121chTHE CLASSIC【Premium】

AMATI presents 人生を変えた音楽


(土)11:00~12:00
(翌週再放送)
AMATI presents 人生を変えた音楽
菊池洋子
音楽事務所「AMATI」所属、クラシックの第一線で国際的に活躍するアーティストがリレー形式でパーソナリティを務める番組。それぞれの人生を変えた一曲とは?彼らの人生の中でターニングポイントとなった楽曲を聞きながら、コンサートや CD では知ることのできない、音楽に向き合う姿にも迫ります。 AMATI

9月7日/モーツァルトと音楽家たち③チェチーリア・バルトリ
 「モーツァルトの作品を演奏することがライフワーク」と語る菊池さん。CD録音も活発に行っており、エイベックスやオクタヴィアよりリリースされています。彼女がモーツァルトに魅せられていったきっかけは、留学中から現在に至るまでの様々な名演奏家たちとの出会いでした。8月の放送から<モーツァルトと音楽家たち>と題して、菊池さんが尊敬する演奏家5人のモーツァルトの録音を、エピソードと共にお届けしています。3回目は、メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリの録音を。菊池さんがイタリアのイモラ音楽院に留学中、毎日のように聴いていたのだとか。食事の時や気分が落ち込んだとき、気持ちを奮い立たせたい時に聞いていた大好きな録音、アルバム『お手をどうぞ』から抜粋でお届けします。そして、バルトリの演奏に感化されて、菊池さんが今最も演奏したい一曲とは?[再=14日]

9月21日/出会いはいつも、モーツァルト
 これまで3回にわたって<モーツァルトと音楽家たち>と題してお届けしてきましたが、最終回は、菊池さんご自身の演奏でお届け。ピアニストが語るモーツァルトの魅力は必聴。ラデク・バボラーク(Hn)ほか、これまでに共演した音楽家たちとのアルバム制作秘話も。モーツァルト愛に溢れた菊池さん最終回をお聞き逃しなく![再=28日]

9月7日の曲目 21日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

菊池洋子

出演:菊池洋子

 2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝。その後、ザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演するほか、国内外で活発に活動を展開。2009、2018年にモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏会を行い、好評を得た。2018~19年、兵庫県立芸術文化センターにおいて「モーツァルト 音のパレット」と題したシリーズを開催中。CD録音も活発に行い、エイベックスとオクタヴィアよりリリースしている。2007年第17回出光音楽賞受賞。

AMATI presents 人生を変えた音楽
8月24日/モーツァルトと音楽家たち②ダニエレ・ダミアーノ&ダニエル・バレンボイム
 ファゴット奏者のダニエレ・ダミアーノと名指揮者&ピアニストのダニエル・バレンボイムも、モーツァルトがきっかけで出会った演奏家だと語ります。彼らが演奏する「ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調」は、菊池さんがイタリア留学時代に買って以来ずっと愛聴している数少ないCDの一つ。アンサンブルの楽しさや豊かさを改めて味わうことができる演奏です。また、菊池さんとダミアーノはトスカーナの音楽祭で毎年共演しており、舞台裏の貴重なエピソードも必聴。[再=31日]

8月10日/モーツァルトと音楽家たち①パウル・バドゥラ=スコダ&ライナー・ホーネック
 「モーツァルトの作品を演奏することがライフワーク」と語る菊池洋子さん。CD録音も活発に行っており、エイベックスやオクタヴィアよりリリースされています。彼女がモーツァルトに魅せられていったきっかけは、留学中から現在に至るまでの様々な名演奏家たちとの出会いでした。8月10日の放送からは<モーツァルトと音楽家たち>と題して、3回にわたって菊池さんが尊敬する演奏家5人のモーツァルトの録音を、エピソードと共にお聴きいただきます。まず紹介するのは、ピアニストでモーツァルトの研究家としても有名なパウル・バドゥラ=スコダ。菊池さんは2019年1月から自宅レッスンに通っているということで、スコダ先生とのレッスンの様子は興味深いエピソードが満載。続けて、ヴァイオリニスト&指揮者のライナー・ホーネックの演奏もお聞きいただきます。2017年にデュオで初共演し、音楽作りに大ファンになったと語ります。ホーネックの弾き振りによる「ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド変ロ長調」ほか。[再=17日]

8月10日の曲目 24日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

菊池洋子

出演:菊池洋子

 2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝。その後、ザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演するほか、国内外で活発に活動を展開。2009、2018年にモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏会を行い、好評を得た。2018~19年、兵庫県立芸術文化センターにおいて「モーツァルト 音のパレット」と題したシリーズを開催中。CD録音も活発に行い、エイベックスとオクタヴィアよりリリースしている。2007年第17回出光音楽賞受賞。

AMATI presents 人生を変えた音楽
菊池洋子
<7月~9月はピアニスト菊池洋子がパーソナリティに!>
 ウィーンを拠点に活躍中のピアニスト、菊池洋子さんが登場!彼女が異国の地ウィーンで観たもの聴いたもの感じたこと、そして素晴らしい演奏家たちとの出会いを6回に分けておはなししていきます。ライフワークとしているモーツァルトの演奏を中心に、菊池さんの愛聴盤も要チェック♪

7月13日/恩師・田中希代子先生との出会い
 記念すべき菊池さんの一回目は、彼女がピアニストを目指すきっかけとなった恩師・田中希代子さん(1932年~1996年)の演奏を特集します。田中さんは、日本人で初めてショパンコンクールで入賞したピアニスト。恩師の演奏から学んだ“人の心に残る演奏”とは?菊池さんが今でも愛聴しているラモーやクープランの作品を聴きながら、出会いやレッスンでの思い出を追想します。[再放送=20日]

7月27日/ウィーンで聴いたテオドール・クルレンツィス
 日本と同じくウィーンでも非常に人気の高い指揮者クルレンツィス。菊池さんも約二年前にウィーンコンツェルトハウスにてコパチンスカヤ(Vn)との演奏を聴いたのをきっかけに、以来コンサートに何度も足を運んでいるそう。菊池さんが「私の演奏会に対する意識を変えた」と語った、クルレンツィスの演奏を特集します。[再放送=8月3日]

7月13日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

菊池洋子

出演:菊池洋子

 2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝。その後、ザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演するほか、国内外で活発に活動を展開。2009、2018年にモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏会を行い、好評を得た。2018~19年、兵庫県立芸術文化センターにおいて「モーツァルト 音のパレット」と題したシリーズを開催中。CD録音も活発に行い、エイベックスとオクタヴィアよりリリースしている。2007年第17回出光音楽賞受賞。