126chSUPER LEGEND【Premium】

アーティスト特集


(月~日)0:00~8:00、16:00~24:00
アーティスト特集
国内外の伝説アーティストの名アルバムを集め、8時間単位の大型特集で放送。ベスト盤とは一味違うオリジナルアルバムに込められたスピリットを味わってください。 これまでの特集

4月/ボブ・ディラン特集

初回放送 2013年4月 再放送(随時あり)  デビュー以来半世紀にわたり多大なる影響を人々に与え、70歳を超えても現役で走り続ける “ロックの神様”ボブ・ディラン。1962年にアルバム『ボブ・ディラン』でデビューし、その翌年発表した社会への怒りを歌った「風に吹かれて」が大ヒット。当初は“世の代弁者”としてメッセージ性の強いフォークソングが多かったが、時代と共にロック、ゴスペル、ポップス等スタイルを変化させてきました。しかし根底に流れる彼独特の人間臭いブルース魂は変わることがありません。
 この特集では、オリジナルアルバム、ライヴアルバムを中心に51作品をお送りします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) BobDylan

1963年にリリースのファーストアルバム。ディランの原点となる作品で、全曲ディランがギター、ハーモニカを伴奏しています。ディランの弾き語りスタイルを確立させたアルバムと言ってもいいでしょう。オリジナル曲は「Talkin' New York blues」のみで、その他の曲は、当時のディランが得意としたレパートリーが大半を占めています。

■収録曲

  1. You're No Good
  2. Talkin' New York
  3. In My Time Of Dyin'
  4. Man Of Constant Sorrow
  5. Fixin' To Die
  6. Pretty Peggy-O
  7. Highway 51
  8. Gospel Plow
  9. Baby, Let Me Follow You Down
  10. House Of The Risin' Sun
  11. Freight Train Blues
  12. Song To Woody
  13. See That My Grave Is Kept Clean

2) The Freewheelin' Bob Dylan

1963年発売のセカンドアルバム。大ヒット曲「風に吹かれて」をはじめ初期の代表曲が収められています。社会性のある歌を次々と発表したディランは、このアルバムをきっかけに一躍”フォーク界のプリンス”として注目されました。

■収録曲

  1. Blowin' In The Wind
  2. Girl From The North Country
  3. Masters Of War
  4. Down The Highway
  5. Bob Dylan's Blues
  6. A Hard Rain's A-Gonna Fall
  7. Don't Think Twice, It's All Right
  8. Bob Dylan's Dream
  9. Oxford Town
  10. Talking World War III Blues
  11. Corrina, Corrina
  12. Honey, Just Allow Me One More Chance
  13. I Shall Be Free

3) Times They Are A-Changin

1964年発売。前作で成功を収めたディランは、時代の代弁者として大きな期待が寄せられていました。このアルバムには、世代のギャップを歌った曲、人種差別問題に焦点を当てた曲、宗教に対する疑問を素直に歌った曲など、プロテストソングの代表曲が収められています。

■収録曲

  1. The Times They Are A-Changin'
  2. The Ballad Of Hollis Brown
  3. With God On Our Side
  4. One Too Many Mornings
  5. North Country Blues
  6. Only A Pawn In Their Game
  7. Boots Of Spanish Leather
  8. When The Ship Comes In
  9. The Lonesome Death Of Hattie Carroll
  10. Restless Farewell

4) Another Side Of Bob Dylan

1964年発売。これまでプロテスタントシンガーとして社会を歌ってきたディランですが、このアルバムでは内面的な思いや愛について歌って曲が多くを占めています。これまでとは違ったディランの一面が見られます。

■収録曲

  1. All I Really Want To Do
  2. Black Crow Blues
  3. Spanish Harlem Incident
  4. Chimes Of Freedom
  5. I Shall Be Free No. 10
  6. To Ramona
  7. Motorpsycho Nitemare
  8. My Back Pages
  9. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
  10. Ballad In Plain D
  11. It Ain't Me Babe

5) Bringing It All Back Home

1965年発売。このアルバムは、ディランが初めてロックバンドを導入しています。新たな挑戦をしたディラン。フォークからフォークロックへと新たな道を切り開いた画期的な内容となっています。

■収録曲

  1. Subterranean Homesick Blues
  2. She Belongs To Me
  3. Maggie's Farm
  4. Love Minus Zero/No Limit
  5. Outlaw Blues
  6. On The Road Again
  7. Bob Dylan's 115th Dream
  8. Mr. Tambourine Man
  9. Gates Of Eden
  10. It's Alright Ma (I'm Only Bleeding)
  11. It's All Over Now, Baby Blue

6) Highway 61 Revisited

1965年発売、フォークロックの金字塔的な作品。ディラン自身、「これまでのどのアルバムよりも重要で革新的なアルバムを作った」と語っています。大ヒット曲「Like A Rolling Stone 」をはじめ、ディランを語る上では欠かせない名曲揃いとなっています。

■収録曲

  1. Like A Rolling Stone
  2. Tombstone Blues
  3. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
  4. From A Buick 6
  5. Ballad Of A Thin Man
  6. Queen Jane Approximately
  7. Highway 61 Revisited
  8. Just Like Tom Thumb's Blues
  9. Desolation Row
  10.  

7) Blonde on Blonde

1966年発売。ニューオーリンズサウンドやアーバンブルース、美しいメロディのポップソングなど、かつてないほど多様化した内容。ディラン自身、とても満足のゆくサウンドになったと評価しています。

■収録曲

  1. Rainy Day Women #12 & 35
  2. Pledging My Time
  3. Visions Of Johanna
  4. One Of Us Must Know (Sooner Or Later)
  5. I Want You
  6. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
  7. Leopard-Skin Pill-Box Hat
  8. Just Like A Woman
  9. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
  10. Temporary Like Achilles
  11. Absolutely Sweet Marie
  12. 4th Time Around
  13. Obviously 5 Believers
  14. Sad Eyed Lady Of The Lowlands
  15.      

8) John Wesley Harding

1967年発売。交通事故のため療養していたディランの復帰作であり、”ディラン第二章”のはじまりとなる作品です。当時の勢いとは一転、シンプルなアコースティックサウンド。これまでになかった一曲、一曲から、優しさを感じられる一枚。60年代のディランの作品の中で、一番売れたアルバムです。

■収録曲

  1. John Wesley Harding
  2. As I Went Out One Morning
  3. I Dreamed I Saw St. Augustine
  4. All Along The Watchtower
  5. Ballad Of Frankie Lee And Judas Priest
  6. Drifter's Escape
  7. Dear Landlord
  8. I Am A Lonesome Hobo
  9. I Pity The Poor Immigrant
  10. Wicked Messenger
  11. Down Along The Cove
  12. I'll Be Your Baby Tonight

9) Nashville Skyline

1969年発売。ディランの作品の中でも気楽に楽しめる数少ない一枚。トレードマークだったしゃがれた声が、鼻にかかったまろやかな美声となり、歌詞の内容もストレートなラブソングが中心となっているのが特徴です。シングルヒットした曲をはじめ、ポップで親しみやすいメロディが多く収録されています。

■収録曲

  1. Girl From The North Country
  2. Nashville Skyline Rag
  3. To Be Alone With You
  4. I Threw It All Away
  5. Peggy Day
  6. Lay Lady Lay
  7. One More Night
  8. Tell Me That It Isn't True
  9. Country Pie
  10. Tonight I'll Be Staying Here With You

10) Self Portrait

1970年発売。70年代幕開けを飾る作品で、ジャケットにはディランによる自画像が描かれています。ほとんどがカバー曲で構成されており、オリジナル曲は、インストや女声コーラスに歌わせるなど、ディランの声が聴こえない曲が多くあります。ライヴ音源から伝わるディランのパワーは圧巻です。

■収録曲

  1. All The Tired Horses [Album Version]
  2. Alberta #1
  3. I Forgot More Than You'll Ever Know
  4. Days Of 49
  5. Early Mornin' Rain
  6. In Search Of Little Sadie
  7. Let It Be Me
  8. Little Sadie
  9. Woogie Boogie
  10. Belle Isle
  11. Living The Blues
  12. Like A Rolling Stone
  13. Copper Kettle (The Pale Moonlight)
  14. Gotta Travel On
  15. Blue Moon
  16. The Boxer
  17. Quinn The Eskimo (The Mighty Quinn)
  18. Take Me As I Am (Or Let Me Go)
  19. Take A Message To Mary
  20. it Hurts Me Too
  21. Minstrel Boy
  22. She Belongs To Me
  23. Wigwam
  24. Alberta #2

11) New Morning

1970年発売、前作からわずか4ヶ月でリリースされ、ディランならではのダミ声が戻ってきた作品。違う歌声に取り組んだことにより、歌声に幅が生まれており、強さと迫力が感じられます。当時のファンは「ディランが戻ってきた」と称賛し、大変評価の高いアルバムです。ジャジーな曲や、歌わずに詞の朗読をする曲など、風変わりな曲も必聴です。

■収録曲

  1. If Not For You
  2. Day Of The Locusts
  3. Time Passes Slowly
  4. Went To See The Gypsy
  5. Winterlude
  6. If Dogs Run Free
  7. New Morning
  8. Sign On The Window
  9. One More Weekend
  10. The Man In Me
  11. Three Angels
  12. Father Of Night

12) Pat Garrett & Billy the kid

1973年発売。西部劇映画『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』のサウンドトラックとしてリリース。ディラン自身もナイフ投げの青年役で出演しました。大半がインストトゥルメンタルで構成されており、ディランのメロディーメーカーとしての才能に驚かされます。

■収録曲

  1. Main Title Theme (Billy)
  2. Cantina Theme (Workin' For The Law)
  3. Billy 1
  4. Bunkhouse Theme
  5. River Theme
  6. Turkey Chase
  7. Knockin' On Heaven's Door
  8. Final Theme
  9. Billy 4
  10. Billy 7

13) Dylan

1973年発売。このアルバムは1991年に日本で一度だけCDが発売されましたが、その後廃盤となった幻の作品。新曲は一曲もなく、「Self Portrait」「New Morning」のアウトテイク曲で構成されています。現在、入手困難な貴重な一枚。

■収録曲

  1. Lily of the West
  2. Can't Help Falling In Love
  3. Sarah Jane
  4. The Ballad of Ira Hayes
  5. Mr. Bojangles
  6. Mary Ann
  7. Big Yellow Taxi
  8. A Fool Such As I
  9. Spanish Is the Loving Tongue
  10.      

14) Planet Waves

1974年発売の、初めて全米アルバムチャートを制した記念すべきアルバム。ザ・バンドとのコラボレーションアルバムで、彼らとのツアーに向けて制作されました。短い時間の中で制作した作品ですが、ライブ直前の気合いが一曲一曲感じられ、完成度の高さには驚かされます。

■収録曲

  1. On A Night Like This
  2. Going Going Gone
  3. Tough Mama
  4. Hazel
  5. Something There Is About You
  6. Forever Young
  7. Forever Young (Continued)
  8. Dirge
  9. You Angel You
  10. Never Say Goodbye
  11. Wedding Song

15) Before The Flood

1974年発売のライヴアルバム。かつてのツアーバンドであったザ・バンドと共に8年ぶりのツアーを開催。1966年のバイク事故以来初のツアーということで、本人もファンも並々ならぬ気合いでした。エネルギー溢れるサウンドに思わず聴き入ってしまいます。

■収録曲【DISC1】

  1. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
  2. Lay Lady Lay
  3. Rainy Day Women # 12 & 35
  4. Knockin' On Heaven's Door
  5. It Ain't Me, Babe
  6. Ballad Of A Thin Man
  7. Up On Cripple Creek
  8. I Shall Be Released
  9. Endless Highway
  10. The Night They Drove Old Dixie Down
  11. Stage Fright

■収録曲【DISC2】

  1. Don't Think Twice, It's All Right
  2. Just Like A Woman
  3. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
  4. The Shape I'm In
  5. When You Awake
  6. The Weight
  7. All Along The Watchtower
  8. Highway 61 Revisited
  9. Like A Rolling Stone
  10. Blowin' In The Wind

16) Blood On The Tracks

1975年発売。前作、前々作と、ザ・バンドとのコラボにより、ロック色が強かったディランですが、このアルバムでは原点に戻ったようなサウンドが作られています。アコースティックやフォークサウンドが中心となっており、ディランが得意とする穏やかなサウンドが印象的な作品になっています。

■収録曲

  1. Tangled Up In Blue
  2. Simple Twist Of Fate
  3. You're A Big Girl
  4. Idiot Wind
  5. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
  6. Meet Me In The Morning
  7. Lily, Rosemary And The Jack Of Hearts
  8. If You See Her, Say Hello
  9. Shelter From The Storm
  10. Buckets Of Rain

17) The Bacement Tapes

1975年発売のセッションばかりを集めたアルバム、ディランを語る上では欠かせません。ディランがザ・バンドとの初の録音音源であり、両者にとってターニングポイントとなる作品です。本来、出回るはずでなかった音源であったため、メンバーたちのリラックスした楽しげな雰囲気が伝わってきます。

■収録曲【DISC1】

  1. Odds And Ends
  2. Orange Juice Blues (Blues For Breakfast)
  3. Million Dollar Bash
  4. Yazoo Street Scandal
  5. Going To Acapulco
  6. Katie's Been Gone
  7. Lo And Behold
  8. Bessie Smith
  9. Clothes Line Saga
  10. Apple Suckling Tree
  11. Please, Mrs. Henry
  12. Tears Of Rage

