121chTHE CLASSIC【Premium】

【CLASSIC LIVE SELCTION】WORLD LIVE SELECTION


毎月第3(日)12:00~14:00
再放送=翌週(土)5:00~7:00 
【CLASSIC LIVE SELCTION】WORLD LIVE SELECTION
シューマン・カルテット

【CLASSIC LIVE SELCTION:第3週】巨匠と呼ばれる大物指揮者や人気急上昇の若手演奏家が登場する、世界中から大注目のコンサートを臨場感たっぷりにお届け。音楽評論家の奥田佳道氏によるコンサートや演奏者の解説も交えてお楽しみいただきます。学生時代はウィーンに身を置いて勉強し、現在も現地の音楽祭に足しげく通う、“ウィーン通”の奥田氏による解説で、本場ヨーロッパの一流アーティスト達の最新情報を網羅的にご紹介します。



7月17日/ 最高峰の弦楽四重奏団シューマン・カルテット

4月から6月まではウィーン・コンツェルトハウス2021-2022シーズンからウィーンの名ホールでの演奏をピックアップしています。今月はドイツが誇る世界最高峰の弦楽四重奏団、シューマン・カルテットの演奏を楽友協会と並ぶウィーンの2大ホール、コンツェルトハウス大ホールで楽しみましょう。2007年ケルンでの結成以来、世界の名門コンクールで優勝や入賞を果たしてきたこのカルテットが演奏するのはハイドン、シューマンの弦楽四重奏曲のほか彼らのライフワークともいえるアメリカ現代音楽の先駆者、チャールズ・アイブス。生前は評価されませんでしたが同時代のシェーンベルクやストラヴィンスキーの先を行っていたと言われる彼が学生時代に発表した弦楽四重奏曲第1番、賛美歌の調べをバックグランドとする懐かしい響きがとても印象的です。(奥田佳道)[再放送=24日]
 
曲目はこちら
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

 

【動画もチェック!:奥田佳道が語るWORLD LIVE SELECTION】

【第1・2週】ストラディヴァリウス・コンサート
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル

奥田佳道

出演:奥田佳道

1962年東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻。ウィーン大学に留学。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンス・フォーラム講師を務めた。「音楽の友」「N響フィルハーモニー」などへの執筆のほか、1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパンの音楽番組に出演。1997年から2017年まで毎年「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」生中継(BS、FM、Eテレ)の解説を行なった。また2004年から2013年まで北九州国際音楽祭のミュージック・アドヴァイザーを務めたほか、NHK音楽祭、せんくら、日本フィル横浜定期演奏会などでプレトークを担当。現在「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「奥田佳道のクラシックの遺伝子」「オトナのリクエストアワー」に出演中。アサヒグループ芸術文化財団音楽部門選考委員。フッペル鳥栖ピアノコンクール審査員。朝日カルチャーセンター新宿、北九州各講師。中日文化センター講師。NHK文化センター講師。著書・監修に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「知ってるようで知らないバイオリンおもしろ雑学事典」(ヤマハ・ミュージックメディア)ほか。

【CLASSIC LIVE SELCTION】WORLD LIVE SELECTION
ヤクブ・フルシャ
6月19日/ヤクブ・フルシャ指揮ウィーン・フィル「わが祖国」

4月から6月まではウィーン・コンツェルトハウス2021-2022シーズンからウィーンの名ホールでの演奏をピックアップしていますが、今月はチェコの若き指揮者ヤクブ・フルシャとウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるスメタナ連作交響詩「わが祖国」です。フルシャは1981年生まれですから40代になったばかり、20代の頃からチェコ、ドイツ、そして日本でも素晴らしい足跡を残してきました。近年はドイツの名門バンベルク交響楽団の首席奏者としても活躍、いまや世界中から引っ張りだこの人気ぶりです。フルシャとウィーン・フィルの初共演は2019年、今後ますます増えていきそうな予感がします。ところでスメタナのこの作品とウィーン・フィルの間にはある物語が。番組ではそんな歴史エピソードもご紹介しながら、チェコの若きマエストロが紡ぎだす壮大なスメタナの音絵巻をお楽しみいただきたいと思います。(奥田佳道)[再放送=25日]

