124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
片山杜秀
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
片山杜秀&高橋源一郎
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
古謝美佐子
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
大島保克
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
マルチーズロック
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!~片山杜秀/沖縄系>
 2月1日~13日は政治思想史研究者にして音楽評論家でもある片山杜秀さんの回をアンコール。初登場は1996年、生誕110年の山田耕筰について語りました。片山さんの音楽行脚の原点は、伊福部昭をはじめとする怪獣映画の音楽ですが、その後の音楽聴取は「レコード巡礼」という言葉に集約されるかと思います。
 沖縄にあなたはどんな思いをお持ちでしょうか。辺野古で進められる新基地建設のための埋め立て、首里城の火災。2019年は沖縄が全国的に話題になった年ではありましたが、それは自分たちのことなのかどうか・・・当番組では沖縄の音楽を折に触れて取り上げてきました。2月14日からは23回分を放送します。知名定男、古謝美佐子といったベテランから、新良幸人、大島保克らの中堅、そして、よなは徹、池田卓、神谷千尋などの若手、琉球ディスコやU-DOU&PLATYのようにテクノやレゲエで沖縄を表現する若者まで、様々な歌い手が登場します。名曲「さとうきび畑」の作詞作曲者である寺島尚彦や、沖縄を心のふるさととして愛するピアニスト板橋文夫の回もアンコール。

《片山杜秀》 ※()内は当時の放送日と片山以外のゲスト
・ 2月1日 (土) 名はコサック、心はスキゾ~山田耕筰生誕110年 (96/6/8 )
・ 2月3日 (月) 戦争と音楽 (96/6/15 )
・ 2月4日 (火) チェレプニン を知っていますか (00/2/27 )
・ 2月5日 (水) 輸入盤生活のススメ (02/7/21 )
・ 2月6日 (木) ベリオ追悼 (03/6/22 )
・ 2月7日 (金) よみがえる大澤寿人 (04/6/20 )
・ 2月8日 (土) 音楽は読むことと見つけたり (10/2/28 )
・ 2月10日 (月) ゴジラと日の丸 (11/1/30 )
・ 2月11日 (火) 音楽はニッポンを救えるか!?「線量計と機関銃」出版記念 (12/8/25 )
・ 2月12日 (水) 麻木久仁子と片山杜秀の年忘れ時事放談 (12/12/16 ・ 麻木久仁子  )
・ 2月12日 (水) 片山杜秀のレコード巡礼/『現代政治と現代音楽』刊行記念 (13/12/15 )
・ 2月13日 (木) 帝都クラシック探訪 前篇/新橋~銀座~有楽町 (16/4/24 ・ 山崎浩太郎 )
・ 2月13日 (木) 帝都クラシック探訪 後篇/日比谷界隈 (16/5/1 ・ 山崎浩太郎 )

《沖縄系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 2月14日 (金) 二十歳の沖縄 (03/5/25 ・ 神谷千尋 )
・ 2月15日 (土) さとうきび畑から (03/6/8 ・ 寺島尚彦 )
・ 2月17日 (月) 琉球今昔 (03/9/14 ・ 大須賀猛 阿部一幸 )
・ 2月18日 (火) 三線連りてぃ (03/9/21 ・ よなは徹 )
・ 2月19日 (水) 旅の途中で「月虹」を見た (03/12/21 ・ 新良幸人 )
・ 2月20日 (木) 蘇るマルタカ・レコード (04/2/29 ・ 藤田正 )
・ 2月21日 (金) オジイと俺と (04/5/2 ・ 知名定男 )
・ 2月22日 (土) 島への想い、島からの願い (05/3/27 ・ 池田卓 )
・ 2月24日 (月) テクノで踊ろうカチャーシー (05/7/10 ・ 琉球ディスコ )
・ 2月25日 (火) オキナワン・レゲエ (05/8/21 ・ U-DOU&PLATY )
・ 2月26日 (水) 琉球フェスティバル10周年 (05/9/18 ・ 阿部一幸 )
・ 2月27日 (木) 琉球フェスティバル2006 (06/9/3 ・ 阿部一幸 )
・ 2月28日 (金) 夏本番!沖縄から熱風が!!/琉球フェスティバル2007 (07/7/15 ・ 桑江 知子 阿部 一幸 )
・ 2月29日 (土) Aurasiaはどこにある (08/10/12 ・ 神谷一義ほか )
・ 3月2日 (月) 廻る命 (08/10/19 ・ 古謝美佐子 )
・ 3月3日 (火) 沖縄で生まれたウタ (09/5/3 ・ 新良幸人 )
・ 3月4日 (水) 御祝さびら(うゆえさびら)~旧正月は青山で沖縄三昧! (10/1/10 ・ 阿部一幸(オフィス・マンディ)宮良牧子 仲宗根忍(オレンジクローバー) 崎枝大樹 植松創(BEE! BANG! BOO!) )
・ 3月5日 (木) 島渡る唄~"三味線で歌う"シリーズVol.3 (12/4/22 ・ 大島保克 )
・ 3月6日 (金) M・A・B・U・I  (14/11/23 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 3月7日 (土) マルチーズロックめいどいん栄町市場 (10/6/20 ・ マルチーズロック )
・ 3月9日 (月) マルチーズロック ダウンタウンパレード  (16/9/11 ・ マルチーズロック )
・ 3月10日 (火) 板橋文夫、辺野古に行く(15/6/21 ・ 板橋文夫 )
・ 3月10日 (火) 板橋文夫の「辺野古へ行ったよ!」 (15/6/28 ・ 板橋文夫 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
一噌幸弘
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
藤田六郎兵衛(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
坂田明(左)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
つのだたかし
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
つのだたかし(2014年)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
波多野睦美(左)
<30年間の蔵出し大放出!!~一噌幸弘/つのだたかし>
 2020年のお正月は、能楽一噌流笛方、一噌幸弘の回で幕開け(1月1日~11日)。伝統とアヴァンギャルドの境界を軽々と飛び越え、ハイブリッドな活動を展開する笛吹童子。能管、田楽笛、リコーダー、つの笛…。笛がどんどんフエていく。爆走する音楽はとどまるところを知らず!
 続く13日からは、自身の主宰するレーベル「PARDON」が30周年を迎えたリュート奏者、つのだたかしさんの回をたっぷりと。古楽器バンド「タブラトゥーラ」での活躍はもちろん、共演を重ねる歌手の波多野睦美さんや石丸幹二さんも登場して、こだわりとお笑い(?)の時をお楽しみください(~1月31日)。

