124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大友良英
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
「泳ぐ楽園・東京版」
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
「小笠原:リンクする歌の島」
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左から)高橋悠治、青柳いづみこ
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
井上敬三
音楽にジャンル分けなんかいらない!~30年間の蔵出し大放出!!
1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2019年で30周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年余の蔵出し大放出!!>
 12月はまず大友良英の出演回から。朝ドラ「あまちゃん」の音楽によってお茶の間でも一大ブームを巻き起こした大友良英は、ノイズやフリージャズなど実験音楽シーンを代表する音楽家。当番組への初登場は26年前、1995年1月14日です。まだインターネットが普及する前、西海岸に住むコンピューター・ミュージックの音楽家カール・ストーンと東京に暮らす大友が、DATに録音した音楽を往復書簡のように交換し合って作った音楽は、コミュニケーションそのものがテーマです。大音量のノイズを発する一方で、その頃すでに手掛けていた映画のサントラ(「青い凧」)で、心ふるわす抒情を描いた大友は番組の中で、「一貫性がないように聞こえるかもしれないが、映像に合わすのに“僕の音楽!”なんていう感じでやりたいとは全然思ってない。その人と何かやる中で、何かが生まれてくるっていう方が、僕にはずっと面白い仕事なんで」と語っています。島田雅彦の短編小説に大友が音楽をつけた「ミイラになるまで」や、相米慎二監督の遺作「風花」、魚喃キリコの原作を映画化した「Blue」のサントラをめぐっての回では、ひと、音、音楽、言葉、映像、すべてに心を開いて取り組む創作姿勢が語られます。さらに、故郷福島を取り戻すべく始めた「プロジェクトFUKUSHIMA!」への想いや、2011年8月15日のイヴェント・レポートからも、彼にとっての音楽とは、「人とつながること」というメッセージが聞こえてきます。
 1989年(平成元年)にスタートした「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」は様々な音楽や人との出会いを、一つ一つの番組に結実させてきました。12月13日~17日は「特別篇」として、これまでにギャラクシー賞などを受賞した番組を5本連続でお届けします。「ぶどう畑の天使たち」以外の4本は、いずれも音楽を新しい視点から見つめた作品ですが、制作しながらそれぞれ自分にとても大きな発見と気づきがありました。また、「ぶどう畑の天使たち」で若松孝二監督と訪ねた足利の「こころみ学園」と「ココファーム・ワイナリー」は知的障碍者がいかにこの世に生かされるか、という取り組みを実践し、“人間の幸せとは何か”という本質的な問いに、答えを授けてくれました。また、18日に放送する「今夜はマイクを離さない」はカラオケをテーマにしたドキュメンタリーとドラマとDJをミックスした冒険作です。
 12月20日からの6回は作曲家、高橋悠治の出演回。初めてのご出演の時は、田中が自分でインタビューするのは畏れ多く、大里俊晴さんに助っ人をお願いしたのですが、2回目以降はこわごわ自分でインタビューしています。田中の素朴な質問に、賢人はいつも深ーいお答えを返してくださいます。
 12月27日はSPのコレクターとして知られたクリストファー・N・野澤の出演回。SPで埋まったお宅に伺い、蓄音機の名器クレデンザーで戦前の日本の女性オペラ歌手の歌声を聞かせていただきました。
 そして暮れの4回は今は亡きサックス・プレイヤー井上敬三の出演回。53歳にしてデビュー、70才を越えてもフリー魂を貫いた井上敬三の生き方が音に表れます。

《大友良英》 ※()内は当時の放送日と大友以外のゲスト
・ 12月1日 太平洋音楽走行論 ( 95/1/14 ・ カール・ストーン )
・ 12月2日 ゆうべECM色の夢を見た ( 95/3/25 ・ 及川公生 小川美潮 細川周平 田中悠美子 島田雅彦 )
・ 12月3日 音の言葉、言葉の音~「ミイラになるまで」 ( 97/4/6 ・ 島田雅彦 )
・ 12月4日 大友良英のサンプリング・ウィルス計画 ( 97/4/20 )
・ 12月6日 まぜこぜの快楽~第2回ミュージック・マージュ・フェスティバル ( 97/9/28 ・ 松原幸子 )
・ 12月7日 サンプリング・ウィルス計画完結篇 ( 98/3/1 )
・ 12月8日 大友良英のサントラ愛 ( 01/1/14 )
・ 12月9日 僕のBlue時代/映画「Blue」公開にちなんで  ( 03/3/30 )
・ 12月10日 プロジェクトFUKUSHIMA!  ( 11/7/3 ・ 遠藤ミチロウ 和合亮一 )
・ 12月11日 プロジェクトFUKUSHIMA!現在進行形  ( 11/9/11 )

