124chTHE AUDIO【Premium】

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ


(月~土)0:00~1:00
 音楽にジャンル分けなんかいらない!~25年間の蔵出し大放出!!
 1989年4月、東西の壁崩壊の前夜に産声を上げた音楽番組が2014年で25周年を迎えました。「音楽にジャンル分けなんかいらない!」をスローガンに60年代アングラから、フリージャズ、クラシック、現代音楽、民族音楽、ワールドミュージック、ヒップホップに街の音風景まで、ボーダレスに音・音楽を絡め取った1000回超で迎えたゲストは実に多彩。東京のストリート・ミュージシャンを取材した「泳ぐ楽園・東京版」(ギャラクシー大賞、1994)、カラオケをキーワードに東西のコミュニケーションの質の違いを明らかにした「アジアでカラオケOK!」(民放連賞優秀賞受賞、1997)など受賞作も多数。番組誕生25周年を機に、週6本のペースで蔵出し大放出します!
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」最新の放送はこちら

<30年間の蔵出し大放出!!7月は丸ごと細川周平!>
 7月は当番組のスタート当初から頻繁に出演して、世界の様々な音楽をユニークな視点で紹介し続けてきた音楽学者・音楽評論家の細川周平さんの出演回をまとめてアンコール。細川さんは出演するだけでなく、多くの人を紹介していただきました。小沼純一さん、大竹昭子さん、清水靖晃さんも。細川さんあってのこの番組です。日本の伝統音楽から新しいポップスの誕生、ジャズやワールド・ミュージック、沖縄の島唄、武満徹にお笑いまで。サンパウロを拠点に調査研究した日系ブラジル移民の文化、そして『サッカー狂い』の著書もあるサッカー噺はアッチッチ!彼の興味は地球の全方向に向かう!

