126chSUPER LEGEND 名盤チャンネル

ポール・ウェラー


2017年5月3日(水)~4日(木) 8:00~&16:00~
再放送=5月9日~10日・20日~21日
25日~26日・29日~30日8:00~&16:00~
ポール・ウェラー
 1958年英国生まれ。ビートルズに憧れ音楽をはじめ、60年代初頭のモッズ・ムーブメントに大きな影響を受けたポール・ウェラーは、1977年『The Jam』のヴォーカリスト/ギタリストとしてデビューします。パンク/ニューウェイヴ全盛の当時、タイトなモッズ・スーツに身を包み、アメリカン・ソウルミュージックを歯切れの良い8ビートで演奏するというクールなスタイルは、他のバンドと一線を画す存在で大きな反響を呼びました。よりブラック・ミュージックに傾倒したポールはThe Jamを解散し、『Style Council』を結成。前衛的でありながらポップで洗練された楽曲で、日本でも多くのファンを獲得しました。90年の解散後はソロとして活動。オーシャン・カラー・シーンやオアシスといった若い世代のアーティストからリスペクトを受け、UKロック/ソウルの重鎮として君臨し続けています。
 今年はデビューから40年。元ボクサーの人生を描いた映画『JAWBONE』で、キャリア初となる映画音楽を担当し、60歳を間近にしても枯れることのない才能を見せています。
 番組では、The Jam~Style Council~ソロまで、時代を追って変化を見せるポール・ウェラーのサウンドを堪能します。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) In the City/The Jam

1977年発売、既にライヴバンドとして一部の熱狂的なファンに支持されていたThe Jamの1st。THE WHOに影響を受けた、疾走感あふれるパンクサウンドが楽しめます。シングル「In The City」、ビートルズによるカバーでおなじみの「Slow Down」等を収録。

■収録曲

  1. Art School
  2. I've Changed My Address
  3. Slow Down
  4. I Got By In Time
  5. Away From The Numbers
  6. Batman
  7. In The City
  8. Sounds From The Street
  9. Non Stop Dancing
  10. Time For Truth
  11. Takin' My Love
  12. Bricks And Mortar

2) This Is The Modern World/The Jam

1977年発売。パンク/ニュー・ウェイヴの波に乗りつつも、勢いだけではなく芸術性を追求した過渡期の作品。「The Modern World」「In The Midnight Hour」等を収録。

■収録曲

  1. The Modern World
  2. London Traffic
  3. Standards
  4. Life From A Window
  5. The Combine
  6. Don't Tell Them You're Sane
  7. In The Street Today
  8. London Girl
  9. I Need You (For Someone)
  10. Here Comes The Weekend
  11. Tonight At Noon
  12. In The Midnight Hour

3) All Mod Cons/The Jam

1978年発売。モッズ/パンク路線から芸術的試行へと前進、英国らしいビート・ロックに仕上がった快作。シングル「Down In The Tube Station At Midnight」、キンクスのカバー「David Watts」などを収録。

■収録曲

  1. All Mod Cons
  2. To Be Someone (Didn't We Have A Nice Time?)
  3. Mr. Clean
  4. David Watts
  5. English Rose
  6. In The Crowd
  7. Billy Hunt
  8. It's Too Bad
  9. Fly
  10. The Place I Love
  11. a' Bomb In Wardour Street
  12. Down In The Tube Station At Midnight

4) Setting Sons/The Jam

1979年発売。パンク/ニューウェイブ/モッズ/ビート・ロック・・・これまで辿ってきた彼らのサウンドを総括。全英アルバムチャート4位を記録したジャムの最高傑作です。シングル「The Eton Rifles」、THE WHOがカバーしたことで有名な「Heatwave」等を収録。

■収録曲

  1. Girl On The Phone
  2. Thick As Thieves
  3. Private Hell
  4. Little Boy Soldiers
  5. Wasteland
  6. Burning Sky
  7. Smithers-Jones
  8. Saturday's Kids
  9. The Eton Rifles
  10. Heat Wave

