124chTHE AUDIO【Premium】

24bitで聴くクラシック


(月~木)11:00~15:00、(金)12:00~15:00、(土・日)11:00~16:00
24bitで聴くクラシック
▼画像をクリック(音源を購入できます)






▲画像をクリック(音源を購入できます)
ウィークデイの午後に聴くのにぴったりな耳に心地良い高音質のクラシック音楽を集めてお送りする2時間プログラム。

24bitでクラシックはもっと優雅に~ミュンヘン・フィル創立125周年
 1893年に創設されたドイツの名門オーケストラ、ミュンヘン・フィルが125周年を迎え、記念BOXがCDでも発売されましたが、ここではもちろんハイレゾ音源で歴史的名指揮者や現代の巨匠まで、貴重なライヴ音源をオンエア。1時間という番組の枠で少し再構築し、同じ作曲家でまとめたり、抜粋もありますが、ミュンヘン・フィルらしいレパートリーや音色をお楽しみ下さい。

[①ベルリオーズ]
まずは今年記念年のベルリオーズの劇的物語「ファウストの劫罰」。文豪ゲーテの「ファウスト」に基づいた合唱も含む大作。ここでは時間の関係で第2部までをまるまるオンエア。ダライマン、ヴァン・ダムなど実力派歌手陣とジェイムズ・レヴァインの指揮で。

[②プフィッツナー]
続いても記念年の作曲家、プフィッツナー。マーラーなど世紀末の音楽家たちと時代を共にしました。ここではカンタータ「ドイツの精神」第1部を。ゾッフェル、モーザーなどのソリストとホルスト・シュタインの指揮で。

[③ストラヴィンスキー&R.コルサコフ]
2018年最新の録音。ストラヴィンスキーの管楽器のための交響曲とR.コルサコフの「シェヘラザード」。ゲルギエフの冴えた指揮が全曲をたっぷりと鳴らします。

[④プロコフィエフ]
ミュンヘン・フィルと関わりの深い指揮者といえば何と言ってもセルジュ・チェリビダッケを忘れることはできません。ここではプロコフィエフを。スキタイ組曲「アラとロリー」は残念ながら第2曲まで。後半の組曲「ロミオとジュリエット」は圧巻の演奏を聴かせます。

[⑤ショスタコーヴィチ]
交響曲第4番。この大曲は第1、3楽章のみをお届け。ゲルギエフの力強い指揮で。

[⑥ブラームス&レーガー]
ドイツの後期ロマン派ブラームスと、重厚な作風で知られるドイツ音楽の系譜を引き継ぐレーガーの作品を。往年の指揮者、オイゲン・ヨッフムと「アルト・ラプソディ」ではクリスタ・ルートヴィヒの懐かしい歌唱も。

[⑦ベートーヴェン&ブラームス]
ここでは1950年代の歴史的音源を。どちらもドイツのカリスマ指揮者ハンス・クナッパーツブッシュ。「英雄」では第2、4楽章で堂々たる風格を、ブラームスの2番では第1、3、4楽章で歌心をも聴かせ、古き良きミュンヘン・フィルを堪能。

[⑧シューベルト]
ドイツの精神を宿した指揮者たちと言ってもそのカラーは様々。ギュンター・ヴァントのきびきびとした指揮でシューベルトの交響曲第5番。後半「グレート」はティーレマンの指揮で伝統あるドイツ奏法ともいうべき重量感ある演奏で。

[⑨モーツァルト]
モーツァルトでは様々な時代の指揮者の音源をまとめてお送りします。まずは交響曲第40番第1、2楽章をヴァントの晩年ながらも驚くほど若々しい指揮で。続いては歴史的演奏、フリッツ・リーガー指揮による1964年モノラルの「魔笛」抜粋。後半はメータ指揮のレクイエムなど。新旧の指揮者たちによるスタイルの違いも面白い。

[⑩ヴェルディ:レクイエム抜粋]
壮大なヴェルディのレクイエムを抜粋で。指揮はロリン・マゼール。SONYからも発売されている音源ですが、こちらのリマスタリングで聴く音は一層滑らか。合唱もオケも柔らかな響きの中にまとまっています。

THE AUDIOオンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。