《細川周平》 ※()内は当時の放送日と細川以外のゲスト
・ 7月1日 (水) ラジオ・ホソカワ[3]チンドン・アワー (91/6/15 ・  篠田昌已 )
・ 7月2日 (木) エキゾチック・ジャパン~ソイ・ソース・ミュージックの生まれた頃 (92/10/17 )
・ 7月3日 (金) ハイカラ・キング~服部良一芸能生活70年 (92/12/19 )
・ 7月4日 (土) アマルコルド・フェリーニ (93/11/27 ・ 清水靖晃 )
・ 7月6日 (月) タイタニック号の沈没 (98/1/25 )
・ 7月7日 (火) 僕たちの十年、地球の十年 (99/4/25 ・ ピーター・バラカン )
・ 7月8日 (水) 僕のGlobestyle (00/1/2 )
・ 7月9日 (木) 日本吹込み事始 (00/12/17 ・ 仙波知司 )
・ 7月10日 (金) 僕の音楽人生~15周年記念/最多ゲスト出演者を迎えて(前編)  (04/3/7 )
・ 7月11日 (土) 僕の音楽人生~15周年記念/最多ゲスト出演者を迎えて(後編)  (04/3/14 )
・ 7月13日 (月) 武満徹の映画音楽/武満徹没後5年 (01/2/18 )
・ 7月14日 (火) 京都賞受賞おめでとう!セシル・テイラー Vol.2 (14/1/19 )
・ 7月14日 (火) ジョアン・ジルベルトへの想いあふれて/追悼特集 (19/9/29 )
・ 7月15日 (水) リオだけがブラジルじゃない![1]フレヴォ (92/10/24 )
・ 7月16日 (木) リオだけがブラジルじゃない![2]語り物 (92/10/31 )
・ 7月17日 (金) リオだけがブラジルじゃない![3]レゲエ・バイアーノ (92/11/7 )
・ 7月18日 (土) バイーアの心~ドリヴァル・カイミ生誕80周年 (94/12/17 )
・ 7月20日 (月) ブラジル移民の唄 (98/6/14 )
・ 7月21日 (火) シネマ屋、ブラジルを行く (99/4/18 )
・ 7月22日 (水) 遠きにありてつくるもの/ブラジル移民100周年記念  (08/7/20 )
・ 7月23日 (木) ブラジル・ラジオ (08/11/23 )
・ 7月24日 (金) 日本語の長い旅~『日系ブラジル移民文学』を書き終えて 前篇・後篇 (13/6/23・30 )
・ 7月25日 (土) オレー、オレー、ブラジル!サンバとサッカーいい関係 (94/1/1 )
・ 7月27日 (月) W杯開幕直前緊急放送!!サンドニの対決 (98/6/7 ・ 海老原政彦 )
・ 7月28日 (火) オレー!リメンバー・メキシコW杯1986 (14/1/26・2/2 )
・ 7月29日 (水) オキナワ・ラティーナ (93/11/13 ・ アルベルト城間 )
・ 7月30日 (木) 島唄の30年Vol.1~沖縄返還30年記念 (02/5/12 )
・ 7月31日 (金) 島唄の30年Vol.2~沖縄返還30年記念 (02/5/19 )
・ 8月1日 (土) 戦後洋楽ポピュラー史 前篇・後篇 (18/9/9・16 ・ 三井徹 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
直川礼緒
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
松本隆
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
坊屋三郎
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左から)庵野秀明、田中美登里、藤谷文子
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
牧伸二
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
中村仁美
<30年間の蔵出し大放出!!直川礼緒/えっ!こんな人もゲストに?!/奄美系/中村仁美>
 倍音に魅せられて30年超。90年には日本口琴協会を立ち上げ、口琴を様々な角度から研究、普及活動に努めている直川礼緒さん。そのゲスト11回を6月1日から。
 6月11日から10回は、意外にも思える大物ゲストの方たちを集めてお送りします。実相寺さん、三波さん、坊屋さん、久世さん、牧さんはすでに天国の人に。何かを極めた人が語ってくださった言葉は私の大切な宝物です。
 6月23日からの5日間は「奄美系」。奄美の島唄をプロデュースする森田純一さんの回が4回、26日は今や奄美の島唄を代表する歌手に成長した中村瑞希とメジャーデビュー前の中孝介らが出演。スタジオでのライヴも必聴です!
 6月29日と30日は雅楽の代表的な楽器である篳篥奏者の中村仁美の出演回。1000年以上前から続く雅楽を現代に演奏することの意味に迫ります。

《直川礼緒》 ※()内は当時の放送日と直川以外のゲスト
・ 6月1日 (月) オレたち倍音族 (95/5/20 ・ 鈴木栄史 )
・ 6月2日 (火) 草原の吟遊詩人/ハカスの音楽家たちを迎えて (97/7/6 ・ ハカスの音楽家 )
・ 6月3日 (水) びょんびょんのシビレ脳 (98/1/18 ・ 巻上公一 )
・ 6月4日 (木) 新発明口琴王、ザグレッジーノフ参上! (06/1/29 ・ ローベルト・ザグレッジーノ )
・ 6月5日 (金) 第一回国際口琴フェスティバル in 東京 (08/10/5 ・ 田口丈人 )
・ 6月6日 (土) 口琴で幸せになる!/第一回国際口琴フェスティバル in 東京 (08/11/9 )
・ 6月8日 (月) 西比利亜発電脳空間行 (11/8/21 )
・ 6月9日 (火) ジャパニスタンの音楽 (14/8/17 )
・ 6月9日 (火) 口琴にしびれて/サハの口琴博物館25周年イベント参加報告 (16/4/10 )
・ 6月10日 (水) キルギス 遊牧民の魂 (17/11/12 ・ ウメトバエワ・カリマン )
・ 6月10日 (水) テュルク世界の大いなる遺産 (18/11/11 )

