124chTHE AUDIO【Premium】

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ


(日)0:00~1:00
週毎のテーマによるゲストとの対談番組。音楽家はもちろんのこと、映像作家、写真家、小説家、詩人など多岐にわたり、幅広い分野から話題の人物が登場します。したがって音楽のジャンルもその都度様々で、クラシックや現代音楽、ワールド・ミュージック、演歌まで、多種多様に紹介。スタジオ・ライブや取材構成も随時ある不定形番組です。これまでに、東京のストリート・ミュージシャンを描いた「泳ぐ楽園・東京版」でギャラクシー大賞受賞、「アジアでカラオケOK!!」で民放連賞優秀賞受賞など、数々の賞に輝いています。
<TOKYO FMでも放送中!毎週日曜AM4:30~5:00> 過去の放送内容



2月3日/山村暮鳥のうた ゲスト:大野慎矢 菅原雄大
 「トラペ座」や「ママクリオ」など様々な活動をする音楽家、大野慎矢さんが14年前から続けている山村暮鳥(1884-1924)の詩に曲をつけて弾き語る活動を、初めてCDアルバム「山村暮鳥のうた」にまとめました。明治~大正時代を貧困と闘病の中で過ごしながら、キリスト教の布教活動に努める一方、詩作に励んだ暮鳥。人道的な作風を経て、晩年は温かい自然賛歌を平易な言葉で綴った彼の詩は、「おうい雲よ ゆうゆうと馬鹿にのんきそうぢゃないか~」で始まる「雲」が国語の教科書に載ったことで知る人も。大野さんの語るような歌、歌うような語りで、味わってください。代表作「雲」は大野さんのギター弾き語りと菅原雄大さんのチェロにより、スタジオ生演奏でお届けします。

2月3日の曲目 10日の曲目 17日の曲目 24日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。
田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
川島佳子(左)、アレハンドロ・ヴェラ(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
武久源造
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
(左から)クリス・スタウト、田中美登里、カトリオーナ・マッケイ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ママクリオ
1月20日/ラテンの誘惑
ゲスト:アレハンドロ・ヴェラ(ピアニスト)、川島佳子(文化事業プロデューサー)
 世界を舞台に活躍するメキシコ人ピアニスト、アレハンドロ・ヴェラを迎えて。2012、13、15、16年に日本ツァーを行った彼は、TV番組「エル・ムンド」にも出演。今回は台湾での演奏会の前後に日本に立ち寄りました。子供のころは、毎週末、母とともに国境を燃えてテキサス州にピアノのレッスンに通ったことも。その後、クリストフ・エッシェンバッハに認められてジュリアード音楽院で学んだ彼は、メキシコ人のプライドと同時に、国際感覚にもあふれています。ポンセやグラナドスの作品のほか、愛するロシア作品もお聞きいただきます。

1月27日/適正律クラヴィーア曲集第3弾/13番~18番をチェンバロとフォルテピアノで
ゲスト: 武久源造(鍵盤楽器奏者)

 あらゆる時代の鍵盤楽器に通じる武久源造さんが、還暦記念としてバッハの平均律クラヴィーア曲集を「適正律クラヴィーア曲集」としてCDリリースをスタートしたのは2017年。4回に分けてのリリースで、昨年暮れに第3弾が出ました!第1巻と第2巻の13番から18番を、第1巻はペダル付きチェンバロで、第2巻はジルバーマン・モデルのフォルテピアノで演奏しています。同じ調性を並べて聞く、という趣向も様々な発見があります。石神井公園駅近くにに引っ越したスタジオを訪問。聴き所を実際に弾きながら、解説します。神格化されたバッハではなく、人間味あふれるバッハ像が聴こえてきます。

1月6日/ベア・ナックル(素手の拳)~スコットランドのハープ、シェトランドのフィドル再び
ゲスト:カトリオーナ・マッケイ&クリス・スタウト 通訳:染谷和美

 スコットランドのハープ奏者、カトリオーナ・マッケイとシェトランドのフィドル奏者、クリス・スタウトのコンビが13年ぶりに当番組に登場。伝統をリスペクトしつつ、新しい表現に果敢に挑む姿は神々しい。アルバム・タイトル「ベア・ナックル(素手の拳)」の通り、丁々発止と渡り合あったかと思えば、針の穴に糸を通すような繊細な表現でも息の合ったところを見せる二人。スタジオでの生演奏もご披露します。2019年はこれを聞いて快調にスタート!

1月13日/ママクリオは「深みどり うすむらさき」ゲスト:ママクリオ
 古今東西の名曲・珍曲の数々を楽しくアレンジ・演奏するユニット「ママクリオ」はクリスチィヌ、うえむらまさゆき、オオノミチル、ロケット・マツの4人組。トラッド、讃美歌、歌謡曲……あらゆる名(迷)曲・珍曲&オリジナルを、おもちゃ楽器を織り交ぜながら、ゆるやかにさらりと演奏します。このほどリリースした3rdアルバムのタイトルは「深みどり うすむらさき」。メンバーを迎えて、日常に寄り添い、日常を異化する音楽観を伺います。「おひっこし」の生演奏も。
●ママクリオ 3rd アルバム「深みどり うすむらさき」発売記念ライブ
2019年1月16日(水)19:30~*下北沢ラ・カーニャ

