124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
音楽にジャンル分けなんかいらない!~30年間の蔵出し大放出!!
1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2019年で30周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!~音楽評論家・松山晋也/音楽写真家・木之下晃/ピアニストたち>
 実験音楽やワールドミュージックからクラシックまで、全方位的に音楽を聴きまくり続ける評論家、松山晋也。彼が『スタジオ・ボイス』の編集者だったころからのお付き合いです。その後、編集長を経てフリーに。最近はその勢力的なお仕事ぶりに恐れをなして、お呼びする機会を逸していたのですが、2017年の暮れは彼が敬愛するピエール・バルーの一周忌にちなんだCDのリリースに際して、12年ぶりにご出演いただくことができました。2月5日~13日は、1992年からご出演いただいた9回をアンコール放送します。ケルト色濃し!
 2月15日からの6回は音楽写真家、木之下晃さんの回をアンコール。音楽写真というジャンルが確立されたのは木之下さんの功績がものすごく大きいです。音楽家たちの仕事も素顔も至近距離で見続けた木之下さんが、仕事の流儀を語ります。
 2月22日からの6回は、ピアニストを4組(ザイラー夫妻、柴野さつき、小川典子、岡田敦子)ご紹介。それぞれに異なるやり方でピアノ音楽を展開する人たちの演奏と言葉に耳を傾けてみてください。

《松山晋也》 ※()内は当時の放送日
・ 2月5日 魂のヴァイオリン~イヴァ・ビトヴァ来日にちなんで ( 92/12/5 )
・ 2月6日 アイリッシュ・ハート・ビート ( 93/10/23 )
・ 2月8日 コモン・グラウンド~ケルトに恋して ( 96/9/7 )
・ 2月9日 永遠と野生/ケルト美術展にちなんで ( 98/4/19 )
・ 2月10日 「耳に残るは君の歌声」公開にちなんで ( 01/12/23 )
・ 2月11日 南の音楽~アルゼンチン音楽最新事情 ( 05/1/2 )
・ 2月12日 ファンファーレ・チョカリーアの村へ行った ( 05/5/29 )
・ 2月13日 ピエール・バルーとサラヴァの時代/1周忌に寄せて 前後篇 ( 17/12/3・10 )

《木之下晃》 ※()内は当時の放送日
・ 2月15日 バーンスタイン最後の演奏会 ( 92/10/10 )
・ 2月16日 消えた壁の10年 ( 99/12/5 )
・ 2月17日 「クラシック自由時間」木之下晃写真展「世界の巨匠101人」前篇 ( 05/7/24 )
・ 2月18日 「クラシック自由時間」木之下晃写真展「世界の巨匠101人」後篇 ( 05/7/24 )
・ 2月19日 「クラシック自由時間」写真家・木之下晃、武満徹を語る 前篇 ( 05/9/11 )
・ 2月20日 「クラシック自由時間」写真家・木之下晃、武満徹を語る 後篇 ( 05/9/11 )

《ピアニスト》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 2月22日 京都胡麻の里ピアノ物語 ( 94/1/22 ・ ザイラー夫妻 )
・ 2月23日 ペトロフに恋したピアノ姫 ( 96/11/3 ・ 柴野さつき )
・ 2月24日 ピアノで描く植物文様 ( 01/3/4 ・ 柴野さつき )
・ 2月25日 グレインジャーの音楽 ( 01/11/11 ・ 柴野さつき )
・ 2月26日 元気ピアニスト、小川典子 ( 97/10/12 ・ 小川典子 )
・ 2月27日 神への飛翔~最後のロマンティスト、スクリャービンの夢 ( 97/11/2 ・ 岡田敦子 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
竹澤悦子(中央)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左から)溝入敬三、竹澤悦子
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
梅津和時
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
こまっちゃクレズマ
<30年間の蔵出し大放出!!~竹澤悦子/梅津和時>
 2021年の新年はまず「イマココ」な箏プレイヤー、竹澤悦子さんの出演回18回をアンコール。生田流の箏奏者である彼女は、沢井忠夫、一恵夫妻の門下。コンテンポラリーな活動を早くから展開した夫妻の影響もあってか、彼女にとってはジョン・ケージ、高橋悠治、クロノス・クァルテットなどが神様的な存在です。アンビエントな美しさを持つ吉村弘作品には、箏のクヮルテット「KOTO VORTEX 」でチャレンジ。90年代からライヴハウスにも進出し、他ジャンルの演奏家とも数多く共演しています。三味線伴奏で歌う地唄にも新境地を見せており、滑稽味を楽しむ「作物(さくもの)」というジャンルでは、杵屋正邦作の邦楽落語や新作にも挑戦!今という時間を呼吸し、未来へとつながる邦楽を模索しています。そんな竹澤さんの25年にわたる道のりを、たどってみてください。
 そして1月後半からは、サックス・プレイヤー梅津和時さんの回を16回。ジャズと言えば言えなくもないが、かつて生活向上委員会大管弦楽団で一世を風靡、その後、ドクトル梅津バンドを結成、以後DIVA、 シャクシャイン、ベツニ・ナンモ・クレズマなどのリーダーバンドを結成、 現在はKIKI BANDとこまっちゃクレズマ、新大久保ジェントルメンの3つのバンドを率いています。自己のバンドの活動と並行してRCサクセションのサポートでも知られていました。まあジャンルはどうでもいいやね。吹けるところがあったらどこにでも参ります的な身軽さと、気軽さは「いつだっていいかげん」という著書のタイトルに表れています。

