124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
音楽にジャンル分けなんかいらない!~30年間の蔵出し大放出!!
1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2019年で30周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!~映画三昧/町田良夫>
 4月1日から5月25日までは「映画三昧」! 古今東西の映画を語り、映画を聴く8週間。巨額の製作費、宣伝費を投入して作られるハリウッド映画とは一味も二味も違うセレクション、映画の無限の楽しみをどうぞご堪能あれ!!
 そして5月26日からの5回は町田良夫さんの登場回。もともと美術系の人だけあって、音・音楽への感性はとてもユニーク。カリブ海に縛られないスティールパンの響きや手作り楽器など、オルタナティヴな発想が魅力です。

《映画三昧》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月1日 トリノ国際映画祭グランプリ!「美式天然」のできるまで ( 06/1/8 ・ 坪川拓史 )
・ 5月3日 リュック・フェラーリの肖像を聴く ~『リュック・フェラーリ/ある抽象的リアリストの肖像』 ( 06/3/26 ・ 宮岡秀行 )
・ 5月4日 クラブ・ボリウッドへようこそ ( 06/6/25 ・ サラーム海上 )
・ 5月5日 「AA」 ( 06/12/10 ・ 青山真治 大里俊晴 )
・ 5月6日 青山真治のシネマ・クロニクル ( 06/12/17 ・ 青山真治 )
・ 5月7日 さそうあきらの音世界/映画「神童」 ( 07/4/1 ・ さそうあきら )
・ 5月8日 「トランシルヴァニア」公開/ガトリフの追いかけて ( 07/8/5 ・ 関口義人 )
・ 5月10日 キューバ式音楽本~「セブン・デイズ・イン・ハバナ」/「イラン式料理本」 ( 12/10/7・14 ・ 二田綾子、マナフィ綾子 )
・ 5月11日 映画「千年の愉楽」公開迫る!/若松孝二監督が遺作に託したメッセージ ( 13/3/3 ・ 井出真理 )
・ 5月12日 オレと若ちゃんのことを話そうか 前後篇 ( 13/10/13・20 ・ 足立正生 )
・ 5月13日 生命は踊る~水江未来の「ワンダー・フル!!」 ( 14/2/16 ・ 水江未来 )
・ 5月14日 伊福部昭の音楽 前篇:「ゴジラ」と伊福部昭 ( 14/8/24 ・ 木部与巴仁 )
・ 5月14日 「アルゲリッチ、私こそ、音楽!」 ( 14/10/5 ・ 青澤隆明 )
・ 5月15日 ニュープリント佐野史郎 前篇:ずっと音楽が好きだった/後篇:ずっと映画が好きだった~ゴジラと若松 ( 14/10/12・19 ・ 佐野史郎 )
・ 5月17日 李香蘭についてわたしが知っていること ( 14/12/14 ・ 四方田犬彦 )
・ 5月17日 大西信満 若松孝二を語る ( 15/10/11 ・ 大西信満 )
・ 5月18日 響きと音色の作曲家・武満徹の映画音楽 ( 16/2/7 ・ 高見一樹 )
・ 5月19日 その男、何者?~足立正生の「断食芸人」 ( 16/3/13 ・ 足立正生 )
・ 5月19日 映画『FAKE』をめく?って 森達也×武田砂鉄 ( 16/5/29 ・ 森達也 武田砂鉄 )
・ 5月20日 ジョージア映画祭  ( 18/9/23 ・ 原田健秀(岩波ホール) )
・ 5月21日 映画という刃/「止められるか、俺たちを」公開 ( 18/10/7 ・ 白石和彌 )
・ 5月22日 「福島は語る」を語る ( 19/2/24 ・ 土井敏邦 )
・ 5月24日 最後の瞽女、小林ハルの物語『瞽女GOZE』 ( 20/10/25 ・ 瀧澤正治 )
・ 5月25日 Cu-Bop ( 15/7/12 ・ 高橋慎一 二田綾子 )

《町田良夫》 ※()内は当時の放送日と町田以外のゲスト
・ 5月26日 エロクトロな世界 ( 04/2/15 ・ 杉本佳一  安永哲郎 )
・ 5月27日 風に吹かれてスチールパン ( 06/7/30 )
・ 5月28日 進化するスティールパン ( 09/3/22 )
・ 5月29日 音の粒、音の輝き/THE SPIRIT OF BEAUTY ( 10/11/14 )
・ 5月31日 Walk With Yoshio Machida/不思議サウンドの世界 ( 17/11/19 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

<30年間の蔵出し大放出!!~映画三昧>
 4月1日から5月25日までは「映画三昧」! 古今東西の映画を語り、映画を聴く8週間。巨額の製作費、宣伝費を投入して作られるハリウッド映画とは一味も二味も違うセレクション、映画の無限の楽しみをどうぞご堪能あれ!!

