124chTHE AUDIO【Premium】

すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。


隔週日曜9:00~10:00
再放送=日曜20:00~21:00 (翌週リピート)
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
亀吉音楽堂
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
上田隆志氏(右)
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
出水電器・島元澄夫氏(左)
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
出水電器の柱上トランス


 
 
マイクと機材を背負い「音の在る場所」へ!人気ライター田中伊佐資がマニア宅を訪問、「音」に賭けたマニアの生き様をお届けします。(録音にはハンディ・レコーダーZOOM H5を使用)

6月16日/下町の録音スタジオ 亀吉音楽堂
 東急池上線沿線、手押し井戸の横で涼やかに風鈴が鳴る長屋の一室にあったそのスタジオ。録音よし、再生よし、たくさんの「いい音」が生まれる「亀吉音楽堂」を訪ねました。エンジニアの上田隆志さんのキャラクターそのままのストレス・フリーな音でした。[再放送=23日]
<再生システム>
Protools HDX
DA Merging TechnologiesのHorus
プリアンプN-Tosch S-mix
パワーアンプ Arox Electoricの真空管アンプ
スピーカーAltec 612C(ユニット604-8G)

6月2日/電源工事の聖地、出水電器試聴室
 「一度その音を聴いてしまうと元には戻れない・・・」これまで900件の電源工事を行った出水電器試聴室は、大田区蒲田の商店街の外れにある一見普通の木造建物。ですが、電柱には二つの「柱上トランス」、打ったアースは54本・・・電源でここまで音が変わるということを実証して、来訪者をその気にさせてしまうという、噂の真偽を確かめに行きました。[再放送=9日]
<当日使用機材>
スピーカー:SONY SME 1W DYNUDIO C4
アンプ:ALLION S-200(2台 マルチ)
その他:DEQX HDP 4(プリ・チャンデバ・A/D・ルームアコースティックの機能)DPAD(CDリッピングデーター)

6月2日の曲目 16日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【5月25日発売!「ジャズと喫茶とオーディオ」】
ジャズ批評」誌に2011年から田中伊佐資氏が連載している「アナログ・オーディオ ふらふらめぐり」がムックに!レコードを愛し、レコードをかけ続けているジャズ喫茶(カフェ、バー)約40店にスポットを当てた探訪記。(音楽之友社


田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽雑誌の編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。 近著は「ジャズと喫茶とオーディオ」(音楽之友社)。ほか『音の見える部屋 オーディオと在る人』(同)、『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(同)、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚』(DU BOOKS)、『オーディオ風土記』(同)、監修作に『新宿ピットインの50年』(河出書房新社)などがある。

すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
アクロージュファニチャー・岸邦明さん
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
岸さんのオーディオルーム
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
「ナカミチ館」にて。飛松保寿さん(右)


 
 
5月5日/神楽坂の家具工房「アクロージュファニチャー」
 「無垢のスピーカー作れませんか」と声をかけられたことから始まった、無垢家具職人のオーディオへの挑戦。新宿区神楽坂の家具工房「アクロージュファニチャー」を営む岸邦明さんを訪ねました。「無垢材」へのこだわりは見た目だけでなく機能面、そして音にも活かされています。エイジングとともに日々変化していく無垢材の音をお楽しみください。[再放送=12日]
【システム】
・CDプレーヤー:DENON DCD-SX
・アナログ・プレーヤー:YAMAHA GT-2000
・フォノイコライザー:合研Lab GK08VCR
(ONTOMO MOOK「快音! 真空管サウンドに癒される」特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット)
・プリメイン・アンプ:ラックスマン L-550AX
・スピーカー①:アクロージュ・ファニチャー特製無垢スピーカー(使用木材:ブラックウォールナット(米))
・スピーカーユニット:SEAS(ノルウェー) FA22RCZ(パピルス混入コーン20cmフルレンジ)
・スピーカー②:アクロージュ・ファニチャー特製壁掛けスピーカー
月刊ステレオ × アクロージュファニチャー連載

