124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!~クラシック系>
 ジャンルを問わない当番組では、これまでにクラシックの音楽家や評論家にも多数ご登場いただいています。大野和士さん、高橋悠治さん、武久源造さんなど、何度もご出演いただいた方の回はこの時間帯でも特集的にアンコール放送してきましたが、10月&11月と12月の始めは、再放送していなかった方を中心に全60回、お届けします。羽田健太郎さん、宮本文昭さん、吉野直子さん、三浦一馬さん、LYNXなどの演奏家を始め、プロデューサーの新井鷗子さんや西巻正史さん、評論家の東条碩夫さん、永竹由幸さん、音楽学者の椎名亮輔さん、白石美雪さん、作家の島田雅彦さんまで多彩な顔触れです。音楽を聴くのはもちろん楽しいですが、音楽を語る言葉を聴くのもラジオならではの醍醐味ですよ。

《クラシック系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 10月1日 ジャパン・チェンバー・オーケストラ ( 93/11/20 ・ 本名徹二 矢部達哉 )
・ 10月2日 CDショップへ行こう、クラシックCD最前線 ( 94/4/23 ・ 松本大輔 )
・ 10月3日 日独音大生事情 ( 94/8/20 ・ 清水みぎわ 中村葉子 アレキサンダー・ドシェフ )
・ 10月5日 鍵盤に春が…ハネケンのピアノ春暦 ( 96/2/3 ・ 羽田健太郎 )
・ 10月6日 フェロモン・クラシック ( 96/2/10 ・ 島田雅彦 )
・ 10月7日 クラクラ・クラリネット ( 96/3/9 ・ 赤坂達三 )
・ 10月8日 火の鳥からテラへ ( 96/6/29 ・ 吉松隆、藤岡幸夫 )
・ 10月9日 若大将はマエストロ ( 96/7/27 ・ 藤岡幸夫 )
・ 10月10日 青の国のオーボエ吹き ( 96/11/24 ・ 宮本文昭 )
・ 10月12日 聖なる愛、平和の口づけ/四畳半作曲家・権代敦彦の夢 ( 97/3/9 ・ 権代敦彦 )
・ 10月13日 ヴィオラの花束をあなたに ( 97/4/13 ・ 今井信子 )
・ 10月14日 声の薬剤師~ドニゼッティ生誕200年 ( 97/11/23 ・ 永竹由幸 )
・ 10月15日 歌に生き、愛に生き~マリア・カラス没後20年 ( 97/11/30 ・ 永竹由幸 )
・ 10月16日 俺の季節が来たぜ! ( 98/5/3 ・ 藤岡幸夫 )
・ 10月17日 必殺クラシック仕掛け人 ( 99/1/31 ・ 新井鴎子 )
・ 10月19日 サチオとタカシのクラシック自由時間 ( 00/4/16 ・ 吉松隆、藤岡幸夫 )
・ 10月20日 すばらしき自然とともに/中田喜直の音楽 ( 01/2/25 ・ 中田佳彦 )
・ 10月21日 MUSIC FROM JAPANの28年 ( 02/12/8 ・ 三浦尚之 )
・ 10月22日 TOKYO FMアーカイヴズ~クラシック音楽のメディア ( 03/2/2 ・ 松前紀男 )
・ 10月23日 レザングル、クラシック曲がり角の女たち ( 03/2/23 ・ レザングル )
・ 10月24日 唄の癒しと安らぎ ( 03/4/6 ・ 佐野成宏 )
・ 10月26日 吉野直子Best of Best ( 03/4/20 ・ 吉野直子 )
・ 10月27日 VIVA!バーンスタイン ( 03/8/10 ・ 佐渡裕 )
・ 10月28日 フレンチ大好き ( 03/11/2 ・ 唐澤まゆこ )
・ 10月29日 古賀政男生誕百年記念 古賀メロ in ウィーン ( 03/11/16 ・ 藍川由美 )
・ 10月30日 マリンバってすごい!! ( 04/2/22 ・ 池上英樹 寺嶋陸也 )
・ 10月31日 来日直前!緊急特集!!ファイナル・パヴァロッティ ( 04/3/21 ・ 石戸谷結子 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

