122chTHE JAZZ【Premium】

diskunion Jazz TOKYO レコメンド・ニュー・ディスク


(月~木)18:00~20:00  
再放送=(日)8:00~16:00
世界最大級のジャズCD・レコード専門店「ディスクユニオンJazzTOKYO」が、新譜を中心とした注目作品を厳選し毎日2枚ずつお送りします。ディスクユニオン Jazz TOKYO

ジャズ専門店がオススメする新譜番組
 当店推薦!ジョアン・チャモロのフレッシュな教え子たちをフューチャーした新バンド『JOAN CHAMORRO NEW QUARTET & SCOTT HAMILTON』。スコット・ハミルトンも参加した豪華な一枚です(9月28日)。これは楽しい!スペイン・セビージャ発のディキシーランド・ジャズ・バンド「DIXIELAB」のデビュー・アルバム『HEAR ME TALKING TO YOU』。女性ヴォーカルもご機嫌な一枚(28日)。現代ジャズ界に君臨する音楽一家、マルサリス・ファミリーの末っ子でヴァイブ奏者、ジェイソン・マルサリスによるライヴ作品『LIVE』、もちろん全曲放送いたします(29日)。先日、57歳の若さで惜しくも亡くなられた俵山昌之さん。国内トップレベルのプレイヤーと繰り広げる華やかで、熱狂的なライヴ音源『In Kyoto』(10月1日)。欧州デンマークの伝説的テナー奏者カーステン・マイナートによる2作目『C. M. MUSICTRAIN』が、まさかのボーナス・トラック付きで復刻!"ヨーロッパのコルトレーン"と呼ばれた男のアナザー・サイドが明らかに(8日)。JazzTOKYOの売れ筋、東欧からはチェコのベテラン・ベーシストであるフランチシェク・ウーリールの新作『STORY OF MY LIFE - MUSIC FOR SEPTET』。軽快なスウィングとアンサンブルで聴かせるハードバップ作!(19日)。ブラジルの作品は天才ギタリスト、シコ・ピニェイロの『CITY OF DREAMS』。アメリカからクリス・ポッターが参加した軽快かつアグレッシヴな演奏をお楽しみください(20日)。盛り上がりをみせる新世代UKジャズ・シーンからは、注目ヴォーカリスト=ザラ・マクファーレンの新作『SONGS OF AN UNKNOWN TONGUE』をご紹介。自身のルーツであるジャマイカ音楽のエッセンスをふんだんに活かした唯一無二の一作(22日)。

<紹介するアルバム>
(9月28日)
アルバム「Live」 Joan Chamorro And Scott Hamilton
アルバム「Hear Me Talking To You」 The Dixielab
(9月29日)
アルバム「Jazzing 9 vol. 3」 Sant Andreu Jazz Band & Joan Chamorro
アルバム「Jason Marsalis Live」 Jason Marsalis
(9月30日)
アルバム「And I Love Her」 Marc Copland, Joey Baron, Drew Gress
アルバム「Preludio」 Fabiano Do Nascimento
(10月1日)
アルバム「IN KYOTO」 俵山昌之Quintet
アルバム「ORGANIC」 Majamisty Trio

(10月5日)
アルバム「Balance Point」 Art Hirahara
アルバム「Forever More」 Nat Bartsch
(10月6日)
アルバム「Soul Daze」 Don Menza Quartet
アルバム「Miragem」 Beto Lopes
(10月7日)
アルバム「Featuring Jimmy Cobb」 Peter & Will Anderson Featuring Jimmy Cobb, Jeb Patton And David Wong
アルバム「Essence Of Wes Montgomery」 J.M.Valentino
(10月8日)
アルバム「C.M. Music.Train」 Carsten Meinert
アルバム「II」 Nir Felder

(10月12日)
アルバム「Desert Encrypts Vol. 1」 Rob Mazurek
アルバム「Love Me or Leave Me」 Bruno Marini
(10月13日)
アルバム「Swedish Portrait」 Fredrik Lindborg
アルバム「Blue Has A Range」 Steve Cardenas
(10月14日)
アルバム「Same Day Delivery」 Leslie Pintchik
アルバム「Innocent Invaders」 Rudi Berger
(10月15日)
アルバム「En Tierra」 Blanca Nunez Quinteto
アルバム「:Jazz Criminal:」 Patrick Gleeson - Jim Lang

(10月19日)
アルバム「Story Of My Life - Music For Septet」 Frantisek Uhlir
アルバム「Angels Around」 Kurt Rosenwinkel
(10月20日)
アルバム「Let's Get Tropical」 Paul Jones
アルバム「City Of Dreams」 Chico Pinheiro
(10月21日)
アルバム「Golden Year」 Tony Davis
アルバム「SAMBA JAZZ ALLEY」 Antonio Adolfo
(10月22日)
アルバム「Songs Of An Unknown Tongue」 Zara McFarlane
アルバム「Echoes forever」 Trussonic

THE JAZZオンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

山田竜輝

出演:山田竜輝

東京・お茶の水にある世界最大級のジャズ専門店、ディスクユニオンJazzTOKYOのバイヤー/スタッフ。併設のソウル・レアグルーヴ館とあわせて総面積100坪の売り場に、 ジャズ専門店としての基本的な品揃えはもちろん、世界中の良質な音楽ソフトを提供しています。