《えっ!こんな人もゲストに?!》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 6月11日 (木) 1936年のワールド・ミュージック~カルミナ・ブラーナ (92/7/4 ・ 実相寺昭雄 )
・ 6月12日 (金) 松本隆の"冬の旅" (92/12/26 ・ 松本隆 )
・ 6月13日 (土) キューバ熱 (93/7/17 ・ 村上龍 )
・ 6月15日 (月) 音頭はおまかせ (93/8/21 ・ 三波春夫 )
・ 6月16日 (火) 美輪明宏~私の紋章・黒蜥蜴 (94/2/5 ・ 美輪明宏 )
・ 6月17日 (水) あきれたぼうやだ! (93/10/16 ・ 坊屋三郎 細川周平 )
・ 6月18日 (木) 赤と黒のブルース~ちあきなおみ特集 (96/9/28 ・ 久世光彦 )
・ 6月19日 (金) 映画「式日」について (01/2/11 ・ 庵野秀明 藤谷文子 )
・ 6月20日 (土) スペインの宇宙食またはブエノスアイレスの歌舞伎町 (04/10/24 ・ 菊地成孔 )
・ 6月22日 (月) 漫談家という音楽家 (11/5/1 ・ 牧伸二 )

《奄美系》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 6月23日 (火) 唄の島・奄美 (02/7/28 ・ 森田純一 )
・ 6月24日 (水) 奄美発マリカミズキ (04/5/16 ・ 森田純一 )
・ 6月25日 (木) アマミノシマウタ (05/1/23 ・ 森田純一 )
・ 6月26日 (金) ウタのDNA~奄美のシマ唄 (05/4/3 ・ 中村瑞希 中孝介 山田葉月 )
・ 6月27日 (土) アマミノシマウタ三昧 (07/1/21 ・ 森田純一 )

《中村仁美》 ※()内は当時の放送日
・ 6月29日 (月) 雅楽、ひとつの響きから (98/1/4 )
・ 6月30日 (火) 胡笳の声~篳篥の奏でるエレジー (13/5/12 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
(左から)細川周平、田中美登里、大熊ワタル
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
坂田明(左)一噌幸弘(右)
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
偏奇館跡にて大竹昭子
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
竹澤悦子
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
井上道義
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ

「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
竹田賢一
トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ
荒井英治
「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」アーカイヴズ
<30年間の蔵出し大放出!!30周年記念~平成好音一代女 ほか>
 平成の終わった日、昨年2019年4月30日に満30歳を迎えたこの番組、今月からは32年目に入ります。そこで、5月は30周年記念番組5本をアンコール放送。多方面にアンテナを張り巡らしてきた当番組の歩みが5回で分かります。
 歯に衣着せぬ言動で、クラシック界に常に一石を投じる指揮者、井上道義さん。一見無鉄砲に見えるかもしれませんが、今のクラシック界に足りないもの、必要なことを考え抜いてのことと思います。お茶目に語る本音に耳を傾けてください。5月7日~9日の3回は、貴重なライヴ音源も交えてお届けします。
 11日から19日はオランダの都市ナイメーヘンで行われたジャズとワールドミュージックの音楽祭「ナイメーヘン・ミュージック・ミーティング」のご紹介番組をアンコール。RNW=オランダ国際放送から届いたライヴ録音です。1985年から始まった「ナイメーヘン・ミュージック・ミーティング」は春の「精霊降臨祭」のお休みの時期、公園の緑を背景に行われています。その大きな特徴は、「異文化間のコミュニケーション」。一つのスタイルや流派、伝統に縛られることなく、ここでのエキサイティングな出会いの中から何か新しいものを生み出していく、そんなことを目指しています。2008年から2011年まで4年間の記録をご紹介します。
 そし5月20日からの7回は即興演奏家にして、音楽評論家でもある竹田賢一さんの出演回をアンコール。即興とは何かを考えるきっかけになれば嬉しいです。
 28日&29日はヴァイオリニスト、荒井英治さんの回をアンコール。オーケストラのコンサート・マスターを長く務めてきた荒井さんですが、プログレが大好き。第1ヴァイオリンを務めるモルゴーア・クァルテットはショスタコーヴィチを演奏するために結成されましたが、キング・クリムゾンやピンク・フロイドの作品にも挑戦!演奏だけでなく、語りも熱い!
 5月最後の30日は1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の被災地に何度も足を運び、写真集や映画を撮った写真家の本橋誠一さんが語るかの地の人々と暮らし。