■収録曲【DISC2】

  1. Too Much Of Nothing
  2. Yea! Heavy And A Bottle Of Bread
  3. Ain't No More Cane
  4. Crash On The Levee (Down In The Flood)
  5. Ruben Remus
  6. Tiny Montgomery
  7. You Ain't Goin' Nowhere
  8. Don't Ya Tell Henry
  9. Nothing Was Delivered
  10. Open The Door, Homer
  11. Long Distance Operator
  12. This Wheel's On Fire

18) Desire

1976年発売、5週連続全米1位を獲得した傑作アルバム。ディランのスタジオアルバムの中で最も売り上げた一枚です。レコーディングには無名ミュージシャンが起用され大きな話題となりました。荒削りで奔放なサウンドとディランの力強いヴォーカルが合わさり、力強いエネルギーあふれる作品となっています。

■収録曲

  1. Hurricane
  2. Isis
  3. Mozambique
  4. One More Cup Of Coffee
  5. Oh, Sister
  6. Joey
  7. Romance In Durango
  8. Black Diamond Bay
  9. Sara

19) Hard Rain

1976年発売、ツアー『ローリングサンダーレヴュー』の模様を収録したライヴアルバム。オープニングを飾る「Maggie's Farm」から伝わってくる熱気とサウンドはライヴアルバムならではの醍醐味。そして、アルバムを締めくくるラストナンバー「Idiot Wind」は10分を超える壮大な演奏には心を奪われるでしょう。

■収録曲

  1. Maggie's Farm
  2. One Too Many Mornings
  3. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
  4. Oh, Sister
  5. Lay, Lady, Lay
  6. Shelter From The Storm
  7. You're A Big Girl Now
  8. I Threw It All Away
  9. Idiot Wind

20) Street Legal

1978年発売。レコード時、女性の声を取り入れたり、大バンドを結成するなど、いくつかの初の試みに挑戦した作品です。フォーックロックと南国の音楽が結びついており、見事なサウンドとなっています。ちなみに女性コーラスの一人、キャロリンデニスは後の私生活のパートナーになる女性です。

■収録曲

  1. Changing Of The Guards
  2. New Pony
  3. No Time To Think
  4. Baby Stop Crying
  5. Is Your Love In Vain?
  6. Senor (Tales Of Yankee Power)
  7. True Love Tends To Forget
  8. We Better Talk This Over
  9. Where Are You Tonight (Journey Through Dark Heat)
  10.  

21) Bob Dylan At Budokan

1978年発売、日本武道館にて行われたライヴアルバム。発売当初、日本独自のオリジナル企画として制作されました。のちに世界でリリースされることになりますが、日本人にとってこのアルバムは大変貴重な一枚といっても過言ではないでしょう。

■収録曲【DISC1】

  1. Mr. Tambourine Man
  2. Shelter From The Storm
  3. Love Minus Zero / No Limit
  4. Ballad Of A Thin Man
  5. Don't Think Twice, Its All Right
  6. Maggie's Farm
  7. One More Cup Of Coffee (Valley Below)
  8. Like A Rolling Stone
  9. I Shall Be Released
  10. Is Your Love In Vain
  11. Going, Going, Gone

■収録曲【DISC2】

  1. Blowin' In The Wind
  2. Just Like A Woman
  3. Oh, Sister
  4. Simple Twist Of Fate
  5. All Along The Watchtower
  6. I Want You
  7. All I Really Want To Do
  8. Knockin' On Heaven's Door
  9. It's All Right, Ma
  10. Forever Young
  11. The Times They Are A-Changin'

22) Slow Train Coming

1979年発売。この時期、ユダヤ教からクリスチャンになったディラン。この変化は楽曲制作にも大きく影響しました。このアルバムは「ゴスペル三部作」の第一弾といわれ、ゴスペル色が強い内容になっています。

■収録曲

  1. Gotta Serve Somebody
  2. Precious Angel
  3. I Believe In You
  4. Slow Train
  5. Gonna Change My Way Of Thinking
  6. Do Right To Me Baby (Do Unto Others)
  7. When You Gonna Wake Up
  8. Man Gave Names To All The Animals
  9. When He Returns

23) Saved

1980年発売の「ゴスペル三部作」第二弾。前作に引き続きキリスト教の影響を受け、ゴスペル色が強く出ています。この影響は楽曲のみならず、ジャケットにも顕著にあらわれており、神の手、そしてその手に救いを求めているような絵が描かれています。ゴスペル三部作への当時の世間の評価は今ひとつでしたが、ディランとメンバーの自由で楽しげな雰囲気が感じられ、新たな発見ができる作品となっています。

■収録曲

  1. A Satisfied Mind
  2. Saved
  3. Covenant Woman
  4. What Can I Do for You?
  5. Solid Rock
  6. Pressing On
  7. In the Garden
  8. Saving Grace
  9. Are You Ready?

24) Shot of Love

1981年発売のゴスペル三部作ラストを飾る作品。このアルバムの特徴はなんといってもレコーディング参加メンバー。ティムドラモンド、ジムケルトナー、ドナルドダックダン、ダニーコーチマー、トムペティ、ベンモントテンチ、そしてリンゴスターと豪華絢爛。ゴスペルの世界を取り入れたディランが、表現したかった楽曲の集大成となっています。

■収録曲

  1. Shot Of Love
  2. Heart Of Mine
  3. Property Of Jesus
  4. Lenny Bruce
  5. Watered-Down Love
  6. The Groom's Still Waiting At The Altar
  7. Dead Man, Dead Man
  8. In The Summertime
  9. Trouble
  10. Every Grain Of Sand

25) Infidels

1983年発売。当時のファンからは「ディランが戻ってきた!」と言われた作品です。アルバムタイトルの「Infidels」は翻訳すると「異教徒」。つまり自分が信仰している宗教以外の人、特にキリスト教以外の宗教を信じる人のことを意味します。何かから吹っ切れたような、開放感溢れるサウンドが楽しめます。

■収録曲

  1. Jokerman
  2. Sweetheart Like You
  3. Neighborhood Bully
  4. License To Kill
  5. Man Of Peace
  6. Union Sundown
  7. I And I
  8. Don't Fall Apart On Me Tonight

26) Real Live

1984年発売、6年ぶりとなるライヴアルバム。1曲目「Highway 61 Revisited」から2曲目「Maggie's Farm」へと続くこの流れは、当時のライヴでは定番でした。そして最大の特徴は参加メンバーの豪華さ。リードギターに元ローリング・ストーンズのミック・テイラー、キーボードに元フェイセズのイアン・マクレガン、そして、ラストナンバー「トゥームストーン・ブルース」にはカルロス・サンタナがゲスト参加しています。

■収録曲

  1. Highway 61 Revisited
  2. Maggie's Farm
  3. I And I
  4. License To Kill
  5. It Ain't Me, Babe
  6. Tangled Up In Blue
  7. Masters Of War
  8. Ballad Of A Thin Man
  9. Girl From The North Country
  10. Tombstone Blues

27) Empire Burlesque

1985年発売のセルフプロデュース作品。2曲目に収録されている「Seeing the Real You at Last 」は、当時流行していたヒップホップを意識して作られたように感じられます。ちなみに1曲目「Tight Connection to My Heart 」のビデオクリップは日本で撮影され、女優の倍賞美津子さんが出演したことで話題になりました。

■収録曲

  1. Tight Connection To My Heart (Has Anyone Seen My Love)
  2. Seeing The Real You At Last
  3. I'll Remember You
  4. Clean Cut Kid
  5. Never Gonna The Same Again
  6. Trust Yourself
  7. Emotionally Yours
  8. When The Night Comes Falling From The Sky
  9. Something's Burning, Baby
  10. Dark Eyes
  11.      

28) Knocked Out Loaded

1986年発売。オリジナルが2曲と少なく、カヴァー曲やコラボレーション曲が半数を占めているのが特徴です。6曲目に収録されている「ブラウンズビル・ガール」は劇作家で俳優のサム・シェパードとの共作。11分に及ぶ大作となっており、聴きごたえ充分です。

■収録曲

  1. You Wanna Ramble
  2. They Killed Him
  3. Driftin' Too Far From Shore
  4. Precious Memories
  5. Maybe Someday
  6. Brownsville Girl
  7. Got My Mind Made Up
  8. Under Your Spell

29) Down in the Groove

1988年発売、カヴァー曲や共同制作曲が多くを占めてたアルバム。シンガーソングライターとして活動してきたディランですが、この時期の作品は、バンド感溢れた楽曲が多くあるのが特徴です。バンドのサウンドとディランの歌声が融合した力強い楽曲が楽しめます。

■収録曲

  1. Let's Stick Together
  2. When Did You Leave Heaven?
  3. Sally Sue Brown
  4. Death Is Not The End
  5. Had A Dream About You, Baby
  6. Ugliest Girl In The World
  7. Silvio
  8. Ninety Miles An Hour (Down A Dead End Street)
  9. Shenandoah
  10. Rank Strangers To Me

30) Oh Mercy

1989年発売。前作まで続いた低迷期から一転、新たなる伝説の幕開けとなる作品です。プロデューサーにU2やロビーロバートソンを手掛けたダニエルラノアを迎えたことが成功への鍵といわれます。これぞディラン!という数々の名曲が収録されています。

■収録曲

  1. Political World
  2. Where Teardrops Fall
  3. Everything Is Broken
  4. Ring Them Bells
  5. Man In The Long Black Coat
  6. Most Of The Time
  7. What Good Am I?
  8. Disease Of Conceit
  9. What Was It You Wanted
  10. Shooting Star

31) Dylan & the Dead

1989年発売。ディランとグレイト・フルデッドによるライヴアルバム。東海岸のフォークロックシンガー、ディランと、西海岸のサイケデリック文化を背負ったグレイト・フルデッド。まさに水と油のような関係の二組の共演は世間を驚かせました。

■収録曲

  1. Slow Train
  2. I Want You
  3. Gotta Serve Somebody
  4. Queen Jane Approximately
  5. Joey
  6. All Along The Watchtower
  7. Knockin' On Heaven's Door

32) Under the Red Sky

1990年発売。プロデューサーに、ドン・ウォズ&デヴィット・ウォズ(兄弟)を招き、ジャック・フロストと共同制作されたアルバム(ジャック・フロストとはディラン自身のこと)。デヴィッド・クロスビー、ジョージ・ハリスン、エルトン・ジョン、アル・クーパー、スラッシュ、スティーヴィー・レイ・ヴォーンなどが参加した超豪華アルバム。ディランとウォズ兄弟が生み出す斬新なサウンドは必聴です。

■収録曲

  1. Wiggle Wiggle
  2. Under The Red Sky
  3. Unbelievable
  4. Born In Time
  5. T.V. Talkin' Song
  6. 10,000 Men
  7. 2 X 2
  8. God Knows
  9. Handy Dandy
  10. Cat's In The Well

33) Good as I Been to You

1992年発売、全編アコースティック・ギターとハーモニカによる、28年ぶりの弾き語りアルバム。アルバムの内容はトラディショナルソングが中心に集められており、全てカバー曲。これはデビュー以来初めてのことです。

■収録曲

  1. Frankie & Albert
  2. Jim Jones
  3. Black Jack Davey
  4. Canadee-I-O
  5. Sitting On The Top Of The World
  6. Little Maggie
  7. Hard Times
  8. Step It Up And Go
  9. Tomorrow Night
  10. Athur McBride
  11. You're Gonna Quit Me
  12. Diamond Joe
  13. Froggie Went A-Courtin'

34) World Gone Wrong

1993年発売。前作に引き続きアコースティックギター、ハーモニカの弾き語りスタイル、そしてトラディショナルソングが中心になっており、自作曲が一曲もないアルバム。サウンド面からすると、前作以上にブルース色が強くなっているのが特徴です。

■収録曲

  1. World Gone Wrong
  2. Love Henry
  3. Ragged & Dirty
  4. Blood In My Eyes
  5. Broke Down Engine
  6. Delia
  7. Stack A Lee
  8. Two Soldiers
  9. Jack-A-Roe
  10. Lone Pilgrim

35) MTV Unplugged

1995年発売。N.Y.のソニースタジオにて行われていたライヴパフォーマンスの模様を、90年代に人気を博したテレビ番組『MTVアンプラグド』がオンエア。その時、オンエアされた楽曲を中心に収録されたアルバムです。ディランの代表曲はもちろんですが「Shooting Star 」「Dignity 」などの珍しい曲がお楽しみいただけます。

■収録曲

  1. Tombstone Blues
  2. Shooting Star
  3. All Along The Watchtower
  4. The Times They Are A-Changin'
  5. John Brown
  6. Desolation Row
  7. Rainy Day Women #12 & 35
  8. Love Minus Zero/No Limit
  9. Dignity
  10. Knockin' On Heaven's Door
  11. Like A Rolling Stone
  12. With God On Our Side

36) Time Out of Mind

1997年発売。全曲ディランのオリジナル曲だけが収録されたアルバムは、1990年「Under the Red Sky」以来、実に7年ぶり。名曲揃いのこのアルバム「Time Out of Mind」は世間の評価も高く、グラミー賞「最優秀アルバム」を含む、三部門を受賞しました。ディランの代表作といえるアルバムです。

■収録曲

  1. Love Sick
  2. Dirt Road Blues
  3. Standing In The Doorway
  4. Million Miles
  5. Trying To Get To Heaven
  6. 'Til I Fell In Love With You
  7. Not Dark Yet
  8. Cold Irons Bound
  9. Make You Feel My Love
  10. Can't Wait
  11.  
  12. Highlands

37) Love and Theft

発売日は、世界が震撼したアメリカ同時多発テロ事件の2001年9月11日。「過去作品のいくつかの要素を絡み合わせたものではないし、過去のどのアルバムの要素も引き継いでいない」と語るディラン。その言葉通り、彼の新たな一面が垣間見れる作品ばかりが収録されています。ミシシッピの大洪水を歌った重厚なブルース「High Water (For Charley Patton) 」は必聴です。

■収録曲

  1. Tweedle Dee & Tweedle Dum
  2. Mississippi
  3. Summer Days
  4. Bye & Bye
  5. Lonesome Day Blues
  6. Floater
  7. High Water
  8. Moonlight
  9. Honest With Me
  10. Po' Boy
  11. Cry A While
  12. Sugar Baby
     

38) Bob Dylan "Live 1961-2000"

2001年発売、1691年から2000年の39年間に録り溜めたライヴ音源が収録されたアルバム。全16曲のうち、未発表6曲、アルバム未収録5曲が収録されています。日本独自企画として発売されたもので、当時としては大変珍しいことでした。

■収録曲

  1. Somebody Touched Me
  2. Wade In The Water
  3. Handsome Molly
  4. To Ramona
  5. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
  6. Grand Coulee Dam
  7. Knockin' On Heaver's Door
  8. It Ain't Me Babe
  9. Shelter From The Storm
  10. Dead Man, Dead Man
  11. Slow Train
  12. Dignity
  13. Cold Irons Bound
  14. Born In Time
  15. Country Pie
  16. Things Have Changed

39) Modern Times

2006年発売。1976年発売の「Desire」以来、30年ぶりにビルボード・チャート首位を獲得した作品で、ビルボード・チャート1位を獲った最高齢アーティストとしての記録を更新しました(当時65歳)。1曲目「Thunder on the Mountain 」と最後の曲「Ain't Talkin' 」は、9.11(2001年のアメリカ同時多発テロ)についてディランなりに表現しています。

■収録曲

  1. Thunder on the Mountain
  2. Spirit on the Water
  3. Rollin' and Tumblin'
  4. When the Deal Goes Down
  5. Someday Baby
  6. Workingman's Blues #2
  7. Beyond the Horizon
  8. Nettie Moore
  9. The Levee's Gonna Break
  10. Ain't Talkin'
  11.      

