124chTHE AUDIO【Premium】

真空管アンプ一本勝負!


隔週金曜9:00~10:00
再放送=金曜20:00~21:00 (翌週リピート)
真空管アンプ一本勝負!
由紀精密 永松純(中央)
真空管アンプ一本勝負!
由紀精密 AP-0
真空管アンプ一本勝負!
井上陽介(中央)とともに
真空管アンプ一本勝負!
SV-P1616DとGEC KT66

[大橋慎の真空管ワンダーランド/第1部:真空管アンプ一本勝負!]
 真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。この番組ならではの真空管機器をダイレクトにミキサーに接続し、リスナーの皆さんのオーディオシステムで居ながらにして真空管の音の良さ・深遠なる魅力を体感できる番組です。要は1時間ワンテーマの一本勝負。この番組を聴けばたちまちみんな真空管アンプが大好きになれる…そんな番組にしていきたいですね。いままでの2時間番組とは少し様相が異なる部分もあると思いますが、倍の密度で深く濃いオーディオ愛あふれる番組にしていきたいと思います。どうぞ末永くご愛聴いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(大橋慎) サンバレー



9月30日/由紀精密AP-0 一本勝負

この番組は真空管アンプに関わる音作りやチューニング,また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の⼀時間番組、真空管機器をダイレクトにミキサーに接続し、皆さんのオーディオシステムで居ながらにして真空管の音の良さ,深遠なる魅⼒を体感していただきます!前回は「ウイリアムス浩子さんの新作”MY ROOM another side”一本勝負」をお送りしました。エンターテインメントの世界でずっと一線で活躍しつづける浩子さんの魅力を改めて感じることが出来たひと時だった訳ですが、今回は硬派なアナログオーディオ機器メーカーをご紹介したいと思います。これまでもさまざまなハイエンド真空管アンプやアナログ関連メーカーの方にご登場いただいて実機の音を聴かせていただきながら、開発ポリシーや製品哲学を語って頂いてきた訳ですが、今回はハイエンドオーディオユーザーが多いMUSIC BIRDリスナーさんもひょっとして初めて名前を聞くという方もいらっしゃるかもしれません。その名も「YUKISEIMITSU(由紀精密)」そして同社が発売したハイエンド・ターンテーブル「AP-0」をフィーチャーします。ゲストには由紀精密の永松 純さん、由紀精密はもともとは医療機器や宇宙関連機器を専門とする会社でオーディオには初参入、どんな思いでこの世界に入って何を実現しようとしているのか伺いました。そしてミュンヘンのオーディオ・ショーで熱い視線を浴びたAP-0、世界が注目する音を皆さんのリスニング・ルームにお届けしますよ。(大橋慎)[再放送=10月7日]
 
<今回の使用機材>
由紀精密 AP-0(ターンテーブル)
 

10月14日/祝 LP発売決定!! 井上陽介”NEXT STEP”一本勝負
6月にスペシャルゲストでお迎えした井上陽介さんの新譜「NEXT STEP」のLP盤化が決定しました!
前回収録終わりに高山さんと私で、アナログ切るんだったらワーナーミュージックマスタリングの北村勝敏さんにゼッタイお願いすべきです!と勝手なことを申し上げておりまして、その後どうなったかなあ、と思っていたら北村さんから「大橋さん、ご無沙汰しております。ポニキャンの担当者様から直接オファーを頂く事が初めてだったので少し不思議に思っていたのですが、推薦して頂いたのですね。しっかりやっておきました。」という嬉しいお返事をいただいて、今回井上さんに主演をオファさせて頂いたという訳です。改めて井上さんについてはご紹介するまでもない訳ですが1991年~2004年ニューヨークを中心に活動。その後、活動の拠点を日本に移し押しも押されぬファーストコール・ジャズ・ベーシストとして日々大活躍です。このLP EditionにはCD未収録の「酒とバラの日々」,「スピーク・ロウ」のオルタネイト・テイク、ライナーノーツを執筆した村上春樹氏お気に入りの「A列車で行こう」などのスタンダードに加えオリジナル(全7曲)がカッティングされる予定でCDをお持ちの方にも是非おすすめの一枚!
という訳で今日は先日のCD音源から更にパワーアップしたLPサウンドで井上さんの演奏と北村カッティングの音を大いに楽しみたいと思います。(大橋慎)

井上陽介 [NEXT STEP] (180g重量盤LP)【完全生産限定盤】 / SUNVALLEY AUDIO(旧キット屋)[真空管アンプ,オーディオ,スピーカー販売] (kit-ya.jp)
 
