124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオ実験工房


隔週月曜9:00~10:00
再放送=月曜20:00~21:00(翌週リピート)
オーディオ実験工房
オーディオ・ユニオン園田氏(中央)
オーディオ実験工房
山本音響工芸 QB-2
オーディオ実験工房
KaNaDe 03
 
あくなき探究心でオーディオの常識に挑戦し続けるオーディオ・ライター炭山アキラと、「オーディオみじんこ」こと荒川敬が、普通のオーディオ・ファンにはとてもできない実験にスタジオでチャレンジ。皆さん、効果を放送で検証してみてください。

6月17日・7月1日/オーディオ・ユニオンお茶の水アクセサリー館が選ぶ”音に効くアクセサリー”
 世界中からマニアが集まるオーディオのメッカ、「オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館」の園田洋世さんを迎えます。園田さん自身も大のオーディオ大好きで、ご自宅やお店で実際にその耳で確かめた「効き目」のあるインシュレーター2週連続特集です。

<6月17日/単一素材系>
①AET VFE-8015H
②山本音響工芸QB-2
③山本音響工芸QB-3
④SUNSHINE S1
⑤MISTRAL TUNDRA IS
⑥ACOUSTIC REVIVE RIQ5010
⑦CARDAS MYRTLEWOOD BLOCK L
⑧OBLIGATO ACOUSTICS バーチ積層チップ

<7月1日/複合素材系・構造系>
①KaNaDe 03
②Black Diamond Racing MINI PITS MK3
③KRIPTON IS-HR5
④AITEC Λ8.24 The Professional
⑤KRYNA D-Prop Extend
⑥Alto-Extremo Neo Flex L3

6月17日の曲目 7月1日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
KSリマスタ・柄沢伸吾さん(中央)
 
<天才職人 柄沢伸吾のシェル・リード・マジック!>
 「シェル・リード」とはレコード・カートリッジとシェルをつなぐ4本の線。このシェル・リード作りに人生を賭けるシェル・リード職人がいます。柄沢伸吾さん(KSリマスタ)は線材やハンダどころか、リード線を「削る」「磨く」「拭く」道具にもこだわり、磨きだけで数日かかることも。日夜最高のリード線作りに励む柄沢さんの長年の研究の集大成を3回連続でご紹介します。

5月6日/KS-Remasta ”柄沢リード”大研究① [再=13日]
<使用カートリッジとシェル・リード>
DENON DL-103+ オーディオテクニカAT-LT13a
1. LT13A付属リード線  
2. 炭山氏作リード線 鉛入りハンダ(ホームセンターで購入)
3. 荒川氏作リード線 海外製鉛入り銀ハンダ
4. 柄沢氏作リード線   和光テクニカル無鉛銅入り銀ハンダSR-4Ncu 
5.  アナログリラックス 大吟醸リード 25,000円
導体1910~30's 絹糸巻きビンテージワイヤー直径約0.4mm/ハンダ Remasta選定R(リッチ)/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS5に砥石/8段最終仕上げ30000番使用
6.アナログリラックス 大吟醸Premium 50,000円
導体 1920~40's 蝋糸巻きビンテージ/ワイヤー直径約0.2mm/ハンダ Remasta選定R(リッチ)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS5に砥石/8段最終仕上げ30000番使用/オーディオテクニカAT-F3Ⅱ+LH15occ
7. LH15occ付属リード線
8. オントモ VJ-KS-TripleC  5,000円  
導体 PC-TripleC 0.6mm単線/ハンダ KOサウンドラボニッカス101
9. アナログリラックス ポップス・スタンダード 5,000円
導体 PC-TripleC 0.6mm単線/ハンダ 和光テクニカル無鉛銅入り銀ハンダSR-4Ncu
10. アコースティックリバイブ absolute LEAD WIRE 80,000円
テフロン被覆 導体 PC-tripleC/EX0.8mm単線/ハンダ アコースティックリバイブ 選定
11. ケーエスリマスタKS-Stage302EVO.Ⅱ 試作機
導体 鏡面加工/Stage3 4Nシルバー0.8mm単線/ハンダ    Remasta EVO.Ⅱ
12.ケーエスリマスタKS-Stage903EVO.Ⅱ-VK 200,000円
導体  PC-TripleC 0.6mm単線 鏡面加工Stage9/ハンダ KS-Remasta EVO.Ⅱ+天然松ヤニVK