<30年間の蔵出し大放出!!8月&9月は空想世界旅行>
 コロナ禍による「STAY HOME」を余儀なくされる中、夏休みとはいえ、海外旅行は夢のまた夢。8&9月は、世界中の音楽をご紹介してきた当番組のアーカイヴズから、世界各地の音楽をお届けして、ヴァーチャルな世界旅行をお楽しみいただきたいと思います。「空想世界旅行」の行き先は、カリブ海を始め、ヨーロッパ、北アフリカ、ジャワ、アイスランド、インド、バルカン、アフリカ、イスタンブール、フィンランド、ルーマニア、トゥバ、ブラジル、アルゼンチン・・・魔法の絨毯に乗ったつもりで、自由自在に世界旅行をお楽しみ下さい。

《世界音楽》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 9月1日 氷の国の熱い音楽/アイスランドの音楽 (07/9/9 ・ 小倉悠加 )
・ 9月2日 ビートルズと旅するインド (07/11/18 ・ 井上貴子 )
・ 9月3日 ライスレコードの10年 (08/4/6 ・ 田中勝則 )
・ 9月4日 エジPOPにようこそ! (08/5/11 ・ 中町信孝 )
・ 9月5日 ネイティヴ・アメリカン・フルートが教えてくれたこと (08/5/18 ・ マーク・アキクサ )
・ 9月7日 Aurasiaはどこにある (08/10/12 ・ 神谷一義、三村京子、吉田悠樹、牧野琢磨、竹田和也 )
・ 9月8日 アニャンゴのケニア伝統音楽修行記 (09/10/11 ・ 向山恵理子(アニャンゴ) )
・ 9月9日 ジャワ・ガムラン受容史 (10/6/27 ・ 田村史子 )
・ 9月10日 スタッフ・ベンダ・ビリリ/もう一つのキンシャサの奇蹟 (10/9/19 ・ 飯村学 )
・ 9月11日 初めてのイスタンブール (10/10/31 ・ 若山ゆりこ )
・ 9月12日 チューバの知らせ (11/3/6 ・ 関島岳郎 )
・ 9月14日 2011夏の終わりのファンコット (11/8/28 ・ 高野政所(DJ JET BARON) )
・ 9月15日 サーミからヨイクの聖、日本に降臨 (12/4/8 ・ ハウクル・グンナルソン )
・ 9月16日 心と耳は世界にあった~Fethno小泉文夫没後30年 (13/12/1 ・ 佐々木翔太郎 的場昴樹 )
・ 9月16日 祝!オフノート20周年 (14/5/25 ・ 神谷一義 )
・ 9月17日 声の世界を旅する 前篇:いろんな声/後篇:みんなの歌 (14/9/14・21 ・ 増野亜子 )
・ 9月18日 僕たちの民族音楽~小泉文夫没後30年を超えて 前後篇 (14/10/26・11/2 ・ 華恵 佐々木翔太郎 )
・ 9月19日 「こどもの城」の30年 (15/3/29 ・ 飯田茂樹 )
・ 9月21日 北極圏で音楽と遊ぶ 前後篇 (15/8/23・30 ・ 野崎洋子 )
・ 9月22日 ルーマニアックな耳になる (15/9/20 ・ みやこうせい )
・ 9月22日 世界で一番小さなレーベル、THE MUSIC PLANT20周年! (16/10/16 ・ 野崎洋子 )
・ 9月23日 旅する音楽 共振する世界 (16/12/4 ・ 仲野麻紀 )
・ 9月23日 仲野麻紀の旅する音楽Vol.2 (18/11/25 ・ 仲野麻紀、ヤン・ピタール )
・ 9月24日 トラペ座 泥の海を渡って (17/6/25 ・ トラペ座 )
・ 9月25日 ピリ辛スウィンギー~バロンと世界一周楽団 (17/8/6 ・ バロン )
・ 9月25日 精霊との交感~秩父にて (17/8/20 ・ イルマ・オスノ )
・ 9月26日 トゥバに魅せられて (18/5/20 ・ 寺田亮平 )
・ 9月28日 ジプシー・ヴァイオリンに魅せられて (18/7/29 ・ 古館由佳子 )
・ 9月28日 肉体の声、蘇る「阿波の遊行」 (18/11/18 ・ 松崎信太郎 )
・ 9月29日 神楽坂で南米音楽 前後篇 (18/8/19・26 ・ 伊藤亮介(大洋レコード) )
・ 9月30日 蛇腹とチンドン (19/7/28 ・ 阿部万里江 )
・ 9月30日 ダルブッカに魅せられて (19/8/18 ・ TAKSEEMA )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

