124chTHE AUDIO【Premium】

オーディオ実験工房


隔週月曜9:00~10:00
再放送=月曜20:00~21:00(翌週リピート)
オーディオ実験工房
 
あくなき探究心でオーディオの常識に挑戦し続けるオーディオ・ライター炭山アキラと、「オーディオみじんこ」こと荒川敬が、普通のオーディオ・ファンにはとてもできない実験にスタジオでチャレンジ。皆さん、効果を放送で検証してみてください。

<実況録音~ケーブルにチューブを被せると音は変わる?>
 今回はスタジオをとびだし、荒川敬さんのショップ「オーディオみじんこ」(秋葉原)での荒川さん自身による実況録音(※モノラル録音)をお送りします。
自作派はシールドチューブ、ペットチューブをかぶせて、見た目やシールド性能の向上を目指しますが果たして音はどう変わるのか?2週にわたりオーディオケーブルで多用されるPETチューブをはじめ、ナイロンチューブ、シールドチューブをRCAケーブルに被覆して音の違いを検証。炭山アキラさんはお休みで、お店のお手伝いさんケーブル大好きなKさん(女性)をゲストに迎えてお送りします。[再放送=7月6日・20日]

7月13日/ナイロンチューブ、シールドチューブ編
<チューブ>
1.東邦産業 ナイロンスリーブ 10mm @176(参考価格:オヤイデ電気)
2.日本ジッパーチュービング OTF-20(ホックタイプ) @1,705
(参考価格:オヤイデ電気)
3.東日京三電線 平編み錫メッキ銅線 TBC5.5 @704 (参考価格:オヤイデ電気)
4.Wire Care FLEXO STAINLESS STEEL XC 1/2inch(オーディオみじんこ加工部材)
5.4.をケーブルに密着固定
6.5.にWire Care TechFlex FLEXOPET 3/8inch(9.5mm) Black Magicを被覆

<再生機材>
ソース機器:TASCAM DV-RA1000HD(CDトランスポートとして使用)
クロックジェネレーター:Antelope ISOCHRONE
OCX(DV-RA1000HDへクロック供給)
DAC:MSB TECHNOLOGY DAC2
プリアンプ:KRELL KRC-2
パワーアンプ:Ayre V-3
スピーカー:Urei 811C
(オーディオみじんこ店内オーディオシステム)

<録音機材>
マイク:SONY UAB-80
PC:Mac Book Air
録音ソフト:Audacity

<試聴素材>
RCAケーブル:立井電線 TPS7182+カナレF-09 1mペア自作品

6月29日/PETチューブ編
<再生機材>
ソース機器:TASCAM DV-RA1000HD(CDトランスポートとして使用)
クロックジェネレーター:Antelope ISOCHRONE
OCX(DV-RA1000HDへクロック供給)
DAC:MSB TECHNOLOGY DAC2
プリアンプ:KRELL KRC-2
パワーアンプ:Ayre V-3
スピーカー:Urei 811C
(オーディオみじんこ店内オーディオシステム)

<録音機材>
マイク:SONY UAB-80
PC:Mac Book Air
録音ソフト:Audacity

<試聴素材>
RCAケーブル:立井電線 TPS7182+カナレF-09 1mペア自作品
チューブ:
1.品川商工 SF-3 @143
2.Wire Care TechFlex FLEXOPET 1/4inch(6.35mm) Black Magic @264
3.Wire Care TechFlex FLEXOPET 3/8inch(9.5mm) Black Magic @440
4.Wire Care TechFlex CleanCut 1/4inch Black (高密度PET 6mm)@440
5.ヘラゲインチューブ 9.5mm @286
6.カーボン含有ナイロンPETチューブ @800
(参考価格:オヤイデ電気)

6月1日の曲目 15日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
コンセント・ベース比較
オーディオ実験工房
音がよいJIS型コンセントを探せ!
 
6月1日/コンセント・ベース比較
 コンセント・プレートに続くのはコンセント・ベースです。コンセント・ベースはコンセントと壁の間にはさむアイテム。ミュージックバードに出演していた当時、カメラマンの故山本博道氏が発明したものですが、最初の発売から10年以上経った今、各社がラインアップする人気アイテムとなっています。今回は7社製品を聴き比べ、新たに届いたコンセント・プレートやコンセント・ブレース用インシュレーターも加えて実験はヒートアップします![再放送=8日]

【リファレンス・コンセント】
・オーディオみじんこオリジナルREX-GR

【試聴コンセント・ベース】
・オヤイデ コンセントプレート/ベース WPC-Z
・アコースティックリバイブ コンセントベース CB-1DB
・フルテック コンセントベース GTX WALL PLATE
・オーディオリプラス コンセントベース SCB-2SZ
・J1プロジェクト コンセントベース POB-1-J
・オーディオみじんこ コンセントベース(バーチ積層合板)AM-WOS1
・オールージュ コンセントベース SG-CB/HG