《竹澤悦子》 ※()内は当時の放送日と竹澤以外のゲスト
・ 1月1日 音と音、箏と箏 ( 94/5/21 ・ KOTO VORTEX  吉村弘 )
・ 1月2日 箏とピアノのこと ( 96/8/31 ・ 板橋文夫 )
・ 1月4日 女の決闘、KOTO VORTEXの世紀末 ( 97/1/19 ・ KOTO VORTEX )
・ 1月5日 KOTO VORTEXと吉村弘 ( 05/7/3 ・  西陽子 丸田美紀 )
・ 1月6日 SAX MEETS KOTO  ( 07/10/14 ・ 川嶋哲郎  )
・ 1月7日 箏と私のコト/筝が奏でる美女伝説初演   ( 10/11/21 )
・ 1月8日 箏が奏でる美女伝説 箏協奏曲世界初演   ( 11/2/13 ・  大塚茜 )
・ 1月9日 邦楽落語「松山鏡」~"三味線で歌う"シリーズVol.2    ( 12/4/15 )
・ 1月11日 悦ちゃんの「へちま」前篇   ( 13/2/17 ・  佐草夏美 )
・ 1月11日 悦ちゃんの「へちま」後篇  ( 13/2/24 ・  佐草夏美 )
・ 1月12日 竹澤悦子のおかしな三味線 前篇 ( 13/11/17 ・  溝入敬三 )
・ 1月12日 竹澤悦子のおかしな三味線 後篇 ( 13/11/24 ・  溝入敬三 )
・ 1月13日 三味線で歌う ( 17/4/9 ・  向島ゆり子 )
・ 1月14日 伽耶琴は日韓の架け橋 前篇 ( 18/1/7 ・ 池成子  向島ゆり子 )
・ 1月14日 伽耶琴は日韓の架け橋 後篇 ( 18/1/14 ・ 池成子  向島ゆり子 )
・ 1月15日 哲学する犬は笑うか?/悦ちゃんの三味線で歌う再び ( 18/9/30 ・  溝入敬三 )
・ 1月16日 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」30周年記念~平成好音一代女/第5回:平成好音一代女 ( 19/5/5 )