40) Together Through Life

2009年発売。ビルボード200と全英アルバム・チャートで初登場1位を記録。全曲にわたりアコーディオンが使われ、ブルース色が強い作品となっています。10曲中9曲がグレイトフル・デッドの作詞家として知られるロバート・ハンターとの共同制作曲。

■収録曲

         
  1. Beyond Here Lies Nothin'
  2. Life Is Hard
  3. My Wife's Home Town
  4. If You Ever Go To Houston
  5. Forgetful Heart
  6. Jolene
  7. This Dream Of You
  8. Shake Shake Mama
  9. I Feel A Change Comin' On
  10. It's All Good

41) Christmas in the Heart

2009年発売、ディラン初のクリスマスアルバム。このアルバムの印税は全て、アメリカをはじめ国際的な慈善機関へ永久的に寄付されるそうです。

 

■収録曲

  1. Here Comes Santa Claus
  2. Do You Hear What I Hear?
  3. Winter Wonderland
  4. Hark The Herald Angels Sing
  5. I'll Be Home For Christmas
  6. Little Drummer Boy
  7. The Christmas Blues
  8. O' Come All Ye Faithful (Adeste Fideles)
  9. Have Yourself A Merry Little Christmas
  10. Must Be Santa
  11. Silver Bells
  12. The First Noel
  13. Christmas Island
  14. The Christmas Song
  15. O' Little Town Of Bethlehem

42) Tempest

デビュー50周年、ディラン71歳を迎えた2012年発売。全曲ディランによる書き下ろし曲で、7分を越える壮大な楽曲が半数を占めています。中でもタイタニック号の惨事を歌った「Tempest」は14分にも及ぶ超大作となっています。

■収録曲

  1. Duquesne Whistle
  2. Soon After Midnight
  3. Narrow Way
  4. Long and Wasted Years
  5. Pay In Blood
  6. Scarlet Town
  7. Early Roman Kings
  8. Tin Angel
  9. Tempest
  10. Roll On John

43) The Bootleg Series Vol. 1–3 (Rare & Unreleased) 1961–1991

1992年発売。ディランはオリジナルアルバム以外に、ブートレッグ、つまり海賊版が多く出回ったアーティストでした。ブートレッグ盤でしか聴けない入手困難な曲、未発表曲、未発表ライブなどの貴重な音源が多くあり、これらの音源をレコード会社が公式にリリースしたのがブートレッグ・シリーズです。Vol.1には、デビュー前の1961年から1989年までの、アウトテイク音源や未発表曲・未発表ライブを集めて収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. Hard Times In New York Town
  2. He Was A Friend Of Mine
  3. Man On The Street
  4. No More Auction Block
  5. House Carpenter
  6. Talkin' Bear Mountain Picnic Massacre Blues
  7. Let Me Die In My Footsteps
  8. Rambling, Gambling Willie
  9. Talkin' Hava Negeilah Blues
  10. Quit Your Low Down Ways
  11. Worried Blues
  12. Kingsport Town
  13. Walkin' Down The Line
  14. Walls Of Red Wing
  15. Paths Of Victory
  16. Talkin' John Birch Paranoid Blues
  17. Who Killed Davey Moore?
  18. Only A Hobo
  19. Moonshiner
  20. When The Ship Comes In
  21. The Times They Are A-Changin'
  22. Last Thoughts On Woody Guthrie

■収録曲【DISC2】

  1. Seven Curses
  2. Eternal Circle
  3. Suze (The Cough Song)
  4. Mama, You Been On My Mind
  5. Farewell, Angelina
  6. Subterranean Homesick Blues
  7. If You Gotta Go, Go Now (Or Else You Got To Stay All Night)
  8. Sitting On A Barbed Wire Fence
  9. Like A Rolling Stone
  10. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
  11. I'll Keep It With Mine
  12. She's Your Lover Now
  13. I Shall Be Released
  14. Santa-Fe
  15. If Not For You
  16. Wallflower
  17. Nobody 'Cept You
  18. Tangled Up In Blue
  19. Call Letter Blues
  20. Idiot Wind

■収録曲【DISC3】

  1. If You See Her, Say Hello
  2. Golden Loom
  3. Catfish
  4. Seven Days
  5. Ye Shall Be Changed
  6. Every Grain Of Sand
  7. You Changed My Life
  8. Need A Woman
  9. Angelina
  10. Someone's Got A Hold Of My Heart
  11. Tell Me
  12. Lord Protect My Child
  13. Foot Of Pride
  14. Blind Willie McTell
  15. When The Night Comes Falling From The Sky
  16. Series Of Dreams

44) The Bootleg Series Vol. 4: Bob Dylan Live 1966, The "Royal Albert Hall" Concert

1988年発売のブートレッグシリーズ第4弾。1966年5月、イギリス・マンチェスター、フリー・トレード・ホールで行われたコンサートの模様が収められています。最後の「Like a Rolling Stone」では、演奏の最中にも関わらず、ファンからの野次やブーイングが聴こえてくるというところは、まさに海賊版ならでは。

■収録曲【DISC1】

  1. She Belongs To Me
  2. Fourth Time Around
  3. Visions Of Johanna
  4. It's All Over Now, Baby Blue
  5. Desolation Row
  6. Just Like A Woman
  7. Mr. Tambourine Man

■収録曲【DISC2】

  1. Tell Me, Momma
  2. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
  3. Baby, Let Me Follow You Down
  4. Just Like Tom Thumb's Blues
  5. Leopard-Skin Pill-Box Hat
  6. One Too Many Mornings
  7. Ballad Of A Thin Man
  8. Like A Rolling Stone

45) The Bootleg Series Vol. 5: Bob Dylan Live 1975, The Rolling Thunder Revue

2002年発売のブートレッグシリーズ第5弾。1975年~1976年に行われたライヴ・ツアー「ローリング・サンダー・レヴュー」での音源が収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. Tonight I'll Be Staying Here With You
  2. It Ain't Me Babe
  3. A Hard Rain's A-Gonna Fall
  4. The Lonesome Death of Hattie Carroll
  5. Romance in Durango
  6. Isis
  7. Mr. Tambourine Man
  8. Simple Twist of Fate
  9. Blowin' in the Wind
  10. Mama, You Been on My Mind
  11. I Shall Be Released

■収録曲【DISC2】

  1. It's All Over Now, Baby Blue
  2. Love Minus Zero/No Limit
  3. Tangled Up in Blue
  4. The Water Is Wide
  5. It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry
  6. Oh, Sister
  7. Hurricane
  8. One More Cup of Coffee (Valley Below)
  9. Sara
  10. Just Like a Woman
  11. Knockin' on Heaven's Door

46) The Bootleg Series Vol. 6: Bob Dylan Live 1964, Concert at Philharmonic Hall

2004年発売のブートレッグシリーズ第6弾。1964年10月31日、N.Y.フィルハーモニック・ホールで行われた「ハロウィーン・コンサート」の模様が収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. The Times They Are A-Changin'
  2. Spanish Harlem Incident
  3. Talkin' John Birch Paranoid Blues
  4. To Ramona
  5. Who Killed Davey Moore?
  6. Gates Of Eden
  7. If You Gotta Go, Go Now (Or Else You Got To Stay All Night)
  8. It's Alright Ma, (I'm Only Bleeding)
  9. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met)
  10. Mr. Tambourine Man
  11. A Hard Rain's A-Gonna Fall

■収録曲【DISC2】

  1. Talkin' World War III Blues
  2. Don't Think Twice, It's All Right
  3. The Lonesome Death Of Hattie Carroll
  4. Mama, You Been On My Mind
  5. Silver Dagger
  6. With God On Our Side
  7. It Ain't Me, Babe
  8. All I Really Want To Do

47) The Bootleg Series Vol. 7: No Direction Home: The Soundtrack

2005年リリースのブートレッグシリーズ第7弾。マーティン・スコセッシ監督によるディランのドキュメンタリー映画『No Direction Home』のサウンドトラックとして制作されました。デビュー前の1959年から1966年5月までにレコーディングされた未公開音源が収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. When I Got Troubles
  2. Rambler, Gambler
  3. This Land Is Your Land
  4. Song to Woody
  5. Dink's Song
  6. I Was Young When I Left Home
  7. Sally Gal
  8. Don't Think Twice, It's All Right
  9. Man of Constant Sorrow
  10. Blowin' in the Wind
  11. Masters of War
  12. A Hard Rain's A-Gonna Fall
  13. When the Ship Comes In
  14. Mr. Tambourine Man
  15. Chimes of Freedom
  16. It's All Over Now, Baby Blue

■収録曲【DISC2】

  1. She Belongs to Me
  2. Maggie's Farm
  3. It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry
  4. Tombstone Blues
  5. Just Like Tom Thumb's Blues
  6. Desolation Row
  7. Highway 61 Revisited
  8. Leopard-Skin Pill-Box Hat
  9. Stuck Inside of Mobile with the Memphis Blues Again
  10. Visions of Johanna
  11. Ballad of a Thin Man
  12. Like a Rolling Stone

48) The Bootleg Series Vol. 8 – Tell Tale Signs: Rare and Unreleased 1989–2006

2008年発売のブートレッグシリーズ第8弾。1989年発売『Oh Mercy』から2006年発売『Modern Times』までにレコーディングされた、アウトテイクや未発表曲・未発表ライヴが収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. Mississippi
  2. Most Of The Time
  3. Dignity
  4. Someday Baby
  5. Red River Shore
  6. Tell Ol' Bill
  7. Born In Time
  8. Can't Wait
  9. Everything Is Broken
  10. Dreamin' Of You
  11. Huck's Tune
  12. Marchin' To The City
  13. High Water (For Charley Patton)

■収録曲【DISC2】

  1. Mississippi
  2. 32-20 Blues
  3. Series Of Dreams
  4. God Knows
  5. Can't Escape From You
  6. Dignity
  7. Ring Them Bells
  8. Cocaine Blues
  9. Ain't Talkin'
  10. The Girl On The Greenbriar Shore
  11. Lonesome Day Blues
  12. Miss The Mississippi
  13. The Lonesome River
  14. Cross The Green Mountain

49) Bob Dylan in Concert: Brandeis University 1963

2011年発売。『The Bootleg Series Vol. 9』と『Bob Dylan mono box』の国内盤を購入すると特典としてプレゼントされたアルバムでしたが、現在は公式に発売されています。1963年、マサチューセッツ州にある名門・ブランダイズ大学にて行なわれたコンサートの模様が収められています。

■収録曲

  1. Honey, Just Allow Me One More Chance
  2. Talkin' John Birch Paranoid Blues
  3. Ballad Of Hollis Brown
  4. Masters Of War
  5. Talkin' World War III Blues
  6. Bob Dylan's Dream
  7. Talking Bear Mountain Picnic Massacre Blues

50) The Bootleg Series Vol. 9 – The Witmark Demos: 1962–1964

2010年発売のブートレッグシリーズ第9弾。1962年から1964年、デビュー初期の音源が収録されています。悲しみに満ちた「Ballad for a Friend」、公民権運動の時代に刺激を受けて生まれた「Long Ago, Far Away」、「The Death of Emmett Till」など、これまで公式発表されてこなかった楽曲が15曲も収められています。

■収録曲【DISC1】

  1. Man On The Street (Fragment)
  2. Hard Times In New York Town
  3. Poor Boy Blues
  4. Ballad For A Friend
  5. Rambling, Gambling Willie
  6. Talking Bear Mountain Picnic Massacre Blues
  7. Standing On The Highway
  8. Man On The Street
  9. Blowin' In The Wind
  10. Long Ago, Far Away
  11. A Hard Rain's A-Gonna Fall
  12. Tomorrow Is A Long Time
  13. The Death Of Emmett Till
  14. Let Me Die In My Footsteps
  15. Ballad Of Hollis Brown
  16. Quit Your Low Down Ways
  17. Baby, I'm In The Mood For You
  18. Bound To Lose, Bound To Win
  19. All Over You
  20. I'd Hate To Be You On That Dreadful Day
  21. Long Time Gone
  22. Talkin' John Birch Paranoid Blues
  23. Masters Of War
  24. Oxford Town
  25. Farewell

