124chTHE AUDIO【Premium】

アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ


アーカイヴ放送=(日)10:00~11:00、21:00~22:00
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
マライア・キャリーを100通りの声で聴きたい!by柄沢さん
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
カートリッジ60個を持ち込み!
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
アレックス・チルトンとは一生お付き合い!という小山さん

 おなじみの人気オーディオ・ライター、田中伊佐資による待望の「アナログ・レコード」専門番組。60年~70年代の洋楽ロック&ポップスを中心に、邦楽、ジャズなどアナログ録音時代のお宝サウンドを掘り起こします。番組専用の最新ターンテーブルとカートリッジを採用、アナログ製品情報にもご注目!
「オリジナル盤や最新復刻盤を中心にアナログ独特のぶっとい音をオンエアします。もちろんオーディオの耳寄り情報も出し惜しみしません。たまにレコードのチリパチもあるでしょうけど、そこは大目に見てください。」(田中)



8月9日・16日/シェルリード交換でここまで変わる!柄沢伸吾さんを迎えて

 カートリッジのシェルリード線をとりかえて、音の違いを検証します。ゲストには「シェルリード専門工房KS-Remasta」の柄沢伸吾さん。インターネットと秋葉原のオーディオ・モテギで販売実績があり、マニアの間では一目置かれる存在です。柄沢さん、この日はさまざまなリード線で組み合わせたカートリッジ、なんと60個を持ち込みました!まだ十分に知られているとはいえないシェルリードのマジックをお楽しみください。

当日使用したカートリッジ・シェル・シェルリードの組み合わせ一覧

(PDFファイルを閲覧するのに必要なAdobe Reader のダウンロードはこちらから)


8月23日・30日/英国プログレとケヴィン・エアーズ/アレックス・チルトン特集~小山雅徳さんを迎えて

 「ムジカ・ロコモンド~ブラジリアン・ミュージックディスク・ガイド」の著者で南米音楽に精通した小山雅徳さんを迎えます。ブラジル特集と思いきや2回とも意表をついた特集で楽しませてくれました。中学時代に友人やFM放送の影響で洋楽と出会い、西新宿のレコード屋に通い始めて○十年、今や一万枚にのぼるレコードコレクション。23日はその中から、なけなしのお小遣いを握りしめて買った愛着たっぷりのプログレ特集。今も愛してやまないケヴィン・エアーズを中心にお送りします。また30日は、大学時代に知人にすすめられた「アレックス・チルトン」。聴いた瞬間、衝撃を受けて一生お付き合いしたいと思ったという、日本ではあまり知られていないアーティストを特集。ボックス・トップスのリード・ボーカルとして全米No1「あの娘のレター」を獲得した後、ロックバンド「ビッグ・スター」を結成。その後のアレックス・チルトンの音楽的変遷を追いかけます。


8月9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目 30日の曲目 

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽雑誌の編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。
近著は「ジャズと喫茶とオーディオ」(音楽之友社)。ほか『音の見える部屋 オーディオと在る人』(同)、『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(同)、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚』(DU BOOKS)、『オーディオ風土記』(同)、監修作に『新宿ピットインの50年』(河出書房新社)などがある。