使用機材:
①SV-EQ1616D
②SV-Pre1616D
③SV-P1616D/KT170
 

10月28日・11月1日/タマ転がしここに極まれり!ヴィンテージ真空管で聴く現行アンプ(前後編)
今回と次回二回シリーズで特にこの1~2年の真空管アンプのニュートレンドをご紹介したいと思います。なんだと思います?ひょっとしてこの番組にもその責任というか原因の一端があるかもしれませんが…。

MUSIC BIRDで番組を担当させていただいて8年になる訳ですが、2年目以降は真空管・オーディオ大放談、そして真空管アンプ一本勝負と続いてきて、その中身は真空管の音の良さと共に楽器の如く個性豊かな”鳴り”を楽しむという側面を重視してきたつもりです。言い換えれば”Straight Wire with Gain”とは対極の世界に一つのマイサウンドを追求できる歓びがいま大きな支持を受けているという訳です。

その大きな要素の一つに同じ真空管でも原産国やブランド、また製造時期によっても個性が異なることを長年に亘って放送を通じて比較試聴するというキテレツな手法でお伝えしてきたことが大きかったように思います。

この春オンエアした「Sunvalley Audio温故知新 ヒストリックモデル大集合」が実は未だに反響が続いていたりして、”身近なアンプで最高の音を聴くためのヴィンテージチューブ”というトレンドが過去にないほどのブームとなりつつあるんです。

それもあってか、最近は私どもが用意している定番メニューでは飽き足らない真摯なファンの皆さんから”初段はコレで出力管はアレで整流管はソレ。カップリングは○○…”みたいな裏メニュー的オーダーがとても増えているんです。

もちろん私としても、皆さんの音への拘りがどんどん大きくなってきているのを大変嬉しく思っている訳なんですが、今回,次回と何台かアンプをスタジオに持ってきていますので実際あったグレードアップ例をここで再現して実際に音を聴いてみよう!という連続企画です。(大橋慎)
 
使用機種
10/28(前編)
・SV-S1616D/多極管
①Mullard EL34仕様
②GEC KT88仕様
 
・JB-320LM
③RCA 2A3仕様
④We300B(1988)仕様
 
11/11(後編)
・SV-P1616D/多極管
 
①GE 6L6GC仕様
②GEC KT66仕様
 
・SV-S1628D
③GE VT4-C仕様
④CETRON 845仕様
 

9月30日の曲目 10月14日の曲目 28日の曲目 11月1日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【動画もチェック!】

大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
真空管アンプ一本勝負!
ウィリアムス浩子(中央)とともに
9月2日/イチオシ廉価帯真空管!ニューPSVANEシリーズ一本勝負

今回は久しぶりにハード重視に振ったプログラムでお届けしますが、その理由は二つ。今年に入って高山さんがSV-S1616D/多極管仕様をキットで購入されてその音に驚いたという嬉しいエピソードを何か月か前に伺いました。シンプルさ。差替えできる楽しさ。そして多極管らしいフレッシュで溌剌としたサウンド・・・・高山さんのような酸いも甘いも高いも安いも全て味わい尽くしたような通人が改めて多極管シングルの良さを認識してくれたことがとても嬉しかったということが背景にあって改めてS1616の音をリスナーさんに聴いていただこうと思ったことが一つ。
そしてもう一つは3月から始まったウクライナ問題を契機として真空管市場が大きく混乱、世界最大の真空管製造国の一つであったロシアからの真空管の入荷がほぼ完全にストップし、オーディオ業界のみならずギターアンプ, ベースアンプの市場も上を下への大騒ぎになったことは皆さんもご存じだと思います。さらに追い打ちをかけたのが円安。一時期はベタ凪といってもいいくらい業界全体が静まりかえりました。
そこで代わりのタマを入手すべくあらゆるルートからの調達を試みていたところ、中国の恒陽(=PSVANE)が廉価帯の真空管をマイナーチェンジ中であるというインサイダー情報を入手、そこで即サンプルをオーダーしたのが4月末。そして6月に最もポピュラーなオーディオ用途のタマが入ってきたので、あまり期待せずに聴いてみたら、従来の中国球のイメージを一新するクオリティと音質であることに大変驚いたという経緯があります。
そこで今回は高山さんが自分で作って良さを再発見した多極管シングルアンプを持ち込んで、ニューPSVANEシリーズのタマ転がしを実況中継してみようというわけなんです。従来の廉価帯中国真空管のイメージを覆すNew PSVANEに注目しましょう!!(大橋慎)[再放送=9日]
<使用機材>
SV-Pre1616D + SV-S1616D/多極管仕様
①SV-S1616D/EL34仕様 (PSVANE ECC82×3 + EL34ペア + 5AR4)
②SV-S1616D/6L6GC仕様 (PSVANE ECC82×3 +6L6GCペア + 5AR4)
③SV-S1616D/KT88仕様 (PSVANE ECC82×3 + KT88ペア + 5AR4)
④SV-Pre1616D(PSVANE ECC83×3+5AR4) + ②
⑤SV-Pre1616D(PSVANE ECC83×3+5U4G) + ②
 