ジャズ専門店がオススメする新譜番組
 演奏の渋みにも一段と磨きがかかったベテラン、グラント・スチュアートがピアノトリオをバックにワンホーンで堂々たる吹きっぷりを見せる名作(9月1日)。フランス出身のピアニスト、アルフィオ・オリリオとギタリストのデュオ作品はパット・メセニー&ライル・メイズを思わせるブラジリアン風味ありの爽やかフュージョン(3日)。当店スタッフが発掘した一押しヴォーカル!一曲目冒頭のスキャットが始まった瞬間から名盤を確信した、オーストラリアの歌姫ケイト・ウェイディの2020年作(7日)。エチオ・ジャズの生きる伝説ムラトゥ・アスタトゥケによる待望の新作!中東特有のメロディラインとグルーヴィーなビートが炸裂します(10日)。デンマークの若き天才ジャズ・ギタリスト、Jacob Artvedによるライヴ録音は、大御所も参加したピアノトリオによるバッキングも光る珠玉の一枚(10日)。フランスのピアニスト、Yves-Anthony Laurとドラマー、Adrien Leconteによる、あえてベースのいない、ドラムとピアノのデュオ演奏はミニマル~インディ要素も美しいコンテンポラリー作品。こちらももちろん全曲お聴きいただきます(14日)。日本のジャズからは新人ヴォーカリスト、Airi(アイリ)のフル・アルバムをご紹介します。歌唱テクニックから選曲に至るまでセンス抜群の注目作です!(17日)。現在においても名作をリリースし続ける"キング・オブ・ジャズ・レーベルであるブルーノートの新作はベーシスト、デリック・ホッジ渾身のツイン・ドラム作(21日)。

<紹介するアルバム>
(8月31日)
アルバム「Ellisintonia (1959-1967)」 Lloyd Ellis
アルバム「Between Love And Loss」 Corinna Reich Quintet
(9月1日)
アルバム「Rise And Shine」 Grant Stewart
アルバム「Call For Winter」 Daniel Herskedal
(9月2日)
アルバム「From Here to Here」 David Gilmore
アルバム「About a Date」 Isabelle Seleskovitch
(9月3日)
アルバム「Who Knows If」 Brenda Ohana
アルバム「The Island」 Alfio Origlio, Noe Reine

(9月7日)
アルバム「Casa」 Eloa Goncalves Trio
アルバム「Moon Songs」 Kate Wadey
(9月8日)
アルバム「Return Of The Lights」 Yusuke Kono Piano Trio
アルバム「Four On Six」 Fernando Marco
(9月9日)
アルバム「SEVEN LAST WORDS」 Adam Booker
アルバム「THREE GENERATIONS」 Gianni Cazzola
(9月10日)
アルバム「To Know Without Knowing」 Mulatu Astatke & Black Jesus Experience
アルバム「LIVE AT JAZZHUS MONTMARTRE」 Jacob Artved,Louis Hayes,Jep Patton,David Wong

(9月14日)
アルバム「Night Devoid Of Stars」 Daniel Hersog Jazz Orchestra
アルバム「LLDUO」 Yves-Anthony Laur/Adrien Leconte
(9月15日)
アルバム「Satya」 清水昭好クインテット
アルバム「Love Letter」 Jimmy Heath
(9月16日)
アルバム「LIVE AT JAZZFESTIVAL STEYR」 Daniel Nosig, Jure Pukl Quintet
アルバム「AWASE」 Martin Vicente
(9月17日)
アルバム「i」 Airi
アルバム「MILES LEFT BEHIND」 Thomas Nordlund

(9月21日)
アルバム「Color of Noize」 Derrick Hodge
アルバム「DEXTERITY : THE MUSIC OF DEXTER GORDON」 Vasilis Xenopoulos
(9月22日)
アルバム「Unraveled」 Aubrey Johnson
アルバム「Moving People」 Riccardo Del Fra
(9月23日)
アルバム「reMISSION」 Andy Milne
アルバム「Five Winds」 Alessandro Fabbri
(9月24日)
アルバム「ARCHAEOLOGY」 Sabin Todorov Trio
アルバム「Swallowtail Samba」 Fintan O'neill

THE JAZZオンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


山田竜輝

出演:山田竜輝

東京・お茶の水にある世界最大級のジャズ専門店、ディスクユニオンJazzTOKYOのバイヤー/スタッフ。併設のソウル・レアグルーヴ館とあわせて総面積100坪の売り場に、 ジャズ専門店としての基本的な品揃えはもちろん、世界中の良質な音楽ソフトを提供しています。

