121chTHE CLASSIC【Premium】

【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート


毎月第1・2(日)12:00~14:00
再放送=翌週(土)20:00~22:00 
【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
スヴェトリン・ルセフ
【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
竹澤恭子
【CLASSIC LIVE SELCTION:第1・2週】比類なき音色と称えられる楽器のマスターピースとして、歴代の名手たちに愛された「ストラディヴァリウス」。日本音楽財団は、この名器を優れた演奏家に無償で貸与しており、貸与者によるコンサートは、これまでミュージックバードでは特別番組としてご紹介してきました。財団が所蔵する貴重なコンサートの数々に未放送のコンサートも新たに加わり、レギュラー番組としてお届けします。放送は、財団が保有するストラディヴァリウスを製作年・楽器別に特集。日本音楽財団

<カンポセリーチェを聴く>
4月5日/①スヴェトリン・ルセフ ヴァイオリンリサイタル
 2018年4月18日の浦安音楽ホールで行われたスヴェトリン・ルセフのヴァイオリンリサイタルから。ブルガリアに生まれ、パリで学んだヴァイオリニストの彼らしいフランス音楽を中心としたプログラム。フランスの貴族、カンポセリーチェ公爵が所有していたということから名付けられたストラディヴァリウスで弾くにはぴったり。比較的新しい浦安音楽ホールでのライブ録音を。 曲目はこちら

4月12日/②竹澤恭子 ヴァイオリンリサイタル&竹澤恭子&江口玲チャリティコンサート
 前半は2009年12月8日のトッパンホールでのコンサートで竹澤恭子のリサイタル。名手との共演も多いイタマールゴランのピアノ。ブラームスのヴァイオリンソナタを中心としたじっくりと聴くプログラム。後半は2010年2月2日の石川県立音楽堂邦楽ホールでのチャリティーコンサート。こちらの共演は江口玲で、民俗色たっぷりのプログラムを。彼女の個性と相まって濃厚なストラディヴァリウスの響きをご堪能ください。 曲目はこちら

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【第3週】WORLD LIVE SELECTION
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル
小山ジャネット愛子

出演:小山ジャネット愛子

TOKYO FMをはじめ、ニュース・音楽・映画・バラエティ・クラシックまで幅広いジャンルのレギュラー番組を数多く担当。独自の声と語り口で、静かで落ち着いたナレーションを得意とする。 " ジャネット " はたんぱ時代にネーミングされたニックネーム。

【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
リサ・バティアシュヴィリ
<エングルマンを聴く>
3月1日/①「リサ・バティアシュヴィリ ニューイヤー・コンサート」&「スプリングコンサート」
 2004年1月27日の浜離宮朝日ホールでのニューイヤー・コンサートと2006年4月21日のサントリー小ホールでのスプリングコンサートはともにリサ・バティアシュヴィリの弾く「エングルマン」を存分に堪能できるプログラム。扱いの難しいストラディヴァリウスを完璧にコントロールして聴かせます。スプリングコンサートではヴィヴィアン・ハグナーの弾く「サセルノ」との共演も。 曲目はこちら

3月8日/②「リサ・バティアシュヴィリ ヴァイオリンリサイタル」&「ベンジャミン・ベイルマン ヴァイオリンリサイタル」
 前半は2011年12月6日のコンサートで引き続きバティアシュヴィリによる演奏。後半は彼女の次にこの「エングルマン」を貸与されたベンジャミン・ベイルマンの2017年6月21日のライヴ。どちらも会場は浜離宮朝日ホール。新旧二人の貸与者による「エングルマン」の音色をじっくりと聴き比べ。 曲目はこちら

3月15日/③アンコール・ウィズ・ストラディヴァリ2009
 11月5日、オーストリアのグラーツにあるヘルムート・リスト・ハレでのライヴ。バティアシュヴィリの弾く「エングルマン」をはじめ、「ウィルヘルミ」「ジュピター」「ムンツ」「カンポセリーチェ」、またチェロの「ロード・アイレスフォード」、そして「パガニーニ・カルテット」と貴重な10挺のストラディヴァリウスが勢揃い。この日は特別に英国王立音楽院よりヴィオラ「アーキント」も借用して、メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲やドヴォルジャークのテルツェットなどを演奏。豪華な共演をどうぞ。曲目はこちら

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【第3週】WORLD LIVE SELECTION
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル
小山ジャネット愛子

出演:小山ジャネット愛子

TOKYO FMをはじめ、ニュース・音楽・映画・バラエティ・クラシックまで幅広いジャンルのレギュラー番組を数多く担当。独自の声と語り口で、静かで落ち着いたナレーションを得意とする。 " ジャネット " はたんぱ時代にネーミングされたニックネーム。

【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
セルゲイ・ハチャトゥリアン
【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
アラベラ・美歩・シュタインバッハー
【CLASSIC LIVE SELCTION】ストラディヴァリウス・コンサート
石坂団十郎
2月2日/セルゲイ・ハチャトゥリアン ヴァイオリンリサイタル
 2019年4月20日浦安ホールでのライヴ録音をお届け。アルメニアのヴァイオリニスト、セルゲイ・ハチャトゥリアンが弾くのはストラディヴァリウスとともに名器の誉れ高い1740年製グァルネリ・デル・ジェス「イザイ」。アンコールでは故郷アルメニアの作品も演奏するなど、姉弟デュオの個性がグァルネリウスの響きと溶け合います。[再放送=8日] 曲目はこちら

2月9日/ブースを聴く
「アラベラ・美歩・シュタインバッハー ヴァイオリンリサイタル」「サマーコンサート2015」

 前半は2010年4月26日「アラベラ・美歩・シュタインバッハー ヴァイオリンリサイタル」。ドイツ人の父と日本人の母を持ち、ミュンヘンに生まれたシュタインバッハーは1716年製ストラディヴァリウス「ブース」を、ベートーヴェン、バッハとドイツのプログラムで。
 後半は「2015年7月9日の「サマーコンサート2015」。やはりシュタインバッハーの「ブース」と石坂団十郎の弾く1730年製チェロ「フォイアマン」との共演。石坂も日本人の父とドイツ人の母を持つボン出身のチェリスト。贅沢なストラディヴァリウス・デュオをたっぷりとお楽しみください。[再放送=15日] 曲目はこちら

※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

【第3週】WORLD LIVE SELECTION
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル
小山ジャネット愛子

出演:小山ジャネット愛子

TOKYO FMをはじめ、ニュース・音楽・映画・バラエティ・クラシックまで幅広いジャンルのレギュラー番組を数多く担当。独自の声と語り口で、静かで落ち着いたナレーションを得意とする。 " ジャネット " はたんぱ時代にネーミングされたニックネーム。