124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
RING LINKS
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
イ・ワヤン・ロチェン(左) 皆川厚一(右)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
平野恵理子(左) 山内雄喜(右)
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
サンディーブンブン
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

音楽にジャンル分けなんかいらない!~30年間の蔵出し大放出!!
1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2019年で30周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら



<30年余の蔵出し大放出!!~島の音楽>

今年の梅雨明けはいつになるでしょう。本格的な夏をイメージして、7月は島の音楽をお届けします。
まず1日は東京都でありながら、南に1000キロ離れたところに浮かぶ小笠原の音楽。竹芝桟橋から船で24時間の島はかつてミクロネシアの島々と定期航路で結ばれ、人も文化も普段の交流がありました。そんな歴史が取り持つ不思議な歌の秘密に迫ります。
2日はオーストラリアの先住民族“アボリジニ”の文化に魅せられた作家・谷村志穂のノーザンテリトリーの旅の記録「時のない島」をめぐって。著者とディジュリドゥの奏者チャーリー・マクマーンが出演。
4日から16日はバリの音楽を特集。バリでガムランの修業をした皆川厚一、飯田茂樹、ロチェン氏などバリのガムラン名人、舞踊家、儀礼音楽の研究者、MIDIで新しいバリ音楽を作る音楽家などが出演、バリを様々な角度から体験するチャンスです。スタジオでのエキサイティングなライヴもお楽しみに。
18日から25日はハワイ特集で脱力していただきましょう。山内雄喜と平野恵理子のウクレレ、大工哲弘の移民の歌、サンディーが誘うスピリチュアルなハワイなど。
26日から30日の5日間は「奄美系」。奄美の島唄をプロデュースする森田純一さんの回が4回、29日は今や奄美の島唄を代表する歌手に成長した中村瑞希とメジャーデビュー前の中孝介らが出演。スタジオでのライヴも必聴です!
 
《島へ~小笠原篇》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月1日 Musicbird Special 小笠原:リンクする歌の島 ( 00/10/15 ・ 宮武希、RING LINKSほか )
・ 7月2日 時のない島 ( 95/4/15 ・ チャーリー・マクマーン 谷村志穂 )
 
《島へ~バリ篇》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月4日 1930年代のバリ~熱帯の旅人コリン・マクフィー ( 90/11/3 ・ 大竹昭子 )
・ 7月6日 心はいつもバリ~僕のガムラン武者修行 ( 94/7/23 ・ 皆川厚一 飯田茂樹 )
・ 7月7日 一人で三人分~バリのガムラン名人ロチェン氏登場 ( 95/7/15 ・ イ・ワヤン・ロチェン イ・クトゥットゥ・スカヤナ 飯田茂樹・彰子 )
・ 7月8日 第2回世界ガムラン・フェスティバル ( 96/3/2 ・ 飯田茂樹 武藤智子 )
・ 7月9日 耳が悦ぶバリ・エステ ( 97/8/3 ・ 大竹昭子 )
・ 7月11日 真理ちゃんのバリ島留学記 ( 00/4/9 ・ 鍋島真理 )
・ 7月12日 バリ舞踊に選ばれて ( 00/11/26 ・ 小谷野哲郎 )
・ 7月13日 真理ちゃんのバリ島留学記PART2、デンポス・アワード ( 01/4/15 ・ 鍋島真理 )
・ 7月14日 真理ちゃんのバリ島留学記番外編~MIDIでガムラン ( 01/12/9 ・ 鍋島真理、カデ・スアルダナ )
・ 7月15日 バリの若きダランとグンデル奏者 ( 05/8/7 ・ 鍋島真理、マルディコ・ブアナ、カデ・ブディ・セティアワン、クトゥット・スカヤナ、コマン・アリアワン、ワヤン・スプラプタ )
・ 7月16日 カデとワヤン ( 05/11/20 ・ Kadek、皆川厚一 )
 
《島へ~ハワイ篇》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月18日 ハワイのヒロでウクレレポロン ( 93/2/20 ・ 平野恵理子 )
・ 7月19日 ハワイのマンナン・ライフ ( 97/8/10 ・ 山内雄喜 )
・ 7月20日 いつも心にスラックを ( 98/6/21 ・ 山内雄喜 平野恵理子 )
・ 7月21日 ウクレレな気分 ( 99/7/18 ・ 山内雄喜 )
・ 7月22日 ハワイの3にんぐみ ( 00/7/16 ・ 山内雄喜 笹尾俊一 )
・ 7月23日 蓬莱行 ( 03/2/9 ・ 大工哲弘 )
・ 7月25日 フラとカリンバで飛らら ( 10/6/6 ・ サンディーブンブン )
 