■収録曲【DISC2】

  1. Don't Think Twice, It's All Right
  2. Walkin' Down The Line
  3. I Shall Be Free
  4. Bob Dylan's Blues
  5. Bob Dylan's Dream
  6. Boots Of Spanish Leather
  7. Girl From The North Country
  8. Seven Curses
  9. Hero Blues
  10. Whatcha Gonna Do?
  11. Gypsy Lou
  12. Ain't Gonna Grieve
  13. John Brown
  14. Only A Hobo
  15. When The Ship Comes In
  16. The Times They Are A-Changin'
  17. Paths Of Victory
  18. Guess I'm Doing Fine
  19. Baby' Let Me Follow You Down
  20. Mama, You Been On My Mind
  21. Mr. Tambourine Man
  22. I'll Keep It With Mine

51) The Bootleg Series,Vol10-Another Self Portrait

2013年発売。1970年リリースの「セルフ・ポートレイト」、「新しい夜明け」時代を中心に、1969年から71年に誕生した音源を集めた作品。未収録・未発表曲などの貴重なレア音源を収録しています。

■収録曲【DISC1】

  1. Went To See The Gypsy [Demo]
  2. Little Sadie [Without Overdubs]
  3. Pretty Saro
  4. Alberta #3 [Alternate Version]
  5. Spanish Is The Loving Tongue
  6. Annie's Going To Sing Her Song
  7. Time Passes Slowly #1 [Alternate Version]
  8. Only A Hobo
  9. Minstrel Boy
  10. I Threw It All Away [Alternate Version]
  11. Railroad Bill
  12. Thirsty Boots
  13. This Evening So Soon
  14. These Hands
  15. In Search Of Little Sadie [Without Overdubs]
  16. House Carpenter
  17. All The Tired Horses [Without Overdubs]

■収録曲【DISC2】

  1. If Not For You [Alternate Version]
  2. Wallflower [Alternate Version]
  3. Wigwam [Without Overdubs]
  4. Days Of '49 [Without Overdubs]
  5. Working On A Guru
  6. Country Pie [Alternate Version]
  7. I'll Be Your Baby Tonight [Live]
  8. Highway 61 Revisited [Live]
  9. Copper Kettle [Without Overdubs]
  10. Bring Me A Little Water
  11. Sign On The Window [With Orchestral Overdubs]
  12. Tattle O'Day
  13. If Dogs Run Free [Alternate Version]
  14. New Morning [With Horn Section Overdubs]
  15. Went To See The Gypsy [Alternate Version]
  16. Belle Isle [Without Overdubs]
  17. Time Passes Slowly #2 [Alternate Version]
  18. When I Paint My Masterpiece [Demo]

52) The 30th Anniversary Concert Celebration

1993年発売、レコード・デビュー30周年を記念して行われたライヴアルバム。このライヴは、フォークやカントリー、ロックなど、様々なジャンルのアーティストがディランの楽曲を演奏するという企画。1992年10月16日ニュー・ヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンでの模様です。

■収録曲【DISC1】

  1. Like A Rolling Stone
  2. Leopard-Skin Pill-Box Hat
  3. Introduction By Kris Kristofferson
  4. Blowin' In The Wind
  5. Foot Of Pride
  6. Masters Of War
  7. The Times They Are A-Changin'
  8. It Ain't Me Babe
  9. What Was It You Wanted
  10. I'll Be Your Baby Tonight
  11. Highway 61 Revisited
  12. Seven Days
  13. Just Like A Woman
  14. When The Ship Comes In
  15. You Ain't Goin' Nowhere

■収録曲【DISC2】

  1. Just Like Tom Thumb's Blues
  2. All Along The Watchtower
  3. I Shall Be Released
  4. Don't Think Twice, It's Alrightt
  5. Emotionally Yours
  6. When I Paint My Masterpiece
  7. Absolutely Sweet Marie
  8. License To Kill
  9. Rainy Day Women #12 & 35
  10. Mr. Tambourine Man
  11. It's Alright, Ma (I'm Only Bleeding)
  12. My Back Pages
  13. Knockin' On Heaven's Door
  14. Girl From The North Country
アーティスト特集
4月/ビートルズ特集

初回放送 2013年4月 再放送(随時あり)

 音楽史に画期的な革命をもたらした偉大なるロックバンド「ビートルズ」。イギリスの港町リバプールで誕生し、1962年10月「Love Me Do 」でデビュー。初期はアイドル的なバンドとして熱狂的な人気を得ましたが、次第によりロックな音楽性と実験的なスタイルに変化、またジョン・レノンとポール・マッカートニーの類まれなるソングライティングの才能により、本格的アーティストとしての絶対的な地位を確立しました。1970年発売のアルバム『Let it be』を最後に解散しますが、彼らが後世に及ぼした音楽的影響は計り知れないものがあります。
 
【祝!『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』発売50周年】
1967年、ビートルズの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』が発売されてから50周年。 そのスペシャル記念エディションが発売され話題となっています。 2017年7月12日からのアーカイヴ放送では、SHM-CDの高音質で生まれ変わった『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』をオンエア。 歴史的名盤の魅力を再発見してください。
今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) PLEASE PLEASE ME

1963年発売、ビートルズ伝説の幕開けとなったデビュー・アルバム。30週連続全英チャート1位を記録。シングル「Please Please Me/Ask Me Why」のヒットに伴い急遽制作されたため、レコーディングに費やした時間はたった一日と言れています。

■収録曲

  1. I Saw Her Standing There
  2. Misery
  3. Anna (Go To Him)
  4. Chains
  5. Boys
  6. Ask Me Why
  7. Please Please Me
  8. Love Me Do
  9. P.S. I Love You
  10. Baby It's You
  11. Do You Want To Know A Secret
  12. A Taste Of Honey
  13. There's A Place
  14. Twist And Shout

2) With The Beatles

前作『PLEASE PLEASE ME』からわずか4か月でリリース。シングル曲は入っていなく、アルバム用に作られたオリジナル8曲と、カヴァー6曲で構成されています。前作と比べ、演奏技術やサウンドアレンジの成長が感じられます。

■収録曲

  1. It Won't Be Long
  2. All I've Got To Do
  3. All My Loving
  4. Don't Bother Me
  5. Little Child
  6. Till There Was You
  7. Please Mister Postman
  8. Roll Over Beethoven
  9. Hold Me Tight
  10. You Really Got A Hold On Me
  11. I Wanna Be Your Man
  12. Devil In Her Heart
  13. Not A Second Time
  14. Money (That's What I Want)

3) A HARD DAY'S NIGHT

1964年発売、ビートルズ初主演映画のサウンドトラックとしてリリースされた3rdアルバム。ジョンレノン、ポールマッカトニーによるオリジナル作品で構成、楽曲の内容は全曲ラブソングです。

■収録曲

  1. A Hard Day's Night
  2. I Should Have Known Better
  3. If I Fell
  4. I'm Happy Just To Dance With You
  5. And I Love Her
  6. Tell Me Why
  7. Can't Buy Me Love
  8. Any Time At All
  9. I'll Cry Instead
  10. Things We Said Today
  11. When I Get Home
  12. You Can't Do That
  13. I'll Be Back

4) Beatles For Sale

1964年発売、過酷なツアーの合間を縫って前作からわずか5ヶ月後にリリースされた4枚目のアルバム。R&Bやカントリー色が強く、彼らのさらなる音楽性の広がりを見せた作品です。このアルバムはレノン=マッカートニー(2人が協力して作られた曲で使われた名義)にとってターニングポイントとなる作品。ちなみに、レノン=マッカートニーによる作品はビートルズ全楽曲の8割を占めます。

■収録曲

  1. No Reply
  2. I'm A Loser
  3. Baby's In Black
  4. Rock And Roll Music
  5. I'll Follow The Sun
  6. Mr. Moonlight
  7. Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!
  8. Eight Days A Week
  9. Words Of Love
  10. Honey Don't
  11. Every Little Thing
  12. I Don't Want To Spoil The Party
  13. What You're Doing
  14. Everybody's Trying To Be My Baby

5) HELP!

1965年発売、ビートルズ主演二作目の映画『HELP! 4人はアイドル』のサウンドトラックと、オリジナル曲を収録。タイトル「HELP!」は、過密なスケジュールや、熱心なファンから追っかけなどに、息詰まったメンバーの心の叫びだったのではないかと言われています。不朽の名作「Yesterday」も収録。

■収録曲

  1. Help!
  2. The Night Before
  3. You've Got To Hide Your Love Away
  4. I Need You
  5. Another Girl
  6. You're Gonna Lose That Girl
  7. Ticket To Ride
  8. Act Naturally
  9. It's Only Love
  10. You Like Me Too Much
  11. Tell Me What You See
  12. I've Just Seen A Face
  13. Yesterday
  14. Dizzy Miss Lizzy

6) Rubber Soul

1965年発売。アルバムのコンセプトを初めて任された彼らは、この作品からスタジオワークに力を入れ始めます。レコーディング期間はわずか1カ月という短さにもかかわらず、楽曲・タイトル・ジャケットなど、細部にわたりメンバーのこだわりが感じられます。

■収録曲

  1. Drive My Car
  2. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
  3. You Won't See Me
  4. Nowhere Man
  5. Think For Yourself
  6. The Word
  7. Michelle
  8. What Goes On
  9. Girl
  10. I'm Looking Through You
  11. In My Life
  12. Wait
  13. If I Needed Someone
  14. Run For Your Life

7) Revolver

1966年発売。アイドル路線を脱却した彼らは、ロックアーティストへと進化を遂げます。時間をかけて制作されたこの作品への評価は高く、全米・全英チャート1位を獲得。今でもがロックシーンに大きな影響を及ぼす音の革命的冒険といわれる理由が伝わってきます。

■収録曲

  1. Taxman
  2. Eleanor Rigby
  3. I'm Only Sleeping
  4. Love You To
  5. Here, There And Everywhere
  6. Yellow Submarine
  7. She Said She Said
  8. Good Day Sunshine
  9. And Your Bird Can Sing
  10. For No One
  11. Doctor Robert
  12. I Want To Tell You
  13. Got To Get You Into My Life
  14. Tomorrow Never Knows

8) Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

アルバム全体を「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」という架空のバンドによるショーに見立てた、世界初のコンセプト・アルバム。1967年発売。ジャケットには彼ら4人をはじめ、政治家、俳優、歌手、魔術師、哲学者などあらゆるジャンルの著名人が50名以上登場しています。

■収録曲

  1. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  2. With A Little Help From My Friends
  3. Lucy In The Sky With Diamonds
  4. Getting Better
  5. Fixing A Hole
  6. She's Leaving Home
  7. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
  8. Within You Without You
  9. When I'm Sixty-Four
  10. Lovely Rita
  11. Good Morning Good Morning
  12. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
  13. A Day In The Life

9) Magical Mystery Tour

前作のリリース後、ポール・マッカートニーはビートルズの音楽に基づいた映画を作ろうと考え、初めて自分たちの手だけで映画制作に取り組みました。このアルバムには、映画『Magical Mystery Tour』のサウンドトラックとして制作された楽曲と、同時期のヒット曲が収録されています。1967年発売。

■収録曲

  1. Magical Mystery Tour
  2. The Fool On The Hill
  3. Flying
  4. Blue Jay Way
  5. Your Mother Should Know
  6. I Am The Walrus
  7. Hello Goodbye
  8. Strawberry Fields Forever
  9. Penny Lane
  10. Baby You're A Rich Man
  11. All You Need Is Love

10) THE BEATLES

1968年発売の通称「White Album」(ジャケットが真っ白なことから)。彼らが設立したレーベル『アップル・レコード』から発売された初のアルバムで、全英チャート10週連続1位、全米チャート9週1位を記録。彼らのオリジナルアルバムで唯一の2枚組のとなるこの作品は、全30曲収録。4人の個性と才能があふれ出る超大作です。

■収録曲【DISC1】

  1. Back In The USSR
  2. Dear Prudence
  3. Glass Onion
  4. Ob-La-Di, Ob-La-Da
  5. Wild Honey Pie
  6. The Continuing Story Of Bungalow Bill
  7. While My Guitar Gently Weeps
  8. Happiness Is A Warm Gun
  9. Martha My Dear
  10. I'm So Tired
  11. Blackbird
  12. Piggies
  13. Rocky Racoon
  14. Don't Pass Me By
  15. Why Don't We Do It In The Road?
  16. I Will
  17. Julia

■収録曲【DISC2】

  1. Birthday
  2. Yer Blues
  3. Mother Nature's Son
  4. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
  5. Sexy Sadie
  6. Helter Skelter
  7. Long, Long, Long
  8. Revolution 1
  9. Honey Pie
  10. Savoy Truffle
  11. Cry Baby Cry
  12. Revolution 9
  13. Good Night

11) Yellow Submarine

1969年発売、アニメーション映画『イエロー・サブマリン』のサウンドトラックを中心に構成。名作、「All You Need Is Love - 愛こそはすべて」への評価は高いものの、このアルバムに対する世間の評価は芳しいものではありませんでした。

■収録曲

  1. Yellow Submarine
  2. Only A Northern Song
  3. All Together Now
  4. Hey Bulldog
  5. It's All Too Much
  6. All You Need Is Love
  7. Pepperland
  8. Sea Of Time
  9. Sea Of Holes
  10. Sea Of Monsters
  11. March Of The Meanies
  12. Pepperland Laid Waste
  13. Yellow Submarine In Pepperland