9月16日/ウィリアムス浩子の新譜を全部聴く!”MY ROOM another side”一本勝負
今回はお宝回!
オーディオ・ファンなら誰もが知ってるナンバー1歌姫、ウィリアムス浩子さんをお迎えし、彼女の新譜を全曲聴いてしまおうというスペシャル企画です。リスナー諸兄は浩子さんのことはよくご存知だと思いますし、私の番組でも何度も浩子さんの音源をリファレンスとして取り上げさせていただいてきました。今回は去る6月にリリースされたばかりのニューアルバム「MY ROOM another side」をフィーチャーしながら浩子さんが何故多くのオーディオファイルに愛されるのかを改めて検証してみたいと思います。(大橋慎)[再放送=23日]
<今回の使用機材>
SV-Pre1616D(プリ)、SV-S1616D/300B仕様(パワー)
 

9月2日の曲目 16日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【動画もチェック!】

大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
今回は昭和歌謡、ポップスのシングル目白押し!
8月5日/鼻歌で楽しむ昭和の歌謡・ポップス45回転EP一本勝負(菅沼コレクション)

これまで二回に亘りお送りしたアナログ特集企画。第一回は平野聡さんをお迎えし2022年上期 必聴ジャズLP一本勝負というテーマでソフトにフォーカスしました。第二回はテクニクスの上松さんと井筒香奈江さんにお越し頂いて新発売SL-1200M7Lの素晴らしいパフォーマンスを体験しました。そして千穐楽となります今回は、現在のアナログ復活ムーブメントの隠れた原動力の一端を皆さんにご紹介したいと思います。
オーディオファイルがよく聴くアナログ盤といえばジャズ, ヴォーカル, クラシックあたりが思いつく訳ですが、その一方で以前ゲストでお迎えした竹村さんのようにロックの初回盤,プロモ盤などのコレクターと言われる人たちも私の周りにたくさんいて、一概にこのアナログブームを紐解くことは出来ないのですが、ここ2~3年密かに、そして非常に急速に人気となっている分野があるのはご存じでしょうか?
所謂中古売買市場において現在急激なニーズの高まりを見せているのが、昭和歌謡あるいはポップスといわれるゾーン。それも45回転のシングルがものすごい勢いで伸びているのです。
事実、当社試聴室への持込音源も以前からテレサテンさんとかは非常に多かったのですが、最近はザ・ベストテン世代のお客さんがモロ歌謡曲、それもアイドル系も含めてたくさんお持ちになるようになりました。それもかなりハイクラスなシステムで聴かれる方が多いというのも過去見られなかった特徴です。
今日は当社でフルシステムを構築されJBLの大型スピーカーで愉しんでおられる菅沼一洋さんから音源協力をいただいて、いま最も熱い昭和歌謡・ポップス45回転EP一本勝負で三回シリーズでお送りして参りましたアナログ特集の締めとさせて頂きます。(大橋)[再放送=12日]
 
8月19日/鼻歌で楽しむ昭和の歌謡・ポップス45回転EP一本勝負(菅沼コレクション)番外編
タイムマシンにのって昭和に戻った前回、あまりに楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。5月に行われたドイツ・ミュンヘンショーに当社アンプを出品してくれた代理店も言ってましたが「高級オーディオ=ジャズとクラシック、という時代はすでに終わっていて、オーディオは自分がかつて聴いた素晴らしい思い出を素晴らしい音で振り返るタイムカプセルのような存在になっているのではないか」…そんな言葉を思い起こさせてくれる一時間でした。
結局、異様な盛り上がりとなり、かけたかったレコードがほとんどかけられなかったので、番外編として後編をやろうと思います。なぜ、昔聴いたシングル・レコードにこんなにも心が惹きつけられるのか。リスナーの皆様、45回転の青春の旅にもう一時間おつきあいください。(大橋)[再放送=26日]
 

8月5日の曲目 8月19日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【動画もチェック!】

大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。