《島へ~奄美篇》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月26日 唄の島・奄美 ( 02/7/28 ・ 森田純一 )
・ 7月27日 奄美発マリカミズキ ( 04/5/16 ・ 森田純一 )
・ 7月28日 アマミノシマウタ ( 05/1/23 ・ 森田純一 )
・ 7月29日 ウタのDNA~奄美のシマ唄 ( 05/4/3 ・ 中村瑞希 中孝介 山田葉月 )
・ 7月30日 アマミノシマウタ三昧 ( 07/1/21 ・ 森田純一 )

 

THE AUDIOオンエア曲リスト

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

<30年余の蔵出し大放出!!~東京街歩き>

5月30日から6月18日までは「東京街歩き」と題して、スタジオを飛び出して東京の街をお散歩したプログラムをお届けします。家族・友人・恋人、そして一人の人も思い思いに時を過ごす井の頭公園をシンガーソングライターの曽我部恵一が歩きます。
東京の地下に網の目のように張り巡らされた地下鉄。昭和二年(1927年)に最初の地下鉄が走って70年の記念年(1997年)の取材番組など、作家の大竹昭子さんとは東京を様々な角度から見て歩きました。尾根と谷を結ぶ坂を歩き、永井荷風のたどった道を歩きます。
だみ声の酔いどれ歌手、トム・ウェイツに似合う街は?浅草はいかがでしょう。
東京から南に1000キロの小笠原諸島も東京都です。この島には南洋の島々との交流から生まれたちょっと不思議な歌があります。その秘密にも迫ります。
6月21日からはサックス・プレイヤーの坂田明さんの出演回9回を。決してブレない姿勢と、一つ所にとどまらない表現方法には、頭が下がります。
 
《東京街歩き》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月30日 新宿アンモ・ナイト~寺山修司と歩く1995年の新宿 ( 95/5/29 ・ 川村万梨阿 安彦麻理絵 他 )
・ 5月31日 小笠原:リンクする歌の島 ( 00/10/15 ・ 宮武希 リングリンクス )
・ 6月1日 浜辺のアインシュタイン、或いは天王洲のアインシュタイン ( 92/10/3 ・ 竹田賢一 )
・ 6月2日 泳ぐ楽園・東京版 ( 93/6/26 ・ 三四朗 )
・ 6月3日 0メートルからのまなざし~東京水運物語 ( 94/8/6 ・ 瀬戸山玄 )
・ 6月4日 ぼくは散歩とラジオが好き ( 94/12/3 ・ 斎藤晴彦 他 )
・ 6月6日 中央線の呪い ( 95/1/21 ・ 三善里沙子 )
・ 6月7日 オン・ザ・ロード・アゲイン~音はいま郊外に向かう ( 95/5/13 ・ 延江浩 )
・ 6月8日 旅ではなぜかよく眠り ( 95/9/9 ・ 大竹昭子 )
・ 6月9日 ディズニーランドを右に見て~「日本製少年」公開にちなんで ( 95/11/25 ・ 及川中 )
・ 6月10日 ウソンコはイヤだ!~駿河台、吉祥寺フリー・ミュージック・スペース ( 95/12/9 ・ 大里俊晴 小野寺明佳 佐藤隆史 ソノダサトシ 植野隆司 )
・ 6月11日 ベイエリア、蜃気楼の街 ( 96/8/17 ・ 大竹昭子 )
・ 6月13日 公園がいいね~フォークな風景 ( 96/9/21 ・ 曽我部恵一 )
・ 6月14日 東京のビルの下、地下鉄(メトロ)は走る ( 97/12/28 ・ 大竹昭子 )
・ 6月15日 「わたし」が街に溶けて行く ( 99/4/4 ・ 大竹昭子 )
・ 6月16日 東京山の手ハイカラ散歩/高輪・白金台界隈 ( 99/10/17 ・ 大竹昭子 )
・ 6月17日 トム・ウェイツと浅草で ( 99/12/12 ・ 城山隆 )
・ 6月18日 日和下駄とスニーカー(45分) ( 12/9/23 ・ 大竹昭子 )
・ 6月20日 帝都クラシック探訪 前篇・後篇 ( 16/4/24・5/1 ・ 山崎浩太郎 片山杜秀 )
 