5) Sound Affects/The Jam

1980年発売。スカやR&B、そして中期以降のビートルズのようなサイケデリックさも散りばめ、重厚な音作りにチャレンジした意欲作。全英チャート2位を記録しています。シングル「Start!」「That's Entertainment」等を収録。

■収録曲

  1. Pretty Green
  2. Monday
  3. But I'm Different Now
  4. Set The House Ablaze
  5. Start!
  6. That's Entertainment
  7. Dream Time
  8. Man In The Corner Shop
  9. Music For The Last Couple
  10. Boy About Town
  11. Scrape Away

6) The Gift/The Jam

1982年発売。バリエーションを広げたリズム・アレンジやホーンセクションの導入で、ブラック・ミュージック的グルーヴ感を強調した、ジャムの最終章。アルバムチャート首位を獲得し、バンドとして充実期を迎えていたものの同年10月に解散となりました。

■収録曲

  1. Happy Together
  2. Ghosts
  3. Precious
  4. Just Who Is The 5 O'Clock Hero?
  5. Trans-Global Express
  6. Running On The Spot
  7. Circus
  8. The Planner's Dream Goes Wrong
  9. Carnation
  10. Town Called Malice
  11. The Gift

7) Introducing The Style Council /The Style Council

1983年発売。解散後、ミック・タルボットと共にThe Style Councilを結成。本作は1stから3rdまでのソングルを集めた”自己紹介的”ミニアルバムとなっています。ジャム後期のソウル路線にキャッチーさ加えた、以降の方向性を提示しています。

■収録曲

  1. Long Hot Summer
  2. Headstart For Happiness
  3. Speak Like A Child
  4. Long Hot Summer (Club Mix)
  5. The Paris Match
  6. Mick's Up
  7. Money-Go-Round (Club Mix)

8) Café Bleu/The Style Council

1984年発売。ジャス/ファンク/ラップ/ボサノバなどをミックスし、洗練されたポップスへと進化を遂げたウェラーの音楽。デビュー当初のパンクなイメージから脱却し、才能の幅広さを感じさせます。「My Ever Changing Moods」「Blue Café」等を収録。

■収録曲

  1. Mick's Blessings
  2. The Whole Point Of No Return
  3. Me Ship Came In!
  4. Blue Cafe
  5. The Paris Match
  6. My Ever Changing Moods
  7. Dropping Bombs On The Whitehouse
  8. A Gospel
  9. Strength Of Your Nature
  10. You're The Best Thing
  11. Here's One That Got Away
  12. Headstart For Happiness
  13. Council Meetin'

9) Our Favourite Shop/The Style Council

1985年発売。スタカンの評価を一気に高めた全英チャート1位の名盤。カラフルでキャッチーなメロディに、シリアスな歌詞でメッセージ性をアピール。一筋縄ではいかない奥深さを感じさせます。「Shout To The Top」「Walls Come Tumbling Down!」等を収録。

■収録曲

  1. Homebreakers
  2. All Gone Away
  3. Come To Milton Keynes
  4. Internationalists
  5. A Stones Throw Away
  6. The Stand Up Comic's Instructions
  7. Boy Who Cried Wolf
  8. A Man Of Great Promise
  9. Down In The Seine
  10. The Lodgers
  11. Luck
  12. With Everything To Lose
  13. Our Favourite Shop
  14. Walls Come Tumbling Down
  15. Shout To The Top

10) The Cost of Loving /The Style Council

1987年発売。ドラマーと女性ヴォーカルが新たに加わり、4人編成に。ラップも導入し、ブラック・ミュージックへの敬愛を示した全英チャート2位のヒット・アルバム。シングル「It Didn't Matter」「Waiting」等を収録。

