124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大工哲弘
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
新良幸人
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
寺島尚彦
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
古謝美佐子
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大島保克
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週5本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!!~私の沖縄
 当番組は沖縄をテーマにした回がとても多いのです。島唄大好き!栄町市場の大好き!喜納昌吉さんの存在はずっと以前から知っていましたが、島唄を大好きになったのはネーネーズの登場が大きいです。節回しやリズム感も好きですが、「テーゲー」とか「なんくるないさー」のゆるい感覚が自分にぴったりフィットしたのかもしれません。
 そんなわけで、6月は様々な方が「私の沖縄」を語って下さった番組の中から、26本を一挙放送します。中でも、6月9日に放送する「桜の木の下で、月に向かって歌え」は島唄の大工哲弘さんが、西荻窪の「アケタの店」(今年で40周年だそうです。おめでとうございます!)でライヴをした日の録音です。ライヴの後、近くの善福寺公園にみんなで夜桜見物に出かけたのですが、その夜はちょうど満月。途中で歌が始まり、「生活の柄」や「炭坑節」(月が出た出た、月が出た~♪)を大合唱、一緒にいた梅津和時さんがサックスを吹きながら、私に「はよ、録音せんかい!」と合図を送ってきたのです。そりゃ、私も踊りながら録音しましたとも!長い番組の歴史の中でも、もっとも印象深く幸せな瞬間でした。
 これらの番組を通して、沖縄の風を感じていただけたら嬉しいです。
 6月23日は「沖縄慰霊の日」であることもお忘れなく。

《私の沖縄》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・6月1日 (木) オキナワ・ラティーナ (93/11/13 ・ アルベルト城間 細川 周平 )
・6月2日 (金) ザ・ショウ・ケース・オキナワ1994 (94/3/19 ・ 野田隆司 )
・6月3日 (土) 喜納昌吉の"歌を捜して" (94/3/26 ・ 喜納昌吉 )
・6月5日 (月) ペルーへ行ったよ!アルベルト城間の里帰り公演
    (94/7/30 ・ アルベルト城間 )
・6月6日 (火) ウチナージンタ浅草フロート
    (94/10/29 ・ 大工哲弘 梅津和時 )
・6月7日 (水) 寄らてぃ来 ゆらてぃく 踊り遊ば (95/2/11 ・ 新良幸人 )
・6月8日 (木) お笑いチャンプルー (95/7/8 ・ 玉城満 )
・6月9日 (金) 桜の木の下で、月に向かって歌え
    (96/4/13 ・ 大工哲弘 梅津和時ほか )
・6月10日 (土) 【TWMWスペシャル】オレの直球人生~板橋文夫、沖縄ピアノひとり旅 (96/5/25 ・ 板橋文夫 大工哲弘ほか )
・6月12日 (月) オキナワン・グルーヴ (96/7/6 ・ 新良幸人 上地正昭 )
・6月13日 (火) 島唄饗宴 (97/6/8 ・ 知名定男 )
・6月14日 (水) お月さま~板橋文夫、沖縄ピアノひとり旅PART2
     (97/10/5 ・ 板橋文夫 )
・6月15日 (木) 獏のうた (98/5/24 ・ 高田渡 )
・6月16日 (金) オキナワン・ブルース (99/8/29 ・ 平安隆 )
・6月17日 (土) off note特集Vol.1神谷一義の沖縄コネクション
     (00/4/23 ・ 神谷一義ほか )
・6月19日 (月) 登川誠仁のCDをプロデュースして (01/5/13 ・ 藤田正 )
・6月20日 (火) 天架ける橋 (01/7/1 ・ 古謝美佐子 佐原一哉 )
・6月21日 (水) どんとの愛した沖縄 (01/7/8 ・ 小嶋さちほ )
・6月22日 (木) ウチナー・ゴスペル (02/1/6 ・ 新垣勉 )
・6月23日 (金) 島時間 (02/4/28 ・ 大島保克 )
・6月24日 (土) 沖縄音楽の30年Vol.1 (02/5/12 ・ 細川周平 )
・6月26日 (月) 沖縄音楽の30年Vol.2 (02/5/19 ・ 細川周平 )
・6月27日 (火) 「さとうきび畑」で (02/9/8 ・ 寺島尚彦 寺島夕沙子 )
・6月28日 (水) 蓬莱行 (03/2/9 ・ 大工哲弘 )
・6月29日 (木) 二十歳の沖縄 (03/5/25 ・ 神谷千尋 )
・6月30日 (金) さとうきび畑から (03/6/8 ・ 寺島尚彦 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
「帝都クラシック探訪」歌舞伎座にて。片山杜秀(左) 山崎浩太郎(右)
25年間の蔵出し大放出!!~東京街歩き/奄美系/バリ音楽
 風薫る季節、街歩きには最適です。4月22日から5月13日までの19回は、「東京街歩き」と題して、スタジオを飛び出して東京の街をお散歩したプログラムをお届けします。新宿や渋谷といった繁華街、中央線文化や地下鉄にまつわる物語、月島や浅草などの下町、ベイエリアに新しく作られた町、さらに小笠原(ここも東京都!)まで、人と音楽とが交差して街が様々な表情を見せてくれます。さあ、ご一緒に出掛けましょう!

