コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」

<雑誌に書かせてもらえない、ここだけのオーディオ・トピックス>

ミュージックバード出演中の3名のオーディオ評論家が綴るオーディオ的視点コラム! バックナンバー

第82回/Ge3銀蛇LANケーブルを使うと、デジタルオーディオの諸問題が見えてくる [村井裕弥]





 このコラムが更新される頃、『オーディオアクセサリー』157号が店頭に並ぶ。筆者はそこで、Ge3(ジーイースリー)というメーカーの銀蛇LANケーブル銀蛇USBケーブルを取り上げているのだが、その記事を書くにあたってGe3代表きささんからたいそう興味深いお話を聞くことができた。
 そういうとき、メーカーの人はふつう「新製品がいかにすぐれているか」を懸命にアピールし続けるのだが、きささんはそういうことがひどく苦手な人だ。「いま気になっていること」「いま伝えたいこと」をひたすら話し続ける。
 インタビューは2時間近く続いたが、あまりにも多岐に渡っていることと横道へのそれ方がハンパではないという理由で、記事にはほとんど盛り込めなかった。そこで、そのユニークな見解をできるだけそのまま、ここに書き残しておきたい。

■きささんの主張その1 LAN接続とUSB接続は、確実性が格段に異なる
 きささんは数年前から、USB DACよりネットワークプレーヤーを推奨していた。筆者は「好みのUSB DACに、まだ巡り会えないからだろう」くらいに思っていたが、どうやらそうではないらしい。
 要するに、「元々何十メートルも引き回すことを前提に設計されたLAN接続と、パソコンと周辺機器(キーボード、ディスクドライヴ、HDDなど)をつなぐために作られたUSB接続は、情報伝達の確実性がまるで違う」というのだ。
 だから、LANケーブルは長く引っ張っても音質劣化を感じない。その一方、USBケーブルは1メートルを超えると、もう鮮度が落ちてしまう!




 Ge3 銀蛇LANケーブル



 Ge3 銀蛇USBケーブル








Ge3代表 きささん

 そこまでは以前から把握していた。しかし、今回銀蛇USBケーブルを開発するにあたってあれこれ試作してみると、愕然。他のケーブルと同じようにプラグをハンダ付けし、テスターで導通を確認したケーブルの多くが使い物にならない。パソコンとディスクドライヴ(マルチディスクライター)などをつないでも、相手を認識しないというのだ!
 銀蛇LANケーブルを開発したときは、100本作って、100本相手を認識した。その手法がなぜUSBだと通じないのか。Ge3はその原因をとことん追究し、現在では不良品率ゼロ・パーセントを達成。しかし、この一件をへて、「USB接続がいかに綱渡り状態か」を改めて思い知らされた。つながったとしても、それは「たまたま綱渡りがうまくできただけ」であって、LAN接続の確実性には到底かなわないのだという。
 そういえば、銀蛇LANケーブル導入後、わが家ではネットワークプレーヤーを使う回数が増えた。「ケーブルが優秀だから、ついつい音のよいほうを選んでしまうのだろう」と思っていたが、案外それだけではないのかもしれない。

■きささんの主張その2 汎用機の中に、当たりがある!
 元々、汎用コンピューターと汎用周辺機器で始まったPCオーディオだが、近年オーディオ専用のコンピューターや周辺機器が開発され、概して好評だ。筆者もあちこちで汎用機とオーディオ専用機の聴き比べを経験し、そのあまりの差にびっくり!「そろそろこっちに買い換えなきゃな」と思っていた。

しかし、きささんの評価は少々異なる。オーディオ専用機は必ずしも「当たり」ではない。様々な製品をチェックしていくと、汎用品の中にかえって「当たり」がある。「僕たちが大切にしている情報をきちんと伝えてくれるのは、むしろそっちなのだ」とまで言い切る。
 そして、その「当たり」の電源部を、より優れた電源に替えるとさらに音質が向上! 同様のことは筆者も経験しているので、「スイッチング方式のACアダプターをアナログ式ACアダプターに交換するような話ですね」と返すと、「それが案外そうではない。そりゃ確かに最上級のアナログ電源は素晴らしいが、とてつもなく高価なものになってしまう。それに比べると優秀なスイッチング電源は、3,000円で買える」とのこと。
 そういった「当たり」の製品は、分解してみるとおおむね基板がきれい。「ああでもない、こうでもない」とこねくり回した製品に「当たり」はないという話も出た。

