124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオって音楽だ!


(木)9:00~10:00 再放送=(木)20:00~21:00
アーカイヴ放送=(木)10:00~11:00、21:00~22:00
オーディオって音楽だ!
キングインター森川氏(左)平野氏(右)
オーディオって音楽だ!
ダブルウーファ-ズ・永瀬宗重会長(左)

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!
AT-OC9XEB
 音楽とオーディオは切っても切れない関係。音楽好きは、より深く、より楽しく音楽を楽しもうとすれば、良いオーディオが必要。そしてさらに深く自分のオーディオを楽しもうとすれば、より良い音楽ソフトが必要になります。そんな車の両輪ともいえる、ハード(オーディオ)ソフト(音楽)の両面を語る、オーディオ・ファンのための待望のプログラム。出演はオーディオ各誌で健筆を振うオーディオ評論家の鈴木裕。

1月23日/キング・インターナショナルの高音質アナログを聴く~ジャズ編
 高音質シリーズのリリースに意欲的なキング・インターナショナルですが、その一つにアナログ・レコードがあります。演奏内容はもちろん、マスタリングとカッティングでオーディオ・マニアを意識した音作りが特徴。今回聴くのはブライアン・ブロンバーグ、リチャード・デイビスといったウッド・ベース作品(「低音」シリーズ)の復刻作品から最新のボーカル作品(プレリュード・トゥー・ア・キス/カラブリア・フォーティ)まで。二人のプロデューサー、森川進さんと平野聡さんをお迎えします。

1月30日/オーディオこそが人生だ!永瀬宗重さんを迎えて
 ダブルウーファ-ズ会長の永瀬宗重さんをお迎えしました。茨城県在住の有名なオーディオ愛好家の永瀬さん、「暗い低音は好きじゃない!~ダブルウーファーズ会長のオーディオ探究~」(CDジャーナル)を上梓したんですが、これが相当面白い。ということでご本人をお迎えして、その痛快なオーディオ人生をうかがいました。

1月2日/寺島さん、畑野さんとケーブル話
 年始から濃ーいお二人をお呼びしてケーブル話です。ケーブル大好きの寺島靖国さん、そして寺島さんも愛用しているケーブル・ブランドTMD(トータル・ミュージック・デザイン)の畑野貴哉さん。テーマはTMDの最終ケーブル(Final Cable)、最終って何?ってところから始めていきます。やればやるほど難しいケーブルですが今年も楽しくなりそうです。
<使用ケーブル>
TMD Final Cable Membrane
TMD Final Cable VGA
●TMD Final Cable Xstrata(新製品)

1月9日・16日/オーディオテクニカの最新MCカートリッジを聴く
 1980年頃から愛されるオーディオテクニカのMCカートリッジ、OC9シリーズが7年ぶりに新しくなりました。開発者の小泉洋介さんをお迎えして、2週にわたり新AT-OC9Xシリーズ、全5機種を聴きます。
AT-OC9XEB 29,000円(税抜)
AT-OC9XEN 45,000円(税抜)
AT-OC9XML 70,000円(税抜)
AT-OC9XSH 85,000円(税抜)
AT-OC9XSL 98,000円(税抜)

1月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目 30日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!
Lib-AID E500 for Music
オーディオって音楽だ!
(左から)鈴木裕、尾池亜美、坂東祐大プロデューサー
11月28日・12月5日/キング・インターナショナルの最新クラシック新譜を聴く
 意欲的にクラシック作品のリリースを続けているキング・インターナショナルの話題作を2週にわたり聴きます。同レーベルならではの著名アーティストによる新たな試みも紹介。ベルリン・フィルのブルックナー全集の指揮者聴き比べが面白かった。音源はCD、SACD、アナログ。同社の企画営業本部長大川進さんを迎えます。

12月12日/HONDAのオーディオ用バッテリー Lib-AID E500 for Music
 HONDAがオーディオ用バッテリーを発売するということで話題になっています。台数限定(200台)で既に申し込みが殺到、締め切りも近いらしい。ということで急遽スタジオに持ってきていただきました。なぜ、HONDAがオーディオに?Lib-AID E500 for Musicの開発ストーリー、その気になる音をご紹介します。ゲストにHONDAの進正則さん、小野寺泰洋さん、倉田文七郎さんを迎えて。
<使用機器>
Lib-AID E500 (88,000円)
Lib-AID E500 for MUSIC(297,000円)

