 音の粒、音の輝き/THE SPIRIT OF BEAUTY (10/11/14 )
・ 6月30日 (土) Walk With Yoshio Machida/不思議サウンドの世界 (17/11/19 )
THE AUDIOオンエア曲リスト


田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
悠雅彦(左)セシルテイラー(右)
(1992年来日時の写真)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大竹昭子、荒木町を歩く
25年間の蔵出し大放出!!
追悼~セシル・テイラー/即興系/文筆家・大竹昭子
 ジャズ・ジャイアンツの中でも特別な存在として知られたピアニスト、セシル・テイラーが4月5日、亡くなりました。89歳でした。フリー・ジャズの先駆者として知られますが、クラシックや現代音楽にも通じ、独自の世界を表出しました。1973年に初来日、日本のジャズ界にも大きな影響を与えました。5月1日と2日は、2013年に京都賞思想・芸術部門(音楽分野)を受賞した際に、初来日のステージでMCを務めたジャズ評論家の悠雅彦さんと、音楽学者の細川周平さんが出演した番組で、セシルをしのびます。

3日、4日、5日は即興系の音楽家による演奏をご堪能ください。

 そして5月8日からの20回は文筆家、大竹昭子さんの出演回を放送します。実は大竹さんが出演された初期の回、1990年から92年までの4回は、局に録音が残っていませんでした。今回、大竹さんにお尋ねしたところ、放送同録のカセットテープをちゃんと取っておいて下さったことが分かり、番組を復元することができました!初出演はカナダ生まれの作曲家コリン・マックフィーのバリ島滞在記を大竹さんが翻訳した「熱帯の旅人」出版に際してでした。また足しげく通っていた沖縄について語った「愛しの沖縄」や東京の闇に潜む霊を語った「東京の怪談」など、語りの面白さが光ります。足で歩いて街の積み重ねてきた歴史や物語を読み解いていく街歩きも、大竹さんの真骨頂です。そこに読書の楽しみも加わります。聴いて楽しい大竹ワールド、ご期待ください。

《追悼~セシル・テイラー》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月1日 (火) 京都賞受賞おめでとう!セシル・テイラー Vol.1 (14/1/12 ・ 悠雅彦 )
・ 5月2日 (水) 京都賞受賞おめでとう!セシル・テイラー Vol.2 (14/1/19 ・ 細川 周平 30分 )

《即興系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月3日 (木) TOKYO FM SPECIAL LIVE Vol.1 (94/1/16 ・ 一噌幸弘ほか )
・ 5月4日 (金) TOKYO FM SPECIAL LIVE Vol.2 (94/1/23 ・ 一噌幸弘ほか )
・ 5月5日 (土) カンパニー・ウィーク白州'93 (93/9/11 ・ デレク・ベイリー(G)竹田賢一(大正琴)井上敬三(Sax)大倉正之助(大鼓)一噌幸弘(笛)吉沢元治(B)永田砂知子(Perc)沢井一恵(箏)大熊ワタル(Cl)巻上公一(Vo) )

《大竹昭子》 ※()内は当時の放送日と大竹以外のゲスト
・ 5月8日・9日 (火・水) 1930年代のバリ~熱帯の旅人コリン・マクフィー (90/11/3 )
・ 5月10日 (木) 愛しの沖縄 (91/5/18 )
・ 5月11日 (金) 東京の怪談 (91/8/3 )
・ 5月12日 (土) オキネシアへようこそ~映画「パイナップル・ツァーズ」公開にちなんで (92/4/25 ・ 照屋林助 「パイナップル・ツァーズ」の3監督(真喜屋力、中江裕司、當間早志) )
・ 5月15日 (火) 旅ではなぜかよく眠り (95/9/2 )
・ 5月16日 (水) ベイエリア、蜃気楼の街 (96/8/17 )
・ 5月17日 (木) アジアでカラオケOK! (97/5/18 ・ カズコ・ホーキ )
・ 5月18日 (金) 耳が悦ぶバリ・エステ (97/8/3 )
・ 5月19日 (土) 東京のビルの下、地下鉄(メトロ)は走る (97/12/28 )
・ 5月22日 (火) 「わたし」が街に溶けて行く (99/4/4 )
・ 5月23日 (水) 東京山の手ハイカラ散歩/高輪・白金台界隈 (99/10/17 )
・ 5月24日 (木) 須賀敦子のミラノ (01/5/27 )
・ 5月25日 (金) 須賀敦子の旅、大竹昭子の旅 (03/4/27 )
・ 5月26日 (土) きみのいる生活/スナネズミと暮らして (06/7/16 )
・ 5月29日 (火) 雨の日には朗読を/大竹昭子のカタリココ (09/7/5 )
・ 5月30日 (水) 妄想と現実/ソキョートーキョー~大竹昭子初の長編小説 (10/3/7 )
・ 5月31日 (木) NY1980 (10/11/7 )
・ 6月1日 (金) 読むとだれかに語りたくなる/大竹昭子の読書術  (12/1/15 )
・ 6月2日 (土) 日和下駄とスニーカー (12/9/23 )

THE AUDIOオンエア曲リスト


田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。