コミュニティFM開局をお考えの方PLANNIG TO LAUNCH CFM

コミュニティFMとは? その役割

コミュニティFMとは市区町村単位で免許されたFMラジオ局。出力は10W~20W、既に全国で326局が放送を行っています(2019年4月時点)。
放送法施行規則に「市町村の一部の区域の需要に応えるための放送」と定義されている通り、主に地域情報を発信しています。
事業形態は・自治体主導型(第3セクター)・商工会議所主導型・メディア主導型・地元企業主導型・大学主導型・NPO法人型などがあります。発信される情報は、その地域に関する生活情報を中心とし、番組に出演するパーソナリティやゲストの方も地元の方が多く、地域密着メディアとして地域活性化にも貢献しています。
2011年3月11日の東日本大震災や2016年4月16日の熊本・大分地震、2018年9月6日の北海道胆振東部地震では、発生直後から被災地エリアのコミュニティFMが詳細な情報を発信。被災者の生活に寄り添いながら、詳細な地域情報を伝え続け、その活躍ぶりが様々な媒体で紹介されました。

コミュニティFM放送とは? その役割

コミュニティFM経営のポイント

防災ラジオ、地域の安心安全を
見守るための体制作り

service

01

市区町村及び
都道府県との
防災協定

コミュニティFMでは自然災害、凶悪事件等の多発化を受け、地元の市区町村等、さらに都道府県の行政との防災協定を締結する事例が多くなっています。
特に市区町村の行政、地元警察署、消防署、自治会等とは、次項の「緊急割込み装置」による緊急告知放送、Lアラート、Jアラートとの連携など、地域住民の安心安全に直結する取り組みとしてコミュニティFMの役割が期待されています。
市区町村及び都道府県との防災協定

▲クリックして拡大

service

02

緊急割込み装置と
Lアラート、
Jアラートとの連携

いつ発生するか予測できない大地震や、夜間から早朝帯に起こりやすい集中豪雨といった自然災害、不審者による凶悪事件、ミサイル情報などを共有する「Lアラート」「Jアラート」。このような地域住民にとって重要な緊急告知を割込み放送するための設備が、コミュニティFMには求められています。

「ラジアラート」導入メリット

▲クリックして拡大

service

03

その他の備え

・「自動起動ラジオ」への対応
前項の緊急割込み装置と連動し、自動でラジオの電源をONにし、緊急告知放送を受信する「自動起動ラジオ」。これを自治体が配布または販売することも多くなっており、コミュニティFM側の設備対応も求められます。
総務省HP http://www.soumu.go.jp/main_content/000495078.pdf
「自動起動ラジオ」への対応

▲クリックして拡大

自動起動ラジオ

・「AIアナウンサー」の導入
限られた人員で運営を行うコミュニティFMでは、例えば台風シーズンにはこれまで一昼夜アナウンサーが生放送を続けなくてはならないなど、極めて過酷な運営状況となっていました。しかし、現在はAIアナウンサーを活用するケースが増えています。さらに行政などが発信するメールやFTPでの地域情報、全国ニュースなどを自動的にAIアナウンサーによって放送するシステムも開発され、益々コミュニティFMの活躍の範囲が拡がりました。

「災害時に頼れるAIアナ」(朝日新聞)

「災害時に頼れるAIアナ」(朝日新聞)

▲クリックして拡大

健全なコミュニティFMの
運営を行う体制作り

service

01

APS
(自動番組制御装置)
の導入

コミュニティFMが少人数で効率良く放送を運営するには、APS(自動番組制御装置)の導入が必須となります。このAPSは、録音された番組やCMの放送を予め設定した時刻に放送する装置で、言わば放送事業の心臓部とも言えます。コスト的にも近年、低価格のものが登場しており、多くのコミュニティFMが導入しています。
一方、APS不要というコンサルティングによって、コミュニティFMが導入しないケースも見受けられます。しかし、APS非導入局ではスポットCMの自動放送もできず、番組を次から次へ出演者、スタッフによる生放送で行わなければならないため、疲弊し、運営が立ちいかなくなる事象も増えています。
特に注意しなければならないのは、開局当初に放送システムへ導入せず、後からAPSを導入しようとすると、より多くの費用が発生し、経営が益々厳しいものになります。
24時間地域の安心安全を見守る防災ラジオの役割を持つコミュニティFMにとって、APSは生命線であると言えます。
APS

service

02

社内体制
(営業と)
編成制作体制)
の構築

コミュニティFMを安定的、継続的に運営するためには、社内に営業と編成制作を行う体制が必要となります。収入(売上)以上に番組に費用をかければ赤字経営となり、資本金を使い果たすことになりかねません。しかし多くの場合、収益(売上)を伸ばすことは簡単ではなく、しかも広告主の都合による変化も多くなるため、ミュージックバードでは制作にかける費用(制作費、人件費)の低減化を推奨しています。
ミュージックバードを活用することで、ご契約局は最もローコストに24時間放送を実現でき、さらに人気番組の出張放送を活用した公開放送イベントなどを行うことにより、全国のリスナーに向けた地元自治体や有力企業等の観光振興、ブランディング、商品販促の予算獲得ができるようになります。

service

03

地域の資源、文化を
地域外(全国)に
向けて発信する体制

コミュニティFMが健全な経営を行うには収入(売上)と費用のバランスが適正でなければなりません。多くのコミュニティFMでは、地元自治体や有力な地元企業の情報発信をレギュラー的に行うことで、安定した収入を得ています。さらにミュージックバードを活用することにより、積極的にその人気番組を地元に呼び、全国に向けた情報発信を行うことが可能となります。地域の情報発信に貢献しながら安定的な収入を獲得することは、健全なコミュニティFM経営のための重要な施策となっています。

