124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!
新フラグシップチューナー「C-T5000CS」
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
ファンダメンタル「PA10」
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
アンダンテ・ラルゴ鈴木良さん(左)

オーディオって音楽だ!
株式会社CSR 加藤秀樹さん(左)、鈴木裕(右)

オーディオって音楽だ!
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

7月16日/ついに発売!新フラグシップチューナー「C-T5000CS」を聴く
 「最高の音が欲しい!」・・・沢山のユーザーの声にこたえ真のオーディオ・ファンのためのハイエンド・チューナーが満を持して発売されます。その特徴は贅を尽くした新DACチップとアナログ回路の変更、さらにはバランス出力、そして注目のアップサンプリング機能。先行機種C-T3000CS C-T100CSXiと聴き比べながらついに新領域に達したその実力をお届けします!ゲストに開発者の野辺浩史さん(港北ネットワークサービス)とミュージックバードの松田章を迎えて。
予約受付中!最上級機種「C-T5000CS」

7月23日/ファンダメンタルの新インテグレーテッドアンプPA10とニコギのニュー・アルバム
 会社設立10周年のファンダメンタルが新製品PA10を発表しました。今度はインテグレーテッド・アンプです。ゲストに同社代表の鈴木哲さんを迎えお話しを伺います。もうひとつは鈴木哲さんがアコギを弾くツイン・ギター・ユニットNicogi(ニコギ)の話。サードCD「蜃気楼」が4月にリリースされているので、たっぷりと聴かせていただきました。(鈴木)

7月30日/アンダンテ・ラルゴのオーディオ・アクセサリーGroundARAYの効果を検証
 アンダンテラルゴはこれまでにご紹介したオーディオラックや接点拡張剤TMDなどの自社開発製品以外にも輸入販売している製品があります。その一つがイギリスのブランド、コードカンパニー。そこから去年の暮れに販売を開始し、大ヒット中の高周波ノイズ対策プラグGroundARAY(グランドアレイ)をご紹介します。アンダンテ・ラルゴの鈴木良さんを迎え、使い方、作動原理や聴きどころなども伺いました。

6月25日・7月2日/ソウルノート、噂のSACDプレーヤーS-3を聴く①②
 昨年暮れに発売、試聴会でもひっぱりだこでなかなか実際の音を聴くチャンスがないソウルノートのSACDプレーヤー「S-3」。噂のS-3をスタジオに持ち込みじっくりと聴きこみました。ゲストに開発者の加藤秀樹さん(株式会社CSR)を迎え、音の特徴を2週にわたり紹介します。S-3の他にもインテグレーテッドアンプ、フォノイコライザーなど話題の製品を担当している加藤さんにはソウルノート・ブランドの音作り哲学全般にわたって話していただきました。

7月9日/藤田恵美の新作「ココロの時間」を聴く
 「ココロの食卓」から12年、癒しのボイスで人気の藤田恵美の待望のカバーアルバム第2弾「ココロの時間」が先月発売されました。今回選ばれたのは男性ボーカリストの珠玉の名曲、特に50代、60代の男性には心に響く70年代のフォーク、ポップスです。プロデュースと録音は高音質カモミール・シリーズでタッグを組む阿部哲也さん。二人をお迎えし気持ちのいい音楽に身を委ねました。(鈴木)

6月25日の曲目 7月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

★特別編集して大公開!「話題の新チューナー「C-T3000CS」を聴く!」

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
(上)アヴァロンデザイン (下)フォーカスライトのパラメトリックイコライザー
オーディオって音楽だ!
(上)サンバレーSV-EQ1616D (下)マーク・レヴィンソンNo.26SL。

オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
6月4日/自宅録音④~自宅で高音質レコードを楽しむ
 今日も自宅での収録です。ナレーション用の録音機がタスカムのDR-07MkⅡ。音楽用はズームのH5。これは変わりません。今回は、LPを3タイトル、かけていきます。全部、いい録音の45回転盤。オーディオ機材の違いによる聴き比べのパートも作りました。ひとつはうちでのリマスタリングの音。もうひとつは、前回から基本的にフォノイコはマーク・レヴィンソンNo.26SLを使っていますが、サンバレーのSV-EQ1616Dも登場させてみたいと思います。(鈴木)

6月11日/ジャズ・トランペッター原朋直の最新アルバムを聴く
 今回は番組初のZOOM録音、ゲストはジャズ・トランペッターの原朋直さんです。大学卒業後からジャズ・シーンの最前線で活躍を続けはや30年。リーダーアルバムの数は既に20枚に及ぶ原さんが現在(53歳)の心境をつづった最新作「Circle Round」(6月12日発売MAQ-CD)についてインタビューしました。録音エンジニアは番組でもおなじみ、プロ録音賞を毎年のように受賞しているMick沢口さんです。音もお楽しみに!

