124chTHE AUDIO【Premium】

真空管・オーディオ大放談


隔週金曜9:00~11:00  
再放送=金曜20:00~22:00(翌週リピート)
真空管・オーディオ大放談
SV-192PRO
真空管・オーディオ大放談
PSVANE WE211
オーディオを「言葉」で語る、ホンネで語る!真空管アンプメーカー「サンバレー」の大橋慎がパーソナリティを務めます。

12月7日/サンバレー現行三機種のプリアンプを聴く
 今回はリスナーの皆さんに好評の”すべてを聴くシリーズ”第三弾。第一弾「すべての300Bアンプを聴く」、第二弾「すべての多極管アンプと送信管アンプを聴く」に続く第三弾は「SUNVALLEY audioすべてのプリアンプを聴いてみよう」という企画です。プリアンプは車でいえばトランスミッション。車のドライヴィングフィールを司るのがトランスミッションならプリアンプは音の質感やディテールの表現に深く影響する極めて重要なコンポーネントです。今日は様々なプリを通じてその音への影響やタマ交換による音の違いを検証していきましょう![再放送=14日]
1.プリアンプなし(直結)
①SV-192PRO/SV-91B直結

2.各種プリの音質比較
②SV-Pre1616D
・GE12AX7/ダイオードモジュール仕様
・Mullard CV4003/PSVANE WE274B仕様/
・MullardCV4003/MullardGZ34
③SV-300LB
・標準バージョン
・スペシャルヴァージョン(Telefunken ECC801S×2, RCA12BH7A×2,WE300B×2,HITACHI5AR4×1)
④SV-310
・PSVANE 310A仕様
・オールWestern仕様(WE310A刻印・WE274B刻印)

12月21日/PSVANE WE211/WE845で聴くベストディスク
 今回は最近みるみる頭角を現してきいる中国真空管ブランドPSVANEから高級バージョンWEシリーズの送信管WE211,WE845の二種の音を本邦初公開!これまで市場を席捲してきたGolden Dragonブランドの211/845と比較してどうなのか…またPSVANE通常バージョンに211/845と比較してWEシリーズは本当に優れているのか…をリスナーの皆さんと一緒に実際に音を聴いて検証してみましょう。そしてPSVANE WE211とWE845でお送りするのはオーディオマニア必携の超高音質音源!年末スペシャルダブル企画です![再放送=28日]

12月7日の曲目 21日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【「大橋慎の真空管・オーディオ本当のはなし」プレゼント!(10名様)】
番組のエッセンスをギュッと1冊に詰め込んだ、真空管・オーディオの新しい教科書が登場!ミュージックバードのリスナー10名様にプレゼントします。

<応募方法>
 ①郵便番号・ご住所 ②お名前 ③年齢 ④番組への感想
 を明記の上、下記アドレスまでご応募ください。
 audio@musicbird.co.jp
 件名「真空管の本プレゼント」係まで。 締め切りは12月21日必着。
 発表は発送をもって代えさせていただきます。



大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管・オーディオ大放談
真空管・オーディオ大放談
(前列左から)北村氏、生島店長
11月23日/イマドキの若者が選ぶナンバーワン真空管アンプはこれだ!
 今回は、若きオーディオファンをスタジオにお招きします。若者のオーディオ離れ、またオーディオ機器の高価格化への懸念が叫ばれる中、イマドキの若者は真空管アンプをどう見ているのか?聴くソースで真空管アンプの音はどう聴こえているのか?・・をリスナーの皆さんと一緒に体験するドキュメンタリーです。次世代を担う若きオーディオファンの背中を皆で押してあげましょう。登場する「イマドキの若者」は10月に発売された雑誌『管球王国 90号』の「SV -S1616D(多極管仕様)キットを大学生が作る 製作リポート」(6ページ)で真空管アンプキットに初挑戦し、見事完成した荒川大輔さん。彼が組んだSV-S1616D/多極管仕様だけでなく、様々なアンプを荒川さんに聴いて頂いて、真空管アンプの豊かな楽器性と現代ソースとのマッチングについて考えてみたいと思います。(大橋)[再放送=30日]
【試聴アンプ】
1)SV-S1616D/多極管仕様 ①EL34 ②6550 or KT88
2)SV-S1616D/300B仕様 ③PSVANE 300B
3)SV-P1616D/多極管仕様 ④6L6GC ⑤KT120
4)SV-P1616D/300B仕様 ⑥Prime 300Bver.4
5)SV-S1628D ⑦PSVANE 211 ⑧PSVANE 845

