124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
(左から)太宰百合、鈴木裕
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

10月3日/五木田岳彦の音楽 ゲスト:五木田岳彦(作曲家)
 ゲストに迎えるのは先週に続き作曲家の五木田岳彦さん、世界を股にかけて活動している彼の作品には音や空間を意識したものが多い。また作曲だけでなく、自ら機材を持ってフィールド録音に出かけたり、自己のスタジオでDSD録音を行ったりと音作りにもこだわっています。NHKテーマやアニメ作品、アーティスト・プロデュースまで手がけるなど映像分野との多彩なコラボぶりも紹介したいところです(鈴木裕)。

10月11日・18日/赤川新一さんを偲んで ゲスト:太宰百合
 今年1月に亡くなったレコーディング・エンジニア&プロデューサーの赤川新一さんを偲ぶ2回特集。赤川さんとの共同作品が多い太宰百合さん(ピアニスト、作曲家、アレンジャー)を迎えて、赤川さんの作品を聴いていきます。
<赤川新一 プロフィール>
エンジニア/プロデューサー。1961年7月17日生まれ 新潟県出身。幼い頃から12人もの叔父・叔母の所有するレコード、楽器、オーディオ装置を秘密裏に操作し、様々な音楽を聴きながら育つ。 中学時代にはミキサーになる事を決意し、文化祭ライブのPAなどを通して修行を始める。1981年、日本最先端の設備を誇る「音響ハウス」に入社。アナログ一発録音から、デジタル48chまでをくまなく経験、6年後にフリーとなり世界中を飛び回る。2011年、studio mimizukuを設立。

10月3日の曲目 10日の曲目 17日の曲目 24日の曲目 31日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。





鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
バトラー Vacuum 6W DAC
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
Trans-Music Device(TMD)
9月20日/手頃な価格で真空管アンプ選び
 カジュアルに、そしてチャーミングな真空管を女性と一緒に選ぶという企画を雑誌Stereo10月号(9月19日発売)で行いました。候補は7万円から10万円の価格帯にしぼり、6機種を試聴。記事になって、あらためて感じたことを話してみます。
●バトラー Vacuum 6W DAC
●ORB JADE Soleil
●キャロットワン EXFABRIZIOLO 30kERNESTOLO 50k
●トライオード Ruby
●ラディウス RA-VT11

9月27日/五木田岳彦オーケストラ作品「葉の調べ」を聴く
ゲスト:五木田岳彦(作曲家)・深田晃(レコーディング・エンジニア)

 フルオーケストラ用の新曲を書いた作曲家とそれを録音したエンジニアのお二人を迎えて、音楽と録音にまつわるお話を伺いました。「葉の調べ」The Sonorityof Leavesは東京フィルハーモニー交響楽団の委嘱により千葉銀行創立75周年のために五木田岳彦さんが書いたフルオーケストラ作品(三ツ橋敬子指揮)。この世界初の演奏をDSD11.2MHzマルチチャンネルでレコーディング、担当したのは世界的エンジニアの深田晃さんです。パート毎の音源も聴きながらお二人にこの興味深い録音過程を伺っていきます。

9月6日/コンポーザーの守屋純子を迎えて新作を聴く
 17人編成のビッグ・バンドを主宰しているピアノの守屋純子さんが新作「アート・イン・モーション」をリリース。セロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で優勝するなど世界でも評価の高い作編曲家ですが、自作の発表の場でもあるビッグ・バンドを率いてそろそろ20年になります。9作目となる新作は、七尾市出身の画家、長谷川等伯の絵からインスピレーションをうけたもの。前作アルバムの「家康公ジャズ組曲」(2015年)に続き日本の芸術作品をジャズで表現する意味などについて伺いました。

