MUSIC BIRDからのお知らせ

【掲載】「月刊Stereo」「Hivi」2021年6月号~MQAデブラー放送紹介

ミュージックバードが紹介されました。

月刊『Stereo』2021年6月号 (2021/5/19発売)  
「集合!ミュージックバードの広場へ」
  <記事が読めます!>ミュージックバードで世界初MQA衛星放送が始まるぞ!(麻倉怜士×鈴木裕)

Hivi』6月号 (2021/5/17発売)
ミュージックバードがMQAの技術を採用(麻倉怜士)

ステレオ時代』Vol.18 (2021/3/2発売)
あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館」(THE AUDIO)

Hivi』4月号 (2020/3/17発売)
  <記事が読めます!>『麻倉怜士のハイレゾ真剣勝負』スタート

Jazz JAPAN』Vol.116 (2020/3/22発売) 
 「TOKYO FM Studio IRISライブ」(THE JAZZ)について紹介

月刊『Stereo』2019年12月号 (2019/12/19発売)  
 不定期連載「集合!ミュージックバードの広場へ」C-T3000CS紹介

朝日新聞 朝刊 ラジオアングル(2019/9/25号)
 10月新番組「音の翼に」(124ch)について紹介

朝日新聞 朝刊 ラジオアングル(2019/7/31号) 
 番組を書籍化した『平成音楽史』(アルテスパブリッシング)について紹介

ムック『グランド・ファンク・レイルロードの奇蹟 (2019/3/14発売)
 「アナログ・サウンド大爆発!」(THE AUDIO)について紹介

邦楽ジャーナル』Vol.386 (2019/2/28発売) 
 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」(THE AUDIO)について紹介

PROSOUND』Vol.96 (2018/7/18発売)
 10月新番組が収録されるTOKYO FM スタジオ・イリスについて紹介

北國新聞 (2018/3/30号)
 「今トキ!クラシック」(THE CLASSIC)について紹介

・ムックテラシマ円盤堂 (2018/2/19発売) 
 ミュージックバード紹介、
 「ジャズ喫茶MUSIC BIRD」(THE JAZZ)ディレクターのコラム

朝日新聞 朝刊 ラジオアングル(2017/12/17号) 
 「ニューディスク・ナビ」(THE CLASSIC)について紹介

日本経済新聞 文化往来 (2017/10/21号)
 「ニューディスク・ナビ」(THE CLASSIC) 10周年について紹介

アキバ系情報サイト『アキバ総研 (2017/5/26掲載売)
 「アニソン Hi!」(THE AUDIO)について紹介

月刊『音楽の友』2017年6月号 (2017/5/19発売)
 「ウィーンのリズムにのって」(THE CLASSIC)について紹介

ハイレゾレコパル (2017/5/14掲載)
 OTOTENでの「アニソン Hi!」(THE AUDIO)公開録音レポート記事

隔月刊『ジャズ批評』2017年5月号 (2017/4/24発売)
 「ジャズ100年の名曲名演500時間」(THE JAZZ)について紹介

特選街』2017年2月号 (2016/12/29発売)

JAZZ PERSPECTIVE』VOl.13 (2016/12/16発売)

・ムック本マイ オーディオ ライフ (2016/4/22発売)

ムック『Audio Beginner’s Club From Zero (2015/12/7発売)
 ミュージックバードをキャッチせよ(村井裕弥)
 P51掲載記事について

ムック本『大人のオーディオ大百科 (2015/7/1発売) 
 林正儀の「大人のオーディオ大百科」注目レポート

・ムック本マイオーディオルーム (2015/5/8発売)
 「オーディオルームのとっておきの味方」

















(!)【お客様の声】番組アンケートご回答ありがとうございました

この度は番組アンケート(2020年8月号同梱)にご回答いただきありがとうございました。
また、貴重なご意見を頂戴し併せてお礼申し上げます。
皆様からのご意見について、この場をお借りして随時回答させていただきます。

詳しくはこちらをご覧ください 

(!)中古チューナーご購入時の注意

ネットオークション等でご購入いただいた中古チューナーの中には、ご契約できない場合がございます。
詳細はカスタマーセンター(TEL:03-3221-9000)へお問合せください。

(!)【発売中】新設計リザーブ電源搭載の高音質モデル「C-T3000CS」


 12月19日、新たなチューナー「C-T3000CS」を発売します。バッテリーに近い理想的な直流電源を実現するため、NECのかつての名機プリ・メインアンプ「A-10」シリーズに搭載されたリザーブ電源をC-T3000CS用にアレンジして搭載。この電源はアナログ音声出力の音場再現力を飛躍的に向上させるだけでなく、Digital音声出力の音質向上にも寄与します。電源トランスには漏れ磁束が極小のRコアートランスを採用。上位機種「C-T100CSXi」に迫る音質を実現しています。
試聴番組をYOU TUBEにて公開中!
月刊「Stereo」2020年1月号にてC-T3000CS紹介

<製品概要>(2019年12月19日発売) ※50台限定
■型番:C-T3000CS
■音声仕様:MPEG1 LayerⅡ
■入力構造:CS 高周波同軸C15レセプタクル(F型コネクター1系統)
      FM 高周波同軸C15レセプタクル(F型コネクター)
      AM ループアンテナに付属
■出力構造:高周波同軸C15レセプタクル(F型コネクター1系統)
■受信範囲:CS JCSAT2B号機 950~2150MHz
      FM 76MHz~108MHz
      AM 531kHz~1602kHz
■入力端子:アナログ(RCA)端子1系統
■出力端子:アナログ(RCA)端子1系統、光(角型)デジタル端子(TOSリンク)1系統、同軸デジタル端子2系統、楽曲ディスプレイMBX-1接続専用4ピン端子、RCU端子(MDT-5CSXiのみ)
■付加機能:プログラムタイマー、スリープタイマー、スタートチャンネル設定
■電源:AC100v
■外形寸法:幅430mm×高さ60mm×奥行165mm
■重量:2.8kg
■消費電力:11w(実測)
■付属品:FMアンテナ、AMアンテナ、リモコン、ピンケーブル
[販売価格:142,780円(税抜129,800円・消費税12,980円]

C-T3000CSカタログ(972KB)

※当チューナーはレンタルには対応しておりません。(ご購入でのご利用をお願いいたします。)
※ミュージックバード直販モデルとなります。 ご購入はこちら 

話題のハイエンド・カートリッジ「青龍」をオフィシャル採用!

THE AUDIO(124ch)では、国内外で高い評価を受けているトップウイングサイバーサウンドグループのハイエンド・アナログ・カートリッジ「青龍」(標準小売価格:750,000円<税別>)をスタジオ・リファレンスとして導入しました。「青龍」による高音質なアナログ再生をお楽しみください。

【「青龍」を使用予定の番組】
●THE AUDIO(124ch)
アナログ・サウンド大爆発」「オーディオって音楽だ!」「これだ!オーディオ術
オーディオ実験工房」「真空管オーディオ大放談」 
●THE JAZZ(122ch)
ジャズ喫茶『MUSIC BIRD』
 [ほか、多数番組で使用予定]

【コアレス・ストレートフラックス方式カートリッジ 青龍について】
特徴:従来のMMでもない、MCでもない、新方式コアレス・ストレートフラックスを採用。マグネットの直上に左右のコイルをV字型に配置することで、従来の方式が抱えていた諸問題を排除し、真のサウンドステージを再現。詳しくはこちら