12) Abbey Road

個々の道を歩き始めた4人が再びスタジオに結集してできた1969年発売の作品。解散が意識される中で制作された楽曲は、ロックの頂点を極めています。彼らの集大成となる実質的ラスト・アルバムをどうぞお楽しみ下さい。

■収録曲

  1. Come Together
  2. Something
  3. Maxwell's Silver Hammer
  4. Oh! Darling
  5. Octopus's Garden
  6. I Want You (She's So Heavy)
  7. Here Comes The Sun
  8. Because
  9. You Never Give Me Your Money
  10. Sun King
  11. Mean Mr. Mustard
  12. Polythene Pam
  13. She Came In Through The Bathroom Window
  14. Golden Slumbers
  15. Carry That Weight
  16. The End
  17. Her Majesty

13) Let It Be

1970年に発売された、映画『レット・イット・ビー』のサウンドトラックであり、ビートルズとしての最後の作品です。1962年のデビュー以来、世界を魅了し続けた4人は、このアルバムを最後に8年間の活動を終了しました。

■収録曲

  1. Two Of Us
  2. Dig A Pony
  3. Across The Universe
  4. I Me Mine
  5. Dig It
  6. Let It Be
  7. Maggie Mae
  8. I've Got A Feeling
  9. One After 909
  10. The Long And Winding Road
  11. For You Blue
  12. Get Back

14) PAST MASTERS

1988年発売のベスト盤。アルバムとシングルの制作を意図を区別していた彼ら。そのため、アルバムに収録されていない名曲が数多くあります。そんな名曲(シングル曲を含む)を集めたのがこのアルバムです。

■収録曲【DISC1】

  1. Love Me Do
  2. From Me To You
  3. Thank You Girl
  4. She Loves You
  5. I'll Get You
  6. I Want To Hold Your Hand
  7. This Boy
  8. Komm, Gib Mir Deine Hand
  9. Sie Liebt Dich
  10. Long Tall Sally
  11. I Call Your Name
  12. Slow Down
  13. Matchbox
  14. I Feel Fine
  15. She's A Woman
  16. Bad Boy
  17. Yes It Is
  18. I'm Down

■収録曲【DISC2】

  1. Day Tripper
  2. We Can Work It Out
  3. Paperback Writer
  4. Rain
  5. Lady Madonna
  6. The Inner Light
  7. Hey Jude
  8. Revolution
  9. Get Back
  10. Don't Let Me Down
  11. The Ballad Of John And Yoko
  12. Old Brown Shoe
  13. Across the Universe
  14. Let It Be
  15. You Know My Name (Look up the Number)

15) Live at the BBC

■収録曲

  1. Beatle Greetings (Speech)
  2. From Us To You
  3. Riding On A Bus (Speech)
  4. I Got A Woman
  5. Too Much Monkey Business
  6. Keep Your Hands Off My Baby
  7. I'll Be On My Way
  8. Young Blood
  9. A Shot Of Rhythm And Blues
  10. Sure To Fall (In Love With You)
  11. Some Other Guy
  12. Thank You Girl
  13. Sha La La La La! (Speech)
  14. Baby It's You
  15. That's All Right (Mama)
  16. Carol
  17. Soldier Of Love
  18. A Little Rhyme (Speech)
  19. Clarabella
  20. I'm Gonna Sit Right Down And Cry (Over You)
  21. Crying, Waiting, Hoping
  22. Dear Wack! (Speech)
  23. You Really Got A Hold On Me
  24. To Know Her Is To Love Her
  25. A Taste Of Honey
  26. Long Tall Sally
  27. I Saw Her Standing There
  28. The Honeymoon Song
  29. Johnny B. Goode
  30. Memphis, Tennessee
  31. Lucille
  32. Can't Buy Me Love
  33. From Fluff To You (Speech)
  34. Till There Was You

16) On Air -Live At The BBC Vol.2

■収録曲【DISC1】

  1. And Here We Are Again [Interview]
  2. Words Of Love
  3. How About It, Gorgeous? [Interview]
  4. Do You Want To Know A Secret
  5. Lucille
  6. Hey, Paul... [Interview]
  7. Anna (Go To Him)
  8. Hello! [Interview]
  9. Please Please Me
  10. Misery
  11. I'm Talking About You
  12. A Real Treat [Interview]
  13. Boys
  14. Absolutely Fab [Interview]
  15. Chains
  16. Ask Me Why
  17. Till There Was You
  18. Lend Me Your Comb
  19. Lower 5E [Interview]
  20. The Hippy Hippy Shake
  21. Roll Over Beethoven
  22. There's A Place
  23. Bumper Bundle [Interview]
  24. P.S. I Love You
  25. Please Mister Postman
  26. Beautiful Dreamer
  27. Devil In Her Heart
  28. The 49 Weeks [Interview]
  29. Sure To Fall (In Love With You)
  30. Never Mind, Eh? [Interview]
  31. Twist And Shout
  32. Bye, Bye [Interview]
  33. John - Pop Profile [Interview]
  34. George - Pop Profile [Interview]

■収録曲【DISC2】

  1. I Saw Her Standing There
  2. Glad All Over
  3. Lift Lid Again [Interview]
  4. I'll Get You
  5. She Loves You
  6. Memphis, Tennessee
  7. Happy Birthday Dear Saturday Club
  8. Now Hush, Hush [Interview]
  9. From Me To You
  10. Money (That's What I Want)
  11. I Want To Hold Your Hand
  12. Brian Bathtubes [Interview]
  13. This Boy
  14. If I Wasn't In America [Interview]
  15. I Got A Woman
  16. Long Tall Sally
  17. If I Fell
  18. A Hard Job Writing Them [Interview]
  19. And I Love Her
  20. Oh, Can't We? Yes We Can [Interview]
  21. You Can't Do That
  22. Honey Don't
  23. I'll Follow The Sun
  24. Green With Black Shutters [Interview]
  25. Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!
  26. That's What We're Here For [Interview]
  27. I Feel Fine [Studio Outtake]
  28. Paul - Pop Profile [Interview]
  29. Ringo - Pop Profile [Interview]
アーティスト特集
4月/ローリング・ストーンズ特集

初回放送 2013年4月 再放送(随時あり)

 ロック草創期の1960年代から現在まで、1度も解散することなく第一線で活躍を続けるローリング・ストーンズ。
 1962年に英国ロンドンで結成、幼馴染で共にブルースを愛したミック・ジャガー(vo)とキース・リチャーズ(g)、最も音楽的才能に長けると言われたブライアン・ジョーンズ(g)を中心に、チャーリー・ワッツ(dr)、ビル・ワイマン(b)を加えた五人が初期メンバー。黒人に対する差別はまだ根強かった1960年代初期に、イギリス出身の白人グループである彼らが黒人音楽であるブルースを心から尊敬し、歌い、演奏したことは革新的な出来事でした。
 一部のメンバーの交替や、様々なアクシデントを乗り越えつつ「サティスファクション」「黒くぬれ」「夜をぶっ飛ばせ」等、ブルース/R&Bに根差したワイルドなサウンドを世に送り出してきました。
 2014年2月には8年ぶりの来日公演が決定。半世紀以上も圧巻のライヴ・パフォーマンスを続ける彼らは、まさに“ロックの代名詞”と言えるでしょう。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) THE ROLLING STONES

1964年発売。イギリスでのデビューアルバム。デビューアルバムにも関わらず、予約だけで10万枚を超え、UKチャートで12週連続1位を記録しました。(それまで首位を独走していたのはビートルズの『WITH THE BEATLES』。)初期のヒット曲「Tell Me」収録。

■収録曲

  1. Route 66
  2. I Just Want To Make Love To You
  3. Honest I Do
  4. Mona (I Need You Baby)
  5. Now I've Got A Witness
  6. Little By Little
  7. I'm A King Bee
  8. Carol
  9. Tell Me
  10. Can I Get A Witness
  11. You Can Make It If You Try
  12. Walking The Dog

2) ENGLAND'S NEWEST HIT MAKERS

1964年発売。アメリカでのファースト・アルバム。アメリカのレコード会社によって編集されたこのアルバムは、イギリス版とは曲順、収録曲が若干異なります。イギリス版のオープニングを飾った一曲目は「Route 66」でしたが、アメリカ版は「Not Fade Away」から始まります。このアルバムは、全米チャート11位を獲得しました。若きストーンズの熱気あるサウンドをお楽しみください。

■収録曲

  1. Not Fade Away
  2. Route 66
  3. I Just Want To Make Love To You
  4. Honest I Do
  5. Now I've Got A Witness
  6. Little By Little
  7. I'm A King Bee
  8. Carol
  9. Tell Me
  10. Can I Get A Witness
  11. You Can Make It If You Try
  12. Walking The Dog

3) 12×5

1994年発売のアメリカでのセカンドアルバムです。全米チャート三位を記録しました。 タイトルの『12×5』は、“5人で12曲演奏した”という意味が込められています。内容の多くはR&Bのカヴァー曲ですが、これぞストーンズ! と感じさせるサウンドが表現されています。レコーディングは、メンバーが憧れていたスタジオ、シカゴのチェススタジオとロンドンで行われました。

■収録曲

  1. Around And Around
  2. Confessin' The Blues
  3. Empty Heart
  4. Time Is On My Side
  5. Good Times, Bad Times
  6. It's All Over Now
  7. 2120 South Michigan Avenue
  8. Under The Boardwalk
  9. Congratulations
  10. Grown Up Wrong
  11. If You Need Me
  12. Susie Q

4) THE ROLLING STONES NO.2

1965年発売。イギリスでのセカンドアルバムです。初期の最高傑作曲であり、ストーンズのサウンドを確立するにあたり欠かせない一曲、「Time Is On My Side」が収録されています。2002年に過去のアルバムリマスターの対象にならなかった為、長い間廃盤状態が続いています。ジャケットは『12×5』と同じ写真が使われています。

■収録曲

  1. Everybody Needs Somebody To Love
  2. Down Home Girl
  3. You Can't Catch Me
  4. Time Is On My Side
  5. What A Shame
  6. Grown Up Wrong
  7. Down The Road Apiece
  8. Under The Boardwalk
  9. I Can't Be Satisfied
  10. Pain In My Heart
  11. Off The Hook
  12. Susie Q

5) THE ROLLING STONES,NOW !

アメリカでのサードアルバム。全米チャート5位を獲得しました。ブライアン・ジョーンズのスライド・ギターが存分に生かされた「Little Red Rooster」をはじめ、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによる初期の作品である「Heart Of Stone」や「Down The Road Apiece」が収録されています。

■収録曲

  1. Everybody Needs Somebody To Love
  2. Down Home Girl
  3. You Can't Catch Me
  4. Heart Of Stone
  5. What A Shame
  6. I Need You Baby (Mona)
  7. Down The Road Apiece
  8. Off The Hook
  9. Pain In My Heart
  10. Oh Baby (We Got A Good Thing Goin')
  11. Little Red Rooster
  12. Surprise,Surprise

6) OUT OF OUR HEADS (US)

1965年発売の『Out of Our Heads (US版)』です。このアルバムでストーンズは初めて全米1位を獲得しました。初のナンバー1ソング、「Satisfaction」が収録されています。この曲は、フォーク調のリフのテンポを変え、ファズボックスを使って歪んだギターを強く前面に押し出すことでできたサウンドで、キース・リチャーズのアイディアから生まれました。他にも、ストーンズの別名「Nanker Phelge」による「The Under Assistant West Coast Promotion Man」など、オリジナル曲も聴き所です。

■収録曲

  1. Mercy, Mercy
  2. Hitch Hike
  3. The Last Time
  4. That's How Strong My Love Is
  5. Good Times
  6. I'm All Right
  7. (I Can't Get No) Satisfaction
  8. Cry To Me
  9. The Under Assistant West Coast Promotion Man
  10. Play With Fire
  11. The Spider And The Fly
  12. One More Try

7) OUT OF OUR HEADS (UK)

1965年発売のこちらのアルバムは、US版より2ヶ月遅れてリリースされたイギリスでのサードアルバムです。『OUT OF OUR HEADS (US版)』より6曲、『THE ROLLING STONES NOW !』より2曲、『DECEMBER'S CHILDREN』からの4曲で構成されています。ちなみにこのUK版で使われているジャケットは、アメリカでの5作目『DECEMBER'S CHILDREN』でも採用されています。これまでのストーンズ作品はR&Bのカバー曲が特徴でしたが、このアルバムで最後になります。

■収録曲

  1. She Said Yeah
  2. Mercy, Mercy
  3. Hitch Hike
  4. That's How Strong My Love Is
  5. Good Times
  6. Gotta Get Away
  7. Talkin' 'Bout You
  8. Cry To Me
  9. Oh Baby (We Got A Good Thing Goin')
  10. Heart Of Stone
  11. The Under Assistant West Coast Promotion Man
  12. I'm Free

8) DECEMBER'S CHILDREN (AND EVERYBODY'S)

アメリカでの5作目となる1965年発売のこのアルバムには、「Satisfaction」に続く全英・全米ナンバー1ヒットソング「Get Off of My Cloud」をはじめ、RCAスタジオでレコーディングされた曲を中心に収録されています。9曲目のバラード「As Tears Go By」は、イギリスの歌手、そして女優のマリアンヌ・フェイスフルの為に作られたと言われています。

■収録曲

  1. She Said Yeah
  2. Talkin' About You
  3. You Better Move on
  4. Look What You've Done
  5. The Singer Not the Song
  6. Route 66
  7. Get Off of My Cloud
  8. I'm Free
  9. As Tears Go By
  10. Gotta Get Away
  11. Blue Turns to Grey
  12. I'm Moving on

9) AFTERMATH (UK)

1966年発売の『AFTERMATH (UK版)』です。全曲、ミック・ジャガーとキース・リチャーズによるオリジナル曲のみで構成されており、ローリングトストーンズにとって、ターニングポイントとなりました。民族楽器のシタールや、ダルシマー、マリンバなど様々な楽器を取り入れており、ブライアン・ジョーンズによる実験的なサウンドが表現されています。

■収録曲

  1. Mother's Little Helper
  2. Stupid Girl
  3. Lady Jane
  4. Under My Thumb
  5. Doncha Bother Me
  6. Goin' Home
  7. Flight 505
  8. High and Dry
  9. Out of Time
  10. It's Not Easy
  11. I am Waiting
  12. Take It or Leave It
  13. Think
  14. What to Do

10) AFTERMATH (US)

アメリカでの6枚目、1966年発売の『AFTERMATH(US版)』です。アメリカでは14曲は多すぎると考えられ、「Mother's Little Helper」「Out of Time」「Take It or Leave It」「What to Do」がカットされ、シングルNo.1となった「Paint It, Black(黒くぬれ!)」を加えた11曲でリリースされました。アメリカでは、全曲オリジナル曲のみで構成された初のアルバムであり、全米アルバムチャート2位を記録しました。

■収録曲

  1. Paint It, Black
  2. Stupid Girl
  3. Lady Jane
  4. Under My Thumb
  5. Doncha Bother Me
  6. Think
  7. Flight 505
  8. High And Dry
  9. It's Not Easy
  10. I Am Waiting
  11. Goin' Home

11) GOT LIVE IF YOU WANT IT!

