124chTHE AUDIO

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
マイク・モラスキー
★追悼~ピエール・バルー
 ピエール・バルーさんが12月28日に亡くなりました。82才でした。 フランス映画「男と女」の主題歌で作詞と歌を担当し、出演もした シンガーソングライター。自らたちあげた「サラヴァ」レーベルは、 2016年に50周年を迎え、フランスと東京で記念のコンサートを行いました。 ブラジル音楽をこよなく愛し、自由な心を持った音楽を世に送り続けました。 ミュージックバードTHE AUDIOで放送中の「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」には 2006年、2012年、2016年に5回にわたって、奥様のあつこさんと共にゲスト出演、 “羽の生えた魂”というべき人生哲学を語っていました。 彼は自分のことを「永遠の散歩者」と呼んでいました。 ピエールさんのご冥福を心からお祈りします。
 ミュージックバードではピエールさんのお誕生日にあたる2月19日の頃に その5回を追悼アンコールとして放送する予定。詳細は改めて発表します。

ゲスト出演してくださった時のピエール・バルーさん(左。右はあつこ夫人)
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週5本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!! えっ!こんな人もゲストに?!
 2017年のはまず、中古盤マニアにして演芸に通じる高本良彦さんの出演回を7回。寄席の気分も味わいながら笑っていただきましょう。同じくレコード・マニアの宮岡博英さんとの対決は抱腹絶倒!
 1月10日は1997年に出演した「つれれこ社中」の回を。メンバーの一人、上野茂都さんはその後、当番組のお馴染みとなりましたが、このグループの他のメンバーは鈴木常吉さんと桑畑繭太郎さん。桑畑さんは桑本正士の名で、音楽写真の世界で活躍し、音楽家のすばらしいポートレートを数々遺しました。11月26日に亡くなられたとのこと。桑本さんを偲んでアンコール放送します。
 1月11日からの6回は、ピアニストを4組(ザイラー夫妻、柴野さつき、小川典子、岡田敦子)ご紹介。それぞれに異なるやり方でピアノ音楽を展開する人たちの演奏と言葉に耳を傾けてみてください。
 1月18日から10回は、意外にも思える大物ゲストの方たちを集めてお送りします。実相寺さん、三波さん、坊屋さん、久世さん、牧さんはすでに天国の人に。何かを極めた人が語ってくださった言葉は私の大切な宝物です。
 そして1月最後は、日本文化の研究者にしてジャズ・ピアニストのマイク・モラスキーさんの回をアンコール。“居酒屋ナショナリスト”を名乗るマイクさん、今夜はどこで呑んでいるのでしょう?

≪高本良彦≫※()内は当時の放送日と高本以外のゲスト
・1/2 (月) 中古レコード再考、いや最高! (93/8/7 )
・1/3 (火) チャイコフスキー没後100年記念[1]
     歌うチャイコフスキー (93/10/30 )
・1/4 (水) 世紀末は圓生から (98/7/19 )
・1/5 (木) レコード・ジャンケン第1回戦 (98/9/6 ・ 宮岡博英 )
・1/6 (金) レコード・ジャンケン第2回戦 (98/9/13 ・ 宮岡博英 )
・1/7 (土) 浅草ぶらり散歩~寄席の楽しみ (00/11/12 ・ 春風亭柳好 )
・1/9 (月) 中古盤掘り出し物 (00/11/19   )

 
≪桑本正士さん追悼≫※()内は当時の放送日
・1/10 (火) つれれこな気分 (97/1/10 ・ つれれこ社中 )

 
≪ピアニスト篇≫※()内は当時の放送日とゲスト
・1/11 (水) 京都胡麻の里ピアノ物語 (94/1/22 ・ ザイラー夫妻 )
・1/12 (木) ペトロフに恋したピアノ姫 (96/11/3 ・ 柴野さつき )
・1/13 (金) ピアノで描く植物文様 (01/3/4 ・ 柴野さつき )
・1/14 (土) グレインジャーの音楽 (01/11/11 ・ 柴野さつき )
・1/16 (月) 元気ピアニスト、小川典子 (97/10/12 ・ 小川典子 )
・1/17 (火) 神への飛翔~最後のロマンティスト、スクリャービンの夢  
     (97/11/2 ・ 岡田敦子 )

