124chTHE AUDIO【Premium】

真空管アンプ一本勝負!


隔週金曜9:00~10:00
再放送=金曜20:00~21:00 (翌週リピート)
真空管アンプ一本勝負!
MAYA(中央)
[大橋慎の真空管ワンダーランド/第1部:真空管アンプ一本勝負!]
 真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。この番組ならではの真空管機器をダイレクトにミキサーに接続し、リスナーの皆さんのオーディオシステムで居ながらにして真空管の音の良さ・深遠なる魅力を体感できる番組です。要は1時間ワンテーマの一本勝負。この番組を聴けばたちまちみんな真空管アンプが大好きになれる…そんな番組にしていきたいですね。いままでの2時間番組とは少し様相が異なる部分もあると思いますが、倍の密度で深く濃いオーディオ愛あふれる番組にしていきたいと思います。どうぞ末永くご愛聴いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(大橋慎) サンバレー

3月19日・ 4月2日/MAYAが選ぶナンバーワン真空管アンプはこれだ!
 超久々の”ミュージシャンが選ぶナンバーワン真空管アンプシリーズ”を連続二回シリーズでお届けします。今回は私の番組では初登場!のヴォーカリスト、MAYAさんをお招き出来ることになりました!MAYAさんのご活躍ぶりとその実力は以前から存じ上げてましたが、実はオーディオ界にも隠然たる影響力を発揮する実力者であることがあとから分かってきたのに加え、ちょっと調べてみると既に自宅で真空管アンプをお使いの猛者でもあることが分かって、聴いていただく方としても非常に腕が鳴るというか楽しみにしていたんです。2週に分けて、1616シリーズの主要4モデル、そして1628の211と845、そして参考出品で91Bと8800SE辺りを聴いて頂いて忌憚ないご意見をいただきたいと思います!(大橋慎)[再放送=3月26日・4月9日]

<3月19日:試聴アンプ>
①SV-S1616D/Brimar 12AU7 TELEFUNKEN EL34仕様
②SV-S1616D/Telefunken ECC81, Mullard CV4003, ELROG ER300B仕様
③SV-P1616D/Telefunken ECC81, Mullard CV4003, GE 6L6GC仕様SV-P1616D/TUNG SOL KT120仕様
④SV-P1616D/Telefunken ECC81, Mullard ECC82, PSVANE WE300B仕様

<4月2日:試聴アンプ>
⑤SV-S1628D/Brimar 12AU7, Sylvania 12BH7, 高山さん211仕様
⑥SV-S1628D/Brimar 12AU7, Sylvania 12BH7, Golden Dragon 845Premium Metal仕様
⑦SV-8800SE/Mullard CV4003, Brimar CV4068 GEC KT88仕様
⑧SV-91B/オールWestern仕様

3月19日の曲目 4月2日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
北村勝敏さん(中央)
真空管アンプ一本勝負!
高田英男さん(前列左)
2月19日・3月5日/久しぶりのスタジオ収録 あの人に会いたかった⑤
カッティングエンジニア北村勝敏さんの珠玉のLPカッティング一本勝負
①北村さんとの交流と忘れ得ぬ楽曲たち/②現在・過去・そして未来へ

 「あの人に会いたかったシリーズ」、大トリを飾るスペシャルゲストは、これまでに手がけた作品はナント8000枚!日本を代表するカッティングエンジニアであり、私たちオーディオファン、とりわけアナログ愛好家にとって縁の下の力持ちでもある北村勝敏さん(MIXER'S LAB)。北村さんの今日までの活動の一端と素晴らしい作品をご紹介したいと思います。また後編は、過去の代表曲、実はこれも北村作品だったんだ!という何枚かの音源や、忘れ得ぬ一枚、そして最新作も含めてお送りしたいと思います。(大橋慎)[再放送=2月26日・3月12日]

2月5日/ 久しぶりのスタジオ収録 あの人に会いたかった④
レコーディング界のレジェンド高田英男さん代表作&マル秘音源一本勝負

 8か月半ぶりのスタジオ収録再開!“あの人に会いたかった”シリーズ!第4回はレコーディング・エンジニアの高田英男さんです。JVCハード開発におけるデジタル高音質「K2テクノロジー」に携わり、日本プロ音楽録音賞、各オーディオ誌録音賞など多数受賞、現在はハイレゾリューションによる音楽制作を先導。高田さんは2014年に初ゲストご登場以来、私の番組での最多ゲスト参加していただきましたが今日はこれまで番組で語られることのなかったその半生を、手掛けられた音源とともに振り返りながら、これから先音楽界で何が起こっていくのかも含めてインタビューしたいと思います(大橋慎)。[再放送=12日]

2月5日の曲目 19日の曲目  3月5日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
キングインターナショナル平野氏(中)
真空管アンプ一本勝負!
斉藤りか氏(中)
1月8日/久しぶりのスタジオ収録 あの人に会いたかった②いま真空管アンプで聴きたいジャズLP
 8か月半ぶりのスタジオ収録再開!3月からずっと会いたかった皆さんをスタジオにお招きし、近況を伺いながら最新の楽曲やトピックでお送りする「あの人に会いたかった」シリーズ、第2回はキングインターナショナルの平野聡さんです!ざっくり一年ぶり。平野さんにとってこの一年はどんな年だったのでしょう。アナログ大好きの平野さんオススメのジャズ・レコードを聴きながらお話しをうかがいます。(大橋慎)[再放送=15日]
<使用機器>
プリアンプ : SV-Pre1616D/松
パワーアンプ : SV-P1616D/300B仕様

1月22日/久しぶりのスタジオ収録 あの人に会いたかった③斉藤りかの自作プリアンプ球選び
「あの人に会いたかった」シリーズ!第3回はラジオ番組ディレクターの 斉藤りかさんです!実はりかさん、今年の春、初めてのパワーアンプ自作(SV-S1616D/300B仕様)に見事成功、秋にはプリアンプ制作(SV-Pre1616D)に挑戦し完成したばかり。実はまだご本人も聴いていないこのアンプの音をスタジオで聴いてみようというのが今回の企画。さらには様々な組み合わせの真空管で聴いていきたいと思います。もちろんテスターはりかさん自身。Pre1616Dの何十種類となるタマの組合せから代表的な組合せを選んで頂きましょう!(大橋慎)[再放送=29日]
<使用機器>
SV-S1616D/300B仕様/SV-Pre1616D
<使用真空管>
(梅セット)①JJ オールECC83S/12AX7
(竹セット)
②Gold Lion オールECC83/12AX7 ③Gold Lion 12AX7-12AX7-12AU7
※整流管はSOVTEK 5AR4
(松セット) 
④Brimar オール12AU7 ※整流管はPSVANE WE274B
⑤Brimar オール12AU7 ※整流管はSOVTEK 5AR4

1月8日の曲目 22日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。