「それじゃアナログと変わらないですよね」と返すと、「せっかくデジタルの世界でオーディオをやっているというのに、実際やってみると『なんだ、こりゃ。これじゃアナログと同じじゃないか』と思わされることが実に多い。先ほどふれたUSB接続も、僕らから見ればアナログ的。そういうあいまいなものは、極力オーディオの中に持ち込みたくない」
 ちなみに、きささんのいう「当たり」やその改造機を、筆者はまだ聴かせてもらっていない。「聴かせて」とお願いしてあるので、それが実現したら、ぜひまたここで報告したい。

■きささんの主張その3 リッピングしたCDを処分しちゃいかん
 半年ほど前、わが家のCDラックを数えたら27もあった。枚数を最後に数えたのは、何年前のことであったか。とにかく、居住スペースの3割以上(ひょっとすると4割以上?)をラックが占め、人間はその隙間に潜伏しているという感じ。
 そういう人たちが「リッピングさえすれば、CDを処分できる」と考え、PCオーディオに走る。これは極めて自然な流れと思われる。
 しかし、きささんは「そういう場合でも、CDを処分しちゃいかん」とくり返し唱えている。ディスクドライヴ、ケーブル、コンピューター、リッピングソフトなどが進化しているのだから、数年前にリッピングしたデータといまリッピングするデータは、音質的にかなりの差がある。「将来さらに音の良いリッピング法が見つかるに決まっているから、CDは何が何でも手元に置いておけ」というのだ。
 これに関しては、筆者も自宅で追試してみた。数年前にリッピングしたデータとその日にリッピングしたデータの聴き比べ。「そんなバカな。デジタルデータは、まったく同じ。音が変わるわけがない」そう主張したい方々の気持ちは十分理解できる。しかし、実際聴いてみると、両者の音は明らかに違う!
 これらの事実を元に、きささんはこう言う。
「そりゃ確かに、NASにすべての音源を入れておけば便利だが、それをやろうとすると恐ろしく容量の大きなNASが必要になる。しかし、その時々で聴きたくなるアルバムは、せいぜい100タイトルだろう。先程述べたリッピングの進化もあるから、とりあえず『いま聴きたい100タイトル』だけをリッピングし、リッピング法が進化したら、それまでのデータを消去して、また『そのとき聴きたい100タイトル』をリッピングし直せばよい。そうすれば、NASも小さくてすむ。それは音質的にも有利だ」




■きささんの主張その4 デジタルコピーは、必ず「気」が抜けていく
 現時点できささんが推奨しているリッピング法は、
○ Mac(OS X Yosemite)
○ iTunes
○ ディスクドライヴは国内メーカー製
○ ディスクドライヴとMacの間は、銀蛇USBケーブル
○ ルーターとNASの間は、銀蛇LANケーブル
 リッピングデータは、NASに直送。いったんパソコンに取り込み、そこからNASにコピーすると、大切な雰囲気が抜けていくのだという。
「一部の人たちは気付いているようだが、まだ無頓着な人が多い。デジタルコピーの回数をいかにして減らすかに皆がこだわるようになったら、デジタルオーディオはもっと進化するはず」
 Ge3のサイトをいつも見ているヘヴィ・ユーザーたちは、この情報を得て、手持ちのCDを再リッピング。いや、中にはCDを処分してしまったので、1枚ずつ買い直している方までいらっしゃると聞いた。


「オーディオアクセサリー」157号も併せてお読みください。

 お話はまだまだ続いたが、「すべて書き並べると、かえって伝わりにくくなるのでは」と考え、今回はここまでとしておく。
「僕だって、これまではわからないことだらけだった。でも、銀蛇LANケーブルと銀蛇USBケーブルのおかげで、いろいろなことが見えて来た」
 きささんはくり返しそう語っていた。これを読んで「そんなバカな」とおっしゃるあなたも、銀蛇LANケーブルを自宅試聴すれば、同じことに気付けるかもしれない。
 自宅試聴は同社ウェブサイト内「お試し貸出サービス」、お問合せ等はBBS(掲示板)をご利用いただきたい。

(2015年5月20日更新) 第81回に戻る 第83回に進む

村井裕弥

村井裕弥(むらいひろや)

音楽之友社「ステレオ」、共同通信社「AUDIO BASIC」、音元出版「オーディオアクセサリー」で、ホンネを書きまくるオーディオ評論家。各種オーディオ・イベントでは講演も行っています。著書『これだ!オーディオ術』(青弓社)。

  • これだ!オーディオ術~お宝盤徹底リサーチ~
  • お持ちの機器との接続方法
    コラム「ミュージックバードってオーディオだ!」バックナンバー