 
≪えっ!こんな人もゲストに?!≫※()内は当時の放送日とゲスト
・1/18 (水) 1936年のワールド・ミュージック~カルミナ・ブラーナ
      (92/7/4 ・ 実相寺昭雄 )
・1/19 (木) 松本隆の"冬の旅" (92/12/26 ・ 松本隆 )
・1/20 (金) キューバ熱 (93/7/17 ・ 村上龍 )
・1/21 (土) 音頭はおまかせ (93/8/21 ・ 三波春夫 )
・1/23 (月) 美輪明宏~私の紋章・黒蜥蜴 (94/2/5 ・ 美輪明宏 )
・1/24 (火) あきれたぼうやだ! (94/10/16 ・ 坊屋三郎 細川周平 )
・1/25 (水) 赤と黒のブルース~ちあきなおみ特集 (96/9/28 ・ 久世光彦 )
・1/26 (木) 映画「式日」について (01/2/11 ・ 庵野秀明 藤谷文子 )
・1/27 (金) スペインの宇宙食またはブエノスアイレスの歌舞伎町
     (04/10/24 ・ 菊地成孔 )
・1/28 (土) 漫談家という音楽家 (11/5/1 ・ 牧伸二 )

 
≪マイク・モラスキー≫※()内は当時の放送日
・1/30 (月) マイクの見た日本ジャズ (05/8/28 )
・1/31 (火) 「呑めば、都!」居酒屋ナショナリスト宣言!/一人歩き・耳歩き
     (12/11/25・13/6/2 )

田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
海老原政彦
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
プロジェクトFUKUSHIMA!(左から)大友良英、遠藤ミチロウ 
25年間の蔵出し大放出!! 
音楽評論家・松山晋也/メタ・カンパニー 海老原政彦/音楽家・大友良英
 実験音楽やワールドミュージックからクラシックまで、全方位的に音楽を聴きまくり続ける評論家、松山晋也。彼が『スタジオ・ボイス』の編集者だったころからのお付き合いです。その後、編集長を経てフリーに。最近はその勢力的なお仕事ぶりに恐れをなして、お呼びする機会を逸しているのですが、12月1日~8日は、1992年から2005年までにご出演いただいた7回をアンコール放送します。ケルト色濃し!

 12月9日からの10回は“ワールドミュージックの味方”メタ・カンパニーの海老原政彦出演の10回を。80年代から90年代はオルターポップの齋藤明人さんや海老原さん周辺のワールドミュージック好きが集まってコンサートに行ったり、アジアン食事会をやったり、盛り上がっていたなあ。一時のブームのような見方をする人があるかもしれないけど、東西冷戦構造が崩壊し、移民・難民、宗教対立入り乱れる中、知っておくべき現実が音楽に表れていると思う。改めて移民の音楽、そしてそのルーツを聴くべし。

 朝ドラ「あまちゃん」の音楽によってお茶の間でも一大ブームを巻き起こした大友良英は、ノイズやフリージャズなど実験音楽シーンを代表する音楽家。当番組への初登場は約22年前、1995年1月14日です。まだインターネットが普及する前、西海岸に住むコンピューター・ミュージックの音楽家カール・ストーンと東京に暮らす大友が、DATに録音した音楽を往復書簡のように交換し合って作った音楽は、コミュニケーションそのものがテーマです。大音量のノイズを発する一方で、その頃すでに手掛けていた映画のサントラ(「青い凧」)で、心ふるわす抒情を描いた大友は番組の中で、「一貫性がないように聞こえるかもしれないが、映像に合わすのに“僕の音楽!”なんていう感じでやりたいとは全然思ってない。その人と何かやる中で、何かが生まれてくるっていう方が、僕にはずっと面白い仕事なんで」と語っています。島田雅彦の短編小説に大友が音楽をつけた「ミイラになるまで」や、相米慎二監督の遺作「風花」、魚喃キリコの原作を映画化した「Blue」のサントラをめぐっての回では、ひと、音、音楽、言葉、映像、すべてに心を開いて取り組む創作姿勢が語られます。さらに、故郷福島を取り戻すべく始めた「プロジェクトFUKUSHIMA!」への想いや、2011年8月15日のイヴェント・レポートからも、彼にとっての音楽とは、「人とつながること」というメッセージが聞こえてきます。12月21日~31日は、大友良英の出演した10回でその真実をご紹介します。

