124chTHE AUDIO【Premium】

アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ


アーカイヴ放送=(日)10:00~11:00、21:00~22:00
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
アイテックス株式会社・山田真久さん(左)田中伊佐資(右)
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ
浅川満寛さん(左) 
アナログ・サウンド大爆発!~オレの音ミゾをほじっておくれ


 
 

 おなじみの人気オーディオ・ライター、田中伊佐資による待望の「アナログ・レコード」専門番組。60年~70年代の洋楽ロック&ポップスを中心に、邦楽、ジャズなどアナログ録音時代のお宝サウンドを掘り起こします。番組専用の最新ターンテーブルとカートリッジを採用、アナログ製品情報にもご注目!
「オリジナル盤や最新復刻盤を中心にアナログ独特のぶっとい音をオンエアします。もちろんオーディオの耳寄り情報も出し惜しみしません。たまにレコードのチリパチもあるでしょうけど、そこは大目に見てください。」(田中)



6月25日・7月2日/効果テキメン!話題のレコード・クリーニング・マシン、Clean Mateを試す

 銀行のATMに採用されている技術を使ってレコード・クリーニング・マシン「クリーンメイトIQ1100A」を開発したアイテックス株式会社の山田真久さんをお迎えします。ゴミや静電気がとれるだけでなく、音を向上させるオーディオ・アクセサリーとしても魅力的なこの新製品の実力を検証。その効果には、愛聴盤「明日に架ける橋」(サイモン&ガーファンクル)を持ち込んだディレクターもびっくり!ぜひ放送でお確かめください。


7月9日・16日/大カートリッジ大会~ShureとDenonの改造モデルを聴く

 「取材で自宅を訪れたら家中カートリッジだらけで驚いた」(田中)という、カートリッジ好きの浅川満寛さんを迎えて。カートリッジの守備範囲は1930年代から現代まで、修理や改造モデル販売、注文に応じた改造などてがけている浅川さん、Shure , Denonの定番カートリッジを浅川改造モデルと聴き比べます。ケース内に鉛玉を詰めたり、リケースしたり針先を交換したり、鉛玉で背面ダンプしたりで次々と変化する音に驚きの連続!レコード・マニアでもある浅川さんの ビートルズ、ジェームス・ブラウン、ボブ・マーリーなどの各国盤聴き比べも聞き逃せません!


7月23日/スリー・ブラインド・マイス特集 塙耕記さんを迎えて

 日本のジャズ・レーベル”スリー・ブラインド・マイス”が盛り上がっています。コンプリート・ディスクガイドが出版されたり、名盤「ミスティ/山本剛トリオ」の45回転盤が発売されたり。2013年からスリー・ブラインド・マイスの復刻プロジェクトを続けているディスク・ユニオンの塙耕記さんを迎え生々しいTBMサウンドの魅力をご紹介します。貴重なラッカー盤の音も登場しますよ!


6月25日の曲目 7月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


【恒例のレコードイベント「ヤエレコ」開催!】 ※終了しました

124chに出演中の田中伊佐資氏と生島昇氏(ディスクユニオンJazzTOKYO)が、話題の新製品を使って次々とレコードを鳴らし、楽しみ方を語ります。


「田中伊佐資の八重洲レコード聴きまくり大会Part10」

日時:2017年7月1日(土) 15:00~17:00

場所:Gibson Brands Showroom TOKYO2F(JR東京駅 八重洲口より徒歩5分)

入場料:無料

主催:ディスクユニオンJazzTOKYO

詳しくはこちら



田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽雑誌の編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。
近著は「ジャズと喫茶とオーディオ」(音楽之友社)。ほか『音の見える部屋 オーディオと在る人』(同)、『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(同)、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚』(DU BOOKS)、『オーディオ風土記』(同)、監修作に『新宿ピットインの50年』(河出書房新社)などがある。