11月9日/LPマスタリングのマジックと音の秘密に迫る
 今回はスペシャル企画。CD派/ハイレゾ派/アナログ派…すべてのオーディオファン必聴の2時間です。もちろんそれぞれに良さがある訳ですが、今日は音作りの最前線でアナログの音に賭けた二人のプロに番組に登場いただき、究極のアナログ音源の魅力と、そのプロセスを深くえぐっていこうと思います。ゲストはカッテング・エンジニア北村勝敏氏(MIXER'S LAB/WARNER MUSIC MATERING)・ディスクユニオンjazzTOKYO 生島昇店長。同音源によるCD/ハイレゾ/デジタルの音源比較はもちろん、いままで世に出ることのなかったアナログならではの音作りの隠されたノウハウと、その魅力についても余すことなく明らかにしていきます。(大橋)[再放送=16日]
【試聴音源】
①「MIXER'S LAB SOUND SERIES VOL.2」 SSAR-014
 「MIXER'S LAB SOUND SERIES VOL.3」(2018年9月発売) SSAR-036
②「Laidback2018/井筒香奈江」 LB-LP050 2018年10月発売 
 192kHz/32bit録音 北村カッティング 生島プロデュース
③「リクエスト/竹内まりや」WPJL-10079/80 
 2017年最新リマスター 2枚組アナログ(北村カッティング)
④「ビター・アンド・スウィート/中森明菜」WPJL-10090
 2012年リマスター 2018年最新カッティング(北村カッティング)

11月9日の曲目 23日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【発売中!「大橋慎の真空管・オーディオ本当のはなし」】
番組のエッセンスをギュッと1冊に詰め込んだ、真空管・オーディオの新しい教科書が登場!大橋氏の専門知識に裏打ちされた、真空管アンプを楽しみ尽くすための知恵の数々を堪能してください。
立東舎) 定価:2,160 円(税込)
<Amazon>オーディオ・ビジュアル部門1位!


大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。

真空管・オーディオ大放談
サンバレー・オーディオ 現行アンプ大集合!
10月12日/サンバレー・オーディオ、現行すべての300Bアンプを聴く
 現在サンバレーでラインナップされているシングル、プッシュプルの300Bアンプ全機種がスタジオに集合。それぞれの音質的特徴と各機種に込めた開発者の想いを熱く語ります。[再放送=19日]
JB-320LMSV-S1616D/300B
SV-2300LMSV-P1616D/300BSV-91B

10月26日/サンバレー・オーディオ、現行すべての多極管アンプと送信管アンプを聴く
 前回に続くサンバレー現行アンプ総まくりテスト第2弾!現在ラインナップされているサンバレー・オーディオの多極管アンプと送信管アンプ全機種がスタジオに集合、あらためて全機種の音を聴きながら、開発の歴史と想いのたけをしゃべらせていただきました。お聴きの皆さん、ぜひお好みの音をみつけてください。(大橋慎)[再放送=11月2日]
SV-S1616D/PENSV-P1616D/PENSV-8800SE ※真空管はKT88(KT90も用意)
SV-S1628DSV-284D ※真空管は845
使用プリアンプ:SV-300LB

10月12日の曲目 26日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【10月17日発売!
「大橋慎の真空管・オーディオ本当のはなし」】

番組のエッセンスをギュッと1冊に詰め込んだ、真空管・オーディオの新しい教科書が登場!大橋氏の専門知識に裏打ちされた、真空管アンプを楽しみ尽くすための知恵の数々を堪能してください。
立東舎) 定価:2,160 円(税込)
<Amazonで予約受付中>オーディオ・ビジュアル部門1位!


大橋慎

出演:大橋慎

真空管アンプキット中心の、株式会社サンバレー「ザ・キット屋」店主。2014年9月からブログ「オーディオ万華鏡(真空管徒然日記) 」を開始し、オーディオファンに人気を博している。真空管機器開発だけでなく、広い音楽知識を有しハイレゾ音源を真空管機器で鳴らす先駆者である。