《坂田明》 ※()内は当時の放送日と坂田以外のゲスト
・ 6月21日 北の大地のハーモニー ( 92/12/12 )
・ 6月22日 坂田明の収穫祭 ( 94/11/26 )
・ 6月23日 雄叫びルネッサンス、坂田明の「どうでしょう!」 ( 97/5/11 )
・ 6月24日 ライブ!BASARASARA~遊びをせむとや~ ( 00/5/28 )
・ 6月25日 巣作りの音楽 ( 02/1/20 )
・ 6月27日 狂暴と優しさ  ( 06/5/14 )
・ 6月28日 フリーってなんだ? ( 07/9/16 )
・ 6月29日 坂田明の「平家物語」 ( 12/2/12 )
・ 6月30日 spaceoneプロジェクト ( 12/7/15 ・ 藤井郷子、巻上公一、田村夏樹 )
 

THE AUDIOオンエア曲リスト

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
知名定男&登川誠仁
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
板橋文夫FIT!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
マルチーズロック
<30年余の蔵出し大放出!!>

4月に続いて5月28日までは沖縄篇をお届けします。
ここ数年の沖縄は辺野古で進められる新基地建設のための埋め立て、首里城の火災など、大きな問題を抱えていますが、それを他県の人は他人事と言っていていいのでしょうか。
知名定男、古謝美佐子、大工哲弘といったベテランから、新良幸人、大島保克らの中堅、そして、よなは徹、池田卓、神谷千尋などの若手、琉球ディスコやU-DOU&PLATYのようにテクノやレゲエで沖縄を表現する若者まで、様々な歌い手が登場します。沖縄を心のふるさととして愛するピアニスト板橋文夫の回、さらに栄町市場でバー「生活の柄」を営むもりと率いるマルチーズロックまで、全方位沖縄アンコール。音楽を通して沖縄への共感が広がることを願っています。
 
《沖縄系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月2日 二十歳の沖縄 ( 03/5/25 ・ 神谷千尋 )
・ 5月3日 さとうきび畑から ( 03/6/8 ・ 寺島尚彦 )
・ 5月4日 琉球今昔 ( 03/9/14 ・ 大須賀猛 阿部一幸 )
・ 5月5日 三線連りてぃ ( 03/9/21 ・ よなは徹 )
・ 5月6日 旅の途中で「月虹」を見た ( 03/12/21 ・ 新良幸人 )
・ 5月7日 蘇るマルタカ・レコード ( 04/2/29 ・ 藤田正 )
・ 5月9日 オジイと俺と ( 04/5/2 ・ 知名定男 )
・ 5月10日 島への想い、島からの願い ( 05/3/27 ・ 池田卓 )
・ 5月11日 テクノで踊ろうカチャーシー ( 05/7/10 ・ 琉球ディスコ )
・ 5月12日 オキナワン・レゲエ ( 05/8/21 ・ U-DOU&PLATY )
・ 5月13日 琉球フェスティバル10周年 ( 05/9/18 ・ 阿部一幸 )
・ 5月14日 琉球フェスティバル2006 ( 06/9/03 ・ 阿部一幸 )
・ 5月16日 夏本番!沖縄から熱風が!!/琉球フェスティバル2007 ( 07/7/15 ・ 桑江知子 阿部一幸 )
・ 5月17日 Aurasiaはどこにある ( 08/10/12 ・ 神谷一義ほか )
・ 5月18日 廻る命 ( 08/10/19 ・ 古謝美佐子 )
・ 5月19日 沖縄で生まれたウタ ( 09/5/3 ・ 新良幸人 )
・ 5月20日 御祝さびら(うゆえさびら)~旧正月は青山で沖縄三昧! ( 10/1/10 ・ 阿部一幸(オフィス・マンディ)宮良牧子 仲宗根忍(オレンジクローバー) )
・ 5月21日 島渡る唄~"三味線で歌う"シリーズVol.3 ( 12/4/22 ・ 大島保克 )
・ 5月23日 M・A・B・U・I  ( 14/11/23 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 5月24日 板橋文夫、辺野古に行く                        ( 15/6/21 ・ 板橋文夫 )
・ 5月25日 板橋文夫の「辺野古へ行ったよ!」                   ( 15/6/28 ・ 板橋文夫 )
・ 5月26日 マルチーズロックめいどいん栄町市場  ( 10/6/20 ・ マルチーズロック )
・ 5月27日 マルチーズロック ダウンタウンパレード  ( 16/9/11 ・ マルチーズロック )
・ 5月28日 新しい島唄の誕生/マルチーズロックの「音舟」 ( 18/8/5 ・ もりと(マルチーズロック) )
 

THE AUDIOオンエア曲リスト

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。