≪松山晋也≫※()内は当時の放送日
・12/1 (木) 魂のヴァイオリン~イヴァ・ビトヴァ来日にちなんで (92/12/5 )
・12/2 (金) アイリッシュ・ハート・ビート (93/10/23 )
・12/3 (土) コモン・グラウンド~ケルトに恋して (96/9/7 )
・12/5 (月) 永遠と野生/ケルト美術展にちなんで (98/4/19 )
・12/6 (火) 「耳に残るは君の歌声」公開にちなんで (01/12/23 )
・12/7 (水) 南の音楽~アルゼンチン音楽最新事情 (05/1/2 )
・12/8 (木) ファンファーレ・チョカリーアの村へ行った (05/5/29 )

≪海老原政彦≫※()内は当時の放送日と海老原以外のゲスト
・12/9 (金) W杯開幕直前緊急放送!!サンドニの対決 (98/6/8 ・ 細川周平 )
・12/10 (土) アフリカ音楽の新しい楽しみ方 (99/9/19 )
・12/12 (月) アビブ・コワテ特集 (01/7/22 ・ 各務美紀 )
・12/13 (火) アフリカのひなまつり (03/3/2 )
・12/14 (水) 年の終わりはアコーディオン三昧 (04/12/19 )
・12/15 (木) フランス移民の歌 (05/12/18 )
・12/16 (金) オクシタニア流チャンプルー主義 (06/3/19 )
・12/17 (土) 飛んで!レユニオン島 (11/7/24 )
・12/19 (月) 続・飛んで!レユニオン島 (12/7/22 )
・12/20 (火) 世界中で勝手にエチオピア音楽 (13/1/13 )

≪大友良英≫※()内は当時の放送日と大友以外のゲスト
・12/21 (水) 太平洋音楽走行論 (95/1/14 ・ カール・ストーン )
・12/22 (木) ゆうべECM色の夢を見た
(95/3/25 ・ 及川公生、小川美潮、細川周平、田中悠美子 、島田雅彦 )
・12/23 (金) 音の言葉、言葉の音~「ミイラになるまで」 (97/4/6 ・ 島田雅彦 )
・12/24 (土) 大友良英のサンプリング・ウィルス計画 (97/4/20 )
・12/26 (月) まぜこぜの快楽~第2回ミュージック・マージュ・フェスティバル
       (97/9/28 ・ 松原幸子 )
・12/27 (火) サンプリング・ウィルス計画完結篇 (98/3/1 )
・12/28 (水) 大友良英のサントラ愛 (01/1/14 )
・12/29 (木) 僕のBlue時代/映画「Blue」公開にちなんで  (03/3/30 )
・12/30 (金) プロジェクトFUKUSHIMA!  (11/7/3 ・ 遠藤ミチロウ、和合亮一 )
・12/31 (土) プロジェクトFUKUSHIMA!現在進行形  (11/9/11 )

田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
星川京児
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
武満徹
(写真提供:木之下晃アーカイヴス)

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
レナード・バーンスタイン
(写真提供:木之下晃アーカイヴス)

