124chTHE AUDIO【Premium】

ステレオ時代presents あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館


隔週火曜10:00~11:00
再放送=火曜21:00~22:00
ステレオ時代presents あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館
ステレオ時代presents あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館
ステレオ時代presents あの頃をプレイバック!温故知新オーディオ歴史館
ステレオ時代

 オーディオ・ブーム―あの頃の“Fun(楽しさ)&Fan(熱狂)”を!
 このいわば「ステレオ時代」に、驚きとともに登場したモノやブーム、そしてそれを創ったヒト(メーカー)をフィーチャーし、世界でも独自の発展を遂げた日本のオーディオ史をファン目線で楽しく追っていきます。スタジオには懐かしい機器や幻のメディアも登場、当時の音を聴けば昔オーディオ少年だったあなたも、きっとあの頃のワクワクを取り戻すはず!この番組は雑誌『ステレオ時代』とのコラボレーションでお届けします。



1月24日/2023年は何かの周年?・後編

ドゥービー・ブラザースの「チャイナ・グローブ」がヒットしたのはちょうど50年前。まずは40年前に発売されたデンオンDL-110でこの曲を聴く。アメリカ盤のカッコいい音に生島氏が反応し取り出したのは竹内まりやのアルバム『リクエスト』だ。そのアナログ盤は「アナログ米盤ロックのカッコ良よさに触発された日本のカッティングエンジニアが研究に研究を重ねてたどり着いたJポップの真髄」だと生島氏。当番組研究員・野下氏はことし開園40年を迎える東京ディズニーランドにちなんで「イッツ・ア・スモール・ワールド」日本語版を持ってきた。[再放送=31日]
 

1月10日/2023年は何かの周年?・前編
当番組は雑誌『ステレオ時代』とのコラボレーションでお届けしている。その『ステレオ時代』はことし、創刊10周年を迎える。当歴史館館長・牧野は「ピンクフロイド『狂気』発売50周年だ!」とばかり思っていたが、生島昇首席学芸員の指摘で思い出した。まずは古いカートリッジでアナログ盤『狂気』を聞く。生島氏はオンキョーの「寅さんプレーヤー」で渥美清の唄をかける。テレビドラマ「男つらいよ」の放映からことしで55年。そして46年前に打ち上げられた「ボイジャー1号」に搭載されているレコードのレプリカを聴く。この探査機が太陽圏を出たのは10年前である。[再放送=17日]
 

10日の曲目 24日の曲目

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

牧野茂雄

出演:牧野茂雄

1958年、東京の下町生まれ。新聞記者、雑誌編集長を経てフリージャーナリストに。自動車分野を中心に活動するが、カメラ、オーディオ、飛行機、鉄道、船など機械モノ全般が大好き、オーディオ機器ではとくに「回転するもの」を愛し。テープレコーダーとアナログプレーヤーのファン。2012年暮れに創刊された『ステレオ時代』のメインライターとして、念願だったオーディオ雑誌の仕事に携わる。

生島昇

出演:生島昇

1970年代に田園コロシアムのライブアンダーザスカイでジャズに目覚め、FMエアチェックとナマロクに熱中。そのままオーディオの樹海に迷い込む。フリーペーパー「レコードがある暮らし」編集長。JazzTOKYO RECORDSレーベル元主宰。「季刊アナログ」(音元出版)、「月刊ステレオ」(音楽之友社)、「ステレオ時代」等で時々お手伝いしています。