1月6日の曲目 13日の曲目 20日の曲目 27日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
海老原政彦
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ザッハトルテ

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
ザッハトルテ&homeri店主・宮内友之氏

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
三浦一馬

トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
輝&輝
12月2日/北欧の先住民、サーミ人が太古から歌い続けるヨイクの魅力
~マリヤ・モッテンソン来日記念 ゲスト:海老原政彦(メタカンパニー)
 世界の様々な国の素敵な音楽を紹介してくれるメタカンパニーの海老原政彦さんを迎えて。ノルウェーから若きヨイク歌手、マリヤ・モッテンソンが来日しているのにちなんで、サーミ人が太古から歌い続ける“ヨイク”の魅力に迫ります。サーミ人はスカンジナビア半島北部などに暮らす先住民族。トナカイの放牧などを生業としてきましたが、その歴史は差別と迫害を受ける厳しいものでした。1970年代以降、自治権運動がおこる中で、その独自の唱法であるヨイクも復活の動きを見せ、1994年のリレハンメル・オリンピックでは開会式でヨイクの歌手が熱唱しました。来日中のマリヤ・モッテンソンのヨイクを中心に、映画で聞かれるヨイクを紹介していただきます。
来日公演情報はこちら

12月9日/四谷のカフェhomeriでザッハトルテ
ゲスト: ザッハトルテ、宮内友之(homeri店主)

 京都在住の「ザッハトルテ」はアコーディオンの都丸智栄、ギターのウエッコ、チェロの ヨース毛によるアコースティック・トリオ。2002年に結成し、年間約100本のライブを続けてきました。昨年15周年を迎えた記念として、2017年3月から1年間、毎月新曲を1曲、全国各地のカフェやバーなど異なる場所で録音してリリースするという「月録!音行脚~ザッハトルテは15年~」を敢行。ただいま録音場所へのお礼参りツァーの最中です。11月27日は「砂漠のメルヴィア」という曲を録音した四谷の小さな喫茶店homeriに参上。20人も入ればいっぱいのスペースで、熱い演奏を繰りひろげました。homeriの魅力は何といっても、その響きの良さと、インティメイトな雰囲気。生演奏やメンバーとhomeri店主へのインタビューも交えて、お届けします。

12月16日/ピアソラに捧ぐキンテート ゲスト:三浦一馬(バンドネオン奏者)
 若きバンドネオン奏者、三浦一馬を迎えます。タンゴの代表的な楽器であるバンドネオンで、バッハからガーシュウィンまでを編曲・演奏するなど、既成の概念にとらわれない意欲的な取り組みや、可能性を追求しています。田中は「クラシック界に新しい楽器が生まれた」と思っています。“神”とあがめるアストル・ピアソラがたどり着いた究極の編成、キンテート(五重奏団)を再現するべく、ヴァイオリンの石田泰尚をはじめとする兵どもと組んで、ピアソラ作品に挑戦、このほどアルバム「リベルタンゴ」を発表しました。踊れる音楽から脱出し、ジャズや現代音楽なども取り入れ、新しいサウンドに挑戦したピアソラの心意気が伝わります。演奏時間10分に及ぶ「五重奏のためのコンチェルト」をノーカットでお届けします。

12月23日/スタジオ・ライヴ・ハイライト2018
 今年、ゲストの方々がスタジオで聴かせてくださったステキなライヴで綴る「スタジオ・ライヴ・ハイライト2018」。若き女性津軽三味線デュオ「輝&輝」はポップな感覚も新しく、「本調子リミックス」を。ペーソスとアイロニーを含んだ言葉遊びが味わい深い平成の音曲師、上野茂都さんによる「春の嵐」。トゥバの音楽に魅せられ、毎年夏は3か月滞在して、ホーメイや楽器の修行をするという寺田亮平さんのオリジナル曲「メロディ」。ウクレレ・マスターという呼び名がふさわしいキヨシ小林さんは軽妙なキャラクターも楽しく、オリジナル曲「くじら山ボッサ」。普通のヴァイオリンより1オクターブ高い「ピッコロ・ヴァイオリン」の奏者、グレゴリー・セドフさんは「会津磐梯山」。スーパー・ギタリスト、カニサレスは、クラシックとフラメンコの両方の演奏に対応できるという特注ギターの演奏で「感受... ~妻の真理子に捧げる」。ヴァイオリンとマンドラのクレメンス・ビットマンとチェロのマティアス・バルトロメイによるプログレ・ストリングス「バルトロメイ・ビットマン」は卓越した演奏技術と、抜群のセンスによるオリジナル曲「ネプチューン」を披露してくれました。すばらしい音楽家たちに乾杯!

12月30日/忘年会2018 ゲスト:清水哲男(詩人)
 年末恒例、詩人の清水哲男さんとの忘年会。今年、傘寿(80才)を迎えた賢者の目に2018年はどのように映ったのでしょう。私たちは何を信じて生きていけばいいのか。賢者の言葉に耳を傾けよう!

12月2日の曲目 9日の曲目 16日の曲目 23日の曲目 30日の曲目
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。




田中美登里

出演:田中美登里

ミュージックバードプロデューサー。東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。