124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオ実験工房


隔週月曜9:00~10:00
再放送=月曜20:00~21:00(翌週リピート)
オーディオ実験工房
フルテック・橋本大介氏(中)
 
あくなき探究心でオーディオの常識に挑戦し続けるオーディオ・ライター炭山アキラと、「オーディオみじんこ」こと荒川敬が、普通のオーディオ・ファンにはとてもできない実験にスタジオでチャレンジ。皆さん、効果を放送で検証してみてください。

2月10日・24日/フルテック大研究
 自社製品はもちろん、国内外のメーカーにパーツを提供したり、OEMまで幅広く手掛けるアクセサリーの一大ブランド「フルテック」を2回にわたって大特集!ゲストに同社の橋本大介さんを迎え、その豊富なラインアップから電源ケーブル(完成品)とインターコネクトケーブル&NCFブースターにしぼって比較試聴しました。

<2月10日/完成品電源ケーブル特集>
[試聴製品]
G-314Ag-15 Plus:12,600円/Absolute Power-15 Plus:23,100円/The Odeon:19,800円/The Roxy:25,000円/The Astoria:22,000円/The Empire:35,000円/Absolute Power II-18:37,800円/Power Guard-48:59,000円/Alpha PS-950-18:180,000円

<2月24日/インターコネクトケーブルとNCF Booster特集>
[試聴製品]
Evolution Audio II:43,000円/Line flux RCA:178,000円/NCF Booster:32,800円/NCF Booster-Signal-L:14,800円/NCF Booster--Signal:19,800円/NCF Booster-Brace :19,800円

2月10日の曲目 24日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
オーディオ実験工房
 
1月27日/百均グッズで音質改善?④その他編
 ショップめぐりをして買ってきたグッズ、果たして音質改善に効果あるやなしやの前代未聞の大実験も最終回。こんなもの何に使うの?といったグッズが登場します![再放送=2月3日]
<使用グッズ>
アルミ丸棒/銅ワッシャー/静電気除去用リング/足指キャップ/珪藻土乾燥剤(正方形タイプ)/珪藻土ペットボトル置き ほか

1月13日/百均グッズで音質改善?③クリーナー編
 百均グッズ特集の第3弾は「クリーナー編」です。百均ショップやホームセンターで入手した様々な日用品でCDやレコード盤磨き!効果があったり、なかったり、さあどうなることやら。[再放送=20日]
<使用グッズ>
泡ジェットクリーナー(ガラス用)/革のはぎれ/ジェット・クリーナー(油汚れ用)/セスキクリーナー/水の「激落ちくん」/百均ショップの「CDクリーナー」/ガラスコンパウンドクロスglaco(ガラコ)/メラミンスポンジ ほか

【「オーディオみじんこ」移転リニューアルのお知らせ】
荒川敬さんのお店「オーディオみじんこ」は、秋葉原「2k540」での営業を11月をもって終了。12月12日には、現在建設中のショッピングモール「SEEKBASE AKI-OKA MANIFACTURE」に移転して再オープンしました!

1月13日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
オーディオ実験工房
アルミホイルをケーブルに巻いてみた!
 
12月16日・30日/百均グッズで音質改善?
 高価なアクセサリーを買わなくても、身近なものが役立つかも、ということであれこれ集めてきました。今回は巻いたり、はさんだり、敷いたりと百均グッズが大活躍します。[再放送=12月23日・1月6日]
[12月16日/①敷いてみた]
キズ防止シール/レース編みコースター/シリコーン・コースター/防振粘着マット/3cm角材ブロック/ビー玉/おはじき/雑誌ステレオサウンド
[12月30日/②はさんでみた、巻いてみた]
巨大な洗濯ばさみでケーブル浮かし/足指開きパッド(キャンドウ)でケーブルにはさみ/くねくねコードを電源ケーブルにまきつけて/「健康グッズ」ゲルマニウム快足シートをRCAプラグにまきつけて/アルミホイルをケーブルにまきつけて ほか

【放送内容変更のお知らせ】
SONGLIST12月号にて告知した番組内容は事情により放送延期となりました。何卒ご了承ください。


【「オーディオみじんこ」移転のお知らせ】
荒川敬さんのお店「オーディオみじんこ」は、秋葉原「2k540」での営業を11月をもって終了。12月12日には、現在建設中のショッピングモール「SEEKBASE AKI-OKA MANIFACTURE」に移転して再オープンします!

12月16日の曲目 30日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。


荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。