《特別編》 ※()内は当時の放送日とゲスト
<ギャラクシー選奨:第29回ギャラクシー賞>
・ 12月13日 宇宙からの波動 驚異のホーミー・コーラス『ハーモニック・クワイア』を立体音響で聴く! ( 91/8/24 ・ 三浦雅士 田中美登里 )
<ギャラクシー大賞:第31回ギャラクシー賞>
・ 12月14日 泳ぐ楽園・東京版 ( 93/6/26 ・ 三四朗 田中美登里 )
<ギャラクシー選奨:第35回ギャラクシー賞>
・ 12月15日 アジアでカラオケOK!( 97/5/18 ・ 大竹昭子 ホーキ・カズコ 田中美登里 )
<放送文化基金賞ラジオ番組賞:第26回(1999年度)>
・ 12月16日 ぶどう畑の天使たち( 99/5/30 ・ 若松孝二 川田昇 池上知恵子 )
<芸術祭個人賞:平成12年度(第55回)田中美登里>
・ 12月17日 小笠原:リンクする歌の島 ( 00/10/15 ・ 宮武希 RING LINKS他 )
・ 12月18日 今夜はマイクを離さない!~加羅尾景子の優雅な生活   ( 94/12/18 ・ 楠美津香 柿木康宏 木村達彦ほか )

《高橋悠治》 ※()内は当時の放送日と高橋以外のゲスト
・ 12月20日 高橋悠治、ゴルトベルク再び ( 04/10/31 ・ 大里俊晴 )
・ 12月21日 「世界音楽の本」の作り方 ( 08/3/23 )
・ 12月22日 作曲家とピアニストの間で ( 08/4/20 )
・ 12月23日 高橋悠治の肖像 ( 09/5/24 )
・ 12月24日 賢者の音楽 ( 10/3/14 )
・ 12月25日 音楽で生きていく ( 19/12/22 ・ 青柳いづみこ )

《クリストファー・N・野澤》 ※()内は当時の放送日
・ 12月27日 ニッポン・プリマドンナ物語 ( 96/3/30 )

《井上敬三》 ※()内は当時の放送日と井上以外のゲスト
・ 12月28日 デレク・ベイリーのCompany Week 白州'93 ( 93/9/11 ・ デレク・ベイリー(G)竹田賢一(大正琴)大倉正之助(大鼓)一噌幸弘(笛)吉沢元治(B)永田砂知子(Perc)沢井一恵(箏)大熊ワタル(Cl)巻上公一(Vo) )
・ 12月29日 井上敬三、71才のフリー ( 93/12/4 )
・ 12月30日 ロシアより愛をこめて ( 94/9/24 )
・ 12月31日 生きているってすばらしい! ( 01/11/18 ・ さがゆき(vo)早坂沙知(sax)竹澤悦子(筝)黒田京子(p)中村達也(ds)吉野弘志(Bass)副島輝人 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大里俊晴
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
2003年、リュック・フェラーリと大里。
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大嶋義実
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
2014年。エアフルート。
30年余の蔵出し大放出!!大里俊晴&大嶋義実
 11月17日は2009年に亡くなった音楽学者、大里俊晴(1958 - 2009)さんの13回忌。彼が出演した回19本を一挙アンコール放送します。年下の才能ある友人が若くして逝ってしまうというのは本当に残念なことですが、1989年から始まったこの番組の初期、1991年から何度も出演して、音楽への新しい耳を拓かせてくれました。大里さんが教えてくれたすてきな音楽の世界は、本やCD、そして番組という形で残りました。現代音楽、ノイズミュージック、民族音楽、ロックもポップスも縦横に語る彼の低音は色あせることがありません。私はいまだに、大里君だったらどうしただろうと思うことがしばしば。改めて彼の言葉に耳を傾けてみたいと思います。柔らかな耳と、シャイでお茶目な人柄を感じていただければ嬉しいです。
 そして11月23日からはフルーティスト、大嶋義実さんの回をアンコール。彼と初めて会ったのは1989年の「プラハの春音楽祭」取材の折。プラハ放送響の首席フルート奏者だった大嶋さんは、社会主義体制下のチェコスロバキアで、貴重な体験をいろいろした人です。消費されない音楽の良さもよく知ってるよね。

