124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
★1月より曜日が変わります (火~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
関口義人
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
有田正広

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大橋敏成

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左から)片山杜秀、山崎浩太郎

 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

25年間の蔵出し大放出!! ~関口義人/古楽系/片山杜秀
 バルカン半島の音楽を紹介するところからスターとした関口義人さんの音楽行脚は、その後ジプシーに深く向かいました。各地の集落を訪ねての取材、そしてユダヤや黒人音楽への視点へと広がっていきます。それは『オリエンタル・ジプシー』(青土社2008年)『ベリーダンスの官能』(青土社2012年)『ヒップホップ~黒い断層と21世紀』(青弓社2013年)『ユダヤリテラシーの視界』(現代書館 2015年)『トルコ音楽の700年』(DU BOOKS 2016年)などの著書に結実しています。12月は関口さんの2014年以降の出演回を1日から7回分アンコール放送します。
 “古楽”というと、かつては学究的な香りが高く、近寄りがたいイメージもありましたが、今や自由な即興や、民族音楽とも通じる魅力によって、新たなファンを獲得しています。6日からは有田正弘、諸岡範澄、濱田芳通、宮下宣子など第一線で活躍する演奏家の皆さんたちが古楽愛を語ります。またヴィオラ・ダ・ガンバ奏者であった大橋敏成さんや、バロック音楽の語り部、服部幸三さんといった故人のお声も聴けます。
 そして12月の最後、12日から30日は、政治思想史研究者にして音楽評論家でもある片山杜秀さんの回をアンコール。初登場は1996年、生誕110年の山田耕筰について語りました。片山さんの音楽行脚の原点は、伊福部昭をはじめとする怪獣映画の音楽ですが、戦前・戦中・戦後の日本人作曲家への視点は、この夏のサントリー・サマー・フェスティバル2017のプロデュースに結実し、大きな反響を呼びました。かつての番組を聴くと、それが予言に満ちたものだったことが実感されます。

《関口義人》 ※()内は当時の放送日と関口以外のゲスト
・12月1日 (金) アメリカで栽培された世界音楽/ユダヤの音楽
     (14/3/30・15/5/17 )
・12月2日 (土) クルド、トルコ、イスラエル 前・後篇
     (15/11/15・15/11/22 )
・12月4日 (月) セファルディの歌、イスラエルのジャズ
      (16/1/17 ・ 岡庭矢宵、ギラード・ハツアヴ )
・12月5日 (火) トルコ音楽の700年 前・後篇 (16/11/13・16/11/20 )

《古楽系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・12月6日 (水) 僕の大好きなフラウト・トラヴェルソ (92/9/12 ・ 有田正広 )
・12月7日 (木) 人をうっとりとさせ、ユーモアで活気づけるマラン・マレの音楽
     (93/2/13 ・ 大橋敏成 )
・12月8日 (金) モンテヴェルディの帰還 (93/12/25 ・ 服部幸三 )
・12月9日 (土) 森の木陰でドンジャラホイ!
     (96/7/20 ・ 松本雅隆 上野哲男 (カテリーナ古楽合奏団) )
・12月11日 (月) ピリオド楽器でロマン派を/オーケストラ・シンポシオン
     (03/5/18 ・ 諸岡範澄 桐山建志  緒方淳一 安田和信 )
・12月12日 (火) 父は古楽、母は民族音楽、僕の兄弟は即興さ!
      (07/2/4 ・ 濱田芳通 )
・12月13日 (水) 目白バ・ロック音楽祭2007 (07/5/20 ・ 武田浩之 )
・12月14日 (木) 笛の巌流島/東西笛対決 (08/1/13 ・ 有田正広 一噌幸弘 )
・12月15日 (金) 丸がハートに!/目白バ・ロック音楽祭2008
     (08/4/27 ・ 武田浩之 )
・12月16日 (土) ブリュッヘン、わが心の師
     (14/11/30 ・ 有田正広 一噌幸弘  高本一郎 )
・12月18日 (月) 歌うサクバット/サクバットの祈り
     (15/4/5・17/5/21 ・ 宮下宣子 )