9月13日/その後のTMD、使ってきて分かったこと
 昨年の秋に登場しオーディオアクセサリー銘機賞2018グランプリを獲得した音質改善アイテムTMD。その効果は番組でも何度かとりあげてリスナーの皆さんにはおなじみと思います。メーカーでは半年間ごとのメンテナンスを推奨していますが、自分自身が実際に使ってみて約8か月、メーカーもたぶん知らないだろう裏ワザもふくめ使いこなしについて分かってきたことについて話してみようと思います。音楽はUHQ CDとなって8月にリリースされたDENON PCMシリーズをお送りします。「マーラー交響曲第7番「夜の歌」インバル」(COCQ-85429)ほか。

9月6日の曲目 13日の曲目 20日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
NCF Booster
オーディオって音楽だ!
塚谷水無子(左)

オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
B&W803D

オーディオって音楽だ!
鈴木裕(左) 行方洋一(右)
8月2日/ブランド紹介「フルテック」
 フルテックというとオーディオ・アクセサリーの人気ブランド。完成品以外にもコネクタ、プラグ、壁コンセントなどのパーツも充実し世界中の自作オーディオ党から支持されている。最近ではケーブル・ホルダーのNCFブースター・シリーズが画期的な効果をあげて注目を浴びた。フルテックの技術の特徴やブランド・ポリシーを同社の皆川渉さんに伺います。NCFブースターやハイエンドの電源タップe-TP809NCFの効果も番組で実験試聴しました。

8月9日/塚谷水無子さんと聴くブゾーニの「ゴルトベルク」
 2012年以来、3度目の「ゴルトベルク変奏曲」を録音、リリースした”ケンバニスト”の塚谷水無子さんを迎えて。今回はピアノ(ベーゼンドルファー)で「ブゾーニ編ゴルトベルク変奏曲」に挑戦。世界でも5人目の録音となるレアな「ゴルトベルク」だが、なぜブゾーニだったのか。実際に弾いてみて分かったその魅力について伺います。オーディオ評論家の生形三郎さんによるワンポイントステレオ録音の特徴、現場での体験も紹介します。

8月16日/モントレー・ジャズ・フェスティヴァルin能登見聴記
 7月28日に行われた「モントレー・ジャズ・フェスティヴァルin能登」に行ってきました。モントレー・ジャズ・フェスティヴァルはアメリカのモントレーで毎年9月に行われる世界3大ジャズ・フェスティヴァルのひとつ。「in能登」はモントレー市と石川県七尾市がジャズを通した友好を目的に1989年にスタート、現在に至っています。スガ・ダイロー、守屋純子、カラテ・チョップス(江藤良人・井上陽介・田中邦和)、大西順子、ケイコ・リー、ウィリアムス浩子ら日本を代表するジャズ・ミュージシャンが出演したこのジャズ・フェスをレポートしたいと思います。(鈴木)

8月23日/二つのスピーカー B&W803DとアヴァンギャルドUNO XD
 最近鈴木が面白いと思っている二つのスピーカーについて。一つはこの春から某オーディオ雑誌編集部の試聴室にあるリファレンス・スピーカー、B&W803Dそして能率107dbを達成したアヴァンギャルドUNO XD。音楽は最近出会った、印象的で録音のいいクラシック、ジャズ、ロックからお届けします。

8月30日/音職人・行方洋一の仕事
 人気番組「サウンド紀行」「ザ・サウンド・イン・マイ・ライフ」でもおなじみの行方洋一さんが久しぶりに登場!自らのレコーディング人生を総括した書籍「音職人行方洋一の仕事」(DU BOOKS)が7月に発売されたばかりです。饒舌なトークとともに彼が残したポップス作品、懐かしのCMやテレビテーマ、生録まで、昭和の音のドキュメントを振り返りました。

8月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目 30日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



【世界最小の本格的オーディオ『MHaudio』試聴会】
コンパクトで本格的なオーディオから生まれる素晴らしい音質の『MHaudio』製品。鈴木裕さんがその魅力を解説、色々な音楽とともに楽しむトークイベントです。
※終了しました
日時: 8月18日(土)14:00~15:30(イベント後はフリー試聴可能)
場所:オーディオスクェア相模原店
詳しくはこちら

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。