《大里俊晴》 ※()内は当時の放送日と大里以外のゲスト
・ 11月1日 愛と狂気の間に ( 92/3/28 )
・ 11月2日 フレンチ・ポップス、禁断の果実たち ( 94/2/26 )
・ 11月3日 ミュージカル・カメレオン~スティーヴ・ベレスフォード初来日 ( 94/11/5 ・  スティーヴ・ベレスフォード )
・ 11月4日 ヨシマツ音楽探偵団~ショスタコーヴィチの暗号大作戦 ( 95/6/1 ・ 堀川桂 吉松隆 (怪人16分音符) )
・ 11月5日 シャンソンも濡れる街角 ( 95/6/24 )
・ 11月6日 空想音楽図鑑[1]天国篇 ( 95/7/22 ・ 岩本晃市郎  )
・ 11月8日 空想音楽図鑑[2]地獄篇 ( 95/7/29 ・ 岩本晃市郎  )
・ 11月9日 録音の快楽~「リスボン物語」をめぐって ( 95/9/23 ・ 柳川 真法  )
・ 11月10日 ウソンコはイヤだ!~駿河台、吉祥寺フリー・ミュージック・スペース ( 95/12/9 ・ 小野寺明佳 佐藤隆史 ソノダサトシ )
・ 11月11日 ドクトル大里の電子音楽のススメ ( 97/3/23 )
・ 11月12日 過激にしてリリカルな20世紀 ~アンサンブル・モデルン来日にちなんで ( 98/8/23 )
・ 11月13日 シブヤ系をブッ飛ばせ!裏フランスの世界 ( 99/10/31 )
・ 11月15日 クセナキスの雲にのって/追悼特集 ( 01/3/11 )
・ 11月16日 諧謔とエロス ( 03/11/23 ・ リュック・フェラーリ  )
・ 11月17日 高橋悠治、ゴルトベルク再び ( 04/10/31 ・ 高橋悠治  )
・ 11月18日 シュトックハウゼンの「宇宙・音楽・心」~第21回東京の夏音楽祭2005 ( 05/6/5 )
・ 11月19日 AA ( 06/12/10 ・ 青山真治  )
・ 11月20日 アラン・ローマックス/アメリカン・ルーツ・ミュージックの探求 ( 07/12/16 )
・ 11月22日 田村夏樹&藤井郷子レクチャー・コンサート ( 08/12/14 ・  田村夏樹 藤井郷子 )

《大嶋義実》 ※()内は当時の放送日
・ 11月23日 48Kの響き~黄金のフルート ( 99/8/1 )
・ 11月24日 高崎・ベルリンコネクション ( 02/2/17 )
・ 11月25日 ワクワク・モーツァルト~モダン・フルートでピリオド奏法に挑戦! ( 08/7/27 )
・ 11月26日 年の始めはフルートから ( 11/1/2 )
・ 11月27日 音楽力が高まるヒミツの書 ( 12/2/5 )
・ 11月29日 ベルリンの壁崩壊25周年記念 チェコ・ビロード革命の中で 前篇・後篇 ( 14/11/9・11/16 )
・ 11月30日 ドビュッシーの魔法の笛 ( 19/2/17 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