6月18日/井筒香奈江ダイレクトカッティング、第3章(3種のカッティング針聴き比べ)
 久しぶりのスタジオ収録です。ゲストの方にはリモートでお願いしました。井筒香奈江が昨年行なったキング関口台スタジオでのダイレクトカッティングLP「Direct Cutting at King Sekiguchidai Studio」、これが第1章。そして5月にはハイレゾデータの発売。これを第2章とすると、第3章はこの音源をマスターとしたレコードが7/1発売ということ。「もうレコードは最初ので充分ではないか」というそこにいるあなた・・・・なんと、音が成長してしまったのです!その秘密をキングレコード関口台スタジオのテクニカルエンジニア、プロデューサー役の高橋邦明さん、そしてカッティングを担当した同スタジオの上田佳子さんに伺いました。3種の針でカッティングのテストに使用したラッカー盤聴き比べもやりますよ。滅多にない貴重な機会ですのでお聞き逃しなく!(鈴木裕)
予約受付中! 井筒香奈江、DSD11.2MHzで収録したダイレクトカッティング音源をサファイア針カットでレコード化

6月4日の曲目 11日の曲目 18日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

★特別編集して大公開!「話題の新チューナー「C-T3000CS」を聴く!」

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
自宅での収録模様。
オーディオって音楽だ!
鈴木裕 自宅にて。
オーディオって音楽だ!

オーディオって音楽だ!
タスカムDR-07MkⅡ
オーディオって音楽だ!
ズームH5
5月7日/最近カラヤンをレコードで聞き直して思うこと
 高校時代からカラヤンを聴いています。そのころは反抗的だったこともあり、カラヤンは揶揄の対象でした。以来40年以上の月日が経ちましたが、ヘルベルト・フォン・カラヤン。その面白さ、すごさに今さらながら驚かされているという話です。レコードを中心に(1曲だけSACDで)、カラヤンを聴いてみたいと思います。ミュージックバードのコラム「ミュージックバードってオーディオだ」をベースにした内容です。コラムとあわせてお楽しみください。(鈴木)

5月14日/自宅でリモート録音①
 今日収録しているのは自宅。録音機はタスカムのポータブルレコーダー、DR-07MkⅡ。これでどれくらいの音質で収録できるのか。それも含めて、ちょっと実験的な放送でもあります。話題はこんなメールが来たらいいなと、自分でメールを書いてそれに応えるという自作自演型。そして最近心に残った音楽を聴いていきます。音楽もこのタスカムで収録しました。うちのオーディオのプリアンプ、サンバレーのSV-192A/D。ここのRecアウトのRCA端子とタスカムをダイレクトに接続。ケーブルは片側がRCA、片側がミニジャック。オヤイデのロジウムメッキのものです。CDプレーヤーはエソテリック K-03XD。その同軸デジタルをマイテックのマンハッタン DACⅡに入れ、そのRCA出力をプリに、という形です。次回以降、アナログレコードもこの感じで録音してみたいと思います。トークのレベルが大きくてお聞き苦しい箇所がありました。次から気をつけていきますのでどうかご容赦ください。(鈴木)

5月21日/自宅録音②STAY HOME WITH NICE MUSICステイ・ホームだけど音楽は精神的なトリップができる~鈴木裕が選んだ3枚のアルバム
今回も前回に続く自宅録音です。前回とセッティングを変え試行錯誤の連続、今回はナレーション録音用のマイクにShure58を使用、音楽はサンバレーのプリアンプのRECOUTからレコーダー(タスカムDR-07MkⅡ)に録音しました。内容はダイナミックオーディオ5555のプロジェクト「STAY HOME WITH NICE MUSIC」に対して選んだ3タイトル(ユーミン、ロパート・グラスパー、ルーサー・ヴァンドロス)の紹介です(鈴木)
ステイ・ホームだけど音楽は精神的なトリップができる~STAY HOME WITH NICE MUSIC Vol.9
・松任谷由実『SURF&SNOW』
・マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー『Everything's Beautiful』
・ルーサー・ヴァンドロス『Live 2003 at Radio City Music Hall』

5月28日/自宅録音③そして仮想メールでオーディオ・マニアが本当に知りたいことにこたえる
 自宅録音パート3、毎回試行錯誤の連続ですが今回は新機器を導入しました。録音環境はナレーション用にタスカムDR-07MkⅡ、これの内蔵マイク、そして新しいスタンドを導入。音楽はズームのH5を使用。XLRに対応した端子を持っているということで、プリアンプからのバランスアウトをこれに入れて録音しました。前回まではプリからRecアウトでしたが、タスカムの外部入力端子が3.5mmのミニジャックのため、3極端子でした。それがちゃんとバランス接続できたということです。そして「仮想メールでオーディオ・マニアが本当に知りたいことにこたえるコーナー」は「RCAケーブルで3万円程度でいいものを教えて下さい。」音楽はMQA CDでナット・キング・コール、トム・ジョーンズ。そしてアナログ・レコードでアレサ・フランクリンをお送りします。(鈴木)

5月7日の曲目 14日の曲目 21日の曲目 28日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

★特別編集して大公開!「話題の新チューナー「C-T3000CS」を聴く!」

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。