<30年間の蔵出し大放出!!8月&9月は空想世界旅行>
 コロナ禍による「STAY HOME」を余儀なくされる中、夏休みとはいえ、海外旅行は夢のまた夢。8&9月は、世界中の音楽をご紹介してきた当番組のアーカイヴズから、世界各地の音楽をお届けして、ヴァーチャルな世界旅行をお楽しみいただきたいと思います。「空想世界旅行」の行き先は、カリブ海を始め、ヨーロッパ、北アフリカ、ジャワ、アイスランド、インド、バルカン、アフリカ、イスタンブール、フィンランド、ルーマニア、トゥバ、ブラジル、アルゼンチン・・・魔法の絨毯に乗ったつもりで、自由自在に世界旅行をお楽しみ下さい。

《世界音楽》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 8月3日 (月) ハイチのエネルギー (93/6/19 ・ 平井雅 )
・ 8月4日 (火) ユダヤの音楽 (94/6/4 ・ 近藤博隆 )
・ 8月5日 (水) ポルトガル、陽光と静寂 (94/10/1 ・ 石川純子 )
・ 8月6日 (木) 世界を聴いた男~小泉文夫 (95/11/4 ・ 岡田真紀 )
・ 8月7日 (金) バラッドで語れ (96/3/23 ・ 茂木健 )
・ 8月8日 (土) 南スペインの寅さん画家 (97/2/23 ・ 石井崇 )
・ 8月10日 (月) 世界一の雑踏・モロッコ (97/8/17 ・ 小林由明 )
・ 8月11日 (火) メコンの夢幻 (98/2/8 ・ 福田勝 )
・ 8月12日 (水) ノスタルジックな未来、キューバ (99/8/22 ・ 高橋政資 二田綾子 )
・ 8月13日 (木) Native (00/1/9 ・ 土取利行 )
・ 8月14日 (金) 腐葉土派のブルース (00/3/19 ・ 飯野和好 )
・ 8月15日 (土) イギリス人はつらいよ/エキセントリックのススメ (00/4/2 ・ カズコ・ホーキ )
・ 8月17日 (月) 心踊るマリンバ、マリンバ・トロピカーナ (00/5/14 ・ 小野雅司 )
・ 8月18日 (火) 極楽音楽システムVol.1/マルガ・サリ・コンサート (00/9/10 ・ 中川真(マルガ・サリ) )
・ 8月19日 (水) 極楽音楽システムVol.2/マルガ・サリ・コンサート (00/9/17 ・ 中川真(マルガ・サリ)野村誠 )
・ 8月20日 (木) キューバ音楽の真実 (01/4/8 ・ 八木啓代 吉田憲司 )
・ 8月21日 (金) キューバに恋して (01/7/15 ・ 二田綾子 高橋慎一 )
・ 8月22日 (土) 越境するメキシコ/チカーノ in L.A. (02/3/31 ・ 宮田信 藤村俊之 )
・ 8月24日 (月) ドキュメント・レコード (02/4/14 ・ 市川捷護 )
・ 8月25日 (火) ジャワのガムラン今昔物語 (03/7/6 ・ 田村史 )
・ 8月26日 (水) 炎のジプシー・ブラス、ファンファーレ・チョカリーア (04/7/4 ・ 川島恵子 )
・ 8月27日 (木) 浅草でDOO BEE! (05/9/25 ・ サダト 南部裕一 )
・ 8月28日 (金) パブロックで飲めや歌えや! (05/11/27 ・ クラシック・チャイムス )
・ 8月29日 (土) クラブ・ボリウッドへようこそ! (06/6/25 ・ サラーム海上 )
・ 8月31日 (月) トリビュート・トゥ・ハムザ (07/5/6 ・ 高田みどり 林英哲 本條秀太郎 おおたか静流 中村とうよう )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。