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
細川直子

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大工哲弘

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
サンディーブンブン
25年間の蔵出し大放出!!
音楽プロデューサー・星川京児/音楽写真家・木之下晃/トルコにとりこ~細川直子/ハワイをテーマに
 星川京児さんは世界の民族音楽や純邦楽の世界を縦横に見渡し、現代に発信するお仕事をしてきた名プロデューサーでした。残念ながら今年5月16日、肝臓がんのため63歳で亡くなりました。10月31日からの12回は星川さんの出演回を再放送、音楽への愛の溢れるお話が聞けますよ。彼の著書『粋酒粋音』をご紹介した回は、谷中に奥様が開いたお茶とお酒の店「ANOMA(アノマ)」での収録、次々に勧められる珍しいお酒と美味しいお料理に舌鼓!イヨーッポン、イヨーッポン!
 そして11月14日からの6回は音楽写真家、木之下晃さんの回をアンコール。音楽写真というジャンルが確立されたのは木之下さんの功績がものすごく大きいです。音楽家たちの仕事も素顔も至近距離で見続けた木之下さんが、仕事の流儀を語ります。
 クーデター未遂事件や度重なるテロなど、混迷の中にあるトルコ。これまでは政教分離原則によって、自由な発展を遂げてきたのですが・・・。トルコの音楽を研究しトルコ語を学んだ細川直子さんは1990年ごろから約20年間イスタンブールに滞在。帰国の際には、毎年のようにトルコ音楽のレポートをしてくれました。11月21日からは2005年から2012年にかけて放送した回をアンコール放送します。
 11月29日と30日はハワイをテーマにした回を。日本からの移民は沖縄からの人も多かったそうですが、島唄の歌手、大工哲弘さんが移民の心をうたった歌を披露。またフラダンスのインストラクターでもあるサンディーさんがブンBUNさんの演奏するカリンバの優しい音色と共演、自然と一体となった歌声は、どこまでも飛翔します。

≪星川京児≫※()内は当時の放送日
・10/31 (月) 世界の民族音楽ディスクガイド (02/6/30 )
・11/1 (火) 邦楽新感覚派PART1 (03/1/12 )
・11/2 (水) 邦楽新感覚派PART2 (03/1/19 )
・11/3 (木) 粋酒粋音 (04/6/13 )
・11/4 (金) 20周年の東京の夏音楽祭~イスラム圏の音楽をめぐって (04/6/27 )
・11/5 (土) 音の世界遺産シリーズ・スタート/ジェリ・ムサ・ジャワラ (06/1/22 )
・11/7 (月) オモシロ南インド~「インドのモーツァルト!?」  
     チトラヴィーナ・ラヴィキラン/音楽の世界遺産 (07/7/8 )
・11/8 (火) アリム・カシモフ/音楽の世界遺産 (08/5/25 )
・11/9 (水) ワールド・ルーツ・ミュージック・ライブラリー (08/11/2 )
・11/10 (木) メコンのブルーズ/コン・ナイ特集 (09/6/28 )
・11/11 (金) 民族音楽への誘い (09/12/6 )
・11/12 (土) 日本伝統音楽の粋 (16/1/31 )

≪木之下晃≫※()内は当時の放送日
・11/14 (月) バーンスタイン最後の演奏会 (92/10/10 )
・11/15 (火) 消えた壁の10年 (99/12/5 )
・11/16・17 (水)(木) 「クラシック自由時間」
       木之下晃写真展「世界の巨匠101人」前後篇 (05/7/24 )
・11/18・19 (金)(土) 「クラシック自由時間」
       写真家・木之下晃、武満徹を語る 前後篇 (05/9/11 )

≪細川直子≫※()内は当時の放送日と細川以外のゲスト
・11/21 (月) トルコにとりこPART20~祝!トルコにとりこ20回記念
       (05/7/31 ・ 山田広野 )
・11/22 (火) トルコにとりこPART21 (06/2/5 )
・11/23 (水) トルコにとりこPART22 (07/7/29 )
・11/24 (木) トルコにとりこPART23 (08/1/20 )
・11/25 (金) トルコにとりこPART24 (08/10/26 )
・11/26 (土) トルコにとりこPART25 (09/2/8 )
・11/28 (月) ピアニスト・作曲家・世界市民-ファジル・サイ (12/9/9 )

≪ハワイ系≫※()内は当時の放送日とゲスト
・11/29 (火) 蓬莱行 (03/2/9 ・ 大工哲弘 )
・11/30 (水) フラとカリンバで飛らら (10/6/6 ・ サンディーブンブン )
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。