SUPPORT

コミュニティFM各局を支えるMUSIC BIRDの体制

コミュニティFMの安定した運営を
MUSIC BIRDがサポートします。

衛星放送のインフラを活用した番組コンテンツの配信をご紹介します。

衛星回線を活用した番組コンテンツの配信で運営をサポート

スカパーJ-SATの衛星を利用して全国各地のコミュニティFM局に番組コンテンツを24時間365日配信するMUSIC BIRDの窓口となるコミュニティ&ネットワーク部はコミュニティFMへの番組供給に関する契約から技術的なメインテナンスまでをサポートする窓口です。

番組コンテンツの改編情報、コミュニティFMの番組利用状況などの管理から、悪天候や災害時の衛星受信に関するトラブルなどの技術対応の手配を行っています。

具体的な編成サポート方法

ミュージックバードの配信番組では早朝、午後、夜帯および土日午前から夕方まで多くの時間帯で生放送となっており、全国のコミュニティFMリスナーとダイレクトなコミュニケーションを行っています。

また録音番組(完パケ番組)は、専用サーバーにより衛星の配信放送時間帯に限らず、各コミュニティFM局の放送したい時間帯に編成することが可能です。

詳しくはお問い合わせください

乗り降りしやすい配信フォーマット

1ステブレ枠、中CM枠などを確定タイムで設置

番組と番組をつなぐステーションブレイクに、ご契約局様がCMを挿入できる60秒~120秒のクッション音楽を設定してあり、スポットCM等を挿入することが可能です。

さらに、多くのゾーンで正時前に5分枠を設けていますので、ニュースや天気予報、交通情報などの編成が可能となっています。

※「ステーションブレイク」(ステブレ)とは、番組と番組の間をクッションとして、60~120秒のスポットCMゾーンを設けたもの。

22~3時間のワイド番組でも1時間単位で乗り降りが可能

ワイド番組の放送時に、編成上の都合により途中から乗り降りを行う局様に配慮し、1時間単位、時間帯によっては25分から30分単位で自局の放送への切替を行うことができるよう、設計しています。

さらに番組前半1時間で降りる局に対しては「一部の局の皆様とはここでお別れします」、後半途中から受信される局に対しては「この時間からお聴きの皆様こんにちは」など、パーソナリティがメッセージを入れることで、スムーズな乗り降りができる番組フォーマットになっています。

3番組配信専用サーバー

生放送以外の事前録音番組(完パケ番組)は、専用サーバーを通じて配信が可能です。衛星での配信時以降は貴局の都合に合わせて自由に編成できます。

4出張放送

ミュージックバードの番組がご契約局エリアに出張し、生放送・収録を行うことも可能です。番組を活用して、そのエリアのPRを日本全国に向けて発信できます。ローコストな予算で、全国に発信したい自治体や地元有力企業への営業活動にもお役立ていただけます。

5広告挿入と広告料配分

ミュージックバードでは全国のリスナーに訴求したいナショナルスポンサーの開拓を目指しており、配信番組内やクッション音楽部分を活用したCM挿入も行っております。またCMを放送されたコミュニティFM様には個々の条件に応じて広告料の配分もスタートしています。

我々にお手伝いできることが、
きっとあります。

わたしたちは地域の課題解決に役立つソリューションとコミュニティFMの情報を提供しています。
是非この機会に気軽にお問合せください。
TOPへ