 
曲目はこちら
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

 

【動画もチェック!:奥田佳道が語るWORLD LIVE SELECTION】

【第1・2週】ストラディヴァリウス・コンサート
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル

奥田佳道

出演:奥田佳道

1962年東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻。ウィーン大学に留学。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンス・フォーラム講師を務めた。「音楽の友」「N響フィルハーモニー」などへの執筆のほか、1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパンの音楽番組に出演。1997年から2017年まで毎年「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」生中継(BS、FM、Eテレ)の解説を行なった。また2004年から2013年まで北九州国際音楽祭のミュージック・アドヴァイザーを務めたほか、NHK音楽祭、せんくら、日本フィル横浜定期演奏会などでプレトークを担当。現在「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「奥田佳道のクラシックの遺伝子」「オトナのリクエストアワー」に出演中。アサヒグループ芸術文化財団音楽部門選考委員。フッペル鳥栖ピアノコンクール審査員。朝日カルチャーセンター新宿、北九州各講師。中日文化センター講師。NHK文化センター講師。著書・監修に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「知ってるようで知らないバイオリンおもしろ雑学事典」(ヤマハ・ミュージックメディア)ほか。

【CLASSIC LIVE SELCTION】WORLD LIVE SELECTION
アンドレス・オロスコ=エストラーダ
【CLASSIC LIVE SELCTION】WORLD LIVE SELECTION
ジャニーヌ・ヤンセン
5月22 日/才気あふれるエストラーダとウィーン響の新時代

今月は1977年生まれの若き指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダに大注目です。南米コロムビア生まれの彼は19歳でウィーン国立大学へ留学、ウロシュ・ラヨヴィチの下で指揮を学びウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、ヒューストン交響楽団を経て2020年ウィーン交響楽団の首席指揮者に就任しました。ウィーンで学び、愛され、ふたたびこの都へ戻ってきたエストラーダとウィーン響の蜜月の始まりを象徴するプログラムは、ウィーンゆかりの「ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲」、オーケストラの色彩感が全開となる「Rコルサコフ/スペイン奇想曲」そしてジャニーヌ・ヤンセンを迎えた「ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲」です。(奥田佳道)[再放送=28日]
 
曲目はこちら
※オンエア曲リストは放送後2週間を経過すると削除されます。ご了承ください。

 

【動画もチェック!:奥田佳道が語るWORLD LIVE SELECTION】

【第1・2週】ストラディヴァリウス・コンサート
【毎月最終週】トッパンホール・トライアングル

奥田佳道

出演:奥田佳道

1962年東京生まれ。ヴァイオリンを学ぶ。ドイツ文学、西洋音楽史を専攻。ウィーン大学に留学。くらしき作陽大学講師、エリザベト音楽大学パフォーマンス・フォーラム講師を務めた。「音楽の友」「N響フィルハーモニー」などへの執筆のほか、1993年からNHK、日本テレビ、WOWOW、クラシカ・ジャパンの音楽番組に出演。1997年から2017年まで毎年「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」生中継(BS、FM、Eテレ)の解説を行なった。また2004年から2013年まで北九州国際音楽祭のミュージック・アドヴァイザーを務めたほか、NHK音楽祭、せんくら、日本フィル横浜定期演奏会などでプレトークを担当。現在「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティのひとり。ラジオ深夜便「奥田佳道のクラシックの遺伝子」「オトナのリクエストアワー」に出演中。アサヒグループ芸術文化財団音楽部門選考委員。フッペル鳥栖ピアノコンクール審査員。朝日カルチャーセンター新宿、北九州各講師。中日文化センター講師。NHK文化センター講師。著書・監修に「これがヴァイオリンの銘器だ」(音楽之友社)、「知ってるようで知らないバイオリンおもしろ雑学事典」(ヤマハ・ミュージックメディア)ほか。