《映画三昧》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 4月1日 オキネシアへようこそ~映画「パイナップル・ツァーズ」 ( 92/4/25 ・ 照屋林助 「パイナップル・ツァーズ」の3監督 大竹昭子 )
・ 4月2日 人をうっとりとさせ、ユーモアで活気づけるマラン・マレの音楽~「めぐり逢う朝」 ( 93/2/13 ・ 大橋敏成 )
・ 4月3日 フランス映画社が教えてくれたステキなこと~追悼川喜多和子 ( 93/7/24 ・ 田山力哉 )
・ 4月5日 アマルコルド・フェリーニ ( 93/11/27 ・ 清水靖晃 細川周平 )
・ 4月6日 小津の魔法使い~生誕90年、没後30年 ( 93/12/11 ・ 清水哲男 )
・ 4月7日 映画「ピアノ・レッスン」をめぐって ( 94/1/29 ・ 波多野睦美 )
・ 4月8日 ベルリンの時~「時の翼にのって」 ( 94/5/7 ・ 上野俊哉 )
・ 4月9日 台湾夜市~「旅するパオジャンフー」 ( 95/10/21 ・ 柳町光男 )
・ 4月10日 美女と野獣~フィリップ・グラスの「美女と野獣」 ( 95/11/11 ・ 小沼純一 )
・ 4月12日 ディズニーランドを右に見て~「日本製少年」 ( 95/11/25 ・ 及川中 )
・ 4月13日 バルカンは世界のへそか?~「アンダーグラウンド」&「ユリシーズの瞳」 ( 96/4/6 ・ 小野誠彦、柴宜弘 )
・ 4月14日 サバンナのルミエール~アフリカ映画祭97 ( 97/9/14 ・ 白石顕二 )
・ 4月15日 銀幕の調べ~伊福部昭の映画音楽 ( 97/11/16 ・ 木部与巴仁 )
・ 4月16日 "サイテー!"が好き~「ジャンク・フード」 ( 98/4/12 ・ 山本政志 )
・ 4月17日 華麗なるインド~『インド通信』の20年 ( 98/11/15 ・ 松岡環 臼田わか子  関口真理 小磯千尋 )
・ 4月19日 恋するフェイ・ウォン~「恋する惑星」 ( 99/2/14 ・ 丸目蔵人 )
・ 4月20日 シネマ屋、ブラジルを行く ( 99/4/18 ・ 細川周平 )
・ 4月21日 崔洋一の"クウネルイキル" ~「豚の報い」 ( 99/6/27 ・ 崔洋一 )
・ 4月22日 ラクゴ・デ・シネマ ( 00/3/12 ・ 立川志らく )
・ 4月23日 映画「式日」について ( 01/2/11 ・ 庵野秀明 藤谷文子 )
・ 4月24日 武満徹の映画音楽/武満徹没後5年 ( 01/2/18 ・ 細川周平 )
・ 4月26日 テルミン、ザ・レトロ・フューチャー~「テルミン」 ( 01/8/19 ・ 竹内正実 )
・ 4月27日 さわとみどり活弁ワールド ( 03/6/15 ・ 澤登  翠 )
・ 4月28日 レスリー・チャン追悼 ( 03/4/13 ・ 丸目蔵人 )
・ 4月29日 小津安二郎生誕100年記念~家族・世代交代 ( 03/12/28 ・ 清水哲男 )
・ 4月30日 サラーム海上さんと行く「愛より強い旅」ツァ~「愛より強い旅」 ( 05/12/4 ・ サラーム海上 )

