予約のとれない「スプウン谷のザワザワ村」の舞台裏 製薬会社の会社員が、美瑛の“風景をつくる人”へ

予約のとれない「スプウン谷のザワザワ村」の舞台裏 製薬会社の会社員が、美瑛の“風景をつくる人”へ

この町の風景をつくりたい——   小田栄治さんは、25年前に美瑛を訪れたときにそう思った。今では、小田さんの営む「スプウン谷のザワザワ村」は、東京ドーム約10個分の敷地面積をもつ。その景色はまぎれもなく、美瑛の美しい丘が織りなす風景の一部である。

タグ

カテゴリ