1966年発売。ローリング・ストーンズ初めてのライブ・アルバムで、1966年にニューカッスル・アポン・タインとブリストルで行われた演奏が収録されています。全米チャートでは6位を記録しました。 このアルバムは、ロンドン・レコードの要請により急遽作られ、アメリカでのみ発売されました。疾走感溢れる演奏やファンの熱い声援など、当時の雰囲気や迫力が伝わってきます。しかし、ストーンズのメンバーはこのアルバムの出来に満足せず、後にリリースされる『GET YER YA-YA'S OUT!』を最初の公式ライブ・アルバムだと考えている、という説があります。

■収録曲

  1. Under My Thumb
  2. Get Off Of My Cloud
  3. Lady Jane
  4. Not Fade Away
  5. I've Been Loving You Too Long
  6. Fortune Teller
  7. The Last Time
  8. 19th Nervous Breakdown
  9. Time Is On My Side
  10. I'm Alright
  11. Have You Seen Your Mother Baby, Standing In The Shadow?
  12. (I Can't Get No) Satisfaction

12) BETWEEN THE BUTTONS (UK)

1967年発売の『BETWEEN THE BUTTONS (UK版)』。このアルバムは、収録曲の内容は違いますが、タイトルとジャケット写真がイギリス、アメリカで初めて統一された作品です。この年は歴史に残る楽曲が続々と発表された年であり、ビートルズの『REVOLVER』、ビーチ・ボーイズの『PET SOUNDS』、ボブ・ディランの『BLONDE ON BLONDE』等、ロックの可能性はさらに広がりをみせていました。前作『AFTERMATH』で殻を破ったストーンズも彼らの影響を受け、この作品でまた一歩進化を遂げています。

■収録曲

  1. Yesterday's Papers
  2. My Obsession
  3. Back Street Girl
  4. Connection
  5. She Smiled Sweetly
  6. Cool Calm And Collected
  7. All Sold Out
  8. Please Go Home
  9. Who's Been Sleeping Here?
  10. Complicated
  11. Miss Amanda Jones
  12. Something Happened To Me Yesterday

13) BETWEEN THE BUTTONS (US)

1967年、UK版の約一ヶ月後に発売されたUS版です。アメリカでは「Let's Spend The Night Together」「Ruby Tuesday」の両曲が収録され、「Back Street Girl」「Please Go Home」が削られました。当時のストーンズは、メインソングライターであったジャガーとリチャーズが主導権を握っており、グループを創設したブライアン・ジョーンズとの距離ができていましたが、ブライアンはバッキング・ヴォーカルと共に、エレクトリック、アコースティック・ギターやシタール、縦笛、ピアノ、トランペット、トロンボーン、バンジョー、カズーといった様々な楽器を実験的に取り入れ、サウンド面でストーンズを支えています。

■収録曲

  1. Let's Spend The Night Together
  2. Yesterday's Papers
  3. Ruby Tuesday
  4. Connection
  5. She Smiled Sweetly
  6. Cool, Calm & Collected
  7. All Sold Out
  8. My Obsession
  9. Who's Been Sleeping Here?
  10. Complicated
  11. Miss Amanda Jones
  12. Something Happened To Me Yesterday

14) THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST

1967年発売。ストーンズ史上初めてジャケット、楽曲が世界的に統一されたアルバムです。レコーディングは前作、『BETWEEN THE BUTTONS』リリース直後に開始されたものの、メンバーのドラッグ不法所持での逮捕、裁判などで長い制作期間を要しました。メンバーがバラバラの状態で作られたこのアルバムへの評価は賛否両論意見が分かれています。当時のことを、キースは「俺たちはガス欠に陥っていた。ストーンズは沈没してもおかしくない状態だった。あのアルバムはまやかしだった」と後に語っています。窮地を迎えたストーンズによる作品です。

■収録曲

  1. Sing This All Together
  2. Citadel
  3. In Another Land
  4. 2000 Man
  5. Sing This All Together(See What Happens)
  6. She's A Rainbow
  7. The Lantern
  8. Gomper
  9. 2000 Light Years From Home
  10. On With The Show

15) BEGGARS BANQUET

1968年発売。ルーツであるリズム・アンド・ブルースに戻り新たな扉を開けたストーンズ。比例してブライアン・ジョーンズの存在は薄れていきます。制作時の彼の貢献度は低く、他のメンバーとの方向性の違いは縮まりませんでした。彼にとってこの作品はローリングストーンズとして最後のオリジナルアルバムとなります。ブライアンとの確執はあれどバンドの勢いは止まらず、新生ローリングストーンズが誕生しました。ストーンズ史上最高傑作といわれる「Street Fighting Man」収録。

■収録曲

  1. Sympathy For The Devil
  2. No Expectations
  3. Dear Doctor
  4. Parachute Woman
  5. Jigsaw Puzzle
  6. Street Fighting Man
  7. Prodigal Son
  8. Stray Cat Blues
  9. Factory Girl
  10. Salt Of The Earth

16) LET IT BLEED

1969年発売。ミック・テイラーが加入した初のアルバムになります。アメリカでの「North American Tour」に合わせてリリースされました。メンバーの入れ替えがあり、過渡期を迎えたストーンズですが、前作『BEGGARS BANQUET』に引き続き評価が高い作品です。60年代の活動の集大成であると同時に、さらなる進化を予感させられます。全英チャート1位、全米チャート3位を記録。

■収録曲

  1. Gimme Shelter
  2. Love In Vain
  3. Country Honk
  4. Live With Me
  5. Let It Bleed
  6. Midnight Rambler
  7. You Got the Silver
  8. Monkey Man
  9. You Can't Always Get What You Want

17) GET YER YA-YA'S OUT!

1970年発売。アメリカでリリースされた『GOT LIVE IF YOU WANT IT!』を除けば、初めて公式に発表したライブアルバムです。3年ぶりに行われた全米ツアーの中から、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた公演が収録されています。ブライアン・ジョーンズに代わり加入したミック・テイラーは、このツアーから参加しています。収録曲目は、カットされたものもありますが、実際のセットリストと同じ流れになっています。キース・リチャーズが奏でる「Jumpin' Jack Flash」から始まる、新生ストーンズのライブをどうぞお楽しみ下さい。

■収録曲

  1. Jumpin' Jack Flash
  2. Carol
  3. Stray Cat Blues
  4. Love In Vain
  5. Midnight Rambler
  6. Sympathy For The Devil
  7. Live With Me
  8. Little Queenie
  9. Honky Tonk Women
  10. Street Fighting Man

18) STICKY FINGERS

1971年発売。ストーンズ自らが立ち上げた自主レーベル、ローリング・ストーンズ・レコードから発売した第一弾アルバム。全米、全英チャート1位を記録しました。1960年代を全力で駆け抜けたストーンズは、このアルバムから黄金期、70年代へ突入していきます。収録曲は、のちに行われるライブで一回以上、全ての楽曲が取り上げられています。このようなオリジナルアルバムは数少なく、『LET IT BLEED』『SOME GIRLS』『BLACK AND BLUE』と、これからお送りする『STICKY FINGERS』だけ。自信に満ちた、エネルギッシュなサウンドが伝わってきます。

■収録曲

  1. Brown Sugar
  2. Sway
  3. Wild Horses
  4. Can't You Hear Me Knocking
  5. You Gotta Move
  6. Bitch
  7. I Got the Blues
  8. Sister Morphine
  9. Dead Flowers
  10. Moonlight Mile

19) EXILE ON MAIN ST.

1972年発売の『Exile on Main St.(メイン・ストリートのならず者)』です。全米、全英チャート1位を記録し、前作に続き70年代を代表する作品となりました。スライド・ギターにゴスペル風のコーラスが入ったり、ゆったりとしたアメリカ南部音楽からカリブ音楽まで、アメリカ音楽のルーツとなるサウンドが表現されています。ストーンズの全盛期を象徴するアルバム。

■収録曲

  1. Rocks Off
  2. Rip This Joint
  3. Shake Your Hips
  4. Casino Boogie
  5. Tumbling Dice
  6. Sweet Virginia
  7. Torn and Frayed
  8. Sweet Black Angel
  9. Loving Cup
  10. Happy
  11. Turd On The Run
  12. Ventilator Blues
  13. I Just Want To See His Face
  14. Let It Loose
  15. All Down The Line
  16. Stop Breaking Down
  17. Shine A Light
  18. Soul Survivor

20) GOATS HEAD SOUP

1973年発売の『GOATS HEAD SOUP(山羊の頭のスープ)』です。このアルバムはストーンズの黄金期を支えたジミー・ミラーによる最後のプロデュース作品で、ヒット曲「Angie(悲しみのアンジー)」が収録されています。レコーディングはジャマイカで行われました。前作『EXILE ON MAIN ST.』でアメリカのルーツ音楽を追求した彼らですが、この作品ではジャマイカの音楽に影響され、ファンク色やソウルミュージックが感じられます。レコーディングには、バンドのメンバーに加え、キーボードにビリー・プレストン、ニッキー・ホプキンス、イアン・スチュアートが参加しました。ジャケットは斬新なデザインで、中面にはタイトル通り「ヤギの頭のスープ」の写真が入っていたりと、驚かされます。

■収録曲

  1. Dancing With Mr. D.
  2. 100 Years Ago
  3. Coming Down Again
  4. Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
  5. Angie
  6. Silver Train
  7. Hide Your Love
  8. Winter
  9. Can You Hear The Music
  10. Star Star

21) IT'S ONLY ROCK‘N’ROLL

1974年発売。このアルバムは、ミック・テイラーが参加している最後の作品です。プロデュースはミック・ジャガー&キース・リチャーズの変名である「ザ・グリマー・ツインズ」が担当しました。前作と比べて、クリアなサウンドになっています。プロデューサーの交代や、メンバーの脱退などで揺れていた時期に作られたこのアルバムは、ストーンズ伝説の中でひとつの時代の終わりを告げる作品といえるでしょう。

■収録曲

  1. If You Can't Rock Me
  2. Ain't Too Proud To Beg
  3. It's Only Rock 'N Roll (But I Like It)
  4. Till The Next Goodbye
  5. Time Waits For No One
  6. Luxury
  7. Dance Little Sister
  8. If You Really Want To Be My Friend
  9. Short And Curlies
  10. Fingerprint File

22) BLACK AND BLUE

1976年発売。ミック・テイラーの脱退後、ロン・ウッドを正式にメンバーに加え、新たな伝説へと歩みだした作品です。ブラックミュージックの影響を大きく受けたサウンドが特徴で、独特の重量感とメロディックな叙情性が強調されています。大ヒット曲「Fool To Cry」収録。ちなみに、このアルバムの制作と同時期にレッド・ツェッペリンもアルバム制作にとりかかっており、スタジオが足りずに困ったジミー・ペイジがミック・ジャガーに直接交渉、ストーンズ用のスタジオを2日間融通したそうです。その時ツェッペリンが完成させたのが『PRESENCE』。

■収録曲

  1. Hot Stuff
  2. Hand Of Fate
  3. Cherry Oh Baby
  4. Memory Motel
  5. Hey Negrita
  6. Melody
  7. Fool To Cry
  8. Crazy Mama

23) LOVE YOU LIVE

1977年発売。1975年の北米ツアー、翌年1976年のヨーロッパ・ツアー、そして1977年に行われたトロントでの公演が収録されたライブ・アルバムです。ストーンズのライヴアルバムの中で、もっとも熱気と迫力が伝わってくる作品でしょう。ライブならではのアドリブ、アレンジをどうぞお楽しみください。

■収録曲【DISC1】

  1. Intro: Excerpt From 'Fanfare For The Common Man'
  2. Honky Tonk Women
  3. If You Can't Rock Me/Get Off Of My Cloud
  4. Happy
  5. Hot Stuff
  6. Star Star
  7. Tumbling Dice
  8. Fingerprint File
  9. You Gotta Move
  10. You Can't Always Get What You Want