 5月15日からの5日間は「奄美系」。奄美の島唄をプロデュースする森田純一さんの回が4回、28日は今や奄美の島唄を代表する歌手に成長した中村瑞希とメジャーデビュー前の中孝介らが出演。スタジオでのライヴも必聴です!

 5月20日から31日の10回はバリの音楽を特集。バリでガムランの修業をした皆川厚一、飯田茂樹、ロチェン氏などバリのガムラン名人、舞踊家、儀礼音楽の研究者、MIDIで新しいバリ音楽を作る音楽家などが出演、バリを様々な角度から体験するチャンンスです。スタジオでのエキサイティングなライヴもお楽しみに。

《東京街歩き》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・5月1日(月)オン・ザ・ロード・アゲイン~音はいま郊外に向かう
       (95/5/13・延江浩)
・5月2日(火)旅ではなぜかよく眠り(95/9/9・大竹昭子)
・5月3日(水)ディズニーランドを右に見て
       ~「日本製少年」公開にちなんで(95/11/25・及川中)
・5月4日(木)ウソンコはイヤだ!
       ~駿河台、吉祥寺フリー・ミュージック・スペース
       (95/12/9・大里俊、小野寺明佳、佐藤隆史、
             ソノダサトシ、植野くん)
・5月5日(金)ベイエリア、蜃気楼の街(96/8/17・大竹昭子)
・5月6日(土)公園がいいね~フォークな風景(96/9/21・曽我部恵一)
・5月8日(月)東京のビルの下、地下鉄(メトロ)は走る
       (97/12/28・大竹昭子)
・5月9日(火)「わたし」が街に溶けて行く(99/4/4・大竹昭子)
・5月10日(水)東京山の手ハイカラ散歩/高輪・白金台界隈
        (99/10/17・大竹昭子)
・5月11日(木)トム・ウェイツと浅草で(99/12/12・城山隆)
・5月12日(金)日和下駄とスニーカー(45分)(12/9/23・大竹昭子)
・5月13日(土)帝都クラシック探訪 前篇(16/4/24・山崎浩太郎&片山杜秀)
        帝都クラシック探訪 後篇(16/5/1・山崎浩太郎&片山杜秀)

《奄美系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・5月15日(月)唄の島・奄美(02/7/28・森田純一)
・5月16日(火)奄美発マリカミズキ(04/5/16・森田純一)
・5月17日(水)アマミノシマウタ(05/1/23・森田純一)
・5月18日(木)ウタのDNA~奄美のシマ唄
        (05/4/3・中村瑞希、中孝介、山田葉月)
・5月19日(金)アマミノシマウタ三昧(07/1/21・森田純一)

《バリ系》
・5月20日(土)心はいつもバリ~僕のガムラン武者修行
        (94/7/23・皆川厚一、飯田茂樹)
・5月22日(月)一人で三人分~バリのガムラン名人ロチェン氏登場
        (95/7/15・イ・ワヤン・ロチェン 、
              イ・クトゥットゥ・スカヤナ、
              飯田茂樹・彰子)
・5月23日(火)第2回世界ガムラン・フェスティバル
        (96/3/2・飯田茂樹、武藤智子)
・5月24日(水)耳が悦ぶバリ・エステ(97/8/3・大竹昭子)
・5月25日(木)真理ちゃんのバリ島留学記(00/4/9・鍋島真理)
・5月26日(金)バリ舞踊に選ばれて(00/11/26・小谷野哲郎)
・5月27日(土)真理ちゃんのバリ島留学記PART2、デンポス・アワード
        (01/4/15・鍋島真理)
・5月29日(月)真理ちゃんのバリ島留学記番外編~MIDIでガムラン
        (01/12/9・鍋島真理、カデ・スアルダナ)
・5月30日(火)バリの若きダランとグンデル奏者
        (05/8/7・鍋島真理、マルディコ・ブアナ、
              カデ・ブディ・セティアワン、
              クトゥット・スカヤナ、コマン・アリアワン、
              ワヤン・スプラプタ)
・5月31日(水)カデとワヤン(05/11/20・Kadek、皆川厚一)


THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

25年間の蔵出し大放出!! 映画監督・若松孝二/東京街歩き
 4年前に亡くなった映画監督、若松孝二さんは4月1日がお誕生日。この日からはその出演回18回を一気にお届けします。「キャタピラー」「実録連合赤軍、浅間山荘への道程」、古くは「胎児が密猟する時」や「天使の恍惚」など60年代から50年にわたって映画を撮り続けてきた若松監督の作品は、「暴力とセックス」という2つの要素で語られることが多いのですが、その根底には、権力に刃物を突きつける反骨精神と同時に、弱者によりそう心がありました。4月21日にはミュージックバード・スペシャルとして放送されたドキュメンタリー番組「ぶどう畑の天使たち」も再放送します。栃木県足利市にある知的障害者の施設「こころみ学園」と、その園生たちがぶどうを育ててワインを作る「ココファーム・ワイナリー」を取材した番組です。そのユニークな運営をレポートするのが若松監督です。1999年に放送し、第26回放送文化基金賞ラジオ番組賞を受賞しました。世の中に切りかかるような映像表現とはまた違った顔を若松監督が見せています。

 風薫る季節、街歩きには最適です。4月22日から5月13日までの19回は、「東京街歩き」と題して、スタジオを飛び出して東京の街をお散歩したプログラムをお届けします。新宿や渋谷といった繁華街、中央線文化や地下鉄にまつわる物語、月島や浅草などの下町、ベイエリアに新しく作られた町、さらに小笠原(ここも東京都!)まで、人と音楽とが交差して街が様々な表情を見せてくれます。さあ、ご一緒に出掛けましょう!

THE AUDIOオンエア曲リスト


若松孝二≫※()内は当時の放送日と若松以外のゲスト
・4月1日(土)「エンドレス・ワルツ」(95/9/30)
・4月3日(月)唐十郎、若松孝二のラジカル・トーク(96/10/27)
・4月4日(火)新宿マッド‘98(98/1/11・唐十郎)
・4月5日(水)野に遊ぶ~蓼科に小津安二郎を訪ねて
       (98/10/18・井上和男)
・4月6日(木)風に向かって~若松孝二・中川敬のアイルランド紀行
       (98/12/6・中川敬)
・4月7日(金)オレがフーテンだった頃(99/11/14・J.A.シーザー)
・4月8日(土)「愛のコリーダ」はこうして作られた(00/12/3)
・4月10日(月)2002年の「KT」(02/6/2・阪本順治)
・4月11日(火)映画梁山泊~「夜を賭けて」公開にちなんで
       (02/11/17・金守珍、郭充良)
・4月12日(水)帰ってきた荒戸源次郎「赤目四十八瀧心中未遂」
       (03/10/12・荒戸源次郎)
・4月13日(木)「完全なる飼育」、完全なる若松孝ニ(04/9/19)
・4月14日(金)止められるか、俺たちを(05/3/6・曽我部恵一)
・4月15日(土)活弁 若松孝二物語(05/7/24・山田広野)
・4月17日(月)若松コネクション(06/2/26)
・4月18日(火)Hey You!SHINJUKUにて(06/4/9・渚ようこ)
・4月19日(水)実録「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」
       (07/11/11)
・4月20日(木)俺の映画の作り方 監督人生50年(12/3/11)
・4月21日(金)ミュージックバード・スペシャル「ぶどう畑の天使たち」
       (99/5/30)

東京街歩き≫※()内は当時の放送日とゲスト
・4月22日(土)小笠原:リンクする歌の島
       (00/10/15・宮武希、リングリンクス)
・4月24日(月)新宿アンモ・ナイト~寺山修司と歩く1995年の新宿
       (95/5/29・川村万梨阿、 安彦麻理絵 他)
・4月25日(火)浜辺のアインシュタイン、或いは天王洲のアインシュタイン
       (92/10/3・竹田賢一)
・4月26日(水)泳ぐ楽園・東京版(93/6/26・三四朗)
・4月27日(木)0メートルからのまなざし~東京水運物語
       (94/8/6・瀬戸山玄)
・4月28日(金)ぼくは散歩とラジオが好き
       (94/12/3・斎藤晴彦 他)
・4月29日(土)中央線の呪い(95/1/21・三善里沙子)
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。