service

04

正しいコンサル
の導入

APSの導入といった技術的課題をはじめとし、編成制作体制や営業マーケティングなど、コミュニティFMの開局には様々な知識が必要となりますが、昨今は先々の安定した経営につながらない安易な提案を行うコンサル業者も存在しています。
ミュージックバードでは、コミュニティFMの開局をお考えの場合は、日本コミュニティ放送協会(JCBA)に先ず一報いただき、お近くのJCBA加盟局にコンサル選定のご相談をすることを推奨しております。——————————————————————————–一般社団法人日本コミュニティ放送協会(略称JCBA)事務局
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-3 菊島ビル4F
TEL 03-5776-4657  FAX 03-5776-4658
【平日9:00~17:00 (土日祝祭日休業)】
https://www.jcba.jp/

開局支援サービスとは

ミュージックバードが
コミュニティFM運営に提供するサービス

service

01

ローコスト運営

ミュージックバードでは、コミュニティFMの24時間放送とインターネットを使った24時間サイマル放送を推奨しております。時間を問わず発生する自然災害に対応し、リスナーが24時間365日いつでも地元のコミュニティFM放送が聴ける環境が、地域の安全安心を支えるラジオ局になり得るからです。当社では可聴エリア人口に基づく月額のご契約料金で、全ての番組を各局様の編成に導入することができます。特に、早朝・深夜・土日祝日など、スタッフを配置しにくい時間帯の番組編成にもお役立ていただけます。自社で番組制作が難しい時間帯にミュージックバードを活用することで、コストを抑えた運営が可能となります。

service

02

24時間放送および
サイマルラジオ
による
防災ラジオの構築

ミュージックバードをご契約いただくと、自社制作の難しい時間帯でも、放送を止めることなく24時間365日の放送が可能となります(※月曜朝4時~6時はメンテナンスのため休止)。さらに当社のコミュニティFM専用の番組は、全てインターネットによるサイマルラジオでの放送も可能です。
24時間放送とサイマルラジオの環境を整えることで、防災ラジオとして地域の安心安全を支え、地域に貢献する地元メディアとして確立できることになります。

service

03

地域発全国への
情報発信

ミュージックバードでは、ご契約のコミュニティFM局様が制作する番組の全国発信も行なっています。全国発信ゾーンの放送枠を活用することで、地元の情報を全国にアピールすることが可能となります。
また当社の人気番組が各局様の地域に出張し、地元エリアから日本全国に放送することも可能です。観光名所、人が多く集まるお祭り・商業施設での公開放送の実施は、多くのリスナーに注目されると共に、地元自治体、有料企業の協賛を得るツールとなります。
具体的な
コミュニティFMの編成サポート方法

ミュージックバードの配信番組では早朝、午後、夜帯および土日午前から夕方まで多くの時間帯で生放送となっており、全国のコミュニティFMリスナーとダイレクトなコミュニケーションを行っています。また録音番組(完パケ番組)は、専用サーバーにより衛星の配信放送時間帯に限らず、各コミュニティFM局の放送したい時間帯に編成することが可能です。(詳しくはお問い合わせください。)

<乗り降りしやすい配信フォーマット>

01ステブレ枠、中CM枠などを確定タイムで設置

番組と番組をつなぐステーションブレイクに、ご契約局様がCMを挿入できる60秒~120秒のクッション音楽を設定してあり、スポットCM等を挿入することが可能です。
さらに、多くのゾーンで正時前に5分枠を設けていますので、ニュースや天気予報、交通情報などの編成が可能となっています。
※「ステーションブレイク」(ステブレ)とは、番組と番組の間をクッションとして、60~120秒のスポットCMゾーンを設けたもの。

ステブレ枠、中CM枠などを確定タイムで設置
022~3時間のワイド番組でも1時間単位で乗り降りが可能

ワイド番組の放送時に、編成上の都合により途中から乗り降りを行う局様に配慮し、1時間単位、時間帯によっては25分から30分単位で自局の放送への切替を行うことができるよう、設計しています。さらに番組前半1時間で降りる局に対しては「一部の局の皆様とはここでお別れします」、後半途中から受信される局に対しては「この時間からお聴きの皆様こんにちは」など、パーソナリティがメッセージを入れることで、スムーズな乗り降りができる番組フォーマットになっています。

2~3時間のワイド番組でも1時間単位で乗り降りが可能
03番組配信専用サーバー

生放送以外の事前録音番組(完パケ番組)は、専用サーバーを通じて配信が可能です。衛星での配信時以降は貴局の都合に合わせて自由に編成できます。

番組配信専用サーバー
営業施策支援

<出張放送~自治体、地元有力企業の情報発信施策の展開例>

ミュージックバードの番組がご契約局エリアに出張し、生放送・収録を行うことも可能です。番組を活用して、そのエリアのPRを日本全国に向けて発信できます。ローコストな予算で、全国に発信したい自治体や地元有力企業への営業活動にもお役立ていただけます。

出張放送の様子
広告配分

ミュージックバードでは全国のリスナーに訴求したいナショナルスポンサーの開拓を目指しており、配信番組内やクッション音楽部分を活用したCM挿入も行っております。またCMを放送されたコミュニティFM様には個々の条件に応じて広告料の配分もスタートしています。

お役立ちコンテンツ

PAGE TOP