124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!~バリの音楽/評論家・舩山隆/作曲家・吉松隆>
 まだ暑さの残る9月前半は、バリ特集でリゾート気分をどうぞ。
 9月2日から14日の12回はバリの音楽を特集。バリでガムランの修業をした皆川厚一、飯田茂樹、ロチェン氏などバリのガムラン名人、舞踊家、儀礼音楽の研究者、MIDIで新しいバリ音楽を作る音楽家などが出演、バリを様々な角度から体験するチャンスです。スタジオでのエキサイティングなライヴもお楽しみに。
 9月16日からの6回は音楽学者・評論家の舩山隆さんの回。難解と思われがちな現代音楽を花鳥風月や宇宙の事象を軸に聴いてみよう、という新しい試み。そして1996年に亡くなった作曲家、武満徹の死去直後に放送した番組と、没後20年に放送した番組が並びます。
 そして9月23日からの7回は“脱ゲンダイオンガク”を名乗る作曲家、吉松隆さんの回。ラジオの構成作家顔負けの物語を紡いで独自の世界を表現します。そういえばグレン・グールドも自分で録音テープを編集するほど、ラジオにのめりこんでいましたね。

《バリ系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 9月2日 (月) 1930年代のバリ~熱帯の旅人コリン・マクフィー(前篇) (90/11/3 ・ 大竹昭子 )
・ 9月3日 (火) 1930年代のバリ~熱帯の旅人コリン・マクフィー(後篇) (90/11/3 ・ 大竹昭子 )
・ 9月4日 (水) 心はいつもバリ~僕のガムラン武者修行 (94/7/23 ・ 皆川厚一 飯田茂樹 )
・ 9月5日 (木) 一人で三人分~バリのガムラン名人ロチェン氏登場 (95/7/15 ・ イ・ワヤン・ロチェン イ・クトゥットゥ・スカヤナ 飯田茂樹・彰子 )
・ 9月6日 (金) 第2回世界ガムラン・フェスティバル (96/3/2 ・ 飯田茂樹 武藤智子 )
・ 9月7日 (土) 耳が悦ぶバリ・エステ (97/8/3 ・ 大竹昭子 )
・ 9月9日 (月) 真理ちゃんのバリ島留学記 (00/4/9 ・ 鍋島真理 )
・ 9月10日 (火) バリ舞踊に選ばれて (00/11/26 ・ 小谷野哲郎 )
・ 9月11日 (水) 真理ちゃんのバリ島留学記PART2、デンポス・アワード (01/4/15 ・ 鍋島真理 )
・ 9月12日 (木) 真理ちゃんのバリ島留学記番外編~MIDIでガムラン (01/12/9 ・ 鍋島真理、カデ・スアルダナ )
・ 9月13日 (金) バリの若きダランとグンデル奏者 (05/8/7 ・ 鍋島真理、マルディコ・ブアナ、カデ・ブディ・セティアワン、クトゥット・スカヤナ、コマン・アリアワン、ワヤン・スプラプタ )
・ 9月14日 (土) カデとワヤン (05/11/20 ・ Kadek、皆川厚一 )

《舩山隆編》 ※()内は当時の放送日
・ 9月16日 (月) ハッピー・ニュー・イヤーズ(耳)・シリーズVol.1"鳥" (92/5/23 )
・ 9月17日 (火) ハッピー・ニュー・イヤーズ・シリーズVol.2"水" (92/7/25 )
・ 9月18日 (水) ハッピー・ニュー・イヤーズ・シリーズVol.3"月" (92/9/26 )
・ 9月19日 (木) ハッピー・ニュー・イヤーズ・シリーズVol.4"風" (92/11/28 )
・ 9月20日 (金) 音の河のほとりで~追悼 武満徹 (96/2/24 )
・ 9月21日 (土) 音の河のほとりで再び/武満徹没後20年記念 (16/2/14 )

《吉松隆編》 ※()内は当時の放送日と吉松以外のゲスト
・ 9月23日 (月) お正月だからゴールドベルクでも聴いてみよう (95/1/7 ・ 岡崎増雄(グールドに取りつかれた男) )
・ 9月24日 (火) 銀河鉄道シンフォニー~共振する賢治とシベリウス (95/3/4 )
・ 9月25日 (水) ヨシマツ音楽探偵団~ショスタコーヴィチの暗号大作戦 (95/6/10 ・ 堀川桂、大里俊晴(怪人16分音符) )
・ 9月26日 (木) 火の鳥からテラへ (96/6/29 ・ 藤岡幸夫 )
・ 9月27日 (金) サチオとタカシのクラシック自由時間 (00/4/16 ・ 藤岡幸夫 )
・ 9月28日 (土) 吉松隆の思考回路 (07/8/19 )
・ 9月30日 (月) オーケストラ未来形 (10/2/14 ・ 中野翔太 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
牧野持侑
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
サンディーブンブン