5月20日/KS-Remasta ”柄沢リード”大研究② [再=27日]
<使用カートリッジとシェル・リード>
DENON DL-103+ オーディオテクニカAT-LT13a
1. LT-13a付属のリード線
2. ケーエスリマスタ旧KS-VWS-REX.Ⅱ/N   25,000円
1910~30's 絹糸巻きビンテージワイヤー直径約0.4mm/Remasta選定N(ナチュラル)/ 導体のハンダ結合部の仕上げに精密ナイフ使用 
3. ケーエスリマスタ現行 KS-VWS-REX.Ⅱ/N 25,000円
1910~30's 絹糸巻きビンテージワイヤー直径約0.4mm/Remasta選定N(ナチュラル)/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS5に砥石/8段最終仕上げ30000番使用/ オーディオテクニカAT-OC9/Ⅲ+LH18occ
4. オーディオテクニカ AT6108 オープン価格
制振効果を向上させるチタン配合シース/導体 6N-OFC(φ0.12mm×29本)/圧着接続
5. ケーエスリマスタKS-Stage301EVO.I    30,000円
導体  海外製 高純度OFC 0.6mm単線 鏡面加工Stage3/ハンダ KS-Remasta  EVO.Ⅰ  
6. ケーエスリマスタ KS-Stage401EVO.I-VK 50,000円 
導体  海外製 高純度OFC 0.6mm単線 鏡面加工Stage4/ハンダ  KS-Remasta EVO.Ⅰ+天然松ヤニVK
7. ケーエスリマスタ KS-Stage901EVO.I-VK 200,000円
導体  海外製 高純度OFC 0.6mm単線 鏡面加工Stage9/ハンダ   KS-Remasta/EVO.Ⅰ+天然松ヤニVK
8. ケーエスリマスタKS-Stage903EVO.Ⅱ-VK 200,000円
導体  PC-TripleC 0.6mm単線 鏡面加工Stage9/ハンダ KS-Remasta EVO.Ⅱ+天然松ヤニVK
9. ケーエスリマスタKS-Stage1000SR.Ⅰ-VK試作機 予価400,000円
導体  Remasta選定 直径約0.6㎜単線 鏡面加工 Stage9
ハンダ KS-
Remasta SR-1+天然松ヤニVK

6月3日/KS-Remasta ”柄沢リード”大研究③ [再=10日]
<使用カートリッジとシェル・リード>
DENON DL-103+ オーディオテクニカAT-LT13a
1. LT13A付属リード線   22.1g
2. ケーエスリマスタKS-VWS-Tempest.Ⅰ/SR-NVK  80,000円
導体 1920~40's 蝋糸巻きビンテージワイヤー直径約0.2mm/ハンダ Remasta選定SR-N(ナチュラル)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ/30000番+47種コンパウンド使用/ZYX Ultimate 100 + Live18 Head-shell
3. Live18 Head-shell付属のリード線  24.6g
4. ケーエスリマスタKS-VWS-Tempest.Ⅰ/SR-NVK 80,000円 24.4g/ 導体  1920~40's 蝋糸巻きビンテージワイヤー直径約0.2mm/ハンダ   Remasta選定SR-N(ナチュラル) +天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ30000番+47種コンパウンド使用
5. ケーエスリマスタ KS-VWS-Legend/SR-NVK’試作機
導体  1930's 赤エナメル絹巻きビンテージワイヤー直径約0.1mm/ハンダRemasta選定SR-N(ナチュラル)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ30000番+47種コンパウンド使用で二組目
4.  ケーエスリマスタKS-VWS-Legend/SR-NVK 200,000円
導体  1930's 赤エナメル絹巻きビンテージワイヤー直径約0.1mm/ハンダRemasta選定SR-N(ナチュラル)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ30000番+47種コンパウンド使用で一組まで
5. ケーエスリマスタ  KS-VWS-Legend/SR-NVK ×8+1 試作機 予価 600,000円
導体  1930's 赤エナメル絹巻きビンテージワイヤー直径約0.1mm/ハンダRemasta選定SR-N(ナチュラル)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ30000番+47種/コンパウンドで9本使用 
5. ケーエスリマスタKS-VWS-Legend/SR-NVK×8+1 DP(ダイヤモンドペースト仕様)試作機予価 600,000円
導体  1930's 赤エナメル絹巻きビンテージワイヤー直径約0.1mm/ハンダRemasta選定SR-N(ナチュラル)+天然松ヤニVK/導体のハンダ結合部の仕上げ刃物KS4に砥石10段最終仕上げ30000番+50種/コンパウンドで9本使用 

<レコード> 
「Diamond Life」SADE
A面一曲目 Smooth Operator  

(KSリマスタ・シェルリード販売店)
オーディオもてぎ  
オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館4F  
ダイナミックオーディオ5555 H.A.L.3
ケンズ・オーディオ
マイクロファラッド
●シェルリード専門工房KS-Remasta     

5月6日の曲目 20日の曲目 6月3日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
前園サウンドラボ・前園力代表取締役(中央)
 
4月8日・22日/ZONOTONE研究
 青いカラーでファンを魅了する国内ハイエンド・ケーブル・ブランド「ZONOTONE」を2週にわたって特集。ゲストに同ブランドを立ち上げた株式会社前園サウンドラボ・前園力代表取締役を迎えて。8日は電源ケーブル6種、22日はラインケーブル8種を一斉試聴しました。[再放送=15日・29日]
 
[4月8日/電源ケーブル 試聴製品]
6N2P-3.0 Meister/6NPS-3.0 Meister/6N2P-3.5 Blue Power/6NPS-3.5 Mesiter/6NPS-Neo Grandio 5.5Hi/7NPS-Shupreme1

[4月22日/インターコネクト・ケーブル 試聴製品]
Silver Granster AC-1001α/6NAC-Granster 2000α/6NAC-Granster 3000α/7NAC-Granster 5000α/Royal Spirit AC-1/7NAC-Neo Grandio 10Hi/Grandio AC-1/7NAC-Supreme X

4月8日の曲目 22日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。