タイムシフトコントローラー「C-T10TM」

タイムシフトコントローラー「C-T10TM」で高音質録音が可能に!

 港北ネットワークサービスが発売するタイムシフトコントローラー「C-T10TM」は、ミュージックバードチューナー「CSXiシリーズ」「CDT-3AFD」との接続でTEAC「SD-500HR」、TASCAM「DA-3000」をコントロール。ミュージックバードの高音質放送をそのままSDカードに長時間録音やタイマー録音できます。

① TEAC「SD-500HR」を希望のチャンネルの希望の時間に録音開始、停止させることができます。
② TEAC「SD-500HR」の予約録音を32 件まで設定、毎週の繰返しも設定できます。
C-T10TMの接続例

C-T10TM


SD-500HR
 
  • 『月刊Stereo』12月号にて「C-T10TM」が紹介されています
  • @DIMEにて掲載!「デジタル音楽放送をタイマー録音して好きな時にBGMとして楽しむ方法」ゴン川野

    ◆タイムシフトコントローラー「C-T10TM」に関するお問い合わせは
    港北ネットワークサービス TEL:045-507-3091

    タイムシフトコントローラーの活用事例

    ◆リスナーによる活用術を大公開!
    都原久典さん(64歳)はリタイアした2015年にミュージックバードに加入。普段「THE AUDIO」(124ch)や「Super Legend」(126ch)を中心に高音質プログラムを楽しんでいます。1万枚を超えるCDとレコード・ライブラリーを所有し、ギターも趣味でひくという根っからの音楽ファン。「田中伊佐資のすみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください」にも出演予定です(2019年9月放送)。


    ◆待望のタイムシフトコントローラーでタイマー録音が可能に
     MUSIC BIRDを数年聴いていて、放送される時間に縛られないでMUSIC BIRDを聴きたいが、何か良い録音機器は無いかと思っていました。昨年末にタイムシフトコントローラー(新規)とデジタルレコーダー(既存)の機器接続でタイマー録音が可能になるということを知り、必要な機器の購入予約をして待たされること数か月、やっと3月に機器が届き、試行錯誤で機器活用の幅を広げています。

     MUSIC BIRDのタイマー録音は、AM/FM放送で使われている“Radiko”や“どがらじ”のように、選択した放送番組を予約録音することです。録音した音源は、自分の好きな時間に好きな場所で聴けます。それも、放送と同等の音質で聴けます。


    タイムシフトコントローラー「C-T10TM」

    MUSIC BIRD専用チューナー「MDT-5CSXi」

    デジタルレコーダー「SD-500HR」

    タイマー録音使用機器(▲クリックで拡大)



    タイマー録音機器接続図(▲クリックで拡大)

     MUSIC BIRDをタイマー録音する方法をネット検索すると、今回紹介する専用機器の利用以外にPCを使った方法なども紹介されています。正直、専用機器はPC利用に比べて高価になるため、機器導入を検討されている方は、必ず、自身の導入目的、機器の活用範囲など十分な比較検討をお勧めします。私は、複数の録音方法の中から、今回紹介する私の要求優先度(高音質録音>簡便性>機器汎用性>予算)に合った専用機器を選択導入しました。2019年2月までは、放送をリアルタイムに聴くだけで録音していませんでした。そして、2019年3月からMUSIC BIRD専用のタシムシフトコントローラーとデジタルレコーダーを使い始め、この経験から、利用環境、活用利点などを紹介します。

    <MUSIC BIRD放送をタイマー録音するための機器>
     ・MUSIC BIRD専用チューナー MDT-5CSXi 
     ・デジタルレコーダー     SD-500HR  (TEAC)
     ・タイムシフトコントローラー C-T10TM  (港北ネットワーク)

     タイムシフトコントローラーが接続できるMUSCI BIRD専用チューナーの機種は複数販売されています。私はチューナー(MDT-5CSXi)を使っています。このチューナーの音声出力は、デジタル(同軸、光)またはアナログを選択でき、録音用としてデジタル(S/PDIF)を使い、デジタルレコーダーの入力に同軸ケーブルで接続しています。デジタルレコーダー(SD-500HR)は、AD/DAコンバーター機能があり、入力、出力は、デジタル(同軸、バランス)、アナログ(バランス、アンバランス)を選択できます。また、録音データは、SDカード(CFカード)にWAVまたはDSDで記録します。

    ◆録音も48KHz 24bitの高音質で!
     私は、放送と同等音質(48KHz、24ビット)で録音するためチューナーとデジタルレコーダーを同軸(S/PDIF)接続し、WAVで録音しています。簡単な編集は、TEAC提供のWindows版無料ソフト(Hi-Res Editor)で、分割、合成を行っています。デジタルレコーダーは、AD/DAコンバーター機能を持っているので、MUSIC BIRD録音以外に、ADコンバーターとしてアナログレコードのデジタル録音に、DAコンバーターそしては、WAV/DSDデジタルファイル(USB/SD音源、トランスポーター)再生にも活用しています。タイムシフトコントローラーは、チューナーとRJ11で接続してチャネル選択制御を行い、デジタルレコーダーとは、USB接続して録音開始、終了の制御を行っています。