■収録曲【DISC2】

  1. Mannish Boy
  2. Crackin' Up
  3. Little Red Rooster
  4. Around And Around
  5. It's Only Rock ‘n' Roll
  6. Brown Sugar
  7. Jumpin' Jack Flash
  8. Sympathy For The Devil

24) SOME GIRLS

1978年発売の『SOME GIRLS(女たち)』。ストーンズ完全復活となった作品です。ミック・ジャガーが「このアルバムは全てニューヨークのエネルギーから生まれた」と語っているほど、いかにもニューヨーク的な楽曲が多く揃っており、当時流行していたパンク・ロックやディスコ・ミュージックなどの新ジャンルの音楽から影響を受けています。1972年リリースの『EXILE ON MAIN ST.』以来の評価の高い作品です。収録曲の全てが、のちに行われるライブで一度はセットリストに入っており、このアルバムの人気の高さが伺えます。

■収録曲

  1. Miss You
  2. When The Whip Comes Down
  3. Imagination
  4. Some Girls
  5. Lies
  6. Far Away Eyes
  7. Respectable
  8. Before They Make Me Run
  9. Beast Of Burden
  10. Shattered

25) EMOTIONAL RESCUE

1980発売。イギリスでは、1973年の『GOATS HEAD SOUP』以来、7年ぶりの1位を獲得し、アメリカのBillboard 200で7週連続1位を独占、そしてカナダでは15連続1位を獲得しました。レゲエやダブワイズのサウンドを取り入れた実験的な作品といわれています。人気、クオリティ共に申し分なく、完成度の高いアルバムです。

■収録曲

  1. Dance (Pt. 1)
  2. Summer Romance
  3. Send It To Me
  4. Let Me Go
  5. Indian Girl
  6. Where The Boys Go
  7. Down In The Hole
  8. Emotional Rescue
  9. She's So Cold
  10. All About You

26) TATTOO YOU

1981年発売。このアルバムは、ライヴのオープニングナンバーとして定着している「Start Me Up」をはじめ、「Waiting On A Friend」など、数多くの名曲が収録されています。顔に刺青が入った男性のジャケットには多くの方が衝撃を受けたでしょう。ミック・ジャガーが「80年代のストーンズを代表する作品」と語るほど重要な作品です。

■収録曲

  1. Start Me Up
  2. Hang Fire
  3. Slave
  4. Little T&A
  5. Black Limousine
  6. Neighbours
  7. Worried About You
  8. Tops
  9. Heaven
  10. No Use In Crying
  11. Waiting On A Friend

27) STILL LIFE (American Concerts 1981)

1982年発売。前作『TATTOO YOU』リリース後、1981年に行われたアメリカツアーの模様をまとめたライヴ・アルバムです。このツアーから一公演あたりの演奏時間が増え、観客も大規模な人数を動員するようになります。アルバムのジャケットは日本人画家、カズ・ヤマザキによってデザインされました。一曲目、「Take The A Train」から聴こえるファンからの大歓声や、続く二曲目、「Under My Thumb」の流れは、聴いている人をライブ空間へ一気に引き込みます。オープニングからエンディングまでエンジン全開のライブをお楽しみください。

■収録曲

  1. Take The A Train
  2. Under My Thumb
  3. Let's Spend The Night Together
  4. Shattered
  5. Twenty Flight Rock
  6. Going To A Go-Go
  7. Let Me Go
  8. Time Is On My Side
  9. Just My Imagination
  10. Start Me Up
  11. (I Can't Get No) Satisfaction
  12. Star Spangled Banner

28) UNDER COVER

1983年発売。ストーンズ流ヒップホップナンバーが楽しめます。これまでと違う音楽性に驚く人は多いでしょう。セッションはミック・ジャガーとキース・リチャーズの確執により難航したといわれます。楽曲的にみてもロック・レゲエとニューウェイヴという方向性の違いが感じられます。ミックはこのアルバムを‘失敗作だった'と語っていますが、後にLIVEで演奏される楽曲も含まれている歴史的一枚です。

■収録曲

  1. Undercover Of The Night
  2. She Was Hot
  3. Tie You Up (The Pain Of Love)
  4. Wanna Hold You
  5. Feel On Baby
  6. Too Much Blood
  7. Pretty Beat Up
  8. Too Tough
  9. All The Way Down
  10. It Must Be Hell

29) DIRTY WORK

ミック・ジャガーとキース・リチャーズの関係が最も悪化していた時期の作品といわれます。これまで楽曲制作者のクレジットのほとんどは‘ジャガー=リチャーズ’でしたが、この作品では第三者の名前が多くつけられていて、溝の深まりが感じられます。サウンド面では、当時の流行に合わせたような音楽スタイルになっています。

■収録曲

  1. One Hit (To The Body)
  2. Fight
  3. Harlem Shuffle
  4. Hold Back
  5. Too Rude
  6. Winning Ugly
  7. Back To Zero
  8. Dirty Work
  9. Had It With You
  10. Sleep Tonight
  11. Untitled (Piano Instrumental)

30) STEEL WHEELS

1989年発売。このアルバムリリースをきっかけに、ワールド・ツアーを開催、翌年には初の来日公演となる「Steel Wheels Japan Tour 1990」が東京ドームにて行われました。当時、ミック・ジャガーとキース・リチャーズの仲は険悪であると囁かれていましたが、この作品から関係が修復したといわれます。幾多のハードルを乗り越え、再び絆を強くしたストーンズの復活を飾る一枚です。

■収録曲

  1. Sad Sad Sad
  2. Mixed Emotions
  3. Terrifying
  4. Hold On To Your Hat
  5. Hearts For Sale
  6. Blinded By Love
  7. Rock And A Hard Place
  8. Can't Be Seen
  9. Almost Hear You Sigh
  10. Continental Drift
  11. Break The Spell
  12. Slipping Away

31) FLASHPOINT

1991年発売。1989年から1990年にかけて行われた「スティール・ホイールズ/アーバン・ジャングルワールドツアー」の模様が収められたライブアルバムです。また、アルバム用に「Highwire」と「Sex Drive」の2曲が新曲として収録されています。ビル・ワイマンとって最後の作品です。全体的にアップ・テンポなアレンジがされており、イントロから「Start Me Up」、終盤は「Brown Sugar」「Jumping Jack Flash」「Satisfaction」と続く流れは必聴。ライブでの定番曲がお楽しみいただけます。

■収録曲

  1. Continental Drift (Intro)
  2. Start Me Up
  3. Sad Sad Sad
  4. Miss You
  5. Rock And A Hard Place
  6. Ruby Tuesday
  7. You Can't Always Get What You Want
  8. Factory Girl
  9. Can't Be Seen
  10. Little Red Rooster
  11. Paint It, Black
  12. Sympathy For The Devil
  13. Brown Sugar
  14. Jumping Jack Flash
  15. (I Can't Get No) Satisfaction
  16. Highwire
  17. Sex Drive

32) VOODOO LOUNGE

1994年発売。前作『STEEL WHEELS』から5年ぶりのオリジナルアルバム。ビル・ワイマンが脱退し、4人となったストーンズ。彼らはこの作品で、原点であるブルースを大胆に表現しました。勢いのあるロック調の曲から、心に響かせるバラード曲まで、ストーンズの音楽性の幅広さを感じられるアルバムです。90年代のストーンズを代表する一枚。

■収録曲

  1. Love Is Strong
  2. You Got Me Rocking
  3. Sparks Will Fly
  4. The Worst
  5. New Faces
  6. Moon Is Up
  7. Out Of Tears
  8. I Go Wild
  9. Brand New Car
  10. Sweethearts Together
  11. Suck On The Jugular
  12. Blinded By Rainbows
  13. Baby Break It Down
  14. Thru And Thru
  15. Mean Disposition

33) STRIPPED

1995年発売。1994年から1995年に行われた「VOODOO LOUNGE」ツアーの模様が収録されています。日本発売時は、「裸の獣達」というキャッチコピーがつけられました。原盤には、「Shattered」「Tumbling Dice」「Like A Rolling Stone」のライブ映像と、メンバー四人のインタビューが入っていましたが、日本盤には、それらの映像は収録されていません。代わりに「Like A Rolling Stone」のカップリング曲「Black Limousine」が追加されています。

■収録曲

  1. Street Fighting Man
  2. Like A Rolling Stone
  3. Not Fade Away
  4. Shine A Light
  5. The Spider And The Fly
  6. I'm Free
  7. Wild Horses
  8. Let It Bleed
  9. Dead Flowers
  10. Slipping Away
  11. Angie
  12. Love In Vain
  13. Sweet Virginia
  14. Little Baby
  15. Black Limousine

34) THE ROLLING STONES ROCK AND ROLL CIRCUS

1996年発売。1968年、ミック・ジャガーがプロデュースした「The Rolling Stones Rock and Roll Circus」というショーが行われました。ストーンズ自らが手掛けた貴重な映像作品です。このアルバムには、その音源が収められています。ストーンズのメンバーがロックンロールサーカス集団となり、ゲスト陣とショーを行なう内容で、エリック・クラプトン、ジョン・レノン、ザ・フー、マリアンヌ・フェイスフルなどの豪華なゲストが参加しています。このアルバムは、ストーンズが「自分たちの演奏に満足していない」といった理由で長い間お蔵入りとなっており、収録から30年もの時を経て公開されました。

■収録曲

  1. Mick Jagger's Introduction Of The Rock And Roll Circus
  2. Entry Of The Gladiators
  3. Mick Jagger's Introduction Of Jethro Tull
  4. Song For Jeffrey
  5. Keith Richard's Introduction Of The Who
  6. A Quick One While He's Away
  7. Over The Waves
  8. Ain't That A Lot Of Love
  9. Charlie Watt's Intro Of Marianne Faithful
  10. Something Better
  11. Mick Jagger & John Lennon On Dirty Mac
  12. Yer Blues
  13. Whole Lotta Yoko
  14. Jumping Jack Flash (With John Lennon's Introduction)
  15. Parachute Woman
  16. No Expectations
  17. You Can't Always Get What You Want
  18. Sympathy For The Devil
  19. Salt Of The Earth

35) BRIDGES TO BABYLON

1997年発売。この作品に関わった人数はストーンズ史上最も多く、様々な音色と個性が楽しめる作品となっています。ストーンズのメンバー4人をはじめ、彼らのお馴染みのダリル・ジョーンズ、バナード・ファーラーといったサポート・メンバーをはじめ、ビリー・プレストン、ワディ・ワクテル、ミシェル・ンデゲオチェロ、ジム・ケルトナー、ウェイン・ショーターなどがレコーディングに参加しました。

■収録曲

  1. Flip The Switch
  2. Anybody Seen My Baby?
  3. Low Down
  4. Already Over Me
  5. Gunface
  6. You Don't Have To Mean It
  7. Out Of Control
  8. Saint Of Me
  9. Might As Well Get Juiced
  10. Always Suffering
  11. Too Tight
  12. Thief In The Night
  13. How Can I Stop
  14. Angie

36) NO SECURITY

1998年発売。このアルバムには、1997年から1998年に開催された「BRIDGES TO BABYLON」ツアーの模様が収録されています。この時期のストーンズはライブアルバムの発売が続きます。中でもこの作品は、ジャケットや、選曲、曲順にコンセプトが伝わりにくく、ストーンズのライブアルバムとしての存在感や印象は薄く、ツアーの記念リリースした、そんな印象を受けます。

■収録曲

  1. Intro
  2. You Got Me Rocking
  3. Gimme Shelter
  4. Flip The Switch
  5. Memory Motel
  6. Corinna
  7. Saint Of Me
  8. Waiting On A Friend
  9. Sister Morphine
  10. Live With Me
  11. Respectable
  12. I Just Wanna Make Love To You
  13. Thief In The Night
  14. The Last Time
  15. Out Of Control

37) LIVE LICKS

2004年発売。結成40周年を記念したライブ・アルバムです。2枚組で、Disc1にはストーンズの代表的なヒット曲が、Disc2には、これまでライブアルバムに収録されてこなかったマニアックな楽曲が収録されています。2002年から2003年にかけて開催されたリックス・ツアーは「これが最後」と噂され続けました。メンバーの意気込みも強く、ミック・ジャガーはコンサートに備え、2時間歌っても枯れない声を作る肉体改造をしたほどです。ジャケットにはツアー中に「Honky Tonk Women」の演奏時に上映されていたアニメに登場する女性キャラクターが描かれています。

■収録曲【DISC1】

  1. Brown Sugar
  2. Street Fighting Man
  3. Paint It Black
  4. You Can't Always Get What You Want
  5. Start Me Up
  6. It's Only Rock N' Roll
  7. Angie
  8. Honky Tonk Women
  9. Happy
  10. Gimme Shelter
  11. (I Can't Get No) Satisfaction

■収録曲【DISC2】

  1. Neighbours
  2. Monkey Man
  3. Rocks Off
  4. Can't You Hear Me Knocking
  5. That's How Strong My Love Is
  6. The Nearness Of You
  7. Beast Of Burden
  8. When The Whip Comes Down
  9. Rock Me, Baby
  10. You Don't Have To Mean It
  11. Worried About You
  12. Everybody Needs Somebody To Love

38) A BIGGER BANG

2005年発売。オリジナルアルバムとしては『BRIDGES TO BABYLON』から8年ぶりのリリースとなりました。発売時のメンバーの平均年齢は60歳を超えていますが、強烈なエネルギーとサウンドは健在です。このアルバムは、キース・リチャーズがミックジャガーの家に数ヵ月泊まり込んで制作されました。後にチャーリーが「このようなことは60年後半以来、初めてのことだった」と語っています。名曲「Biggest Mistake」収録。21世紀のロック界の起爆剤となる作品です。

■収録曲

  1. Rough Justice
  2. Let Me Down Slow
  3. It Won't Take Long
  4. Rain Fall Down
  5. Streets Of Love
  6. Back Of My Hand
  7. She Saw Me Coming
  8. Biggest Mistake
  9. This Place Is Empty
  10. Oh No, Not You Again
  11. Dangerous Beauty
  12. Laugh, I Nearly Died
  13. Sweet Neo Con
  14. Look What The Cat Dragged In
  15. Driving Too Fast
  16. Infamy

39) SHINE A LIGHT

2008年発売。同年に公開されたマーティン・スコセッシ監督による、ストーンズのライブを記録したドキュメンタリー映画「Shine a Light」のサウンドトラックです。ストーンズというグループが、ライブを通して一体感を生み出していく様を至近距離で撮った映像は想像以上に迫力があります。このアルバムの選曲、曲順構成はスコセッシの意向が大きく反映されており、ストーンズファンからすると、どこか未完成な印象を受けます。そのため、「マーティン・スコセッシの作品」とも言われています。

■収録曲【DISC1】

  1. Jumpin' Jack Flash
  2. Shattered
  3. She Was Hot
  4. All Down The Line
  5. Loving Cup
  6. As Tears Go By
  7. Some Girls
  8. Just My Imagination
  9. Faraway Eyes
  10. Champagne & Reefer
  11. Tumbling Dice
  12. Band Introductions
  13. You Got The Silver
  14. Connection

■収録曲【DISC2】

  1. Martin Scorsese Intro
  2. Sympathy For The Devil
  3. Live With Me
  4. Start Me Up
  5. Brown Sugar
  6. (I Can't Get No) Satisfaction
  7. Paint It Black
  8. Undercover Of The Night
  9. Little T & A
  10. I'm Free
  11. Shine A Light

40) GRRR!