ジャズ専門店がオススメする新譜番組
 当店ロングセラーのヴォーカル作品!フランチェスカ・レオーネと夫ギド・ディ・レオーネによるデュオで、しっとりとボサノヴァ~スタンダードを披露しています(7月28日)。数々のアワードに輝く実績を残す英国のサックス奏者トニー ・コフィによるキャノンボール・アダレイ・トリビュート・ライヴ。ホットでソウルフルなジャズを堪能できる作品です!(29日)。ECMからはイスラエル出身のサックス奏者、オデット・ツールの新作を完全オンエア。ニタイ・ハーシュコヴィッツら若手精鋭を従えた充実の一作に仕上がっています(8月4日)。ブラジル新譜の中でも最注目タイトル!ジョアン・ジルベルト、2008年ライヴ番組出演時のパフォーマンスがCD化。現段階では遺作となる、77歳とは思えない珠玉のパフォーマンスです(6日)。日本でもお馴染みのファイヴ・コーナーズ・クインテットのベーシスト、アンティ・ロジョネンの初リーダー作はチャールズ・ミンガスを彷彿とさせる硬派な内容。もちろん全曲放送いたします(11日)。カナダを代表するベーシスト、ニール・スウェイソンと、ジム・ホールとも共演歴のあるピアニスト、ドン・トンプソンのデュオ作品はインティメイトでジェントルな魅力あふれる一枚(13日)。4月に亡くなってしまったリー・コニッツの昨年リリースの最新作を全曲オンエア。デビュー時から一貫する演奏哲学に裏打ちされた世界観は今作も健在です(18日)。これぞ王道!アルト・サックスのコリー・ウィーズが、人気ピアニスト、デヴィッド・ヘイゼルタインと組んだハード・バップ・カルテット作品。純度100%のジャズをお楽しみください(25日)。

<紹介するアルバム>
(7月27日)
アルバム「SFJAZZ COLLECTIVE CD: LIVE AT SFJAZZ CENTER 2019」 SFJAZZ Collective
アルバム「and alone」 AKIRA MATSUO
(7月28日)
アルバム「Tudo Em Bossa Nova」 Guido Di Leone, Francesca Leone
アルバム「INSIDE OUT」 Juraj Stanik Trio
(7月29日)
アルバム「Friday The 13th」 Stephen Riley
アルバム「ANOTHER KIND OF SOUL」 Tony Kofi
(7月30日)
アルバム「Toy Box」 Faraj Suleiman
アルバム「NASCENTE」 Flavio Spampinato

(8月3日)
アルバム「Our Contrafacts」 Gary Smulyan
アルバム「Jon & Billy」 Jon Faddis & Billy Harper
(8月4日)
アルバム「Plays Gershwin」 Catfish Row
アルバム「HERE BE DRAGONS」 Oded Tzur
(8月5日)
アルバム「Red Planet with Bill Carrothers」 Red Planet With Bill Carrothers
アルバム「Felis Catus And Silence」 Leo Takami
(8月6日)
アルバム「On the Way from Brazil」 Oleg Tumanov
アルバム「A Night in Brazil」 Joao Gilberto

(8月10日)
アルバム「Circle Round」 Tomonao Hara Group
アルバム「Joy」 Sophie Alour (Featuring Mohamed Abozekry)
(8月11日)
アルバム「Passion Flower - The Music of Billy Strayhorn」 John Dimartino
アルバム「Quintet East 」 Antti Lotjonen (Featuring Verneri Pohjola, Mikko Innanen, Jussi Kannaste & Joonas Riippa)
(8月12日)
アルバム「Blues As A Whistle」 Adam Niewood
アルバム「Moment of Clarity」 Aaron Hedenstrom
(8月13日)
アルバム「Tranquility」 Neil Swainson
アルバム「Warmer Than Blood」 Chris Montague

(8月17日)
アルバム「Both Are True」 Webber/Morris Big Band
アルバム「Last Desert」 Liberty Ellman
(8月18日)
アルバム「Dog's Breakfast」 Barry Elmes Quintet
アルバム「Old Songs New」 Lee Konitz Nonet
(8月19日)
アルバム「Ate Quem Sabe」 SYNAPSE 加藤崇之&さがゆき
アルバム「WARM WAVES」 Turn On the Sunlight
(8月20日)
アルバム「Soul Trio」 Matti Klein
アルバム「Live at the Birds Eye」 Albert Sanz Trio

(8月24日)
アルバム「THE GATES」 Yao / Smith / Hughes Sextet
アルバム「Brass For The Joy Of Everyone」 Brassjoy
(8月25日)
アルバム「The Flying Dutchman」 Peter Beets & The Henk Meutgeert New Jazz Orchestra
アルバム「Day By Day」 Cory Weeds
(8月26日)
アルバム「Blues for Dexter」 Jason Bodlovich Quintet
アルバム「Meeting For Two」 Sergio Armaroli, Billy Lester
(8月27日)
アルバム「Souls Of The Night」 スサンナ・アレクサンドラ,ヨーナス・ハーヴィスト
アルバム「LONNA 2019」 Aleksi Heinola Quintet

THE JAZZオンエア曲リスト
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


山田竜輝

出演:山田竜輝

東京・お茶の水にある世界最大級のジャズ専門店、ディスクユニオンJazzTOKYOのバイヤー/スタッフ。併設のソウル・レアグルーヴ館とあわせて総面積100坪の売り場に、 ジャズ専門店としての基本的な品揃えはもちろん、世界中の良質な音楽ソフトを提供しています。