     タイムー録音接続環境は、MUSIC BIRD録音時、アンプ、スピーカーのオーディオ機器とは、別系統の動作をさせることで、録音によるオーディオ機器の利用制限、干渉を防げます。つまり、MUSIC BIRD録音中でも、オーディオ機器で、他のCD/レコードの音楽、テレビやビデオの再生に影響しません。PC使ったタイマー録音では、録音中、PC使用に制限が生じます。


    TEAC Hi-Res Editor(無料)で分割、合成

     タイムシフト録音の準備から再生までの基本的な手順は、次のようになります。
    (1) 録音準備(機器接続確認、機器電源投入、録音用SDカード挿入)(マニュアル)
        チューナー、デジタルレコーダー、タイムシフトコントローラーは、録音前から電源ON
    (2) タイムシフトコントローラーの予約設定(マニュアル)(32件の予約可能)
        録音チャネル、録音開始時間、録音終了時間、繰り返し有無選択
    (3) タイムシフトコントローラーの予約確認(マニュアル)
    (4) タイマー録音(自動予約録音)
    (5) 録音SDカードの音楽ファイル(WAV/DSD)編集と保存(PC、HDD、CDR)(マニュアル)
    (6) 録音音楽ファイルの再生(マニュアル)

    ◆自分なりの使い方で楽しみが広がる
    私が感じたタイムシフトコントローラーとデジタルレコーダーの組み合わせの利点を紹介します。
    ●放送と同等の高音質の録音/PCM(16/24ビット、44.1~192KHz)、DSD(2.8/5.6MHz)
     *私はPCM WAV/48KHz/24ビットで録音
    ●アーカイブ充実/全曲放送の録音保存
    ●録音中の制約フリー/オーディオ機器利用可能、PC不要
    ●快適なタイムフリー/自分の生活時間を確保(外出中、就寝中など)

     高音質録音は、デジタルレコーダー SD-500HRの能力で実現できますが、MUSIC BIRDの録音だけの目的でタイムシフトコントローラーと一緒に揃えると高価です。しかし、デジタルレコーダーの汎用機能であるAD/DAコンバーターを活用することで、導入価値を広げることができました。また、専用機の利用は、同居人、家族と生活の中で、MUSIC BIRD録音中でも、ストレス無くオーディオ機器やPCが利用できる環境を提供してくれます。



    HTMLからエクセルに変換した放送リスト(TIME/SONG/ARTIST/LABEL―CD Number)(▲クリックして拡大)

     MUSIC BIRDでは、演奏家の音源をデビューから全曲を数時間、または、数日に跨いで放送する番組があります。これまでの自分のアーカイブで歯抜けになっていた曲、気になっていた演奏を、タイムシフト環境で高音質録音し、アーカイブに追加できるのは便利です。曲名、演奏家の情報は、MUSIC BIRDのホームページで過去、予定が公開されているので、それをファイル変換(HTML>エクセル・テキストなど)または印刷することで、録音予約、録音ファイルの整理に活用できます。

    タイマー録音環境での注意事項を書きます。
    ●録音時の機器電源ON/機器(チューナー、デジタルレコーダー、タイムシフトコントローラー)の電源は録音数分前(安全のため5分前)からONにしておくこと
     *私はON/OFFは忘れがちになるため常時ON
     *省エネには、小まめな電源ON/OFFが必要
    ●時間設定更新/タイムシフトコントローラーの時計はズレが生じるので、時々、時計を再設定すること
     *私は月1回程度、時計の再設定
    ●LED輝度調整/機器LED輝度または寿命が気になる場合は、機器のLED輝度を下げる
     (チューナー、デジタルレコーダー、タイムシフトコントローラー)
      *私は輝度を最小に設定
    ●録音チャネル/同時刻の録音は選択チャネル1chのみ
     *チューナーは1chのみ
    ●利用者登録/機器故障時の修理保守サービスを円滑にするため利用者登録行うこと
     *故障時の迅速対応をうけるため
    ●録音時間目安/(例)PCM WAV
     16ビット:44.1KHz 90分/1GB  48H/32GB
           48KHz  85分/1GB  45H/32GB
           96KHz  42分/1GB  22H/32GB
     24ビット:44.1KHz 60分/1GB  32H/32GB
           48KHz  55分/1GB  29H/32GB
           96KHz  25分/1GB  13H/32GB
     *SDカード=4~128GB
     *録音時にSDカード容量が足りなくなった場合、録音停止

     MUSIC BIRDは、既に何らの手段で録音されている方、または、録音したいと思っている方が多くおられると推測します。また、まだMUSIC BIRD未加入の方でも録音に興味を持たれている人もおられると思います。今回の紹介では、タイムシフトコントローラーの活用事例をまとめてみました。
     録音する時、機器の詳細設定、録音したファイルの編集処理、増殖する音楽ファイルの保管などは、範囲が広くなるため、今回、省略しました。タイムシフトコントローラーとデジタルレコーダーを使ったタイマー(タイムシフト)録音を検討されている方の参考にしていただければ幸いです。
    (2019年8月20日更新)

    ミュージックバードご加入ガイド

    【連載中】ミュージックバード出演中の3名のオーディオ評論家によるコラム
    ミュージックバード導入記(林正儀)
    オーディオ・ファンが賞賛!「THE AUDIO」