30年余の蔵出し大放出!!ギター系&ひのまどか(音楽作家)
 10月1~23日からはギタリストの登場回をお送りします。クラシック・ギターの木村大、大萩康司から、モダン・フラメンコのカニサレス、ブルース・ギター、ボサノバまでギター音楽の幅広さを堪能できますよ。ソリストばかりでなく、ヴェーセンやザッハトルテ、ショーロ・クラブなどギターを含む凄腕アンサンブルもまた楽し!最近の田中の大お気に入りのギタリスト、「秩父前衛派」を名乗る笹久保伸さんも来局して、スタジオで生演奏を披露してくれました。
 10月25日からの6回は音楽作家・ひのまどかさんの回をアンコール。綿密な現地取材と豊富な資料によって紡ぎあげられた伝記物語は、作曲家の心の奥に迫り、大人から子供まで味わい深く読めるもの。バッハにショパンに会えた気がします。

《ギター系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 10月1日 ギターは素敵 ( 98/2/1 ・ 小川和隆 )
・ 10月2日 静かな音楽 ( 00/11/5 ・ つのだたかし )
・ 10月4日 大 二十歳 ギターと駆ける ( 02/3/17 ・ 木村大 )
・ 10月5日 現実はいろいろな色 ( 02/8/4 ・ レイ・サンドバル、宮田信 )
・ 10月6日 スティール・ギターの子守歌 ( 02/8/18 ・ 高田漣 )
・ 10月7日 巷で噂のブルース・ギタリスト ( 03/12/7 ・ 長見順 )
・ 10月8日 スウェーデンから初来日ヴェーセンを迎えて ( 04/4/18 ・ ヴェーセン )
・ 10月9日 今歌いたい歌/南に帰る ( 07/7/1 ・ つのだたかし アリエル・アッセルボーン )
・ 10月11日 京都のカフェからボンジュール! ( 08/3/30 ・ ザッハトルテ )
・ 10月12日 三つ巴で20年/結成20周年のショーロクラブ ( 09/8/9 ・ ショーロクラブ )
・ 10月13日 ロマンチッ区にパン区に! ( 10/8/8 ・ ザッハトルテ )
・ 10月14日 フラメンコの飛翔 ( 10/9/5 ・ 沖仁 )
・ 10月15日 笛がむせび、ギターがなく~日本のうた ( 17/7/23 ・ 一噌幸弘、高木潤一 )
・ 10月16日 僕のギター明日への記憶 ( 17/9/17 ・ 笹久保伸 )
・ 10月18日 カニサレスのパッションと洗練 ( 18/5/6 ・ カニサレス )
・ 10月19日 ギターと駆ける大、再び ( 18/7/1 ・ 木村大 )
・ 10月20日 お茶の間トリップ ( 15/9/6 ・ ザッハトルテ )
・ 10月20日 四谷のカフェhomeriでザッハトルテ ( 18/12/9 ・ ザッハトルテ 宮内トモユキ )
・ 10月21日 ギターと声で絵と音楽の旅 前篇:追憶のスクリーン・ミュージック ( 20/4/12 ・ 波多野睦美 大萩康司 )
・ 10月21日 ギターと声で絵と音楽の旅 後篇:プラテーロとわたし ( 20/4/19 ・ 波多野睦美 大萩康司 )
・ 10月22日 ブラジルの水彩画 ( 94/9/3 ・ Nos(中村善郎 宮野弘紀) )
・ 10月23日 笹久保伸のSTAYHOME、秩父にて ( 20/10/4 ・ 笹久保伸、ガブリエラ・ベルトラミノ )
・ 10月23日 笹久保伸の『CHICHIBU』 ( 21/7/4 ・ 笹久保伸 )

《ひのまどか》 ※()内は当時の放送日
・ 10月25日 ノルウェーの森とフィヨルドから~グリーク生誕150年 ( 93/6/12 )
・ 10月26日 『戦火のシンフォニー』 ( 14/6/22 )
・ 10月27日 作曲家って、何者? ( 14/6/29 )
・ 10月28日 はじめて読むバッハ&ベートーヴェン ( 19/5/19 )
・ 10月29日 音楽家の伝記・前篇:シューベルト/歌うさすらい人 ( 20/6/7 )
・ 10月30日 音楽家の伝記・後篇:ショパン/わが心のポーランド ( 20/6/14 )

THE AUDIOオンエア曲リスト

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。