《一噌幸弘》 ※()内は当時の放送日と一噌以外のゲスト
・ 1月1日 (水) 一噌幸弘+オタマジャクシ=♪♪♪ (06/1/15 )
・ 1月2日 (木) 爆走系!/一噌幸弘の笛の世界 (07/4/8 )
・ 1月3日 (金) 笛の巌流島/東西笛対決 (08/1/13 ・ 有田正広  )
・ 1月4日 (土) ココハドコ?ワタシハダレ?  (08/8/3 ・ 壷井彰久 )
・ 1月6日 (月) 咲くシャク (12/1/22 )
・ 1月7日 (火) 能楽堂へ行こう (14/5/18 )
・ 1月7日 (火) ブリュッヘン、わが心の師 (14/11/30 ・ 有田正広  )
・ 1月8日 (水) 親子三代で打つ天上のリズム、に一噌幸弘が挑戦! (16/3/27 ・ 井生明 )
・ 1月8日 (水) 南インドに魅せられて (16/4/3 ・ 井生明 )
・ 1月9日 (木) 一噌疾走 (16/7/17 ・ 坂田明 )
・ 1月9日 (木) 坂田明の「平家物語」 (16/7/24 ・ 坂田明 )
・ 1月10日 (金) 坂田&一噌の「鳥の歌」 (17/3/12 ・ 坂田明 )
・ 1月10日 (金) 一噌幸弘勝負公演「受け継がれる伝統 創造する伝統」 (17/6/18 ・ 藤田六郎兵衛 )
・ 1月11日 (土) 笛がむせび、ギターが泣く~日本のうた (17/7/23 ・ 高木潤一 )
・ 1月11日 (土) 伝統とアヴァンギャルド (19/4/21 ・ 坂田明 )

《つのだたかし》 ※()内は当時の放送日とつのだ以外のゲスト
・ 1月13日 (月) つのだたかしのでんでれでん、タブラトゥーラのお通りだい! (92/9/12 ・ 波多野睦美 )
・ 1月14日 (火) 愛について~イギリスのうた (94/12/10 )
・ 1月15日 (水) タブラトゥーラのタビラトゥーラ (96/2/17 )
・ 1月16日 (木) 去れ、夜ごとの悩みよ (97/10/26 ・ 波多野睦美 )
・ 1月17日 (金) ザビエルの音楽 (99/7/11 ・ 波多野睦美 )
・ 1月18日 (土) 静かな音楽 (00/11/5 )
・ 1月20日 (月) イスパニアの歌 (02/4/7 ・ 波多野睦美 )
・ 1月21日 (火) 15周年記念、第1回放送のゲストを迎えて~時どき静かに、時どきギャハハ つのだたかし (04/4/4 )
・ 1月22日 (水) ひとりの時間 ふたりの音楽 (05/1/16 ・ 波多野睦美 )
・ 1月23日 (木) ワン!ダフル 60 (06/3/12 ・ 波多野睦美 )
・ 1月24日 (金) 今歌いたい歌/南に帰る (07/7/1 ・ アリエル・アッセルボーン )
・ 1月25日 (土) 2008年は自転車に乗って/タブラトゥーラの「新しい自転車」 (08/1/27 ・ 波多野睦美 )
・ 1月27日 (月) コラーゲン・ヴォイス~声でお肌に潤いを (09/4/26 )
・ 1月28日 (火) 歌はことばから始まる (12/5/6 ・ 石丸幹二 )
・ 1月29日 (水) 時空を超えて放浪中~タブラトゥーラ結団30周年記念 前篇 (14/6/8 )
・ 1月29日 (水) 時空を超えて放浪中~タブラトゥーラ結団30周年記念 後篇 (14/6/15 )
・ 1月30日 (木) リクエストだよ タブラトゥーラ! (16/7/10 ・ 磯田秀人 )
・ 1月31日 (金) 祝パルドン・レーベル30周年 前篇/楽器一挺さらしに巻いて (19/12/8 )
・ 1月31日 (金) 祝パルドン・レーベル30周年 後篇/両手いっぱいに花 (19/12/15 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