《30周年記念~平成好音一代女》 ※()内は当時の放送日とゲスト
・ 5月1日 (金) 第1回:ボーダレス (19/4/7 ・ 細川周平 )
・ 5月2日 (土) 第2回:ストリートでまた会おう! (19/4/14 ・ 大熊ワタル 細川周平 )
・ 5月4日 (月) 第3回:伝統とアヴァンギャルド (19/4/21 ・ 坂田明  一噌幸弘 )
・ 5月5日 (火) 第4回:平成街歩き (19/4/28 ・ 大竹昭子 )
・ 5月6日 (水) 第5回:平成好音一代女 (19/5/5 ・ 竹澤悦子 )

《井上道義》 ※()内は当時の放送日
・ 5月7日 (木) 僕がショスタコーヴィチを好きな理由 (94/9/17 )
・ 5月8日 (金) マエストロ井上道義の愉快ないたずら (95/7/1 )
・ 5月9日 (土) 音楽の修羅場(あるいは本音と建前) (16/10/2 )

《ナイメーヘン・ミュージック・ミーティング》 ※()内は当時の放送日
・ 5月11日 (月) ナイメーヘン・ミュージック・ミーティング2008① (09/10/25 )
・ 5月12日 (火) 2008② (09/11/1 )
・ 5月13日 (水) 2009 Vol.1 (10/7/18 )
・ 5月14日 (木) 2009 Vol.2 (10/7/25 )
・ 5月15日 (金) 2009 Vol.3 (10/8/1 )
・ 5月16日 (土) 2010 Vol.1 (11/11/6 )
・ 5月18日 (月) 2010 Vol.2 (11/11/13 )
・ 5月19日 (火) 2011 前篇 (13/1/20 )
・ 5月19日 (火) 2011 後篇 (13/1/27 )

《竹田賢一》 ※()内は当時の放送日と竹田以外のゲスト
・ 5月20日 (水) 浜辺のアインシュタイン、或いは天王洲のアインシュタイン (92/10/3 )
・ 5月21日 (木) ストリートでまた会おう!~篠田昌已追悼 (93/1/30 ・ 竹田賢一  大熊亘他 )
・ 5月22日 (金) 声のダンス PART1~メレディス・モンク (93/4/10 ・ メレディス・モンク )
・ 5月23日 (土) 声のダンス PART2~イヴァ・ビトヴァ (93/4/17 )
・ 5月25日 (月) 茶の間でオペラを~「インプルーヴメント」上演にちなんで (94/9/10 ・ ロバート・アシュリー 近藤恭代 )
・ 5月26日 (火) 私の歌の素 (95/8/26 ・ ダグマー・アンドルトヴァ )
・ 5月27日 (水) カンパニー・ウィーク白州'93 (93/9/11 ・ デレク・ベイリー 大熊ワタル 他 )

《荒井英治》 ※()内は当時の放送日
・ 5月28日 (木) 弦の誘惑Vol.2~クラシックはロックに学べ! (12/6/10 )
・ 5月29日 (金) 原子心母の危機 (14/6/1 )

《本橋成一》 ※()内は当時の放送日
・ 5月30日 (土) 風の通り道 (95/4/22 )

THE AUDIOオンエア曲リスト
田中美登里

出演:田中美登里

東京芸術大学音楽学部楽理科卒。1979年アナウンサーとして、エフエム東京に入社。90年から制作部ディレクター。主な担当番組は「歌謡バラエティ」「ミュージック・タイム」「民族音楽を訪ねて」「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」「ザ・シンフォニー・ホール・フロム・ヨーロッパ」「ジェット・ストリーム」「ディア・フレンズ」「JAL CLASSIC SPECIAL ザルツブルク音楽祭」など。