《片山杜秀》 ※()内は当時の放送日と片山以外のゲスト
・12月19日 (火) 名はコサック、心はスキゾ~山田耕筰生誕110年 (96/6/8 )
・12月20日 (水) 戦争と音楽 (96/6/15 )
・12月21日 (木) チェレプニン を知っていますか (00/2/27 )
・12月22日 (金) 輸入盤生活のススメ (02/7/21 ・ 山崎浩太郎 )
・12月23日 (土) ベリオ追悼 (03/6/22 )
・12月25日 (月) よみがえる大澤寿人 (04/6/20 )
・12月26日 (火) 音楽は読むことと見つけたり (10/2/28 )
・12月27日 (水) ゴジラと日の丸 (11/1/30 )
・12月28日 (木) 音楽はニッポンを救えるか!?「線量計と機関銃」出版記念
      (12/8/25 ・ 高橋源一郎 )
・12月29日 (金) 麻木久仁子と片山杜秀の年忘れ時事放談/片山杜秀のレコード巡礼~『現代政治と現代音楽』刊行記念 (12/12/16・13/12/15 ・ 麻木久仁子  )
・12月30日 (土) 帝都クラシック探訪 前篇:新橋~銀座~有楽町
     後篇:日比谷界隈(16/4/24・16/5/1 ・ 山崎浩太郎 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
悠雅彦(左)セシルテイラー(右)
(1992年来日時の写真)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
ピーター・バラカン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
直川礼緒
25年間の蔵出し大放出!! ~悠雅彦/ピーター・バラカン/直川礼緒
 11月1日で傘寿を迎えるジャズ評論家、悠雅彦さんのゲスト回をこの日から6回お届けします。その柔軟な耳は、韓国の伝統音楽やキューバ音楽にも敏感です。
 独特の嗅覚とこだわりの哲学でワールドワイドな音楽情報を発信するピーター・バラカンさん、90年代には何度も登場していただいていました。マルコムXからジプシー音楽まで、縦横に語った11回を11月8日から。
 倍音に魅せられて20数年。90年には日本口琴協会を立ち上げ、口琴を様々な角度から研究、普及活動に努めている直川礼緒さん。そのゲスト9回を11月21日から。

《悠雅彦》 ※()内は当時の放送日と悠以外のゲスト
・11月3日 (金) 斎藤クン・ミーツ・金サン~ユーラシアン・エコーズ'94
     (94/8/13 ・ 斎藤徹 )
・11月4日 (土) セニョール・ユウはムラータがお好き (95/6/17 )
・11月6日 (月) キムチ・ブルースが俺を呼ぶ (96/5/11 )
・11月7日 (火) 京都賞受賞おめでとう!セシル・テイラー Vol.1 (14/1/12 )

《ピーター・バラカン》 ※()内は当時の放送日とバラカン以外のゲスト
・11月8日 (水) X印のブラック・ミュージック (93/3/27 )
・11月9日 (木) もうグレツキを聴きましたか? (93/8/14 )
・11月10日 (金) クラリネット大行進[1]クレズマ (93/9/18 ・ 梅津和時 )
・11月11日 (土) クラリネット大行進[2]世界のクラリネット音楽
     (93/9/25 ・ 梅津和時 )
・11月13日 (月) 反復と陶酔の方程式~ギャビン・ブライアーズ (94/2/12 )
・11月14日 (火) バスク音楽万華鏡 (98/8/30 )
・11月15日 (水) 驚異のアイリッシュ・ダンス~リヴァーダンス (99/2/21 )
・11月16日 (木) チーフタンズの軌跡(奇蹟) (99/4/11 )
・11月17日 (金) 僕の十年、地球の十年 (99/4/25 ・ 細川周平 )
・11月18日 (土) 映画と音楽~東京の夏音楽祭2000 (00/7/2 )
・11月20日 (月) ジプシーの陶酔 (01/5/6 )

《直川礼緒》 ※()内は当時の放送日と直川以外のゲスト
・11月21日 (火) オレたち倍音族 (95/5/20 ・ 鈴木栄史 )
・11月22日 (水) 草原の吟遊詩人/ハカスの音楽家たちを迎えて
     (97/7/6 ・ ハカスの音楽家 )
・11月23日 (木) びょんびょんのシビレ脳 (98/1/18 ・ 巻上公一 )
・11月24日 (金) 新発明口琴王、ザグレッジーノフ参上!
     (06/1/29 ・ ローベルト・ザグレッジーノフ )
・11月25日 (土) 第一回国際口琴フェスティバル in 東京
     (08/10/5 ・ 田口丈人 )
・11月27日 (月) 口琴で幸せになる!/第一回国際口琴フェスティバル in 東京 (08/11/9 )
・11月28日 (火) 西比利亜発電脳空間行 (11/8/21 )
・11月29日 (水) ジャパニスタンの音楽 (14/8/17 )
・11月30日 (木) 口琴にしびれて/サハの口琴博物館25周年イベント参加報告 (16/4/10 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
板橋文夫 辺野古にて。
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
古謝美佐子