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
テレサ・テン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
フェイ・ウォン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
レスリー・チャン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
フェラ・クティ
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
本橋成一 写真集「チェルノブイリからの風」
<30年間の蔵出し大放出!!~アジアの音楽/各務美紀/本橋成一>
 2013年10月にスタートしたアーカイヴズの放送も、すでに7年を超えました。何度も再放送した回もあるのですが、アジア関係の回を意外と放送していませんでした。3月は中国、香港、台湾、韓国などの音楽を扱った回を、まとめて再放送します。アジア・ウォッチャーを名乗る丸目蔵人さん、アジアの映画に詳しい松岡環さんを始め、チェン・ミンさんや劉宏軍さんなど、日本で活躍する中国人演奏家も登場します。今や世界制覇の勢いを見せる韓国音楽界の20年前の姿も興味深いです。また、中国本土、香港、台湾も前世紀とは異なる様相を見せている今、音楽をとおしてアジアに是非、目を向けてみてください。(1日~17日)
 3月22日からの5回は、アフリカ音楽に肩入れするジャーナリスト、各務美紀さんの出演回をアンコール。アラスカのサケ工場で働いてお金を貯め、アフリカ取材を決行した冒険譚を始め、今この地球上でアフリカ人、そしてアフリカ人ミュージシャンの置かれている立場、状況への鋭い洞察と温かい眼差しに、田中は心動かされました。
 1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故から今年で35年。当時は遠いウクライナのことと思った人も、東日本大震災に伴う原発事故後は、そんなことは言っていられません。27日はチェルノブイリ原発とその被災地ベラルーシに通い、汚染地域に暮らす人々を取材した写真家、本橋成一さんの回をアンコール。本橋さんはその後、ドキュメンタリー映画『ナージャの村』も監督されました。東日本大震災と福島原発事故から10年の3月にお届けします。

《アジア系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 3月1日 汎アジア歌謡の今昔 ( 94/1/15 ・ 田中勝則 )
・ 3月2日 追悼テレサ・テン ( 95/5/27 ・ 松岡環 )
・ 3月3日 追いかけて香港 ( 97/1/26 ・ 水田菜穂 )
・ 3月4日 恋するフェイ・ウォン ( 99/2/14 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月5日 21世紀に送るアジアの風 ( 99/10/3 ・ 大木雄高 )
・ 3月6日 新春に舞う古箏 ( 01/1/7 ・ ウー・ファン )
・ 3月8日 韓国が知りたい ( 01/2/4 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月9日 二胡の調べにのせて/私の願い ( 01/6/17 ・ チェン・ミン )
・ 3月10日 サッカー・ワールド杯記念、日韓共催特集 ( 02/1/13 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月11日 在日中国人演奏家大集合 ( 02/2/10 ・ 劉宏軍 )
・ 3月12日 薔薇の薇風 ( 02/10/13 ・ 薇薇 )
・ 3月13日 台湾先住民族の音楽 ( 02/11/24 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月15日 シン・ポップ最前線 ( 02/12/1 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月16日 レスリー・チャン追悼 ( 03/4/13 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月17日 桜爛漫音楽祭2004/アジア楽士たちの春宴 ( 04/3/28 ・ 劉宏軍 アイティムラティ・トルハリ )
・ 3月18日 T-POP2004 ( 04/4/10 ・ 大須賀猛 生天目重毅 )
・ 3月19日 もっと知りたい韓国ドラマ ( 04/10/17 ・ 丸目蔵人 )
・ 3月20日 ASIAN HEALING ( 04/11/28 ・ ジャー・パンファン )

《各務美紀》 ※()内は当時の放送日と各務以外のゲスト
・ 3月22日 各務美紀の大冒険Vol.1~アラスカ経由西アフリカ行き ( 93/10/9 )
・ 3月23日 各務美紀の大冒険Vol.2~フェラ・クティに会いたくて、ナイジェリア行き ( 94/5/28 )
・ 3月24日 サリフ・ケイタ~アフリカを遠く離れて ( 96/5/4 )
・ 3月25日 アビブ・コワテ特集 ( 01/7/22 ・ 海老原政彦 )
・ 3月26日 Tete来日 ( 05/2/13 )

《本橋成一》 ※()内は当時の放送日
・ 3月27日 風の通り道 ( 95/4/22 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。