12月19日/高音質ストリーミングサービスmora qualitas
 ついに始まった話題の高音質ストリーミングサービス「mora qualitas」(モーラ・クオリタス)をご紹介します。まずは基本的に、ストリーミングとは何か?というところから始めて、ダウンロードサイトとの違いやストリーミングサービス他社との違い(音質、価格など)を伺っていきました。ゲストは黒澤拓さん(mora qualitas事業グループ企画マーケティング部)です。

12月26日/ 尾池亜美/Ensemble FOVEのCD「ZINGARO!!!(ツィンガロ)」を聴く
 ゲストはヴァイオリニストの尾池亜美さん、そして作曲家・プロデューサーの坂東祐大さん。2019年11月15日にEnsemble FOVE初のCD「ZINGARO!!!(ツィンガロ)」をリリースしました。これがとても面白いので二人にお話しを伺っていきたいと思います。

11月28日の曲目 12月5日の曲目 12日の曲目 19日の曲目 26日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。

オーディオって音楽だ!
オーディオって音楽だ!
四家卯大(左)

オーディオって音楽だ!
超絶サウンド!芸劇オルガンを聴く!

オーディオって音楽だ!
10月31日/朗報!世界初MQA放送でミュージックバードがさらに高音質に!!
 ミュージックバードがさらなる高音質化を目指し実験中!着目したのはMQAの新技術でよく知られる「折り畳み効果」とは別のDeblur(音のクリーニング)と呼ばれる特徴。放送開始の目標は2020年春でこれが実現すれば世界初のMQA放送となります。MQA放送でなぜ音が良くなるのか?どう変わるのか?以前に行った比較試聴の結果も交えながらご紹介します。ゲストは、MQAジャパンの鈴木弘明氏と、ミュージックバード取締役技師長・土屋充央。
MQA放送とは?

11月7日/チェリスト・四家卯大の新作を聴く
 10月10日にアルバム「たいようの谷」をリリースしたチェリストの四家卯大(しかうだい)さんを迎えて。四家さんとは今年の真空管オーディオフェアのオフ会で出会い意気投合しました。この作品、おなじみのサンバレー試聴室で録音しています。しかももともとアルバムにするつもりはなく、お客さんを前にしたミニライブでした。四家さんが初めて本格的にバッハ作品にとりくみ、サンバレーの大橋さんが記録用に録音したこのアルバム、じっくり聴いていきます。

11月14日/超絶サウンド!芸劇オルガンを聴く!
 「世にも珍しいオルガン」。池袋にある東京芸術劇場のパイプオルガンはクラシック面とモダン面が背中合わせに一体となり、回転させることで4つの時代の音楽を表現することが可能。そんな芸術劇場のオルガンを、キング・レコードが芸劇のスタッフとタッグを組んでDSD11.2MHZのハイレゾでレコーディングした注目のプロジェクトをご紹介します。ゲストにキング・レコードのプロデューサー、松下久昭さん、東京芸術劇場の音響統括、石丸耕一さん、録音現場を取材したライター、山本昇さんの3人をお迎えして。

11月21日/ディナウディオの新スピーカー、コンフィデンス・シリーズ
 今回はディナウディオの新しいスピーカー、コンフィデンスシリーズについて話していきたいと思います。この秋登場のフラッグシップ・ラインですが、非常に魅力的に感じました。音楽は最近、印象に残ったクラシックのアルバムから5タイトル聴いていきます。

10月31日の曲目 11月7日の曲目 14日の曲目 21日の曲目 28日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

鈴木裕

出演:鈴木裕

1960年東京生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。オーディオ評論家、ライター、ラジオディレクター。ラジオのディレクターとして2000組以上のミュージシャンゲストを迎え、レコーディングディレクターの経験も持つ。2010年7月リットーミュージックより『iPodではじめる快感オーディオ術 CDを超えた再生クォリティを楽しもう』上梓。(連載誌)月刊『レコード芸術』、月刊『ステレオ』音楽之友社、季刊『オーディオ・アクセサリー』、季刊『ネット・オーディオ』音元出版、他。文教大学情報学部広報学科「番組制作Ⅱ」非常勤講師(2011年度前期)。『オートサウンドウェブ』グランプリ選考委員。音元出版銘機賞選考委員、音楽之友社『ステレオ』ベストバイコンポ選考委員、ヨーロピアンサウンド・カーオーディオコンテスト審査員。(2014年5月現在)。