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大島保克

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大嶋義実
25年間の蔵出し大放出!! ~沖縄篇/大嶋義実(Fl)
 10月は当番組の数ある沖縄篇から21本をアンコール放送。並んだラインナップを見ると、沖縄の人はやっぱり歌が好きなんだなあ!と。沖縄をリスペクトするピアニストの板橋文夫さんとは、おととし辺野古まで行きました。土砂降りの雨の中、基地反対運動のテントの中でピアニカを吹いた板橋さん、ウチナンチュ―に気持ちが寄り添いました。
 フルーティストの大嶋義実さんと初めて会ったのは1989年の「プラハの春音楽祭」取材の折。プラハ放送響の首席フルート奏者だった大嶋さんは、社会主義体制下のチェコスロバキアで、貴重な体験をいろいろした人です。消費されない音楽の良さもよく知ってるよね。
お楽しみに!

《沖縄系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・10月2日 (月) 琉球今昔 (03/9/14 ・ 大須賀猛 阿部一幸 )
・10月3日 (火) 三線連りてぃ (03/9/21 ・ よなは徹 )
・10月4日 (水) 旅の途中で「月虹」を見た (03/12/21 ・ 新良幸人 )
・10月5日 (木) 蘇るマルタカ・レコード (04/2/29 ・ 藤田正 )
・10月6日 (金) オジイと俺と (04/5/2 ・ 知名定男 )
・10月7日 (土) 島への想い、島からの願い (05/3/27 ・ 池田卓 )
・10月9日 (月) テクノで踊ろうカチャーシー (05/7/10 ・ 琉球ディスコ )
・10月10日 (火) オキナワン・レゲエ (05/8/21 ・ U-DOU&PLATY )
・10月11日 (水) 琉球フェスティバル10周年 (05/9/18 ・ 阿部一幸 )
・10月12日 (木) 琉球フェスティバル2006 (06/9/3 ・ 阿部一幸 )
・10月13日 (金) 夏本番!沖縄から熱風が!!/琉球フェスティバル2007
     (07/7/15 ・ 桑江 知子 阿部 一幸 )
・10月14日 (土) Aurasiaはどこにある (08/10/12 ・ 神谷一義ほか )
・10月16日 (月) 廻る命 (08/10/19 ・ 古謝美佐子 )
・10月17日 (火) 沖縄で生まれたウタ (09/5/3 ・ 新良幸人 )
・10月18日 (水) 御祝さびら(うゆえさびら)~旧正月は青山で沖縄三昧! (10/1/10 ・ 阿部一幸(オフィス・マンディ)宮良牧子 仲宗根忍(オレンジクローバー)崎枝大樹 植松創(BEE! BANG! BOO!) )
・10月19日 (木) 島渡る唄~"三味線で歌う"シリーズVol.3
     (12/4/22 ・ 大島保克 )
・10月20日 (金) M・A・B・U・I  (14/11/23 ・ 板橋文夫FIT! )
・10月21日 (土) マルチーズロックめいどいん栄町市場 
     (10/6/20 ・ マルチーズロック )
・10月23日 (月) マルチーズロック ダウンタウンパレード 
     (16/9/11 ・ マルチーズロック )
・10月24日 (火) 板橋文夫、辺野古に行く(15/6/21 ・ 板橋文夫 )
・10月25日 (水) 板橋文夫の「辺野古へ行ったよ!」 (15/6/28 ・ 板橋文夫 )

《大嶋義実》 ※()内は当時の放送日
・10月26日 (木) 48Kの響き~黄金のフルート (99/8/1 )
・10月27日 (金) 高崎・ベルリンコネクション (02/2/17 )
・10月28日 (土) ワクワク・モーツァルト
      ~モダン・フルートでピリオド奏法に挑戦! (08/7/27 )
・10月30日 (月) 年の始めはフルートから (11/1/2 )
・10月31日 (火) 音楽力が高まるヒミツの書 (12/2/5 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。