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
Open Reel Ensemble

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
芝祐靖

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
寺島尚彦

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
井上敬三

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
渚ようこ

<30年間の蔵出し大放出!!~珍しい楽器/追悼・芝祐靖>
 先月に続き、8月23日までは「珍しい楽器」特集。口琴、クリスタルボウル、親指ピアノ、オンド・マルトノなどを始め、ビンや空き缶、オープンリールを使った楽器など、無限に広がる音楽世界!夏休み自由研究の気分でお楽しみください。

 雅楽の第一人者で文化勲章受章者の芝祐靖さんが、7月5日に亡くなりました。雅楽奏者の家に生まれ、宮内庁楽部の任につき、退職後は雅楽の演奏集団「伶楽舎」を設立。雅楽を究め、雅楽の継承と普及に捧げた人生でした。武満徹が作曲した「秋庭歌一具」に惚れ込み、2001年にこれぞ「男子の本懐」と、伶楽舎でのレコーディングに臨んだ時の番組をアンコール放送して、故人を偲びます。
 8月26日からの週も、すでに亡くなられた方の回を特集。音楽に演芸に輝きを放った人々のお声を天国からお届けします。2006年に亡くなった演出家・小説家の久世光彦さんは大のちあきなおみファン。演出を手掛けたTVドラマ『ちょっと噂の女たち』では、居酒屋の女将に扮するちあきさんが、毎回歌を披露していましたね。そのちあきさんは、今年デビュー50周年です。

《珍しい楽器》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 8月1日 (木) かんからそんぐが行く (08/2/10 ・ 岡大介 )
・ 8月2日 (金) ビンが奏でる子守唄/夢耳心地への誘い (08/6/8 ・ ビン笛合奏団 Laマーズ )
・ 8月3日 (土) 第一回国際口琴フェスティバル in 東京 (08/10/5 ・ 直川礼緒 田口丈史 )
・ 8月5日 (月) 口琴で幸せになる!/第一回国際口琴フェスティバル in 東京 (08/11/9 ・ 直川礼緒 )
・ 8月6日 (火) マリンバでグリーグ/東京藝大出版会初CD (09/5/31 ・ マリンバ・アンサンブル・クイント 亀川徹 )
・ 8月7日 (水) 浅草でかんからそんぐ (09/6/14 ・ 岡大介 )
・ 8月8日 (木) 心身チューニング~クリスタルボウルの響きを浴びる (10/5/2 ・ 牧野持侑 )
・ 8月9日 (金) フラとカリンバで飛らら (10/6/6 ・ サンディーブンブン )
・ 8月10日 (土) ピッコロ・ヴァイオリンって? (10/6/13 ・ 川島佳子 )
・ 8月12日 (月) オンド・マルトノ~音の空中ダンス (10/7/11 ・ 市橋若菜 )
・ 8月13日 (火) かんからそんぐ再び/詩人・有馬敲をうたう (10/10/24 ・ 岡大介 )
・ 8月14日 (水) 虹色のバイオン (11/2/20 ・ 巻上公一 牧野持侑 )
・ 8月15日 (木) チューバの知らせ (11/3/6 ・ 関島岳郎 )
・ 8月16日 (金) 西比利亜発電脳空間行 (11/8/21 ・ 直川礼緒 )
・ 8月17日 (土) オイ!リンバ (11/9/18 ・ サカキ・マンゴー )
・ 8月19日 (月) オープン・リール未来派宣言 (12/8/19 ・ Open Reel Ensemble )
・ 8月20日 (火) ヴァサラシア低音軍団の奇襲作戦/アラマーイルマン・ヴァサラット来日 (13/3/31 ・ スタクラ(ヤルノ・サルクラ) )
・ 8月21日 (水) 回典(回転)愛 (13/5/26 ・ Open Reel Ensemble: 和田永、吉田匡 )
・ 8月22日 (木) デビュー15周年、バンドネオンと共に走る (13/10/6 ・ 小松亮太 )
・ 8月23日 (金) 「こどもの城」の30年 (15/3/29 ・ 飯田茂樹 )

《天国からコンバンワ! 2019夏篇》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 8月24日 (土) 伶楽舎の「秋庭歌一具」 (01/4/29 ・ 芝祐靖 宮田まゆみ )
・ 8月26日 (月) 「さとうきび畑」で (02/9/8 ・ 寺島尚彦 寺島夕紗子 )
・ 8月27日 (火) 地球星人ハムザ (95/10/7 ・ ハムザ・エル・ディン )
・ 8月28日 (水) 井上敬三、71才のフリー (93/12/4 ・ 井上敬三 )
・ 8月29日 (木) あきれたぼうやだ! (93/10/16 ・ 坊屋三郎 細川周平 )
・ 8月30日 (金) 渚ようこの華麗な世界 (02/9/15 ・ 渚ようこ )
・ 8月31日 (土) 赤と黒のブルース~ちあきなおみ特集 (96/9/28 ・ 久世光彦 )

THE AUDIOオンエア曲リスト

田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
齋藤徹
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
再生のオペリータ「うたをさがして」(2015年3月15日放送)