【コンセント・プレート】
・オーディオリプラス CPP-2 SZ-SE
・オーディオリプラス CPP-2 SZ/HG

【その他】
・オールージュ コンセントベース用インシュレーター SG-CBSS

6月15日/音がよいJIS型コンセントを探せ!
 まだまだ続くコンセントの旅、今度はJIS型コンセント、一般家庭で使われる長方形のタイプです(オーディオ用はアメリカ型のULコンセントが主流)。コンセントの交換ですごく音が変わることは分かっていても導入しているマニアは意外と少ない。賃貸に住んでいるなども理由の一つ、だがJISコンセントは、大家さんにバレにくいということで交換しているオーディオ・マニアがいるらしい。今回はそんなJIS規格コンセントを現行品を中心にかき集め合計9種類を比較試聴、安くて音が良い機種を探します。[再放送=22日]

【試聴JIS規格コンセント】
1.東芝NDG2122E / 2.神保電器 JEC-BN55G
3.神保電器 JEC-BN55GK+プラスチック枠 WJK-1 / 4.明工社 ML1282T3
5.明工社 ML1272T3 / 6.パナソニック WN1162A1 抜け止め
7.パナソニック WN1512K / 8.パナソニック WN1318K
9.サウンドアティックス RAC1318

6月1日の曲目 15日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。

オーディオ実験工房
 
5月4日・18日/コンセント・プレート比較②③
 コンセント・プレートで音は変わるのか?材質編に続くのは各社製品の聴き比べ。雑誌では珍しくないこんな企画も実際に皆さんのお耳に届けることができるのはミュージックバードだけ、2回にわけて15種類のプレートを試聴します。プレートとベースのネジ締めの強さで音が変わるのか、そんなマニアックな実験もしちゃいました![再放送=11日・25日]
●使用リファレンス・コンセントベース:オーディオみじんこ製ロシアン・バーチ積層合板シングルコンセントボックス
●使用リファレンス・コンセント:オーディオみじんこオリジナルREX-GR

<5月4日:比較コンセントプレート>
①プレート無/②オーディオみじんこベーシック(1000円+税)/③AET EVO-CPCN/④フルテック 102D/⑤SEISIN PP-2R(発売終了)/⑥ジョデリカ AI20S/⑦ジョデリカ AI20G/⑧ORB HP-GPW/⑨クリプトン CP-HR10/⑩オールージュ SG-CP/HG

<5月18日:比較コンセントプレート>
①プレート無/②フルテック 104D/③フルテック 105.1NCF/④フルテック 106D NCF/⑤J1プロジェクト POB-1-J/⑥オーディオみじんこPL-S1/⑦オーディオ・リプラス CPP-2SZ/S

5月4日の曲目 18日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

荒川敬

出演:荒川敬

1973年大阪府高槻市生まれ。東京都在住。近畿大学、奈良先端科学技術大学院大学卒。高校時代に訪れた日本橋でんでんタウンがきっかけで、オーディオの魅力に引き込まれる。大学・大学院では微生物工学を専攻。大学時代に念願の単品コンポを購入。安物コンポをいかに巧く鳴らすかに心血を注ぎ、自作インシュレーターや自作ケーブルに凝り始める。1997年に上京し、食品会社や特許事務所に勤務する傍ら、オーディオ趣味に没頭して秋葉原に入り浸る。2003年「オーディオみじんこ」ホームページを開設。自作スピーカーやケーブル工作、秋葉原界隈の動向や試聴会レポートが人気を呼び、2006年には100万アクセスを突破。2006年「オーディオみじんこ観察日記」が季刊オーディオアクセサリー122号にて連載開始。ケーブル自作を写真付きで詳細に解説した記事が話題となり、同誌137号まで計16回にわたり連載。2008年、趣味の世界で生きていこうと一念発起し、株式会社小柳出電気商会に入社。「オヤイデ電気」ブランドの製品企画を担当する。手掛けた製品はインシュレーターのINSシリーズ、レコードスタビライザーSTBシリーズ、ターンテーブルシートMJ/BRシリーズなど。自作ケーブルの愉みをより多くの人に伝授すべく、同社の広報・イベントも担当。「オーディオみじんこブログ」や「オーディオ自作講習会」を通じて、オーディオファンとの交流を深める。2012年にオヤイデ電気の派生ブランド「オーディオみじんこシグネチュアモデル」始動。ピュアオーディオからポータブルオーディオまで、ニッチでマニアックなケーブル・オーディオアクセサリーをプロデュース。2017年11月にオヤイデ電気を退社し独立。2018年1月にオーディオショップ「オーディオみじんこ」をモノつくりの街「2k540」にオープン。オーダーメイドのオーディオケーブル工房として鋭意活動中。「みじんこ」の由来は、ミジンコが好きで、少年時代に自宅で育てていたため。

炭山アキラ

出演:炭山アキラ

昭和39年、兵庫県神戸市生まれ。高校の頃からオーディオにハマり、とりわけ長岡鉄男氏のスピーカー工作と江川三郎氏のアナログ対策に深く傾倒する。そんな秋葉原をうろつくオーディオオタクがオーディオ雑誌へバイトとして潜り込み、いつの間にか編集者として長岡氏を担当、氏の没後「書いてくれる人がいなくなったから」あわててライターとなり、現在へ至る。小学校の頃からヘタクソながらいまだ続けているユーフォニアム吹きでもある。