2012年発売の「GRRR!グレイテスト・ヒッツ 1962-2012」です。デビュー50周年を記念して発売されました。3枚組・全50曲収録というボリュームある作品になっています。コンピレーションアルバムですが、DISC3のラスト2曲、「Doom And Gloom」と「One More Shot」は新曲です。デビュー以来50年の時を経ても、今なお転がり続けるローリングストーンズの歴史をご堪能下さい。

■収録曲【DISC1】

  1. Come On
  2. Not Fade Away
  3. It's All Over Now
  4. Little Red Rooster
  5. The Last Time
  6. (I Can't Get No) Satisfaction
  7. Time Is On My Side
  8. Get Off Of My Cloud
  9. Heart Of Stone
  10. 19th Nervous Breakdown
  11. As Tears Go By
  12. Paint It, Black
  13. Under My Thumb
  14. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing In The Shadow?
  15. Ruby Tuesday
  16. Let's Spend The Night Together
  17. We Love You

■収録曲【DISC2】

  1. Jumpin' Jack Flash
  2. Honky Tonk Women
  3. Sympathy For The Devil
  4. You Can't Always Get What You Want
  5. Gimme Shelter
  6. Street Fighting Man
  7. Wild Horses
  8. She's A Rainbow
  9. Brown Sugar
  10. Happy
  11. Tumbling Dice
  12. Angie
  13. Rocks Off
  14. Doo Doo Doo Doo Doo
  15. It's Only Rock 'N' Roll (But I Like It)
  16. Fool To Cry

■収録曲【DISC3】

  1. Miss You
  2. Respectable
  3. Beast Of Burden
  4. Emotional Rescue
  5. Start Me Up
  6. Waiting On A Friend
  7. Undercover Of The Night
  8. She Was Hot
  9. Streets Of Love
  10. Harlem Shuffle
  11. Mixed Emotions
  12. Highwire
  13. Love Is Strong
  14. Anybody Seen My Baby?
  15. Don't Stop
  16. Doom And Gloom
  17. One More Shot

アーティスト特集
4月/レッド・ツェッペリン特集

初回放送 2013年4月 再放送(随時あり)

 ハードロック~へヴィ・メタルの元祖とも言うべき世界的バンド、レッド・ツェッペリン。元ヤード・バーズのジミー・ペイジ(g)を中心に結成し、1969年アルバム『レッド・ツェッペリン』でデビュー。ブルース、ソウル、フォーク、トラッド、レゲエ等あらゆる要素を見事に昇華させた彼らの音楽は、ロバート・プラントのパワフルなヴォーカルにより、ロックの可能性を世に知らしめました。1980年ジョン・ボーナム(Dr)の急逝により12年間の活動にピリオドを打ちますが、現在でも彼らをリスペクトし続け、再結成を望むファンは後を絶ちません。
 特集では、13作品のアルバムを発売順にオンエアします。

今月の放送スケジュールはこちら
※番組は8時間構成です。アルバム単位で放送します。
※編成の都合上、アルバム単位ではなく楽曲毎に放送する場合がございます。
 ご了承ください。 <SUPER LEGEND 名盤チャンネル オンエア曲リスト>

放送アルバム一覧

1) LED ZEPPELIN Ⅰ

1969年発売、彼らの代名詞であるハードロックサウンドの序章となるデビューアルバム。ハードな楽曲だけでなく「Black Mountain Side」などアコースティックな曲も収録されています。ジャケットには、Lead Zeppelin=鉛の飛行船、ヒンデンブルク号がモノクロで描かれています。

■収録曲

  1. Good Times Bad Times
  2. Babe I'm Gonna Leave You
  3. You Shook Me
  4. Dazed And Confused
  5. Your Time Is Gonna Come
  6. Black Mountain Side
  7. Communication Breakdown
  8. I Can't Quit You Baby
  9. How Many More Times

2) LED ZEPPELIN II

1969年発。前作のハードロックサウンドを前面に押し出し、全体的にギターのリフを主体にした楽曲を中心に構成されたアルバムです。名曲「Whole Lotta Love」「Heartbreaker 」を収録。

■収録曲

     
  1. Whole Lotta Love
  2. What Is And What Should Never Be
  3. The Lemon Song
  4. Thank You
  5. Heartbreaker
  6. Living Loving Maid (She's Just A Woman)
  7. Ramble On
  8. Moby Dick
  9. Bring It On Home

3) LED ZEPPELIN III

1969年発売。前作から一転、アコースティック色の強いアルバムであり、発売当初はハードロック路線を望むファンから拒絶されていました。しかし、劇的なアレンジやパワフルなヴォーカルなど、彼らの幅広い音楽的能力を顕示する重要な作品でもありました。

■収録曲

  1. Immigrant Song
  2. Friends
  3. Celebration Day
  4. Since I've Been Loving You
  5. Out On The Tiles
  6. Gallows Pole
  7. Tangerine
  8. That's The Way
  9. Bron-Y-Aur Stomp
  10. Hats Off To (Roy) Harper

4) LED ZEPPELIN IV

1971年発売。全世界で2,300万枚以上の売り上げを記録した、レッド・ツェッペリン史上最も売れたアルバム。名曲「Stairway to Heaven」や「Black Dog」を収録、彼らが70年代のハードロック界の頂点に立つきっかけとなった作品です。

■収録曲

  1. Black Dog
  2. Rock And Roll
  3. The Battle Of Evermore
  4. Stairway To Heaven
  5. Misty Mountain Hop
  6. Four Sticks
  7. Going To California
  8. When The Levee Breaks

5) Houses of the Holy

1973年発売。前作で唯一の心残りとなったことは、全米チャート首位を獲得できなかったこと。そこで、この作品はアメリカを意識して制作されたため、偏りのない、バラエティに豊かな楽曲が収録されています。そしてみごとに、全米、全米1位を記録しました。

■収録曲

  1. The Song Remains The Same
  2. The Rain Song
  3. Over The Hills And Far Away
  4. The Crunge
  5. Dancing Days
  6. D'yer Mak'er
  7. No Quarter
  8. The Ocean

6) Physical Graffiti

1975年、レッド・ツェッペリン自らが設立したレーベル『スワン・ソング』から発売された第一弾アルバム。全米で6週間首位を獲得、その後行われたツアーでは歴史的な観客動員数を記録、彼らの全アルバムがチャートに返り咲くという異例の現象も起こりました。ツェッペリンを語る上で重要な作品です。

■収録曲【DISC1】

           
  1. Custard Pie
  2. The Rover
  3. In My Time Of Dying
  4. Houses Of The Holy
  5. Trampled Under Foot
  6. Kashmir

■収録曲【DISC2】

           
  1. In The Light
  2. Bron-Yr-Aur
  3. Down By The Seaside
  4. Ten Years Gone
  5. Night Flight
  6. The Wanton Song
  7. Boogie With Stu
  8. Black Country Woman
  9. Sick Again
  10.  

7) Presence

1976年発売、バンドとして勢いに乗っていたツェッペリンですが、残念ながらこの作品は彼らの中で最も売り上げの低いアルバムとなりました。しかし、作品自体のクオリティは他のアルバムに劣りません。「Achilles Last Stand」は、演奏時間が10分を超える大作で、聴きごたえ充分です。

■収録曲

  1. Achilles Last Stand
  2. For Your Life
  3. Royal Orleans
  4. Nobody's Fault But Mine
  5. Candy Store Rock
  6. Hots On For Nowhere
  7. Tea For One

8) The Song Remains the Same

コンサート映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』のサウンドトラックとして1976年にリリース。1973年7月27日~29日の3日間、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでレコーディングされた音源が収録されています。

■収録曲【DISC1】

     
  1. Rock & Roll
  2.  
  3. Celebration Day
  4. The Song Remains The Same
  5. Rain Song
  6. Dazed And Confused

■収録曲【DISC2】

     
  1. No Quarter
  2. Stairway To Heaven
  3. Moby Dick
  4. Whole Lotta Love

9) In Through the Out Door

1977年アメリカツアー中に、ロバート・プラント(Vo.)の息子が急逝。予定されていた残りの公演はキャンセルとなり、その後彼らは約1年間活動を休止します。このアルバムは活動再開後の初のアルバム(1979年発売)。「All My Love」は、ロバートが最愛の息子へ捧げた曲です。

■収録曲

  1. In The Evening
  2. South Bound Saurez
  3. Fool In The Rain
  4. Hot Dog
  5. Carouselambra
  6. All My Love
  7. I'm Gonna Crawl

10) Coda

1980年9月、ドラムのジョン・ボーナムが急逝。バンドの原動力とも言うべき存在を失った彼らは解散を発表します。アルバムタイトルの「Coda」とは『最終楽章』の意。過去12年間における様々なセッションからのアウトテイクを集め、1982年にリリース、まさにレッド・ツェッペリンの活動を締めくくるアルバムとなりました。

■収録曲

  1. We're Gonna Groove
  2. Poor Tom
  3. I Can't Quit You Baby
  4. Walter's Walk
  5. Ozone Baby
  6. Darlene
  7. Bonzo's Montreux
  8. Wearing And Tearing

11) BBC Sessions

1997年、15年ぶりのリリース作品。BBCラジオへの出演に向けて録音したスタジオセッションとライヴの模様が収録されたコンピレーション・アルバムです。

■収録曲【DISC1】

  1. You Shook Me
  2. I Can't Quit You Baby
  3. Communication Breakdown
  4. Dazed and Confused
  5. The Girl I Love She Got Long Black Wavy Hair
  6. What Is and What Should Never Be
  7. Communication Breakdown
  8. Travelling Riverside Blues
  9. Whole Lotta Love
  10. Somethin' Else
  11. Communication Breakdown
  12. I Can't Quit You Baby
  13. You Shook Me
  14. How Many More Times

■収録曲【DISC2】

  1. Immigrant Song
  2. Heartbreaker
  3. Since I've Been Loving You
  4. Black Dog
  5. Dazed and Confused
  6. Stairway to Heaven
  7. Going to California
  8. That's the Way
  9. Whole Lotta Love
  10. Thank You

12) How the West Was Won

2003年発売。1980年の解散から23年の時を経てリリースされたこの作品は、アメリカのビルボード、アルバム・チャートで初登場1位を記録しました。”バンドが最高の状態にあった時期”1972年の、LAフォーラムとロングビーチ・アリーナでの公演が中心に収録されています。

■収録曲【DISC1】

  1. LA Drone
  2. Immigrant Song
  3. Heartbreaker
  4. Black Dog
  5. Over The Hills And Far Away
  6. Since I've Been Loving You
  7. Stairway To Heaven
  8. Going To California
  9. That's The Way
  10. Bron-Yr-Aur Stomp

■収録曲【DISC2】

  1. Dazed And Confused
  2. What Is And What Should Never Be
  3. Dancing Days
  4. Moby Dick

■収録曲【DISC3】

  1. Whole Lotta Love
  2. Rock 'n' Roll
  3. Ocean
  4. Bring It On Home

13) Celebration Day(祭典の日~奇跡のライヴ)

2012年発売。2007年12月、ロンドンのO2アリーナで行われた一夜限りの再結成ライヴの模様を収録。設立時のメンバーであるジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、そして80年代に亡くなったジョン・ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナムがドラマーとして参加。ブランクを感じさせない圧巻のパフォーマンスに、会場中が湧きあがる様子が目に浮かぶよう。

■収録曲【DISC1】

  1. Good Times Bad Times
  2. Ramble On
  3. Black Dog
  4. In My Time Of Dying
  5. For Your Life
  6. Trampled Under Foot
  7. Nobody’s Fault But Mine
  8. No Quarter

■収録曲【DISC2】

  1. Since I’ve Been Loving You
  2. Dazed And Confused
  3. Stairway To Heaven
  4. The Song Remains The Same
  5. Misty Mountain Hop
  6. Kashmir
  7. Whole Lotta Love
  8. Rock And Roll