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
「徹の環」喜多直毅さん(左)と。(2016年7月3日放送)
<30年間の蔵出し大放出!!~齋藤徹さんを偲んで>
 長らく病と闘いながら演奏活動を続けてきたコントラバス奏者の齋藤徹さんが、5月18日に亡くなりました。63才でした。
 音楽の本質とは何かを常に問いかけてきた徹さんは、私にとっては試金石のような存在でした。徹さんの前に立つと、ちょっとでも嘘があると見抜かれてしまいそうな気がしていました。
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」には7回ご出演いただいています。この4月の番組30周年に際しては、次のようなメッセージをお寄せいただきました。

40年の間、私は、何年かおきに無謀な企てを繰り返してきました。その時々に、情宣をお願いしたり、結果をご報告したりするのに何回も出演させていただきました。美登里さんとはおそらく同年齢のために、言わなくても済む共有情報が多く、その分、先の話ができるので嬉しいなあと思っています。ありがとうございます。ただ今闘病中ですが、最新CD、DVD、本を持参して、番組に出演できる日を励みにしております。30周年おめでとうございます!
(齋藤徹)

齋藤徹さんを偲んで、そのご出演回をすべてアンコール放送します。心からご冥福をお祈りいたします。(田中美登里)

《追悼・齋藤徹》 ※()内は当時の放送日と齋藤以外のゲスト
・ 7月1日 (月) 斎藤クン・ミーツ・金サン~ユーラシアン・エコーズ'94 (94/8/14 ・ 悠雅彦 )
・ 7月2日 (火) 齋藤徹のコントラバヒッシモ (95/1/28 )
・ 7月3日 (水) テツの恩返し (96/5/18 ・ 丸田美紀 )
・ 7月4日 (木) 齋藤徹のコントラバヒッシッシモ (98/3/29 )
・ 7月5日 (金) ミュージックバードPart2:ユーラシアン・エコーズⅡ~テツの恩返し再び (13/7/28 )
・ 7月6日 (土) 再生のオペリータ「うたをさがして」 (15/3/15 )
・ 7月6日 (土) 徹の環 (16/7/3 ・ 喜多直毅 )

<珍しい楽器>
 ヴァイオリンやピアノ、ギターなら誰でも知っている楽器ですが、当番組には珍しい楽器が次々登場しました。7月8日~8月23日は「珍しい楽器」特集。竹の創作楽器を使ったバンブー・オーケストラを始め、紙で作る楽器、口琴、バグパイプ、ディジュリドゥ、かんから三線、テルミン、オープンリール、クリスタル・ボウルetc. 瓶博士や口琴発明王まで登場して無限に広がる音楽世界!夏休み自由研究の気分でお楽しみください。

《珍しい楽器》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 7月8日 (月) それは竹にきいてみよう! ~矢吹誠のバンブー・オーケストラ (94/3/12 ・ 矢吹誠 柴田旺山 )
・ 7月9日 (火) 紙楽器で遊ぼう (94/6/25 ・ 繁下和雄 )
・ 7月10日 (水) オレたち倍音族 (95/5/20 ・ 鈴木栄史 直川礼緒 )
・ 7月11日 (木) ドクトル大里の電子音楽のススメ (97/3/23 ・ 大里俊晴 )
・ 7月12日 (金) ひた走るバンドネオン (98/7/5 ・ 小松亮太 )
・ 7月13日 (土) 響き合う私 (99/6/20 ・ GORO )
・ 7月15日 (月) 電子音楽イン・ジャパン (00/8/27 ・ 湯浅学 )
・ 7月16日 (火) テルミン、ザ・レトロ・フューチャー (01/8/19 ・ 竹内正実 )
・ 7月17日 (水) スティール・ギターの子守唄 (02/8/18 ・ 高田漣 )
・ 7月18日 (木) 平成ボトルブルース (03/10/26 ・ 庄司太一 永田砂知子 )
・ 7月19日 (金) パノラマ・スティール・オーケストラ (05/3/13 ・ 原田芳宏 )
・ 7月20日 (土) バグパイプ作ります! (05/5/1 ・ 近藤治夫 )
・ 7月22日 (月) 新発明口琴王、ザグレッジーノフ参上! (06/1/29 ・ ローベルト・ザグレッジーノフ 直川礼緒 )
・ 7月23日 (火) ボトルシアターへようこそ/びん博士の異常な生活 (06/4/2 ・ 庄司太一 )
・ 7月24日 (水) GOMAのディジュリ道 (06/5/21 ・ GOMA )
・ 7月25日 (木) 波紋音~永田砂知子の音あそび音さがし (06/6/18 ・ 永田砂知子 )
・ 7月26日 (金) パリのメトロで発見!!天才アコーディオン奏者 (06/7/9 ・ ペテロ・オドレキウスキー 幅至 )
・ 7月27日 (土) ウクレレ栗コーダー (06/7/23 ・ 栗コーダーカルテット )
・ 7月29日 (月) テルミンはいま~テルミン博士生誕110年 (06/8/27 ・ 竹内正実 )
・ 7月30日 (火) ともともと遊ぼう!ガラクタえんそう会 (07/4/22 ・ 山口とも )
・ 7月31日 (水) 1935年の木琴 (07/10/7 ・ 通崎睦美 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。