<30年間の蔵出し大放出!!~ジャズ・ピアニスト板橋文夫>
 今月は当番組イチオシのアーティスト、ジャズ・ピアニスト板橋文夫の出演回を一挙放送。今年、古稀を迎えましたが、表現のエネルギーは衰えることを知りません。彼の心と音楽の故郷は渡良瀬、クラシック、本田竹広、沖縄…。ピュアな魂と人間への愛に溢れた板橋文夫の音楽を浴びてください。福島や辺野古への想いも載せて、番組オリジナルのライヴも満載です。沖縄ピアノひとり旅のドキュメントも必聴です。

《板橋文夫》 ※()内は当時の放送日と板橋以外のゲスト
・ 12月2日 (月) 【TWMWスペシャル】オレの直球人生~板橋文夫、沖縄ピアノひとり旅 (96/5/25 )
・ 12月3日 (火) 箏とピアノのこと (96/8/31 ・ 竹澤悦子  )
・ 12月4日 (水) お月さま~板橋文夫、沖縄ピアノひとり旅PART2 (97/10/5 )
・ 12月5日 (木) うたうピアニスト (99/6/13 )
・ 12月6日 (金) 板橋文夫シンフォニック・イン・ジャズPART1 ~エリントン編~ (99/11/21 )
・ 12月7日 (土) 板橋文夫シンフォニック・イン・ジャズPART2 ~渡良瀬編~ (99/11/28 )
・ 12月9日 (月) アフリカへ (00/6/11 )
・ 12月10日 (火) 一月三舟 (01/5/20 )
・ 12月11日 (水) ジャンボ!オブリガード!~ブラジル&アフリカツァー報告 (02/1/27 )
・ 12月12日 (木) 林栄一Vs板橋文夫  (04/4/25 ・ 林栄一 )
・ 12月13日 (金) オレの原点、渡良瀬、本田竹広・・・  (06/3/5 )
・ 12月14日 (土) 踊る板橋文夫 (06/12/3 )
・ 12月16日 (月) 時には母のない子のように2007 (07/11/4 ・ カルメン・マキ )
・ 12月17日 (火) WE 11 (08/9/14 )
・ 12月18日 (水) 板橋文夫流ジャズ・ピアノ入門 (09/9/6 )
・ 12月19日 (木) 板橋文夫plays Classic (09/11/15 )
・ 12月20日 (金) 無限ピアノ・板橋文夫PLAYS CLASSIC 第1部 (10/4/4 )
・ 12月21日 (土) 無限ピアノ・板橋文夫PLAYS CLASSIC 第2部 (10/4/11 )
・ 12月23日 (月) 無限ピアノ・板橋文夫PLAYS CLASSIC DVDリリース! (10/10/3 )
・ 12月24日 (火) がんばんべー!東北/板橋文夫のニュートリオ (11/8/7 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 12月25日 (水) 板橋文夫 ふたたびの沖縄ピアノ旅 第1回ストリート篇・第2回桜坂劇場篇Vol.1 (14/4/6 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 12月26日 (木) 板橋文夫 ふたたびの沖縄ピアノ旅 第3回桜坂劇場編Vol.2・第4回桜坂劇場篇Vol.3 (14/4/20 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 12月27日 (金) M・A・B・U・I (14/11/23 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 12月27日 (金) 66歳の誕生日に~わが心のふるさと (15/3/8 )
・ 12月28日 (土) 板橋文夫、辺野古に行く (15/6/21 )
・ 12月28日 (土) 板橋文夫の「辺野古へ行ったよ!」 (15/6/28 ・ 板橋文夫FIT! )
・ 12月30日 (月) みるくゆ (15/9/27 ・ 纐纈雅代、レオナ )
・ 12月30日 (月) 板橋文夫&森山威男、オレたちの童謡 (16/6/12 )
・ 12月31日 (火) イン・イタバシ出現! (16/9/25 ・ 板橋文夫FIT!、コメント出演:類家心平、電話出演:後藤篤 )
・ 12月31日 (火) 謡文(うたぶみ) (17/10/1 ・ 金子友紀 藤沢しげみ(結) )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。