■収録曲

  1. It Didn't Matter
  2. Right To Go
  3. Heavens Above
  4. Fairy Tales
  5. Angel
  6. Walking The Night
  7. Waiting
  8. The Cost Of Loving
  9. A Woman's Song

11) Confesstions of A Pop Group/The Style Council

1988年発売、事実上のラスト・アルバム。前半はピアノを中心としたアコースティックな楽曲でゆったりとした癒しの時間が流れます。後半はエレクトリックな楽曲で構成され、バンドの集大成的な内容に。シングル「Life At A Top Peoples Health Farm」、10分を超える組曲「The Gardener Of Eden」等を収録。

■収録曲

  1. It's Very Deep Sea
  2. The Story Of Someones Shoe
  3. Changing Of The Guard
  4. Little Boy In A Castle: A Dove Flew Down From The Elephant
  5. The Gardener Of Eden: In The Beginning / The Gardener Of Eden / Mourning The Passing Of Time
  6. Life At A Top Peoples
  7. Why I Went Missing
  8. How She Threw It All Away
  9. Iwasadoledadstoyboy
  10. Confessions 1, 2 & 3
  11. Confessions Of A Pop Group

12) Paul Weller

1992年発売。スタカン解散から、地道なライヴ活動を経てソロ・デビュー。原点回帰とも言える骨太サウンドに、アシッドジャズの柔軟さを交えた、起死回生の名盤。バンド時代からのファンが多い日本でもチャート9位というヒットとなりました。シングル「Into Tomorrow」「Uh Huh Oh Yeh」等を収録。

■収録曲

  1. Uh Huh Oh Yeh
  2. I Didn't Mean To Hurt You
  3. Bull-Rush
  4. Round And Round
  5. Remember How We Started
  6. Above The Clouds
  7. Clues
  8. Into Tomorrow
  9. Amongst Butterflies
  10. The Strange Museum
  11. Bitterness Rising
  12. Kosmos

13) Wild Wood

1993年発売。ソウル/R&B/ジャズをベースに力強さが増した、ウェラーの真骨頂。Ocean Colour Sceneのメンバーが参加するなど、当時のブリットポップ・ムーブメントを担う若いアーティストたちとの深い親交がうかがえます。シングル「Wild Wood」「Sunflower」等を収録。

■収録曲

  1. Sunflower
  2. Can You Heal Us (Holy Man)
  3. Wild Wood
  4. All The Pictures On The Wall
  5. Instrumental 1
  6. Has My Fire Really Gone Out?
  7. Instrumental 2
  8. 5th Season
  9. Country
  10. The Weaver
  11. Moon On Your Pyjamas
  12. Shadow Of The Sun
  13. Holy Man (Reprise)

14) Stanley Road

1995年発売。英国的な信念を貫いた、エッジの効いたロックで本領発揮。ソロ転向後初の全米1位に輝き、ロングセラーとなった最高傑作。ソロとして完全復活を遂げ、ブリット・ポップの立役者としての地位を確立しました。「The Changingman」「You Do Something To Me」等を収録。

■収録曲

  1. The Changingman
  2. Porcelain Gods
  3. I Walk On Gilded Splinters
  4. You Do Something To Me
  5. Woodcutter's Son
  6. Time Passes...
  7. Stanley Road
  8. Broken Stones
  9. Out Of The Sinking
  10. Pink On White Walls
  11. Whirlpool's End
  12. Wings Of Speed

15) Heavy Soul

1997年発売。前作で”モッド・ファーザー”の称号を得たウェラーが、さらに重厚なロック魂を見せ付けた作品。全英2位を獲得。シングル「Peacock Suit」「Brushed」等を収録。

■収録曲

  1. Heavy Soul (Pt 1)
  2. Peacock Suit
  3. Up In Suzes' Room
  4. Brushed
  5. Driving Nowhere
  6. I Should Have Been There To Inspire You
  7. Heavy Soul (Pt 2)
  8. Friday Street
  9. Science
  10. Golden Sands
  11. As You Lean Into The Light
  12. Mermaids
  13. Eye Of The Storm

