124chTHE AUDIO【Premium】

真空管アンプ一本勝負!


隔週金曜9:00~10:00
再放送=金曜20:00~21:00 (翌週リピート)
真空管アンプ一本勝負!
SV-EQ1616D
真空管アンプ一本勝負!
ウィリアムス浩子(中央)
[大橋慎の真空管ワンダーランド/第1部:真空管アンプ一本勝負!]
 真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。この番組ならではの真空管機器をダイレクトにミキサーに接続し、リスナーの皆さんのオーディオシステムで居ながらにして真空管の音の良さ・深遠なる魅力を体感できる番組です。要は1時間ワンテーマの一本勝負。この番組を聴けばたちまちみんな真空管アンプが大好きになれる…そんな番組にしていきたいですね。いままでの2時間番組とは少し様相が異なる部分もあると思いますが、倍の密度で深く濃いオーディオ愛あふれる番組にしていきたいと思います。どうぞ末永くご愛聴いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(大橋慎) サンバレー

12月11日/二台のSV-EQ1616D 一本勝負 fromサンバレー試聴室
 去る10月20日にアメリカの二大オーディオ誌の一つ「Stereophile」誌において何と5ページに亘りSV-EQ1616Dの特集記事が掲載し大きな反響を呼びました。そこでSV-EQ1616Dの国内仕様と海外仕様を聴き較べてみようというのがこの回。国内仕様と海外仕様では電源電圧が異なるのは当然ですが、実は音の味付けが少し変わっています。もちろん優劣の話ではありません。仕向先によって音のチューニングを変えりことは決して珍しいことではありません。この回のオンエアを通じてオーディオ機器の音のチューニングが如何にデリケートで微妙な作業の積み重ねのうえに成り立っているかの一端を知って頂ければと思っています。チャンネルあたり抵抗,コンデンサー各一個を変えるだけで音が変わるというのは或る意味大きな驚きかもしれません。(大橋慎)[再放送=18日]
<使用機材>
カートリッジ : オーディオテクニカ VM520EB
フォノイコライザー : SV-EQ1616D 松セット(サンプル1/サンプル2)
プリアンプ : SV-Pre1616D 松セット
パワーアンプ : SV-91B PSVANE WE仕様

12月25日/久しぶりのスタジオ収録 あの人に会いたかった①ハイレゾでハマるウィリアムス浩子
 実は今回から何と!8か月半ぶりのスタジオ収録再開です!!いやあ、高山さん、久々の半蔵門の気分は如何ですか?振り返ってみますと3/19の大山日出男さんゲスト回の収録が最後で、4月7日に緊急事態宣言が出て多くの番組がリモート収録になった訳です。そこから地元収録が始まって「スピーカーの前にマイクを立ててバーチャル試聴一本勝負」からスタートしました。毎回慣れ親しんだ会社試聴室での収録は楽しかったですし、スタジオでは出来ないトライも経験できたり完パケ音源を自分で編集するノウハウを得たりとと大変良い経験でした。秋には高山さんにわざわざ刈谷まで二度もお越し頂き収録でしたのが忘れられません。そういう意味ではオーディオ的にはかなり深堀り出来た半年余りだった訳ですが、私のなかで一番渇きを覚えたのは旧知の仲間との交流でした。オーディオ関係のWEBニュースやSNSのタイムラインに流れてくる新譜情報やMUSIC BIRDの番宣を見て東京収録が復活しないかと何度となく天を仰いだものです。
 そして関係各位の格別のご協力もあり、遅まきながら一本勝負も東京収録再開になることが決まり今回は本当に嬉しくて…じゃあ、何をやろう!と考えた時にストレートに3月からずっと会いたかった皆さんをスタジオにお招きし、近況を伺いながら最新の楽曲やトピックでお送りする一時間にしていこうと決めました。名付けて“あの人に会いたかった”シリーズ!その記念すべき第一回は、ウイリアムス浩子さんです。この番組のリスナー諸兄は浩子さんのことはよくご存知だと思いますが、今回は去る12月初旬に配信スタートしたばかりのハイレゾ盤「My Room for Christmas」をメインにフィーチャーしながら改めて浩子さんが何故多くのオーディオファイルに愛されるのかを検証してみたいと思います。(大橋慎)[再放送=1月1日]
<使用機器>
D/Aコンバーター : SV-192PRO
プリ : SV-Pre1616D/松
パワー: SV-S1628D/845

12月11日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
真空管アンプ一本勝負!
これぞテストプレス盤!
11月27日/生島昇プロデュース ダイレクトカッティング"Congo Blue"一本勝負 from サンバレー試聴室
 11月25日発売のdiskunion JazzTOKYO 10周年記念LP『Congo Blue』にフォーカス。前半デジタルマスター、後半は門外不出のテストプレスLPの音源でキング関口台スタジオで録られたダイレクトカッティングの衝撃サウンドをお楽しみ頂きます。そしておなじみの生島昇さんに生電話インタビューを行い、Cong Blueに込めたプロデューサーとしての想いもたっぷりお伝えする一時間です。(大橋慎)[再放送=12月4日]
<使用機材>
D/Aコンバーター : SV-192PRO
フォノイコライザー : SV-EQ1616D 松セット
プリアンプ : SV-Pre1616D 松セット

11月27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
真空管アンプ一本勝負!
真空管アンプ一本勝負!
真空管アンプ一本勝負!
10月2日・16日・30日・11月13日/サンバレーと愉快な仲間たち
 SUNVALLEY audio試聴室からの”出前収録”再開。今回から久々に永世ゲスト高山さんが収録に復帰。加えて地元勢にも参加いただきSUNVALLEY主力アンプの徹底試聴を行っていきます。試聴室のリファレンススピーカー JBL4344(フルオリジナル北米仕様)のスピーカーターミナルから直接信号を取り出してレコーダーに入力する”ダイレクトカッティング”サウンドを心ゆくまでご堪能あれ! [再放送=10月9日・23日・11月6日・20日]

<10月2日 ①SV-284D編>
フォノEQ SV-396EQ/プリ SV-300LB(ELROG 300B仕様)/パワーSV-284D(ELROG 845仕様)

<10月16日 ②SV-8800SE編>
フォノEQ SV-310EQ/プリ SV-310(PSVANE WE仕様)/パワーSV-8800SE(KT150仕様)

<10月30日 ③SV-91B編>
フォノEQ SV-310EQ/プリ SV-310(PSVANE WE仕様)/パワーSV-91B(PSVANE WE仕様)

<11月13日 ③SV-91B+SV-284D(ブースターモード)編>
フォノEQ SV-310EQ/プリ SV-310(PSVANE WE仕様)/パワーSV-91B(PSVANE WE仕様)/ブースターアンプSV-284D(ELROG 845仕様)

10月2日の曲目 16日の曲目 30日の曲目 11月13日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。