《梅津和時》 ※()内は当時の放送日と梅津以外のゲスト
・ 1月18日 梅津和時の大仕事 ( 93/4/3 )
・ 1月19日 クラリネット大行進[1]クレズマ ( 93/9'18 ・ ピーター・バラカン  )
・ 1月20日 クラリネット大行進[2]世界のクラリネット音楽 ( 93/9/25 ・ ピーター・バラカン  )
・ 1月21日 ウチナー・ジンタ、浅草フロート ( 94/10/29 ・ 大工哲弘 )
・ 1月22日 おめでと行進~ベツニ・ナンモ・クレズマ ( 94/12/24 ・ 巻上公一 東京ナミィ )
・ 1月23日 ラヴ・ラヴ・ブラスバンド ( 96/1/27 )
・ 1月25日 梅津和時グループ、アジア珍道中 ( 97/3/16 ・ 太田惠資 )
・ 1月26日 有機栽培音楽 ( 00/3/5 ・ こまっちゃクレズマ&パスカルズ )
・ 1月27日 月光石のしっぽ/こまっちゃクレ2 ( 03/6/1 ・  多田葉子 )
・ 1月28日 如雷亦如露~金大煥記念・日韓文化芸術フェスティバル ( 04/11/7 ・ 大木雄高  )
・ 1月29日 無伴奏演歌/梅津和時、演歌を吹く ( 09/1/18 )
・ 1月30日 いつだっていいかげんに60年/祝!梅津和時還暦 ( 09/9/13 ・  多田葉子 )
・ 2月1日 こまっちゃクレズマの東北に捧ぐ ( 11/4/24 ・  多田葉子 関島岳郎 )
・ 2月2日 米仏中 震災追悼御礼ツアー・レポート ( 12/4/29 ・  多田葉子 菱沼尚生 )
・ 2月3日 生活向上委員会2016 ( 16/9/18 ・  原田依幸 )
・ 2月4日 こまっちゃ8年ぶりの新譜!koma DORADOは小さな宝島 ( 19/2/10 ・ こまっちゃクレズマ(、多田葉子、松井亜由美) )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
大熊ワタル
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
みわぞう(左)大熊ワタル(右)
<30年間の蔵出し大放出!!~栗コーダーカルテット/大熊ワタル>
 12月10日からは大人気、栗コーダーカルテットの出演回をお届けします。今やTVをつければ彼らの演奏が聴こえない日はないかもしれません。リコーダーやウクレレののどかな音色にちょっぴりスパイスも聞かせて、軽やかに遊ぶ音楽は、大人も子供も大好きです。
 12月14日から31日までは、大熊ワタルさんの出演回をアンコール放送します。彼がこの番組に初登場したのは1993年の1月、サックスプレイヤー篠田昌已さんの追悼番組でした。1960年広島県生まれの大熊さんは、アヴァンギャルド・ロックに端を発し即興音楽を織りまぜた幅広い音楽活動を展開しています。チンドン楽士としてのキャリアも長く、自らのバンド、シカラムータ、ジンタらムータの他、絶対零度、ルナパーク、コンポステラ、ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、A-MUSIKなどにも参加。3.11東日本大震災に続く原発事故以降は、脱原発運動を音楽で牽引する活動も行っています。また、早くからクレズマーに注目し、ユダヤ系音楽にもコミットしています。およそ30年にわたる活動を一気に。公私ともにパートナーであるみわぞうさんとの共演も。

《栗コーダーカルテット》 ※()内は当時の放送日
・ 12月10日 栗のこころ ( 04/9/4 )
・ 12月11日 ウクレレ栗コーダー ( 06/7/23 )
・ 12月12日 いつの間にやら15年… ( 09/11/8 )

《大熊ワタル》 ※()内は当時の放送日と大熊以外のゲスト
・ 12月14日 ストリートでまた会おう!~篠田昌已追悼 ( 93/1/30 ・ 竹田賢一ほか )
・ 12月15日 カンパニー・ウィーク白州'93 ( 93/9/11 ・ デレク・ベイリーほか )
・ 12月16日 山陰系 ( 98/3/22 )
・ 12月17日 ちんどん ( 01/8/26 )
・ 12月18日 風に吹かれて、ちんどん/第2回全国ちんどん博覧会レポート・前篇「親方篇」 ( 01/11/25 )
・ 12月19日 風に吹かれて、ちんどん/第2回全国ちんどん博覧会レポート・後篇「若手篇」 ( 01/12/2 )
・ 12月21日 ハードコアヂンタの夜明け ( 04/5/30 )
・ 12月22日 東京ちんどん、その大いなる継承/第5回全国ちんどん博覧会 ( 07/8/26 ・ 高田洋介 )
・ 12月23日 ワールド盆踊り/シカラムータの「裸の星」 ( 10/2/7 )
・ 12月24日 ストリートでまた会おう!Vol.1~アーリー・ワークス ( 14/3/9 )
・ 12月25日 ストリートでまた会おう!Vol.2~シカラムータの20年・前篇 ( 14/3/16 )
・ 12月26日 ストリートでまた会おう!Vol.3~シカラムータの20年・後篇 ( 14/3/23 )
・ 12月28日 ジンタらムータの「怒りの日」 ( 14/9/28 ・ みわぞう )
・ 12月29日 あれから7年の3.11~大熊ワタル ON THE STREET ( 18/3/11 ・ みわぞう )
・ 12月29日 みわぞうブレヒトを歌う ( 18/3/18 ・ みわぞう )
・ 12月30日 「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」30周年記念~平成好音一代女/第2回:ストリートでまた会おう! ( 19/4/14 ・ 細川周平 )
・ 12月30日 花のチンドン/高田光子さんを偲んで ( 19/6/30 )
・ 12月31日 Kleztival出演レポート~国際ユダヤ音楽祭2019inサンパウロ ( 20/1/12 ・ みわぞう )

THE AUDIOオンエア曲リスト


田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。