124chTHE AUDIO【Premium】

真空管アンプ一本勝負!


隔週金曜9:00~10:00
再放送=金曜20:00~21:00 (翌週リピート)
真空管アンプ一本勝負!
Western Electric 300B
真空管アンプ一本勝負!
Western Electric 300B
真空管アンプ一本勝負!
SV-128BII
真空管アンプ一本勝負!
SV-128B
[大橋慎の真空管ワンダーランド/第1部:真空管アンプ一本勝負!]
 真空管アンプに関わる音作りやチューニング、また注目の真空管機器について徹底研究するワンテーマ型の一時間番組。この番組ならではの真空管機器をダイレクトにミキサーに接続し、リスナーの皆さんのオーディオシステムで居ながらにして真空管の音の良さ・深遠なる魅力を体感できる番組です。要は1時間ワンテーマの一本勝負。この番組を聴けばたちまちみんな真空管アンプが大好きになれる…そんな番組にしていきたいですね。いままでの2時間番組とは少し様相が異なる部分もあると思いますが、倍の密度で深く濃いオーディオ愛あふれる番組にしていきたいと思います。どうぞ末永くご愛聴いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。(大橋慎) サンバレー

8月6日/Western Electric 300B セカンドロットの驚くべき音!
 今回は3月の突然の再生産アナウンスに始まった”Western Electric 事変”の第三弾オンエア!USA以外で最初に現物をゲットし、いち早くレポート。それがどういう訳かWesternElectric 本家のHPにリンクされるという珍事を経てMUSIC BIRDでその生音を聴いて頂いたのが4/16と4/30のオンエアでありました。その時点ではサンプルのみで量産品を継続的安定的に入手できるかどうかは全く分かっていませんでしたが、その後幸いにも並行輸入という形ではあるものの安定的継続的に輸入することが出来るようになりました。皆さんの反響はものすごく今日現在入荷即完売の連続で今日現在も売り越しという状況が続いている本家WE300B。今日はその量産セカンドロット(2126)の驚くべき音を皆さんと一緒に聴いてみようという一時間です。(大橋)[再放送=13日]
【試聴機器】
SV-S1616D/300B
①LOT 0652/②LOT 2113 57.4mA~61.4mA/③LOT 2126 61.4mA~88.8mA 平均で82mAくらい/④SV-P1616D/300B LOT2126/⑤SV-91B LOT2126

8月20日/SV-128BII 一本勝負~あの巨漢アンプSV-128Bが復活!多極管シングル25Wの真価とは?
 今回は多極管シングルのフラッグシップが復活!というニュースです。この番組でも多極管シングルは何度も取り上げてきました。とりわけSV-S1616D多極管仕様は数えきれないほど音を聴いていただきましたし、これから真空管アンプをやるならまずは多極管シングルから!というご案内を何度となくしてきた訳です。その理由は①コスパ高し ②十分な出力 ③互換性のある出力管が多い(差替えの楽しさを味わいやすい) 等々が主な理由ですが、今回一本勝負たぶん初登場のSV-128BシリーズIIは西の横綱を91Bとするなら東の横綱的存在でしょう。その特徴はシングルエンドで何と25W+25W(KT120/KT150使用時)!今回の放送ではさまざまな真空管を使って限界性能を狙います!さらにシリーズIIは初段とドライブ段にEF37A/CV358の”いわゆる赤球”をチョイス。その情熱的なアピアランスが更に聴く者の情熱を駆り立てます。(大橋)[再放送=27日]
【試聴機器】
SV-128BII
低圧駆動
①6550C/②KT88/高圧駆動(プレート電圧540V)/③KT90/④KT120/⑤KT150

8月6日の曲目 20日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【動画公開中!】大橋慎×MQAデブラー放送


【電波新聞に掲載】サンバレーオーディオ デジタル衛星放送MUSIC BIRDで真空管アンプの魅力を伝える(2021年7月1日)
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

7月9日・23日/チェリスト溝口肇が選ぶ真空管アンプはこれだ!
 人気シリーズ”ミュージシャンが選ぶ ナンバーワン真空管アンプ”、今回のスペシャルゲストは我が国きってのチェリストの溝口肇さんです。作曲家、演奏家として超一流の溝口さんですが、実はそんじょそこらのオーディオファンもびっくり、マッキンMC240でJBL C38バロン を鳴らすオーディオ上級者!今回は 溝口さんの新譜「Hopeness」(希望)からリファレンス曲を選び、さまざまな真空管アンプで聴き較べ、溝口さんの琴線にもっとも触れたアンプを探していこうという企画です。といっても単なる優劣を決めようというお話でなく、三極管シングル、多極管シングル、三極管プッシュプル、多極管プッシュプル、送信管シングル等さまざまなアンプがもつ固有の楽器性を楽しんでまいります。[再放送=16日・30日]

<7月9日>プリアンプ:SV-Pre1616D
①SV-S1616D/KT150仕様/②SV-S1616D/300B仕様/③SV-P1616D/6L6GC仕様/④SV-P1616D/300B仕様

<7月23日>プリアンプ:SV-Pre1616D
⑤SV-S1628D/211仕様/⑥SV-S1628D/845仕様/⑦SV-8800SE/KT150仕様/⑧SV-91B/オールWestern Electric仕様

7月9日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【動画公開中!】大橋慎×MQAデブラー放送


【電波新聞に掲載】サンバレーオーディオ デジタル衛星放送MUSIC BIRDで真空管アンプの魅力を伝える(2021年7月1日)
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管アンプ一本勝負!
小林真人さん(中)とベニー・グッドマンを聴く!
6月11日・25日/SP盤で聴くベニー・グッドマン1本勝負 ゲスト:小林真人(ジャズ・ベーシスト)
 今回は久しぶりにジャズベーシストにしてオーディオ愛好家、それも大のSP盤マニアである小林真人さんに登場頂きました!そしてテーマはトラッドジャズの第一人者、小林さんならでは。「All About Benny」と題し全編ベニーグッドマンの楽曲を小林さんの解説付きで楽しんでいきます。そして再生はすべてヴィンテージ機材を使用。小林さんご愛用のポータブル蓄音機や世界最古のスピーカーやアンプを持ち込んでナマ音をお届けします。SPのホット・サウンドを存分にお楽しみください!(大橋慎)[再放送=6月18日・7月1日]
<使用機材>
日蓄ポータブル型蓄音機
Western Electric 7A(1920年代の世界最古の家庭用アンプ)
Western Electric 540W 通称”陣笠”(1920年代の世界最古の家庭用スピーカー) 

6月11日の曲目 25日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【番組書籍化第3弾『大橋慎の真空管・オーディオ 理想の音への「道」』!】
「タマ転がし」や「タマの聴き比べ」など、真空管ならではの楽しさを追求。今回はALTEC LANSING、DIATONE、MARK LEVINSONという重要ブランドに深いかかわりのあるレジェンド3名をゲストにお迎えし、オーディオ談義を熱く交わしています。
2021年3月18日発売(立東舎)2,200円(税込)
大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。