16) Illumination

2002年発売。スタカン時代のスタイリッシュな感覚と、ソロ・キャリアでの鋭いロックが一体となった全英1位獲得作品。Oasis、Ocean Colour Scene、StereophonicsらUKロックの豪華メンバーが参加しています。シングル「It's Written In The Stars」「Leafy Mysteries」等を収録。

■収録曲

  1. Going Places
  2. A Bullet For Everyone
  3. Leafy Mysteries
  4. It's Written In The Stars
  5. Who Brings Joy
  6. Now The Night Is Here
  7. Spring (At Last)
  8. One X One
  9. Bag Man
  10. All Good Books
  11. Call Me No. 5
  12. Standing Out In The Universe
  13. Horseshoe Drama
  14. Push Button, Automatic
  15. Illumination
  16. Horseshoe Drama
  17. Push Button, Automatic

17) Studio 150

2004年発売。自身初のカバー作品集。ボブ・ディランの「All Along The Watchtower」、カーペンターズでお馴染みの「Close To You」など、ウェラーなりの解釈による見事なロック・アレンジが施されています。

■収録曲

  1. If I Could Only Be Sure
  2. Wishing On A Star
  3. Don't Make Promises
  4. The Bottle
  5. Black Is The Colour
  6. Close To You
  7. Early Morning Rain
  8. One Way Road
  9. Hercules
  10. Thinking Of You
  11. 13:00
  12. All Along The Watchtower
  13. Birds
  14. Family Affair
  15. Let It Be Me

18) 22 Dreams

2008年発売。50歳を迎えても挑戦を続けるウェラー、セルフ・プロデュースとなるコンセプト・アルバム。Oasis、Blur、Stone Rosesのメンバーなど、多数のゲスト陣を迎えた集大成です。「Have You Made Up Your Mind」「Echoes Round The Sun」等を収録。

■収録曲

  1. Light Nights
  2. 22 Dreams
  3. All I Wanna Do (Is Be With You)
  4. Have You Made Up Your Mind
  5. Empty Ring
  6. Invisible
  7. Song For Alice
  8. Cold Moments
  9. The Dark Pages Of September Lead To The New Leaves Of Spring
  10. Black River
  11. Why Walk When You Can Run
  12. Push It Along
  13. A Dream Reprise
  14. Echoes Round The Sun
  15. One Bright Star
  16. Lullaby Fur Kinder
  17. Where'er Ye Go
  18. God
  19. 111
  20. Sea Spray
  21. Night Lights

19) SONIK KICKS

2012年発売。これまでのロック/ソウルにサイケ/テクノ/ダブを縦横無尽に加え、枯れることのない才能を見せ付けた全英1位作品。これまで米国では低評価だったウェラーですが、今作で初めて米国Billboard 200にランクインしました。

■収録曲

  1. Green
  2. The Attic
  3. Kling I Klang
  4. Sleep Of The Serene
  5. By The Waters
  6. That Dangerous Age
  7. Study In Blue
  8. Dragonfly
  9. When Your Garden's Overgrown
  10. Around The Lake
  11. Twilight
  12. Drifters
  13. Paperchase
  14. Be Happy Children
  15. We Got A Lot
  16. Lay Down Your Weary Burden

20) Jawbone

2017年発売。元ボクサーの人生を描いた映画『JAWBONE』のサウンドトラック。デビューから40年、キャリア初となる映画音楽を担当しました。テーマ曲「The Ballad Of Jimmy McCabe」等を収録。

■収録曲

  1. Jimmy / Blackout
  2. The Ballad Of Jimmy McCabe
  3. Jawbone
  4. Bottle
  5. Jawbone Training
  6. Man On Fire
  7. End Fight Sequence