5月19日/ナカミチの夢の館
 都内の通称「ナカミチ館」を訪ねました。飛松保寿さんの8畳のオーディオ・ルームはスピーカー以外すべてナカミチ製品で構成。所有する製品はカセットデッキ57台 チューナー5台 CD/DVD23台 プリメインアンプ17台 セパレートアンプ12台 その他7台のナント合計121台!学生時代の夢が実現したその部屋に、国産ハイエンド・ブランドの夢の音を聴きにいきました。[再放送=26日]
(飛松保寿氏プロフィール)
 1964年東京生まれ、ナカミチ収集家。学生時代にナカミチを知り、その設計思想に感銘を受ける。社会人となり、アマチュア無線に傾倒するなど暫くオーディオから離れていたが、8年ほど前にオーディオ熱が再燃。ナカミチにカセットデッキ以外のモデルがあることを知り、100機種以上所有する現在も全機種網羅を目指す。近年、ナカミチが縁でオーディオ誌、ラジオ番組に出演、元ナカミチの方々とも親交が始まる。[Blog] [Twitter]  飛松氏所 有機材リスト

5月5日の曲目 19日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【5月25日発売!「ジャズと喫茶とオーディオ」】
ジャズ批評」誌に2011年から田中伊佐資氏が連載している「アナログ・オーディオ ふらふらめぐり」がムックに!レコードを愛し、レコードをかけ続けているジャズ喫茶(カフェ、バー)約40店にスポットを当てた探訪記。(音楽之友社

田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽雑誌の編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。 近著は「ジャズと喫茶とオーディオ」(音楽之友社)。ほか『音の見える部屋 オーディオと在る人』(同)、『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(同)、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚』(DU BOOKS)、『オーディオ風土記』(同)、監修作に『新宿ピットインの50年』(河出書房新社)などがある。

すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
「VintageJoin」にて。
すみません、お宅のオーディオ、ナマ録させてください。
キヨトマモルさん宅


 
 
4月7日/東中野~吉田一廣さん
 土日は中古レコード店で“エサ箱”をつつくか、友人とオーディオ鑑賞。音楽とオーディオにどっぷり浸かる吉田一廣さんのオーディオ・ルームを訪問しました。[再放送=14日]
(吉田一廣さんプロフィール)
1961年生まれ。小6の時ビートルズの赤盤・青盤を聴きロックにはまる。中1でクラプトン、中3でクイーンの初来日公演に。17年前の40歳の時に家の新築にあたり地下室を掘ったのをきっかけにオーディオを再開。たまたまディープ・パープル、ハイウェイ・スターのUKオリジナル盤を聴きノックアウト。以来、中高ロックを聴くためにオーディオの音質アップとレコード盤の収集に力を注ぐ。
【使用機材】
ターンテーブル:Hanss Acoustics T-60/カートリッジ:Analog Relax EX1/アーム:GRAHAM ENGINNIERING PHANTOM 2/プリ・アンプ:EAR 912/パワー・アンプ:Mcintosh MC2301/スピーカー:Avatgarde MEZZO

4月21日/代々木~キヨト・マモルさん(VintageJoin)
 閑静な住宅地の一角、木々の緑が迎えるマンションの一室で、「VintageJoin」店主キヨト・マモルさんとお客さんが、静かに音を愛でる空間を訪ねました。[再放送=28日]
【使用機材】
プレーヤー:Elac Miracord10H/カートリッジ:Elac MST-2D、GE RPXシングルバトン ゴールデントレジャー/フォノイコライザー:Emotion-1Mono(VintageJoin)/プリアンプ:MONO-Pri(VintageJoin)/パワーAMP:MONO-Power(VintageJoin)/スピーカー:Greatz Radio8インチフルレンジ、Utah 12インチコアキシェル

4月7日の曲目 21日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。



田中伊佐資

出演:田中伊佐資

音楽雑誌の編集者を経てフリーライターに。現在「ステレオ」「オーディオアクセサリー」「analog」「ジャズ批評」などに連載を執筆中。 近著は「ジャズと喫茶とオーディオ」(音楽之友社)。ほか『音の見える部屋 オーディオと在る人』(同)、『オーディオそしてレコード ずるずるベッタリ、その物欲記』(同)、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚』(DU BOOKS)、『オーディオ風土記』(同)、監修作に『新宿ピットインの50年』(河出書房新社)などがある。