124chTHE AUDIO【Premium】

月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~


隔週月曜10:00~11:00
再放送=月曜21:00~22:00(※翌週リピート)
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
 月刊「stereo」で連載中の炭山アキラ(オーディオ・ライター)のコラム『今月の変態ソフト選手権』タイアップによるオーディオ・ソフト番組。”オーディオの神様”長岡鉄男氏の高弟である2人、炭山と高崎素行(オーディオソフト・アドバイザー)がお送りします。
「オーディオ・ソフトの中には、ジャンルを超えたもの(クラシック、ジャズ、もはや音楽でもない?!)があったり、オーディオ評論家が取り上げるものから漏れてしまうソフトがあったり。そういうなかなか紹介されないものを聴いてビックリしてもらおう!というのがこの番組の趣旨なのです。」(炭山)
番組では、コラムで取り上げられた“変態で激辛”なソフトに加え、惜しくも漏れてしまったソフトや、師匠・長岡氏の推奨ソフトもおりまぜて紹介します。
月刊stereo

1月27日・2月10日/向井山朋子のLPがスゴい&「自衛隊音楽まつり」生録も!
 アムステルダムを拠点に活動するピアニスト&美術家の向井山朋子さんの自主レーベルから発表されたCDがLPとして登場。その圧倒的な世界観にノックアウトされたと力説する炭山さん。番組では2回にわたってお届けします。
 そして、毎年恒例、高崎素行さんの生録による「自衛隊音楽まつり」の模様を今年もご紹介。この番組のためにマスタリングをしていただきました。超至近距離の録音で、大迫力の演奏をおたのしみください。
 「stereo」掲載の今月イチバンにオススメするソフトは、中国の編鐘を日本的にアレンジした「和編鐘」の音色を収録しディスク。美しすぎる響きは、相模湖交流センターでの録音。どうぞお聞き逃しなく。[再放送=2月3日・17日]

1月27日の曲目 2月10日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

高崎素行

出演:高崎素行

オーディオソフト・アドバイザー。オーディオ・マニア向け高音質ソフトの発掘、復刻、販売など手掛ける。故長岡鉄男氏の高弟。オーディオマニア向けの高音質ソフトを販売、紹介するサイト「MYUtakasaki」運営。

月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
アキュフェーズ 猪熊氏(左) 猿渡氏(右)
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
12月30日/開発者が語る!アキュフェーズの音のヒミツ
ゲスト:アキュフェーズ株式会社 猪熊隆也氏・猿渡大介氏
 堂々の人気を誇るアキュフェーズ製品。今年も超ド級の新製品が発売されたようです!製品の開発に携わり、さらに音質の責任者である猪熊さんと、営業の猿渡さんをお迎えして、新製品のインテグレーテッド・アンプ「E-800」、プリメイン・アンプ「E-380」、ステレオ・パワーアンプ「A-48」の魅力もたっぷりと伺います。今回の放送では、アキュフェーズのSACDプレーヤー「DP-560」を使用してお届け。[再放送=1月6日]
【プレゼント:アキュフェーズセレクト!試聴用CD】
「アキュフェーズ」の製品ご購入の際にしかゲットできない試聴用CDを、抽選で5名様にプレゼント!高音質で評価の高いCDの聞きどころを1枚に収めています。(アキュフェーズ提供)

<応募方法> ※締切ました
 ①郵便番号・ご住所 ②お名前
 ③年齢 ④番組への感想
 を明記の上、下記アドレスまでご応募ください。
 bangumi@musicbird.co.jp
 件名「音のびっくり箱」係まで。締め切りは1月13日必着。
 発表は発送をもって代えさせていただきます。

1月13日/月刊「stereo」1月号掲載のソフトをご紹介
 今月のイチバンは、日本ジャズ界の至宝・土岐英史とピアニスト・片倉真由子によるアルバム『After Dark』。なんと、岡本太郎のアトリエでの録音だそう。アップライトピアノの繊細な音をご自宅のスピーカーでリアルに再生してみてください。そして、ピアニスト、瀬川裕美子のライブCD『アフロディテの解剖学 <切断・解体・再構成>』が超衝撃的!そのほか、「stereo」掲載のディスクを中心にご紹介します。[再放送=1月20日]

12月30日の曲目 1月13日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

高崎素行

出演:高崎素行

オーディオソフト・アドバイザー。オーディオ・マニア向け高音質ソフトの発掘、復刻、販売など手掛ける。故長岡鉄男氏の高弟。オーディオマニア向けの高音質ソフトを販売、紹介するサイト「MYUtakasaki」運営。

月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
杉本一家氏の作品と共に。
月刊stereo連動~激辛優秀録音・音のびっくり箱~
12月2日/追悼:マスタリングエンジニア 杉本一家
 数々のXRCDの録音で高名なマスタリングエンジニアの杉本一家さんが、今年10月、59歳の若さで逝去されました。「鬼太鼓座」をはじめ、この番組でも数々の杉本作品をご紹介し、その魅力を炭山&高崎と共に愉しんできました。2日の放送では、改めて氏が手掛けた様々な録音をお聴きいただき、功績を振り返ります。[再放送=9日]

12月16日/月刊「stereo」掲載のソフトをご紹介
 今月のイチバンは、ヨウン・レイフスの幻のオラトリオ「エッダ」(第2部)のSACDハイブリッド盤。青銅ホルンや巨大な打楽器群による大胆なオーケストレーションが印象的なソフトです。そして、タワーレコードのオリジナル企画盤「VINTAGE COLLECTION+plus」から、ベルナルト・ハイティンクの新規復刻盤「ハイティンクの芸術」もご紹介。ビゼーの交響曲、ドビュッシー作品ほか。[再放送=23日]

12月2日の曲目 16日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

高崎素行

出演:高崎素行

オーディオソフト・アドバイザー。オーディオ・マニア向け高音質ソフトの発掘、復刻、販売など手掛ける。故長岡鉄男氏の高弟。オーディオマニア向けの高音質ソフトを販売、紹介するサイト「MYUtakasaki」運営。